NHKニュース|国際 2015年7月3日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

ネパール 日本支援で道路完成 記念式典

ことし4月の大地震で被害を受けたネパールで、日本の支援で作られた道路の完成を記念する式典が行われました。この道路は大地震が起きる前に完成し、早速、被災地の支援活動に活用され、今後の復興でも重要な役割を果たすものと期待されています。


首相 ミャンマーの経済発展支援を強調

安倍総理大臣は3日、東京都内で開かれたミャンマーの地場産品を紹介するイベントに、日本を訪れているテイン・セイン大統領とともに出席し、ミャンマーの経済発展を支援していく考えを強調しました。


谷内局長のロシア・イギリス訪問を発表

政府は、国家安全保障局の谷内局長が今月6日から3日間の日程でロシアとイギリスを訪問することを発表しました。谷内氏はロシアでプーチン大統領の側近と会談し、安全保障政策やウクライナ情勢などについて意見を交わすことにしています。


IS 世界遺産都市のライオン像を破壊か

シリアの国営通信は、シリア中部の世界遺産がある都市パルミラで、2世紀に作られたライオンの像が過激派組織IS=イスラミックステートによって破壊されたと伝え、中東有数の貴重な文化遺産にも被害が及ぶおそれが懸念されています。


ギリシャ 国民投票へ賛成・反対両派が大規模集会へ

ギリシャで2日後に迫った財政緊縮策の賛否を問う国民投票に向けて、受け入れ賛成派と反対派は、3日の夜に、首都アテネでそれぞれ大規模な集会を開く予定で、支持獲得に向けた双方の動きがさらに活発になっています。


上海株 この3週間で28%の大幅下落

先月中旬から株価の下落が続いている上海の株式市場は、中国当局の対策にもかかわらず、3日も、売り注文が相次ぎ、この3週間で28%の大幅な下落となりました。


ユネスコ 新たな世界遺産登録の審議始まる

ユネスコ=国連教育科学文化機関の委員会は、新たに登録する世界遺産についての審議を始め、36件の候補のうち日本が推薦する「明治日本の産業革命遺産」は日本時間の4日夜、審議される見通しです。


メコン流域5か国首脳 皇居に招かれ茶会

東南アジアのメコン川流域の5か国の首脳が3日、皇居に茶会に招かれ、天皇陛下と秋篠宮さまが各国首脳と懇談されました。


拉致報告延期 日本の出方見極める思惑か

北朝鮮が特別調査委員会による拉致被害者らの調査開始から4日で1年となるのを前に結果報告の延期を日本側に伝えた背景には、時間を稼ぐことで日本政府が再び制裁強化にかじを切る事態を当面回避するとともに、日本側の出方を慎重に見極めたい思惑があるとみられます。


ロシア 宇宙輸送船「プログレス」打ち上げ

ロシアの無人の宇宙輸送船「プログレス」が、日本時間の3日午後1時55分に打ち上げられました。日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんは、前回、ことし4月に打ち上げられたプログレスの失敗を受けて国際宇宙ステーションへの出発がおよそ2か月延期されていますが、今回のプログレスが日本時間の5日に国際宇宙ステーションへのドッキングに成功すれば、油井さんの打ち上げに向けた環境が整うことになります。


中国・新疆で地震 4人死亡48人けが

3日午前、中国の新疆ウイグル自治区でマグニチュード6.5の地震があり、これまでに4人が死亡、48人がけがをしたことが確認されています。


流し網漁禁止 “ロシアへの制裁が影響”

ロシアの排他的経済水域でサケ・マス流し網漁を禁止する法律が成立したことについて、ロシア政府の閣僚は日本によるロシアへの制裁が影響したとの認識を示したうえで、日本に対してロシアとの関係を重視するよう求めました。


上海株式市場 当局が対策取るも大幅下落続く

上海の株式市場は3日も取引開始直後から売り注文が相次ぎ、代表的な株価指数は2日の終値と比べて一時、7%以上の大幅な下落となりました。


グーグルのアプリ 黒人をゴリラと誤認識

アメリカのIT企業、グーグルが開発した顔写真などを自動で認識するアプリで、黒人の男女を誤ってゴリラの項目に分類していたことが分かり、グーグルは抗議を受けて謝罪しました。


経済再生相 日米協議で対立点を最小限に

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡って、甘利経済再生担当大臣は閣議のあと記者団に対し、アメリカとの事務レベル協議を来週9日に再開することを明らかにしたうえで、交渉参加12か国による次の閣僚会合での妥結に向けて対立点を最小限に絞り込みたいという考えを示しました。


ギリシャ緊縮策 賛否双方の働きかけ続く

財政緊縮策の賛否を問う国民投票に向けて、ギリシャ政府は緊縮策の受け入れに反対するよう国民に呼びかける一方、賛成派は受け入れに反対すればユーロ圏からの離脱につながると訴えていて、双方から国民への働きかけが続いています。


米 IS幹部を空爆で殺害と発表

アメリカ国防総省は、過激派組織IS=イスラミックステートの幹部で、外国人戦闘員の勧誘や武器の密輸などに関わっていたチュニジア出身の男を、空爆で殺害したと発表しました。


韓国不正資金事件 前首相らを在宅起訴

韓国で、不正な資金が前の首相などの政治家らに渡ったとされた事件は、2日、前首相が在宅起訴されて終結し、パク・クネ(朴槿恵)大統領としては、今後、「MERSコロナウイルス」の感染の広がりも抑えて、支持率の回復を急ぎたい考えとみられます。


米大統領選 民主党 知日派が立候補表明

来年のアメリカ大統領選挙に、知日派として知られるウェッブ元上院議員が立候補する意向を表明し、民主党では5人目の候補者として、高い支持を集めるクリントン前国務長官に挑むことになりました。


ウクライナ東部 親ロシア派が選挙実施宣言

散発的な戦闘が続くウクライナ東部で、親ロシア派が、自治権を確立するため、ことし10月に地方選挙を実施すると一方的に宣言し、ポロシェンコ大統領が強く反発しています。


メキシコ湾原油流出事故 2兆円超で和解

2010年にアメリカのメキシコ湾で大規模な原油流出事故を引き起こした、イギリスの大手石油会社BPは、アメリカ政府などに日本円でおよそ2兆3000億円の和解金を支払うことで合意したと発表しました。


米 中国に南沙諸島“滑走路”建設中止求める

中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で建設している飛行場の滑走路とみられる設備が、ほぼ完成していることが明らかになったことについて、アメリカ国務省の報道官は懸念を示し、中国に対し、改めて建設の中止を求めました。


米国務省報道官「女子W杯決勝楽しみ」

サッカーの女子ワールドカップで、日本代表の「なでしこジャパン」が決勝でアメリカ代表と対戦することについて、アメリカ国務省の報道官は、「決勝を見ることが楽しみだ」と述べ、好ゲームになることに期待を示しました。


IMF ギリシャに4.9兆円の追加支援必要

ギリシャの債務問題で、IMF=国際通貨基金は2日、ギリシャ政府の改革の取り組みが不十分で、ユーロ圏各国を中心に日本円でおよそ4兆9000億円規模のさらなる金融支援や、場合によっては債務の減免なども必要になるとの分析を公表し、ギリシャ、EU側、双方に対応を促しました。


ギリシャ 国民投票へ呼びかけ活発化

財政緊縮策の賛否を問う国民投票に向けて、ギリシャでは、賛成派と反対派の双方が集会などを開いて、有権者への呼びかけを活発化させ、国を二分する激しい論戦が繰り広げられています。


バイクで2000キロ走破の大会 サハリン

ロシア極東のサハリンで、日本からのオートバイの愛好家たちが、およそ2000キロを走破する大会が始まりました。


IAEA天野事務局長がイラン大統領と会談

核開発問題の解決を目指す欧米などとイランの協議が大詰めを迎える中、IAEA=国際原子力機関の天野事務局長がイランのロウハニ大統領と会談し、交渉の争点となっている軍事施設の査察などを巡って意見を交わしたものとみられます。


世界遺産登録巡り日本の発言を韓国と調整

ドイツで開かれている、ユネスコ=国連教育科学文化機関の世界遺産委員会は、3日から新たな世界遺産の登録を決める審議が始まります。政府は「明治日本の産業革命遺産」の登録が実現した場合に、日本が行う発言を巡り、韓国側と最終的な調整を進めています。


ミャンマー大統領 日本の投資も呼び込みたい

来日しているミャンマーのテイン・セイン大統領が、NHKの単独インタビューに応じ、民主化を着実に進めていると実績を強調したうえで、一層の発展のために、軍事政権時代に依存していた中国だけでなく、日本からの投資も呼び込みたいという考えを示しました。


タイ 鉄道建設で中国と年内開始で合意

タイを南北に縦断する総延長およそ860キロの鉄道の建設について、中国とタイの両政府は、ことし10月までに建設を始めることで合意し、中国が東南アジアとの物流網を確保する動きとして注目されそうです。


米ワシントン海軍施設 “銃声”で一時封鎖

アメリカの首都ワシントンの海軍の施設で、2日、銃声が聞こえたという通報を受けて、海軍の施設が一時封鎖される騒ぎがあり、アメリカ政府は、4日の独立記念日を前に、テロへの警戒を強めています。


米 先月の雇用統計 就業者数堅調に増加

アメリカの景気の現状を示す重要な指標の、先月の雇用統計が発表され、失業率は2008年4月以来の水準となる5.3%まで改善し、市場が注目する農業分野以外の就業者数も増加を続けました。


ミャンマーで米ファストフード店が人気

軍事政権時代、欧米の厳しい経済制裁を受けてきたミャンマーで、アメリカの大手ファストフードチェーンの店が初めてオープンし、店の外に人があふれるほどの人気ぶりとなっています。


米ワシントンの海軍施設で銃声の通報

アメリカの首都ワシントンの海軍の施設で、日本時間の2日夜、銃声が聞こえたという情報が寄せられたため、海軍はこの施設を封鎖し、厳重な警戒態勢をとっています。これまでのところ、けが人などは確認されていないということです。


米 化学物質積載列車が脱線炎上 住民避難

アメリカ南部テネシー州で、化学物質を積んだ貨物列車の一部の車両が脱線して炎上し、地元の保安官事務所は、現場から半径3.2キロの範囲に住む住民に対して避難するよう指示を出しています。


フィリピンでフェリー転覆36人死亡

フィリピン中部のレイテ島の沖で2日、200人近くを乗せたフェリーが港を出発した直後に転覆し、これまでに36人の死亡が確認され、30人近くの行方が分からなくなっています。


台湾「抗日戦争勝利」で記念メダル

台湾はことしを「抗日戦争勝利70周年」と位置づけ、日中戦争に関連した初めての記念メダルの販売を始めました。戦時中に中国大陸を統治していた国民党が旧日本軍と激しく戦った歴史を強調する馬英九政権の姿勢を反映したものとみられます。


インドネシア 軍輸送機墜落はエンジン停止か

インドネシアのスマトラ島で軍の輸送機が住宅街に墜落した事故では、輸送機に乗っていた122人全員の死亡が確認され、軍は離陸直後にエンジンの1つが停止したことが原因とみて調べています。


ロヒンギャ問題 難民支援で基金設立へ

ミャンマーを逃れた少数民族のロヒンギャの人たちなどが船で周辺国に漂着している問題について、ASEAN=東南アジア諸国連合の内相がマレーシアで会議を開き、難民の支援などに充てる基金を設立することで合意しました。


政府 ブラジルの工業製品優遇措置で協議申し入れ

日本政府は、南米のブラジルが国内で作られる工業製品を優遇するために設けた減税措置は、外国企業にとって不利に働き、WTO=世界貿易機関の協定に違反するとして、2国間の協議を求める申し入れを行いました。


ギリシャ財務相 強気の主張貫く

ギリシャで財政緊縮策の賛否を問う国民投票が今月5日に行われるのを前に、ギリシャの財務相は「投票翌日にユーロ圏との間で合意に至ることが目標だ」と述べる一方で、合意の条件は、債務負担の軽減策など国の経済成長を促すものに限るという考えを改めて示し、強気の主張を貫いています。


日米高官 日韓関係改善で意見交換

日本とアメリカの東アジア外交を担当する高官が東京で協議し、先月、日韓国交正常化50年に合わせて行われた日韓外相会談で一定の成果が得られたことなどを踏まえ、日韓関係のさらなる改善に向けた方策を巡って意見を交わしました。


エボラ終息宣言のリベリアで再び患者確認

エボラ出血熱の感染拡大で4800人を超える死者が出た西アフリカのリベリアで、感染を封じ込めたとしてことし5月に終息宣言が出されたあと初めてとなる新たな患者が確認され、リベリアの当局は、感染が広がっていないか確認を急いでいます。


元中国駐在大使の丹羽氏 今月訪中へ

民間から初めて中国駐在大使に起用され、日本と中国の民間交流を担う友好団体の会長に就任した丹羽宇一郎氏が、今月、北京を訪問し、両国関係の改善に向けて中国側の関係者と会談することになりました。


台湾機墜落 「機長が誤って出力下げた」

台湾で、ことし2月、旅客機が急降下して川に墜落し43人が死亡した事故について、台湾当局は、機長がエンジンの出力を誤って下げる操作をした可能性があることを示す中間報告を発表し、操縦ミスが事故原因の一つとなったという見方が強まっています。


MERS 韓国で5日ぶりに新たな感染者確認

重い肺炎などを引き起こす「MERSコロナウイルス」の感染が広がる韓国で、5日ぶりに新たな感染者が確認され、韓国政府は引き続き感染拡大の防止策を進めていくと強調しています。


日中の出版界が相互理解考える催し 東京

日本と中国の相互理解を深めるため両国の出版界がどう取り組むか考える催しが2日、東京都内で開かれました。


NASA 冥王星の最新画像を公開

NASA=アメリカ航空宇宙局は、冥王星に今月、最接近する予定の無人探査機が撮影した冥王星の最新の画像を公開し、より鮮明になっていく姿に、研究者の間では冥王星の実態解明に期待が高まっています。


米の新車販売 10年ぶりの高水準

アメリカのことし1月から6月までの上半期の新車の販売台数は、景気の緩やかな回復を背景に、SUV=多目的スポーツ車の販売が好調だったことなどから、前の年の同じ期間より4.4%増加し、2005年以来、10年ぶりの高い水準となりました。


南シナ海の最新写真 中国の滑走路ほぼ完成か

中国が南シナ海で進めている浅瀬の埋め立てと施設の建設について、アメリカのシンクタンクは最新の衛星写真を公開し、飛行場の整備が進み、3000メートル級の滑走路がほぼ完成しているという分析を明らかにしました。


ユーロ圏など ギリシャ国民投票の結果待つ姿勢

ギリシャのチプラス首相は1日、財政緊縮策の賛否を問う国民投票を、予定どおり、今月5日に実施する考えをあらためて強調し、これに反発するユーロ圏各国やヨーロッパ中央銀行は、当面、新たな支援の協議などは行わず、国民投票の結果を待つ姿勢です。


キューバ制裁解除に向け 米議会への働きかけ強化へ

アメリカとキューバが54年ぶりに国交を回復することで合意したことを受けて、アメリカ政府高官はNHKの取材に対し、キューバに科している経済制裁の解除に向けて、議会への働きかけを強めていく考えを示しました。


米軍事戦略 同盟国との連携を一層強化

アメリカ軍は、部隊を運用する際の基となる新たな軍事戦略を発表し、アメリカの抑止力の維持と国家に属さない過激派組織の壊滅を両立させるため、同盟国との連携を一層強化していく方針を打ち出しました。


米独立記念日を狙うテロへの警戒強化

ヨーロッパや中東でイスラム過激派組織によるテロ事件が相次ぐなか、アメリカのカーター国防長官は、今月4日のアメリカの独立記念日を狙って、過激派組織IS=イスラミックステートがテロを行う可能性があるとして、アメリカ政府を挙げて警戒を強化していく方針を強調しました。


慰安婦問題巡り米の日本大使館前で集会

アメリカの韓国系団体は、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡ってワシントンにある日本大使館の前で集会を開き、戦後70年のことし、安倍総理大臣が談話を発表するのを前に、みずからの立場に理解を求めようと主張を強めています。


ロヒンギャ問題 ASEANが対応協議へ

ミャンマーを逃れた少数民族のロヒンギャの人たちなどが、船で周辺国に漂着している問題について、ASEAN=東南アジア諸国連合は1日、マレーシアで各国の内相による会議を開き、対策を協議することにしています。


ユーロ圏 国民投票まで話し合いの余地なし

ギリシャの債務問題を巡り、ユーロ圏各国の財務相は1日も電話会議を行い、ギリシャが財政緊縮策の一部修正を求めていることについて、ギリシャ側の姿勢に変化はみられず、今月5日の国民投票が終わるまでは話し合いの余地はないという考えで一致しました。


欧州中央銀 資金供給上限額の引き上げ見送り

ヨーロッパ中央銀行は1日に理事会を開き、ギリシャの銀行に対する資金繰りの支援は継続するものの、供給する資金の上限額の引き上げについては見送ることを決め、資金繰りが厳しさを増しているギリシャの銀行の休業が長引くことも予想されます。


チュニジア銃乱射 容疑者はリビアで過激派の訓練

チュニジアで男が銃を乱射して外国人観光客38人が殺害された事件で、容疑者の男が、隣国のリビアでイスラム過激派組織の訓練を受けていたことが分かり、過激派組織が内戦下のリビアの混乱に乗じてテロの実行犯を養成している実態が浮かび上がっています。


NYダウ 130ドル以上値上がり

1日のニューヨーク株式市場は、ギリシャとユーロ圏との話し合いが最終的にはまとまるのではないかという期待などから買い注文が増えて、ダウ平均株価は130ドル以上値上がりしました。


米南部の黒人が通う教会で火災相次ぐ

アメリカ南部では先月、黒人が通う教会で人種差別的な考えをもつ白人の男が黒人9人を射殺した事件が起きて以降、黒人が通う教会が焼ける火事が相次いで発生し、なかには放火とみられるものもあることから、黒人の人権団体が各地の教会に注意を呼びかけています。


中国に抗議するチベット族描いた映画上映

宗教や文化の自由を求め、みずからの命をなげうって中国政府に抗議するチベット族の人たちの姿を日本人監督が描いた、ドキュメンタリー映画の上映会が1日、東京で開かれました。


ギリシャ首相演説「国民投票で反対票を」

ギリシャのチプラス首相は1日、EU=ヨーロッパ連合からの金融支援が終了してから初めてテレビ演説を行い、今月5日の国民投票について、財政緊縮策の受け入れに反対する票は「EU側への強い圧力になる」として国民に反対票を投じるよう改めて呼びかけました。


エジプト 武装グループが軍施設襲撃 60人死亡

エジプト東部のシナイ半島で武装グループが軍の検問所5か所をいっせいに襲撃して、兵士など少なくとも60人を殺害し、これに対し、政府軍が大規模な掃討作戦を行っています。


54年ぶり 米とキューバが正式に国交回復

アメリカのオバマ大統領は、1961年以来、国交を断絶していたキューバと今月20日、54年ぶりに正式に国交を回復し、双方の大使館が再開することを発表したうえで、議会に対し、キューバに科している経済制裁の解除に向けて速やかに対応するよう訴えました。


ギリシャ首相 前向きな答えあれば直ちに対応

ギリシャのチプラス首相はEU=ヨーロッパ連合からの金融支援が失効してから初めてテレビを通じて演説しました。このなかでチプラス首相はユーロ圏が示した財政緊縮策の一部修正を求めるギリシャ側の提案に対して、ユーロ圏側から前向きな答えがあれば直ちに対応すると述べました。その一方で財政緊縮策の賛否を問う国民投票は予定どおり今月5日に行うとしたうえで国民に対し受け入れ反対の票を投じるよう改めて呼びかけ、反対の票は社会的に公正な政策を実現するための圧力になると訴えました。


北朝鮮に新ターミナル 外貨獲得がねらいか

北朝鮮で、新たな国際空港のターミナルが完成して営業を開始し、北朝鮮としては、施設の完成をアピールすることで、対外的なイメージの改善を図るとともに、外貨獲得のため、観光客の誘致につなげたいねらいがあるとみられます。


世界初 キューバがHIV母子感染撲滅に成功

エイズウイルスが妊娠した母親から子どもに感染する母子感染について、WHO=世界保健機関は、キューバが世界で初めて撲滅に成功したと発表しました。


日中共同製作のヒト型ロボット 上海に登場

大阪大学の研究チームが開発し、中国の企業が製作した「アンドロイド」と呼ばれるヒト型のロボットが中国・上海でお披露目されました。


中国「国家安全法」 香港に規制強化促す

中国では1日、「香港は、国家の安全を守る責任を果たさなければならない」と定めた「国家安全法」が成立し、デモや抗議活動を起こす民主派に対する規制を強めるよう香港政府に促した形となっています。


イラン核問題 交渉期限延長し最終合意目指す

イランの核開発問題を巡る欧米などとイランの協議は、交渉期限を今月7日まで延長し、関係国が合意文書の作成を急いでいますが、数日間で軍事施設の査察などを巡る問題を解決し、最終合意ができるかどうかは予断を許さない情勢です。


香港返還18年 若者は中国に強い不信感

香港政府は1日、中国に返還されてから18年を祝う式典を行い、中国との関係強化に取り組む姿勢を強調しましたが、民主的な選挙を求める学生や市民は大規模なデモ行進を行い、香港への影響力を強める中国に対する若者の不信感は依然として強くなっています。


欧州への地中海難民 半年で13万人超

中東などから地中海を渡ってヨーロッパに到着した難民や移民の数がこの半年でおよそ13万7000人と過去最多になったことが分かり、国連は内戦下のシリアから脱出した難民が周辺国での劣悪な避難生活に耐えられず、ヨーロッパに向かうケースが増えているためだと指摘しています。


ロシア大統領 流し網漁禁止法案に署名

ロシアのプーチン大統領は、日本の漁船も操業しているロシアの排他的経済水域でのサケとマスの流し網漁を禁止する法案に署名しました。この法律が成立したことで、日本の漁船は来年1月から漁を行うことができなくなり、漁の継続を求めてきた日本との関係に影響が出ることも予想されます。


ギリシャ 財政緊縮策に意見割れる

EU=ヨーロッパ連合などからの金融支援が打ち切られ、IMF=国際通貨基金に対する債務を返済できなかったギリシャでは、1日、市民の間から、金融支援を受けるためにもEUなどが求める財政緊縮策を受け入れるべきだとする意見がある一方で、ユーロ圏から離脱すべきだとの声も聞かれ、意見は割れています。


長江客船転覆1か月 原因調査公表されず

中国の長江で客船が転覆し442人が死亡した事故から、1日で1か月となりましたが、事故原因の調査状況は公表されず、中国メディアも事故について伝えなくなっていて、中国政府としては、情報の統制を通じて、事故に関する人々の疑問や不満が政府批判に向かわないようにする思惑があるものとみられます。


米 中間所得層の残業代不払いを見直しへ

アメリカでは職種によって残業代を支払われない人が多く、問題となっていることから、オバマ政権は、中間所得層を支援するため、来年から年収がおよそ600万円を下回る労働者には残業代が支払われるよう見直すと発表しました。


クリントン氏 日米電話会談の文書も私用メールで

アメリカ大統領選挙への立候補を表明しているクリントン氏が、国務長官在任中に私用のメールアドレスを公務に使っていた問題で、日本の外務大臣らとの電話会談に関わる文書も私用のアドレスで受け取っていたことが分かりました。


ギリシャ債務延滞 EUなどが協議へ

ギリシャ政府がIMF=国際通貨基金への債務を延滞したことを受け、ユーロ圏各国やヨーロッパ中央銀行は1日、それぞれ会議を開き、金融市場の動向やギリシャの銀行への支援について意見を交わすことにしています。


エジプト 爆発事件受け処罰強化へ

エジプトの首都カイロで、検事総長らを乗せた車列の近くで大きな爆発が起き、検事総長が死亡した事件を受け、エジプトのシシ大統領は、近く法律を改正して裁判を迅速化し、犯罪を厳しく罰する方針を明らかにしました。


銃乱射事件 容疑者はリビア過激派と関係か

チュニジアで男が銃を乱射して外国人観光客ら38人が殺害された事件で、チュニジアの治安当局者はNHKの取材に対し、容疑者が隣国リビアのイスラム過激派組織と関わりがあったことを確認したと明らかにしました。


米大統領選 共和党14人目の立候補で混戦に

来年行われるアメリカ大統領選挙に東部ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事が、野党・共和党から14人目となる立候補を表明し、指名争いは早くも混戦状態となっています。


印で規制厳格化 日清食品子会社の麺回収へ

インドでは外資系の食品メーカーの即席麺から基準を超える鉛が検出されたことをきっかけに当局が規制を厳格化し、日本の大手食品メーカー「日清食品」の子会社が20年以上販売してきた即席麺の回収を要請されるなど、影響が広がっています。


中国 二酸化炭素の削減目標を国連に提出

世界最大の温室効果ガスの排出国である中国が、二酸化炭素の排出量を2030年までに2005年と比べて、GDP=国内総生産当たり60から65%削減するという目標を国連に提出しました。


ギリシャ国債 債務不履行リスクで格下げ

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは、ギリシャの国債について、金融支援の失効によって今後、数か月以内に債務不履行に陥るリスクが大幅に高まったとして、格付けを一定の債務不履行が起きる可能性が高いとされる水準に引き下げました。


米とキューバ 国交回復で合意

アメリカ政府は、キューバ政府との間で54年ぶりに国交を回復し、双方の大使館を再開することで合意に達し、オバマ大統領が1日、発表することになりました。


IMFが声明 “ギリシャ債務返済されず”

ギリシャ政府は、EU=ヨーロッパ連合などからの金融支援が打ち切られたことから、30日が期限となっていたIMF=国際通貨基金に対する債務を返済することができず、IMFもギリシャからの債務が延滞していると発表しました。


長江転覆事故1か月 遺族は風化を懸念

中国の長江で客船が転覆し、合わせて442人が死亡した事故から1日で1か月となりますが、事故原因の調査状況は公表されず、中国メディアも事故についてほとんど伝えなくなっていて、遺族の間からは事故の風化を懸念する声も出ています。


インドネシア軍輸送機墜落 死者91人に

インドネシアのスマトラ島北部の都市で、兵士ら120人以上を乗せたインドネシア軍の輸送機が住宅街に墜落した事故では、これまでに91人の死亡が確認され、軍は機体に何らかのトラブルが起きた可能性があるとみて、墜落の原因を詳しく調査しています。


ギリシャ IMF債務返済できない見通し

資金繰りがひっ迫しているギリシャに対するEU=ヨーロッパ連合などからの金融支援は、日本時間の1日午前7時に失効し、ギリシャは、ほぼ同じ時刻に返済期限を迎えたIMF=国際通貨基金に対する債務は返済できなかったとみられます。


イラン核開発問題 今月7日まで交渉期限延長

イランの核開発問題の解決を目指す欧米などとイランの協議は、交渉期限を今月7日まで延長すると発表し、関係国は、数日間交渉を延ばすことで、軍事施設の査察などを巡る問題を解決し、最終合意を実現させる考えです。


韓国国会で朝鮮通信使記録映画の上映会

江戸時代に朝鮮半島から日本に派遣された外交使節団「朝鮮通信使」について、日本で製作された記録映画の上映会が韓国の国会で行われ、議員らおよそ200人が鑑賞しました。


プエルトリコ 720億ドルの債務返済できず

経済の低迷で財政が悪化しているアメリカの自治領プエルトリコは29日、日本円で9兆円近い多額の債務を返済できなくなったことを明らかにし、ギリシャの債務問題を巡って金融市場が動揺するなか、新たな懸念材料となりそうです。


イラン核開発問題 交渉期限迎え最終調整へ

イランの核開発問題の解決を目指す欧米などとイランの協議は、交渉期限を迎えた30日、指導部との調整などのため、一時帰国していたイランの外相ら、関係国の閣僚が交渉団に相次いで加わり、合意に向けた最終調整に入りました。


中国 南シナ海浅瀬の埋め立て「すでに終えた」

中国外務省は、南シナ海で進めている浅瀬の埋め立てについて「すでに終えた」と発表し、今後は、軍事上必要なものを含め、施設の建設を進める段階に入ったことを強調しました。


IMF「返済滞れば速やかに対応協議」

ギリシャが抱える多額の債務のうち、IMF=国際通貨基金への返済期限が日本時間の1日朝に迫っていますが、このままでは、ギリシャは返済できない見通しで、チプラス首相は30日、EU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長などと相次いで電話で会談し、ぎりぎりまで打開策を探っているものとみられます。


イエメン爆弾テロで多数の死傷者 ISの犯行か

内戦状態が続くイエメンの首都サヌアで、自動車に仕掛けられた爆弾が爆発し、多数の死傷者が出ているもようで、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗るグループが犯行を認める声明を出しました。


中国格安航空各社 夏に向け日本路線を拡大

中国から日本を訪れる観光客が急増していることを受けて、中国の格安航空会社が、愛知県の中部空港と中国の都市を結ぶ新たな路線を就航させるなど、夏の旅行シーズンに向けて新規路線の開設が相次いでいます。


政府 TPP妥結へ関税・知財で政治判断必要

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡る自民党の会議で、政府側は、交渉妥結に向けて、農産物5項目の関税の取り扱いのほか、医薬品の開発データといった知的財産の保護などで、政治レベルの判断が必要となるという認識を示しました。


インドネシア軍機が住宅街に墜落 49人死亡

インドネシアのスマトラ島北部の都市で、兵士ら110人以上を乗せたインドネシア軍の輸送機が住宅街に墜落して建物などを巻き込んで炎上し、これまでに49人の死亡が確認され、軍や警察などが被害の状況の確認を急いでいます。


ロシアのパイプライン 中国側でも建設開始

ロシアが中国に天然ガスを輸出するための新たなパイプラインの建設が、ロシアに続いて中国側でも始まり、メドベージェフ首相は、両国のエネルギー協力が順調に進んでいると中国との緊密ぶりをアピールしました。


アテネで財政緊縮策の反対訴えるデモ

ギリシャの債務問題を巡り、EU=ヨーロッパ連合側が提案した財政緊縮策の賛否を問う国民投票を来月5日に控え、首都アテネでは29日、緊縮策の受け入れ反対を訴える大規模なデモが行われました。


菅長官「日韓首脳会談の日程固まっていない」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、外務省の幹部が早ければ9月にも日韓首脳会談が実現する可能性があるという認識を示したことに関連し、具体的な日程は固まっていないとしたうえで、首脳どうしが前提条件をつけることなく対話を行うことが重要だという認識を重ねて示しました。


ギリシャ国債と4銀行の格付けを引き下げ

大手格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズは29日、資金繰りがひっ迫しているギリシャの国債の格付けを1段階引き下げたほか、フィッチ・レーティングスは、ギリシャの4つの銀行の格付けを引き下げました。


ギリシャ首相 IMFに返済できない見方示す

ギリシャに対するEU=ヨーロッパ連合などの金融支援は、30日で終了する一方、IMF=国際通貨基金への債務の返済も期限を迎えます。ギリシャのチプラス首相は29日、このままではIMFに返済できないという見方を示しました。


NY原油 先物 ギリシャ問題で値下がり

29日のニューヨーク原油市場は、ギリシャが債務不履行に陥る可能性が高いという見方からリスクを避けようと原油の先物に売り注文が相次ぎ、原油の先物価格は一時およそ3週間ぶりに1バレル=58ドル台前半に値下がりしました。


俳優のレッドフォード氏 COP21へ結束訴え

地球温暖化を巡って特別会合が国連で開かれ、年末に開かれる会議COP21で温暖化対策の新たな枠組みで合意することができるよう、各国は交渉を急ぐべきだという声が相次ぎ、環境保護に取り組んできた俳優のロバート・レッドフォードさんも国際社会の結束を呼びかけました。


ロシア報道官“11月に日ロ首脳会談の可能性”

ロシア大統領府の報道官は、11月にトルコで開かれるG20サミットに合わせて日ロ首脳会談が行われる可能性があることを明らかにし、首脳会談を通してプーチン大統領の年内の日本訪問の実現に弾みがつくか注目されます。


ロシア 対ISへ中東各国の連携呼びかけ

ロシアのプーチン大統領はシリアのムアレム外相と会談し、過激派組織IS=イスラミックステートと戦うため、シリアのアサド政権が軸となって中東の各国が連携すべきだと呼びかけました。


米 ビザ発給 システム復旧で全面再開

アメリカ国務省は、今月9日から世界各地で滞っていたビザの発給がシステムの復旧により全面的に再開されたことを明らかにしました。


ギリシャ首相「返済できない」初めて明らかに

ギリシャの債務問題でチプラス首相は、30日に期限が迫ったIMF=国際通貨基金への債務の返済について、「実現可能な合意に至ることができなければ、返済はできない」と述べ、ギリシャはおよそ2000億円の債務を返済できないという見方を、みずから初めて明らかにしました。


日韓首脳会談 早ければ9月にも実現の可能性

外務省の杉山外務審議官は29日、東京都内で講演し、これまで1度も行われていない安倍総理大臣と韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の首脳会談について、早ければ9月にも実現する可能性があるという認識を示しました。


経団連会長が米で講演 TPP早期妥結に強い期待

アメリカを訪れている経団連の榊原会長は首都ワシントンで講演し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、日米2国間の経済関係の強化のためにも欠かせないとして、交渉の早期妥結に強い期待を示しました。


チュニジア銃乱射 治安当局が複数人拘束

チュニジアで男が銃を乱射して外国人観光客ら38人が殺害された事件で、現地の治安当局は男を支援した人物がいるとみて複数のチュニジア人を拘束し、事件への関与について捜査しています。


米 政府に強力な交渉権限与える法律成立

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡って、アメリカ政府に強力な交渉権限を与える法律が成立しました。オバマ大統領は「まだ難しい交渉が残っている」と述べ、難航分野の協議を進め、交渉の妥結を急ぐ考えを強調しました。


イラン核協議 期限内合意は予断許さず

イランの核開発問題の解決を目指す欧米などとの協議で、イランのザリーフ外相は交渉期限を迎える30日に、会場のオーストリアに戻って関係国の閣僚らと改めて交渉する見通しですが、合意がまとまるか予断を許さない状況が続いています。


エジプト 検事総長が爆発で死亡 暗殺か

エジプトの首都カイロで、検事総長らを乗せた車列の近くで大きな爆発が起きて検事総長が死亡し、イスラム過激派による暗殺事件とみられています。


台湾のイベント施設火災 女性1人死亡

台湾で開かれていた音楽イベントの会場で起きた火災で、重いやけどを負って治療を受けていた20歳の女性が死亡し、この火災で初めての死者となりました。


EU委員長 ギリシャ国民に賛成票呼びかけ

EU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長は、EU側が示した財政緊縮策の賛否を問うギリシャの国民投票について「われわれが示した提案は、ギリシャ側に最大限譲歩した内容だ」などと述べて、ギリシャ国民に賛成の票を投じるよう呼びかけました。


中国が“拒否権” 印副財務相「多国間で決定を」

AIIB=アジアインフラ投資銀行で、中国が事実上の拒否権を持つことについて、2番目の出資国となるインドの副財務相は、融資の案件は環境などに配慮しながら多国間で決定していくべきだという考えを示しました。


習主席 米主導の国際金融秩序の変革を

中国の習近平国家主席は、AIIB=アジアインフラ投資銀行の設立協定の締結式に出席した各国の代表と会談し、「中国はアジアインフラ投資銀行の設立を通して、今ある国際金融機関が世界の経済構造の変化によりよく適応することを促したい」と述べ、アメリカ主導の既存の国際金融秩序の変革を求める立場を明確にしました。


日本とモンゴルの商談会に両国の企業300社

経済成長が続くモンゴルとの関係を強化しようという商談会が都内で開かれ、両国の企業およそ300社が参加しました。


ギリシャ資本規制 経済活動への影響広がり懸念

資本規制の導入が発表されてから一夜明けたギリシャでは、銀行が休業し預金の引き出しが制限されるなか、証券取引所も取り引きを行わないなど経済活動への影響が今後、どこまで広がるのか、懸念されています。


「イエス」のクリス・スクワイア氏 死去

「プログレッシブロック」と呼ばれるジャンルを代表するイギリスの伝説的なロックバンド、「イエス」の創設時からのメンバーでベーシストのクリス・スクワイアさんがアメリカ・アリゾナ州で亡くなりました。67歳でした。


東京外為市場 円相場 対ユーロで大きく値上がり

週明けの29日の東京外国為替市場はギリシャが債務不履行に陥る懸念が強まったことでユーロを売る動きが広がり、円相場はユーロに対して大きく値上がりしました。


AIIB巡る各国の思惑は

中国が設立を提唱するAIIB=アジアインフラ投資銀行の創設メンバーとなる予定の国は合わせて57に上ります。一方で日本やアメリカは参加していません。AIIBを巡り、各国にはどのような思惑があり、どういった期待や不満を抱いているのでしょうか。


上海の株式市場 値下がりに歯止めかからず

今月中旬から株価の下落が続いている上海の株式市場は、29日も値下がりに歯止めがかからず、代表的な株価指数は、一時7%以上、下落して4000ポイントを割り込みました。


欧州の株式市場 大幅下落 ギリシャの懸念強まり

29日のヨーロッパの主な株式市場では、ギリシャが債務不履行に陥る懸念が一段と強まったという見方から、イタリアやスペインで株価指数がおよそ4%下落するなど、各市場で株価が大きく値下がりしています。


日中両国が母子保健分野で協力を確認

日中両国の保健当局の担当者が、東京都内で会合を開き、全国共通の母子健康手帳の導入を目指す中国政府が、日本の制度や手帳の内容を参考にしながら導入を進めるなど、母子保健の分野で両国が協力していくことを確認しました。


産経前支局長裁判 外国人ジャーナリストが証言

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された、産経新聞の前ソウル支局長の裁判で、ソウルで活動する外国人ジャーナリストが弁護側の証人として出廷し、問題とされたコラムに大統領をひぼう中傷する意図があったとは思わないなどと証言しました。


ギリシャ混迷 政府・日銀が緊密に連携へ

ギリシャ情勢の混迷を受けて政府・日銀は29日、金融市場に及ぶ影響などについて協議し、不測の事態に万全を期すため緊密に連携していくことを確認しました。


米の脱獄受刑者 残る1人も身柄確保

アメリカ・ニューヨーク州の刑務所から、今月上旬に脱獄した2人の受刑者のうち最後まで逃走していた男が、カナダとの国境近くで拘束され、警察は今後、脱獄の方法などについて詳しく調べることにしています。


AIIB設立協定締結 年内にも設立へ

中国が提唱しているAIIB=アジアインフラ投資銀行の枠組みを定めた設立協定が、29日北京で締結され、中国が大きな影響力を持つ国際的な金融機関が年内にも設立される見通しとなりました。


ギリシャ 銀行は休業や引き出し制限も

ギリシャの債務問題を巡り、ヨーロッパ中央銀行は資金繰りの支援は続けるものの上限額の引き上げを見送り、これを受けてギリシャのチプラス首相は預金の引き出し制限などを決め、ギリシャ国内ではATM=現金自動預け払い機の前で多くの市民が列を作るなど不安を募らせています。


中国海警局の2隻 接続水域から出る

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で航行を続けていた中国海警局の船2隻は、28日午後6時ごろ、日本の領海のすぐ外側にある接続水域から出ました。


東京外為市場でユーロ売り広がる

週明けの29日の東京外国為替市場はギリシャが債務不履行に陥る懸念が強まっていることで、ユーロが売られる動きが広がり、円相場はユーロに対して大きく値上がりしています。


NYでパレード 同性婚認める判断喜び合う

アメリカのニューヨークで、同性愛者などへの理解を求める大規模なパレードが行われ、参加者たちは、連邦最高裁判所が先週、同性婚をすべての州で認めたことを歓迎し、喜びを分かち合いながら練り歩きました。


チュニジア銃乱射 容疑者はISに呼応か

チュニジアのリゾートホテルで男が銃を乱射して外国人観光客ら38人が殺害された事件で、地元メディアは、容疑者のフェイスブックのコメントや映像から、過激派組織IS=イスラミックステートの影響を受けていたとみられると伝え、男がISの呼びかけに呼応してテロ事件を引き起こした可能性が出ています。


太陽光発電で世界一周 プロペラ機が離陸

太陽光発電だけで初の世界一周に挑戦しているスイスの団体のプロペラ機が、1か月近くにわたって滞在していた愛知県内の空港から、29日未明、ハワイへ向けて離陸しました。


「日・メコン首脳会議」来月東京で開催へ

政府は、日本と、東南アジアのメコン川流域の5か国による首脳会議を、来月4日に東京で開くことにしており、安倍総理大臣は幹線道路などインフラ整備をはじめとする今後の支援策を説明し、この地域を重視する姿勢を強調することにしています。


デンマーク 連立交渉不調で少数単独政権発足

北欧のデンマークでは、今月行われた総選挙で勝利した野党陣営の連立交渉が不調に終わり、野党陣営を主導した前の首相のラスムセン氏が首相を務める少数単独政権が発足しました。


タイとマレーシア 国境地帯に経済特区設立へ

ASEAN=東南アジア諸国連合の各国が、貿易の自由化などを進める経済共同体をことし12月に発足させるのを前に、タイとマレーシアが開発が遅れていた国境地帯に経済特区を設立し、貿易の大幅な拡大を目指すことになりました。


世界遺産委員会 「明治日本の産業革命遺産」審議へ

新たな世界遺産の登録を審議するユネスコ=国連教育科学文化機関の世界遺産委員会が、ドイツのボンで始まり、日本が推薦する「明治日本の産業革命遺産」の登録が認められるかどうかが注目されます。


ギリシャ受け 豪外為市場で円を買う動き

ギリシャが債務不履行に陥る懸念が強まるなか、週明けのオーストラリア・シドニーの外国為替市場は、比較的安全な資産とされる円を買う動きが出て、円相場は先週末のニューヨーク市場の終わり値と比べ、1円以上の円高ドル安となり、1ドル122円台前半の値動きとなっています。


米無人ロケット爆発 宇宙ステーション運用に影響か

国際宇宙ステーションに物資を届けようと、アメリカのベンチャー企業、スペースX社が打ち上げた無人のロケットが飛行中に爆発し、去年10月以降、3機の異なるロケットの打ち上げが失敗していることから、宇宙ステーションの今後の運用に影響が出るのではないかと懸念されています。


ギリシャ “取り付け騒ぎ”防止へ措置

ギリシャのチプラス首相は、ユーロ圏各国が今月末で金融支援を終了する方針を示したことを受けて28日、テレビ演説で、国内銀行の休業と、預金の引き出しを制限する資本移動規制を導入することを明らかにしました。国民が銀行に殺到して取り付け騒ぎになるのを防ぐねらいがあるものとみられます。


ロシア大統領の訪日実現へ外相派遣 首相が打診

安倍総理大臣が先週、ロシアのプーチン大統領と電話で会談した際に、プーチン大統領の年内の日本訪問実現に向けた環境整備を図るため、岸田外務大臣を8月末から9月初めにかけてモスクワに派遣したいという考えを伝えていたことが、日ロ外交筋の話で分かりました。


ヨーロッパ金融市場 波乱含みの展開も

ギリシャの債務問題を巡って、ユーロ圏各国が今月末の期限を延長せずに金融支援を終了する方針を示したことなどから、ギリシャが債務不履行に陥る懸念が強まっており、週明けのヨーロッパの金融市場は波乱含みの展開になることも予想されます。


イラン核交渉 期限まで2日 予断許さず

イランの核開発問題の解決を目指す欧米などとイランの交渉は、交渉期限が2日後に迫るなか、関係国の外相らが相次いで現地入りするなど合意に向けた最終局面に入りましたが、交渉は難航しており、妥結できるかは予断を許さない状況です。


ISの「国家」樹立宣言1年 大きな脅威に

過激派組織IS=イスラミックステートが去年6月、シリアとイラクにまたがる「イスラム国家」の樹立を一方的に宣言してから、29日で1年となりました。ISはその後、勢力を広げ、中東や世界各地で依然大きな脅威となっています。


台湾当局“色付きの粉 不使用を”

台湾で27日、音楽イベントの開催中に日本人2人を含むおよそ500人がけがをした火災が起きたことを受けて、台湾の当局は、当時大量にまかれ、関連が指摘されている色の付いた粉について、当面、公共のイベントで使わないよう求める方針を決めました。


チュニジア事件 ISなどとの接点捜査

チュニジアのリゾートホテルで、男が銃を乱射して、外国人観光客など38人が殺害された事件で、この男が、過激な思想を持つグループと交流していたという情報も伝えられていることから、治安当局は、過激派組織IS=イスラミックステートなどとの接点を捜査しています。


台湾 イベント火災「粉じん爆発」か

台湾で、日本人2人を含む500人以上がけがをした火災で、台湾の消防当局は、当時、音楽イベントの開催中に色の付いた粉が大量にまかれ、粉末に引火する「粉じん爆発」を起こした可能性もあるとみて、現場検証を行うなどして当時の状況を調べています。


ギリシャ問題 週明けの欧州市場に影響も

ギリシャの債務問題を巡って事態が大きく動き、情勢がさらに混迷を深めたことで、週明け、ヨーロッパの金融市場は大きく動揺するおそれが出ています。


台湾 イベント施設火災 けが人500人超

台湾北部で27日夜、音楽イベントの開催中に火災が起き、日本人女性2人を含む500人以上がけがをしました。台湾の当局は、イベント中に大量にまかれた色のついた粉に引火した可能性があるとみて、当時の状況を調べています。


ギリシャ 債務不履行への懸念強まる

ギリシャの議会は、EU=ヨーロッパ連合などから金融支援の条件とされている財政緊縮策の賛否を問う国民投票を来月5日に行うことを賛成多数で承認し、ギリシャの債務不履行への懸念が強まっています。


海外在留の日本人 過去最多の129万人余

海外に3か月以上滞在したり、永住したりしている日本人の数は、去年10月の時点で合わせて129万人余りと、これまでで最も多くなっていて、特に日系企業の進出が進む東南アジアの国を中心に増加していることが、外務省の調査で分かりました。


チュニジア銃乱射事件“外国人観光客狙う”

チュニジアのリゾートホテルで男が銃を乱射して外国人観光客など38人が死亡した事件で、容疑者の男は外国人観光客に狙いを定めて銃撃していたことが、目撃者の証言で明らかになりました。


ギリシャ議会 国民投票の審議で議論紛糾

ギリシャの議会は、EU=ヨーロッパ連合などから金融支援の条件とされている財政緊縮策の賛否を問う国民投票の実施について審議していますが、議論が紛糾し、今も採決に至っていません。


シリア 再侵入のISをクルド人勢力が撃退

シリア北部では、先週、トルコとの国境に接する要衝の都市に再び侵入した過激派組織IS=イスラミックステートに対し、クルド人勢力が総攻撃をかけて撃退し、市の全域を奪還しました。


イラン核開発問題 妥協点探る動きが本格化

イランの核開発問題の最終的な解決を目指す欧米などとイランの協議は、閣僚級の交渉によって事態の打開を図っていて、フランスのファビウス外相が合意のための具体的な条件を3点挙げるなど、難航する交渉の妥協点を探る動きが本格化しています。


大手商社 シェール関連事業 見直しの動き

資源価格の下落によって採算が悪化しているシェール関連の事業について、住友商事がアメリカで行っているシェールオイルの開発から撤退を検討するなど、日本の大手商社の中には事業を見直す動きが出ています。


ユーロ圏財務相会議 ギリシャ支援延長認めず

資金繰りがひっ迫しているギリシャが財政緊縮策の賛否を問う国民投票を来月実施する方針を示したことについて、ユーロ圏の財務相会議は厳しく批判し、ギリシャへの金融支援を今月末に終わらせる方針を示しました。債務問題を巡る協議は合意が難しい情勢となり、ギリシャの債務不履行への懸念がさらに強まりそうです。


台湾 レジャー施設で爆発 220人余搬送

台湾北部のレジャー施設で、27日夜、イベントの開催中に爆発とともに火災が起き、これまでに日本人2人を含む220人余りがやけどなどで病院に運ばれました。


中国人権派弁護士の起訴を受け 日本で集会

中国の著名な人権派弁護士が当局に1年以上身柄を拘束され、先月、起訴されたことを受け、日本の中国研究者らが集会を開き、中国では政府批判への弾圧が強まっていると指摘し、弁護士の釈放を求める声明を出しました。


ギリシャ 各地で市民がATMに長い列

ギリシャでは、チプラス首相が来月、国民投票を実施する意向を表明したことを受けて、市民の間で先行きへの不安が広がり、各地で預金を引き出そうとATMに長い列を作っています。


ミャンマーのエイズ孤児 日本のNGO支援

ミャンマー北部の少数民族の間でエイズ患者の数が急増していることを受けて、エイズで親を亡くした子どもたちが暮らす施設が、熊本県のNGOの支援で建てられました。


ギリシャ支援協議 ユーロ圏財務相会議始まる

資金繰りがひっ迫しているギリシャへの金融支援を協議するユーロ圏の財務相会議が、日本時間の27日夜、始まり、ギリシャがEU=ヨーロッパ連合などから求められている財政緊縮策について賛否を問う国民投票を行う考えを発表したことを受け、どのような対応をするのかが注目されます。


米とイランが外相会談 交渉は山場に

イランの核開発問題を巡る欧米などとイランの交渉期限が3日後に迫るなか、アメリカとイランが27日、およそ1か月ぶりに外相会談を行うなど、協議を閣僚級に格上げして、難航する交渉の打開を図る動きが活発化しており、最終合意を目指す交渉は山場を迎えています。


中国 基準金利引き下げなど追加金融緩和策

中国の中央銀行、「中国人民銀行」は、28日から金融機関の貸し出しと預金の基準金利をそれぞれ0.25%ずつ引き下げるなどの追加の金融緩和策を発表しました。政策金利の引き下げは、中国経済の減速が鮮明になるなか、景気下支えの姿勢を一段と強めるねらいがあるとみられます。


ソマリア 武装集団に襲撃され少なくとも30人死亡

イスラム過激派組織との戦いが続く東アフリカのソマリアで26日、AU=アフリカ連合の平和維持部隊の基地が武装集団に襲撃されて、少なくとも30人の兵士が死亡しました。


中国外相「日本の指導者の選択が重要」

中国の王毅外相は27日、今後の日中関係について、「重要なことは、歴史の被告席に立ち続けるのか、各国との和解を実現するのか、日本の指導者の選択だ」と述べ、戦後70年のことし談話を発表する安倍総理大臣をけん制するねらいがあるとみられます。


ギリシャ 国民投票 臨時議会で議論

ギリシャでは、チプラス首相が、金融支援の条件としてEU=ヨーロッパ連合などから求められている財政緊縮策についての賛否を問う国民投票を来月5日に実施する考えを表明したことを受けて、臨時の議会が開かれ、国民投票を行うべきかどうか議論が交わされています。


チュニジア ホテル襲撃で治安対策強化へ

北アフリカ、チュニジアのリゾートホテルで26日、男が銃を乱射して外国人観光客など38人が死亡しました。チュニジアでは、ことし3月にも観光客を狙った襲撃事件が起きていて、シド首相は今回の事件を受け、治安対策を一層強化する姿勢を示しました。


ユーロ圏財務相会議の対応注目 ギリシャ国民投票で

資金繰りがひっ迫しているギリシャへの金融支援を巡り、ユーロ圏の財務相会議が日本時間の27日夜開かれます。ギリシャがEU=ヨーロッパ連合などから求められている財政緊縮策について、賛否を問う国民投票を行う考えを発表したことを受けて対応が注目されます。


米脱獄犯の1人射殺 残る1人は依然逃走

アメリカ・ニューヨーク州にある刑務所から今月上旬に脱獄した受刑者2人のうち、1人が刑務所からおよそ50キロ離れた場所で見つかり、その場で射殺され、警察は残る1人の捜索に全力を挙げています。


ロシアのLNG開発 中国向けを優先

ロシアの政府系ガス会社「ガスプロム」の社長は、日本企業も参加して検討されている極東のウラジオストク近郊でのLNG=液化天然ガスの工場の建設計画について、「近い将来には実現しない」と述べ、中国向けのパイプライン計画を優先させる考えを示しました。


ブラジルの川に大量の泡 生活排水が原因か

ブラジルのサンパウロ郊外で流れる川に生活排水によるとみられる大量の泡が発生し、服について染みになったり、交通の妨げになったりすることから市民の頭を悩ませています。


ギリシャ 国民投票へ 債務問題不透明に

資金繰りがひっ迫しているギリシャのチプラス首相は、金融支援の条件としてEU=ヨーロッパ連合などから求められている財政緊縮策について、賛否を問う国民投票を来月5日に行う考えを表明し、ギリシャの債務問題の行方は不透明さを増しています。


南アフリカ サイを守る女性レンジャー活躍

南アフリカで野生のサイの角を狙った密猟が急増し、サイの数が激減するなかで、地元の女性で作るレンジャー隊が結成され、サイを守るために活躍しています。


チュニジアのホテル襲撃 ISが犯行声明

北アフリカ、チュニジアのリゾートホテルで男が銃を乱射して外国人観光客など38人が死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートが、インターネット上に自分たちの犯行だと主張する声明を出しました。


仏テロ事件 イスラム過激派の影響受け犯行か

フランス南東部の産業ガスなどを扱う工場に、車が突っ込んで爆発が起きたうえ、頭部を切断された男性の遺体が見つかった事件で、捜査当局は実行犯として逮捕した男がイスラム過激派の影響を受け、犯行に及んだ可能性もあるとみて捜査を進めています。


米最高裁の同性婚“合法化” 保守派は反発

アメリカの連邦最高裁判所が、男性どうしや女性どうしが結婚する同性婚をすべての州で認める判断を示したことを受けて、同性婚を禁止していた州で同性婚を許可する動きが始まる一方、キリスト教の教えや伝統的な価値観を重視する保守派などから反発の動きが出ており、同性婚を巡る議論は今後も続くことが予想されます。


国連憲章署名から70年 米で式典

国連憲章に国連の最初の加盟国が署名してから70年に当たるのに合わせ、アメリカのサンフランシスコで式典が開かれ、パン・ギムン(潘基文)事務総長は、国連が多くの難題に取り組む今こそ人類共通の利益を追求する憲章の理念に立ち返るべきだと訴えました。


イラン核協議 最終合意に向け交渉ヤマ場へ

イランの核開発問題の解決を目指す欧米などとイランの協議は、27日にもアメリカのケリー国務長官とイランのザリーフ外相が直接協議を行うなど交渉はヤマ場を迎える見通しで、交渉期限が今月末に迫るなか、最終合意に向けて対立を解消できるのか予断を許さない状況です。


タイに新幹線 採用なら3年後に建設開始

タイが日本の新幹線の導入を前提に建設を計画している高速鉄道について、日本とタイの両政府は、技術や費用に関して来月にも調査を始め、正式に採用が決まれば、3年後の2018年に建設を始めることで一致しました。


高畑勲監督 米アカデミー会員候補に

アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞を選考する映画芸術科学アカデミーの新たな会員の候補に日本のアニメーション映画監督の高畑勲さんが選ばれ、本人が承諾すれば正式に会員となります。


オバマ大統領 人種差別解消と銃規制強化を

アメリカのオバマ大統領は、南部の教会で白人の男が銃を乱射し、黒人の男女9人が殺害された事件で犠牲となった牧師の葬儀に参列し、人種差別の解消と銃規制の強化に取り組むことが必要だと訴えました。


ギリシャ EU支援条件巡り国民投票へ

資金繰りがひっ迫しているギリシャのチプラス首相はテレビ演説を行い、金融支援の実行のためにEU=ヨーロッパ連合などから求められている条件について賛否を問う国民投票を来月5日に行う考えを明らかにしました。


モスクワ映画祭 呉監督作品に「アジア賞」

世界的な映画祭の1つ、モスクワ国際映画祭の授賞式が26日、行われ、コンペティション部門にノミネートされていた呉美保監督の「きみはいい子」は最高賞は逃したものの、アジアの映画を世界に広めることを目的に設けられた「最優秀アジア映画賞」を受賞しました。


中東と欧州でテロ事件相次ぐ

フランス南東部で工場に車が突っ込み、爆発が起きたうえ、近くで頭部を切断された男性の遺体が見つかり、捜査当局は35歳の男を逮捕しました。また、北アフリカのチュニジアでは、ホテルが武装グループに襲撃されて37人が死亡したほか、クウェートでもモスクで自爆テロが起きるなど、中東とヨーロッパでテロ事件が相次ぎました。


仏南東部でテロ事件 実行犯を逮捕

フランス南東部のイゼール県にある工場に車が突っ込んで爆発が起きたうえ、頭部を切断された男性の遺体が見つかった事件で、捜査当局は、実行犯として35歳の男を逮捕し、テロ事件として捜査を進めています。


クウェートでISが自爆テロ 27人死亡

中東のクウェートにあるイスラム教のモスクで、27人が死亡する自爆テロがあり、過激派組織IS=イスラミックステートが、サウジアラビアで先月2件の自爆テロを起こしたグループによるシーア派を狙った犯行と認める声明を出しました。


チュニジアでホテル襲撃 死者37人に

北アフリカのチュニジアで、観光地のリゾートホテルが自動小銃で武装した男2人に襲撃され、外国人観光客を含む37人が死亡し、現地の治安当局は1人を射殺するとともに、もう1人を拘束し、イスラム過激派との関連など背後関係を調べています。


全米で同性婚“合法化”へ 米連邦最高裁が判断

アメリカの連邦最高裁判所は、男性どうしや女性どうしが結婚する同性婚をすべての州で認める判断を示しました。全米で同性婚が事実上、合法化されることになります。


キム第1書記 バッジ外し権威誇示か

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)第1書記は、これまで胸に付けていた、祖父のキム・イルソン(金日成)主席と父親のキム・ジョンイル(金正日)総書記の肖像が描かれたバッジを外して公の場に姿を見せるようになり、みずからの権威を一段と高めようとしているのではないかという見方が出ています。


輸入車追加関税 ウクライナに「撤回」勧告

WTO=世界貿易機関は、ウクライナが自国の自動車産業を守るため輸入車にかけている追加関税が国際的な貿易のルールに違反しているとした日本の訴えを全面的に認めて、ウクライナに対し追加関税の撤回を勧告する判断を示しました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る