経営に役立つ情報 2015年8月24日 (月曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

新事業向け無利子貸付【兵庫】

【兵庫県】(兵庫県)【新事業創出支援貸付(無利子貸付)】新規事業展開を行う中小企業者等向けの無利子貸付金です。IT産業、生活・サービス産業における新規事業展開や、独創性・新規性の高い実用化段階のものづくり、産学連携・事業連携を支援します。


産業展示場の指定管理者募集【熊本】

【熊本県】(熊本県)【熊本産業展示場(グランメッセ熊本)の次期指定管理者を募集します【】熊本産業展示場(グランメッセ熊本)の指定管理者を募集します。8月31日(月)に現地説明会を開催します。


【企画コンペ参加者募集】天然採苗基質の設置によるあさり母貝団地形成試験業務委託企画コンペについて

【熊本県】(熊本県)有明海熊本県干潟域(荒尾・長洲干潟域及び菊池川・白川河口域)において、天然採苗基質があさり稚貝を着底させ、産卵母貝となるまで保護及び育成する機能を有するか試験を行うため、企画コンペを実施します。


【企画コンペ参加者募集】小ロット県産食材産地見学会業務委託企画コンペについて

【熊本県】(熊本県)熊本県産食材に興味があり、こだわりがある大都市圏の実需者に対して、大量輸送による市場流通の主力品目以外の小ロット品目を売り込むため、小ロット県産食材産地見学会業務委託に関する企画コンペを実施します。8月27日(木)に事前説明会を開催します。参加申込締切は8月26日(水)です。


国史跡の調査業務委託事業者を募集【福岡市】

【福岡市】(福岡県)【「福岡城潮見櫓部材調査業務委託」に係る提案競技の参加事業者を募集します】国史跡福岡城跡及び鴻臚館跡を適切に保存し、継承するとともに、市民の憩いと集客・交流の拠点として活用していくための整備を進めるため、平成26年6月に「国史跡福岡城跡整備基本計画」を策定し、石垣や歴史的建造物の修理、復元を行っていくこととしています。現在解体され、福岡市が部材として保管している潮見櫓(県指定文化財崇福寺仏殿)と花見櫓の部材を調査し、これらを仕分け、潮見櫓の基本設計を行うことを目的に提案競技を実施します。8月26日(水)に現地説明会を開催します。


北海道ASEAN経済交流支援拠点事業委託業務公募型プロポーザルの実施について

【北海道】(北海道)ASEANにおける道の拠点として、平成27年度に北海道ASEAN経済交流支援拠点(仮称)を設置する予定としていることから、開設記念式典を実施することにより、シンガポール拠点の開設をシンガポール共和国政府をはじめ、流通業・観光業など幅広い関係者に対して周知するとともに、北海道のブランドイメージの更なる向上を図り、今後の現地における円滑な活動に結びつけます。


平成27年度 第12回LCA日本フォーラム表彰 募集

【LCA日本フォーラム】(全国)LCAと環境効率に係わる優れた活動および製品・サービスを表彰することにより、LCA手法を広く普及・定着させ、環境効率向上による技術革新を追求し、わが国の産業の発展に資することを目的とします。


「戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討」に係る公募について(予告)

【NEDO】(全国)省エネルギーの重要技術分野で製品化・事業化を目指す際に、保有するシーズの分析・評価を含む先行技術調査や、必要となる要素技術やビジネスリソースの明確化、連携フォーメーションの検討、省エネルギー効果量の試算等のビジネスプランに係る調査・分析・検討・評価等の取組を実施することで優位性、新規性の高い有力な技術シーズを発掘・抽出するとともに、プログラムへの提案誘導及び提案内容の充実・強化を図ることを目的とします。


「クリーンコール技術海外普及展開等事業/ウクライナにおけるスチームタービンの効率向上実証」に係る公募について

【NEDO】(全国)ウクライナにおいて、老朽化した石炭火力発電所のスチームタービンについて、効率改善、出力向上を図ることを目的とした実証事業を実施します。8月24日(月)に説明会(事前登録不要)を開催します。


全国小企業月次動向調査(2015年7月実績、8月見通し)(PDFファイル)

【日本政策金融公庫】(-)全国小企業月次動向調査(2015年7月実績、8月見通し)が公表されました。「小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小〜8月もマイナス幅が縮小する見通し〜」との概況です。


第10回記念「アグリフードEXPO東京2015」を開催〜入場者数・商談件数・商談引合件数、いずれも過去最多に〜(PDFファイル)

【日本政策金融公庫】(-)日本政策金融公庫(略称:日本公庫)は、8月18日(火)〜8月19日(水)に東京ビッグサイトで「第10回記念 6次化の先駆者-EXPO仲間大集結-」をテーマに、「アグリフードEXPO東京2015」を開催しました。全国から過去最多の868の農業者、食品製造業者、6次化支援技術を提供する事業者が出展しました。入場者数14,624名、商談件数48,441件、商談引合件数7,573件についても、過去最多となりました。


融資実績・残高(平成27年7月)を掲載しました。(中小企業事業)

【日本政策金融公庫】(-)中小企業事業の融資実績・残高(平成27年7月)が掲載されました。


融資実績・残高(平成27年7月)を掲載しました。(国民生活事業)

【日本政策金融公庫】(-)国民生活事業の融資実績・残高(平成27年7月)が掲載されました。


「地域中核企業支援貸付制度」兵庫県第1号案件! 「スイーツのまちあまがさき」の中核を担う株式会社エーデルワイスを金融面からサポート(PDFファイル)

【商工中金】(-)商工中金(尼崎支店)は、「地域中核企業支援貸付制度」を活用して、株式会社エーデルワイス(本部センター:兵庫県尼崎市)に対し、民間金融機関と協調して、高級洋菓子等の販路を拡大するために必要な資金1億円を融資しました。


地域経済の活性化のため人材確保支援事業に取り組む一般社団法人ワカツクを金融面からサポート!(PDFファイル)

【商工中金】(-)商工中金(仙台支店)は、一般社団法人ワカツク(本社:宮城県仙台市)に対し、地域中小企業の人材確保等支援事業を実施するために必要な資金3千万円を融資しました。


【最新海外事情レポート】一層の拡大を見せる日越間の人的交流(ベトナム)

【日本商工会議所】(-)「【最新海外事情レポート】一層の拡大を見せる日越間の人的交流(ベトナム)」が掲載されました。


【最新海外事情レポート】建国50周年と逼迫する労働市場(シンガポール)

【日本商工会議所】(-)「【最新海外事情レポート】建国50周年と逼迫する労働市場(シンガポール)」が掲載されました。


【最新海外事情レポート】ASEANの中心として発展するための新たな政策(タイ)

【日本商工会議所】(-)「【最新海外事情レポート】ASEANの中心として発展するための新たな政策(タイ)」が掲載されました。


平成26年特定サービス産業実態調査(確報)

【経済産業省】(-)平成26年特定サービス産業実態調査(確報)が発表されました。内容についてはPDFファイルでダウンロードできます。


LNG産消会議2015での講演者が決定しました〜ガス・セキュリティの強化に向けたLNG市場の進化〜

【経済産業省】(-)目下のLNG市場の変化と、今後同市場の適切な発展の重要性を踏まえ、「LNG産消会議2015」を開催します。LNG市場の生産者、消費者双方の最新の動向について認識を共有した上で、安定的、競争的かつ柔軟なLNG市場の発展に向けた議論を深めます。


犯罪による収益の移転防止に関する法律違反の特定事業者(郵便物受取サービス業者)に対して行政処分を行いました

【経済産業省】(-)郵便物受取サービス業(私設私書箱業)を営む「ジュンコーポレーション」こと山上循一及びWBCに対し、犯罪による収益の移転防止に関する法律第17条の規定に基づき、取引時確認義務等に係る違反行為を是正するために必要な措置をとるべきこと等を命じました。


第3回東アジア地域包括的経済連携(RCEP)閣僚会合が開催されます

【経済産業省】(-)8月24日に、マレーシアにおいて、第3回RCEP 閣僚会合が開催されます。同会合では、これまでに実施された、高級実務者レベルの貿易交渉委員会(Trade Negotiating Committee)会合、物品貿易、サービス貿易、投資等に関する各作業部会における議論の結果が報告されるとともに、今後の交渉の取り進め方等について議論が行われる予定です。


「コンテナカフェ」を試験的に開設

【小樽商工会議所】(-)小樽商工会議所(北海道)は、8月28日(金)から約1ヶ月間、小樽港第3号埠頭近くに「コンテナカフェ」を試験的に開設します。この事業は、小樽商工会議所が進めている「港湾振興プロジェクト」の一例として行われるもので、夜の埠頭を眺めながら飲食を楽しむことができます。同カフェは、9月22日(火)までの毎週金、土、日と祝日、16時から22時まで営業しています。


人材育成事業の実施に係る企画応募の採択結果について(地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト)

【日本商工会議所】(-)日本商工会議所は、平成27年度地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト 人材育成事業の実施に係る企画応募について、応募提案の厳正な審査を行った結果、株式会社日経BPを事業実施者として採択しました。


炭素のサッカーボールが集まるとなぜ高温超伝導体になるか〜最先端計算シミュレーションにより長年の謎を解明〜

【科学技術振興機構(JST)、理化学研究所】(-)分子性固体として最高の超伝導転移温度を持つフラーレン固体の超伝導発現メカニズムを解明しました。超伝導発現に電子相関が絡む非従来型と呼ばれる超伝導体について、本研究レベルの精度で実験相図を再現した例はなく、方法論開発の面からも新超伝導体の物質設計の可能性を開く成果と言えます。


ペロブスカイト太陽電池の劣化問題の原子レベル機構が理論計算から明らかに〜耐久性と安定性向上への貢献に期待〜

【物質・材料研究機構(NIMS)、科学技術振興機構(JST)】(-)ペロブスカイト太陽電池の実用化にむけた重要課題である、劣化が速いこと、変換効率の再現性が低いことの原因として、陽イオン分子の拡散が重要な役割を果たすことを、原子レベルからの理論計算により世界で初めて証明しました。本研究成果は、いまだに不明な点が多いペロブスカイト太陽電池内の原子レベル過程の理解を増進させ、高耐久性かつ高安定性を実現するための材料設計指針を与えるものであり、実用化可能なペロブスカイト太陽電池開発に大きく貢献することが期待されます。


国際科学技術協力基盤整備事業「科学技術外交の展開に資する国際政策対話の促進」における平成27年度新規課題の決定について

【科学技術振興機構(JST)】(-)JSTは、国際科学技術協力基盤整備事業「科学技術外交の展開に資する国際政策対話の促進」の一環として、平成27年度の新規課題を決定しました。この事業は、民間団体の主導による科学技術外交の展開として、政策対話に関する国際的なコミュニケーションの場を促進し、定着させることを目指します。科学技術をリードする産学官の関係者が社会の幅広い協力を得て、将来に向けての科学技術の在り方を議論する国際集会などの開催を支援します。


信用事業再編強化法に基づき資本増強の決定を行った8農協及び1漁協の信用事業強化計画等の履行状況について(平成26事業年度)

【農林水産省】(-)農林水産省及び金融庁は、信用事業再編強化法に基づき資本増強の決定を行った、大船渡市農協、そうま農協、ふたば農協、南三陸農協、いしのまき農協、仙台農協、名取岩沼農協及びみやぎ亘理農協の8農協並びに宮城県漁協から報告のあった、信用事業強化計画等の履行状況について、取りまとめました。


「農林物資規格調査会(平成27年度第2回)」の開催及び一般傍聴について

【農林水産省】(-)「農林物資規格調査会(平成27年度第2回)」を、9月8日(火)に、農林水産省 本館(東京都千代田区)にて開催します。傍聴可能人数は35名(希望者多数の場合は抽選)、申込締切は9月2日(水)17時必着です。


韓国による日本産水産物等の輸入規制に関するWTO協定に基づくパネル設置要請について

【農林水産省(水産庁)】(-)我が国は、8月20日、WTOに対し、韓国による日本産水産物等の輸入規制に関し、WTO協定に基づくパネルの設置を要請しました。


平成27年台風第11号による被害状況等について

【農林水産省】(-)平成27年台風第11号による被害状況等について、農林水産関係被害の概要(平成27年8月21日15時現在)等が公表されました。


「2015年 秋の農作業安全確認運動」の実施について

【農林水産省】(-)農林水産省は、農作業死亡事故を減少させるため、9月から10月までを農作業安全対策の重点期間として、2015年 秋の農作業安全確認運動を実施します。


第3回「食と農林漁業の食育優良活動表彰」受賞者の決定について

【農林水産省】(-)第3回「食と農林漁業の食育優良活動表彰」の農林水産大臣賞及び消費・安全局長賞の受賞者を決定しました。受賞者の表彰式を9月10日(木)に東急キャピトルタワーにおいて開催するとともに、有識者による特別講演及び受賞者による講演を行います。表彰式及び講演は公開です。


食品安全委員会 添加物専門調査会(第146回)の開催について【開催日:8月31日(月)】

【内閣府】(-)食品安全委員会 添加物専門調査会(第146回)を、8月31日(月)食品安全委員会(東京都港区)にて開催します。傍聴可能人数は40名、受付は当日会場にて行います。


食品安全委員会 微生物・ウイルス専門調査会(第65回)の開催について【開催日:8月27日(木)】

【内閣府】(-)食品安全委員会 微生物・ウイルス専門調査会(第65回)を、8月27日(木)食品安全委員会(東京都港区)にて開催します。傍聴受付は当日会場にて行います。


食品安全委員会(第574回)の開催について【開催日:8月25日(火)】

【内閣府】(-)食品安全委員会(第574回)を、8月25日(火)食品安全委員会(東京都港区)にて開催します。傍聴可能人数は40名、受付は当日会場にて行います。


『Japan Festival in Vietnam(JFV)2015』内VJブースで使用するパンフレット、ギブアウェイを募集します!(PDFファイル)

【日本政府観光局(JNTO)】(-)来る11月14日(土)、15日(日)にベトナム・ホーチミン市で行われる『Japan Festival in Vietnam(JFV)2015』にビジット・ジャパン(VJ)事業の一環として、VJブースを出展します。当ブース内で使用するパンフレット等のギブアウェイ(配布物)を募集します。申込締切8月28日(金)です。


桜島地区への観光について

【観光庁】(-)平成27年8月15日10時15分、気象庁が桜島の噴火警戒レベルを4に引き上げたことを受け、同日16時50分、鹿児島市は火口(南岳山頂火口及び昭和火口)から半径3キロの範囲内にある有村町、古里町及び黒神町(塩屋ヶ元)に避難勧告を出しました。これを受け、現在、桜島地区内の一部の観光施設等については、休館・閉鎖されています。一方、海を挟んだ鹿児島市市街地の観光施設等については、通常どおり営業されています。鹿児島県及び鹿児島市では正確な情報発信に努めており、その最新情報や詳細については、ホームページから確認できます。


主要旅行業者の旅行取扱状況速報(平成27年6月分)

【観光庁】(-)主要旅行業者の旅行取扱状況速報(平成27年6月分)が公表されました。


国土交通省バリアフリー・ワーキンググループとりまとめ〜チーム・ジャパンで取り組むバリアフリー・ユニバーサルデザイン施策について〜

【国土交通省】(-)異次元の超高齢社会を迎えつつある我が国において、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会、特に3度目となるパラリンピックの開催を契機に、いつでも、どこでも、だれでも、安心して生活・移動できるユニバーサル社会を実現する必要があります。このため、国土交通省では昨年9月、国土交通省2020年オリンピック・パラリンピック東京大会準備本部の下に、「バリアフリーワーキンググループ」を設置し、3回にわたり議論を行い、このたび、国土交通省として今後取り組む具体的な施策をとりまとめました。


奄美群島振興開発特別措置法施行令の一部を改正する政令について

【国土交通省】(-)奄美群島振興開発特別措置法施行令の一部を改正する政令について、8月21日に閣議決定されました。


大規模盛土造成地マップを公開します

【国土交通省】(-)国土交通省が運営しているハザードマップポータルサイトの「防災に役立つ地理情報」に、地方公共団体が公表している大規模盛土造成地マップを掲載します。


調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会の開催について

【国土交通省】(-)国土交通省では、建設生産システム全体の上流部にあたる調査・設計等業務での品質確保が、公共事業全体の品質確保に重要な役割を果たしていることから、調査・設計等業務に関する諸施策について検討を行うため、平成21年度から外部専門家・外部有識者等から意見を聞く懇談会を設置しています。今回、平成27年度第1回目の懇談会を、8月25日(火)経済産業省別館(東京都千代田区)にて開催します。傍聴は事前申込制(先着順)です。


造船統計速報(平成27年6月分)

【国土交通省 】(-)造船統計速報(平成27年6月分)が公表されました。


平成27年7月15日から23日までの間の台風11号及び大雨による災害復旧事業の査定の簡素化について

【国土交通省】(-)平成27年7月15日から23日までの間の台風11号及び大雨による被災地域の早期復旧を支援するため、災害復旧の迅速化に向け、対象自治体の災害復旧事業の査定を簡素化することとしました。実地によらずに査定ができる限度額を、3百万円未満(通常)→1千万円未満に拡大します。対象自治体は、兵庫県、和歌山県です。


「COOL CHOICE」との連携について

【国土交通省】(-)今般、国土交通省が推進している、エコな鉄道をもっとエコにする「エコレールラインプロジェクト」と、環境省が推進している、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す新しい国民運動「COOL CHOICE」が、それぞれの取組みの普及啓発を図るため、合同でポスターを作成しました。今後、全国の駅や電車内に約13,000枚掲出される予定です。


平成28年度環境保全経費の見積りの方針の調整の基本方針について

【環境省】(-)環境省は、「平成28年度環境保全経費の見積りの方針の調整の基本方針」を策定し、環境保全施策として重点的に推進すべき事項を定め、関係府省に通知しました。


汚染状況重点調査地域における除染の進捗状況調査(第12回)の結果について

【環境省】(-)環境省では、放射性物質汚染対処特措法に基づき汚染状況重点調査地域に指定されている岩手県、宮城県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県及び千葉県下の市町村における除染の進捗状況について、第12回目の調査(平成27年6月末時点の状況)を実施し、今般、その結果を取りまとめました。


『日本人における化学物質のばく露量について』パンフレットの作成について

【環境省】(-)環境省では、ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への蓄積量や摂取量を明らかにするため、「化学物質の人への曝露量モニタリング調査」を行っていますが、今般、平成26年度の調査結果をパンフレットに取りまとめました。


「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令の一部を改正する政令」について

【環境省】(-)「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令の一部を改正する政令」が8月21日閣議決定されました。本政令は、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成16年法律第78号。以下「外来生物法」という。)」に基づき、ゴケグモ属に属する種の一部を新たに特定外来生物に追加するものです。


平成27年度地域循環圏高度化モデル事業・2Rシステム構築モデル事業に係る公募の採択結果について

【環境省】(-)「平成27年度地域循環圏高度化モデル事業」及び「平成27年度2Rシステム構築モデル事業」について、応募案件を審査した結果、5件を採択することとしました。


Lets COOL CHOICE!〜夏旅は、エコでクールな鉄道をチョイス!〜鉄道連携ポスターについて

【環境省】(-)環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す新しい国民運動「COOL CHOICE」を7月1日から開始しています。この度、国土交通省鉄道局と連携し、エコな鉄道をもっとエコにする「エコレールラインプロジェクト」と、「COOL CHOICE」を同時に呼び掛けるポスターを作成し、駅貼りポスター及び中吊り広告の掲出を行います。


ビジネスフォーラム「能力主義を超える“これからの評価制度”」

【大阪中小企業投資育成】(大阪府)能力だけではなく、社員が会社でどのような「役割」を果たしたのか、どのような「成果」を上げたのかの3つをバランスさせた人事制度について説明します。参加費無料です。


大商開業スクール(全5回)

【大阪商工会議所】(大阪府)大阪商工会議所は、大阪府内で創業・開業を目指す方を対象に、「大商開業スクール」を開催します。昨年度、国の「創業スクール10選」に選定されたカリキュラムを元に、受講料はそのままで、演習時の講師を増員、講師および受講生同士の交流会を追加するなど、よりパワーアップしたプログラムで実施します。定員30名(先着順)、受講料10,800円です。


第9期Dreamnabi☆起業塾 第3回「利益計画の立て方を覚えよう」

【名古屋産業振興公社】(愛知県)創業するために、事業計画(ビジネスプラン)の作成は欠かせません。この起業塾で、創業・経営について必要な知識が体系的に学べます。これから起業する方、すでに起業した方、新事業を始めたい方にもお勧めの内容です。継続参加が望ましいですが、単体の参加でも可能です。定員30名(先着順)、参加費は入居者は無料、入居者以外の方は有料(1回/1,000円)です。


ビジネスフォーラム「製造業で成功する人事制度の見直し方」

【大阪中小企業投資育成】(大阪府)製造業向けに、社員の生産性を高める方法論(DDMモデル)をもとに、社員の定着と成長を促すための人事制度の見直し方やノウハウを最新事例も交えながら解説します。参加費無料です。


貿易実務セミナー(岡山開催)

【大阪中小企業投資育成】(岡山県)海外展開に取り組もうとする中堅・中小企業の貿易実務者を対象に「貿易実務の仕組みとリスク回避の方法」について経験豊富な講師がわかりやすく解説します。参加費無料です。


輸出戦略セミナー第4回 基礎から分かる貿易実務・海外での知的財産の保護方法

【内閣府 沖縄総合事務局】(沖縄県)海外市場に販路開拓したい企業を対象に、貿易実務や知的財産などの実践的ノウハウを学べるセミナーを開催します。国内・海外での取引の違い、海外での価格をいくらにするのか、インターコムズ(貿易条件)、インボイス(送り状)、海外での知財保護のための権利取得方法について基礎から学ぶことができます。定員30名、参加費無料、申込締切9月11日(金)です。


たった3時間で社員が3倍働くコミュニケーション講座

【大阪中小企業投資育成】(大阪府)お互いの意見を尊重しあい、自分の居場所を自ら作れる。そんなコミュニケーション力を身につけるためにはどうすればいいのか。それをたったの3時間で伝えます。参加費無料です。


ビジネスフォーラム「社長が行う業績upのポイント」(福岡開催)

【大阪中小企業投資育成、日本政策金融公庫】(福岡県)講師の約1,000社に及ぶ顧問・支援の経験をベースに「成功できない要因」「前に進む方法」を事例を交えて説明します。第二部では、日本政策金融公庫・大阪中小企業投資育成の金融支援メニューを紹介します。参加費無料です。


『健康経営』について学ぶ・考えるセミナー(PDFファイル)

【西条市、西条産業情報支援センター】(愛媛県)昨今、経済産業省と東京証券取引所が共同で健康経営を行っている企業を「健康経営銘柄」と選定し、『健康経営』に取り組むことで業績向上や従業員定着率向上といった成果が生まれています。実際に健康経営に取り組んでいる1.代表的な大企業、2.地域の中小企業に話してもらい、会社での取り組みのヒントを得られる機会を設けました。定員100名です。


投資育成 経営者セミナー「社員のやる気は経営者の叱り方次第!」

【東京中小企業投資育成】(岩手県)場のコミュニケーションにおける「叱り方」に焦点をあて、部下の思考を開かせ、やる気にさせる叱り方、絆を深め、戦力化できる「叱り方」について、講義や演習を通じて、学びます。定員80名(先着順)、参加費無料、申込締切は10月2日(金)です。


セミナー「ビジネスで役立つ、ウソ(人間心理)の見抜き方」(千葉県新鎌ヶ谷開催)

【東京中小企業投資育成】(千葉県)講師が主に知能・経済犯担当の刑事として約20年間、多種多様な人物の取調べや事情聴取の経験から体得したノウハウ、人間心理やウソの見抜き方について、わかりやすく解説します。定員80名(先着順)、参加費無料、申込締切は10月1日(木)です。


地方創生人材支援制度に関する民間企業等向け説明会(PDFファイル)

【内閣府】(東京都)地方創生に積極的に取り組む市町村に対し、意欲と能力のある国家公務員や大学研究者、民間人材を、市町村長の補佐役として派遣し、地域に応じた「処方せんづくり」を支援するため、地方創生人材支援制度を創設しました。つきましては、民間企業等向けの説明会を開催します。対象は、民間シンクタンク、または原則、従業員数300人以上の民間企業・団体(公益社団法人、公益財団法人、NPO等)です。事前申込制、申込締切8月26日(水)です。


公開セミナー「変わりゆく茅ヶ崎」(PDFファイル)

【茅ヶ崎商工会議所】(神奈川県)「変わりゆく茅ヶ崎」をテーマに公開セミナーを実施します。当日は、平成15年以来3期にわたって茅ヶ崎市長を務める服部信明氏が登壇し、これからの茅ヶ崎がどのように移り変わりを見せていくのか、市民活動や地域活動への影響などについてわかりやすく説明します。定員60名(先着順)、参加費無料です。


明日から使える!「ビジネス英語(会議・プレゼン編)」セミナー

【東京中小企業投資育成】(東京都)明日から使える英語での「会議」と「プレゼン」の知識を学びます。各シーンの心構えから定型表現の説明、リスニングトレーニングなど、翌日から仕事に活かせる内容です。定員50名(先着順)、参加費無料、申込締切は9月25日(金)です。


第1回女性経営者ビジネス交流会

【相模原商工会議所】(神奈川県)相模原商工会議所会員企業の女性経営者・経営幹部が本事業を通じて新たなビジネスチャンスの創出とビジネスパートナーの発掘の場を提供することを目的に女性経営者ビジネス交流会を開催します。地域で活躍する女性経営者・経営幹部の方々の「つながりの場」を提供します。定員50名(先着順・1事業所あたり2名まで)、参加費3,000円、申込締切11月6日(金)です。


投資育成 経営者セミナー「社員のやる気は経営者の叱り方次第!」(郡山開催)

【東京中小企業投資育成】(福島県)職場のコミュニケーションにおける「叱り方」に焦点をあて、部下の思考を開かせ、やる気にさせる叱り方、絆を深め、戦力化できる「叱り方」について、講義や演習を通じて、学びます。定員80名(先着順)、参加費無料、申込締切は8月31日(月)です。


投資育成 経営者セミナー「ドラッカーから学ぶ! 経営者としての5つの行動習慣」(宇都宮開催)

【東京中小企業投資育成】(栃木県)ドラッカー入門書の著者が実務で使うためのドラッカーの原理・原則を経営者・経営管理者の方々向けに具体的に解説します。定員50名(先着順)、参加費無料、申込締切は9月14日(月)です。


“わ”で奏でる東日本応援コンサート2015inいわき(PDFファイル)

【いわき商工会議所】(福島県)東日本大震災の支援活動の一環として2013年から全国で実施されている、「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」を福島県いわき市で開催します。当日は、ピアニストの前田憲男さん、ヒット曲「ミスターサマータイム」で知られるサーカスのほか、いわき市立錦小学校吹奏楽部やいわきジャズオーケストラなどが出演します。入場には整理券が必要です(整理券はいわき商工会議所の窓口で配布しています)。入場無料です。


投資育成経営者セミナー「社長が3ヶ月不在でも成長する会社のつくり方」(千葉開催)

【東京中小企業投資育成】(千葉県)中小企業経営者が陥りやすい悩みの現状分析とともに、社長が不在でも会社が成長する『事業成長プログラム』について、わかりやすく解説します。定員80名(先着順)、参加費無料、申込締切は9月25日(金)です。


倉本聰氏 講演会「当たり前の暮らしを求めて」

【魚津商工会議所】(富山県)魚津商工会議所(富山県)青年部は、「当たり前の暮らしを求めて」をテーマに倉本聰氏の講演会を実施します。自然とともに「生きる」ことを深く考え、当たり前の暮らしとはどういうことなのかを、さまざまなフィールドで活躍する同氏とともに考えます。定員1000名(先着順・高校生以上)、参加費500円です。


農林水産・食品輸出商談スキルセミナー(初級編)

【ジェトロ福島】(福島県)「商談会の効果的な準備と進め方について-日本酒輸出の事例から-」をテーマに、商談に望むために必要な事前準備(価格の作成やコスト計算、商品PRのコツ等)や取引を進めるノウハウ、輸出を成功させるためのポイントについて解説します。定員30名程度、参加費無料、申込締切は9月18日(金)です。また、個別相談(事前予約制)を実施します。


香港食品・酒類輸出促進セミナー

【ジェトロ】(東京都)香港について、現地在住の講師が食品・酒類市場のトレンドや現地商習慣などの食品輸出ビジネスの創出・拡大に役立つ情報を提供します。定員120名(先着順)、参加費無料、申込締切は9月15日(火)です。


静岡県中部4商工会議所合同 個別商談会 参加企業募集(PDFファイル)

【静岡商工会議所、島田商工会議所、他】(静岡県)静岡、島田、焼津、藤枝商工会議所は「静岡県中部4商工会議所合同 個別商談会」を実施します。今回の商談相手は、静岡伊勢丹、大丸松坂屋百貨店、パルコ静岡店、丸井静岡店、しずおかマルシェ、ドリームプラザ、ユーマート、静鉄ストア、中日本エクシス静岡支店の大手流通事業者9社のバイヤーです。事前申込制、参加費は会員企業は3,000円(非会員は10,000円)、申込締切9月25日(金)です。


実践グローバルビジネス講座「農林水産物・食品」輸出商談スキルセミナー

【ジェトロ仙台、宮城県、宮城県国際経済振興協会】(宮城県)過去にジェトロが実施した商談事例から見えてきた、商談で成果を出すための重要ポイントを、商談の事前から事後の流れに従って体系的に説明します。農林水産物・食品の輸出を目指す事業者の方に参考となる内容となっています。定員50名(先着順)、参加費無料、申込締切は10月13日(火)です。


「ラオス・ジャパンフェスティバル2015」日本物産展

【ジェトロ】(未定義)ラオスの首都ビエンチャンにて開催される日ラオス外交関係樹立60周年記念「第3回ジャパンフェスティバル」の会場で日本物産展を開催します。定員約30社(予定)、参加費無料(中小企業)、申込締切は9月15日(火)です。


平成27年度地域創業促進支援事業 川口女性創業スクール

【川口商工会議所】(埼玉県)「独立して起業したいが方法がわからない」「経営の基礎知識を一から学びたい」「社長になってみたい」という思いを抱いている方を対象に、女性創業スクールを開講します。創業に必要な知識をビジネスプランの作成を通じて学んでもらうことができます。9月5日(土)は無料体験セミナーです。定員30名(先着順)、受講料10,800円です。


林修氏 特別講演会

【川口商工会議所】(埼玉県)川口商工会議所女性会主管による毎年恒例の講演会です。今年度は、「いつからやるの?今でしょ!」のフレーズで大ブレイク、テレビ等で活躍している、東進ハイスクール東進衛星予備校 現代文講師 林修氏の講演です。申込方法は、窓口にて座席指定券を配布しています。受付期間は会員:8月10日(月)から、非会員・一般:9月1日(火)からです。


L2-Tech認証に関する説明会

【環境省】(東京都)環境省では先導的(Leading)な低炭素技術(Low-carbon Technology)=L2-Tech(エルツーテック)の普及・拡大を目的として、幅広くメーカーからのL2-Tech認証製品等の募集を開始しています。認証の開始に先立ち、L2-TechおよびL2-Tech認証に関する説明会を開催します。事前申込制です。


生物多様性民間参画シンポジウム in 札幌

【環境省、北海道、札幌市、他】(北海道)本年2015年は国連が定めた「国連生物多様性の10年」(2011年〜2020年)の折り返しの年にあたります。生物多様性の主流化に向け、事業者を含むあらゆる主体が取組を加速することが求められています。そのため、事業者の方々のほかNPO/NGO及び自治体の方々を対象にシンポジウムを開催します。生物多様性の民間参画に関する国内外の動向についての講演や、取組を始めたきっかけなど経験談を交えた事業者の取組事例の紹介のほか、生物多様性の主流化の推進をテーマにパネルディスカッションを行います。定員100名程度、参加費無料、申込締切9月10日(木)です。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る