NHKニュース|スポーツ 2015年10月2日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

ヤクルト 14年ぶりのリーグ優勝

プロ野球、セ・リーグは、首位・ヤクルトが、2日夜、神宮球場で行われた阪神戦で延長戦の末、サヨナラ勝ちし、14年ぶり7回目のリーグ優勝を果たしました。真中監督は就任1年目での優勝で、セ・リーグで前の年に最下位のチームが優勝したのは昭和51年の巨人以来39年ぶりです。


国内男子ゴルフ 石川が2位に浮上

男子ゴルフの国内ツアー大会は愛知県みよし市で第2ラウンドが行われ、韓国のパク・サンヒョン選手が通算8アンダーで単独トップに立ち、石川遼選手が2位に浮上しました。


ゴルフ日本女子オープン ユ・ソヨン首位守る

石川県加賀市で開かれている女子ゴルフの国内メジャー大会、「日本女子オープン」は第2ラウンドが行われ、首位スタートの韓国のユ・ソヨン選手はスコアを伸ばすことができませんでしたが単独トップを守りました。


鈴木大地長官「スポーツで多くの人に恩恵を」

1日に発足したスポーツ庁の鈴木大地長官はインタビューで、「スポーツが有益だと多くの人に知ってもらい、恩恵を受けてもらいたい」と述べ、医療費の削減など国民が実感を得られる成果を実現したいという考えを示しました。


浅田真央 あす復帰戦「楽しみたい」

フィギュアスケートで2シーズンぶりに競技に復帰する浅田真央選手が、3日の復帰戦を前に「自分が戻りたいと思って戻ってきた舞台を楽しみたい」と抱負を述べました。


都整備の競技施設「新国立と同じてつ踏まず」

東京都は、オリンピック・パラリンピックに向けて整備する競技施設の建設コストなどのチェック態勢を強化するため外部の諮問会議を立ち上げることになり、舛添知事は「新国立競技場の整備計画の白紙撤回と同じてつを踏まないよう、情報公開を進め、都民が納得できる施設を作りたい」と述べました。


ラグビー日本代表へ 宇宙から応援メッセージ

ラグビーのワールドカップで、日本が1次リーグ第3戦でサモアと対戦するのを前に、国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の油井亀美也さんから日本代表へ応援のメッセージが寄せられました。


オリックス 井川と来シーズンの契約結ばず

プロ野球オリックスは、平成15年に沢村賞を受賞し、大リーグにも挑戦した井川慶投手と来シーズンの契約を結ばないことを発表しました。


イチロー 安打数でボンズ氏に並ぶ

大リーグ、マーリンズのイチロー選手が1日のレイズ戦でヒットを打って大リーグでの通算安打数を2935本とし、最多ホームラン記録を持つバリー・ボンズ氏に並びました。


ブルージェイズの川崎は3打数1安打

大リーグ、ブルージェイズの川崎宗則選手は1日のオリオールズ戦に先発出場し、ヒットを1本打ちました。


五輪エンブレム担当局長退任 事実上更迭か

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが白紙撤回された問題で、エンブレム選定の中心となった組織委員会の担当局長が退任することになりました。一連の問題を受けての事実上の更迭と見られます。


ヤンキース 3年ぶりポストシーズンへ

大リーグ、田中将大投手が所属するヤンキースが、1日、レッドソックス戦に勝って、3年ぶりのポストシーズン進出を決めました。


ラグビーW杯 ウェールズ・仏ともに3連勝

ラグビーのワールドカップ、イングランド大会は1日、1次リーグの2試合が行われ、ウェールズとフランスがそれぞれ3連勝としました。


DeNA中畑監督が辞任の意向 球団は慰留へ

プロ野球、DeNAの中畑清監督が成績不振を理由に、今シーズンかぎりで辞任する意向を球団側に伝えていたことが分かりました。球団側は慰留する考えです。


ラグビーW杯 日本第3戦のメンバー発表

ラグビーのワールドカップイングランド大会で今月3日に行われる日本対サモアの試合の先発メンバーが発表され、五郎丸歩選手など南アフリカを破った初戦とほぼ同じメンバーになりました。


ラグビー 代表ヘッドコーチ年内にも選定へ

日本ラグビー協会はイングランドで開かれているワールドカップの終了後に退任する日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチの後任を、早ければ年内に選ぶことを決めました。


プロ野球 ロッテ4連勝で3位浮上

プロ野球は、パ・リーグの3試合が行われ、クライマックスシリーズ進出を目指すロッテが連勝を4に伸ばして最終戦で敗れた西武に代わって3位に浮上しました。


バスケット男子 アジア選手権準決勝へ

バスケットボール男子、来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたアジア選手権の準々決勝で日本はカタールに81対67で勝って9大会ぶりの準決勝進出を決めました。


ラグビーW杯 サモアは試合前に伝統の舞

ラグビーのワールドカップイングランド大会で日本が次の第3戦で対戦するサモアは、伝統の“戦いの舞”で士気を高め、試合に臨んでいます。


JSC退任の河野氏 五輪組織委理事を継続

白紙撤回された新国立競技場の整備計画で、事業主体だったJSC=日本スポーツ振興センターの理事長を退任した河野一郎氏が、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事を継続することになりました。


鈴木新長官 反ドーピング支援強化を強調

1日発足したスポーツ庁の鈴木大地長官が初の公式行事として反ドーピングに関するフォーラムに出席し、「スポーツ庁の設置で政府の支援体制がさらに強化される」と述べて、反ドーピングに対する支援の充実を図る姿勢を強調しました。


オリックス福良新監督「隙のないチーム作る」

プロ野球・オリックスの福良淳一監督代行が、来シーズンの監督に就任することが正式に発表され、福良監督代行は、「プレーの正確性を高めて隙のないチームを作りたい」と抱負を話しました。


サッカー男子 日本は55位 アジア勢で3番目

FIFA=国際サッカー連盟は1日、男子の最新の世界ランキングを発表し、日本は前回よりも順位を3つ上げて55位となりましたが、アジア勢の中で、引き続き3番目となっています。


西武 田邊監督 来季も指揮

プロ野球、西武の田邊徳雄監督が、来シーズンもチームの指揮を執ることになりました。


ゴルフ 日本女子オープン開幕

女子ゴルフの国内メジャー大会「日本女子オープン」が、石川県加賀市で開幕し、韓国のユ・ソヨン選手が4アンダーで単独トップに立ちました。


JSC 新国立整備計画に専念する理事新設

JSC=日本スポーツ振興センターの新しい理事長に就任したサッカーJリーグの前のチェアマンの大東和美新理事長は、新国立競技場を巡るJSCの体制強化のため、整備計画の推進に専念する理事を設けたことを明らかにしました。


遠藤五輪相 鈴木新長官に選手強化を要請

遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣は、1日発足したスポーツ庁の初代長官に就任した鈴木大地氏と会談し、2020年東京大会の成功に向け、選手強化に取り組んでもらいたいと要請しました。


オリックス2軍監督に田口壮氏

プロ野球・オリックスの2軍監督に、チームのOBで大リーグ、カーディナルスなどでも活躍した田口壮氏が就任することになりました。


男子ゴルフ 片山晋呉が単独トップで発進

男子ゴルフの国内ツアー大会は、愛知県みよし市で第1ラウンドが行われ、片山晋呉選手が7アンダーで単独トップに立ちました。


西武・秋山 シーズン最多安打記録を更新

プロ野球、西武の秋山翔吾選手が1日夜、京セラドーム大阪でのオリックス戦で、ヒット2本を打ち、今シーズンのヒットの数を216本に伸ばし、シーズン最多安打のプロ野球記録を更新しました。


ヤクルトの優勝決定はあす以降に持ち越し

プロ野球は、1日夜に予定されていたセ・リーグの3試合がすべて雨で中止になり、首位・ヤクルトの優勝決定は2日以降に持ち越しとなりました。


女子ソフトボール世界選手権 千葉開催を招致へ

東京オリンピックの2年前にあたる2018年に開かれる女子ソフトボールの世界選手権について、日本ソフトボール協会は、「千葉」を開催地として招致を目指すことを決めました。


日本相撲協会 熊ヶ谷親方を解雇

大相撲の熊ヶ谷親方が自分で雇っていた運転手の男性に暴行し傷害の罪で起訴されたことについて、日本相撲協会は熊ヶ谷親方の解雇を決めました。


サッカーW杯予選 日本代表発表 南野抜てき

今月8日に行われるサッカーワールドカップアジア2次予選のシリア戦に臨む日本代表のメンバー23人が発表され、オーストリアでプレーする20歳のフォワード、南野拓実選手が抜てきされました。


鈴木大地長官「スポーツの存在価値上げる」

1日に発足したスポーツ庁の鈴木大地長官が初めての記者会見に臨み、「スポーツの存在価値を上げていけるような仕事をしていきたい」と決意を述べました。


ブルージェイズ川崎 2打数ノーヒット

大リーグ、ブルージェイズの川崎宗則選手は、30日、地区優勝を決めたオリオールズとのダブルヘッダー第1試合には出場しませんでしたが、第2試合に出場し、2打数ノーヒットでした。


ヤンキース田中 5回4失点で勝ち負けつかず

大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が30日、右太ももの張りからの復帰登板でレッドソックス戦に先発し、5回4失点で勝ち負けはつきませんでした。


イチロー 代打で出場 2打数無安打

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は30日、レイズ戦に代打で出場してそのまま指名打者に入り、2打数ノーヒットでした。


スポーツ庁発足 鈴木大地初代長官に辞令

オリンピック・パラリンピックに向けた選手強化やスポーツに関わる施策を総合的に推進する「スポーツ庁」が1日に発足し、初代長官となるソウルオリンピック競泳の金メダリストの鈴木大地氏に辞令が交付されました。


スポーツ庁 鈴木初代長官が初登庁し訓示

スポーツ庁の初代長官に就任した鈴木大地氏が初登庁し、職員に「互いに意思疎通を図り、チームワーク良く業務を遂行していくことが肝要だ」と訓示しました。


大リーグ ブルージェイズが22年ぶり地区優勝

大リーグ、川崎宗則選手が所属するブルージェイズが30日、アメリカンリーグ東部地区で22年ぶりに地区優勝を果たしました。


スポーツ庁きょう発足 選手強化などの施策を推進

オリンピック・パラリンピックに向けた選手強化やスポーツの振興などの施策を総合的に推進する「スポーツ庁」が1日発足し、ソウルオリンピック、競泳の金メダリスト鈴木大地氏が初代長官に就任します。


阪神新監督 金本氏などOB中心に絞り込みへ

プロ野球、阪神は成績不振を理由に今シーズン限りで退任する和田豊監督の後任について、チームの2回のリーグ優勝に貢献した金本知憲氏など、球団OBを中心に今後絞り込みを進めることにしています。


プロ野球 西武・秋山がシーズン最多安打記録に並ぶ

プロ野球はパ・リーグの3試合が行われ、西武の秋山翔吾選手がヒット5本の固め打ちで、今シーズンのヒットを214本に伸ばし、プロ野球記録に並びました。


ACL準決勝 ガンバ大阪は第1戦敗れる

サッカーのアジアナンバー1クラブを決める、ACL=アジアチャンピオンズリーグの準決勝の第1戦が、30日夜に中国で行われ、ガンバ大阪は中国の広州恒大に1対2で敗れました。


錦織 ジャパンオープン前に練習を公開

テニス男子の世界ランキング6位、錦織圭選手が、来月5日に東京で開幕する2連覇の懸かるツアー大会、ジャパンオープンを前に練習を公開し、軽快な動きで調子のよさをうかがわせました。


西武の秋山 シーズン最多安打記録に並ぶ

プロ野球、西武の秋山翔吾選手が30日夜のオリックス戦で、今シーズンのヒットを214本に伸ばし、阪神のマートン選手が持つプロ野球記録に並びました。


楽天の次期監督に梨田氏 5年ぶりの監督復帰

プロ野球、楽天の次の監督に、近鉄と日本ハムで監督を務めた梨田昌孝氏の就任が決まりました。


オリックス 福良代行が来季監督へ

プロ野球、オリックスは、現在チームの指揮を執っている福良淳一監督代行が、来シーズン、監督を務めることになりました。


ラグビーW杯の観客総数 過去最高を更新の勢い

ラグビーのワールドカップイングランド大会は、1次リーグの前半を終えた時点で観客の総数が98万人を超え大会期間を通じての観客数で過去最高を更新する勢いとなっています。


阪神 和田監督が今シーズンで辞任

プロ野球、阪神の和田豊監督が今シーズンかぎりで辞任することが決まりました。


中日 山本昌引退会見「幸せな選手です」

プロ野球で、現役最年長50歳の中日・山本昌投手が、現役引退の記者会見を開き、「自分で筋書きをつくれと言われても難しいぐらいの現役生活を送れて幸せな野球選手です」と話し、プロ32年間を振り返りました。


オリンピック精神など学ぶアカデミー開校

来月1日発足するスポーツ庁が進める「スポーツを通じた国際貢献」の一環で、世界各国の学生がオリンピック精神などを学ぶアカデミーが開校され、30日、入学式が開かれました。


日本水泳連盟新会長に青木剛氏

日本水泳連盟は、鈴木大地会長が来月1日、新設されるスポーツ庁の初代長官に就任することに伴い、後任の新しい会長に青木剛副会長を選びました。


日本ハム 木佐貫が引退会見

プロ野球、日本ハムで今シーズンかぎりでの現役引退を決めた木佐貫洋投手が、「誇れるようなことはない現役生活だったが、支えてくれた人たちに感謝しています」とプロでの13年間を振り返りました。


阪神 関本が会見「野球嫌いになる前にやめる」

プロ野球、阪神で勝負強いバッティングと堅実な守備で2回のリーグ優勝に貢献した関本賢太郎選手が現役引退の記者会見を行い、「打てなくなって野球を嫌いになる前にやめたかった」と話しました。


イチロー 4打数ノーヒット

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は29日のレイズ戦に先発出場し4打数ノーヒットでした。


神奈川から22年ぶり 新十両力士が誕生

ことし11月に行われる大相撲九州場所で、高砂部屋の朝弁慶が神奈川県出身の力士では22年ぶりに新十両に昇進することが決まりました。


ラグビーW杯 トンガが今大会初勝利

ラグビーのワールドカップ、イングランド大会は、29日、1次リーグ、グループCの、トンガ対ナミビアの1試合が行われ、トンガが35対21で勝って、今大会初勝利を挙げました。


FIFAの事件 欧州連盟プラティニ会長“釈明文”

ヨーロッパサッカー連盟のプラティニ会長は、FIFA=国際サッカー連盟のブラッター会長を巡る事件で、スイスの検察当局から参考人として話を聞かれたことについて、ヨーロッパのサッカー協会などに釈明の文書を送ったと、現地の複数のメディアが伝えました。


FIFA 元副会長に永久活動停止処分

FIFA=国際サッカー連盟は、アメリカの司法当局に起訴されているジャック・ワーナー元副会長について、2018年と2022年のワールドカップ招致を巡る金銭の不正な受け渡しで重要な役割を果たしたとして、今後、サッカーに関するあらゆる活動への参加を禁止する、永久活動停止処分を科しました。


バスケ男子アジア選手権 日本準々決勝進出

バスケットボール男子、来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけた、アジア選手権で、日本は29日に2次リーグの最終戦で香港と対戦し、89対62で勝って、準々決勝に進出しました。


ヤクルト 広島に敗れ優勝持ち越し

プロ野球は29日、3試合が行われ、セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていたヤクルトは、広島に敗れ、優勝は来月1日以降に持ち越しとなりました。


JSC 独立行政法人で最低評価「D」

白紙撤回された新国立競技場の整備計画の事業主体、JSC=日本スポーツ振興センターの、独立行政法人としての昨年度の総合評価について、所管する文部科学省は、最低の「D」としました。およそ100ある独立行政法人などで最低の評価を受けたのはJSCだけです。


日本ハムの中嶋が現役引退へ 29年プレー

プレーした年数で29年のプロ野球記録を持つ日本ハムの中嶋聡選手が、今シーズンかぎりで現役を引退する意向を固めていることが分かりました。


ラグビー発祥のイングランド 優勝へ期待

ラグビー発祥の地、イングランドで開かれているワールドカップでは、競技が誕生したとされる街でも、大会の成功とイングランドの優勝への期待が高まっています。


Jリーグ 全クラブにライセンス交付

サッカーJリーグは、来シーズンのリーグへの参加資格となるクラブライセンスについて、J1とJ2の合わせて40のすべてのクラブのほか、J2昇格を目指すJ3の4つのクラブに交付することを決めました。


五輪追加種目の予選 福島などで開催要請

遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣は、東京大会の組織委員会の会長を務める森元総理大臣と会談し、東京オリンピックの追加種目の予選を、東日本大震災からの復興を目指す福島県などで開催するよう要請したのに対し、森氏は前向きに検討する考えを示しました。


日ハムの木佐貫 今シーズン限りで引退へ

プロ野球で、平成15年の新人王を獲得した日本ハムのベテラン、木佐貫洋投手が今シーズン限りで現役を引退することになりました。


五輪エンブレム 国内在住外国人も応募可に

白紙撤回された2020年東京オリンピック・パラリンピックに代わる新たなエンブレムを選考する組織委員会の有識者会議の初めての会合が開かれ、今回の公募では国内在住の外国人やグループなど幅広い人の応募が認められる方針となりました。


選手強化費 クレジットカードのポイントで寄付

クレジットカードのポイントをオリンピックを目指すトップ選手の強化費への寄付として募るというユニークな取り組みが、JOC=日本オリンピック委員会とクレジットカード大手の協力で29日から始まりました。


阪神のベテラン関本 今シーズン限りで引退

プロ野球、阪神で代打の切り札として活躍しているベテラン、関本賢太郎選手が今シーズンかぎりで現役を引退することになりました。


ソフトバンクの松中が退団へ 現役続行の意向

プロ野球で三冠王などに輝いたソフトバンクの松中信彦選手が、チームを自由契約となって退団することになりました。松中選手は、現役を続ける意向です。


五輪相「追加種目予選 福島などで開催を」

遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、東京オリンピックの追加種目の予選について、東日本大震災からの復興を目指す福島県など、全国各地で開催してもらいたいという考えを示しました。


FIFA会長 2月の選挙までは辞任せず

FIFA=国際サッカー連盟のブラッター会長は、ヨーロッパサッカー連盟のプラティニ会長に対して不正な支出を行った疑いがあるなどとして、検察当局の捜査を受けていることについて、28日、容疑を改めて否定し、来年2月の会長選挙までは辞任しない意向を表明しました。


西武 岸が登録抹消へ 左脇腹の肉離れで

プロ野球、西武の岸孝之投手が、左脇腹の肉離れで1軍の出場選手登録を抹消されることになり、チームがクライマックスシリーズ出場を決めても登板は困難な見通しです。


ヤクルト 優勝へのマジックナンバー「1」に

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは首位・ヤクルトが勝ち、2位・巨人が敗れたため、ヤクルトの優勝へのマジックナンバーが「1」となりました。29日にも14年ぶりのリーグ優勝が決まります。


ラグビーW杯 サモア戦に向け本格練習再開

ラグビーのワールドカップイングランド大会で、日本代表は第3戦のサモア戦に向けて本格的な練習を再開しました。


五輪追加種目 競技関係者から喜びの声

2020年東京オリンピックの追加種目について、組織委員会は、3大会ぶりの復帰を目指す「野球・ソフトボール」や「空手」など5競技の18種目をIOC=国際オリンピック委員会に提案することを決めました。各競技の関係者からは喜びの声が上がっています。


エンブレム選考 有識者会議に王貞治氏ら

2020年東京オリンピック・パラリンピックの新たなエンブレムを作るための有識者会議のメンバーに、プロ野球・ソフトバンクの王貞治球団会長など19人が選ばれ、29日、最初の会合が行われることになりました。


ラグビー世界ランキング 日本は12位に

ラグビーの最新の世界ランキングが発表され、日本はランキングを1つ下げて12位になりました。


五輪エンブレム 事前に佐野氏らに参加要請

白紙撤回された東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムについて、去年9月の公募発表の前に、組織委員会がアートディレクターの佐野研二郎氏など8人のデザイナーに個別に参加を求める招待状を送っていたことが明らかになりました。


バスケ男子 アジア選手権 2次リーグ初勝利

バスケットボール男子、来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたアジア選手権、日本は28日、2次リーグの第2戦でパレスチナと対戦し74対67で勝って、2次リーグで初勝利を挙げました。


鶴竜の立ち合い変化 横綱審議委で賛否分かれる

大相撲秋場所で優勝した横綱・鶴竜が見せた立ち合いの変化について、28日開かれた横綱審議委員会では、委員の間で賛否が分かれました。


スーパーラグビー新参戦の日本 来年2月に開幕戦

ラグビーの世界最高峰のリーグ「スーパーラグビー」の来シーズンの日程が発表され、新たに参戦する日本のチームは、来年2月に東京の秩父宮ラグビー場で開幕戦を行うことになりました。


ラグビーW杯の代替会場の計画 正式に承認

2019年に日本で開かれるラグビーワールドカップで、完成が間に合わない新国立競技場の代わりに、東京の「味の素スタジアム」で開幕戦を行い、決勝は横浜国際総合競技場で行うとした新たな計画が正式に承認されました。


レスリング五輪銅の湯元 現役引退を表明

ロンドンオリンピックのレスリングで銅メダルを獲得した湯元進一選手が、地元の和歌山県で開かれている国体で優勝したあと、現役引退を表明しました。


野球・ソフトや空手など5競技18種目提案を決定

2020年東京オリンピックの追加種目について、組織委員会は、3大会ぶりの復帰を目指す「野球・ソフトボール」や「空手」など5競技の18種目をIOC=国際オリンピック委員会に提案することを決めました。


楽天 後任監督あすにも絞り込みへ

プロ野球、楽天は、今シーズンかぎりで退任する大久保博元監督に代わる次の監督について、早ければ29日にも候補を絞り込み、就任を打診する見通しです。


五輪に野球・ソフトや空手など追加 理事会で承認へ

2020年東京オリンピックの追加種目について、組織委員会の有識者会議は「野球・ソフトボール」や「空手」など5競技の18種目をIOC=国際オリンピック委員会に提案する方針を決めました。このあと、開かれる理事会で正式に承認される見通しです。


小学生が車いすラグビーを体験

子どもたちに障害者スポーツの魅力を知ってもらおうと、小学生を対象にした車いすラグビーの体験会が千葉市で開かれました。


マーリンズのイチロー ノーヒット

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は、27日のブレーブス戦で途中出場し、1打数ノーヒットでした。


優勝の鶴竜「今度は2横綱がいるなかで」

大相撲秋場所で途中から1人横綱を初めて務め、優勝を果たした鶴竜が、千秋楽から一夜明けて記者会見し「今度は先輩横綱2人がいるなかで優勝したい」と決意を述べました。


首相 IOC会長に新国立競技場整備について説明

ニューヨークを訪問中の安倍総理大臣は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談して、新しい国立競技場の整備について、工期短縮の目標を2020年1月末として事業者を公募していることなどを説明し、バッハ会長は理解を示しました。


米男子ゴルフ最終戦 松山は12位

アメリカ男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は27日、ジョージア州で最終ラウンドが行われ、松山英樹選手は通算イーブンパーでトップと9打差の12位となりました。


マリナーズ 岩隈 8回途中3失点で5敗目

大リーグ・マリナーズの岩隈久志投手は、27日、エンジェルス戦に先発し、8回途中3失点で負け投手となり、今シーズンの5敗目を喫しました。


阪神 和田監督 今季かぎりで退任の見通し

27日、リーグ優勝の可能性がなくなったプロ野球、阪神の和田豊監督が、今シーズンかぎりで退任する見通しとなりました。


ドルトムント 香川は得点に絡む活躍

サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの香川真司選手は、27日、ダルムシュタット戦に先発出場し、同点ゴールの起点になるなど得点に絡む活躍を見せました。


IOCに提案する追加種目 きょう決定

2020年東京オリンピックの組織委員会がIOC=国際オリンピック委員会に提案する追加種目は、「野球・ソフトボール」や「空手」など5競技の16種目程度で最終調整が進められていて、28日に開かれる組織委員会の理事会で決定します。


早稲田大野球部元監督 石井連蔵氏死去

東京六大学野球の早稲田大の監督を合わせて13年務め、リーグ戦で4回の優勝を果たした石井連蔵氏が、27日、さいたま市の自宅で亡くなりました。83歳でした。


ヤクルト 優勝へのマジックナンバー3が点灯

プロ野球は5試合が行われ、セ・リーグは、首位・ヤクルトが2位・巨人との直接対決に勝ち、優勝へのマジックナンバー3が点灯しました。


ボクシング 井岡が判定勝ちで初防衛

WBA=世界ボクシング協会フライ級のチャンピオン、井岡一翔選手が、27日夜、タイトルマッチを行い、アルゼンチンの選手に判定勝ちして初防衛に成功しました。


ボクシング 高山が2回目の防衛

IBF=国際ボクシング連盟ミニマム級のチャンピオン、高山勝成選手が、27日夜、タイトルマッチを行い、世界ランキング10位の原隆二選手にテクニカルノックアウト勝ちし、2回目の防衛に成功しました。


バスケ男子アジア選手権 2次リーグ初戦敗れる

バスケットボール男子、来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたアジア選手権は2次リーグに入り、日本はフィリピンに66対73で競り負けました。


大相撲 19年ぶり 15日間「満員札止め」

大相撲秋場所は千秋楽の27日も入場券が完売し、19年ぶりに初日から15日間すべて「満員札止め」となりました。


大相撲秋場所 千秋楽の結果

大相撲秋場所は千秋楽、横綱・鶴竜が大関・照ノ富士との優勝決定戦を制して横綱になってから初めての優勝を果たしました。


東京六大学野球 明治大の高山 最多安打記録に並ぶ

東京六大学野球で、明治大の高山俊選手が27日の試合で通算127本目のヒットを打ち、リーグの通算最多安打記録に並びました。


女子ゴルフ 表が優勝 通算4勝目

女子ゴルフの国内ツアー大会は宮城県利府町で最終ラウンドが行われ、41歳の表純子選手が通算11アンダーで優勝し、通算4勝目を挙げました。


男子ゴルフ キム・キョンテが今季4勝目

男子ゴルフの国内ツアー大会は茨城県坂東市で最終ラウンドが行われ、韓国のキム・キョンテ選手が通算9アンダーで優勝し、今シーズン4勝目を挙げました。


なでしこリーグ ベレーザがレギュラーシリーズ優勝

サッカー女子のなでしこリーグは、レギュラーシリーズの最終第18節の5試合が行われ、首位のINAC神戸レオネッサが引き分け、勝ち点差「1」で追う2位の日テレ・ベレーザが勝ったため、ベレーザが逆転でレギュラーシリーズの優勝を決めました。


「紀の国わかやま国体」本格的に競技始まる

和歌山県で開かれている国民体育大会「紀の国わかやま国体」は、27日から本格的に競技が始まり、天皇皇后両陛下が観戦されるなか、全国から集まった選手たちが熱戦を繰り広げました。


大相撲 鶴竜が優勝 横綱になって初

大相撲秋場所は千秋楽の27日、横綱・鶴竜が優勝決定戦で大関・照ノ富士を破って、横綱になってから初めての優勝を果たしました。


ブルージェイズ 22年ぶりポストシーズンへ

大リーグ、ブルージェイズが22年ぶりのポストシーズン進出を決め、26日、川崎宗則選手などがシャンパンファイトで喜びを分かち合いました。


大リーグ メッツ 9年ぶりの地区優勝

大リーグ、メッツが26日、ナショナルリーグ東部地区の優勝を決めました。地区優勝へのマジックナンバーを1としていたメッツは、26日、シンシナティで行われたレッズ戦に10対2で勝ち、東部地区優勝を決めました。メッツの地区優勝は2006年以来、9年ぶりです。


大相撲 嘉風が初の殊勲賞と技能賞

大相撲秋場所は千秋楽の27日三賞の選考委員会が開かれ、2横綱2大関を破った平幕の嘉風が殊勲賞と技能賞を初めて受賞しました。


イチロー 途中出場で犠打決める

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は26日のブレーブス戦に途中出場し、送りバントを決めてチームの追加点に結びつけました。


米男子ゴルフ プレーオフ 松山は10位に

アメリカ男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は26日、ジョージア州で第3ラウンドが行われ、松山英樹選手は通算イーブンパーとして首位と8打差の10位に順位を上げました。


川崎所属のブルージェイズ ポストシーズンへ

大リーグ、ブルージェイズが22年ぶりのポストシーズン進出を決め、26日、川崎宗則選手などがシャンパンファイトで喜びを分かち合いました。


エイバル乾 先発出場も得点決められず

サッカーの元日本代表でスペイン1部リーグ、エイバルの乾貴士選手が26日、ホームでセルタとの試合に先発出場し、後半34分までプレーしました。


ハノーバー清武 今シーズン初ゴール

サッカーのドイツ1部リーグ、ハノーバーの清武弘嗣選手は26日、アウェーでのウォルフスブルク戦に先発出場し今シーズン初ゴールをマークしました。


東京マラソンの応募 過去最多の30万人超

来年2月に10回目を迎える国内最大規模の市民マラソン、東京マラソンのフルマラソンの応募が30万8000人余りと、これまでで最も多くなり、倍率が11倍を超える人気となっています。


レスター岡崎 前半のみ出場ゴール奪えず

サッカー、イングランドプレミアリーグ、レスターの岡崎慎司選手は26日、アーセナル戦に先発出場しましたが、前半のみの出場にとどまり、ゴールは奪えませんでした。


ラグビーW杯 タックル部門1位に五郎丸

ラグビーのワールドカップイングランド大会で、第1週目の優れたタックル部門の1位に日本対スコットランド戦での五郎丸歩選手のタックルが選ばれました。


マインツ武藤 フル出場もゴール奪えず

サッカーのドイツ1部リーグ、マインツの武藤嘉紀選手は26日、バイエルンミュンヘン戦で3試合ぶりにフル出場しましたが、ゴールは奪えませんでした。


ラグビーW杯 南アフリカがサモアに大勝

ラグビーのワールドカップイングランド大会は26日、1次リーグの3試合が行われ、グループBの初戦で日本に敗れた南アフリカがサモアと対戦し46対6で勝って、今大会、初勝利を挙げました。


J1 首位 広島が快勝 鹿島と勝ち点差3に

サッカーJ1は第2ステージ第12節の9試合が行われ、首位のサンフレッチェ広島が勝ち、勝ち点で並んでいた2位の鹿島アントラーズが敗れ、両チームの勝ち点差が「3」に広がりました。


巨人 首位ヤクルトに勝ちゲーム差1に

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは2位・巨人が首位・ヤクルトとの直接対決に競り勝ち、ゲーム差を「1」に縮めました。


国内女子ゴルフツアー17歳の勝が3位浮上

女子ゴルフの国内ツアー大会は、宮城県利府町で第2ラウンドが行われ、17歳の高校生、アマチュアの勝みなみ選手がスコアを5つ伸ばして、首位と3打差の3位に浮上しました。


国内男子ゴルフツアー 石川は8位に浮上

男子ゴルフの国内ツアー大会は、茨城県坂東市で第3ラウンドが行われ、国内ツアーの2週連続優勝を狙う石川遼選手がスコアを2つ伸ばして8位に浮上しました。


照ノ富士敗れる 2敗守った鶴竜が単独トップに

大相撲秋場所は14日目、25日右ひざを痛めた大関・照ノ富士はけがを押して26日も出場しましたが、豪栄道に敗れて3敗となり、稀勢の里を破って2敗を守った横綱の鶴竜が単独トップに立ちました。


紀の国わかやま国体 両陛下も出席され開会式

第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」が開幕し、天皇皇后両陛下も出席されて和歌山市で総合開会式が開かれました。


十両優勝は三役経験者の松鳳山

大相撲秋場所の十両で、三役経験者の松鳳山が26日勝って13勝1敗とし、27日の千秋楽を待たずに優勝を決めました。


ブラジル代表ネイマール 脱税の疑いで資産凍結

ブラジルの連邦裁判所は、サッカーブラジル代表のエース、ネイマール選手に脱税の疑いがあるとして日本円でおよそ57億円の資産を凍結しました。


阪神のオ・スンファン 右足の張りで登録抹消

プロ野球、阪神の抑えでリーグトップの41セーブを挙げているオ・スンファン投手が右足の張りのため、26日に1軍の出場選手登録を抹消されました。


照ノ富士 右ひざのじん帯痛めるも出場へ

大相撲秋場所で優勝争いのトップに並んでいる大関・照ノ富士は、25日の取組で右ひざのじん帯を痛めて全治1か月と診断されましたが、26日、14日目も出場することになりました。


米男子ゴルフ 松山は順位下げ12位に

アメリカ男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は、25日、ジョージア州で第2ラウンドが行われ、松山英樹選手はこの日2つスコアを落とし、通算1オーバーでトップと10打差の12位に下がりました。


中日・山本昌が引退へ 現役最年長50歳

プロ野球で現役最年長50歳の中日・山本昌投手が、今シーズンかぎりで現役を引退する意向を明らかにしました。


FIFA 改革の具体案12月提出へ

FIFA=国際サッカー連盟は理事などによる不正の再発防止に向けて、ことし12月に開かれる理事会に改革に向けた具体案を提出することになりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る