NHKニュース|国際 2015年10月27日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

米イージス艦 中国が領海主張の海域を航行

中国が南シナ海で人工島を造成している問題で、これに反対しているアメリカ政府は27日午前、中国が領海だと主張している人工島から12海里以内の海域でアメリカ軍のイージス艦を航行させ、今後、米中間の緊張が高まることが予想されます。


アフガニスタンの地震 死者264人に

アフガニスタン北部で起きたマグニチュード7.5の地震で、死者の数はこれまでに264人に上っており、アフガニスタン政府と隣国のパキスタン政府は軍のヘリコプターを出すなどして、山間部の被害状況の確認を急いでいます。


クジラ観察ボート転覆 5人死亡1人不明 カナダ

カナダ西部の沖合の太平洋で、クジラを間近で観察するホエールウォッチングのボートが転覆して、イギリス人観光客など5人が死亡し、1人が行方不明になっています。


米軍艦艇 中国外相「故意に問題起こすな」

南シナ海で中国が造成を進めている人工島から12海里以内の海域で、アメリカ軍の艦艇を航行させることをオバマ大統領が決断したと報じられていることについて、中国の王毅外相は27日朝、報道陣の質問に答え、「確認中だ。もし事実なら、われわれはアメリカに対し、軽率な行動を取らず故意に問題を起こすことのないよう忠告する」と述べました。


アメリカ軍の艦艇 中国の人工島に接近か

複数の欧米メディアは、南シナ海で人工島を造成し主権の主張を強める中国に対し、これを認めない立場を取るアメリカ政府が、人工島から12海里以内で軍の艦艇を航行させることをオバマ大統領が決断したと報じました。「ウォール・ストリート・ジャーナル」はアメリカ軍の艦艇が12海里以内に入ったと報じており、今後、米中間の緊張が高まることが予想されます。


米・インドネシア首脳会談 海軍どうしの協力強化を

アメリカのオバマ大統領はワシントンを訪れているインドネシアのジョコ大統領と会談し、南シナ海で人工島の造成を強行する中国を念頭に、海軍どうしの協力を強化していく方針を示しました。


米大統領 中国の人工島近くに艦艇派遣決断か

南シナ海で人工島を造成し主権の主張を強める中国に対し、これを認めない立場をとるアメリカ政府が、人工島に軍の艦艇を近づける行動を検討していることについて、複数のアメリカメディアなどはオバマ大統領が実行を決断したと報じました。実行されれば中国の強い反発は必至で、米中間の緊張が高まることが予想されます。


肉の加工食品過剰摂取「がんのリスク高める」

WHO=世界保健機関は、ハムやソーセージなどの肉の加工食品を過剰に摂取することががんのリスクを高め、5段階ある危険度のうち最も高い分類に当たるとした初めての調査結果を発表しました。


ペルーのマチュピチュ村 福島・大玉村と友好都市に

南米ペルーの世界遺産「マチュピチュ」で、福島県大玉村とマチュピチュ村の関係者が式典を開き、友好都市協定を結びました。マチュピチュ村が友好都市協定を結んだのは世界で、大玉村が初めてです。


首相 カザフスタン到着 きょう首脳会談

キルギスを訪れていた安倍総理大臣は一連の日程を終えて、日本時間の26日夜遅く、最後の訪問国カザフスタンに到着し、27日午後にナザルバーエフ大統領と会談するほか、対中央アジア外交を巡る政策スピーチを行うことにしています。


ロシア大手航空会社 事実上の経営破綻で影響も

原油安による通貨の下落や経済の低迷が続くロシアで、大手の航空会社が事実上経営破綻してすべての航空便の運航を停止し、首都モスクワと極東を結ぶ便数が大幅に減って、航空券の購入が難しくなるなどの影響が出ています。


トルコ ISの国内拠点に掃討作戦

トルコの治安部隊は26日、南東部にある過激派組織IS=イスラミックステートの拠点に対する掃討作戦を行い、投票まで1週間を切った総選挙に向けて「テロとの戦い」の実績をアピールする政権のねらいもあるものとみられます。


アフガニスタン北部の地震 死者は200人超に

アフガニスタン北部で起きたマグニチュード7.5の地震で、犠牲者の数はさらに増えて200人を超え、両国の政府は軍を出すなどして救助を急いでいますが、現地は電話が通じない地域もあり、被害状況の把握は難航しています。


世界最大の炒飯 “むだ”にしてギネス記録無効に

中国東部・江蘇省で開かれた催しで4トン余りのチャーハンが作られ、世界最大だとしてギネス世界記録に認定されましたが、その後、一部がゴミ収集車で運び出されていたことがインターネット上で暴露され、食べ物をむだにする行為は認められないとして記録は無効となりました。


バングラデシュ イタリア人殺害で実行犯拘束

バングラデシュの首都ダッカで先月下旬、イタリア人の男性が殺害され、過激派組織IS=イスラミックステートの支部を名乗る組織が犯行声明を出した事件で、地元の警察は26日に実行犯とみられる男など4人を拘束し、背景を捜査しています。


乱闘騒ぎから一夜明けて 双方「非常に残念」

東京のトルコ大使館に集まった人たちの間で起きた乱闘騒ぎから一夜明けて、対立が起きたとみられるトルコ人のグループとクルド系トルコ人のグループの双方から「非常に残念だ」という声が聞かれました。


“JKビジネス”などに対策を 国連人権問題専門家

日本における児童の性的搾取の現状や対策を調査するため初めて日本を訪れている国連の人権問題の専門家が、女子高生との交遊を売り物にしたいわゆる「JKビジネス」などの危険性を指摘し、包括的な対策を訴えました。


グアテマラ大統領選挙 元コメディアンが当選

汚職事件を巡り大統領が辞任するなど、政治的な混乱が続いていた中米のグアテマラで大統領選挙の決選投票が行われ、コメディアンなどとして活躍したことで知られるモラレス候補が初めての当選を決めました。


南北離散家族の再会事業 韓国が定例化働きかけ

朝鮮戦争などで韓国と北朝鮮に離れ離れになった離散家族の再会事業が1年8か月ぶりに26日まで行われ、韓国政府は、離散家族の高齢化が進んでいることから再会事業の定例化を働きかけていく方針です。


韓国大使“日韓首脳会談で慰安婦問題を”

韓国のユ・フンス(柳興洙)駐日大使は26日に東京都内で講演し、来月初めに開催することで調整が進められている安倍総理大臣とパク・クネ(朴槿恵)大統領の初めての首脳会談では、両国の間で懸案となっているいわゆる従軍慰安婦の問題を取り上げ進展を目指すべきだという考えを示しました。


アフガニスタン北部の地震 死者100人超に

日本時間の26日午後6時すぎ、アフガニスタン北部を震源とするマグニチュード7.5の大きな地震があり、アフガニスタンと隣国のパキスタンで、これまでに合わせて100人以上が死亡し、当局が被害の確認を急いでいます。


首相 キルギス大統領と会談 円借款など合意

安倍総理大臣は、訪問先のキルギスでアタムバエフ大統領と会談し、議会制民主主義の定着に協力するため選挙の機材を供与することや、運輸分野のインフラを整備するため国際幹線道路の改修におよそ120億円の円借款を行うことなどで合意しました。


アフガニスタン北部でM7.5の地震

アフガニスタン北部で、日本時間の午後6時すぎにマグニチュード7.5の地震があり、現地の当局などが被害の確認を急いでいます。


日韓首脳会談 韓国側が来月2日開催を提案

韓国大統領府の関係者は、安倍総理大臣とパク・クネ(朴槿恵)大統領との初の首脳会談を、来月2日にソウルで開くことを日本側に提案していると明らかにしました。


アルゼンチン大統領選挙 決選投票へ

南米のアルゼンチンで25日、任期満了に伴う大統領選挙が行われ、与党候補と野党候補との接戦となり、新しい大統領の選出は来月の決選投票に持ち越されることになりました。


マドリード中心部 2000頭の羊が大移動

スペインで、2000頭の羊が首都・マドリードの中心部を大移動し、大勢の観光客が、通りを埋め尽くした羊が歩く光景を楽しみました。


中国共産党の重要会議始まる 経済政策議題に

向こう5か年の経済政策を話し合う中国共産党の重要会議が26日から北京で始まり、景気の減速が鮮明になるなか、構造改革と安定成長の両立に向けてどのような計画を定めるか注目されます。


安倍首相がキルギスに到着 首脳会談へ

中央アジアなどを歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の26日午後、キルギスに到着し、このあと、アタムバエフ大統領との首脳会談に臨み、民主主義の定着に向けた協力や幹線道路の改修などの支援を巡って意見を交わすことにしています。


ハイチで大統領選挙 50人以上が立候補

大地震からの復興が遅れ政治的な混乱が続いてきたカリブ海の島国のハイチで、5年ぶりに大統領選挙が行われましたが、50人以上が立候補する事態となっていて、さらに混迷が深まることも懸念されています。


EU 難民10万人分 暫定受け入れ施設設置へ

EU=ヨーロッパ連合は、中東などから流入する難民や移民に対し国境を封鎖する動きが出るなど混乱が深まっていることから、緊急の会議を開き、ギリシャとバルカン諸国に合わせて10万人分の暫定的な受け入れ施設を設けることを決めました。


コートジボワールで大統領選

世界一のカカオ豆の生産国で高い経済成長率を誇る西アフリカのコートジボワールで25日、大統領選挙の投票が行われました。前回の選挙では、軍事衝突に発展し大勢の市民が死亡する事態となったことから、今回の選挙で平和を定着させ、安定した経済成長路線を堅持できるのか、注目されます。


ポーランド総選挙 保守系最大野党勝利へ

ポーランドで上下両院の総選挙が行われ、中東などからの難民の受け入れ反対などを主張した保守系の最大野党が、下院で、第1党となる見通しで、党首が勝利を宣言しました。


意識失い地中海漂流 幼い難民の子を救助

中東やアフリカからヨーロッパを目指す難民や移民を乗せた船の事故などが相次いでいる地中海で、船が転覆して意識を失い漂流していた幼い難民の男の子が救助され、厳しい状況が改めて浮き彫りになっています。


ロシア空爆でIS戦闘員イラクへ逃避か

内戦が続くシリアで、ロシアが先月から行っている空爆を受けて、過激派組織IS=イスラミックステートの戦闘員が隣国イラクに逃げる動きを見せるなど、空爆がISに一定の打撃を与えていることが分かりました。


日本の技術でピラミッドを「透視」へ

エジプトで、素粒子の一種を利用して内部を透視する日本の技術などを使い、謎に包まれたピラミッドの構造を解き明かそうという調査が始まりました。


アルゼンチン大統領選 投票始まる

南米のアルゼンチンで25日、任期満了に伴う大統領選挙の投票が始まり、直前の世論調査では、現職の大統領が支援する与党の候補が優位に立っているものの、当選に必要な得票率を得られない可能性もあり、決選投票に持ち越されるかどうか注目されています。


ウズベキスタン大統領 日本企業に進出呼びかけ

安倍総理大臣が訪問している中央アジア・ウズベキスタンのカリモフ大統領は、首都タシケントで開かれたビジネスフォーラムで講演し、ウズベキスタンの発展には、日本の協力が必要だとして、日本企業に積極的な進出を呼びかけました。


シリア大統領 議会選と大統領選実施も

シリアのアサド大統領は、ロシアの議員団と会談して、議会選挙と大統領選挙の実施を検討する考えを示し、ロシアの提案として伝えられた、1年半以内に2つの選挙を行い、政権の樹立を目指すとした和平案に応じる姿勢を見せたのではないかという見方が出ています。


シリア内戦 ロシアが大統領選実施の和平提案か

シリアの内戦終結に向けて、アサド政権の後ろ盾になっているロシアが、戦闘を停止したうえで1年半以内に議会選挙と大統領選挙の実施を目指すという和平案を関係国に提案していたと、アラビア語のメディアが伝えました。


クルド部隊・米軍 IS収容所突入の映像を公開

過激派組織IS=イスラミックステートに対する軍事作戦が続くイラクで、クルド人部隊とアメリカ軍がISの収容所にいる人質を救出したときの映像が公開されました。この救出作戦では、アメリカ軍の兵士1人が死亡しています。


香港で高速船事故 日本人2人もけが

香港で、大勢の観光客などを乗せた高速船が、航行中に何かにぶつかり、衝撃によって日本人2人を含むおよそ100人がけがをしました。


国連難民高等弁務官が日本に支援要請へ

内戦が続くシリアなどからヨーロッパに押し寄せる難民への対応が課題となるなか、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグテーレス高等弁務官が、来月日本を訪れ、より多くの難民の受け入れなど、日本政府に対して積極的な支援を求めることが分かりました。


豪ソーラーカーレース 工学院大学2位に

太陽光を動力源にしたソーラーカーでオーストラリア大陸の3000キロを縦断するレースで、日本の工学院大学のチームが実用性を重視したクラスで2位に入りました。


ロシア軍 シリア国内の基地を初公開

内戦が続くシリアで過激派組織IS=イスラミックステートを対象に空爆を行っているとするロシア軍は、シリア国内の空軍基地を、NHKなど外国のメディアに初めて公開し、ロシアがISへの対応で重要な役割を果たしていることをアピールしました。


羽田と中国・広州を結ぶ新路線が就航

中国から日本を訪れる旅行者の数が過去最高を更新するなか、25日から始まった国際線のダイヤでは日中両国を結ぶ定期航空便が25%余り増加し、このうち、中国南部、広州の空港では、羽田空港と結ぶ新たな路線の就航を記念する式典が行われました。


ウクライナ ロシア 互いに旅客機乗り入れ禁止

ロシアによるクリミア併合などを巡って対立するウクライナとロシアは、互いの航空会社の旅客機の乗り入れを禁止し、両国の交流が制限されて関係の悪化に拍車がかかるのではないかとの懸念が広がっています。


韓国 境界線越えの北朝鮮軍警備艇に警告射撃

朝鮮半島西側の黄海で、24日、北朝鮮軍の警備艇が南北の境界線を越えて韓国側の海域に侵入したため、韓国軍が警告射撃をしたことが明らかになり、これに対し、北朝鮮は、「南側が軍事挑発をした」と主張しています。


先住民スポーツの世界大会開幕 ブラジル

リオデジャネイロオリンピックを来年に控えるブラジルで世界各地の先住民がそれぞれの文化に根ざした競技を披露する初めてのスポーツ大会が始まりました。


米南部で群衆に乗用車突っ込み4人死亡

アメリカ南部オクラホマ州で、パレードを見に集まっていた人たちに乗用車が突っ込み、2歳の男の子を含む4人が死亡、44人がけがをしました。地元の警察は、車を運転していた25歳の女を飲酒運転の疑いで逮捕して、事故の詳しい状況を調べています。


イスラエルとパレスチナ 鎮静化へ措置で合意

イスラエルとパレスチナの間で衝突が相次いで緊張が続くなか、アメリカのケリー国務長官は関係国などとの協議の結果、治安当局どうしの連携を強化したり、エルサレムの聖地に監視カメラを設けたりするなど、事態の鎮静化に向けた新たな措置を取ることで合意したと明らかにしました。


首相 ウズベキスタン大統領と会談へ

タジキスタンを訪れていた安倍総理大臣は一連の日程を終えて、日本時間の25日未明、ウズベキスタンに到着しました。安倍総理大臣は、午後、カリモフ大統領と会談し、経済分野を中心に両国の関係を強化することで合意する見通しです。


ブラジル 原爆の悲惨さ伝えるポスター展

広島と長崎に原爆が投下されて、ことしで70年となるのに合わせ、ブラジルの人たちに原爆の悲惨さを知ってもらおうと、焼け野原となった町並みの写真や、被爆者が描いた絵などを紹介したポスター展が、ブラジル最大の都市サンパウロで始まりました。


韓国 専門家 約90%「日韓関係改善すべき」

韓国外務省の傘下の研究機関が、韓国の外交や安全保障の専門家を対象に行った調査で、日本との関係を改善すべきだと答えた人は全体の90%近くに上ったほか、60%以上が安全保障を巡る協力は、いわゆる従軍慰安婦の問題などと分けて進めるべきだと考えていることが分かりました。


ドイツ 難民対応強化の新たな法律施行

中東などからの難民の流入が続くドイツで、難民としての条件を満たさない人たちを速やかに国外退去とすることなどを柱とした法律が新たに施行され、メルケル政権は難民の流入に歯止めをかけたい考えです。


イランでシーア派の重要行事 殉教した指導者悼む

中東のイランでは、イスラム教シーア派の最も重要な宗教行事「アシュラ」を迎えた24日、大勢の人々が街頭に繰り出し、手や鎖でみずからの体をたたきながら、1300年余り前に殉教した指導者の死を悼みました。


バングラデシュ爆発 IS名乗る組織が犯行声明

バングラデシュの首都ダッカにあるイスラム教シーア派の施設で24日未明、爆弾が爆発して、10代の少年が死亡、100人以上がけがをし、過激派組織IS=イスラミックステートの支部を名乗る組織が犯行声明を出しました。


中国政府高官 追加の金融緩和の可能性を示唆

中国経済の減速が鮮明になるなか、中国政府の高官は、景気の下支えに向けて今後も追加の金融緩和を行う可能性を示唆しました。


首相 タジキスタンで死亡の日本人慰霊碑に献花

中央アジアのタジキスタンを訪れている安倍総理大臣は日本時間の24日夜、17年前、タジキスタンで国連の停戦監視活動中、武装勢力に襲われて死亡した秋野豊さんらの慰霊碑を訪れて献花し、祈りをささげました。


ピラミッド近くの爆発 IS名乗る組織が犯行声明

エジプトの首都カイロ近郊にあるピラミッドの近くで、爆弾が爆発して警察官など4人がけがをした事件で、過激派組織IS=イスラミックステートの支部を名乗る組織が犯行を認める声明を出しました。


バングラデシュの宗教施設で爆発 100人以上けが

バングラデシュの首都、ダッカにあるイスラム教シーア派の施設で、複数の爆弾が爆発して10代の少年が死亡、100人以上がけがをしました。シーア派の施設が攻撃されるのは異例だということで、警察が背景などを捜査しています。


日本・タジキスタン共同声明 国境管理へ協力

安倍総理大臣は、訪問先のタジキスタンでラフモン大統領と会談し、イスラム過激派の影響力の拡大が懸念されることから、国境管理への協力強化を図るとともに、こうした組織の資金洗浄などに関する情報交換を行うことなどを盛り込んだ共同声明を発表しました。


タイ 警察に賄賂持ちかけか 日本人3人逮捕

タイの首都バンコクで、日本人の男が覚醒剤と拳銃を所持していた疑いで逮捕された事件で、この男を釈放させようとして地元の警察に賄賂の提供を持ちかけたとして新たに日本人の男3人が逮捕されました。


メキシコ上陸のハリケーン 一時はカテゴリー5

ハリケーン「パトリシア」がメキシコの観測史上最大級の勢力を保ったまま上陸し、その後急速に勢力が弱まっているものの、アメリカの気象当局は大雨による浸水や洪水に警戒するよう呼びかけています。


パキスタン 爆発で16人死亡 少数派狙ったテロか

パキスタンで、イスラム教シーア派の宗教行事が行われていた場所で爆弾が爆発して、これまでに16人が死亡し、地元の警察は国内で少数派のシーア派を狙った自爆テロとみて調べています。


福田元首相 「日中関係の安定・強化は義務」

中国の北京で開かれた日中関係を話し合うフォーラムで福田元総理大臣は、「日中関係を安定させ強化することは、アジアと世界に対する厳粛な義務だ」と述べて、改善傾向にある両国の関係を今こそ正常な状態に戻すべきだと訴えました。


モスクで自爆テロ相次ぐ ナイジェリア

西アフリカのナイジェリア北東部で23日、モスクを狙った自爆テロが相次ぎ、少なくとも55人が死亡し、市民を標的にしたテロを激化させているイスラム過激派組織、「ボコ・ハラム」の犯行とみられています。


禎子さんの折り鶴 ブラジルの州議会で展示

広島市の平和公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった、佐々木禎子さんが闘病中に折った折り鶴がブラジルに寄贈され、最大の都市、サンパウロの州議会で展示が始まりました。


最大級のハリケーン メキシコに上陸

メキシコの観測史上、最大級の勢力をもつ大型のハリケーン「パトリシア」が、メキシコの太平洋沿岸に上陸し、メキシコ政府は3つの州に非常事態宣言を出すなどして暴風や大雨などへの警戒を強めています。


国連創設70年記念 青のライトアップ

国連が創設されてから70年を迎えるのを記念して、ニューヨークの国連本部の建物が国連のシンボルカラーの青にライトアップされ、このあと日本を含め世界各国の200以上の名所が青くライトアップされることになっています。


イスラエルとパレスチナ衝突 4者が対応協議

イスラエルとパレスチナの間で衝突が相次ぎ、緊張が高まるなか、アメリカとロシアそれにEU=ヨーロッパ連合と国連の4者が対応を協議し、双方に自制を求めるとともに特使を派遣するなど、緊張緩和に向けた働きかけを強化していくことにしています。


国連 難民女性や子どもの安全確保求める

ヨーロッパに流入した難民や移民の女性や子どもたちが移動中や滞在先などで性的な暴行や虐待を受けたとする証言などを得たとして、国連は関係する当局や機関に対して、安全を確保するための必要な措置を取るよう求めました。


サハリンに北海道の特産物販売など複合施設が完成

ロシア極東のサハリンに、北海道の特産物を販売したり、企業の進出を支援するための機能を備えた複合施設が完成し、北海道とサハリンとの経済交流を強化するための拠点として期待されています。


最大級のハリケーン メキシコに上陸の見込み

メキシコの観測史上、最大級の勢力をもつ大型のハリケーン「パトリシア」が、日本時間の24日午前にもメキシコに上陸する見込みで、メキシコ政府は3つの州に非常事態宣言を出すなどして暴風や大雨などへの警戒を強めています。


米 新たに建設された原発に運転認可

アメリカのNRC=原子力規制委員会は、南部テネシー州に新たに建設された原発が運転に必要な認可を得たと発表し、アメリカで新たな原発が20年ぶりに営業運転を開始する見通しとなりました。


エジプト ピラミッド近くで爆発 4人けが

エジプトの首都カイロ近郊にあるピラミッドのすぐ近くで爆弾が爆発して警察官など4人がけがをし、国内でイスラム過激派の活動が活発化するなか、観光地周辺の治安も悪化しています。


シリア情勢 4か国外相会談 隔たり埋まらず

内戦が続くシリア情勢の事態打開に向けて、アメリカとロシア、それにトルコとサウジアラビアの4か国の外相による会談が行われましたが、アサド政権への対応を巡って立場の隔たりは埋まらず、来週にも再び協議を行うことになりました。


米 CO2排出規制の見直し求め 24州が提訴

アメリカ政府は火力発電所から排出される二酸化炭素の量を大幅に削減する新たな規制を導入しましたが、石炭産業の盛んな24の州は、石炭火力発電所が大幅なコスト上昇か廃業に追い込まれると反発し、規制の見直しを求める訴えを裁判所に起こしました。


安倍首相 タジキスタン訪問し首脳会談へ

中央アジアを歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の24日、タジキスタンを訪れて、ラフモン大統領との首脳会談に臨み、イスラム過激派の影響力の拡大が懸念されるタジキスタンの安定化に向けて意見を交わすことにしています。


NY市場 ダウ平均株価150ドル以上値上り

23日のニューヨーク株式市場は、中国の中央銀行が追加の金融緩和策を発表し、中国経済が下支えされることへの期待感などから買い注文が広がり、ダウ平均株価は150ドル以上値上がりしました。


日中韓 共同宣言発表の方向で調整

日本政府は、中国、韓国両政府との間で、来月1日の日中韓3か国の首脳会議を受けて共同宣言を発表する方向で調整に入りました。共同宣言には、北朝鮮に対し核開発を放棄し、非核化を進めるための協議に復帰するよう求めることなどが盛り込まれる見通しです。


習主席 英との関係強化強調し帰国

イギリスを公式訪問していた中国の習近平国家主席は23日、中部のマンチェスターの空港から中国へ帰国しました。最終日も、空港周辺の複合開発を両国が共同で進めることを確認するなど、イギリスとの関係強化に向けた姿勢を改めて強調しました。


中国人民銀行 預金金利の上限撤廃を発表

中国の中央銀行に当たる中国人民銀行は、銀行が預金に対し実際につけられる金利の上限を24日付けですべて撤廃すると発表し、金利の完全自由化が形の上では実現したことで銀行間の競争が進むかが注目されます。


南アフリカ 首都で学生と治安部隊が衝突

南アフリカの首都プレトリアで、大学の授業料の値上げに抗議する数千人の学生と治安部隊が衝突し、治安部隊が催涙ガスを発射するなど、現場は一時、騒然となりました。


タイ 覚醒剤所持容疑で日本人の男逮捕

タイの首都バンコクで、日本人の男が覚醒剤およそ2.3キログラムを所持していたとして警察に逮捕されたことが、現地の警察への取材で分かりました。


仏で観光バスとトラック衝突 43人死亡

フランス南西部で観光バスとトラックが衝突する事故があり、地元の検察は記者会見で、バスの乗客とトラックの運転手など43人が死亡し、8人がけがをしたことを明らかにしました。


ユニセフ シリア事務所代表「政治的な打開を」

ユニセフ=国連児童基金のシリア事務所の代表は、内戦が続くシリアの子どもたちについて、200万人以上が学校に通えなくなっているほか、人身売買など深刻な状況に置かれているとして、シリア情勢の政治的な打開を急ぐ必要があるという考えを強調しました。


米大統領選 民主党チェイフィー氏が撤退

アメリカ大統領選挙の民主党の候補者選びでクリントン前国務長官が勢いを取り戻すなか、支持率が低迷していたチェイフィー前ロードアイランド州知事は選挙戦から撤退すると表明しました。


中国 不正な株売買で投資管理会社など摘発

中国の証券監督当局は、上海の株式市場などで不正な売買を行い市場を混乱させたとして投資管理会社などを摘発し、日本円で合わせておよそ380億円に上る罰金などの処分を行ったと発表し、株式市場での不正を厳しく取り締まる姿勢を強調しました。


首相 トルクメニスタンとの経済協力深化に期待

中央アジアのトルクメニスタンを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の23日夜、トルクメニスタンとの経済関係の発展を目的としたビジネスフォーラムであいさつし、両国の経済協力が一層深まることに期待する考えを示しました。


シリア情勢巡り 4か国の外相会談始まる

内戦が続くシリア情勢を巡って、アメリカとロシア、それにトルコとサウジアラビアの4か国の外相による会談が始まりましたが、事態打開の糸口を見いだせるかどうかは不透明です。


スウェーデン 学校襲撃 “人種差別的な動機で”

北欧のスウェーデンで刃物を持った男が学校に侵入し男子生徒など2人が刺されて死亡した事件で、地元の警察は、男が人種差別的な動機で事件を起こしたと明らかにし、シリアなどからの難民や移民を積極的に受け入れているスウェーデン国内に衝撃が広がっています。


北海道知事 サハリンで寒冷地向け農業技術PR

ロシア極東のサハリンを訪問している北海道の高橋知事は、地元の政府関係者に対して寒冷地向けの農業技術をPRし、幅広い分野での交流の拡大を呼びかけました。


中国人民銀行 追加の金融緩和策を発表

中国の中央銀行「中国人民銀行」は23日夜、24日から政策金利をこれまでより0.25%引き下げるなどとする追加の金融緩和策を発表しました。中国経済の減速が鮮明になるなか、景気下支えの姿勢をさらに強めるねらいがあるとみられます。


シリア情勢巡り 米ロなど4か国外相会談へ

内戦が続くシリア情勢を巡って、アメリカとロシア、それにトルコとサウジアラビアの4か国の外相による会談が23日行われますが、事態打開の糸口を見いだせるかどうかは不透明です。


仏で観光バスとトラックが衝突 42人死亡

フランス南西部で観光バスとトラックが衝突する事故があり、地元当局などによりますと、バスの乗客とトラックの運転手の合わせて42人が死亡し、8人がけがをしました。


家事支援の外国人労働者拡大で国際団体が講演

外国人労働者の権利擁護に取り組む国際団体の幹部が都内で講演し、日本で家事支援を行う外国人労働者の受け入れが拡大されることについて、働く女性の家事負担を軽減できるとした一方、労働者を保護する政策の充実を訴えました。


中国 住宅値上がり基調も不動産投資は伸び悩み

中国の先月の新築住宅の価格は、政府の販売下支え策などで需要が増えたことを受けて、上昇した都市の数が3か月連続で下落を上回りましたが、不動産開発の投資は伸び悩みが鮮明で、中国経済の先行きには不透明感が広がっています。


国連安保理 シリア情勢巡り米ロが論戦

激しい内戦が続くシリアを巡り、国連の安全保障理事会で討論が行われ、ロシアが過激派組織IS=イスラミックステートの壊滅を目指すものだとして、軍事介入を正当化したのに対し、アメリカはロシアによる介入がISを勢いづかせていると批判しました。


クリントン氏 議会証言で追及乗り切る

アメリカ大統領選挙で民主党の最有力候補のクリントン氏は、国務長官在任中に、リビアで大使などが殺害された事件や私用のメールアドレスを公務に使っていた問題を巡って議会で証言し、共和党からの長時間にわたる追及をかわしました。


米大統領 アフガニスタン和平へパキスタンと協力

アメリカのオバマ大統領はパキスタンのシャリフ首相と会談し、治安が悪化するアフガニスタン情勢を巡り、政府と反政府武装勢力タリバンとの和平交渉を前進させるため関与していくことを確認しました。


マイクロソフト クラウド事業好調で増益

アメリカのIT企業マイクロソフトは、ことし7月から9月までの決算を発表し、新たな事業の柱と位置づける、ネットを通じてデータを保存するクラウド事業が好調だったことなどから、最終利益は前の年の同じ時期より2%の増益となりました。


国連安保理 イスラエルとパレスチナが非難応酬

イスラエルとパレスチナの衝突が相次ぎ緊張が高まるなか、国連の安全保障理事会で公開の討論が行われ、双方が激しい非難の応酬を繰り広げ、各国からは和平に向けた新たな道筋をつけるよう求める声が相次ぎました。


シベリア抑留資料登録 ロシアが日本非難強める

ユネスコ=国連教育科学文化機関の「記憶遺産」に、いわゆるシベリア抑留などに関する資料が登録されたことについて、ロシア外務省は、「日本の歪んだ戦争認識のもとで資料の収集が行われた」と述べ、日本への非難を強めています。


グーグル持ち株会社が増収増益 広告収入好調

アメリカのIT企業グーグルを傘下に持つ持ち株会社「アルファベット」は、ことし7月から9月までの決算を発表し、スマートフォン向けの広告収入が好調だったことなどから増収増益となりました。


英中経済関係強化に英メディアは批判記事

イギリスではキャメロン首相が中国の習近平国家主席と会談し、経済的な関係を強めていることについて、「中国にお金を求めて求愛している」などとして、政権の姿勢を批判的に伝える記事が目立っています。


映画に登場「自動スニーカー」開発・販売へ

人気映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に登場した自動で靴ひもが締まるスニーカーを、スポーツ用品大手のナイキが実際に開発して販売すると発表し、収益の全額を難病の研究のための財団に寄付することにしています。


ロシアが極東へのビザ簡略化 観光客誘致へ

ロシア政府は、極東地域への観光客を増やし地域の活性化を図るために、来年1月から極東のウラジオストクとその周辺から入国する外国人に限ってビザの取得を大幅に簡略化することになりました。


スウェーデン 学校に刃物持った男 2人死亡

北欧のスウェーデンで、覆面をして刃物を持った男が地元の学校に押し入って生徒などを相次いで刺し、男子生徒と補助教員の男性が死亡、2人がけがをしました。男は警察官に撃たれて死亡し、警察が動機などを調べています。


米当局 タカタのリコール拡大の可能性示す

アメリカの運輸当局は、自動車部品メーカータカタが製造したエアバッグの不具合について、車の側面のエアバッグでも異常な破裂が報告されているとして、リコールの対象を現在の1900万台からさらに増やす可能性を示しました。


イラクのIS掃討作戦で米特殊部隊に死者

過激派組織IS=イスラミックステートの掃討作戦が続くイラクで、現地部隊の支援に当たっていたアメリカ軍の兵士が戦闘で死亡しました。イラク戦争終結後の2011年の完全撤退後、イラクでの初めての戦死者になり、ISの勢力に衰えがみえないなか、激しい地上戦が続いています。


NYダウ 320ドル値上がり

22日のニューヨーク株式市場は、ヨーロッパ中央銀行のドラギ総裁が追加の金融緩和に踏み切る可能性を示唆したことなどから買い注文が集まり、ダウ平均株価は320ドル値上がりしました。


旧日本軍の化学兵器巡り日中が激しく応酬

国連総会の軍縮問題を扱う委員会で、中国が、第2次世界大戦中に旧日本軍が中国で使った化学兵器などが多くの被害をもたらし、遺棄された化学兵器の処理も遅れていると批判したのに対し、日本は作業に誠実に取り組んでいると反論し、双方が激しい応酬を交わしました。


プーチン大統領 シリア空爆の正当性を強調

ロシアがシリアで続けている空爆は反政府勢力も対象になっていると欧米から批判を浴びるなか、プーチン大統領は「反政府勢力の一部がテロリストの側に移っている」などと述べ、空爆の正当性を強調しました。


南スーダン紛争で飢きんのおそれ 国連が警告

武力衝突が続くアフリカの南スーダンでは、住民の間で食料不足が深刻化し、およそ390万人が深刻な飢餓状態にあり、国連はこのままでは「飢きん」が起きるおそれがあると警告しています。


「難民対応で人権侵害」国連がチェコを非難

国連は、ヨーロッパへの流入が続く難民や移民への対応で、東ヨーロッパのチェコが難民たちを長期間、不当に拘束するなど著しく人権を侵害しているとして、チェコを名指しで非難する声明を発表しました。


北海道知事 ロシアと新たな漁業協力に期待

北海道の高橋知事は、ロシア極東サハリン州の知事と会談し、ロシアが排他的経済水域でのサケ・マスの流し網漁を来年から禁止することを受け、これに代わる漁業協力に期待を示しました。


クリントン氏 私用メール問題巡り議会で証言

アメリカ大統領選挙で民主党の最有力候補のクリントン氏は、国務長官在任中にリビアで大使などが殺害された事件や私用メールの問題を巡って議会で証言し、共和党の追及に反論するなど、およそ11時間にわたって攻防が続きました。


温暖化交渉は資金支援義務づけで攻防

地球温暖化対策の新たな枠組みの合意を目指しドイツで開かれている国連の作業部会は22日、発展途上国のグループが記者会見を開き、先進国による資金支援を義務づけるよう強く求めました。先進国側はこれに反発し、温暖化対策の資金支援を巡る攻防が合意に向けた交渉の大きな焦点になっています。


首相 トルクメニスタン到着 首脳会談へ

モンゴルを訪れていた安倍総理大臣は一連の日程を終え、日本時間の23日未明、次の訪問国である中央アジアのトルクメニスタンに到着しました。安倍総理大臣は、午後からベルドイムハメドフ大統領との首脳会談に臨み、経済協力の強化を確認することにしています。


米国務長官 イスラエル首相に緊張緩和促す

イスラエルとパレスチナの間で緊張が高まっていることを受けて、アメリカのケリー国務長官はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、緊張の緩和に向けた速やかな取り組みを促しました。


豪縦断ソーラーカーレース 東海大は3位

太陽光を動力源にしたソーラーカーでオーストラリア大陸の3000キロを縦断するレースで、2大会ぶりの優勝を目指した東海大学は3位に終わりました。


欧州中銀総裁 12月に追加の金融緩和示唆

ヨーロッパ中央銀行は、単一通貨ユーロの金融政策を決める理事会を開き、今の金融政策を維持することを決めましたが、ドラギ総裁は記者会見で、ユーロ圏でデフレへの懸念が浮上するなか、次回の理事会で、量的緩和の規模の拡大など、追加の金融緩和に踏み切る可能性を示唆しました。


韓国・ヒョンデ自動車 6期連続で減益

韓国の大手自動車メーカー、「ヒョンデ(現代)自動車」は、先月までの3か月の決算を発表し、販売台数が前の年の同じ時期を0.6%下回り、営業利益も6期連続で減少となりました。


日・モンゴル首脳会談 経済関係強化で一致

安倍総理大臣は、訪問先のモンゴルでサイハンビレグ首相と会談し、日本とモンゴルの経済関係をさらに強化していくことで一致したほか、モンゴルが北朝鮮と国交があることを踏まえ、拉致問題の早期解決に向けて改めて協力を求めました。


日中世論調査「相手国の印象」は若干改善

日本と中国で行われた共同世論調査の結果が発表され、相手国に対する印象について「よくない」などと回答した割合は日本ではおよそ9割、中国でも8割近くとなるなど依然高い水準となりましたが、去年に比べて双方とも改善しました。


ユネスコ 聖地巡りイスラエル非難する決議案採択

聖地を巡る対立をきっかけにイスラエルとパレスチナの衝突が拡大するなか、ユネスコは聖地の管理の在り方を巡って、イスラエルを非難する決議案を賛成多数で採択し、イスラエル政府は強く反発しています。


安倍首相 モンゴルに到着 首脳会談へ

安倍総理大臣は、日本時間の22日午後、モンゴルに到着し、このあとサイハンビレグ首相と会談して、日本とモンゴルの経済関係の強化などを巡って意見を交わすことにしています。


習主席 英との連携強化に期待のスピーチ

イギリスを公式訪問している中国の習近平国家主席は金融街、シティーで開かれた晩さん会で「中国と西側諸国との協力関係はイギリスが先導してくれると思っている」と述べ、イギリスとの連携強化に期待を示しました。


安倍首相 モンゴルと中央アジア訪問へ出発

安倍総理大臣は、モンゴルと中央アジア5か国を訪れ天然資源に恵まれた各国との経済関係を強化するため、22日午前政府専用機で出発しました。


エジプト議会選挙 民主化勢力がボイコット

エジプトで、軍による事実上のクーデター以降初めてとなる議会選挙で、2回に分けて行われる投票のうち1回目の結果が公表され、シシ政権を支持する政党連合が躍進しましたが、多くの民主化勢力がボイコットしたことなどから、投票率は26%余りにとどまりました。


シリア情勢打開へ 4か国外相会談へ

内戦が続くシリア情勢を巡り、アメリカとロシア、トルコ、サウジアラビアの4か国の外相が23日に会談することになり、アサド政権の処遇を巡って対立が続くなか、関係国の間で妥協点を探るものとみられます。


日中の定期航空便 25日から25%超増加へ

中国から日本を訪れる旅行者の数が過去最高を更新するなか、今月25日に行われる国際線のダイヤ変更で、日中両国を結ぶ定期航空便が25%余り増加する見通しであることが分かりました。


米HDメーカー 半導体メモリー大手を2兆円超で買収

パソコンなどのデータの記憶に使われるハードディスクの大手メーカー、アメリカのウエスタンデジタルは、半導体メモリーの大手サンディスクを、およそ2兆2800億円で買収すると発表し、パソコン市場の縮小を背景に業界再編の動きが活発になっています。


ネタニヤフ首相「パレスチナ人がホロコースト進言」に批判

イスラエルのネタニヤフ首相が演説で、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストについて、イスラム教の宗教指導者だったパレスチナ人がヒトラーに進言したのがきっかけだったとする持論を展開し、内外から「歴史をゆがめる発言だ」などと批判の声が上がっています。


JA 和牛販売拡大で英にレストラン開業へ

ヨーロッパで和牛の販売拡大を図るため、JA全農=全国農業協同組合連合会は、和牛を提供する直営のレストランを来月、ロンドンにオープンすることになり、ヨーロッパで和牛の普及が進むのか注目されます。


石炭火力発電所 日本最も対策遅れている NGO指摘

地球温暖化対策の新たな枠組み作りを話し合う、国連の作業部会が開かれているドイツのボンで、国際NGOが、二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電所について、G7=先進7か国の対策を比較した報告書を発表し、日本は対策が最も遅れているとして改善を求めました。


安倍首相 モンゴルと中央アジア5か国訪問へ

安倍総理大臣は、22日からモンゴルと中央アジア5か国を訪れ、首脳会談で各国のインフラ整備などへの財政支援を行う方針を表明し、天然資源に恵まれた各国との経済関係の強化につなげたい考えです。


英中 原発建設に出資など7.4兆円の契約

イギリスを国賓として訪問している中国の習近平国家主席は、キャメロン首相と会談し、イギリスの原子力発電所の建設計画に中国側が出資することで合意するなど、両国間で合わせておよそ7兆4000億円の契約が結ばれました。


パレスチナの織物「クフィーヤ」日本で販売

イスラエルとパレスチナの衝突が拡大するなか、パレスチナで医療支援の活動をしていた日本人女性が、現地の伝統の織物「クフィーヤ」を輸入して販売し、パレスチナの実情に目を向けてほしいと呼びかけています。


ロシアに日本の電線メーカーの工場開設

ロシア中部で、日本の大手電線メーカー「フジクラ」の自動車部品の製造工場が新たにオープンし、地元の行政府のトップも出席して開所式が行われました。


イスラエルとパレスチナ 国連事務総長訪問も批判に終始

イスラエル・パレスチナ情勢の緊迫化を受けて、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は、急きょ中東を訪問し双方の首脳と会談しましたが、それぞれの首脳は互いの批判に終始し打開策は見えていません。


住友商事 トルクメニスタンの火力発電所建設受注へ

日本の成長戦略の柱の1つとしてインフラ輸出に注目が集まるなか、大手商社の「住友商事」は、中央アジアのトルクメニスタンの国営電力公社から、日本の企業としては初めて大型の火力発電所の建設工事を受注する見通しとなりました。


FIFA会長と副会長の処分 来年1月上旬までに確定

FIFA=国際サッカー連盟の倫理委員会は21日、90日間の暫定的な活動停止処分としているブラッター会長とプラティニ副会長の間の不正とされる金銭のやり取りについて、倫理委員会でも調査し、来年の1月上旬までに2人の処分を確定したいと発表しました。


米大統領選 バイデン副大統領 立候補せず

アメリカ大統領選挙で、立候補に期待が高まっていたバイデン副大統領が立候補しないと表明し、民主党の候補者選びでは、最有力候補のクリントン前国務長官に有利に働くものとみられます。


イラン核問題 ハメネイ師合意承認で核開発制限へ

イランの最高指導者ハメネイ師は、21日、核開発問題を巡る欧米などとの最終合意を承認し、これを受けて、イラン政府は国内で根強い反発もある核開発の制限に取り組み始めることになりました。


映画「ロッキー」のグローブ オークションに

アメリカの映画「ロッキー」で、俳優のシルベスター・スタローンさんが実際に使ったボクシンググローブやチャンピオンベルトが、オークションにかけられることになり、落札額はそれぞれ日本円でおよそ6000万円に上ると見込まれ、注目されています。


EU 光ドライブのカルテルで日本企業などに制裁金

EU=ヨーロッパ連合は、パソコン向けの光ディスクドライブの入札を巡って、日本やヨーロッパなどのメーカー8社が不当なカルテルを結び、競争を妨げたとして、最初に申告した3社を除く5社に対し、合わせて157億円の制裁金を科したと発表しました。


日韓首脳 関係発展望むメッセージ寄せ合う

21日、韓国のソウルで、日本と韓国の国交正常化から50年を記念する行事が開かれ、安倍総理大臣とパク・クネ(朴槿恵)大統領が、関係の発展を望むとするビデオメッセージを寄せ合いました。


インド 放火で子ども死亡 カースト間暴力の犠牲か

インドで20日、幼いきょうだい2人が死亡する放火事件があり、地元メディアは、カースト間の暴力の犠牲になったとして、大きな衝撃をもって伝えています。


FIFA チョン元副会長「会長選立候補困難に」

FIFA=国際サッカー連盟の会長選挙に立候補を表明していた、チョン・モンジュン(鄭夢準)元副会長は、FIFAの倫理委員会から6年間の活動停止処分を受けたことで、「立候補は難しくなった」とする声明を発表しました。


ベトナムとフィリピン外相 連携強化で一致 中国けん制か

南シナ海の島々の領有権を巡り、ともに中国と対立する、ベトナムとフィリピンの外相が会談し、地域の平和と安定の維持や航行の自由の確保が重要だとして、連携を一層強化することで一致し、海洋進出を加速させる中国をけん制するねらいがあるものとみられます。


国連事務総長がエルサレム訪問 歩み寄り促す

イスラエルとパレスチナとの衝突が相次ぎ、多数の死傷者が出るなか、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が急きょ現地を訪れ、双方の首脳らと会談して、これ以上緊張を高めないよう、歩み寄りを促しました。


シリア大統領 ロシアに支援継続求める

シリアのアサド大統領は、ロシアを電撃訪問してプーチン大統領と会談し、ロシア軍が過激派組織IS=イスラミックステートを対象にするとして続けている空爆に謝意を表明したうえで、ロシアによる支援の継続を求めました。


英中首脳会談 原発への投資など総額5兆円案件で合意へ

イギリスを国賓として訪問している中国の習近平国家主席と、キャメロン首相の首脳会談が始まり、原子力発電への投資案件などで合意する見通しです。


OECD 平均気温上昇を2度未満に抑制は困難

すべての国が参加する温暖化対策の新たな枠組みの合意を目指して各国が国連に提出している温室効果ガスの削減目標について、OECD=経済協力開発機構は、現時点では世界の平均気温の上昇を、産業革命前と比べ2度未満に抑えるという国際的な目標を達成するのは困難だとする報告書をまとめました。


カナダ次期首相 対IS空爆離脱の意向伝える

カナダの首相に近く就任する野党・自由党のトルドー党首は、アメリカなどと続けてきた過激派組織IS=イスラミックステートに対する空爆作戦からカナダは離脱する意向をオバマ大統領に伝えました。


羽田空港 滞在の快適さなどで世界3位に

空港の利用者向けの旅行サイトが世界中の空港を対象に滞在の快適さなどについて調査した結果、東京の羽田空港が過去最高の3位になりました。


日本が22年連続で核兵器廃絶決議案を提出

国連総会の軍縮問題を扱う委員会に日本が22年連続で核兵器の廃絶を呼びかける決議案を提出し、核軍縮の進め方を巡って核兵器の保有国と非保有国との対立が続くなか、日本の決議案にどこまで支持が集まるか、注目されます。


米“自衛隊 韓国の同意なしに朝鮮半島で活動ない”

20日に韓国で行われた日韓防衛相会談を受け、アメリカ政府の高官は、日本の安全保障関連法に関連して「自衛隊が韓国政府の同意なく朝鮮半島で活動することはないだろう」と述べ、韓国側の懸念を和らげるねらいもあるものとみられます。


スウェーデンの難民施設で火災相次ぐ 放火か

難民を積極的に受け入れてきた北欧のスウェーデンで、難民の受け入れ施設などが燃える火災が相次いでいて、警察は放火とみて捜査しています。


ブラジル在住の日本人少年 銃で撃たれ死亡

ブラジルのサンパウロ州で、現地に住む日本人の18歳の少年が2人組の男に銃で撃たれて死亡し、警察は強盗目的の殺人事件とみて捜査しています。


米大統領 カナダ次期首相にTPP協力求める

アメリカのオバマ大統領は、カナダで行われた総選挙の結果、次の首相に就任する予定の野党・自由党のトルドー党首と電話で会談し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の発効に向けて協力を求めたものとみられます。


バイオリニスト五嶋龍さん スラム街で演奏

バイオリニストの五嶋龍さんが、ブラジルのスラム街を訪れ、音楽を学ぶ子どもたちと一緒に演奏するなどして交流しました。


ツタンカーメン王の「ひげ」修復始まる

エジプトで博物館の清掃中に「ひげ」が取れてしまった古代エジプト・ツタンカーメン王の黄金のマスクを修復する作業が始まりました。


国連総会「核武装」で日中が応酬

国連総会で軍縮問題を扱う委員会で、中国の軍縮大使が、「日本は原子力発電所の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを大量に保有しており、核開発に乗り出す可能性がある」と指摘したのに対し、日本の軍縮大使は核武装の意図はないと強く反論するなど、双方が応酬しました。


米ロ シリア衝突回避で合意も立場に隔たり

シリア国内でそれぞれ空爆を続けるアメリカとロシアは、軍用機どうしの偶発的な衝突を防ぐ手立てを講じることで合意しましたが、テロ対策を強調するロシアに対しアメリカは、内戦を悪化させていると批判を強め、立場は依然、大きく隔たっています。


国連事務総長 聖地巡る衝突で中東訪問

イスラエルとパレスチナとの衝突が相次ぎ、多数の死傷者が出るなか、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が急きょ現地を訪れ、双方の首脳らと会談してこれ以上緊張を高めないよう歩み寄りを促す方針です。


首相補佐官と米高官 中国海洋進出の懸念共有

アメリカを訪れている河井総理大臣補佐官はホワイトハウスの高官と会談し、中国の海洋進出について懸念を共有するとともに国際法にのっとって平和的に問題を解決することが重要だという認識で一致しました。


来月にも日中海洋協議 連絡メカニズムで意見交換か

政府は海洋問題を巡って、日中両国の実務者が協議する会合を来月にも北京で開く方向で調整しており、不測の事態を避けるため、緊急時に日中の防衛当局間で連絡を取りあう「連絡メカニズム」の早期の運用開始を目指して意見が交わされる見通しです。


国連 ギリシャ流入の難民急増 各国は対策を

国連は中東などからヨーロッパを目指す難民や移民の多くが最初に到着するギリシャに流入した人がことし50万人を超え、冬を前に流入のペースが増加しているとして、EU=ヨーロッパ連合などに対策を急ぐよう強く求めました。


プーチン大統領 テロ対策と空爆の成果強調

ロシアのプーチン大統領は、シリアで過激派組織IS=イスラミックステートを対象にするとして続けている空爆とともに、国内でもテロ組織の摘発を活発に行っているとしてテロ対策の成果を強調しました。


シリア人権団体「空爆で住民120人以上死亡」

内戦が続くシリアでロシアが続けている空爆について、シリアの反政府勢力系の人権団体は、これまでに120人以上の住民が巻き添えになって死亡したと非難しました。


南シナ海 中国「話し合いで解決」強調

中国政府は、南シナ海の問題を巡る東南アジア諸国との高官級協議を内陸部の四川省で開催し、話し合いによる解決を目指す姿勢をアピールして、中国による人工島の造成に批判を強めるアメリカをけん制しました。


英女王 晩さん会で習主席を歓迎

イギリスのエリザベス女王は20日、国賓として訪問している中国の習近平国家主席を招いた公式晩さん会で、「習主席の訪問は、イギリスと中国の協力と友好関係がこれまでになく深まることしを記念するものです」と述べて歓迎しました。


習主席が英議会演説「利害共有する共同体に」

イギリスを国賓として訪問している中国の習近平国家主席は20日、イギリスの議会で演説し、「中国とイギリスはますます相互依存を深め、利害を共有する共同体になりつつある」と述べ、両国の関係が緊密化しているとアピールしました。


インド 相次ぐ女児暴行 各地で抗議活動

女性への性的暴行があとを絶たないインドの首都ニューデリーで今月16日、2歳半と5歳の女の子が相次いで暴行を受けたことをきっかけに、各地で抗議活動が相次ぐなど、幼い子どもまで被害にあったことに怒りの声が広がっています。


温暖化対策の国連作業部会 修正草案で協議開始

地球温暖化対策の新たな枠組みへの合意を目指しドイツで開かれている国連の作業部会で、会合2日目の20日、発展途上国側の異論を受けて修正された新たな合意文書の草案が示され、交渉の加速化に向けた協議が始まりました。


韓国・北朝鮮の離散家族 60年以上経て再会

朝鮮戦争などで韓国と北朝鮮に離れ離れになった離散家族の再会が、1年8か月ぶりに20日から始まり、60年以上を経てようやく対面を果たした肉親と涙を流しながら再会を喜び合いました。


韓国情報機関 IS共鳴の外国人5人摘発

韓国の情報機関は、過激派組織IS=イスラミックステートに共鳴する外国人5人が爆薬の原料を韓国に密輸入しようとしたのを摘発したことを明らかにし、韓国としても過激派組織への対策を強化していく方針です。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る