NHKニュース|国際 2016年1月13日 (水曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

トルコの自爆テロ 実行犯は難民として登録か

トルコのイスタンブールで起きた自爆テロ事件で、過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーだったとトルコ政府が発表した実行犯について、地元メディアはシリアから入国し、難民登録を行っていた可能性を指摘しました。


米 フォルクスワーゲンのリコール計画承認せず

ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンがアメリカで規制逃れの不正をしていたディーゼル車のリコール計画について、アメリカの環境当局は、内容が不十分だとして承認しないことを明らかにしました。


中国の土砂崩落 死者69人に 関係者など16人逮捕

中国南部、広東省の工業団地で、先月、起きた土砂の崩落事故で、死亡が確認された人の数は69人に増え、捜査当局は土砂の処分場の管理会社の関係者などを逮捕し、管理の実態を調べています。


米下院 北朝鮮に対する制裁強化法案可決

アメリカ議会下院は、北朝鮮に対する制裁を強化する法案を賛成多数で可決し、4回目の核実験を実施したキム・ジョンウン(金正恩)体制への圧力をさらに強めようとしています。


イランが米海軍の小型船2隻を拿捕

中東のペルシャ湾でアメリカ海軍の小型船2隻がイランによって拿捕(だほ)されましたが、イラン側は速やかに船と兵士をアメリカ側に引き渡すと説明していて、アメリカ政府は、事態の把握を急いでいます。


米比 南シナ海の航行自由確保へ連携で協議

アメリカとフィリピンの外務・国防の閣僚会合がワシントンで開かれ、中国が南シナ海に人工島を造成した問題について南シナ海で航行の自由を確保するために両国がどう連携していくか意見を交わしました。


ダウ平均株価は110ドル以上値上り

12日のニューヨーク株式市場は、原油の先物価格の下落に伴い売り注文が出ましたが、その後は、このところ大きく値下がりした株式を買い戻す動きが広がったため、ダウ平均株価は110ドル以上値上がりしました。


ロシア外相 ミサイル防衛システム 日米をけん制

ロシアのラブロフ外相は、モスクワを訪れている自民党の高村副総裁と会談し、弾道ミサイルの脅威に備えて日本とアメリカが整備を進めるミサイル防衛システムについて、「ロシアと中国の不安を呼び起こすものだ」と批判し、日米両国をけん制しました。


オバマ大統領 任期最後の一般教書演説へ

アメリカのオバマ大統領は、日本時間の13日午前、内政・外交の施政方針を示す任期最後の一般教書演説に臨み、銃規制の強化などを訴える方針で、北朝鮮の核実験や過激派組織IS=イスラミックステートへの対応についてもどのように言及するのか注目されています。


中国大手不動産会社が米映画会社を買収

日本の人気映画シリーズ「ゴジラ」のハリウッド版などの作品を手がけたアメリカの映画会社が、中国の大手不動産会社に日本円で4000億円余りで買収されることになり、買収する中国企業としては、景気が減速するなかで事業の多角化を進めるねらいがあるとみられます。


NY原油市場 一時30ドル割り込む

12日のニューヨーク原油市場は、中国経済の減速で原油の需要が低迷するという見方などから売り注文が相次ぎ、原油の先物価格は、一時、およそ12年1か月ぶりに1バレル=30ドルの大台を割り込みました。


爆発 トルコ首相「実行犯はISのメンバー」

トルコ最大の都市イスタンブールの観光地として知られる旧市街で10人が死亡した自爆テロについて、トルコのダウトオール首相は「実行犯は過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーだ」として、ISによる犯行との見方を明らかにしました。


テロリストの訓練キャンプに資金提供 再審始まる

インドネシアのバリ島の爆弾テロ事件を起こしたテロ組織の精神的指導者とされ、テロリストの訓練キャンプに資金を提供した罪で服役中の男の再審理が始まり、男は、訓練はテロを目的としていないとして無罪を主張しました。


中国 人権派弁護士などを相次いで逮捕

中国当局に拘束されていた人権派弁護士などが、相次いで「国家を転覆しようとした疑い」などで逮捕されていたことが分かり、中国当局としては、市民の権利を守るよう訴える活動を抑え込むねらいがあるものとみられます。


米比軍事協定 比最高裁が合憲の判断

アメリカ軍によるフィリピン軍の基地の共同使用などを認める軍事協定が、外国の軍隊の駐留を禁じたフィリピンの憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、現地の最高裁判所は、12日、憲法に違反しないという判断を示し、今後、両国の軍事協力がさらに加速するものとみられます。


ロシア大統領 シリア情勢巡り欧米などをけん制

ロシアのプーチン大統領は、シリア情勢を巡って「誰が統治するのかはシリア国民が決めるべきだ」と述べ、アサド大統領の退陣を求める欧米などを改めてけん制しました。


少数民族各派との和平協議にスー・チー氏初参加

60年以上にわたって内戦が続いてきたミャンマーで、少数民族各派と現政権との和平協議に、近く発足する新政権を担うアウン・サン・スー・チー氏が初めて参加し、最終的な和平を目指す決意を示しました。


日本 インドに石炭火力発電などで技術協力へ

日本はインドに対して、日本が輸出の拡大を目指している環境に配慮した石炭火力発電などの分野で技術協力を行うことで合意し、12日に共同声明を発表しました。


韓国LCC旅客機の窓にひび 関西空港

12日午後、関西空港を出発する予定だった韓国のLCC=格安航空会社、チェジュ(済州)航空の旅客機の操縦席の窓にひびが入っているのが見つかり、問題の機体の使用を取りやめ、代替機で出発することになりました。


中国 新車販売台数世界一も伸び率は縮小

中国の去年の新車の販売台数は2400万台余りで、7年連続で世界一となりましたが、伸び率は2年連続で縮小し、中国の景気の減速を反映しています。


人民元 ドルに対し3営業日連続で値上がり

先月から値下がり傾向が続いている中国の通貨・人民元の12日の相場は、ドルに対して3営業日連続で値上がりしました。


ロシア大統領府報道官 地方訪問巡り日本側と協議

安倍総理大臣がことし5月に開かれる伊勢志摩サミットに先立ってロシアへの訪問の可能性を示唆したことについて、ロシア大統領府の報道官は、地方への訪問を巡って日本側と協議したことを明らかにしました。


上海株総合指数 一時3000ポイント割れも小幅に上昇

12日の中国・上海の株式市場は、市場の先行きへの懸念などから、代表的な株価指数である「総合指数」が一時、去年9月以来およそ4か月ぶりに3000ポイントを割り込みましたが、その後は値下がりした銘柄を買い戻す動きも出て、終値は小幅に値上がりしました。


トルコの観光地で爆発 25人死傷

トルコ最大の都市イスタンブールの旧市街にあり、観光客が多く訪れるモスクの近くで、12日、大きな爆発がありこれまでに10人が死亡、15人がけがをしました。トルコ政府はシリア人による自爆テロとの見方を明らかにしました。


韓国外務省「元慰安婦に直接会い理解求める」

韓国外務省は、先月の日韓外相会談で、両国が慰安婦問題の最終的な解決で合意したことを受けて、元慰安婦の女性たちと直接会い、交渉の経緯や合意の内容について理解を求めていく考えを示しました。


ANA ベトナム航空と資本提携へ

増加が続くアジアの航空需要を取り込むため、全日空を傘下に持つ「ANAホールディングス」は、ベトナム最大の航空会社「ベトナム航空」と資本提携し、この冬から共同運航などを目指すことになりました。


餓死者相次いだシリアの町 住民退避への協力を

内戦が続くシリアで、政府軍によって半年にわたり包囲され餓死する人が相次いでいた町について、国連は、栄養失調などで命の危険にさらされた400人が取り残されているとして、シリア側に対し住民の退避に協力するよう強く求めました。


米豪など4か国 日本の調査捕鯨の対応を批判

先月、日本の調査捕鯨船が南極海に向けて出港したことなどを受けて、アメリカ、オーストラリア、オランダ、ニュージーランドの4か国は、調査捕鯨の中止を命じる国際司法裁判所の判決に適切に対応していないという共同声明を発表し、日本の対応を批判しました。


人民元「基準値」4日連続で同水準

中国経済の先行きへの懸念が広がるなか、中国の通貨・人民元の相場は、1日の取り引きの目安となる値がドルに対して4営業日連続でほぼ同じ水準にとどまって始まり神経質な取引となっています。


上海株式市場 値下がり 買い戻しの動きも

12日の中国・上海の株式市場は、中国経済の先行きへの懸念などから代表的な株価指数である「総合指数」が一時、去年9月以来、およそ4か月ぶりに3000ポイントを割り込みましたが、その後は値下がりした銘柄を買い戻す動きも出ています。


世界最大規模の北米モーターショー開幕

アメリカ中西部のデトロイトで世界最大規模の北米モーターショーが開幕し、各社は好調な販売を追い風に高級車や電気自動車などの新型モデルを相次いで発表しています。


米 議員や労組代表ら 集会でTPPに反対

TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、アメリカのオバマ大統領が早期の発効を目指すなか、議会の一部の議員や労働組合の代表らが集会を開き、TPPは国内の雇用を奪い中間層の賃金を減らすことになりかねないとして、改めてTPPに反対する立場を鮮明にしました。


シリア反政府勢力 ロシア空爆なら和平協議参加せず

シリアの内戦終結を目指して今月下旬に予定されている和平協議について、反政府勢力は、ロシアの空爆が続いている状態では協議には参加できないという姿勢を示し、ロシアの支援を受けているアサド政権側をけん制するねらいがあるものとみられます。


ローマ法王 難民や移民に人道的対応を

ヨーロッパにたどり着いた難民や移民が関与したとみられる暴行事件が起き、非難の声が上がるなか、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、「市民の権利の保護と、難民や移民の受け入れは両立できる」と述べ、人道主義に基づいて難民や移民に対応するよう呼びかけました。


イラク テロ事件相次ぎ30人超死亡 IS犯行か

イラクで、武装グループがショッピングモールを襲撃するなど、テロ事件が3件相次ぎ、合わせて30人以上が死亡し、支配地域を奪われた過激派組織IS=イスラミックステートが襲撃やテロを繰り返しているとみられています。


グアンタナモ収容所の閉鎖求め 米などでデモ

アメリカが、テロ組織と関係がある疑いで大勢の外国人を収容してきた、グアンタナモ収容所の閉鎖を求めるデモが、ホワイトハウスの前で行われ、参加者たちは、残る任期が1年に迫ったオバマ大統領に対して、公約どおり収容所の閉鎖を実現するよう訴えました。


NYダウ平均株価 値上がりで取り引き終える

週明け11日のニューヨーク株式市場は、中国経済の先行きへの懸念などから売り注文が先行しましたが、その後は値下がりした株式を買い戻す動きが出て、ダウ平均株価は50ドル余り値上がりして、取り引きを終えました。


シリア 政府軍が包囲の町に3か月ぶり食料搬入

内戦が続くシリアで、政府軍によって半年にもわたって包囲され、食料が届かず、餓死する人が相次いでいた町に、ようやく支援物資が届けられ、極限にまで悪化している人道状況が改善されることが期待されています。


国際捜査機関の関係者がテロ対策協議

フランスで起きた同時テロ事件など、世界各地でテロの脅威が高まるなか、オランダで国際捜査機関の関係者らが集まる会議が開かれ、過激派組織のメンバーの情報を共有する対策などについて協議しました。


中国 軍の一体的な指揮に向け組織再編

軍の大規模な改革に乗り出している中国は、陸海空など種類の異なる軍の部隊を一体的に指揮する、統合運用体制への移行に向けた組織再編を行い、習近平国家主席は、みずからをトップとする中央軍事委員会への権限の集中を進めたいものとみられます。


イラン大統領 数日中に制裁解除の見通し示す

イランの核開発問題を巡る最終合意に基づき、経済制裁が解除される時期について、イランのロウハニ大統領は「数日中」という見通しを示しましたが、欧米側からは慎重な見方も出ています。


デビッド・ボウイさん 大物アーティストが追悼

10日に亡くなったデビッド・ボウイさんには、楽曲で共演し、70年代から80年代の音楽シーンを彩った数々の大物アーティストたちからも、追悼のコメントが寄せられています。


NY原油先物価格 12年ぶり一時30ドル台に急落

週明け11日のニューヨーク原油市場は、中国経済の先行きの不透明感から原油の需要が低迷するという見方が広がり、原油の先物価格は、一時、およそ12年1か月ぶりに、1バレル=30ドル台に値下がりしました。


ミャンマー 日本の生活用品を試験販売

経済成長によって国民の所得が伸びているミャンマーで、11日、日本の生活用品の販路を拡大しようと、試験販売が行われました。


デビッド・ボウイさん 冷戦下のドイツでも活動

デビッド・ボウイさんが亡くなったことについて、かつて住んでいたドイツでも追悼の動きが広がっています。


デビッド・ボウイさん死去 英で悲しみ広がる

「レッツ・ダンス」など数々の名曲を生み出したイギリスのロックシンガー、デビッド・ボウイさんが、10日、69歳で亡くなり、イギリスでは、伝説的なロックスターの訃報に悲しみが広がっています。


プーチン大統領 欧州との対立の原因はNATOに

ロシアのプーチン大統領は、冷戦の終結から四半世紀余りたった今もロシアとヨーロッパが対立しているのは、アメリカが主導するNATO=北大西洋条約機構が拡大しているためだとして批判しました。


独 昨年末に暴行事件起きた町で外国人襲われる

先月、北アフリカからの難民などが暴行事件を起こしたとみられる、ドイツ西部のケルンで、10日、シリア人など複数の外国人が何者かに襲われてけがをし、警察は、極右による難民や移民に対する暴力などへの警戒を強めています。


アフガニスタン和平へ 米中含め4か国が会議

アフガニスタン政府と反政府武装勢力タリバンとの和平を実現させるため、アメリカと中国も参加した初めての会議がパキスタンで開かれ、和平に向けた動きを軌道に乗せることができるかが焦点となっています。


韓国軍「北朝鮮が新たに挑発的な行動の可能性」

韓国軍は、北朝鮮が核実験に続いて新たに挑発的な行動に出る可能性があるという見方を示し、前線での警戒を強めるとともに、アメリカ軍と連携した対応を強調するなど、北朝鮮が新たな挑発に出ないようけん制しています。


韓国 ケソン工業団地への出入り制限へ

韓国統一省は、12日から、南北が共同で運営する北朝鮮内のケソン(開城)工業団地への人の出入りを必要最小限の規模に制限することを決めました。


北朝鮮核実験対応 13日に日米韓高官協議へ

北朝鮮の核実験への対応を協議するため、日本とアメリカ、韓国の3か国は、北朝鮮問題を担当する高官による協議を、13日、韓国・ソウルで開くことになりました。


北朝鮮 記録映画に中国高官映さず 不満の表れか

北朝鮮の国営テレビは、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記の去年1年の活動をまとめた記録映画を放送しましたが、10月の軍事パレードの映像では、出席していた中国共産党の劉雲山政治局常務委員の姿を映しておらず、核実験を非難する中国への不満を表したのではないかという見方が出ています。


ロシア 株価と通貨が大幅に下落

中国の株式市場の大幅な下落や、原油安を受けて、産油国ロシアの株価と通貨も取り引き開始から大きく値を下げています。


米戦略爆撃機を韓国上空に展開 北朝鮮が反発

北朝鮮は、アメリカ軍の戦略爆撃機が韓国の上空に展開したことについて、「情勢を戦争の瀬戸際に追い込んでいる」と反発し、アメリカが対北朝鮮政策を転換しないかぎり核開発を続けていくと強調しました。


“半ドア”飛行 韓国国土交通省がLCC特別点検

韓国の国土交通省は、今月3日に韓国のLCC=格安航空会社の旅客機が、ドアが完全に閉まっていない状態で飛行していたなどとして、11日から国内のLCCを対象に安全管理が適切になされているか調べる特別点検を始めました。


上海株式市場 5%余の下落

先週、株価が大幅に下落した中国・上海の株式市場では、週明けの11日も市場の先行きへの懸念などから売り注文が広がり、代表的な株価指数は先週末の終値より5%余り下落しました。


円相場 一時116円台まで値上がり

11日の外国為替市場は、中国経済が減速しているという懸念から比較的安全な資産とされる円が買われ、円相場は一時、去年8月以来およそ4か月半ぶりとなる、1ドル=116円台まで値上がりしました。


「麻薬王」拘束 手がかりはショーン・ペン氏の取材

メキシコの刑務所を脱走した「麻薬王」の異名をとる麻薬密売組織の最高幹部が先週、メキシコ国内で拘束されたことについて、欧米の通信社は、アメリカの著名な俳優、ショーン・ペン氏が逃亡中の最高幹部に直接会って取材したのを捜査当局が把握したことが拘束の手がかりになったと伝えました。


エジプト議会 2年半ぶりに招集

エジプトで軍による事実上のクーデターのあと不在となっていた議会が2年半ぶりに招集されましたが、去年の選挙の結果、シシ政権を支持する勢力が大多数を占めることになり、民主化を求める勢力は、強権的な支配体制が一層強化されないか懸念しています。


パレスチナ 難民キャンプの町をカラフルに

パレスチナ暫定自治区のガザ地区で、明るい話題の少ない難民キャンプの町を地元のアーティストが鮮やかな色のペンキで塗るプロジェクトが完成し、灰色一色だった難民キャンプが明るく彩られました。


新聞社など襲撃から1年 パリで追悼式典

去年、フランスで新聞社や食料品店が襲撃され、合わせて17人が死亡したテロ事件から1年となるのに合わせて、パリ中心部の広場で、オランド大統領も出席して犠牲者を追悼する大規模な式典が行われました。


イエメン 「国境なき医師団」支援の病院に攻撃

内戦状態が続く中東のイエメンで、国際的なNGO「国境なき医師団」が支援する病院が攻撃を受けて4人が死亡し、政権側を支援するサウジアラビアと反体制派寄りのイランの対立が深まるなか、イエメンでの戦闘も一段と激しくなることが懸念されています。


アラブ連盟が緊急会合 イランを強く非難

サウジアラビアとイランの対立が深まっていることを受けて、アラブ諸国で作るアラブ連盟はエジプトで外相級の緊急会合を開き、イランが宗派間の対立をあおり、アラブ各国への内政干渉を続けているとしてイランを強く非難しました。


イラン外相 シリア和平協議で建設的対応を強調

内戦が続くシリアで、それぞれ異なる勢力を支援するサウジアラビアとイランの対立が深まり、和平協議への悪影響が懸念されるなか、イランのザリーフ外相が国連の特使と会談し、影響が及ばないよう建設的に対応する考えを強調しました。


日中の法律専門家など 人権や法の価値観共有を

日本や中国などの法律の専門家や学生が参加して都内でシンポジウムが開かれ、政治体制の違いを超えて、人権や法の支配といった価値観を共有する大切さを確認しました。


批判的な本扱う書店の関係者不明 数千人が抗議 香港

香港で、中国共産党に批判的な本を取り扱う書店の関係者が行方不明になったことを受けて10日、数千人の市民が、中国当局に拘束されていると主張して抗議活動を行いました。


パリテロ未遂 ドイツ警察 “男は難民施設で生活”

フランスのパリで、今月7日、男が、警察署に押し入ろうとして射殺されたテロ未遂事件で、ドイツの警察当局は、男が、以前ドイツ国内の難民の受け入れ施設で生活していたことを明らかにしました。


ミャンマー初の電車 日本支援で運行開始

東南アジアのミャンマーで初めての電車が日本の支援で運行を始め、経済成長とともに激しさを増す交通渋滞の緩和に役立つと期待されています。


米宝くじ 当せん者出ず 次回は1500億円超か

アメリカでは、国内史上最高の1000億円余りにまで膨れあがった宝くじの抽せんが9日行われましたが、当せん者は出ず、次回は1500億円を超えるとみられる賞金の行方に注目が集まっています。


米戦略爆撃機が韓国上空に展開 北朝鮮をけん制

韓国軍とアメリカ軍は、北朝鮮の核実験を受けてアメリカ軍の戦略爆撃機が10日、韓国の上空に展開したことを明らかにし、司令官らが「朝鮮半島の安定を維持するという両国の決意を示した」などと述べて、北朝鮮をけん制しました。


防衛相 北朝鮮のミサイル水中発射映像解析へ

中谷防衛大臣は、千葉県船橋市で記者団に対し、北朝鮮が8日に放送した水中からミサイルが発射され上空に打ち上げられるような映像の解析を進めるとともに、動向を注視していく考えを示しました。


安倍首相 “サミット前に訪ロ 首脳会談” 可能性示唆

安倍総理大臣はNHKの日曜討論で、北朝鮮による核実験やシリアを巡る問題などでロシアの建設的な関与が必要だとして、5月に開かれる伊勢志摩サミットに先立って、サミットの議長国としてプーチン大統領と首脳会談を行うためにロシアを訪問する可能性を示唆しました。


キム第1書記 “自衛的措置” 核実験を正当化

北朝鮮は今月6日に核実験を行ってから初めてキム・ジョンウン(金正恩)第1書記の発言を伝え、キム第1書記は「国の自主権と民族の生存権を守るための自衛的措置だ」と主張して改めて核実験の実施を正当化しました。


米 宝くじの賞金 史上最高1000億円余に

当せんする6つの数字を予想して選ぶアメリカの宝くじで、18回連続、当せん者が出なかったことから賞金が史上最高の1000億円余りにまで膨れあがり、今回、当せん者が出るか注目が集まっています。


イスラム教に理解を 仏各地でモスク一般公開

去年からイスラム過激派によるテロが相次いでいるフランスでは、イスラム教についての理解を深めてもらおうと、この週末、各地でモスクが一般に公開され、多くの人が足を運んでいます。


中国 労働者の権利保護に取り組むNGO幹部ら逮捕

中国南部の広東省で労働者の権利保護に取り組むNGOの幹部など4人が捜査当局に正式に逮捕されたと、中国の人権活動を支援するインターネットサイトが伝え、地元政府は、労働争議が頻発するなか、政府への批判が高まることに警戒を強めているものとみられます。


エジプト ムバラク元大統領の禁錮3年確定

5年前のいわゆる「アラブの春」で辞任に追い込まれたエジプトのムバラク元大統領は、公金を横領した罪で禁錮3年の判決を受け、上訴していましたが、上級審の裁判所はこれを棄却し、実刑が確定しました。


ロシア 医師が患者殴り死亡か ネットに映像公開

ロシア西部の都市にある病院の医師が、患者を殴って死亡させた際の映像が、9日までにネット上に公開され、地元の検察が捜査に乗り出しました。


ドイツ 難民の犯罪 罰則強化の方針

ドイツのメルケル首相は大みそかにドイツ西部の町で、複数の女性が乱暴された事件の容疑者に多くの難民が含まれていたことを受け、今後、難民による犯罪の罰則を強化する方針を示しました。


ペルシャ湾岸6か国 イランを非難 結束アピール

サウジアラビアがイランと外交関係を断絶したことを受けてペルシャ湾岸の6か国が緊急で外相会合を開き、イランを強く非難する声明を発表し、結束をアピールしました。


安全保障の情報共有協定 韓国に早期締結働きかけへ

防衛省は北朝鮮による核実験を受けて、韓国との間での安全保障に関する機密情報の共有が今後さらに重要になるとして、両国間で懸案となっている情報共有の協定の早期締結に向けて、韓国側に働きかけていくことにしています。


シリア ロシア軍の空爆か 捕虜や市民含む39人死亡

内戦が続くシリアでは9日、反政府勢力の捕虜収容施設に対してロシア軍によるとみられる空爆が行われ、人権団体は、戦闘員のほか、収容されていた捕虜など少なくとも39人が死亡したとしています。


シリア外相 和平協議に参加の意向

泥沼化しているシリアの内戦を巡り、今月下旬にも予定されている政府側と反政府側の和平協議についてシリアのムアレム外相は参加の意向を示すとともに、「テロ組織のリストを確認する必要がある」として過激な勢力が入り乱れる反政府勢力側を強くけん制しました。


フィリピンで黒いキリスト像が練り歩く祭り

フィリピンで黒いキリスト像が市内を練り歩く「ブラック・ナザレ祭」が行われ、地元の警察によりますと、100万人以上の信者が参加しました。


英国防相 北朝鮮への制裁強化を検討すべき

日本を訪れているイギリスのファロン国防相はNHKのインタビューに応じ、北朝鮮が核実験を行ったことについて、「地域の不安定化を招く行為で、さらなる核実験を思いとどまらせるために制裁の強化を検討すべきだ」と述べ、日本とイギリスが協調してより強い対応を取ることの必要性を訴えました。


チベット亡命政府首相 中国政府に対話再開求める

インドにあるチベット亡命政府のトップが来日して記者会見し、中国国内のチベットの人たちが暮らす地域で住民への監視が強化されたり、焼身自殺が相次いだりしているとして、対話を通じた問題の解決を呼びかけました。


米 警官を撃った男「ISに忠誠誓っている」

アメリカ東部のフィラデルフィアで警察官が男に拳銃で撃たれて大けがをし、逃げた男はまもなく逮捕されました。男が過激派組織IS=イスラミックステートに忠誠を誓っていると供述していることから、警察は事件の背景を調べています。


韓国軍「北朝鮮のミサイル発射は過去の映像」

北朝鮮の国営テレビが8日、放送したミサイルの発射実験とみられる映像について、韓国軍の関係者は、過去の映像を編集してつなぎ合わせたものだと述べ、新しい兵器を誇示するねらいで映像を作ったという分析を示しました。


台湾総統選 最後の週末 2大政党の候補者が訴え

今月16日に投票が行われる台湾の総統選挙は、選挙戦最後の週末を迎え、与党・国民党の朱立倫候補と最大野党・民進党の蔡英文候補の2大政党の候補者が、それぞれ大通りを行進したり、選挙カーを走らせたりして、支持を訴えました。


ニホンウナギ どうなる国際的な取り引き規制

漁獲量の減少傾向が続き、国際機関から絶滅危惧種に指定された「ニホンウナギ」を巡り、資源を守る取り組みが重要になるなか、ことしは、絶滅のおそれがある野生生物の国際的な取引を規制する「ワシントン条約」の会合が予定され、「ニホンウナギ」の規制が議題に上るのかが焦点となります。


リビアの警察施設爆発 死者55人に ISが犯行声明

北アフリカのリビアで、警察の訓練施設に侵入したトラックが爆発して55人が死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートが犯行を認める声明を出しました。


シンガポール 試食フェアで日本の食材アピール

アジアの中でも特に国民の所得が高いシンガポールで日本の食材をアピールしようと、現地で森山農林水産大臣が出席して、日本食の試食フェアが開かれました。


外相 北朝鮮への制裁決議で中国に働きかけへ

岸田外務大臣は、北朝鮮による核実験を受けて、来週にも中国の王毅外相と電話で会談し、国連の安全保障理事会で、北朝鮮への有効な制裁措置を盛り込んだ決議が採択されるよう、みずから中国に働きかけていく考えを示しました。


大リーグ情報流出 カーディナルス元幹部が不正侵入

おととし、大リーグ・アストロズの内部情報がインターネット上に流出した問題で、8日、カーディナルスの元スカウト部長が、アストロズのデータベースに不正に侵入した罪を認めました。


中国の物価 6年ぶり低水準 景気の減速鮮明に

中国の去年の消費者物価指数が6年ぶりの低い水準となったほか、生産者物価指数も4年連続で落ち込み、内需の弱さによる中国の景気減速が物価の面からも鮮明になりました。


ドイツで女性複数に乱暴 容疑者の中に難民18人

ドイツ西部で大みそかに複数の女性が男たちに乱暴され、容疑者のなかに北アフリカや中東出身とみられる難民18人が含まれていることが分かり、ドイツでは難民政策の見直しを求める声がさらに強まりそうです。


日英防衛相が会談 北朝鮮の核実験を強く非難

中谷防衛大臣は、日本を訪れているイギリスのファロン国防相と会談し、北朝鮮による核実験を強く非難するとともに、今後、日英両国の防衛協力を発展させていくことで一致しました。


メキシコ「麻薬王」を拘束 去年刑務所から脱走

メキシコ最大級の麻薬密売組織の最高幹部で「麻薬王」とも呼ばれ、去年刑務所から脱走し、行方が分からなくなっていた男が軍などとの銃撃戦の末拘束されました。


中国海洋調査船の活動 沖縄近海で2倍以上に

去年、沖縄県の尖閣諸島沖で、中国当局の船が日本の領海に侵入した回数は前の年とほぼ同じでしたが、一方で沖縄近海では、中国の海洋調査船の活動が前の年の2倍以上に増加したことが海上保安庁のまとめで分かりました。


中国海警局2隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


プーチン大統領 強化選手らと柔道の稽古

柔道の愛好家として知られるロシアのプーチン大統領は、ロシア各地から選抜された強化選手らと柔道の稽古を行い、原油価格の下落などで経済の低迷が続くなか、改めて強い指導者としてのイメージをアピールして国民の支持を維持するねらいがあると受け止められています。


ミニスカート広めた仏デザイナーが死去

1960年代にミニスカートの世界的な流行の火付け役となったフランスを代表するファッション・デザイナー、アンドレ・クレージュ氏が7日、パリ郊外の自宅で死亡しました。92歳でした。


フォルクスワーゲン 新車販売1000万台届かず

ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは、グループ全体の世界での新車の販売台数が、去年は、ディーゼル車の排ガスを巡る不正の影響などで前の年に比べて2%少ないおよそ993万台だったと発表し前の年に初めて達成した1000万台には届きませんでした。


リビアの警察施設爆発事件 ISが犯行声明

北アフリカのリビアで、警察の訓練施設に侵入したトラックが爆発して50人が死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートが犯行を認める声明を出しました。


ヒトラー「わが闘争」の再出版巡り議論

ナチス・ドイツの総統だったヒトラーの著書「わが闘争」の著作権が消滅したことに伴い、ドイツの現代史研究所が、戦後初めて、ドイツ国内で批判的な解説をつけた「わが闘争」の出版に踏み切りましたが、ユダヤ人団体が懸念を示すなど大きな議論となっています。


エジプトで観光客狙った襲撃事件相次ぐ

エジプトの紅海沿岸のリゾートホテルで8日、刃物を持った武装グループが観光客を襲い3人がけがをしました。前日にもピラミッドの近くで観光バスが銃撃を受けるなど観光客を狙ったとみられる事件が相次いでいて、当局は警戒を強めています。


ダウ平均株価 160ドル以上値下がり

8日のニューヨーク株式市場はアメリカの先月の雇用統計が市場の予想よりよかったため値上がりして取り引きが始まりましたが、その後、原油の先物価格が下落したことを受けて売り注文が増えダウ平均株価は160ドル以上値下がりしました。


インドネシアの女性に「美白」ブーム

経済成長を続けるインドネシアでは、ゆとりを手にした女性たちが化粧品や肌の手入れに関心を寄せ、化粧品市場が拡大しています。人気は美白効果をうたったもので、日本企業もインドネシア向けの商品を売り出すなど、競争が激しさを増しています。


ベトナムでNHK協力の教育チャンネル開局

教育番組の制作ノウハウの提供など、NHKが立ち上げに協力したベトナム国営テレビの教育チャンネルが開局し、8日夜、首都ハノイで式典が開かれました。


北朝鮮 核実験を祝う大規模集会を開催

北朝鮮は8日夜、核実験の実施を祝う大規模な集会を開催したほか、ミサイル発射実験の新たな映像も公開し、核開発に加えて、ミサイル開発も進める姿勢を改めて示すねらいがあるとみられます。


ダウ平均株価 値下がり 原油先物下落で

8日のニューヨーク株式市場はアメリカの先月の雇用統計が市場の予想よりよかったため値上がりして取り引きが始まりましたが、原油の先物価格が下落したことに伴い売り注文が増えてダウ平均株価は値下がりしています。


イラン各地で反サウジの大規模抗議デモ

内戦状態が続く中東イエメンで、イランの大使館がサウジアラビアの軍用機の攻撃を受けたと伝えられるなか、イランでは8日、各地で大規模な抗議デモが行われ、サウジアラビアへの反発が広がっています。


欧州株 中国経済先行き懸念などで値下がり

8日のヨーロッパの主な株式市場は、中国経済の先行きなどへの根強い懸念から、売り注文が増えて、パリで株価指数が1.5%余り下落するなど、株価が値下がりしました。


米 失業率変わらず 就業者数は予想上回る増加

アメリカの景気の現状を示す重要指標の雇用統計が発表され、先月の失業率は前の月と同じ、5%ちょうどでした。就業者数は市場の予想を大幅に上回って29万2000人と力強く増加し、中国など海外経済の減速が懸念されるなかでも、順調に改善を続けています。


「自撮り」したサルに著作権なしの判決

サルが偶然みずからを撮影した、いわゆる「自撮り」の写真について、動物愛護団体がサルの著作権を侵害していると訴えた裁判で、アメリカの裁判所は「動物に著作権を認めた事例がない」として、サルに著作権はないという判決を言い渡しました。


パリ同時テロ ブリュッセルの捜索先に爆薬痕跡

去年11月にフランスのパリで起きた同時テロ事件で、逃走中の容疑者の行方を追っているベルギーの捜査当局は、先月、首都ブリュッセルの捜索先で容疑者の指紋や爆薬の痕跡などが見つかったことを明らかにし、この場所で犯行の準備が行われた可能性があると見ています。


タイで列車とトラック衝突 38人死傷

タイ中部で8日、列車とトラックが衝突する事故があり、これまでに列車の乗客など3人が死亡、35人がけがをしました。


人民元 ドルに対し7営業日ぶりに値上がり

中国の通貨・人民元の8日の相場は、中国当局が一日の取り引きの目安となる値を引き上げたことなどから、ドルに対して7営業日ぶりに値上がりしました。


北朝鮮の国連代表部大使「何も言うことない」

北朝鮮による核実験を受け、国連の安全保障理事会では北朝鮮への制裁を強化する新たな決議の採択に向けた水面下の協議が始まる一方で、北朝鮮の国連代表部の大使は、NHKなどの取材に対し「何も言うことはない」と述べコメントを避けました。


上海株 市場安定措置で1.97%値上がり

7日に株価が大幅に下落した中国・上海の株式市場は、中国当局が市場を安定させるための措置を相次いで打ち出したことなどを受けて、8日の取り引きでは代表的な株価指数が1.97%値上がりしました。


ISのスポークスマン 空爆で重傷か

過激派組織IS=イスラミックステートとの戦いを進めるイラク政府軍は、イラク西部で行った空爆でISのスポークスマン役を務める男に大けがを負わせたと発表しました。


MERS「ワクチン開発成功」ラクダで効果

去年、韓国でも感染が広がったMERS=コロナウイルスについて、感染源の1つと考えられているラクダの体内でウイルスの増殖を大幅に抑えるワクチンの開発に成功したとする研究成果をヨーロッパの研究チームが発表しました。


英外相 安保理決議採択で日米と協力の考え

日本を訪れているイギリスのハモンド外相は、北朝鮮が行った核実験について改めて非難したうえで、国連の安全保障理事会の常任理事国として、新たな決議の採択に向けてアメリカや非常任理事国の日本などと協力していく考えを示しました。


米海軍司令官「注意深く監視」北朝鮮に警戒

北朝鮮が核実験を行ったことについて、西太平洋を管轄するアメリカ海軍第7艦隊の司令官は「注意深く監視している」と述べ、北朝鮮に対する警戒を強めていることを強調しました。


人民元基準値 9営業日ぶり値上がり

中国では通貨・人民元相場で、一日の取り引きの目安となる値が8日はドルに対して9営業日ぶりに値上がりし、市場では中国当局が行きすぎた人民元安を認めない姿勢を示したという見方が出ています。


銃規制強化に「賛成」67% 米世論調査

アメリカの最新の世論調査で、オバマ大統領が大統領権限を使って銃の規制強化に乗り出すことについて賛成と答えた人は67%に上りましたが、銃による犠牲者を減らす効果があると答えた人は41%にとどまりました。


核実験で現地視察を見合わせ 京都・舞鶴市

北朝鮮が6日に核実験を行ったことを受けて、京都府舞鶴市は、貿易の再開を目指してこれまで続けてきた現地への視察を無期限で見合わせることを決めました。


米 北朝鮮の核実験直後の衛星写真公開

アメリカのシンクタンクは、北朝鮮が核実験を行った直後に撮影された核実験場の衛星写真を公開し、坑道の入り口付近にデータの計測機器を積んだとみられる車両などが確認できるとしています。


韓国 北朝鮮向け宣伝放送を再開

北朝鮮が核実験を行ったことへの対抗措置として、韓国は南北の軍事境界線の近くで北朝鮮向けの宣伝放送を再開しました。これまでのところ北朝鮮の新たな挑発行動は確認されていませんが、韓国軍が厳重な警戒を続けています。


米議会 北朝鮮制裁強化の法案を審議へ

北朝鮮の核実験を受けてアメリカ議会は、北朝鮮に対する制裁を強化する法案を審議することになり、来週から下院で本格的な審議が始まる予定です。


上海株式市場 一時上昇も下落 売り買い交錯

7日株価が大幅に下落した中国、上海の株式市場は、中国当局が市場を安定させるための措置を相次いで打ち出したことなどを受けて8日の取り引きで、代表的な株価指数は売り買いが交錯して始まりましたがその後は、上昇して取り引きが行われています。


安保理決議採択へ中国外相と電話会談調整

岸田外務大臣は、北朝鮮が核実験を行ったことを受けて、北朝鮮に厳しい制裁を科す内容の国連の安全保障理事会の決議の採択に向け、中国とも意思疎通を図っていく必要があるとして、王毅外相との電話会談を調整していることを明らかにしました。


リオ五輪メイン会場の作業事務所で火事

リオデジャネイロオリンピックに向け、建設工事が続いている大会のメイン会場「オリンピックパーク」で7日、作業事務所の一部が焼ける火事があり、競技施設に被害はありませんでしたが、警察で原因を詳しく調べています。


NY原油市場 12年ぶりの安値水準

7日のニューヨーク原油市場は、世界経済の先行きへの不透明感が強まったことから、原油の先物価格は一時1バレル=32ドル台に値下がりし、リーマンショック後の安値を更新して、およそ12年ぶりの安値水準をつけました。


北朝鮮の核実験に厳重抗議 きょう国会決議へ

国会は8日、衆・参それぞれの本会議で北朝鮮が核実験を行ったことに対し、断じて容認できない暴挙だとして厳重に抗議するとともに、政府に問題の早急な解決を図るため総力を挙げて取り組むよう求めるなどとした決議を行うことにしています。


米中外相が電話会談 “北朝鮮に強い対応”確認

北朝鮮の核実験を巡り、アメリカのケリー国務長官は中国の王毅外相と電話で会談し、制裁の強化など北朝鮮に対しより強い対応をとることを確認するとともに、米中両国が緊密に連携していくことで一致しました。


キム第1書記の誕生日 核実験たたえ権威高めるか

北朝鮮は8日、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記の誕生日を迎え、大規模な祝賀行事は行われない見通しですが、4回目の核実験をキム第1書記の業績としてたたえ、その権威を高めるものとみられます。


ポーランドのメディア法改正にEUなど懸念

ポーランドで、公共放送に対する政府の影響力を高めるため、メディア法が改正されることになり、EU=ヨーロッパ連合などが懸念を強めています。


新聞社襲撃から1年でデモ行進 パリ

襲撃を受けたパリの新聞社の当時の本社周辺では、事件から1年になるのに合わせ、フランス最大規模の労働組合のメンバーらおよそ200人が、表現の自由を守る大切さを訴えるデモ行進を行いました。


パリ新聞社襲撃から1年 大統領が警察官ら激励

パリの新聞社が襲撃されてから1年となった7日、フランスのオランド大統領は警察官や軍の兵士などを前に訓示を行い、警察官らはテロリストの脅威の前に難しい任務を続けていると激励するとともに、引き続き連携を密にしてテロ対策に当たるよう求めました。


NY株 中国経済への懸念などでほぼ全面安に

7日のニューヨーク株式市場は、中国経済への懸念や中東情勢の混迷などから、世界経済の先行きに不透明感が強まっているとして売り注文が膨らみ、ダウ平均株価はほぼ全面安となり、およそ390ドル値下がりしました。


中国の株式市場 サーキットブレーカーを停止

株価の大幅な下落が続いている中国の株式市場で、株価の急な変動を防ぐために導入されたばかりの「サーキットブレーカー」と呼ばれる制度が、逆に株価の下落を助長しているとして、急きょ停止されることになりました。


欧州株 中国経済への懸念などで大幅下落

7日のヨーロッパの主な株式市場では、中国経済の先行きや中東情勢への懸念から、ほぼ全面安の展開となり、フランクフルトで株価指数が一時4%近く下落するなど株価が大きく値下がりしました。


北朝鮮の核実験でCTBTOが緊急会合

国際的な核実験監視網、CTBTOは7日、日本などの働きかけを受けて、北朝鮮の核実験に関する緊急の会合を開きました。


韓国大統領 慰安婦問題巡る日本側の発言に懸念

韓国の大統領府は、北朝鮮が核実験を行ったことを受けて安倍総理大臣と韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領が7日の電話で会談した際に、パク大統領が、慰安婦問題を巡り、報道で伝えられる日本側の発言に懸念を示したと発表しました。


中国 先月末の外貨準備高 過去最大の減少に

中国の先月末の外貨準備高は3兆3303億ドルと、前の月と比べて1000億ドル以上減って過去最大の減少となり、中国経済の減速などを背景に中国から海外への資金の流出が広がっていることを反映しています。


「イラン大使館攻撃」サウジアラビアは全面否定

内戦状態にある中東イエメンのイラン大使館が、サウジアラビアの攻撃を受けたとイランが主張したことについて、サウジアラビア側は攻撃を全面的に否定し、両国の対立が深まっています。


日印の原子力協定 今国会への提出見送りへ

政府は、インド政府と締結することで原則的に合意している原子力協定について、NPT=核拡散防止条約に加盟していないインドとの調整は慎重に進める必要があるとして、今の国会への提出を見送る方針を固めました。


韓国が対抗措置 北朝鮮向け宣伝放送をきょう再開

北朝鮮が核実験を行ったことへの対抗措置として、韓国政府は8日正午から、軍事境界線の近くで大音量のスピーカーを使って北朝鮮向けの宣伝放送を再開します。韓国軍は北朝鮮側がスピーカーに向けた砲撃など強く反発する可能性もあるとみて、最高レベルの警戒態勢をとっています。


パリで射殺の男 テロ未遂事件で捜査

フランス・パリで7日、男が警察署に押し入ろうとして射殺された事件で、捜査当局は、男が過激派組織IS=イスラミックステートの旗などが書かれた紙を持っていたことなどからテロ未遂事件として調べています。7日は、去年パリで新聞社がイスラム過激派の男らに襲撃されてからちょうど1年に当たり、再び緊張が高まっています。


NY株式市場 大きく値下がりして始まる

取り引きが始まった7日のニューヨーク株式市場は、中国経済の先行きに不透明感が強まったなどとして幅広い銘柄に売り注文が集まり、ダウ平均株価は大きく値下がりしています。


フィリピン外相 南沙諸島での中国試験飛行を批判

中国が南シナ海に造成した人工島に航空機を試験飛行させたことについて、領有権を巡って対立するフィリピンのデルロサリオ外相は7日、「挑発的な行動で、到底受け入れられるものではない」と強く批判しました。


パリで警察署に押し入ろうとした男を射殺

フランス・パリで7日午前、警察署に押し入ろうとした男が警察官に射殺されました。7日は去年、パリで新聞社がイスラム過激派の男らに襲撃されてからちょうど1年に当たり、パリでは再び緊張が高まっています。


リビア 警察施設でトラック爆発50人死亡

北アフリカのリビアで、警察の訓練学校に侵入したトラックが爆発して、これまでに50人が死亡しました。


イラン「大使館がサウジアラビアの攻撃受けた」

サウジアラビアがイランとの外交関係を断絶し緊張が高まるなか、イランは、内戦状態にあるイエメンの首都サヌアのイラン大使館がサウジアラビアの攻撃を受けたと主張し、両国の対立がさらに深まることが懸念されています。一方で、大使館に大きな被害は見られないという目撃情報も出ています。


人民元下落続く 4年11か月ぶりの元安水準に

このところ下落が続いている中国の通貨・人民元の相場は、7日も人民元を売ってドルを買う動きが出て、ドルに対しておよそ4年11か月ぶりの元安水準となりました。


岸田外相 北朝鮮核実験受け各国外相と電話会談

岸田外務大臣はフランスのファビウス外相らと相次いで電話で会談し、北朝鮮が核実験を行ったことは国連安全保障理事会の決議などに明白に違反しているとして、国際社会が強い立場で迅速に対応していく必要があるという考えで一致しました。


国連安保理 北朝鮮に過去4回の制裁決議

国連の安全保障理事会では、2006年以降、北朝鮮が核実験を繰り返してきたことを受けて、北朝鮮にさまざまな制裁を科す決議が4回にわたって採択されてきました。


北朝鮮の核実験に抗議の座り込み 広島

北朝鮮が6日に核実験を行ったことを受けて、広島市の平和公園では被爆者団体などが座り込みを行い、「核兵器は人類を滅亡させるもので許されない」などと強く抗議しました。


欧州株 中国経済への懸念で大きく値下がり

7日のヨーロッパの主な株式市場では、中国・上海の株式市場で株価が大幅に下落したことなどを受けて中国経済の先行きへの懸念が強まり、フランクフルトで株価指数が3%以上下落するなど、株価が大きく値下がりしています。


アジアの株式市場 全面安の展開に

上海の株式市場で株価が急落したことなどを受けて7日のアジアの株式市場は売り注文が相次ぎ、香港の代表的な株価指数が前の日から3%下落するなど、全面安の展開となりました。


核実験行った北朝鮮に国際社会の圧力強まる

北朝鮮が核実験を行ったことに対して国連の安全保障理事会では、北朝鮮に対する新たな制裁も視野に協議が行われます。こうしたなか、韓国政府は軍事境界線の近くで北朝鮮向けの宣伝放送を8日正午から再開することを決め、北朝鮮に対する国際社会の圧力が強まっています。


中国「アメリカなども事態打開に努めるべき」

北朝鮮が核実験を行ったことを受けて、国際社会から北朝鮮と結びつきの強い中国が影響力を行使するよう求める声が上がっていることについて、中国外務省の報道官は、中国ばかりに責任を押しつけずにアメリカなども事態打開に努めるべきだという考えを強調しました。


韓国 北朝鮮向け宣伝放送を8日正午から再開

北朝鮮が核実験を行ったことへの対抗措置として、韓国政府は南北の軍事境界線の近くで北朝鮮向けの宣伝放送を8日正午から再開することを決めました。北朝鮮が反発するのは避けられず、南北の間で再び緊張が高まるおそれがあります。


日韓 安保理決議採択へ 緊密な連携を確認

安倍総理大臣は、北朝鮮が核実験を行ったことを受けて、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と電話で会談し、国連安全保障理事会で、北朝鮮に対して厳しい制裁を科すことを盛り込んだ決議が採択できるよう、緊密に連携していくことを確認しました。


EU 日本からの食品輸入規制9日に緩和

東京電力・福島第一原子力発電所の事故を受けて、EU=ヨーロッパ連合が続けている日本からの食品の輸入規制が9日に緩和され、福島県産の野菜や畜産品などが規制の対象から外れることになりました。


中国当局 株価急落で新たな措置発表

中国の株式市場で株価が大幅に下落するなか、中国の証券監督当局は、上場企業の大株主が大量の売り注文を出すことを制限する新たな措置を発表し、株価の急落を防ぐねらいがあるものとみられます。


世界最大の家電ショー 主役は自動車

世界最大の家電ショーがアメリカのラスベガスで始まり、ことしは開発競争が激しくなっている車の自動運転の技術など、自動車に関する展示が目立っています。


人民元 基準値が8営業日連続で値下がり

このところ下落が続く中国の通貨・人民元の相場は、1日の取り引きの目安となる値が、7日もドルに対し8営業日連続で値下がりして始まり、中国経済の先行きの不透明感などから元を売ってドルを買う動きを反映しています。


上海株急落 30分で取り引き打ち切り

中国、上海の株式市場は、北朝鮮が水爆の実験を行ったと発表したことなどを受けて、欧米市場で株価が下落した流れを引き継ぐ形で売り注文が相次ぎ、株価の急な変動を抑制するための制度が発動され、取り引き開始からおよそ30分で7日の取り引きが打ち切られました。


米大統領 日韓首脳と電話会談 北朝鮮制裁へ連携

アメリカのオバマ大統領は、北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受けて、安倍総理大臣や韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と相次いで電話で会談し、北朝鮮に対する制裁の強化に向け連携して対応していく方針を確認しました。


国連安保理 北朝鮮の核実験で新たな決議を検討

北朝鮮が6日に核実験を行ったことを受け、国連の安全保障理事会は緊急の会合を開き、北朝鮮を強く非難するとともに追加の制裁も視野に新たな決議の検討に入りました。一方、北朝鮮の国営メディアは、初めての「水爆実験」が成功したと大々的に伝え、敵対するアメリカに対し対北朝鮮政策を転換するよう要求しました。


首相 米などと連携 制裁強化へ議論主導

安倍総理大臣は、参議院本会議で、北朝鮮が核実験を行ったことについて、アメリカなどと連携して、国連の安全保障理事会で、北朝鮮への制裁の強化に向けた議論を主導していくとともに、日本独自の制裁の強化を検討する考えを示しました。


核実験 米元政府当局者から懸念の声

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことについて、アメリカの元政府当局者からは、オバマ政権が北朝鮮の核開発を止められずにいることへの懸念の声が出ています。


米越外相 中国試験飛行で対応を協議

南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で、中国が造成した人工島の飛行場に民間機を着陸させた問題について、アメリカのケリー国務長官とベトナムのミン副首相が電話で会談し、中国の行動に懸念を示すとともに、アメリカがベトナムの海洋監視能力の強化に向けて協力することで一致しました。


NY原油 6年11か月ぶりの安値

6日のニューヨーク原油市場は、中国経済の減速が改めて意識され、石油の需要が低迷するという見方などから、原油の先物価格は一時、1バレル=33ドル台後半に下落し、およそ6年11か月ぶりの安値水準を更新しました。


北朝鮮対応巡り日米外相が電話会談

岸田外務大臣は、北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受けてアメリカのケリー国務長官と電話で会談し、日本とアメリカ、それに韓国などの関係国で緊密に連携して対応していく考えで一致しました。


シンガポール外務省「危険で挑発的」

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことについて、シンガポール外務省は6日夜、声明を発表し「危険で挑発的な行為で、この地域の平和と安定に深刻な影響を与える。国連安全保障理事会の決議に違反するのは明白だ」として強く非難しました。そのうえで、シンガポール駐在の北朝鮮大使を通じて、さらなる挑発行為を行わないよう求めていくとしています。


マーシャル諸島外相 核廃絶の必要性訴え

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことについて、冷戦時代、ビキニ環礁を中心に67回にわたってアメリカの核実験が行われ、現在も多数の住民が健康被害に苦しむ太平洋のマーシャル諸島のトニー・デブルム外相は、NHKの取材に対し、「すべての核兵器の即時撤廃に向け、世界が動くべき切実な理由がまた1つできた」と述べ、核廃絶の必要性を訴えました。


日米首脳 連携して北朝鮮制裁強化の議論主導

安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領は、北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受けて電話で会談し、今後、日本とアメリカが連携して、国連の安全保障理事会で北朝鮮への制裁の強化に向けた議論を主導していくことを確認しました。


独に流入の難民 去年は最多110万人

ドイツ政府は、去年1年間に中東などからドイツにたどり着いた難民や移民がこれまでで最も多いおよそ110万人になったことを明らかにし、流入に歯止めをかけるため対策を急ぐ考えを示しました。


内戦のシリア 飢餓で死者相次ぎ支援求める声

内戦が続くシリアでは、食料や燃料の輸送が滞り、住民たちが飢えに苦しんでいて、戦闘で包囲された首都近郊の町では先月、子どもなど23人が飢えによって死亡し、支援を求める声が上がっています。


米FRB 9年半ぶり利上げ 委員数人はぎりぎりの判断

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会は、9年半ぶりの利上げを決定した先月の金融政策の会合の議事録を公表し、全会一致で利上げを決めたものの、物価上昇の勢いが弱いことに強い懸念が示され、ぎりぎりの判断で賛成に回った委員もいたことが分かりました。


米 共和党候補「北朝鮮の核実験 オバマ外交の失敗」

アメリカ大統領選挙で、野党・共和党から立候補しているルビオ上院議員は6日、声明を発表し、「オバマ大統領が何もしない間に、北朝鮮が核兵器を増強していると私は警告してきた。これはオバマ大統領とクリントン前国務長官の外交政策の失敗を意味するものだ」と批判しました。


世界経済の成長率予測を下方修正 世界銀行

世界銀行は、ことしの世界経済について、中国経済の減速や新興国の景気低迷が成長の足かせになっているとして世界全体の成長率の予測をこれまでより0.4ポイント低い2.9%のプラスに下方修正しました。


現代音楽を代表する作曲家 ブーレーズ氏死去

現代音楽を代表するフランスの作曲家で世界的な指揮者としても知られるピエール・ブーレーズ氏が5日、ドイツで死去しました。90歳でした。


CTBTO「人工的な揺れ 前回よりやや小さい」

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受けて、国際的な核実験監視網、CTBTOのゼルボ事務局長は6日、電話を通じた記者会見を行いました。その中で、ゼルボ事務局長は、6日に北朝鮮の北部で観測された人工的な揺れについて、「北朝鮮が2013年に行った前回の核実験と似ている。ただ、前回のマグニチュードは5.1だったが、今回は4.8から4.9程度なので、規模としてはやや小さくなっているようだ」と指摘したうえで、今後、大気中に放射性物質が漏れ出していないかなどを調査し、核実験の事実を確認する考えを強調しました。


パリの新聞社襲撃から1年 特別号を発行

フランスのパリで、新聞社「シャルリ・エブド」が武装した男たちの襲撃を受けて12人が犠牲になった事件から7日で1年となるのに合わせて、新聞社は特別号を発行しテロに屈しない姿勢を改めて示しました。


オバマ大統領 日韓首脳と電話会談へ

アメリカのホワイトハウスは、水爆の実験を行ったとする北朝鮮の主張は疑わしいという認識を示す一方、いかなる核実験でも挑発行為だと強く非難し、オバマ大統領が安倍総理大臣や韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と電話で会談し、対応を協議することを明らかにしました。


米空軍 朝鮮半島の上空でサンプル集め分析

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことについて、アメリカ空軍の当局者はNHKの取材に対し、朝鮮半島付近の上空で航空機を使って集めたサンプルから核実験が行われた際に放出される放射性物質が検出されるかどうかを含め、あらゆるデータの分析を進めていると明らかにしました。また、アメリカ軍の航空機を使って集めたサンプルは通常、アメリカ本国に運ばれ、空軍の研究室で分析されると説明しています。


イタリア外務省「北朝鮮の核実験は深刻な脅威」

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことについて、イタリアの外務省は6日、声明を発表し、「北朝鮮による核実験は、重大な国際法違反であるとともに、世界や地域の平和と安全保障にとって深刻な脅威だ」として、北朝鮮に対して国際的なルールを順守するよう強く求めました。そのうえで、イタリアのジェンティローニ外相が国際社会が取るべき必要な対応について、岸田外務大臣と近く電話で協議する考えを示しました。


NY株 250ドル超下落 北朝鮮の“水爆実験”で

6日のニューヨーク株式市場は、北朝鮮が水爆の実験を行ったと発表したことなどを受けて先行きへの不透明感から売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は250ドル以上値下がりました。


イラン IS意識しサウジアラビアには抑制的に対応

サウジアラビアがイランと外交関係を断絶し緊張が高まるなか、イランとイラクの外相が会談し、過激派組織IS=イスラミックステート対策にはイスラム社会の団結が欠かせないという認識で一致し、イラン側はサウジアラビアに抑制的に対応していく姿勢を強調しました。


欧州株価 北朝鮮の“水爆実験”受け下落

6日のヨーロッパの主な株式市場は、北朝鮮が水爆の実験を行ったと発表したことなどを受けて、幅広い銘柄で売り注文が増え、ミラノ市場で株価指数が2%以上下落するなど株価が値下がりしました。


北朝鮮の核実験を強く非難 国連安保理が声明

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受け、国連の安全保障理事会はニューヨークで緊急の会合を開き、北朝鮮による核実験を強く非難し追加の制裁も視野に新たな決議の検討に入るとする、報道機関向けの声明を発表しました。


韓国の情報機関「水爆の可能性低い」

北朝鮮が「水爆の実験に成功した」と発表したことについて、韓国の情報機関、国家情報院は、爆発の規模が小さかったことなどから実際に水爆だった可能性は低いと判断していることを明らかにしました。


国連安保理 北朝鮮の”水爆実験”で緊急会合始まる

北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受け、国連の安全保障理事会の緊急の会合がニューヨークで始まり、国連の外交筋によりますと、核実験を強く非難する声明を出す方向で協議が行われているということです。


国連事務総長 北朝鮮を厳しく非難

北朝鮮が水爆の実験に成功したと発表したことを受け、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は6日朝、ニューヨークの国連本部に国連の幹部を集めて対応を協議したあと、先ほど、日本時間の7日午前0時半、報道陣を前に声明を読み上げました。この中でパン事務総長は、「北朝鮮による核実験は非常に深刻な事態だ。国連安保理の多くの決議に違反し、国際社会の呼びかけを無視するものだ。地域の安全を脅かし、核不拡散の努力を台なしにするものだ。核実験を強く非難するとともに北朝鮮に対してこれ以上の核開発を行わないよう求める」と北朝鮮を厳しく非難しています。


中国 国営メディア「南沙諸島への試験飛行に成功」

中国国営の新華社通信は、ベトナムやフィリピンなどが領有権を主張している南シナ海の南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島で、中国の民間機が、人工島を造成して建設した飛行場に着陸し、試験飛行は成功したと伝えました。


中国の専門家“国連制裁さらに厳しくなる”

朝鮮半島情勢に詳しい中国の専門家の間では北朝鮮による核実験が中朝関係に悪影響を与えるという意見が相次いだほか、国連安保理による制裁措置が北朝鮮にとってさらに厳しいものになるという見方も出ています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る