NHKニュース|スポーツ 2016年1月29日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

相撲協会理事候補選 八角理事長ら10人当選

日本相撲協会の理事になる候補者を選ぶ選挙は、29日投票が行われ、現職の元横綱・北勝海の八角理事長や元横綱・貴乃花の貴乃花親方など10人が当選し、元関脇・高望山の高島親方が落選しました。


新国立競技場 設計契約を締結

新たな建設計画が決まった国立競技場について、事業主体のJSC=日本スポーツ振興センターと大成建設などで作るグループが29日、設計の契約を結びました。


センバツ高校野球 「21世紀枠」に3校

ことし3月に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球の出場校が発表され、困難な状況を克服した学校などが対象となる「21世紀枠」では、岩手の釜石高校、兵庫の長田高校、香川の小豆島高校の3校が選ばれました。


男子ゴルフ国内ツアー開幕戦 小林首位に

シンガポールで行われている男子ゴルフの国内ツアー開幕戦は、前日サスペンデッドになった第1ラウンドの残りの競技が行われ、ツアー初勝利を目指す小林伸太郎選手が首位に立ちました。


米男子ゴルフ 松山は8位スタート

男子ゴルフのアメリカツアーの大会は28日、カリフォルニア州で第1ラウンドが行われ、ことしの初戦となる松山英樹選手は4アンダーで、首位と2打差の8位と好スタートを切りました。


IOC ジカ熱について各国五輪委に周知へ

ことし8月にオリンピックが行われるブラジルのリオデジャネイロで、ジカ熱の感染が広がっていることを受け、IOC=国際オリンピック委員会は、感染の現状や対策などを各国のオリンピック委員会に周知することになりました。


米女子ゴルフ開幕戦 宮里美香と野村敏京が首位発進

ゴルフのアメリカ女子ツアーの今シーズン開幕戦が、28日、バハマで始まり、宮里美香選手と野村敏京選手が第1ラウンドで5アンダーをマークし、ほかの5人の選手と並んで首位に立ちました。


センバツ高校野球 出場32校 きょう決定

ことし3月に甲子園球場で開幕する「第88回センバツ高校野球大会」に出場する32校が、29日、決まります。


サッカーU23日本代表 決勝へ練習再開

6大会連続でオリンピック出場を決めた、サッカー男子の23歳以下の日本代表は、28日、アジア最終予選の決勝に向けて練習を再開しました。


テニス クルム伊達が左膝を手術へ

テニスのクルム伊達公子選手が左膝の手術を受けることを、みずからのブログで明らかにしました。


侍ジャパン 投手コーチに権藤博氏と斎藤隆氏

ことし3月に台湾との強化試合に臨む、野球日本代表のコーチ陣が発表され、DeNAの前身の横浜で監督を務めた権藤博さんと、日米で活躍し、去年引退した斎藤隆さんが投手コーチを務めることになりました。


広島 元中日のルナが入団会見

プロ野球、広島に入団した、元中日のエクトル・ルナ選手が会見し、「全力を尽くして、チームが優勝できるように頑張りたい」と意気込みを話しました。


日ハム大谷 米キャンプ出発前に意気込み

プロ野球、日本ハムの大谷翔平投手が、アメリカで行われるチームのキャンプに出発するのを前に、成田空港で取材に応じ、「場所が違うだけでやることは変わらない。課題を1つでも多く解消できるようにしたい」と意気込みを示しました。


ソフトバンク松坂 自主トレで回復ぶりアピール

プロ野球ソフトバンクで、去年、肩の手術などで1軍での登板がなかった松坂大輔投手が福岡市で自主トレを行い、キャッチボールで強めのボールを投げ込むなど、回復ぶりをアピールしました。


阪神・西岡が自主トレ 巻き返し誓い

プロ野球、阪神の西岡剛選手が自主トレーニングを公開し、けがの影響で2年続けて50試合以下の出場にとどまっていることを踏まえ、「開幕にきっちりと照準を合わせ、首位打者を狙いたい」と今シーズンの巻き返しを誓いました。


東京五輪に向けドーピング撲滅考える会議

ロシア陸上界での組織的なドーピングが問題となるなか、ドーピング撲滅を考える会議が都内で開かれ、WADA=世界アンチドーピング機構のハウマン事務総長が、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、「ドーピングを犯す人は競技に参加させないという姿勢を示すことが必要だ」と呼びかけました。


全豪オープン ジョコビッチがフェデラー下し決勝へ

テニスの四大大会、全豪オープンの男子シングルス準決勝で、大会2連覇を目指すノバク・ジョコビッチ選手がロジャー・フェデラー選手に勝ち、決勝進出を果たしました。


全豪オープン車いす女子シングルス 上地は準決勝敗退

テニスの全豪オープン、車いすの部の女子シングルスで、世界ランキング2位の上地結衣選手は準決勝で敗れました。


射撃男子 リオ五輪代表に2選手が内定

インドで開かれている射撃のリオデジャネイロオリンピックのアジア予選、男子のラピッドファイアピストルで、秋山輝吉選手と森栄太選手が出場枠を獲得し、いずれも初めてのオリンピック代表に内定しました。


相撲協会の理事候補選 定員10人に立候補11人

日本相撲協会の理事になる候補者を選ぶ選挙は、10人の定員に対して11人が立候補し、29日、投票が行われることになりました。


オランダリーグ ハーフナーが2試合連続ゴール

サッカーのオランダ1部リーグ、デンハーグのハーフナーマイク選手は27日、アウェーのデグラーフスハップ戦にフル出場し、2試合連続となるゴールを決めました。チームは後半に失点を重ね1対3で敗れました。


手倉森監督 五輪出場決定から一夜明け喜び語る

サッカー男子の23歳以下の日本代表は、オリンピック出場を決めたイラク戦から一夜明けた27日、選手たちは休養しましたが、手倉森誠監督が会見し、「オリンピックまでまた仕事ができてうれしい」と改めて喜びを語りました。


パラリンピック期待の藤田が優勝 自転車アジア選手権

静岡県で開かれている自転車のアジア選手権は2日目、障害者の個人追い抜きでは、リオデジャネイロパラリンピックで3大会連続のメダルを目指す藤田征樹選手が優勝しました。


五輪目指すアイスホッケー男子 会見で意気込み

再来年のピョンチャンオリンピックを目指すアイスホッケー男子の日本代表が、来月行われる予選を前に会見し、エースの久慈修平選手が、「目の前の戦いに勝つことを目指し、チーム一丸で臨みたい」と意気込みを話しました。


「エアレース」 ことしも6月に千葉で開催

去年、国内で初めて開かれた飛行機のレース、「エアレース」の世界選手権が、ことしも千葉市で開催されることが決まりました。


夏の全国高校野球 8月7日に開幕

甲子園球場で開催されることし夏の全国高校野球は、8月7日に開幕し、休養日を含む15日間の日程で行われることになりました。


オリックス 糸井が自主トレーニング公開

プロ野球で昨シーズン打撃不振に苦しんだオリックスの糸井嘉男選手が、27日、自主トレーニングを公開し、「去年はふがいない成績だったので、今シーズンは優勝を目指して頑張りたい」と抱負を話しました。


パ・リーグの元首位打者 鉄平が現役引退

プロ野球、オリックスから自由契約になっていたパ・リーグの元首位打者、鉄平選手が現役を引退することになりました。


ラグビー 畠山がイングランドのプロリーグへ

去年のラグビーワールドカップで日本代表として活躍したフォワードの畠山健介選手が、イングランドのプロリーグに期限付きで移籍することになりました。


テニスの7団体 八百長防止へ第三者委設置へ

テニスの試合を巡る八百長疑惑が一部で報道されたことを受け、テニスの7つの団体は八百長の防止や調査を強化するため、第三者委員会を設置して不正防止などの対策の見直しを進めることを明らかにしました。


男子バスケット 五輪予選の組み合わせ決定

バスケットボール男子のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたことし7月の世界最終予選の組み合わせが決まり、日本は、世界ランキングで上位のラトビアやチェコと対戦することが決まりました。


テニス全豪オープン車いすの部 国枝 1回戦で敗退

テニスの全豪オープン、車いすの部の男子シングルスで、大会4連覇を目指した国枝慎吾選手が1回戦で敗退しました。


大相撲 翔天狼が十両に復帰

3月に行われる大相撲春場所で元幕内の翔天狼が十両に復帰することが決まりました。


サッカーU23 悔しさバネに五輪出場へ

サッカー男子の23歳以下の日本代表が6大会連続のオリンピック出場を決めたのは、選手たちが「アジアで勝てない世代」と言われ続けた悔しさをバネにチーム一丸となって戦い続けた結果でした。


サッカー男子 リオ五輪出場決定

サッカー男子のリオデジャネイロオリンピックアジア最終予選の準決勝で23歳以下の日本代表は2対1でイラクを破り、6大会連続のオリンピック出場を決めました。


プロ野球の若手 引退後の進路に「会社員」過去最多

プロ野球の若手選手を対象にしたアンケート調査で引退後の進路について、「一般企業の会社員」を選択肢に入れる選手が60%を超え、平成19年に調査を始めてから最も多くなりました。


伊豆の五輪会場 自転車アジア選手権始まる

2020年東京オリンピックの自転車の競技会場に決まった静岡県伊豆市の施設で、26日から自転車のアジア選手権が始まりました。


目指せ3年連続日本一 スローガンは「熱男2016」

プロ野球で、日本シリーズ3連覇をねらうソフトバンクのことしのスローガンが「熱男2016」に決まりました。


全豪オープン 錦織敗れベスト4ならず

テニスの四大大会、全豪オープンの男子シングルス準々決勝で、錦織圭選手は世界ランキング1位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手にストレートで敗れ、この大会、日本男子で84年ぶりとなるベスト4進出はなりませんでした。


スポーツクライミング 東京五輪へ魅力アピール

2020年東京オリンピックで追加種目として初の実施を目指す「スポーツクライミング」の競技団体が会見し、国内のトップ選手が競技の魅力をアピールしました。


琴奨菊優勝祝う垂れ幕 部屋のある千葉・松戸

大相撲初場所で大関・琴奨菊が優勝したことを受けて、佐渡ヶ嶽部屋のある千葉県松戸市では、市役所に特注の垂れ幕が掲げられました。


全豪テニス準々決勝 錦織 第2セットも落とす

テニスの全豪オープン、男子シングルスの準々決勝で錦織圭選手はセルビアのノバク・ジョコビッチ選手に対し、第2セットを2ー6で落とし、セットカウント0対2となりました。


全豪テニス準々決勝 錦織 第1セット落とす

テニスの全豪オープン、男子シングルスの準々決勝で錦織圭選手はセルビアのノバク・ジョコビッチ選手に対し、第1セットを3ー6で落としました。


錦織とジョコビッチ 準々決勝へ直前練習

テニスの四大大会、全豪オープンで、錦織圭選手は、世界王者のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手との準々決勝に向け、直前練習を行いました。


東京五輪「ホストタウン」44件の登録決定

政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの参加各国との交流事業を担う自治体を「ホストタウン」として登録し、地方創生につなげたい考えで、第1弾として、北海道網走市をオーストラリアのホストタウンとするなど、44件の登録を決めました。


女子バスケWリーグ「意図的な判定」審判を提訴

去年11月に行われたバスケットボール女子のWリーグの試合で、「審判が意図的に不利益な判定を行い、社会的評価を低下させた」として、この試合で敗れたシャンソンを保有する会社が、主審を務めた審判員に対しておよそ3000万円の損害賠償を求める訴えを静岡地方裁判所に起こしました。


錦織 準々決勝ジョコビッチ戦へ軽めの調整

テニスの四大大会、全豪オープンで、2年連続でベスト8に進んだ錦織圭選手が、26日夜に行われる、世界ランキング1位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手との準々決勝に向け、午前中、軽めの調整を行いました。


サッカーU23 五輪出場かけた準決勝へ最終調整

サッカー男子の23歳以下の日本代表は、日本時間の26日夜行われるリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたアジア最終予選の準決勝を前に、練習のほとんどを非公開にして最終調整しました。


東京五輪「ホストタウン」 第1弾内定

政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの参加各国との交流事業などを担う「ホストタウン」として全国の自治体を登録し、地方創生につなげたい考えで、第1弾としてオーストラリアのホストタウンが北海道網走市など、パラオが宮城県蔵王町とすることなどが内定しました。


阪神・鳥谷が意気込み「金本監督の胴上げを」

去年、プロ野球セ・リーグのベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた阪神の鳥谷敬選手が25日、自主トレーニングを公開し、「去年を上回る成績を残し、金本監督を胴上げしたい」と意気込みを述べました。


ラグビー日本代表 11月にウェールズと対戦

ラグビーの日本代表が、チーム強化の一環としてことし11月にイギリスに遠征し、現在世界ランキング4位のウェールズと強化試合を行うことになりました。


サッカー日本代表 6月に欧州勢と強化試合

サッカー日本代表がことし6月に海外の代表チームを招いてトーナメント方式で戦う強化試合に、おととしのワールドカップブラジル大会に出場したボスニア・ヘルツェゴビナなどヨーロッパの3チームが参加することになりました。


ラグビートップリーグ表彰式 MVPは堀江

ラグビーのトップリーグの表彰式が行われ、MVP=最優秀選手にはリーグ3連覇を果たしたパナソニックの堀江翔太選手が選ばれました。


サッカーU23 監督が会見「勝って五輪へ」

サッカー男子のリオデジャネイロオリンピックの出場権を争う最終予選で、26日に準決勝を戦う日本とイラクの監督がそろって会見し、日本の手倉森誠監督は「イラクを超えなければ世界が見えてこない」と述べ、監督に就任後まだ勝てていない相手に勝ってオリンピック出場を決める決意を示しました。


なでしこジャパン 石垣島の合宿打ち上げ

サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は、リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選に向け沖縄・石垣島で続けてきた合宿を、25日に打ち上げました。


五輪引継ぎ式典 椎名林檎さんら演出助言へ

2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、リオデジャネイロ大会の閉会式での引き継ぎセレモニーについて、演出面などでアドバイスする外部の専門家に音楽家の椎名林檎さんなど8人を選びました。


五輪・パラリンピック会場 車いす席などの指針承認

4年後のオリンピック・パラリンピックで障害者や高齢者が競技を観戦しやすいよう、会場の観客席に占める車いす席の割合などを定めた組織委員会の指針が、IPC=国際パラリンピック委員会に承認され、東京都などは今後、この指針を基に競技会場などの整備を進めることにしています。


「琴奨菊 春場所は内容も重要」と横綱審議委

大相撲の横綱審議委員会は、初場所で初優勝した大関・琴奨菊について、横綱昇進がかかる次の春場所で準優勝だった場合は、相撲内容なども問われることになるという認識を示しました。


錦織指導のチャンコーチ「以前の精神状態に」

テニスの全豪オープンで26日、錦織圭選手が準々決勝で世界王者のノバク・ジョコビッチ選手と対戦するのを前に、錦織選手を指導するマイケル・チャンコーチは「以前ジョコビッチ選手に勝ったときのような精神状態で臨むべきだ。そうすればすばらしい試合になるだろう」と話していました。


琴奨菊 強さの裏にトレーナーの支え

大相撲初場所で初優勝した大関・琴奨菊が強さを発揮した裏には、トレーナーの支えがありました。


大相撲「北の湖部屋」看板を下ろす

大相撲で去年11月に師匠が亡くなった北の湖部屋を引き継いだ山響部屋で25日、部屋の看板が掛け替えられました。


全豪テニス 混合複で八百長の疑いか 米紙報道

テニス界で八百長疑惑が取り沙汰されるなか、アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」は24日に行われた全豪オープンのミックスダブルスを巡って八百長が疑われる不自然な賭け金の動きがあったと伝えました。


鈴木長官「 琴奨菊優勝 日本人力士に刺激」

大相撲初場所で、大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりに優勝したことについて、スポーツ庁の鈴木大地長官は「日本出身力士が刺激を受けて、さらに活躍することを期待している」と述べました。


錦織 ジョコビッチ攻略へ前日練習

テニスの四大大会、全豪オープンで、2年連続でベスト8に進んだ錦織圭選手は、26日の準々決勝で対戦する世界王者のジョコビッチ選手が得意とするサーブ対策などを入念に確認しました。


アメフト スーパーボウルの顔合わせ決まる

NFL=アメリカプロフットボールは24日、コロラド州デンバーなどでカンファレンスの決勝が行われ、ブロンコスとパンサーズが勝って今シーズンのチャンピオンを決める来月7日のスーパーボウルで対戦することになりました。


優勝の琴奨菊「すごく気分がよく、うれしい」

大相撲初場所で、日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした大関・琴奨菊が千秋楽から一夜明けて記者会見し、「すごく気分がよく、うれしい」と喜びを語りました。


スノボW杯男子ハーフパイプ 青野が2年ぶり優勝

スノーボードのワールドカップは24日、アメリカで男子ハーフパイプが行われ、青野令選手が2年ぶりの優勝を果たしました。


大関 琴奨菊 春場所で横綱昇進に挑む

大相撲初場所は大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たし、春場所で横綱昇進に挑みます。


サッカー アジア最終予選準決勝へ練習再開

サッカー男子の23歳以下の日本代表は24日、オリンピック出場がかかるアジア最終予選の準決勝、イラクとの試合に向けて、本格的な練習を再開しました。


インテル 長友 後半途中から出場

サッカーのイタリア1部リーグ、インテルの長友佑都選手は、24日のカルピ戦に後半途中から出場しました。


ノルディック複合 渡部暁斗2戦連続3位

スキー、ノルディック複合のワールドカップは、24日、フランスで第10戦が行われ、ソチオリンピック銀メダリストの渡部暁斗選手が、前日の第9戦に続いて、3位に入りました。


琴奨菊 千秋楽パーティーで優勝の喜び

大相撲初場所で初めての優勝を果たした大関・琴奨菊が、24日夜、佐渡ヶ嶽部屋の千秋楽パーティーに出席し、優勝の喜びと、支えてくれた妻への感謝の思いを述べました。


競泳 清水が200m個人メドレーで短水路日本新記録

相模原市で開かれた競泳・短水路の大会の女子200メートル個人メドレーで、23歳の清水咲子選手が2分5秒97の短水路の日本新記録をマークして優勝しました。清水選手は、おととし2月に渡部香生子選手が出した2分6秒39のタイムを0秒42更新しました。


バスケbj 統合前最後のオールスター戦

男子プロバスケットボールbjリーグの新リーグ発足前、最後となるオールスターゲームが仙台市で開かれ、会場には大勢のファンが詰めかけました。


楽天のエース・則本が自主トレを公開

プロ野球、楽天のエースで、2年連続でリーグ最多奪三振のタイトルを獲得した則本昂大投手が、仙台市で自主トレーニングを公開し、「ことしはすべてにおいて、これまでの成績を上回りたい」と話し、2か月後に迫った開幕を見据え、さらなる成長を誓いました。


競泳 萩野 ことし初の実戦で一応の手応え

リオデジャネイロオリンピックで金メダルが期待される競泳男子のエース、萩野公介選手が、ことし初めての実戦に臨み、一定の手応えを感じていました。


なでしこジャパン 紅白戦で合宿の成果試す

リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選に向け沖縄・石垣島で合宿をしているサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」が、24日、紅白戦を行い、合宿の成果を試しました。


ラグビートップリーグ 歴代最多の観客動員を記録

ラグビーのトップリーグは、今シーズン、去年のワールドカップでの日本代表の活躍で注目が集まり、リーグ発足以来、最多となる49万人の観客動員を記録しました。


八角理事長 次の春場所は「綱とり場所」に

日本相撲協会の八角理事長は、初場所14勝1敗で初優勝した大関・琴奨菊について、次の春場所は横綱昇進をかけた「綱とり場所」になるという見解を示しました。


琴奨菊初優勝に沸く出身地 福岡・柳川

大相撲初場所で初優勝を果たした琴奨菊の出身地、福岡県柳川市では、待ち望んだ優勝に大きな喜びに包まれました。


初場所千秋楽 中入り後の主な勝敗

大相撲初場所は千秋楽、琴奨菊が豪栄道との大関どうしの対戦に勝って14勝1敗で初優勝し、日本出身力士では10年ぶりの優勝を果たしました。


錦織 全豪オープン 準々決勝はジョコビッチと対戦

テニスの全豪オープン、男子シングルスで、錦織選手の準々決勝の相手が、世界王者のジョコビッチ選手に決まりました。


大相撲初場所 大関・琴奨菊が初優勝

大相撲初場所は千秋楽の24日、大関・琴奨菊が14勝1敗で初優勝し、日本出身力士では10年ぶりの優勝を果たしました。


大相撲初場所 序二段優勝は19歳の魁渡

大相撲初場所の序二段は、元幕下で19歳の魁渡が、7戦全勝どうしの優勝決定戦に勝って、優勝しました。


大相撲初場所 幕下 栃丸が8人の決定戦制し優勝

大相撲初場所の幕下は、8人による優勝決定戦の末、春日野部屋の栃丸が優勝しました。


大相撲初場所 十両優勝は元幕内の英乃海

大相撲初場所の十両は、元幕内の英乃海が、11勝4敗で優勝しました。


ラグビー・トップリーグ パナソニック3連覇

ラグビーのトップリーグは、決勝が行われ、パナソニックが、27対26で東芝に勝って、リーグ3連覇を果たしました。


全国男子駅伝 愛知が優勝 15年ぶり2回目

冬の広島を舞台にした、都道府県対抗の全国男子駅伝が行われ、前回、たすき渡しで違反があり失格となった愛知が、15年ぶり2回目の優勝を果たしました。


大相撲初場所 豊ノ島に殊勲賞 正代に敢闘賞

大相撲初場所の三賞の選考委員会が開かれ、ここまで12勝で千秋楽まで優勝争いに加わっている平幕の豊ノ島が殊勲賞、新入幕の正代が敢闘賞を受賞しました。


スイーツ食べながら走るマラソン大会

ケーキやワッフルなどのスイーツを食べながら走るユニークなマラソン大会が東京・江東区で開かれました。


米男子ゴルフ 岩田は71位で予選落ち

男子ゴルフのアメリカツアーの大会は、23日、カリフォルニア州で第3ラウンドが行われ、日本勢でただ1人出場している岩田寛選手は、スコアを5つ伸ばしましたが、71位で予選落ちしました。


全豪オープン 錦織 2年連続ベスト8進出

テニスの四大大会、全豪オープンの男子シングルス4回戦で、錦織圭選手はフランスのジョー ウィルフリード・ツォンガ選手にストレート勝ちし、この大会、2年連続3回目のベスト8進出を果たしました。


サッカー 岡崎は3試合連続で先発出場

サッカーのイングランドプレミアリーグ、レスターの岡崎慎司選手は、23日、ストーク戦に3試合連続で先発出場しましたが得点には絡めませんでした。


U23日本代表 準決勝の相手はイラク

サッカー男子のリオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選は23日、準々決勝2試合が行われ、UAE=アラブ首長国連邦対イラクは延長戦の末、イラクが3対1で勝ち、26日の準決勝で日本と対戦することになりました。


ノルディック複合W杯 渡部暁斗が3位

スキー、ノルディック複合のワールドカップは23日、フランスで第9戦が行われ、ソチオリンピック銀メダリストの渡部暁斗選手が3位に入りました。


U23日本代表 控えの選手中心に練習

サッカー男子の23歳以下の日本代表は、オリンピックアジア最終予選の準々決勝の勝利から一夜明けた23日、控えの選手を中心にリラックスした雰囲気で練習し、先発出場の選手たちはホテルで疲労回復に努めました。


都道府県対抗の全国男子駅伝 開会式

冬の広島を舞台に都道府県対抗の全国男子駅伝が24日行われるのを前に開会式が行われ、選手たちが健闘を誓いました。


スキー ジャンプ女子W杯 高梨が今季6勝目

スキー、ジャンプ女子のワールドカップが山形市の蔵王で行われ、日本のエース、高梨沙羅選手が5連勝で今シーズン6勝目を挙げました。


大相撲初場所14日目 1敗は琴奨菊だけに

大相撲初場所は14日目、大関・琴奨菊は栃煌山を退けましたが、横綱・白鵬は稀勢の里に敗れたため、1敗は琴奨菊だけとなりました。琴奨菊が24日の千秋楽で勝てば、10年ぶりの日本出身力士の優勝となります。


テニス全豪オープン 錦織 あすの4回戦に向け調整

テニスの四大大会、全豪オープンの男子シングルスで、世界ランキング7位の錦織圭選手が24日の4回戦に向けて調整しました。


ジャンプ葛西 妹の死の悲しみ乗り越え競技再開

先週、難病の妹を亡くしたスキー、ジャンプの葛西紀明選手が札幌市で開かれた大会に出場し、「妹と同じように病気で苦しむ人たちを笑顔にするジャンプを飛びたい」と話しました。


東京五輪に向け救急態勢の強化を指摘

去年、フランスで起きた同時テロ事件の際の救急対応についての報告会が東京都内で開かれ、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本でも救急態勢を強化する必要性が指摘されました。


ヴィッセル神戸 森岡 ポーランドのチームに移籍

サッカーのJ1、ヴィッセル神戸のミッドフィールダーで元日本代表の森岡亮太選手が、ポーランド1部リーグのヴロツワフに移籍することが決まりました。


中日 ドラフト1位の小笠原 キャンプは1軍で

プロ野球、中日は、来月の春のキャンプのメンバーを発表し、ドラフト1位で入団した神奈川の東海大相模高校の小笠原慎之介投手が1軍でスタートすることになりました。


テニス全豪オープン 大坂なおみは3回戦敗退

テニスの全豪オープンで、四大大会初出場の18歳、大坂なおみ選手は女子シングルス3回戦で元世界1位のベラルーシのビクトリア・アザレンカ選手にストレートで敗れ、4回戦進出はなりませんでした。


スキー女子ハーフパイプ 小野塚がW杯2勝目

フリースタイルスキーのワールドカップが、22日、アメリカのカリフォルニア州で行われ、女子のハーフパイプで小野塚彩那選手が優勝しました。


サッカー男子 五輪アジア最終予選 日本が準決勝へ

サッカー男子の23歳以下の日本代表は22日、リオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたアジア最終予選の準々決勝でイランと対戦し、延長戦の末、3対0で勝って準決勝進出を決め、オリンピックの出場権獲得まで、あと1勝としました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る