NHKニュース|社会 2016年2月26日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

原発から30キロ圏外の自治体 備えと課題は

2基が再稼働した高浜原子力発電所の周辺の自治体では、原発事故への備えが進められています。国が防災対策の重点区域としているのは「原発から30キロ圏」ですが、その外の地域でも備えを進める動きがあり、それぞれ課題を抱えています。


南三陸町の防災対策庁舎 周囲の立ち入り禁止へ

東日本大震災で大きな被害を受け、今も多くの人が追悼に訪れる宮城県の防災対策庁舎について、町は周辺の復興工事が本格化することから、ことし4月から2年間、周囲の立ち入りを禁止することを決めました。


運転の男性 死因は「大動脈解離」による突発性心疾患

25日、大阪・梅田の交差点で乗用車が歩行者を次々にはねて、歩行者と、運転していた男性の2人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事故で、警察が男性の遺体を司法解剖したところ、死因は心臓の近くの太い血管が裂ける「大動脈解離」による突発性の心疾患だったとみられることが分かりました。


東京 新宿の団地で火事 11階の部屋から火

26日夕方、東京・新宿区の14階建ての都営団地の11階の部屋から火が出て、東京消防庁がはしご車などを出して消火作業に当たっています。消防によりますと、火の勢いはほぼ収まり、今のところけが人の情報はないということです。


二・二六事件 青年将校直筆とみられる遺書見つかる

陸軍の青年将校らが政府要人を殺害した二・二六事件から26日で80年となります。このとき、牧野伸顕元内大臣の襲撃に失敗し、みずから命を絶った将校の直筆とみられる遺書が見つかりました。


高浜原発4号機が再稼働 新基準の再稼働は4基に

福井県にある高浜原子力発電所4号機は26日午後5時、原子炉を起動する操作が行われ、再稼働しました。これで新しい規制基準の下で再稼働したのは、2つの原発の4基になりました。


運転の男性 ハンドルから手を離した状態で進入か

25日に大阪・梅田の交差点で乗用車が歩行者を次々にはねて、歩行者と運転していた男性の2人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事故で、男性が運転席のシートにもたれかかり、ハンドルから手を離した状態で交差点に進入したとみられることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は事故の直前に意識を失っていたとみて調べています。


東電旧経営陣3人の強制起訴 29日に

福島第一原子力発電所の事故を巡る東京電力の勝俣恒久元会長ら旧経営陣3人の強制起訴について、検察官役の指定弁護士が記者会見を行い、26日は手続きを取らず、週明けの月曜日、今月29日に業務上過失致死傷の罪で強制起訴することを明らかにしました。裁判で3人は無罪を主張するとみられ、原発事故を防げなかったことが罪に当たるかどうかが初めて法廷で争われることになります。


千葉 柏市の通り魔事件 東京高裁で2審始まる

おととし、千葉県柏市で男性4人が次々と襲われ、1人が殺害された通り魔事件で、無期懲役の判決を受けた被告の2審が東京高等裁判所で始まり、弁護側は「間違って処方された薬の副作用で攻撃性が高まっていた」などと主張しました。


“いじめを苦に自殺” 同級生を暴行容疑で書類送検

去年7月、岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、警察は男子生徒に暴行を加えていたとして、当時14歳の少年を書類送検し、当時13歳の少年を児童相談所に通告しました。


99歳の元兵士が語る二・二六事件

陸軍の青年将校らが政府要人らを殺害した二・二六事件から26日で80年です。上官に命じられ、反乱軍の一員となった99歳の元兵士がNHKの取材に応じ、事件当時の緊迫した状況を語りました。


メルトダウン判断遅れ 東電が福島県に謝罪

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、核燃料が溶け落ちるメルトダウンが起きたことを、事故の3日後に判断できたことが明らかになった問題で、26日に東京電力の幹部が福島県庁を訪れ、「メルトダウンを判断できるマニュアルが社内で共有されていなかった」などと説明して謝罪しました。


“ビキニ水爆実験で被爆” 船員保険の適用を申請

62年前、太平洋のビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験によって被爆し、がんなどを発症したとして、周辺で操業していた漁船の高知県の元乗組員や遺族が、一般の労災保険にあたる船員保険の適用を申請しました。元乗組員は「今も多くの人が苦しんでいるので救済につなげていきたい」と話しています。


25秒で完売 北海道新幹線1番列車の切符

来月26日に開業する北海道新幹線の開業日の切符が、26日午前10時から全国で一斉に発売され、新函館北斗発の1番列車は、およそ25秒で完売しました。


二・二六事件から80年 遺族が慰霊 東京

陸軍の青年将校らが政府要人らを殺害した二・二六事件から26日で80年です。東京・渋谷区にある事件の慰霊像には将校の遺族などが訪れて花を手向けました。


運転の男性 高速で現場近くに 事故直前に体調急変か

25日に大阪・梅田の交差点で乗用車が歩行者を次々にはねて、歩行者と運転していた男性の2人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事故で、男性が事故の前、奈良県から高速道路を使って現場近くまで来たとみられることが、警察などへの取材で分かりました。警察は事故の直前に体調が急変したとみて、司法解剖をして詳しい死因を調べています。


東電元会長ら旧経営陣3人 強制起訴へ

福島第一原子力発電所の事故を巡って、検察審査会に「起訴すべき」と議決された東京電力の勝俣恒久元会長ら旧経営陣3人について、検察官役の指定弁護士が26日にも業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴する方針を固めたことが、関係者への取材で分かりました。3人は無罪を主張するとみられ、原発事故を防げなかったことが、罪に当たるかどうかが初めて法廷で争われることになります。


高浜原発4号機 検査に問題なく午後5時再稼働へ

福井県にある高浜原子力発電所4号機で26日朝から行われていた、再稼働の前に必要な最終段階の検査が終わり、関西電力は午後5時に原子炉を起動し、再稼働させることにしています。


二・二六事件で殉職した警察官を追悼

陸軍の青年将校らが政府要人を殺害した二・二六事件から80年の26日、事件で殉職した警察官を追悼する行事が東京で行われ、要人警護にあたる警察官らが祈りをささげました。


原発事故の指定廃棄物 10年後には4分の1に

東京電力福島第一原子力発電所の事故で発生した指定廃棄物について、環境省は、東北と関東の5つの県で国の基準の濃度を超えるものは当初のおよそ6割まで減り、10年後には4分の1にまで大幅に減少するとする推計結果を明らかにしました。


劇団員女性殺害 きょうで半年も捜査難航

東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた女性が殺害されているのが見つかってから26日で半年です。警視庁は女性の交友関係などを調べていますが有力な手がかりはなく、捜査は難航しています。


児童養護施設で暮らせる期間 22歳まで延長へ

虐待などのため親元を離れた子どもたちが暮らす児童養護施設について、厚生労働省は、原則18歳までとされている施設で暮らせる期間を22歳まで延長し、支援を強化する方針を固めました。


五輪前に東京ビッグサイトの代替施設 設置へ

4年後のオリンピック・パラリンピックで国際放送センターなどが入る江東区の展示施設「東京ビッグサイト」は、大会の1年余り前から利用できなくなることから、都は企業の展示会やイベントの会場を確保するため、仮設の展示施設を設置する方針を決めました。


北海道新幹線 開業日の切符 きょう発売

来月26日に開業する北海道新幹線の開業日の切符が、26日午前10時から全国で一斉に発売されます。JR札幌駅では、夜明け前から多くの人が列を作りました。


ジカ熱 専門家「妊婦は流行地への渡航控えて」

ブラジルから帰国した川崎市に住む男子高校生がジカ熱に感染していたことが、25日、確認されました。リオデジャネイロオリンピックを8月に控えるなか、今後流行地のブラジルへの旅行者も増えるとみられ、専門家は「特に妊婦については感染すると胎児に影響が出るおそれがあり、流行地への渡航は控えたほうがよい」と注意を呼びかけています。


北方領土ビザなし交流 約830人参加へ

北方領土の元島民と今のロシア人住民が相互に訪問するビザなし交流について、ことしはおよそ830人が参加することになり、日本側としては、領土問題の解決に向けて市民レベルでの議論を深めたい考えです。


2つの未解決事件の懸賞金 期限を1年延長へ

警察庁は、7年前に島根県浜田市の女子大学生が殺害され広島県の山中で遺体が見つかった事件など、2つの未解決事件について、公費から懸賞金を出す期限を1年間延長することを決めました。


歩行者はねた車 交差点の手前で停車後に急発進

25日、大阪・梅田の交差点で乗用車が歩行者を次々にはねて、歩行者と運転手の2人が死亡、1人が意識不明の重体となっている事故で、乗用車が交差点の手前でいったん止まったあと急発進していたことが、警察などへの取材で分かりました。警察は、運転手が体調に異変を感じて停車したあと意識を失った状態でアクセルを踏んだ可能性があるとみて調べています。


不登校調査 深刻なケース把握で項目新設へ

文部科学省は、年間30日以上学校を休んだ子どもを「不登校」として毎年調査していますが、より長期に休んでいる深刻なケースを把握するため、「90日以上欠席」や「すべて欠席」など新たな調査項目を設けることになりました。


「二・二六事件」 軍法会議の記録 来年以降公開へ

陸軍の青年将校らが政府要人を殺害した「二・二六事件」から26日で80年です。事件の「軍法会議」の記録は来年以降、国立公文書館で公開される予定で、専門家は新たな事実の解明につながると期待を寄せています。


曽我ひとみさんが講演 「母を待ち続ける」

北朝鮮が拉致被害者らの調査の中止を発表するなど問題解決への先行きが見通せなくなるなか、一緒に拉致された母親の消息が分かっていない拉致被害者の曽我ひとみさんが講演し、「どんなことがあっても母を待ち続ける」と救出への覚悟を語りました。


特定秘密保護法 無効求める訴え退ける 静岡地裁

おととし12月に施行された特定秘密保護法について、静岡市の弁護士が「国民の知る権利が侵害されるおそれがあり、憲法に違反する」などとして法律の無効などを求めた裁判で、静岡地方裁判所は「原告の主張は一般的な可能性を指摘しているにすぎない」として、訴えを退ける判決を言い渡しました。


民主 甘利氏巡る問題で新たな音声データ公開

民主党は甘利前経済再生担当大臣を巡る問題で、千葉県の建設会社との補償交渉に関連して、甘利氏の元秘書と建設会社の担当者のやり取りを記録したとする音声データを新たに公開し、元秘書が建設会社側から現金を受け取ったことを示す内容だとして追及していく方針です。


事故機エンジン 地面の異物吸い込みやすい構造

新千歳空港で日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出し、3人がけがをした事故で、事故機がほかの旅客機と比べエンジンが低い位置にあり、地面の異物を吸い込みやすい構造となっていることから、国の運輸安全委員会は、事故との関連がないか調査を進めることにしています。


春闘 りそな労組が大手銀行初のベア要求へ

ことしの春闘で、銀行業界ではベースアップの要求を見送る動きが相次いでいますが、大手銀行では初めて「りそな銀行」の従業員らで作る労働組合が、経営側にベースアップを求める執行部案をまとめました。


別のベトナム人「自分が刺した」 逮捕4人に

23日、埼玉県上里町でベトナム人の女性が現金が入ったバッグを奪われ、取り返そうとした男性が刃物で刺された事件で、警察はこれまでにベトナム人の男3人を逮捕するとともに、「自分が刺した」と連絡してきた4人目のベトナム人の男を殺人未遂と強盗の疑いで逮捕しました。


「小学校に爆弾仕掛けた」 都教委にメール

東京都内の小学校に爆弾を仕掛けたという内容のメールが都の教育委員会に届き、警視庁は警戒を強めるとともに、各地の自治体に爆破予告のメールが送りつけられた事件との関連についても調べることにしています。


山口組分裂が背景か 相次ぐ事件やトラブル

国内最大の暴力団、山口組の分裂が背景にあるとみられる事件やトラブルは、各地で相次いで起きています。山口組と神戸山口組の間では、対立抗争は確認されていませんが、水面下では組員の引き抜きなどいわゆる切り崩しが活発化していて、警察当局が動向を警戒しています。


高浜原発4号機 あす再稼働 新基準で4基目

再稼働に向けた準備が最終段階に入っている福井県の高浜原子力発電所4号機について、関西電力は、26日午後原子炉を起動し、再稼働させると発表しました。


歩行者次々はねた運転手 血管破裂で意識失ったか

25日昼すぎ、大阪の阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が歩行者を次々にはねて、歩行者と運転手の2人が死亡、1人が意識不明の重体となっている事故で、当時、運転手が心臓の近くの血管が破裂する病気を発症して意識を失っていた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、正常な運転ができない状態で赤信号の交差点に進入したとみて調べています。


「ぶんぶんゴマ」で大けが 破損あれば使用中止を

中国から輸入された、ひもを両手で引いて円盤形のコマを回して遊ぶ「ぶんぶんゴマ」を使用中に、破片が飛んで目に大けがをする事故があったとして、国民生活センターは少しでも破損がある場合は、このぶんぶんゴマを使用しないよう呼びかけています。


ウサギ用ケージに監禁 両親認めるも死亡の経緯争う

東京・足立区で、当時3歳だった次男をウサギ用のケージに監禁して死亡させたとして、監禁致死などの罪に問われている両親の初公判が東京地方裁判所で開かれ、両親は監禁したことを認めましたが、死亡したいきさつなどについては争うと主張しました。


車5台関係する事故 死亡男性の車が逆走か 愛知

25日午前、愛知県半田市の交差点で、乗用車など5台が関係する事故があり、75歳の男性が死亡しました。現場の状況などから、警察は、死亡した男性の車が道路を逆走していたとみて調べています。


エレベーター閉じ込め 元社員に執行猶予付き判決

千葉県のマンションでエレベーターを停止させ女性を閉じ込めたとして、監禁などの罪に問われた「シンドラーエレベータ」の元社員に、東京地方裁判所は「専門知識を悪用した巧妙で悪質な犯行だ」として、執行猶予の付いた懲役2年の判決を言い渡しました。


歩行者次々はねた事故 運転手が死亡 死者は2人に

25日昼すぎ、大阪市の中心部にある阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が次々と歩行者をはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。警察によりますと、この事故で、歩行者の男性と乗用車の運転手の2人が死亡し、歩行者1人が意識不明の重体、さらに8人が重軽傷を負いました。


元職員 3人殺害認める「手がかかり面倒に」

川崎市の老人ホームで入所者3人が転落して死亡した事件で、このうち87歳の男性をベランダから投げ落としたとして逮捕された元職員の男が、3人の殺害を認めたうえで、3人についていずれも「介護に手がかかり、仕事が面倒になった」などと説明していることが、捜査関係者への取材で分かりました。


脳死判定の女の子 両親が臓器提供承諾の思いつづる

インフルエンザの症状が悪化し、23日に東海地方の病院で脳死と判定された6歳未満の女の子の両親が、臓器の提供を承諾した際の思いをつづった手紙を公表しました。


News Up IoT機器がサイバー攻撃に加担

IoTということばが注目されていますが、ネット上では安全性は大丈夫かという声をよく見かけます。情報セキュリティーが専門の大学の研究グループが調査したところ、家庭用のハードディスクレコーダーや防犯用の監視カメラなどがコンピューターウイルスをばらまくサイバー攻撃に加担していることが分かりました。


車が歩行者次々はねた事故 50代男性死亡 大阪

25日昼すぎ、大阪市の中心部にある阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が次々と歩行者をはねて歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。警察によりますと、この事故で11人がけがをして、このうち歩行者の50代の男性が死亡したほか、歩行者と乗用車の運転手の2人が意識不明の重体になっています。


車が歩道に 11人けがし内3人重体に 大阪 梅田

25日昼すぎ、大阪市の中心部にある阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が次々と歩行者をはね、さらに歩道に乗り上げて別の歩行者をはねました。警察によりますと、この事故で11人がけがをして、このうち歩行者の男女2人と乗用車の運転手の合わせて3人が意識不明の重体になっています。


28日の東京マラソン 都心は大規模交通規制

今月28日の東京マラソンに伴って、都心部の幹線道路では大規模な交通規制が行われ、警視庁は車の利用を控えるよう呼びかけています。


5歳長男の首切りつけるなどした疑い 両親逮捕

群馬県太田市で、5歳の長男の首を刃物で切りつけるなどしてけがをさせたとして、24歳の母親と25歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。


少年犯罪の検挙数 去年初めて4万人下回る

去年1年間に刑法犯罪を起こしたとして、警察に検挙された少年や少女は全国で3万8000人余りで、初めて4万人を下回ったことが分かりました。


スーパー運営会社元役員2人 架空発注で3億円余流用か

神奈川県などでスーパーを運営する会社の元役員2人が、運送業務の架空発注などで3億円余りの裏金を捻出し、個人的に流用していたとして、東京国税局は所得隠しを指摘し、会社に重加算税を含めておよそ7000万円を追徴課税しました。


目撃男性「スピード出したまま人をはねた」

25日午後0時半すぎ、大阪市の中心部にある阪急梅田駅前の交差点で、乗用車が次々と歩行者をはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。 事故を目撃していた男性は「車は交差点を入ってホテルの入口の前から歩道に乗り上げ、スピードを出したまま人をはねた。ブレーキがかかっているようには見えなかった。6人くらいがはねられて、悲鳴が聞こえたので、慌てて110番通報しました」と話していました。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は、神奈川県藤沢市の辻堂駅で起きた人身事故の影響で、東京駅と熱海駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後1時11分に運転が再開されました。


靖国神社爆発音事件 韓国人再逮捕「騒ぎで関心を」

東京の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われている韓国人の男が、無許可で国内に火薬を持ち込んだとして、関税法違反などの疑いで警視庁に再逮捕されました。調べに対し男は「神社を攻撃して騒ぎを起こし、日本の関心を得たかった」という趣旨の供述をしているということです。


無断で観光客が畑に 名所のポプラを所有者が伐採

美しい丘や畑の風景で北海道有数の観光地になっている美瑛町で、写真撮影の名所となっていたポプラの木が24日、所有者の農家によって伐採されました。無断で畑に入り込む観光客が多かったことなどが原因で、所有者は「残念だが、しかたなかった」と話しています。


JR東海道線 運転見合わせ

JR東海道線は神奈川県藤沢市の辻堂駅での人身事故の影響で、正午すぎから東京駅と熱海駅の間の上下線で運転を見合わせています。


埼玉でバッグ奪い刺して逃走 3人の男の身柄確保

23日、埼玉県上里町でベトナム人の女性がハンドバッグを奪われ、一緒にいた男性が刃物で刺されてけがをした事件で、警察は24日から25日朝にかけて事件現場から逃げたとみられる男3人を長野県内で確保しました。このうちベトナム人の男2人を殺人未遂などの疑いで逮捕して調べています。


ネットに流産胎児の画像投稿 大阪労災病院の技師

大阪・堺市にある大阪労災病院に勤める臨床検査技師の男性が、流産のあとの胎児を無断でスマートフォンで撮影し、ツイッターに投稿していたことが分かりました。病院は近く、この検査技師を処分する方針です。


川崎の中1男子殺害事件 19歳少年の判決確定

去年2月、川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、今月10日に判決が言い渡された19歳の少年について、検察側と弁護側のいずれも期限までに控訴せず、懲役9年から13年の不定期刑の判決が確定しました。


神戸山口組は6000人余 3番目の勢力に

国内最大の暴力団、山口組が分裂したあと、離脱した組長で結成された神戸山口組は、所属する組員などが6000人余りと、全国の暴力団で3番目の勢力になっていることが警察庁の調べで分かりました。


清原容疑者 押収のパイプに5回分相当の覚醒剤

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、自宅から押収されたガラスパイプに覚醒剤およそ0.15グラムが残っていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は、常習的に使用していたとみて調べを進めています。


雑居ビルの一部焼け4人がのどの痛み 札幌

25日未明、札幌の繁華街ススキノで、9階建ての雑居ビルの一部が焼ける火事があり、4人がのどの痛みを訴えて病院に運ばれました。


小型機不時着 燃料に空気混じりエンジン停止か

おととし、鹿児島県指宿市の畑に小型機が不時着した事故で、国の運輸安全委員会は、機長の不適切な操作で燃料に空気が混じり、エンジンが停止した可能性があるとする報告書を公表しました。


JR成田線 運転を再開

JR成田線は、沿線の火災のため成田と佐原、成田と成田空港、それに成田と安食の3つの区間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前7時15分ごろ、全線で運転を再開しました。


JR成田線 沿線火災で運転見合わせ

JR成田線は、沿線で起きた火災のため、午前6時ごろから、成田と佐原、成田と成田空港、それに成田と安食の合わせて3つの区間の上下線で運転を見合わせています。


メルトダウン公表問題 「国民との信頼築けない」

東京電力は、福島第一原子力発電所の事故発生から2か月たって核燃料が溶け落ちる「メルトダウン」が起きたことを認めましたが、当時の社内のマニュアルでは事故発生の3日後にはメルトダウンと判断できたことを24日になって明らかにし、専門家は「大きな過失で、このままでは国民との信頼は築けない」と指摘しています。


ドローン使った宅配サービス 国が初の実証実験

過疎地域の高齢者などを対象にした、小型の無人機「ドローン」を使った宅配サービスの国による初めての実証実験が徳島県那賀町で行われ、およそ500メートル先の目的地まで生活物資を届けました。


甲府の国道 積み荷のニワトリ逃げだし渋滞

24日夜、甲府市の国道で、ニワトリおよそ2000羽を運んでいたトラックから積み荷が落下し、ニワトリが逃げ出して、周辺の道路が渋滞するなどの騒ぎとなりました。


小4の男児 軽乗用車にはねられ死亡 栃木

24日夕方、栃木県小山市の県道で、軽乗用車にはねられ重体となっていた小学4年生の男の子が搬送先の病院で死亡しました。


東京・池袋 軽トラックが歩道に乗り上げ3人軽傷

24日夜、東京・池袋で軽トラックが歩道に乗り上げ、歩行者の男女3人がはねられ軽いけがをしました。警視庁は、軽トラックの運転手を過失運転傷害の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。


子どもひな人形 平安時代の装束で 福井

3月3日のひな祭りを前に、福井県越前町の保育園で子どもたちが平安時代の装束を身にまとってひな人形のように着飾った姿を披露しました。


JR京浜東北線 運転を再開

埼玉県の蕨駅で起きた人身事故の影響で、全線で運転を見合わせていたJR京浜東北線は午後8時57分に運転を再開しました。


バス運転手採用時の適性検査や実車研修 義務付けへ

乗客乗員15人が死亡した長野県のスキーバスの事故を受けて、国土交通省はバス会社に対し、新たに採用したすべての運転手に運転適性を診断する検査と実際にバスを運転させて技術を確認する実車研修の実施を義務付ける方針を固めました。


東京・杉並区 住宅など6棟焼け1人重体

24日夜、東京・杉並区で住宅など6棟が焼ける火事があり、70代の男性が意識不明の重体になっています。警視庁と東京消防庁が、火事の原因を調べています。


JR北海道レール検査改ざん 社員3人を在宅起訴

JR北海道によるレールの検査データの改ざん事件で、うそのデータを国に報告したなどとして本社の保線課長などの社員3人が鉄道事業法違反などの罪で在宅起訴されました。


献血でE肝ウイルス感染検査へ 日本赤十字社

輸血を受けた患者がE型肝炎のウイルスに感染していたことが分かり、日本赤十字社は実態を把握するために、東京都内で献血された血液にウイルスが含まれているかどうか検査を行うことになりました。


LGBTのカップルもマイル共有可能に

日本航空と全日空は、航空機の利用に応じてたまるマイルを家族などで共有する仕組みについて、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーのカップルも利用できるよう運用を変更しました。


JR京浜東北線 運転を見合わせ

JR京浜東北線は、午後7時59分に埼玉県の蕨駅で起きた人身事故の影響で、大船駅から大宮駅の間の上下線の全線で運転を見合わせています。


津波被害の老舗酒造会社の店舗再建へ 宮城・気仙沼

東日本大震災の津波で大きく壊れた宮城県気仙沼市の酒造会社の店舗が、一度流された柱などを集めて建て直されることになり、国の有形文化財にも登録されている建物の再建を地元の人たちが祝っています。


うその投資話で40億円詐取か 2人逮捕

うその投資話で現金をだまし取ったとして、都内の詐欺グループのメンバー40人余りが逮捕された事件で、警視庁などは新たにリーダー役2人を詐欺の疑いで逮捕し、このグループが、全国で40億円をだまし取っていたとみて調べています。警視庁によりますと、2人は、容疑を否認しているということです。


島根・益田の突風 気象台「竜巻の可能性高い」

24日未明、島根県益田市で住宅や店舗の天井や壁がはがれたり窓ガラスが割れたりするなど突風の被害が相次ぎこれまでに15棟で被害が確認されました。気象台は現地調査を行った結果「突風は竜巻だった可能性が高い」と発表しました。


埼玉の強盗傷害事件の容疑者か 男1人を逮捕

23日、埼玉県で起きた強盗傷害事件で逃走に使われたとみられる車が、24日、長野県内で見つかり、警察が中央自動車道下り線の飯田山本インターチェンジ付近で車を停車させて事情を聞こうとしたところ男ら3人が車を乗り捨て走って逃げました。男らはアジア系外国人とみられ、警察はこのうち1人を逮捕し、残る2人の行方を捜査しています。


旅客機エンジンから煙 ファンに氷が付着

23日新千歳空港で、日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出し3人がけがをした事故で、国の運輸安全委員会は、これまでの調査でエンジンの内部に損傷は確認できなかったことを明らかにしました。一方、エンジンのファンには氷が付着していたということで、引き続き事故との関連を調べることにしています。


旅客機エンジンから煙 当時 空港の天候急変

23日、新千歳空港で日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出し、3人がけがをした事故で、当時、空港は、吹雪が強まりあられが観測されるなど天候が急激に悪化していたことが分かり、国の運輸安全委員会が事故との関連を調べることにしています。


妻殺害容疑で逮捕の夫 食事拒み続け死亡

今月5日、埼玉県小川町の住宅で、無理心中を図ろうと77歳の妻を殺害したとして逮捕されたあと病院で死亡した83歳の夫は、逮捕されてから死亡するまでのおよそ2週間ほとんど何も話さず、食事も、水以外はほとんど口にしなかったということです。


清原容疑者「覚醒剤は自宅やホテルで使った」

元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、これまでの調べに対し、「覚醒剤は自宅やホテルで使った」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は複数の場所で覚醒剤を使用していたとみて調べています。


金品渡した教科書会社各社 自主ルール厳格化を報告

教科書会社が検定途中の教科書を教員などに閲覧させたうえで金品を渡していた問題で、24日各社の社長らが文部科学省を訪れ、営業活動に関する自主ルールを厳格化するなど再発防止に向けて取り組むことを報告しました。


気象庁長期予報 ことしの夏は暑い夏に

気象庁の長期予報によりますと、ことしの夏は西日本と沖縄・奄美で気温が平年より高いほか、東日本でも平年並か平年より高くなり、暑い夏になると予想されています。


News Up 人命守った!?「宮古島まもる君」に励ましの声

道路沿いに立って交通安全を呼びかける人形を見かけたことがあると思います。沖縄県宮古島市では「宮古島まもる君」と名付けられ、地元の人たちに親しまれています。その「まもる君」が今月、車2台が衝突する事故に巻き込まれ、両足が折れる“大けが”を負いましたが、運転していた人は軽いけがですみました。「まもる君」のいわば“名誉の負傷”に、インターネット上では励ましの声が寄せられています。


メルトダウン判断 3日後には可能だった

東京電力は、福島第一原子力発電所の事故発生から2か月たって、核燃料が溶け落ちる、メルトダウンが起きたことをようやく認め大きな批判を浴びましたが、当時の社内のマニュアルでは事故発生から3日後にはメルトダウンと判断できたことを明らかにし、事故時の広報の在り方が改めて問われそうです。


旅客機エンジンから煙 緊急脱出の緊迫映像

23日、北海道の新千歳空港で日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出したトラブルで、この飛行機に乗り合わせていたNHKの職員が当時の状況を撮影していました。撮影された映像のほぼすべてをまとめてお伝えします。


桜宮高校自殺訴訟 大阪市に7500万円賠償命令

大阪市立桜宮高校のバスケットボール部の男子生徒が自殺したことを巡り遺族が大阪市に賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は、顧問だった元教諭の体罰などが自殺の原因になったと指摘し、大阪市におよそ7500万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。


歌舞伎町ホテル火事 当時の副支配人を逮捕

先月、東京・新宿歌舞伎町で、ホテルの1室などが焼けた火事で、このホテルの副支配人だった男が部屋に火をつけたとして放火の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。


官房機密費 2審も一部公開命じる判決

大阪の市民グループがいわゆる官房機密費の使いみちを明らかにするよう求めた裁判で、2審の大阪高等裁判所は、一定期間の支出の合計などが書かれた文書について「支払いの目的や相手方などが特定や推測されるとは言えない」として1審に続いて公開を命じる判決を言い渡しました。


国産ステルス実証機 初飛行前に地上走行試験

防衛省が開発を進める国産のステルス実証機が、来月に予定している初飛行を前に、24日、愛知県の県営名古屋空港で地上走行試験を行いました。


劇団員女性殺害 事件前の女性の写真など公開

東京中野区のマンションで劇団員として活動していた女性が殺害された事件から半年になるのを前に、警視庁は事件前の女性の姿や、現場から犯人が持ち去ったとみられるバッグなどの写真を公開し、情報の提供を求めています。


旅客機エンジンから煙 運輸安全委が本格調査

23日、新千歳空港で日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出したトラブルで、国の運輸安全委員会は、24日朝から本格的な調査を始めていて、パイロットなどから事情を聞いたあと、機体のエンジンの状況などを詳しく調べることにしています。


携帯販売店に立てこもり 男を逮捕 神奈川・大井町

24日朝、神奈川県大井町の携帯電話の販売店に男が侵入し、警報装置が作動して警察官が駆けつけたところ、およそ1時間半にわたって立てこもりました。男はその後、店の外に出てきて、窃盗未遂などの疑いで逮捕されました。


日航機トラブル 運輸安全委が調査

23日、新千歳空港で、日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出したトラブルを受けて、国の運輸安全委員会の調査官が24日朝から本格的な調査を始めていて、パイロットなどから事情を聴くほか、機体のエンジンの状況などを詳しく確認することにしています。


突風か 住宅など12棟に被害 島根・益田

24日未明、島根県益田市で住宅や店舗の天井や壁がはがれたり窓ガラスが割れたりする被害が相次ぎ、市によりますとこれまでに12棟で被害が確認されているということです。今のところけが人はいないということで、警察と消防は局地的な突風による被害ではないかとみて調べています。


住宅密集地で無許可ドローン 航空法違反容疑で書類送検へ

京都市内の住宅などが密集する地域で、無許可で小型の無人機ドローンを飛ばしたとして、警察は24日にも、35歳の会社員を航空法違反の疑いで書類送検する方針です。


清原容疑者 腕に注射のような痕 繰り返し覚醒剤使用か

元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、腕に注射をしたような痕があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は注射器などで繰り返し覚醒剤を使用していた疑いがあるとみて調べています。


旅客機エンジンから煙 空気取り入れ口に雪

23日、新千歳空港で、日本航空の旅客機の右エンジンから煙が出て乗客全員が緊急脱出したトラブルで、エンジンの空気取り入れ口に雪が付着していたことが分かり、国の運輸安全委員会が、トラブルとの関連を調べています。


爆破予告で出頭の男 盗みの疑いで逮捕

全国の多くの自治体に爆破予告のメールが送りつけられた事件で、先月、千葉県の警察に出頭してきた20歳の男子大学生が、ビルの住所表示プレートを盗んだ疑いで逮捕されました。警察はこの大学生が爆破予告事件に関わった疑いがあるとみて調べています。


春闘 流通・サービス業 非正規労働者の待遇改善が焦点

ことしの春闘でパートなど非正規雇用の人が多い流通・サービス業でも、労使交渉が本格化し、非正規労働者の待遇改善が焦点になっています。


宮古島まもる君 車と電柱の衝突防ぐ!?

沖縄県宮古島で街頭に立って交通安全を見守っている警察官の人形「宮古島まもる君」が歩道に乗り上げた車と接触し、両足が折れる被害を受けました。車の先には電柱がありましたが、まもる君が身をていして電柱への衝突を防いだとして、宮古島市の市長が警察署に見舞いに訪れました。


銃刀法違反容疑で逮捕 ロッテのナバーロ選手が釈放

21日、那覇空港で拳銃の実弾1発を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで逮捕された、プロ野球、ロッテのヤマイコ・ナバーロ選手が23日夜、釈放され、「ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。これからは野球で恩返しができると思うので頑張りたい」と謝罪しました。


死刑囚の面会に拘置所職員立ち会い 国に賠償命令

平成6年に愛知県や岐阜県などで起きた殺人事件で、死刑が確定した元少年とその弁護士が、拘置所での面会に職員が立ち会ったのは違法だとして賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は国に50万円余りを支払うよう命じる判決を言い渡しました。


DV被害者の避難先を誤って夫などに郵送

東京電力福島第一原発の事故のあと、福島県南相馬市が行っている個人の被ばく線量を測定する取り組みで、DV=ドメスティックバイオレンスの被害者の避難先の住所が記載された書類を別居している夫や元夫に誤って郵送していたことが分かり、市は被害者に謝罪し、賠償金を支払うことを決めました。


子どもの貧困対策で超党派議連が発足

子どもの貧困対策を強化しようと、23日、超党派の議員連盟が設立総会を開き、ことし夏をめどに、学習支援や生活の援助、それに親の就労支援などについて提言をまとめ、政府に実現を求めていくことになりました。


三井住友銀行労組 ベア要求見送りの方針

日銀が導入したマイナス金利政策などの影響で、銀行の収益が悪化するおそれがあるなどとして、大手銀行、三井住友銀行の労働組合は、ことしの春闘でベースアップの要求を3年ぶりに見送る方針を固めました。


「被爆樹木 爆心地に向かい成長」長崎でも調査

原爆の被害に遭いながら今も残る、広島の「被爆樹木」の多くに、爆心地の方向を示すように傾いて成長する傾向がみられることが分かり、筑波大学の研究グループが、長崎市でも同様の傾向がないか確認する調査を始めました。


首相 同一労働同一賃金で有識者検討会設置を指示

安倍総理大臣は、23日に開かれた一億総活躍国民会議で、同一労働同一賃金の実現に向けて有識者から成る検討会を設け、フランスなどの事例を参考に具体的な法制度の在り方などの検討を早急に進めるよう、関係閣僚に指示しました。


日本の護衛艦が米艦から給油 FBで公表

海上自衛隊は、南シナ海で日本の護衛艦が共同訓練の一環としてアメリカ軍の補給艦から給油を受けた時の様子を撮影した写真を、23日午前、インターネットの交流サイト、フェイスブックの公式ページで公表しました。


佐賀県 新幹線 条件付きで平成34年度開業を検討へ

九州新幹線長崎ルートについて、沿線自治体の佐賀県はこれまで「フリーゲージトレイン」と呼ばれる新型車両での開業を求めていましたが、23日に開かれた与党の検討委員会で、一定の条件が守られれば、平成34年度の開業に向けて、新幹線と特急列車を乗り継ぐ「リレー方式」などの導入を検討する意向を示したことが分かりました。


車が縁石に衝突 80代の2人死亡 岡山

23日午後、岡山県真庭市の国道で親子3人が乗った乗用車が交差点の角にある高さ50センチほどの縁石に衝突し、後部座席に乗っていた80代の夫婦が死亡しました。


介護疲れで妻殺害容疑の夫 逮捕後に食事拒み続け死亡

今月5日、埼玉県小川町の住宅で無理心中を図ろうと77歳の妻を殺害したとして、83歳の夫が逮捕されましたが、夫は逮捕後、食事をとることを拒み続け、23日、入院していた病院で死亡しました。


清原容疑者 押収のガラスパイプから覚醒剤検出

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤を使用していたとして逮捕された事件で、自宅から押収されたガラスパイプから覚醒剤が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。立ち寄っていた複数の場所からも覚醒剤の成分が検出されているということで、警視庁は常習的に使用していた疑いがあるとみて調べを進めています。


新型気象レーダー 羽田と関西空港で運用へ

航空機の安全な運航につなげようと、雨粒を立体的に捉えることで、局地的な風の変化など気象状況の細かな変化をより正確に観測することができる高性能の新型気象レーダーが、来月から羽田空港と関西空港で運用されることになりました。


新燃岳 1日100回超の火山性地震

鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山の新燃岳で23日朝から火山性地震が増加し、5年ぶりに1日の回数が100回を超えました。気象庁は、すぐに規模の大きな噴火につながる兆候はないものの小規模な噴火が発生する可能性があるとして、噴火警戒レベル2の火口周辺警報を継続し、火口からおよそ1キロの範囲では大きな噴石に警戒を呼びかけています。


NHK全役員 子会社不正で報酬一部返納へ

子会社のNHKアイテックの元社員2人がおよそ2億円を着服していたことについて、NHKは「本体の経営責任は重い」として、籾井会長をはじめすべての役員が報酬の一部を自主的に返納することを決めました。


上級生の暴行で生徒大けが 中学教諭が口止め指示

兵庫県姫路市内の中学校の部活動で1年生の部員が上級生から暴行を受け、大けがを負ったにもかかわらず、顧問の教諭が、病院に付き添った別の教諭に対し「階段から転んだ」とうその説明をするよう指示したとして、停職6か月の懲戒処分を受けました。


清原容疑者“現役時代から覚醒剤” 野村元投手が証言

清原容疑者と巨人でチームメートだった野村貴仁元投手(47)が取材に応じ、清原容疑者が現役時代から覚醒剤を使用していたことをうかがわせる証言をしました。


千葉・鎌ケ谷市消防職員14人 後輩に暴力などで処分

千葉県鎌ケ谷市の消防職員らが、複数の後輩に対して暴力行為などを繰り返していた問題で、市は職員14人を停職などの処分にしました。


駅伝で犬飛び出し選手転倒 飼い主を書類送検

ことし元日、群馬県で行われた「全日本実業団駅伝」で、犬がコース上に飛び出し、ぶつかった選手が転倒しました。これについて警察は、飼い主を、犬をつなぎ止める義務を定めた高崎市の条例に違反した疑いで書類送検しました。


緊急脱出の乗客 4人が痛みや体調不良

北海道の千歳市消防本部によりますと、新千歳空港で旅客機から脱出した乗客のうち、60代から70代の女性3人が腰や首の痛みを訴えて市内の病院で手当てを受けているほか、20代の男性が体調不良を訴えているということです。いずれも症状は軽いということです。


エンジンから煙 NHK職員が語る緊急脱出

新千歳空港でトラブルのあった飛行機に乗り合わせていたNHKの職員によりますと、機体の右側後部のエンジンから煙が発生したとみられ、煙は機内に入り込み、乗客が緊急脱出したということです。


イヤホンつけ自転車で死亡事故 大学生に有罪判決

去年6月、千葉市稲毛区で横断歩道を渡っていた77歳の女性が自転車にはねられて死亡した事故で、重過失致死の罪に問われた20歳の男子大学生に対し、千葉地方裁判所は「イヤホンで音楽を聞きながら走って衝突したもので、刑事責任は軽くない」として、禁錮2年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。


大阪・パチンコ店放火殺人 被告の死刑確定へ

7年前、大阪のパチンコ店が放火され5人が死亡した事件で、殺人や放火などの罪に問われた被告に対して、最高裁判所は「計画的な無差別殺人で結果は重大だ」として上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。


旅客機エンジンから煙 新千歳空港で乗客緊急脱出

23日午後、新千歳空港で、乗客乗員165人が乗った日本航空の旅客機が誘導路を走行中に右エンジンから煙が出て、乗客全員を緊急脱出させました。地元の消防によりますと、乗客のうち女性3人が腰や首の痛みを訴え、病院で手当てを受けているほか、男性1人が体調不良を訴えているということで、いずれも症状は軽いということです。


東京メトロ 日比谷線 運転を再開

東京メトロ・日比谷線は、広尾駅で起きた人身事故の影響で霞ケ関駅と中目黒駅の間で運転を見合わせていましたが、午後2時22分に運転を再開しました。


復興庁の青森事務所 来月末で閉鎖へ

高木復興大臣は閣議のあとの記者会見で、「青森県内の復興事業に相当程度の進展が見られる」として、来月末で青森事務所を閉鎖し、新年度以降は青森県内の事業は復興庁の本庁などで対応する考えを示しました。


JR京浜東北線 運転を再開

JRによりますと、横浜市の鶴見駅で起きた人身事故の影響で全線で運転を見合わせていた京浜東北線は、午後2時19分に運転を再開しました。


JR横須賀線の運転再開 京浜東北線は見合わせ続く

JR東日本によりますと、人身事故の影響で全線で運転を見合わせていた横須賀線は、午後2時6分に運転を再開しました。京浜東北線は大宮と大船の間の全線で引き続き運転を見合わせています。


JR東海道線 運転を再開

JRによりますと、横浜市の鶴見駅で起きた人身事故の影響で全線で運転を見合わせていた東海道線は、運転を再開しました。京浜東北線と横須賀線については、引き続き全線で運転を見合わせています。


ひとり親支援などに愛称とロゴマーク

政府は、ひとり親家庭への支援の充実や児童虐待防止の強化に向けて、関係省庁の副大臣らによる会議を開き、去年暮れに取りまとめた計画に「すくすくサポート・プロジェクト」という愛称を付け、着実に実行していくことを確認しました。


東海道新幹線 きょうから客室にも防犯カメラ

去年、走行中の東海道新幹線で起きた放火事件を受け、JR東海は、防犯カメラをデッキ付近だけでなく客室内にも新たに取り付け、常時、撮影・録画する対策を23日から始めました。


山口組離脱の事務所に銃弾5発 男を逮捕 福井

23日午前、福井県敦賀市で、指定暴力団・山口組から離脱した団体の事務所に拳銃の弾5発が撃ち込まれ、窓ガラスが割れるなどしました。近くで警戒に当たっていた警察官が、発砲した暴力団員をその場で逮捕しました。


JR京浜東北線 東海道線 横須賀線 運転見合わせ

JRによりますと、午後1時半すぎに起きた横浜市の鶴見駅での人身事故の影響で、▽京浜東北線の大宮と大船の間の上下線、▽東海道線の東京と熱海の間の上下線、▽横須賀線の東京と久里浜の間の上下線で、運転を見合わせています。


暴力団事務所に火炎瓶 別の暴力団幹部ら逮捕

先月、福岡市にある山口組系暴力団の事務所に複数の火炎瓶が投げ込まれた事件で、警察は、山口組から分裂した神戸山口組系の暴力団幹部ら3人が関与した疑いが強まったとして、放火未遂などの疑いで逮捕しました。


東京メトロ 日比谷線 一部運転見合わせ

東京メトロ・日比谷線は、午後1時8分ごろに広尾駅で起きた人身事故の影響で、霞ケ関駅から中目黒駅の間で運転を見合わせています。


レンガ落下で通行人けが カラスのしわざか 札幌

23日朝、札幌市の繁華街ススキノで、歩道を歩いていた70代の女性が落ちてきたレンガに当たり、頭に軽いけがをしました。レンガは沿道のビルの屋上にあったとみられ、警察はカラスなどの鳥が落としたとみて調べています。


過激派アジトを捜索 横田基地に金属弾発射か

3年前、東京のアメリカ軍横田基地に向けて金属弾が発射された事件で、警視庁は、装置の構造などから過激派組織「革労協反主流派」が事件に関わった疑いがあるとして、銃刀法違反の疑いで都内などにある非公然アジトを捜索しました。


マイナンバー 香川と長野の2人に重複交付

香川県坂出市に住む男性と、名前の読みや生年月日が同じ長野市に住む男性の2人に、マイナンバーが重複して交付されていたことが分かりました。長野の男性が6年前に住民票を新しく設定した際に、長野市の担当者が坂出市から転入したと誤解したことが原因とみられています。


詐欺グループ指示役とみられる男逮捕 被害1億円か

有料サイトの利用料金が未払いだとうそを言って、19歳の女性から50万円分の電子マネーをだまし取ったとして、警視庁は、詐欺グループの指示役とみられる30歳の男を逮捕し、同じような手口で1億円をだまし取ったとみて調べています。調べに対し容疑を否認しているということです。


清原容疑者 覚醒剤使用の疑いで再逮捕

元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤を所持していたとして逮捕・起訴された事件で、警視庁は清原容疑者を覚醒剤を使用した疑いで再逮捕しました。警視庁は動機などを調べるとともに、入手ルートについて捜査を進めています。


埼玉 バッグ奪い男性刺し逃走 ベトナム人か

23日未明、埼玉県上里町のアパートで、ベトナム人とみられる男が、部屋にいた女性から現金が入ったハンドバッグを盗んだうえ、取り返そうと追いかけた男性を刃物で刺す強盗傷害事件があり、警察が男の行方を捜査しています。


道央自動車道で20台以上絡む事故 11人けが 北海道

23日午前、北海道美唄市の道央自動車道で車20台以上が絡む事故があり、これまでに11人がけがをしました。当時は吹雪で見通しが悪く、路面も滑りやすくなっていたということで、警察は詳しい状況を調べています。


東京メトロ半蔵門線 運転を再開

東京メトロの半蔵門線は午前10時前から全線で運転を見合わせていましたが、午前10時10分ごろ、運転を再開しました。


東京メトロ半蔵門線 運転見合わせ

東京メトロの半蔵門線は、異常が見られた車両の点検を行っているため、午前10時前から全線で運転を見合わせています。運転の再開は午前10時半を見込んでいるということです。


乗用車とタンクローリーが正面衝突 大学生2人重体

長野県塩尻市の国道で乗用車と大型のタンクローリーが正面衝突する事故があり、乗用車に乗っていた東京の男子大学生4人のうち、20歳と19歳の学生の合わせて2人が意識不明の重体です。


京浜急行 運転再開

京浜急行は、横浜市内の踏み切りで起きた人身事故の影響で、上大岡駅と金沢文庫駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前9時34分に再開しました。


京浜急行 上大岡〜金沢文庫 運転見合わせ

京浜急行は、横浜市内の踏み切りで起きた人身事故の影響で、午前8時すぎから上大岡駅と金沢文庫駅の間の上下線で運転を見合わせています。


清原容疑者 覚醒剤使用の疑いで再逮捕へ

元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤を所持していたとして逮捕された事件で、警視庁は、覚醒剤を使用した疑いで、23日にも再逮捕する方針を固めました。


皇太子さま 56歳の誕生日

皇太子さまは、23日、56歳の誕生日を迎えられました。


家族の在り方で研究者が議論 シンポジウム

家族の在り方について研究者が意見を交わすシンポジウムが、22日夜、東京で開かれ、民法に夫婦別姓を認めない規定があることが女性の差別につながっているとして見直しを求める意見が出ました。


教員免許持たず32年間 生徒を指導 山形

山形県の県立高校で、保健体育を担当する55歳の教諭が、教員免許を持っていないのを隠しておよそ32年にわたって生徒を指導していたことが、山形県の調査で分かりました。


マイナンバーカード 一時交付できず

マイナンバー制度で、希望者に交付されるマイナンバーカードが、管理システムの不具合で、22日、全国の少なくとも200の自治体で、一時、交付できなくなりました。


災害対策本部の撤去始まる 福島・富岡町

5年前の東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故直後の状況が残されていた福島県富岡町の災害対策本部の部屋が、建物の改修に伴って撤去されることになり、22日からその作業が始まりました。


独立行政法人職員逮捕 強制わいせつなどの疑い

在日アメリカ軍基地で働く人の給料の管理などを行う独立行政法人の職員が、東京・板橋区で20代の女性2人に相次いで抱きついたなどとして強制わいせつなどの疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対して、職員は容疑を否認しているということです。


中学校教諭ら2人 殺人未遂容疑で逮捕 熊本

熊本県合志市の中学校の教諭など2人が知り合いの男性の頭を石で殴るなどして殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで21日警察に逮捕されました。


組み体操すべて取りやめ 千葉・流山

事故が相次ぐ学校での組み体操を見直す動きが出ているなかで、千葉県流山市は新年度から小中学校での組み体操をすべて取りやめることを決めました。スポーツ庁によりますと、すべて取りやめることを決めた自治体は全国で初めてとみられます。


2人死傷ひき逃げ事件 ブラジル国籍の男を逮捕

22日未明、茨城県取手市の国道で男女2人が車にひかれ、男性が死亡し、女性が大けがをした事件で、55歳のブラジル国籍の男がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。男は「人だとは思わなかった」と話し、容疑を否認しているということです。


横断歩道に新型押ボタン 視覚障害者に配慮

目に障害がある人たちに配慮した新型の押しボタンが、全国に先駆けて東京の横断歩道に導入され、警視庁は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてさらに設置していくことにしています。


2月22日は「忍者の日」忍者姿でPR

伊賀流忍者の発祥の地として知られる三重県伊賀市では、2月22日を「にんにんにん」と読んで「忍者の日」として盛り上げようと、市民らが忍者の姿で仕事をしたりしてPRしました。


「育鵬社」 教育長に検定途中の教科書閲覧させる

中学校の歴史や公民の教科書を作成する「育鵬社」が、どの教科書を使うかを決める「採択」の権限がある教育長に検定途中の教科書を閲覧させていたことが分かりました。教科書会社を巡る一連の問題で教育長の閲覧が明らかになるのは初めてで、文部科学省は採択の公正性に疑念を生じさせる行為だとして詳しく調べています。


「龍角散」の元部長 2000万円詐取容疑で逮捕

東京の大手製薬会社、「龍角散」の58歳の元部長が、架空の広告業務の発注を繰り返し、会社からおよそ2000万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。


松江で「竹島の日」式典 政務官が出席

2月22日は島根県が条例で定めた「竹島の日」です。松江市で開かれた式典で領土問題を担当する内閣府の酒井庸行政務官は、「地元の人たちにとって生活の一部だった竹島に寄せる思いを一層重く受けとめ、施策を進めていく」と述べました。


2月22日は「猫の日」 浮世絵など展示

2月22日は「にゃん・にゃん・にゃん」の語呂合わせで「猫の日」とされています。これにちなんで、東京・銀座のギャラリーで猫が描かれた浮世絵などを集めた展示会が22日から始まりました。


女性殺害事件 元交際相手の指示で睡眠薬など購入か

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、元交際相手が女に睡眠薬の商品や薬局を具体的に指示して購入させていたことが分かり、警視庁は事前に準備をさせていたとみて調べています。調べに対し2人は容疑を否認しているということです。


野々村元県議 「記憶にない」「分からない」

政務活動費をだまし取った罪などに問われている兵庫県議会の元議員、野々村竜太郎被告の裁判が神戸地方裁判所で開かれ、元議員は起訴された内容について「記憶にない」「分からない」と繰り返し、先月の初公判と同様具体的な説明をしませんでした。


映像活用の新警備システム 成田空港で実証実験

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、成田空港での警備の強化や効率化につなげようと、映像を活用する新しい警備システムの実証実験が始まりました。


大分 九重山で火山性地震が一時増加

大分県の「九重山」で21日夜、火山性地震が22回観測され、一時的に増加しました。その後、火山性地震は観測されていませんが、福岡管区気象台は臨時の解説情報を出して今後の火山活動の推移に注意を呼びかけています。


「被爆地域」外にいた人 一部を被爆者と認める 長崎

長崎に原爆が投下された際、国が定める被爆地域の外にいたとして、被爆者と認められていない人たちが訴えた裁判で、長崎地方裁判所はこのうち10人を被爆者と認め、長崎県と長崎市に被爆者健康手帳の交付を命じる判決を言い渡しました。長崎の被爆地域の外にいた人たちに被爆者健康手帳の交付を命じた判決は初めてです。


網走に流氷接岸 観測開始以来最も遅い

北海道網走市の海岸に流氷が接岸し、気象台は、22日午前「流氷接岸初日」を発表しました。昭和34年の観測開始以来最も遅い接岸初日です。


アパート3棟全焼し3人死亡 現場検証 鹿児島

21日夜遅く、鹿児島市でアパートが全焼し、3人が遺体で見つかった火事で、警察は死亡した3人の身元の確認を急ぐとともに、22日朝から現場検証をして火事の原因を調べています。


障害者が使いやすいスポーツ施設に 都がマニュアル

4年後のパラリンピックに向けて東京都は障害者がスポーツ施設を利用しやすいよう、配慮すべき点などをまとめた施設管理者向けのマニュアルを作成しました。


国道で男女2人が死傷 ひき逃げで捜査 茨城

22日未明、茨城県取手市の国道で男女2人が倒れているのが見つかり、男性が死亡し、女性は大けがをして手当てを受けています。女性が車にはねられたと話していることから、警察はひき逃げ事件として捜査しています。


アパート2棟全焼3人死亡 鹿児島

21日夜遅く、鹿児島市でアパート2棟が全焼する火事があり、焼け跡から3人が遺体で見つかりました。警察によりますと、アパートに住む4世帯のうち、1世帯の家族3人と連絡が取れなくなっているということで、警察は死亡したのはこの家族の可能性もあるとみて確認を急ぐとともに、火事の原因を詳しく調べています。


硫黄島近海で地震 小笠原諸島沿岸で潮位変化も

気象庁によりますと、22日午前6時27分ごろ、硫黄島近海を震源とするマグニチュード6.4の地震がありました。気象庁は、この地震により小笠原諸島の沿岸で20センチ未満の多少の潮位の変化があるかもしれないが、津波の被害の心配はないとしています。この地震で、小笠原村の母島では震度1を観測しました。震源の深さは10キロと推定されています。


小田急線 運転再開

小田急線は、東京・町田市の玉川学園前駅と鶴川駅の間で起きた人身事故の影響で、町田駅と新百合ヶ丘駅の間で上下線とも運転を見合わせていましたが、午前6時40分ごろ、全線で運転を再開しました。


警察官が署内で拳銃自殺か 去年も別の警察官が

21日夜、東京・大田区にある田園調布警察署で、53歳の警察官が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡し、警視庁は拳銃で自殺を図ったとみて動機などを調べています。この警察署では去年10月にも警察官が拳銃で自殺しています。


小田急線 一部運転見合わせ

小田急線は、東京・町田市の玉川学園前駅と鶴川駅の間で起きた人身事故の影響で、午前5時40分ごろから町田駅と新百合ヶ丘駅の間で上下線とも運転を見合わせています。


ビキニ事件 周辺海域の元乗組員7人“労災”申請へ

62年前のアメリカの水爆実験で日本の漁船の乗組員が被爆した、いわゆる「ビキニ事件」で、周辺の海域で操業していた漁船に乗っていた高知県の元乗組員7人について、医師の意見書などから被ばくの影響で、がんなどを発症したことは明らかだとして、民間の支援団体が一般の労災保険に当たる船員保険の適用を今月申請することになりました。


ロッテの新外国人選手を逮捕 実弾所持の疑い

プロ野球、ロッテの新外国人選手が21日夜、キャンプ地の沖縄の那覇空港から出発する際、バッグの中に拳銃の実弾1発を所持しているのが見つかり、銃刀法違反の疑いで逮捕されました。警察によりますと、実弾は自分のものだと容疑を認めたうえで「本国から持ち込んだ荷物の中に知らないうちに混ざっていた」などと供述しているということです。


米軍基地の辺野古沖移設 国会囲み反対訴え

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古沖への移設計画に反対する人たちが、21日、国会周辺で集会を開きました。


「政府は実質的交渉を」拉致被害者家族が活動方針

北朝鮮が、拉致被害者らの調査の中止を発表するなど問題解決への先行きが見通せなくなるなか、被害者の家族らが活動方針を話し合う会議を開き、北朝鮮に拉致被害者を帰す決断を迫る実質的な交渉を政府に求めていくことなどを決めました。


「刑の一部執行猶予」 適用は薬物事件など限定的に

受刑者を早く社会に戻して更生を促す「刑の一部執行猶予」がことし6月までに始まります。全国の裁判所が議論した結果、適用の対象は、更生を促す仕組みがある薬物事件を中心とし、その他の事件については、再犯への懸念から、慎重な検討を求める意見が多数を占めたことが分かりました。


増える”無縁墓” 墓の在り方考えるシンポジウム

結婚しない人の増加や人口の都市部への集中を背景に、先祖代々受け継がれてきた墓を維持することが難しくなる人が増えていると指摘されています。こうしたなか、これからの墓の在り方を考えるシンポジウムが、21日、都内で開かれました。


横浜マンション データ改ざん問題 全棟建て替え提案へ

横浜市のマンションで傾きが見つかり、建物を支えるくいのデータの流用や改ざんが行われていた問題で、マンションの住民の管理組合は、今月27日の住民が参加する総会で、全棟を建て替える方針の事業計画を提案することを正式に明らかにしました。


九州新幹線 最大4時間運転見合わせ 飛来物が架線に

21日午後、福岡県内を走行していた九州新幹線の列車のパンタグラフに黒いシートのようなものが巻きついているのが見つかり、九州新幹線は架線の点検のため、鹿児島中央と博多の間で最大で4時間にわたって運転を見合わせました。


自治体への爆破予告 「自分がやった」と男が出頭

今月18日、全国の多くの自治体に「施設を爆破する」という内容のメールが送りつけられましたが、19日に関東地方に住む20代の男が千葉県内の警察署に出頭し、「自分がやった」などと話していることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、威力業務妨害の疑いで捜査しています。


女性殺害事件 交際を巡ってトラブルか

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、当時、男が女性のほかに、女と結婚を約束するなど交際していたことが分かり、警視庁は交際を巡ってトラブルになった可能性もあるとみて調べています。調べに対し2人は容疑を否認しているということです。


九州新幹線 架線トラブル 上りで運転見合わせ

21日午後、福岡県内を走行していた九州新幹線の列車のパンタグラフに黒いシートのようなものが巻きついているのが見つかり、九州新幹線は架線の点検のため、上りの鹿児島中央と博多の間で運転を見合わせています。


震災から5年 仮設住宅での独居死182人に

東日本大震災で被害を受け、仮設住宅で1人暮らしをしている人が死亡して見つかったケースは、宮城、福島、岩手の3県で、この5年間で182人に上ったことが警察のまとめで分かりました。専門家は、災害公営住宅への転居が進むなか、仮設に残る人たちの孤立を防ぐ支援の継続が必要だと指摘しています。


首相「被災地の実情に応じた復興支援を」

安倍総理大臣は、東日本大震災からまもなく5年となるのを前に、宮城県石巻市のかきの加工販売を行う会社などを視察したあと、記者団に対し、被災地の視察を通じて各地域の実情に応じた、きめ細かな復興支援を行っていきたいという考えを示しました。


震災で壊滅的被害 福島・南相馬の集落が「解散」

東日本大震災による津波で住民のおよそ3分の1が死亡し、壊滅的な被害を受けた福島県南相馬市の集落が再建を断念して、21日、解散しました。震災を理由に集落が解散したのは南相馬市で初めてで、被災地全体でも珍しいということです。


水俣病の被害者団体が決起集会「全被害者の救済実現を」

水俣病の公式確認からことし5月で60年となるのを前に、最大の被害者団体が21日、熊本県で決起集会を開き、「すべての被害者の救済の実現に向けて奮闘する」などとした宣言を採択しました。


JR中央線快速 全線で運転再開

JR中央線の快速は、信号機の異常のため東京と新宿の間で運転を見合わせていましたが、午後4時21分ごろに運転を再開しました。


JR中央線快速 全線で運転再開

JR中央線の快速は、信号機の異常のため東京と新宿の間で運転を見合わせていましたが、午後4時21分ごろに運転を再開しました。


羽田国際線増便の新飛行ルート 反対住民がデモ

羽田空港の国際線の発着便を増やすために計画されている都心上空の新たな飛行ルートについて、反対する住民たちが都内でデモ行進し、「騒音の影響が大きく計画を中止すべきだ」などと訴えました。


JR中央線快速 全線で運転見合わせ

JR中央線の快速は、神田駅と御茶ノ水駅の間で信号に異常があったため、午後2時43分から、東京と高尾の間の全線で運転を見合わせています。


電車と衝突した車が川に転落 女性けが 高松

21日昼前、高松市のことでん=高松琴平電気鉄道の踏切で電車が車と衝突し、踏切の横を流れる川に車が転落して運転していた女性がけがをしました。電車の乗客や乗員にはけがはありませんでしたが、電車は川にかかる橋の上に40分ほど停車し、乗客も橋の上で電車から降りました。


ネットで知り合った女子中学生誘拐の疑い 男を逮捕

インターネットの出会い系サイトを通じて知り合った岡山市の13歳の女子中学生を車で連れ出し、兵庫県赤穂市の自宅のアパートに2週間にわたって泊まらせたとして、21歳の会社員の男が未成年者誘拐の疑いで警察に逮捕されました。


福島 浪江町の田植踊 避難先の仮設住宅で披露

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、住民の避難が続く福島県浪江町に伝わる田植踊が避難先の福島市の仮設住宅で披露され、町民たちがふるさとの伝統芸能を楽しみました。


高浜原発4号機の水漏れ 再稼働日程に影響も

今月下旬の再稼働を目指して準備が進められている福井県の高浜原子力発電所4号機の内部で放射性物質を含む水が漏れたトラブルについて、関西電力は、21日、日中の調査で原因の特定ができず、必要な試験を実施できる状況にないため、再稼働の日程に影響が出る可能性があるとしています。


「女性は病死」など 元交際相手が知人にうその説明か

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、元交際相手が知人に対し「女性は病気で死んだ」などと話していたことが分かり、警視庁は、殺害を隠すためにうその説明をしていた疑いがあるとみて調べています。調べに対し2人は容疑を否認しているということです。


羽田国際線 低騒音機ほど安い着陸料を検討へ

国土交通省は、羽田空港の発着枠を増やすために計画されている東京都心の上空の飛行ルートの見直しにあたって、騒音を抑えるため、国際線の着陸料について騒音が少ない航空機ほど安くなる料金体系を新たに設ける方向で検討しています。


西武新宿線 運転再開

西武新宿線は、踏切で起きた人身事故の影響で、上石神井と西武新宿の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前8時56分ごろ運転を再開しました。


西武新宿線 運転見合わせ

西武新宿線は、踏切で起きた人身事故の影響で、午前8時すぎから上石神井と西武新宿の間の上下線で運転を見合わせています。運転再開は、午前9時ごろを見込んでいるということです。


国土交通省 エレベーター保守点検で新指針

エレベーターの点検の際に部品の劣化などが見過ごされ、事故につながるケースが各地で起きていることを受けて、国土交通省は、所有者に対して適切な知識や技術を持った保守点検業者を選定することなどを盛りこんだ指針を作り、安全対策の徹底を求めていくことになりました。


税関が摘発の不正薬物密輸事件 過去最多に

全国の税関が去年1年間に摘発した不正薬物の密輸事件の件数は、覚醒剤や大麻などに加え、去年4月から危険ドラッグに使われる薬物が取締りの対象となったことから、前の年の4倍以上に増え、過去最多になりました。


復興のデータを一括紹介 復興庁がサイト開設へ

復興庁は、東日本大震災からまもなく5年となるなか、復興の現状を正確に把握してもらおうと、災害公営住宅の整備状況や東京電力福島第一原子力発電所の周辺地域の放射線量など、さまざまなデータを一括して見られるサイトをホームページに開設することにしています。


複数の薬局で睡眠薬購入 飲ませて殺害か

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、女が複数の薬局で睡眠薬を購入していたことが分かり、警視庁は、多量の睡眠薬を飲ませ女性を殺害したとみて調べています。調べに対し2人は容疑を否認しているということです。


加古川女性殺害 逮捕の男供述「ハンマーは自宅から」

兵庫県加古川市の川で、20歳の女性が遺体で見つかった事件で、殺人の疑いで逮捕された知り合いの男が「殺害に使ったハンマーは自宅から持ち出した。事前に準備していた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、女性の殺害を計画していたとみて、いきさつを調べています。


低気圧発達 北海道は猛吹雪に警戒を

発達した低気圧の影響で、21日は北日本の沿岸部を中心に風の強い状態が続き、北海道の太平洋側東部では、このあとしばらくは雪を伴って強い風が吹くおそれがあります。気象庁は、北海道では猛吹雪に警戒し、このほかの地域でも強風や高波に十分注意するよう呼びかけています。


高浜原発 放射性物質含む水漏れ 詳しく調査へ

今月下旬の再稼働を目指して準備が進められている、福井県の高浜原子力発電所4号機で20日午後、原子炉建屋の隣の建屋で放射性物質を含む水が漏れ、関西電力は21日に原子力規制庁の検査官の立ち会いのもと、準備作業の一部を止めて、詳しい状況を調べることにしています。周辺の環境への影響はないとしています。


高浜原発4号機 放射性物質含む水漏れ

関西電力が今月下旬の再稼働を目指して準備を進めている、福井県の高浜原子力発電所4号機で20日午後、原子炉建屋の隣の建物の床に放射性物質を含む水が漏れていたことが分かりました。関西電力によりますと、周辺の環境への影響はないということで、水が漏れた原因を調べています。


シリア人医師が講演「病院空爆で医療態勢崩壊」

内戦が続くシリアで病院を運営するシリア人医師が来日して講演し、現地では病院への空爆が相次ぎ、医療スタッフが不足していると現状を訴えました。


復興願いランタンで街を照らす祭り 宮城 女川町

東日本大震災で被災した宮城県女川町の商店街で、復興公営住宅で暮らす人たちがランタンで街を照らして復興を願う祭りが開かれました。


「店じまい」で30年営業の靴販売店が閉店 大阪

「店じまい」という看板を掲げながら30年にわたって営業を続けてきた大阪・北区の靴の販売店が、店主の体調不良を理由に「本当に閉店する」と宣言し、20日、閉店のセレモニーが行われました。


水道料金値上げ相次ぐ 平均価格も20年で過去最高

人口減少による収入の落ち込みなどにより、水道料金を値上げする自治体が相次ぎ、全国の家庭用の平均価格は去年4月時点で、月額およそ3200円と、この20年間で最も高くなったことが日本水道協会の調査で分かりました。専門家は今後、値上げを抑えて経営基盤を強化するには、市町村の枠を超えて広域的な事業を行うことや、長期的な財政計画を立てることを進めるべきだと指摘しています。


加古川女性殺害 現場から1キロ上流付近で犯行か

兵庫県加古川市の川で20歳の女性が遺体で見つかった事件で、現場から1キロほど上流で確認された携帯電話の微弱な電波が、女性が殺害された時間帯に途絶えていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は逮捕された知り合いの男がこの周辺で女性を殺害し、携帯電話を処分した疑いがあるとみて調べています。


逮捕の元交際相手 女に睡眠薬の購入指示か

神奈川県内で遺体で見つかった女性を殺害したなどとして、元交際相手ら男女2人が逮捕された事件で、直前に元交際相手が睡眠薬を購入するよう女に指示していたことが分かり、警視庁は計画的な事件の疑いがあるとみて調べています。調べに対し2人はいずれも容疑を否認しているということです。


老人ホーム転落死事件 一方的に不満募らせたか

川崎市の老人ホームで転落死した入所者3人のうち、1人を投げ落としたとして元職員の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男は投げ落とした男性を介護するうえでの不満を同僚などに漏らしていたことが、関係者への取材で分かりました。警察は、男が男性に一方的に不満を募らせ殺害した疑いがあるとみて動機の解明を進めています。


低気圧発達 暴風や高波などに警戒を

発達中の低気圧の影響で沿岸部を中心に風が強まり、北日本や関東では局地的に雨が強まっています。21日は北日本の太平洋側を中心に風の非常に強い状態が続く見込みで、気象庁は暴風や高波などに警戒するよう呼びかけています。


広島・土砂災害から1年半 復興願い桜を植樹

76人が犠牲になったおととし8月の広島市の土砂災害から1年半となった20日、被災地の広島市安佐南区では地元の住民たちが復興を願って桜の苗木を植えました。


震災で人口半減の島 唯一の小学校で閉校式

東日本大震災で被災した宮城県東松島市の宮戸島では、この5年で人口が半減したことなどから、島に唯一あった小学校が閉校することになり、20日、児童や卒業生たちが母校に別れを告げました。


“福島・南相馬の避難指示 4月中に解除”住民に説明

東京電力福島第一原発の事故に伴って福島県南相馬市に出されている避難指示について、政府は20日、住民説明会を開き、ことし4月中の解除を目指すことを伝えました。これに対し住民からは、時期が早すぎるなどとして反対や不安の声も聞かれました。


雪遊びイベントで柱に衝突 小4が死亡 岩手

今月6日、岩手県紫波町で行われた雪遊びのイベントで、スノーモービルが引っ張るタイヤチューブに乗っていた小学4年生の女の子が柱に衝突し、病院で手当てを受けていましたが、20日、死亡しました。


“修学旅行 ぜひ日本へ” 武道や生け花など魅力紹介

海外から日本を訪れる修学旅行生を増やそうと、武道や生け花など日本の伝統文化の魅力を中国の学校関係者に知ってもらおうという催しが東京・渋谷区で開かれました。


住宅全焼で2人死亡 高齢の夫婦か 鹿児島

20日朝、鹿児島県垂水市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察はこの家に住む高齢の夫婦とみて確認を急ぐとともに、火事の原因を調べることにしています。


札幌発の「カシオペア」 最終列車は即完売

来月の北海道新幹線開業に伴って、現在の運行を取りやめる寝台特急「カシオペア」の最後の列車の切符が20日発売され、発売とほぼ同時に売り切れました。


教会立てこもり 逮捕の男「家族など周囲に不満」

18日、千葉県佐倉市の教会で36歳の男がカウンセラーの女性を人質にして立てこもった事件で、逮捕された男が「家族など周囲への不満があった」という趣旨の供述をしていることが警察への取材で分かりました。


東・西日本の太平洋側 あすにかけ非常に激しい雨か

前線を伴った低気圧の影響で、西日本では断続的に激しい雨が降っています。21日にかけては全国的に風が強まるほか、東日本と西日本の太平洋側で非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や強風、高波などに十分注意するよう呼びかけています。


川崎 中1男子殺害事件から1年

去年2月、川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害されてから20日で1年になります。現場の河川敷には多くの人が訪れ、花を手向けていました。


墓地に女性遺体 男女を殺人容疑などで再逮捕

去年、東京・新宿区の女性が神奈川県内の墓地で遺体で見つかった事件で、警視庁は死体遺棄の罪で有罪判決を受けた元交際相手が、女性の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いで、その知り合いの女を殺人のほう助の疑いで、それぞれ再逮捕しました。調べに対しいずれも容疑を否認しているということです。


施設での虐待防止 厚労省が指導徹底求める

川崎市の老人ホームで入居者が相次いで転落して死亡した事件を受け、厚生労働省は全国の都道府県に通知を出し、施設での虐待を防ぐため指導を徹底するよう求めました。


男性の育休取得 企業に最高60万円を支給

厚生労働省は、男性が育児休業を取りやすくするため、育休を取った男性従業員1人につき企業に最高で60万円を支給する新たな支援制度を設けることになりました。


ひき逃げ事件でうその報告書 警部補を書類送検

千葉県警香取警察署の54歳の警部補が、ひき逃げ事件の捜査で車の目撃情報の裏付けが取れなかったため、その情報が記された報告書を隠したうえ、うその報告書を作成したとして虚偽公文書作成などの疑いで書類送検され、減給の懲戒処分を受けました。


大学生殺害 インスリン致死量など事前に調べたか

大学生に抗うつ剤を飲ませたあとインスリン注射をするなどして殺害したとして広島県安芸高田市の男が逮捕された事件で、男のパソコンに殺害前、抗うつ剤やインスリンの致死量などを調べた記録が残っていたことが、警察への取材で分かりました。警察は、薬の特性を調べて計画的に殺害を図ったとみて捜査しています。


東・西日本の太平洋側 非常に激しい雨のおそれ

急速に発達する低気圧の影響で、20日は全国的に風が強まるほか、東日本と西日本の太平洋側では非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、土砂災害や強風、高波などに十分注意するよう呼びかけています。


台湾の空港で日本人荷物に1億円超の旧1万円札か

台湾の空港で、日本人男性が預けた荷物から申告されていない1億1900万円分の日本の旧1万円札とみられる札束が見つかり、税関が没収して詳しく調べています。


東芝元CFO 任意聴取で「不正会計とは思わず」

東芝の不正会計問題で、元CFO=最高財務責任者が証券取引等監視委員会の任意の事情聴取に応じ、「不正な会計処理だとは思っていない」などと説明したことが分かりました。監視委員会は今後、歴代3人の元社長からも任意で事情を聴いたうえで、旧経営陣を刑事告発するかどうか慎重に判断するとみられます。


再婚禁止規定 民法の改正案 概要まとまる

法務省は、女性にだけ離婚後6か月間再婚を禁じた民法の規定について、最高裁判所の判決を踏まえ、期間を100日に短縮するとともに、離婚時に妊娠していない場合は直ちに再婚を認めるとした改正案の概要をまとめ、今の国会で速やかに成立を図ることにしています。


突入前 緊迫状況に 刃物突きつけ殺害ほのめかす

18日、千葉県佐倉市の教会で36歳の男がカウンセラーの女性を人質に立てこもった事件で、警察が中に突入する前、男は刃物を突きつけながら女性を殺害するとほのめかすなど、緊迫した状況になっていたことが警察への取材で分かりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る