NHKニュース|国際 2016年4月21日 (木曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

広島市長 「謝罪ではなく核廃絶の歩みが重要」

広島市の松井一実市長は記者会見でアメリカのオバマ大統領が来月の伊勢志摩サミットに合わせた広島への訪問を検討していることに関連して、「原爆を投下した責任を追及する気持ちはあって当然だが、どこかでそれを乗り越えないといけない」と述べ、謝罪を求めることを目的にするのではなく核兵器廃絶に向けた歩みを進めることが重要だという考えを示しました。


ギリシャでリオ五輪の採火 聖火リレー始まる

ことし8月に開幕するリオデジャネイロオリンピックの開会式でともされる聖火の採火式が、オリンピック発祥の地、ギリシャで行われ、3か月余りにわたる聖火リレーが始まりました。


米大統領 アラブ首脳たちとの会合に参加

サウジアラビアを訪問しているアメリカのオバマ大統領は、ペルシャ湾岸のアラブの首脳たちとの会合に参加し、オバマ大統領としては、関係が冷え込んでいるサウジアラビアなどとの関係改善をアピールしたい考えです。


インド 熱波で160人死亡 最高気温は46度超

インドでは、今月に入って東部や南部が熱波に見舞われ、これまでに160人が死亡し、当局は、今後さらに暑さが厳しくなるとして、住民に警戒を呼びかけています。


メキシコの石油化学プラントで爆発 3人死亡

メキシコ南部の石油化学プラントで大規模な爆発があり、少なくとも3人が死亡、130人以上がけがをしました。


尖閣諸島巡るスパイ罪 中国人の男に実刑判決

中国の国営テレビは、沖縄県の尖閣諸島に関連して、中国の軍事施設の写真を撮影し外国に提供するなどスパイ行為を行った罪で中国人の男が懲役7年の実刑判決を受けたと伝えました。写真を提供された国について、具体的には挙げていないものの日本の関与を示唆しています。


難民乗せた船沈没 国連「この1年で最悪の事故」

地中海で難民や移民を乗せた船が沈没し、最悪の場合500人が死亡したおそれが出ていることについて、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所は「この1年で最悪の事故だ」としたうえで、海が穏やかになるにつれ、船で海を渡ろうとする人たちが再び増加することが予想されるとして懸念を示しました。


エクアドル大地震 死者570人に

南米のエクアドルで起きた大地震では、これまでに570人の死亡が確認されたほか、今も155人の行方が分かっておらず、懸命の捜索活動が続けられていますが、相次ぐ余震のため難航しています。


アメリカ新紙幣 図柄に初の黒人女性

アメリカ政府は、2020年以降に発行する新しい20ドル紙幣の図柄に、奴隷解放運動や女性の権利擁護に力を尽くしたハリエット・タブマン氏の肖像を採用すると発表し、アメリカの紙幣に初めて黒人の女性が描かれることになりました。


ブラジル大統領がNYへ 国際社会に弾劾不当訴えるか

弾劾に向けた手続きが議会下院で可決されたブラジルのルセフ大統領が、今月22日からニューヨークで開かれる地球温暖化対策の取り組みを定めたパリ協定の署名式に出席することが分かり、地元メディアは「弾劾請求は不当だ」と国際社会に訴えるねらいがあると伝えています。


米大統領 サウジ訪問も国王の出迎えなし

アメリカのオバマ大統領は中東で同盟関係にあるサウジアラビアを訪問しましたが、オバマ大統領が空港に到着した際の歓迎式典にサルマン国王は姿を見せず、両国の冷え込んだ関係を示したものという受け止めがでています。


アルゼンチン 15年ぶり国際金融市場に復帰

2001年のいわゆる「デフォルト」を経て債務問題の解決に取り組んでいるアルゼンチン政府は、15年ぶりにアメリカ市場で1兆8000億円規模のドル建ての国債を発行し、国際金融市場への復帰を果たしました。


サウジ 海外の銀行から25年ぶり融資受け入れへ

世界有数の産油国、サウジアラビアが日本の大手銀行を含む海外の銀行から1兆円を超える融資を受ける方向で最終調整に入っていることが明らかになりました。サウジアラビアが海外から融資を受けるのは、およそ25年ぶりで、原油安の長期化で巨額の財政赤字に陥るなか、財政資金を確保するねらいがあるものとみられます。


NATOとロシアの政治協議 2年ぶり再開も隔たり

NATO=北大西洋条約機構は、ウクライナ情勢が緊迫して以降中断していたロシアとの政治協議を2年ぶりに再開しましたが、双方の主張の隔たりは大きく、対立の根深さが浮き彫りになっています。


フランス全土の非常事態宣言 7月末まで延長の方針

フランス政府は、去年11月のパリ同時テロ事件のあと全土に出している非常事態宣言を、ことし7月末までさらに2か月延長する方針を決めました。


米大統領選候補者選び 5州の予備選挙が次の焦点に

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、ニューヨーク州で行われた予備選挙で勢いを取り戻した共和党のトランプ氏と民主党のクリントン前国務長官が指名獲得に向けて前進するのか、5つの州で予備選挙が行われる今月26日が次の焦点となります。


難民乗せた船 地中海で転覆 500人死亡のおそれ

難民や移民を乗せてイタリアに向かっていたとみられる船が地中海で転覆して沈没し、国連は最悪の場合500人が死亡したおそれがあるとして調査しています。


首相 パナマ大統領と会談 課税逃れ防止で協議へ

安倍総理大臣は、パナマのバレーラ大統領と20日夜、総理大臣官邸で会談し、いわゆるパナマ文書の問題を受けて、国際的な課税逃れを防ぐため、金融機関の口座などの情報交換を行う協定の締結に向けて両国が協議を始めることで一致しました。


来月6日に日ロ首脳会談 プーチン大統領が表明

ロシアのプーチン大統領は、来月6日に南部のソチで安倍総理大臣と首脳会談を行うことを明らかにし、「両国の相互利益に基づく2国間関係の発展に寄与することを望む」と述べ、首脳会談での成果に期待を示しました。


NY州予備選 トランプ氏・クリントン氏が勝利

アメリカ大統領選挙に向けて重要な州の1つ、ニューヨーク州で予備選挙が行われ、共和党ではトランプ氏が、民主党ではクリントン前国務長官が、それぞれ勝利し、勢いを取り戻した形となりました。


豪 世界最大さんご礁帯の90%に白化現象

オーストラリアの沖合にある世界最大のさんご礁帯、グレートバリアリーフで、海水の温度の上昇によってさんごが白くなる「白化現象」が全体の90%余りに広がっていることが調査で明らかになりました。


米インテル 最大1万2000人の従業員削減へ

世界最大手の半導体メーカー、アメリカのインテルは、市場が縮小しているパソコン向けの半導体事業からデータセンターなど成長が期待できる事業への転換を図るため、最大で1万2000人の従業員を削減すると発表しました。


「がんばれ熊本」韓国の航空各社が支援物資

韓国の航空会社が規模の大きな地震が相次いだ熊本県に送る緊急の支援物資として飲料水や毛布を福岡行きの便で送りました。


キューバ5年ぶり党大会 指導層高齢化を印象づけ

共産党の独裁体制が続くキューバで5年ぶりに党大会が開かれ、84歳のラウル・カストロ国家評議会議長が党の第1書記に再選されました。兄のフィデル・カストロ氏は「この議場で話す最後の機会かもしれない」と演説し、指導層の高齢化を印象づけました。


ニューヨーク州 民主党「クリントン氏が勝利確実」

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、重要州のニューヨーク州で19日、予備選挙が行われ、ABCテレビは、民主党ではクリントン前国務長官が勝利を確実にしたと伝えました。


米大統領選 ニューヨーク州で予備選挙の開票開始

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びで、重要な州の1つ、ニューヨーク州の予備選挙は開票が始まりました。共和党のトランプ氏と民主党のクリントン前国務長官が地元で勢いを取り戻し、指名獲得に向けて前進するかが焦点となっています。


ニューヨーク州 共和党は「トランプ氏が勝利確実」

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びで、重要な州の1つ、ニューヨーク州の予備選挙は開票が始まり、アメリカのメディア各社は、共和党ではトランプ氏が勝利を確実にしたと一斉に伝えました。


エクアドル大地震 依然100人以上不明 救助続く

南米のエクアドルで起きた大地震では、これまでに480人の死亡が確認されましたが、いまだに100人以上の行方が分からず、救助を待つ人たちの生存率が下がるとされる地震の発生から72時間が過ぎた今も救助活動が続いています。


トルコ軍 イラクでISメンバー30人余殺害

イラク北部に駐留しているトルコ軍が、過激派組織IS=イスラミックステートに反撃してISのメンバー30人余りを殺害し、トルコ国内でISによるテロなどが相次ぎ、国民の不満が高まるなか、強硬姿勢を示すねらいがあるとみられます。


米大統領選候補者選び ニューヨーク州で開票へ

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、日本時間の20日午前から重要州のニューヨーク州で予備選挙の開票が始まります。


オバマ大統領 サウジアラビアなど3か国歴訪へ

アメリカのオバマ大統領は20日から中東とヨーロッパの3か国を訪問します。最初の訪問国、サウジアラビアでは、冷え込んだ湾岸諸国との関係の修復をアピールしたい考えです。


パナマ文書問題 4つの国際機関が連携し対応強化

いわゆるパナマ文書の問題を受けて、国際的な課題となっている課税逃れへの対応を強化するためIMF=国際通貨基金やOECD=経済協力開発機構など4つの国際機関が連携し、発展途上国での税制の整備などを支援していくことになりました。


カブールの情報機関前で爆発 28人死亡

アフガニスタンの首都カブールで、情報機関の建物の前で爆弾を積んだ車が爆発して、少なくとも28人が死亡、300人余りがけがをし、反政府武装勢力タリバンが犯行を認めました。


オーストラリア上下院とも来月解散・7月総選挙へ

オーストラリアのターンブル首相は、重要法案としていた労働組合関連の法案が野党などの反対で否決されたことを受けて、来月、議会の上下両院を解散して、ことし7月に総選挙を行うことを明らかにしました。


日米韓外務次官協議 北朝鮮対応で連携強化確認

日本とアメリカ、韓国の3か国の外務次官協議がソウルで行われ、今月、北朝鮮が新型の中距離弾道ミサイルの発射に失敗したことなどを踏まえ、3か国は連携をさらに強化して北朝鮮に対応していくことを確認しました。


中国軍用機が人工島に着陸 米国防総省がけん制

アメリカ国防総省は、中国が南シナ海で造成した人工島に軍用機を着陸させたとしたうえで、軍用機の展開をやめるよう中国をけん制する姿勢を改めて強調しました。


エクアドル大地震 懸命な救助活動続く

南米エクアドルの大地震で、これまでに413人が死亡、2600人以上がけがをしました。地震から丸2日がたった今も、倒壊した建物に人々が取り残されていて、懸命の救助活動が行われています。


米大統領選候補者選び NYで予備選始まる

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、日本時間の19日夜から重要州のニューヨーク州で予備選挙の投票が始まり、共和党のトランプ氏と民主党のクリントン前国務長官が地元で勢いを取り戻し、指名獲得に向けて前進するかが焦点となっています。


米国の在留邦人団体 義援金送付を決定

多くの日本人が暮らすアメリカ西部カリフォルニア州では、今回の地震を受けて、出身地ごとに作る県人会の代表たちが緊急の会合を開き、今後、義援金を募り、被災地に送ることを決めました。


「日本は報道の独立性の担保を」国連人権理事会担当者

日本での表現の自由の状況を調査した国連人権理事会の特別報告者が19日、都内で記者会見を行い「ジャーナリストからは、日に日に圧力を感じているという声も挙がっていて、日本は報道の独立性を担保するために何らかの対応を取るべきだ」と述べました。


ウラン密売の疑い 旧ソビエトのジョージアで6人拘束

旧ソビエトのジョージア、かつてのグルジアで、およそ210億円相当の放射性物質のウランを密売しようとしていた疑いで6人が拘束され、放射性物質がテロ組織の手に渡ることへの不安が広がるなか、当局は背後関係を慎重に調べるものとみられます。


8Kの映像を上映 米の世界最大の放送機器展示会で

アメリカのラスベガスで18日、世界最大の放送機器の展示会が開幕し、360度周りを撮影できる最新のカメラの展示や、NHKが開発した8K=スーパーハイビジョンで撮影した映像の上映会などが行われています。


ブラジル大統領 下院で弾劾手続き可決も「諦めない」

南米初のオリンピックの開催を8月に控え、弾劾に向けた手続きが議会下院で可決されたブラジルのルセフ大統領が18日、記者会見し「私は絶対に諦めない」と辞任を否定したうえで、上院の審議でも弾劾阻止に向けて戦う決意を示しました。


エクアドルの大地震 死者413人に

南米エクアドルの大地震で、これまでに413人の死亡が確認されました。被災地では倒壊した建物に取り残されている人たちの救助作業が続けられていますが、地震から丸2日がたち、住民から一刻も早い救助を求める声が上がっています。


外相 ミャンマー訪問を調整 スー・チー氏と会談へ

岸田外務大臣は大型連休に合わせて、先月、新政権が発足したミャンマーを訪問する方向で最終調整に入り、「国家顧問」のアウン・サン・スー・チー氏と会談し、新政権との信頼関係の構築に向け、早期に日本を訪れるよう求める見通しです。


パレスチナ巡る安保理討論で激しいののしり合い

国連の安全保障理事会でパレスチナ問題を巡る討論が行われ、イスラエルの国連大使が「パレスチナの指導部はテロを称賛している」と非難したのに対し、パレスチナの国連大使が「占領を続けるイスラエルこそ恥を知れ」と反論して双方が激しくののしり合い、議長に制止される場面がありました。


イエメン和平協議再開できず 国連の仲介難航

内戦状態が続く中東イエメンの和平協議は、18日に再開される予定でしたが、反体制派が参加を拒んだため開かれず、国連が仲介する戦闘終結へのプロセスは難航が予想されています。


「EU離脱でGDP6%超減少」英政府が試算

イギリス政府は、ことし6月にEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票が行われるのを前に、離脱した場合、GDP=国内総生産が6%以上落ち込むなどとする試算を明らかにし、残留しなければ経済水準は永久に低下したままになると警告しました。


候補者選び 今夜からニューヨーク州で予備選挙

アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、日本時間の19日夜から重要州のニューヨーク州で予備選挙の投票が始まります。これを前に、地元ニューヨークで勝利し勢いを取り戻したい共和党のトランプ氏と、民主党のクリントン前国務長官が演説し、支持を訴えました。


IS支配のシリア側からトルコに砲撃 4人死亡

シリアとの国境に近いトルコ南東部の町に、過激派組織IS=イスラミックステートが支配するシリア側の地域からロケット弾が撃ち込まれて4人が死亡し、トルコ軍が報復攻撃を行うなど、国境地帯で緊迫の度合いが増しています。


ロシアの戦闘機 アメリカの偵察機にも異常接近か

アメリカ国防総省は、バルト海でアメリカ軍艦艇がロシアの戦闘爆撃機に異常な接近を繰り返されたことに続き、アメリカ軍の偵察機もロシア軍戦闘機から危険な接近を受けたとして、強く批判しました。


米 対IS作戦を強化 攻撃ヘリも投入へ

アメリカ国防総省は、過激派組織IS=イスラミックステートに対する軍事作戦で、重要拠点の奪還を目指すイラク軍への支援を強化するため、作戦の助言に当たるアメリカ兵を増派するとともに、攻撃ヘリコプターを作戦に投入できるようにすることを明らかにしました。


シリア 反政府勢力の一部が攻撃開始を宣言 停戦に懸念

シリアの内戦終結を目指す和平協議が続くなか、シリアの反政府勢力の一部が18日、政府軍への攻撃の開始を宣言し、ことし2月以降、続いてきた停戦を維持できなくなる懸念が強まっています。


エルサレムでバス爆発 16人けが テロ事件か

イスラエルとパレスチナの緊張が続くなか、エルサレムで路線バスが爆発して乗客など少なくとも16人がけがをし、イスラエルの警察は、何者かがバスに爆弾を持ち込んで爆発させたテロ事件として捜査しています。


NYダウ 1万8000ドル回復 約9か月ぶり

週明け18日のニューヨーク株式市場は、大きく下落していた原油の先物価格が持ち直したことを受けて買い注文が広がり、ダウ平均株価はおよそ9か月ぶりに1万8000ドル台に回復しました。


エクアドルの地震 死者350人に

南米のエクアドルで起きたマグニチュード7.8の地震は、死者がこれまでに350人に上り、発生から丸2日となりますが、まだ多くの人が倒壊した建物の下敷きになっているとみられ、懸命の救助活動が続けられています。


マレーシア 大規模な兵器の見本市始まる

マレーシアで大規模な兵器の見本市が始まり、中国が海洋進出を続けていることなどを背景に、東南アジアの多くの国で国防費の増加が続くなか、各国の軍事関連企業が積極的な売り込みを図っています。


中国 化学工場跡地そばの中学校で健康被害か

中国東部・江蘇省にある化学工場の跡地のそばに建てられた中学校で、500人近い生徒に皮膚炎や気管支炎などの症状が見つかったと国営メディアが伝え、工場の跡地に残された有害物質が原因となった可能性があるとして批判が高まっています。


パナマ大統領 国際的な課税漏れ対策に積極的に取り組む

来日しているパナマのバレーラ大統領は、18日、都内でNHKのインタビューに応じ、いわゆる「パナマ文書」の問題を受け、「透明性の確保に向けてほかの国々と協力していきたい」と述べ、国際的な課税漏れなどの対策に積極的に取り組んでいくと強調しました。


日米外務次官協議 対北朝鮮で韓国含め連携を確認

日本とアメリカの外務次官協議が行われ、北朝鮮による5回目の核実験の可能性が指摘されていることを受けて、韓国も含めた3か国で情報交換を密にするなど連携して対応していく方針を確認しました。


韓国大統領 総選挙結果に「民意を謙虚に受け止める」

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、与党・セヌリ党が大敗した総選挙の結果について初めて言及し、「民意を謙虚に受け止める」と述べて、若者の就職難解消などに力を注ぐ姿勢を示しましたが、支持率は就任以来最低になったという世論調査の結果も出ていて、政権運営は厳しさを増しています。


韓国軍関係者「発射失敗はムスダンと判断」

北朝鮮が今月15日に発射を試みたものの失敗したとみられるミサイルについて、韓国軍の関係者は、分析の結果、これまで実際の発射が確認されていなかった新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」だと判断していることを明らかにしました。


ブラジル 大統領弾劾への手続き 議会下院が可決

南米初のオリンピックの開催を8月に控えたブラジルで、ルセフ大統領の弾劾に向けた手続きを進めるかどうかの是非を問う採決が議会下院で行われ、可決されました。今後は上院で審議が行われ早ければ来月中旬までに、弾劾法廷を開くかどうかを決める見通しです。


ロンドン原油市場 先物価格が大幅に下落

18日のロンドン原油市場は、主要な産油国が増産の凍結で合意できなかったことから、供給過剰の状態が続くことへの懸念が広がり、原油の先物価格は大幅に下落しています。


エクアドル 地震の死者272人に 救助活動に全力

南米のエクアドルでは、マグニチュード7.8の地震による死者が、これまでに272人に上っていて、現地を視察したコレア大統領は、倒壊した建物の下敷きになっている人の救助活動に全力を挙げる考えを強調しました。


中国の住宅価格 政府の下支え策受け都市部で上昇

中国の先月の新築住宅の価格は、政府の販売下支え策などを受けて全体の9割近くの都市で前の月から値上がりし、大都市では取り引きの過熱を警戒して販売を抑える動きも出ています。


スー・チー氏 早期の憲法改正の必要性を強調

ミャンマーの新政権を事実上率いるアウン・サン・スー・チー国家顧問は、ミャンマーの新年にあわせてテレビ演説を行い、新たな国づくりへの国民の協力を呼びかけるとともに、軍事政権時代に作られた憲法を早期に改正する必要性を強調しました。


韓国「北朝鮮が5回目核実験行う可能性」

韓国国防省は、北朝鮮が北東部にある核実験場で、ことし1月に続いて5回目の核実験を行う可能性があるとして、監視と警戒を強めていることを明らかにしました。


着陸直前の旅客機にドローン衝突か 英の空港で

イギリスのヒースロー空港で、着陸直前の国際線の旅客機にドローンのようなものが衝突する事故があり、乗客乗員合わせて137人にけがはありませんでしたが、警察が捜査を進めています。


ブラジル ルセフ大統領弾劾 下院は可決 上院へ

南米初のオリンピックの開催を8月に控えたブラジルで、ルセフ大統領の弾劾に向けた手続きを進めるか、議会下院で採決が行われた結果、賛成多数で可決されました。今後は上院で弾劾法廷の設置巡って審議が行われることになります。


エクアドル地震 246人の死亡確認

南米のエクアドルでは、マグニチュード7.8の地震による死者が、これまでに246人に上っていて、沿岸部を中心に多くの建物が倒壊した現場で、がれきの下に取り残されている人の救助活動が続けられています。


ブラジル ルセフ大統領弾劾 議会で採決へ

南米初のオリンピックの開催を8月に控えたブラジルでは、ルセフ大統領の弾劾の是非を巡る採決が、議会下院で行われています。


各国航空会社 制裁解除受けイラン路線再開の動き

イランに対する経済制裁の解除を受けてフランスとイランを結ぶ直行便が8年ぶりに首都テヘランに到着し、ビジネスなどで航空需要が高まることへの期待から、各国の航空会社の間でイラン路線を再開する動きが広がっています。


チャップリンの足跡たどる博物館開館 スイス

喜劇王、チャップリンが晩年を過ごした自宅を改装し、その足跡をたどる初めての本格的な博物館がスイスにオープンし、初日から大勢のファンでにぎわいました。


サウジなど産油国会合 増産凍結は合意できず

原油価格が低迷するなか、サウジアラビアやロシアなど主要な産油国が中東のカタールで原油の生産調整を巡って協議しましたが、増産の凍結で合意には至らず、今後も原油価格の低迷が続くことが予想されます。


シリア 政権支配地域での議会選挙 アサド派圧勝

内戦が続くシリアで、アサド政権がみずからの支配地域に限定して強行した議会選挙は、開票の結果、与党の政治連合が圧勝し、アサド大統領は反政府勢力などから突きつけられている退陣要求を拒否する姿勢を一段と強めていくとみられます。


ベルギー テロに抗議する市民が大規模デモ

32人が死亡したベルギーの連続テロ事件から1か月となるのを前に、ブリュッセル市内でテロに抗議する大規模なデモが行われ、参加者は、犠牲者の追悼と社会の連帯を訴えました。


イラン軍事パレードも周辺国に配慮示す

中東のイランで、軍の記念日に合わせて大規模な軍事パレードが行われ、ロウハニ大統領は「軍事力は自衛と抑止が目的で周辺国を攻撃するためのものではない」と述べ、ペルシャ湾を挟んで対立するサウジアラビアなど周辺国の警戒感を和らげるねらいがあるとみられます。


ロシア・サハリン 市民が水着姿でスキー

長い冬が続いたロシア極東のサハリンで春の訪れを祝おうと、市民が水着姿などでスキー場のゲレンデを一斉に滑り降りるユニークな催しが行われました。


産油国会合 実効性ある合意できるか焦点

原油価格の低迷が続くなか、サウジアラビアやロシアなど主要な産油国の閣僚による会合がカタールで始まり、サウジアラビアなどOPEC=石油輸出国機構の加盟国とロシアなどそれ以外の産油国との間で原油の生産調整を巡り、どこまで実効性のある合意ができるのかが焦点になっています。


世銀とIMF 感染症防止対策の仕組みを早期に

世界銀行とIMF=国際通貨基金は途上国の開発問題を話し合う委員会を16日、ワシントンで開催し、感染症が流行するのを防ぐため、対策に必要な資金を素早く供給する仕組みをできるだけ早く作っていくことで一致しました。


ブラジル大統領 弾劾の是非を下院で採決へ

南米初のオリンピックが8月に開催されるブラジルで、ルセフ大統領の弾劾の是非を巡る採決が、日本時間の18日、議会下院で行われます。


エクアドル地震で77人死亡 日本に津波影響なし

日本時間の17日午前、南米のエクアドルで発生した大地震について、気象庁は観測データを分析した結果、日本への津波の影響はないと発表しました。エクアドル政府はこれまでに77人が死亡したことを明らかにしたうえで非常事態宣言を出し、軍や警察を動員して救助や被害状況の把握を急いでいます。


台湾 募金活動など被災地支援の動き広がる

台湾では、今回の大地震の被害についてメディアが大きく伝えていて、募金活動が始まったほか、義援金の寄付の表明が相次ぐなど、支援の動きが広がっています。


ワシントン 桜祭りでも被災地支援の動き

アメリカの首都ワシントンで、日米友好の象徴となっている桜にちなんだ恒例の催しが開かれ、入場料の一部が、今回の大地震の被災地への支援に充てられることになりました。


エクアドル地震で28人死亡 日本に津波影響なし

日本時間の17日午前、南米のエクアドルで発生した大地震について、気象庁は観測データを分析した結果、日本への津波の影響はないと発表しました。エクアドル政府はこれまでに28人が死亡したと発表し、現地の日本大使館では日本人の安否の確認を進めています。


米共和党 ワイオミング州はクルーズ氏が勝利

アメリカ大統領選挙に向けた共和党の候補者選びで、西部ワイオミング州で行われた党員集会は、不動産王のトランプ氏を追いかけるクルーズ上院議員が勝利しました。


「世界経済は下方リスクが増加」IMFCが声明

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に続いて、ワシントンで開かれたIMF=国際通貨基金の委員会は、日本時間のきょう未明、中国経済の減速による貿易の停滞などを踏まえ、「世界経済は下方リスクが増加している」という声明を発表し、世界経済の先行きに警戒感を示しました。


英でキャメロン首相批判の大規模デモ

イギリスで、財政の緊縮策に反対する大規模なデモが行われ、国民に緊縮策を課したキャメロン首相が、租税回避地、いわゆるタックスヘイブンにあるファンドへの投資で利益を得ていたことに批判が集まりました。


ローマ法王 難民足止めのギリシャの島訪れる

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、難民や移民が足止めされているギリシャ東部の島を訪れ、国際社会に支援を呼びかけるとともに、シリアからの難民12人を連れ帰り、みずから救済に手を差し伸べる姿勢をアピールしました。


韓国 セウォル号沈没事故から2年で追悼式

韓国南部で旅客船セウォル号が沈没し、修学旅行中だった高校生など300人を超える犠牲者を出した事故から2年を迎えた16日、現場の海域に近い島で追悼の催しが行われ、今もなお行方が分からない人の家族らが早く船を引き揚げてほしいと訴えました。


米大統領の広島訪問促す社説 ワシントン・ポストも

来月、日本を訪れるオバマ大統領が、被爆地の広島を訪問するかどうかに注目が集まるなか、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズに続いてワシントン・ポストも、大統領が広島に赴いて核兵器のない世界の実現を呼びかけるよう促す社説を掲載しました。


ブラジル情報機関 ツイッターに“五輪を攻撃対象”の投稿

ブラジル政府の情報機関は、過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーとされる男が、8月に行われるリオデジャネイロオリンピックを攻撃対象にするとツイッター上に投稿していたことを明らかにし、政治の混乱が続くなか警備態勢の強化を求める声が高まりそうです。


北朝鮮メディア “韓国与党は大惨敗 民心の審判”

北朝鮮の国営メディアは、14日に投票が行われた韓国の総選挙について初めて言及し、パク・クネ(朴槿恵)大統領を支える与党が「大惨敗した」と伝え、「民心の厳しい審判だ」としています。


租税回避地の企業に差別的と訴えたパナマ WTOで敗訴

租税回避地、タックスヘイブンの企業に対し、市場の参入などでより厳しい条件を課すアルゼンチンの制度は差別的で問題があるとして、パナマがWTO=世界貿易機関に提訴していた問題で、WTOは、制度の適用に一貫性があれば問題はないとして、パナマの主張を退けました。


米財務長官 “消費税率引き上げ 景気悪化させぬ配慮を”

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席したアメリカのルー財務長官が15日、記者会見し、日本が来年4月に予定している消費税率の引き上げについて、景気を再び悪化させることがないよう追加の財政出動を同時に実施するなど十分な配慮を要請しました。


元米兵の団体 大統領に広島訪問の見送り求める書簡

太平洋戦争中に旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵などで作る団体が、オバマ大統領に対し、日本で死亡した捕虜を追悼するまで被爆地、広島への訪問を見送るよう求める書簡を送ったことが分かりました。


エジプトで大規模デモ 強権的な政権への不満背景か

反政府デモなどに対する厳しい締めつけが行われているエジプトで15日、政権を批判する大規模なデモが各地で起き、治安や経済面での改善が見られないなか、強権的な政策をとるシシ政権に対する不満が背景にあるものとみられます。


米艦に爆撃機接近 米国務長官がロシア外相に抗議

バルト海でアメリカ軍の艦艇にロシア軍の戦闘爆撃機が繰り返し接近していた問題で、アメリカのケリー国務長官はロシアのラブロフ外相と電話会談を行い、危険な行為だとして強く抗議しました。


英 EU離脱の賛否問う国民投票へ運動始まる

イギリスでことし6月に行われるEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票に向けた運動が15日、正式に始まり、イギリスの世論が二分されるなか、残留派、離脱派の双方が集会を開いて支持を訴えました。


米国防総省 “移動式弾道ミサイルの発射試験だったか”

北朝鮮が15日、東部から発射を試みたものの失敗したとみられるミサイルについて、アメリカ国防総省は新型の移動式の弾道ミサイルの発射試験だった可能性が高いという見方を示しました。


麻生氏 G20で課税逃れ防ぐ取り組み前進

アメリカ・ワシントンで開かれたG20の財務相・中央銀行総裁会議のあと記者会見した麻生副総理兼財務大臣は、いわゆる「パナマ文書」について、「文書が出てきたおかげで租税回避について関心が高まった」と述べ、今回のG20で課税逃れを防ぐ国際的な取り組みが前進したという認識を示しました。


台湾 蔡次期総統 新政権の主要人事を発表

台湾で来月、新政権を発足させる蔡英文次期総統は、安全保障などを担当する主要な人事を発表し、内政を充実させるためにも外交の安定を重視する姿勢を強調しました。


空港の保安体制不備を追及されたベルギーの交通相 辞任

先月、ベルギーの空港と地下鉄で起きた爆弾テロ事件を巡り、空港の保安体制の不備が指摘されながら対応を怠ったとして追及されていた交通相が辞任し、テロ対策を巡る政府への批判が一層高まるものとみられます。


シェークスピア没後400年 大英図書館で展示会

イギリスを代表する劇作家、シェークスピアの没後400年に合わせて、ロンドンの大英図書館で、シェークスピアの戯曲が現代までどのように上演されてきたかを貴重な収蔵品とともにたどる展示会が始まりました。


韓国 旅客船沈没から2年 引き揚げは困難な作業に

韓国南部で旅客船セウォル号が沈没し、修学旅行中だった高校生など300人を超える犠牲者を出した事故から16日で2年となります。韓国政府は沈没した船体について、ことし7月の引き揚げを目指すとしていますが、作業は困難が予想されます。


G20が声明発表 「課税逃れの対策進める」

アメリカ・ワシントンで開かれたG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、日本時間の16日未明、議論の結果をまとめた「声明」を発表し、いわゆる「パナマ文書」の問題を受け、脱税などを防ぐ国際的な枠組みにまだ参加していないパナマなどの国や地域に対して参加を求め、G20としてより強い姿勢で課税逃れの対策を進めていくことで一致しました。


北方領土で従業員給与未払い 大統領が調査指示

ロシアのプーチン大統領は、北方領土にある水産加工場で働いていた従業員から給与が支払われていないという訴えを受けて調査に乗り出し、ロシアが自国の一部として開発を進める北方領土が依然として経済的に問題を抱えている実態が浮かび上がっています。


中国軍制服組トップが南沙諸島視察 米をけん制か

アメリカのカーター国防長官がフィリピンを訪問し、南シナ海の安全保障への関与を強めていく姿勢を示すなか、中国政府は、軍の制服組のトップが南沙(スプラトリー)諸島を視察したと発表し、アメリカをけん制するねらいがあるものとみられます。


G20 2日目 課税逃れや脱税防止の対応策議論へ

ワシントンで開かれているG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、日本時間の15日夜から2日目の議論が始まり、いわゆる「パナマ文書」の問題を受けて、国際的な課税逃れや脱税の防止に向けた対応策などについて意見を交わす見通しです。


スペイン産業相が辞任表明 パナマ文書問題で国民反発

各国の首脳などが租税回避地、いわゆるタックスヘイブンにある企業を利用していた問題で、関わりを報じられたスペインのソリア産業相が財政緊縮策に苦しむ国民の強い反発を受け、辞任を表明しました。


日ロ外相 首脳会談後 早期に平和条約締結交渉を

岸田外務大臣は、ロシアのラブロフ外相と会談し、北方領土問題を巡って双方が受け入れ可能な解決策を見いだすため、来月上旬の安倍総理大臣のロシア訪問のあと、できるだけ早期に外務省高官による平和条約締結交渉を行うことで一致しました。


北朝鮮発射のミサイル「ムスダンの可能性も」

北朝鮮が15日朝早く、東部から発射を試みたものの、失敗したとみられるミサイルについて、韓国国防省はこれまで実際の発射が確認されていなかった新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」の可能性もあるとみて分析を進めるとともに、追加の発射に備えて監視と警戒を続けています。


G7環境相会合 温暖化対策など7つを議題に

来月、富山市で開かれるG7=主要7か国の環境相会合まで15日で1か月となりました。丸川環境大臣は地球温暖化対策や資源のリサイクルなど7つの議題について議論し、共同声明を取りまとめる考えを明らかにしました。


共和党候補者選び トランプ氏地元NYで支持訴え

アメリカ大統領選挙に向けてニューヨーク州で来週、共和党の予備選挙が行われるのを前に共和党主催の夕食会が開かれ、地元のニューヨークで勝利し、勢いを取り戻したいトランプ氏が支持を訴えました。


民主党候補者選び NY決戦前に激しい論戦

アメリカ大統領選挙に向けてニューヨーク州で来週、予備選挙が行われるのを前に、民主党の討論会が開かれ、先行するクリントン前国務長官と追うサンダース上院議員が互いの資質を批判するなど激しい論戦を交わしました。


G20開幕「世界経済 なお下振れリスク」

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議が日本時間の15日朝、アメリカ・ワシントンで開幕しました。初日の議論では、このところ金融市場は落ち着いてきたものの、世界経済はなお下振れリスクを抱えているとして各国が政策を総動員して成長を支えていくことで一致しました。


中国1〜3月GDP +6.7% 7年ぶりの低い伸び

中国のことし1月から3月までのGDP=国内総生産の伸び率は、企業の生産が伸び悩んだことなどから、去年の同じ時期に比べて6.7%のプラスと、7年ぶりの低い伸びとなり、中国経済の減速が一段と鮮明になりました。


北朝鮮ミサイル 金主席の誕生日に発射も失敗か

韓国軍やアメリカ政府は、北朝鮮が、日本時間の15日午前5時半ごろ、東部からミサイル1発の発射を試みたものの、失敗したとみられると明らかにしました。15日は、北朝鮮で「最大の祝日」とされるキム・イルソン(金日成)主席の誕生日に当たり、これに合わせてミサイルを発射した可能性があります。


中国GDP1ー3月 伸び率6.7%に減速

中国のことし1月から3月までのGDP=国内総生産の伸び率は、去年の同じ時期に比べて6.7%のプラスと、3四半期連続で伸び率が低下しました。地方都市を中心に不動産向けの投資が伸び悩んだほか、輸出が低調で、企業の生産や設備投資が振るわなかったことなどによるもので中国経済の減速が一段と鮮明になりました。


パナマ 課税漏れ防止のOECDの仕組みに参加へ

いわゆる「パナマ文書」によって租税回避の問題への国際的な対応が焦点になるなか、パナマの経済財務省の高官が、課税漏れを防ぐためのOECD=経済協力開発機構の仕組みに参加する意向を示しました。


韓国軍と米当局者「北朝鮮がミサイル発射も失敗か」

韓国軍やアメリカ政府当局者は、北朝鮮が15日明け方、東部から日本海に向けてミサイルの発射を試みたものの、失敗したとみられると明らかにしました。


北朝鮮「新型ミサイル発射も失敗」韓国メディア

韓国の通信社、連合ニュースは、北朝鮮が15日の明け方、東部のウォンサンから新型の中距離弾道ミサイルの「ムスダン」を発射したものの、失敗したとみられると、午前9時前に伝えました。韓国国防省が詳しい情報の収集を急いでいるということです。


外交青書「平和な海守るため国際社会は連携を」

外務省はことしの「外交青書」をまとめ、中国による南シナ海での軍事拠点化の動きが進んでいることについて、「日本を含む多くの国から懸念が表明されている」としたうえで、「開かれた自由で平和な海を守るため、国際社会の連携が求められている」と強調しています。


南シナ海での米比共同哨戒活動に中国が非難

南シナ海でアメリカ軍とフィリピン軍が共同で哨戒活動を始めたことについて、中国国防省はコメントを発表し、「アメリカとフィリピンが南シナ海の軍事化を推進した」と非難しました。


EUが新テロ対策 旅客機の搭乗者名簿提出を義務化

EU=ヨーロッパ連合の新たなテロ対策として、EUと域外を結ぶ旅客機の搭乗者名簿の提出を、航空会社に義務づける法律が成立し、捜査当局はテロリストの追跡などに利用できるとしています。


プーチン大統領 北方領土問題で「いつか妥協策」

ロシアのプーチン大統領は、来月上旬に検討されている安倍総理大臣との首脳会談について、すべての問題について話し合うとしたうえで、「いつか妥協策を見つけることができる」と述べ、北方領土問題の解決に前向きな姿勢を示しました。


ドイツ連立与党 難民の社会への統合促す法整備で合意

ドイツの連立与党は、ベルギーの連続テロ事件を受けたテロ対策の強化や、難民たちの社会への統合を促す新たな法律を整備することで合意し、国民の間に不安が広がるなか、治安対策の強化を急いでいます。


ナイジェリア 過激派誘拐から2年 救出訴え家族ら行進

アフリカのナイジェリアでイスラム過激派組織に200人以上の女子生徒が誘拐されてから、14日で2年がたちましたが、少女たちは今も解放されないままで、焦りを募らせる家族たちが一刻も早い救出を訴えて行進しました。


きょう金日成主席の誕生日 関係国は動向に警戒

北朝鮮は15日、「最大の祝日」とされるキム・イルソン(金日成)主席の誕生日を迎え、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」の展開が伝えられるなか、関係国は、節目の日に合わせた北朝鮮の動向に警戒を強めています。


G20 経済底上げ 「パナマ文書」など議論へ

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、日本時間の15日午前、アメリカ・ワシントンで始まり、世界経済が減速するなかで経済の底上げをいかに図るかや、いわゆる「パナマ文書」の問題を受けて、大企業や資産家による国際的な課税逃れと脱税の防止について、議論を交わす見通しです。


IMF専務理事 世界経済回復あまりに遅くぜい弱

IMF=国際通貨基金のラガルド専務理事は14日に会見し、世界経済の回復について「あまりに遅く、ぜい弱だ」と述べて懸念を示し、国際社会の協調を呼びかけました。


G7エネルギー相会合の共同声明 原案が明らかに

来月、北九州市で開かれるG7=主要7か国のエネルギー相会合で発表される共同声明の原案が明らかになり、エネルギーの安定調達に向けて、火力発電の燃料などに使うLNG=液化天然ガスの価格を、高止まりしやすくしている国際取引の慣行の見直しを、各国に呼びかけることになる見通しです。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る