NHKニュース 2016年5月9日 (月曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

避難所で腹痛 おにぎり原因の集団食中毒と断定

今月6日、地震の避難所になっている熊本市の小学校で避難している人たちなどが腹痛などの症状を訴えた問題で、昼食に提供されたおにぎりから食中毒を引き起こす細菌「黄色ブドウ球菌」が検出され、保健所はこのおにぎりが原因の集団食中毒と断定しました。


熊本地震 大規模災害復興法の非常災害に指定へ

安倍総理大臣は政府の非常災害対策本部の会議で、熊本地震を大規模災害復興法の非常災害に指定することを10日に閣議決定したうえで、国が県に代わって橋やトンネルなどの復旧工事を進めていく考えを示しました。


崩落した阿蘇大橋 県に代わって国が復旧へ

地震による大規模な土砂崩れで崩落した熊本県南阿蘇村の「阿蘇大橋」の復旧について、国土交通省は高度な技術が必要になるとして、橋を管理する県に代わって国の事業として行うことを決めました。


北朝鮮当局 英BBC取材班を一時拘束 退去処分に

北朝鮮を訪れていたイギリスの公共放送BBCの取材班が、北朝鮮の体制について不適切な報道を行ったとして、北朝鮮当局によって一時拘束され、国外退去処分を受けていたことが分かりました。


ビキニ事件 周辺で操業の元乗組員などが国を提訴

62年前のアメリカの水爆実験で日本の漁船の乗組員が被爆したいわゆる「ビキニ事件」で、周辺の海域で操業していた漁船の元乗組員などが、被爆した可能性があるのに国が放射線量の検査を行わなかったなどとして、損害賠償を求める訴えを高知地方裁判所に起こしました。


裁判で懲戒免職取り消しの教諭 改めて停職6か月に

東京都教育委員会は、教え子の女子生徒に「抱かせてほしい」などと不適切なメールを送ったとして一度懲戒免職にした都立高校の男の教諭について、その後の裁判で処分の取り消しが確定したことから、改めて停職6か月の処分にしました。


バドミントン五輪代表 リオに向け意気込み

リオデジャネイロオリンピック代表に決まったバドミントンの選手が会見し、女子ダブルスの世界ランキング1位、高橋礼華選手と松友美佐紀選手が、「金メダルを目指して自分たちの力を出せるよう頑張りたい」と意気込みを話しました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る