NHKニュース|国際 2016年5月27日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

温暖化対策「パリ協定」ことし中の発効を目標に

「伊勢志摩サミット」で発表した首脳宣言で、G7各国は去年、採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」について、ことし中の発効を目標に主導的な役割を果たしていくことで一致しました。


中国 英で人民元建て国債発行 海外で初

中国政府は、海外では初めてイギリスのロンドン市場で中国の通貨・人民元建ての国債を発行したと発表し、中国が進める人民元の国際化が一段と広がるのか注目されます。


米GDP 年率でプラス0.8%に上方修正

アメリカのことし1月から3月までのGDP=国内総生産の改定値が発表され、住宅投資などが上向いたことから、年率に換算した実質の成長率は速報を0.3ポイント上回るプラス0.8%に修正されました。


中国 G7首脳宣言に「強い不満」表明

「G7伊勢志摩サミット首脳宣言」で、海洋進出の動きを強めている中国を念頭に懸念を示したことについて、中国外務省の報道官は27日の記者会見で、「強い不満」を表明しました。


G7 カナダ首相「低成長リスクに明確なメッセージ」

カナダのトルドー首相は、G7伊勢志摩サミットの閉幕にあたって記者会見を行い、最大のテーマとなった「世界経済」について、「低成長のリスクに対して、G7として明確なメッセージを発することができた。環境の分野や人材育成など中間層への投資に力を入れることが重要だ」と述べて、成果を強調しました。


G7 仏大統領「テロと戦い続ける意思示した」

G7サミットで採択された、テロに対する具体策をまとめた行動計画について、フランスのオランド大統領は「テロに対して粘り強く戦い続ける意思を示したものだ」と評価したうえで、世界各国が連携してこの行動計画を実行する必要があるという認識を示しました。


G7 英首相「EU離脱は深刻なリスクと共有」

G7伊勢志摩サミットに出席したイギリスのキャメロン首相は、来月、イギリスで行われるEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票に関して、G7各国の首脳と、EUからの離脱は世界経済の深刻なリスクだという認識を共有できたと評価し、EUへの残留を訴えていく考えを強調しました。


韓国メディア「韓国人の原爆犠牲者に言及」と速報

アメリカのオバマ大統領は、平和公園で被爆者などを前に所感を述べ、「われわれは、広島に来て、10万人を超える日本の男性、女性、そして子どもたち、数千人の朝鮮半島出身者、数十人のアメリカ人などの犠牲者の死を悼む」と述べました。これについて、韓国の通信社、連合ニュースは速報で、「オバマ大統領が所感で韓国人の原爆犠牲者に言及した」と、オバマ大統領が原爆によって被害を受けた朝鮮半島出身者についても言及したことを伝えました。


オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明

アメリカのオバマ大統領は27日午後、現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問しました。平和公園で原爆慰霊碑に献花したあと、被爆者の人たちを前に「われわれは核兵器のない世界を追い求めなければならない」と述べ、核兵器の廃絶に向けて取り組む決意を表明しました。


「リーマンショック前と似る」専門家は

安倍総理大臣がG7伊勢志摩サミットで、世界経済の現状について、データを示しながら、リーマンショックの前と似た状況だという認識を示したことについて、専門家の声を聞きました。


首相 核兵器ない世界の実現 日米で取り組む決意

安倍総理大臣は、アメリカのオバマ大統領とともに広島市の平和公園を訪れて所感を発表し、オバマ大統領の広島訪問に「心から敬意を表したい」と述べたうえで、核兵器のない世界の実現に向けて、日米両国が力を合わせて取り組んでいく決意を示しました。


オバマ大統領 広島の平和公園で原爆慰霊碑に献花

オバマ大統領は、アメリカの現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、被爆者らが見守るなか、広島市の平和公園で原爆慰霊碑に献花しました。


オバマ大統領が広島に到着 現職米大統領で初

オバマ大統領は、ヘリコプターで広島市のヘリポートに到着しました。原爆投下から71年、現職のアメリカ大統領が被爆地、広島を訪れるのは初めてのことです。


オバマ大統領 岩国基地で兵士らに演説

伊勢志摩サミットを終えたオバマ大統領は、現職のアメリカの大統領としては初めて被爆地、広島を訪問するのを前に、山口県にあるアメリカ軍岩国基地を訪れ、兵士らを前に「私はこれから広島を訪れる。第二次世界大戦で命を落としたすべての人を追悼する機会になる」と述べました。


「原爆の子の像」 禎子さんの折り鶴 米博物館に寄贈

広島市の平和公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんが病床で折った折り鶴がアメリカ西部、カリフォルニア州の博物館に寄贈され、記念の式典が行われました。


伊勢志摩サミット 首脳宣言発表し閉幕

8年ぶりに日本で開催された伊勢志摩サミットは、G7各国が、世界経済を支えるため、状況に応じて、財政出動など、政策を総動員していくなどとした首脳宣言を発表して、すべての日程を終え、閉幕しました。


異色の日本人指揮者 NYでオーケストラ結成

大学で国際政治を学んだあとプロの音楽家の道に進んだ異色の日本人指揮者がニューヨークで新しいオーケストラを結成し、初めての演奏会を開きました。


広島で被爆者団体が「核廃絶」署名活動

アメリカのオバマ大統領が広島を訪問するのを前に、広島市の繁華街では、被爆者団体などが核兵器の保有や使用を法的に禁止する条約の実現を呼びかける署名活動を行いました。


オバマ大統領 サミット終え広島へ出発

アメリカのオバマ大統領は、G7伊勢志摩サミットの日程を終え、アメリカの現職の大統領として初めて被爆地、広島を訪問するため出発しました。


米大統領訪問にあわせ 韓国の被爆者が慰霊碑に献花

アメリカのオバマ大統領の広島訪問にあわせて、韓国の被爆者や被爆2世が27日に広島市の平和公園を訪れ、「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」で献花し、犠牲者を追悼しました。


オバマ政権の核兵器削減数 冷戦後の政権で最低水準

核兵器なき世界を目指すとしたオバマ政権下の7年間で、アメリカが削減した核兵器の数はおよそ700発と、冷戦終結後の歴代政権の中で、依然最も低い水準にとどまっていることが、国防総省が新たに公開した資料で分かりました。


サミット首脳宣言 “世界経済の成長に政策を総動員”

G7伊勢志摩サミットは最終日を迎え、閉幕に先だって、討議の成果などを盛り込んだ首脳宣言を発表し、不透明感が増している世界経済を支えるため、G7各国が状況に応じて、財政出動をはじめ、政策を総動員していく姿勢を盛り込んだ「G7伊勢志摩経済イニシアチブ」を打ち出しました。


サミット 気候変動などテーマに2日目の討議始まる

G7伊勢志摩サミットは最終日の27日、気候変動などをテーマにした討議が午前9時すぎから始まり、去年、採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」の早期発効を目指し、G7が主導的な役割を果たしていくことなどを確認するものとみられます。


シリア 内戦による死者28万人超

内戦が続くシリアについて、イギリスに拠点を置く人権団体は死者がこれまでに28万人を超えたと発表し、内戦終結を目指す和平協議の再開が先延ばしになるなか、市民の犠牲が増え続けています。


難民乗せた船 相次ぎ転覆 今週だけで7000人超救助

ヨーロッパを目指す多くの難民や移民を乗せた船やボートが地中海で相次いで転覆し、イタリアの当局は今週だけで7000人以上を救助したことを明らかにしました。


宇宙ホテルの試験機 空気注入しても膨らまず

一般の人でも宇宙に滞在できるいわゆる、宇宙ホテルの試験機に空気を注入して膨らませ、居住空間を広くする作業が行われましたが、試験機は計画どおりに膨らまず、NASA=アメリカ航空宇宙局は作業を中止して、原因を調べています。


仏 労働法の改正案に反対する抗議デモ 混乱広がる

フランス政府が進める労働法の改正案に反対する抗議デモが各地で行われ、一部が暴徒化して警官隊と衝突する騒ぎになったほか、国内の製油所などでストライキが相次ぎ、市民生活に影響が出るなど、混乱が広がっています。


紛争などによる医療施設への攻撃 900人超の死者

WHO=世界保健機関は、紛争などによる医療施設の被害状況をまとめた初めての報告書を発表し、去年までの2年間で900人以上の死者が出たことを明らかにしました。


原爆の効果を説明する写真 広島の原爆資料館に寄贈へ

第2次世界大戦中に原爆を開発した、いわゆる「マンハッタン計画」の最高責任者が原爆の効果を説明するために使った写真が、アメリカのシンクタンクから近く、広島市の原爆資料館に寄贈されることになりました。


独首相 サミットの共同声明に構造改革の重要性盛り込む

G7伊勢志摩サミットで、世界経済の持続的な成長に向けて、各国が機動的な財政出動や、構造改革など政策を総動員することで一致したことについて、財政出動に消極的な立場のドイツのメルケル首相は、構造改革の重要性を盛り込むことでバランスがとれたという考えを強調しました。


トランプ氏 指名獲得に必要な代議員確保

アメリカ大統領選挙に向けて、共和党のトランプ氏は党の指名獲得に必要な過半数の代議員を確保し、民主党で指名獲得に大きく近づいているクリントン前国務長官との対決を念頭に、選挙戦を進めていく予定です。


オバマ大統領の広島訪問に中国と韓国 北朝鮮は

アメリカのオバマ大統領が被爆地、広島を訪問することを巡っては、中国や韓国、北朝鮮の政府やメディアがさまざまな見方を示しています。


エジプト航空機墜落から1週間 原因究明は長期化の見通し

エジプト航空の旅客機が地中海で墜落してから1週間が経ちましたが、飛行状況を記録したフライトレコーダーなどの回収作業は難航し、原因の究明は長期化する見通しです。


クリミア併合支持のゴルバチョフ氏 ウクライナ入国禁止に

旧ソビエト最後の指導者、ゴルバチョフ元大統領がロシアによるウクライナからのクリミア半島併合を支持する発言を行ったことに対して、ウクライナ政府は、ゴルバチョフ氏の入国を5年間禁止する措置を取り、クリミアを巡って両国の間で非難の応酬が続いています。


サミット テロ対策強化で協調方針確認 初日の討議終える

G7伊勢志摩サミットは26日夜、国際社会の喫緊の課題となっているテロ対策について、ICPO=国際刑事警察機構のデータベースや、航空機の乗客の予約記録を活用した対策の強化などに協調して取り組む方針などを確認して、初日の討議を終えました。


サミット 2日目は気候変動やエネルギーなどがテーマ

G7伊勢志摩サミットは、初日の討議で「世界経済が厳しい状況にある」としたうえで、各国が機動的な財政出動や構造改革など、政策を総動員することで、世界経済の持続的な成長を支えていくことで一致しました。2日目の27日は気候変動やエネルギーなどをテーマに討議し、首脳宣言を採択して閉幕します。


オバマ大統領 きょう広島訪問

アメリカのオバマ大統領は27日、現職の大統領として初めて被爆地、広島を訪問します。大統領は被爆者の人たちを前に所感を述べ、戦争のすべての犠牲者を追悼し、みずからが掲げる「核兵器のない世界」に向けたメッセージを発信することにしています。


サミット 各国首脳がバーミヤンの複製壁画を視察

G7伊勢志摩サミットの会場のホテルで、各国の首脳は、テロリストに破壊されたあと日本の技術で複製された文化財を視察し、安倍総理大臣はテロリストから文化財を守るため、情報交換などの対策を強化する必要があるとして、協力を要請しました。


日本とEUなど EPA交渉加速へ共同声明

伊勢志摩サミットに合わせて、日本とEU=ヨーロッパ連合、それにフランスやドイツなどの4か国はEPA=経済連携協定の交渉を進めるための会合を開き、「ことしのできるかぎり早い時期に、大筋合意に達する強い決意を再確認した」などとする共同声明を発表しました。


伊勢志摩サミット 中国の鉄鋼過剰生産に連携し対応を

G7伊勢志摩サミットでは貿易をテーマにした討議も行われ、中国で過剰に生産された鉄鋼製品などが各国の産業に悪影響を及ぼしている問題に、G7として連携し、対応していくことで一致しました。


オバマ大統領 広島訪問で核軍縮の必要性訴える考え

アメリカのオバマ大統領は記者会見で、北朝鮮が核実験を繰り返していることなどを指摘し、被爆地、広島への訪問で核軍縮に取り組む必要性を訴えたいという考えを強調しました。


世界銀行総裁 途上国税制整備支援し課税逃れ対策を

26日開幕したG7伊勢志摩サミットに合わせて来日している、世界銀行のキム総裁はNHKのインタビューに応じ、サミットでも議題となっている不正な課税逃れへの対策について、発展途上国の税制の整備を支援するなど、ほかの国際機関とも連携して対策を強化していく考えを示しました。


中国で巻きずし作りの体験 専門店がオープン

中国南部の広東省で、日本の巻きずしを買って食べるだけでなく、巻きずし作りの体験もできる初めての専門店が26日、オープンしました。


あすサミット拡大会合 東南アジア各国首脳ら続々到着

伊勢志摩サミットは2日目の27日、G7=主要7か国に加えて、東南アジアなど7か国の首脳らが参加する拡大会合が開かれます。これに合わせて、愛知県の中部空港には会合に参加する各国の首脳らが続々と到着しています。


日米韓 北朝鮮問題担当の高官協議開催へ

日本とアメリカ、韓国の3か国は、北朝鮮の朝鮮労働党大会後初めて、来月1日に北朝鮮問題を担当する高官による協議を東京で開催し、核やミサイル開発を推進する姿勢を示す北朝鮮の現状や今後の対応などを巡って意見を交わすことにしています。


シンガポールに日本式の大型入浴施設が完成

赤道直下のシンガポールに日本式の大型入浴施設が完成し、日本の温泉文化を気軽に楽しむことができるとして注目が集まっています。


来年のG7サミット イタリアのシチリア島で開催へ

来年、G7サミットの議長国を務めるイタリアのレンツィ首相は、来年のサミットをイタリア南部のシチリア島で行うことを明らかにしました。


NY原油市場 7か月半ぶり1バレル=50ドル台

ニューヨーク原油市場は、アメリカの原油の在庫が減少し、供給過剰な状態が和らぐという見方が広がったことから、原油の先物価格は一時、およそ7か月半ぶりに、節目となる1バレル=50ドル台に上昇しました。


NYのコンサート会場で銃撃事件 4人死傷

アメリカ、ニューヨーク中心部のコンサート会場で銃撃事件があり、1人が死亡、3人がけがをし、警察が逃走した犯人の行方を捜査しています。


伊勢志摩サミット 中国の海洋進出に懸念表明

G7伊勢志摩サミットが26日に開幕し、中国が南シナ海などで海洋進出の動きを活発化させていることについて、「力による現状変更は許されない」といった意見が相次ぎ、G7=主要7か国として懸念を表明し、今後も議論を続けていく重要性を確認しました。


伊勢志摩サミット「世界経済は厳しい状況」

26日に開幕したG7伊勢志摩サミットは、最初の討議で焦点の世界経済について意見を交わしました。各国の首脳は「世界経済が厳しい状況にある」という認識を共有したうえで、世界経済の持続的な成長に向けて機動的な財政出動や構造改革など政策を総動員することで一致しました。


小泉元首相 被ばくの元米兵支援で基金設立を

小泉元総理大臣は東京都内で講演し、東日本大震災の救援活動の際に、福島原発の事故で被ばくしたとして、東京電力などに損害賠償を求めているアメリカ軍の元兵士たちを支援するため、新たな基金を設立したいという考えを示しました。


サミット討議で首相「リーマンショック前と似た状況」

安倍総理大臣はG7伊勢志摩サミットで、世界経済の現状について、リーマンショックの前と似た状況にあるという考えを示しました。安倍総理大臣は、これまでリーマンショック級の出来事があれば、消費税率の引き上げを延期する可能性があるという認識を示しており、今後、引き上げ延期の見方がさらに強まることも予想されます。


中国 G7サミット強く意識 「G20が時代の潮流」

G7伊勢志摩サミットが開幕するなか、中国の王毅外相が26日、記者会見し、ことし9月に中国で開かれるG20サミットについて、メンバー国の経済規模が世界の8割以上を占めるとして、世界経済を話し合うのにより適した枠組みだという考えを強調しました。


オバマ大統領の献花 被爆者が立ち会いへ

オバマ大統領がアメリカの現職の大統領として初めて27日被爆地・広島を訪問します。オバマ大統領は広島市の平和公園で原爆慰霊碑に献花する予定で、その際、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会から少なくとも3人の被爆者が立ち会う見通しとなりました。


米軍関係者逮捕 米国務長官が謝罪の意を表明

岸田外務大臣は25日夜、アメリカのケリー国務長官と電話で会談し、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件について、ケリー国務長官は「深い悲しみと犯人への怒りを感じている」と述べたうえで、謝罪の意を表明しました。


EU大統領 G7に難民支援の強化求める

伊勢志摩サミットに参加するため日本を訪れている、EU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領が記者会見し、中東やアフリカなどから大勢の難民がヨーロッパに流入している問題について「世界的な危機だ」と述べ、G7が主導して難民の支援を強化するよう求めました。


韓国の被爆者団体 米政府に謝罪と賠償求める

アメリカのオバマ大統領が27日、被爆地・広島を訪問するのを前に、韓国人の被爆者で作る団体がソウルのアメリカ大使館の近くで集会を開き、アメリカ政府に対して謝罪と賠償などを求めました。


伊勢志摩サミットが開幕 最初の討議へ

G7伊勢志摩サミットは、伊勢神宮に到着したG7各国の首脳らを安倍総理大臣が出迎えて、開幕しました。各国の首脳は、26日午後、世界経済の持続的な成長に向けたG7の貢献策などをテーマに、最初の討議に臨むことにしています。


オバマ大統領の広島訪問 元米兵の同行は見送り

太平洋戦争中に旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵などで作る団体は、27日に広島を訪問するオバマ大統領に同行する意向を示していましたが、NHKの取材に対し、ホワイトハウスから招待できなくなったとの通知を受けたとして、訪問を見送ることを明らかにしました。


原爆の子の像 禎子さんの兄とトルーマン氏孫が講演

広島市の平和公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんの兄と、日本への原爆投下を承認したトルーマン大統領の孫が、共にアメリカ・ロサンゼルスの学校を訪れ、平和の大切さを訴えました。


トランプ氏 「クリントン氏は不誠実だ」と批判

アメリカ大統領選挙に向けて共和党の指名獲得を確実にしたトランプ氏は、民主党のクリントン前国務長官が私用のメールアドレスを公務に使っていたことが規則違反だと報じられたことを受けて、「クリントン氏は不誠実だ」などと批判しました。


クリントン氏のメール “規則違反と結論”報道

アメリカ大統領選挙に向け、民主党の指名獲得に大きく近づいているクリントン前国務長官が私用のメールアドレスを公務に使っていた問題で、アメリカの主要メディアは国務省の監察部門がクリントン氏の規則違反を結論づけたと伝え、今後の選挙戦に影響が出るとみられます。


サミット出席のG7各国首脳 全員日本に到着

26日、イタリアのレンツィ首相とドイツのメルケル首相に続いて、フランスのオランド大統領が専用機で愛知県の中部空港に到着し、これで伊勢志摩サミットに出席するG7各国の首脳は、全員日本に到着しました。


NY原油先物価格 7か月半ぶりの水準に値上がり

25日のニューヨーク原油市場は、アメリカの原油の在庫が減少し供給過剰な状態が和らぐという見方が広がったことから、原油の先物価格は一時1バレル=49ドル台後半に上昇し、およそ7か月半ぶりの水準に値上がりしました。


難民の就職機会増加を ドイツが新法制定へ

ドイツ政府は、難民や移民が社会に溶け込めるよう、就職の機会を増やしドイツ語の習得を義務づけることなどを盛り込んだ新たな法律を制定する方針を決め、大勢の難民が流入したことに対する国民の不安を払拭(ふっしょく)するねらいもあるものとみられます。


台湾新政権 沖ノ鳥島の判断転換 緊張解消目指すか

台湾で発足した民進党の蔡英文政権は、日本最南端の沖ノ鳥島沖の排他的経済水域を巡る日本との対立で、沖ノ鳥島を「島ではなく岩だ」とした前の政権の主張から、判断を明確にしない立場に事実上転換し、日本との緊張関係の解消を目指す姿勢を示したものとみられます。


NYダウ平均株価 140ドル以上 値上がり

25日のニューヨーク株式市場は、アメリカの景気の先行きに対して楽観的な見方が広がったことから買い注文が広がり、ダウ平均株価は140ドル以上、値上がりしました。


ロシア 実刑判決のウクライナ軍パイロットを解放

ウクライナ東部での戦闘でロシア人記者ら2人の殺害に関わったなどとしてロシアの裁判所で実刑判決を受けたウクライナ軍の女性パイロットが解放され、ロシアとしては、G7サミットを前にウクライナ問題に誠実に取り組む姿勢をアピールするねらいもあるとみられます。


イラクとシリアでIS地域奪還作戦 市民犠牲の懸念も

過激派組織IS=イスラミックステートからの支配地域の奪還に向けて、アメリカなどの支援を受けた軍事作戦がイラクとシリアで進められ、戦闘が激しくなるにつれ、市民が巻き添えになることが懸念されています。


首脳宣言原案 海洋安全保障は中国の動向念頭に

G7伊勢志摩サミットで発表される首脳宣言の原案に、海洋の安全保障について、南シナ海で拠点構築を進める中国の動向を念頭に、緊張を高めうる一方的な行動を自制し、力や威圧を用いないことの重要性を再確認するなどと明記されていることが分かりました。


日米首脳会談 地位協定の運用改善などで信頼回復を

安倍総理大臣は25日夜、アメリカのオバマ大統領と日米首脳会談を行い、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件について強く抗議したのに対し、オバマ大統領は深い遺憾の意を表明しました。そして両首脳は、事件の全容解明と日米地位協定の運用の改善などに協力して取り組み、信頼回復に努めていくことで一致しました。


G7伊勢志摩サミット きょう開幕

G7伊勢志摩サミットが、26日開幕します。議長を務める安倍総理大臣は、最重要テーマと位置づける世界経済の持続的な成長に向けて、財政出動も含めた政策協調を打ち出したい考えで、G7各国の間に意見の違いもあるなかで、明確な方向性を示す首脳宣言を取りまとめることができるのかが焦点です。


仏開幕の欧州選手権 テロ警戒に警察官など9万人

去年、2度のテロに見舞われたフランスで、来月開幕するサッカーのヨーロッパ選手権の期間中、フランス政府は警察官など9万人を動員して厳重なテロ警戒に当たる方針を明らかにしました。


オバマ大統領 南シナ海巡り中国をけん制

アメリカのオバマ大統領は共同記者発表で、中国とベトナムやフィリピンなどが領有権を争っている南シナ海の問題について、「緊張はわれわれが起こしたものではなく、平和的な解決を妨げているのもわれわれではない。中国とベトナムが対話し、紛争を解決してもらいたい。アメリカはどちらか一方の側につくことはしない」と述べました。そのうえで「解決できるかどうかは中国にかかっている」として、海洋進出を強める中国を改めてけん制しました。


オバマ大統領 広島訪問で「核兵器ない世界 目標再確認」

日米首脳会談後の共同記者発表で、アメリカのオバマ大統領は被爆地の広島を訪問することについて、「第2次世界大戦で犠牲になったすべての人たちを追悼するためのものだ。そして核兵器のない世界という共通の目標を再確認するとともに、数十年かけて培ってきた日米の特別な同盟関係に光を当てるものだ」と述べました。


首相 「ハワイを訪問する計画はない」

安倍総理大臣は、オバマ大統領の広島訪問に関連してアメリカの記者から「パールハーバーを訪問する考えはあるか」と質問されたのに対し、「現在、私はハワイを訪問するという計画はないが、昨年、戦後70年の節目にアメリカを訪問し、アメリカ議会の上下両院の合同会議でスピーチを行った」と述べました。


日英首脳会談 世界経済成長へ力強いメッセージを

26日からのG7伊勢志摩サミットを前に、安倍総理大臣は25日夜、イギリスのキャメロン首相と会談し、世界経済の成長にとって、日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定などを推進する、力強いメッセージを今回のサミットで出すことが重要だという認識で一致しました。


首相 世界経済「力強い成長をG7でけん引」

安倍総理大臣は「最大のテーマである世界経済については、世界の持続的かつ力強い成長をG7でしっかりけん引していかなければならないという認識で一致した。サミットでは、日米で緊密に連携し、国際的な諸課題の解決に向けた道筋をしっかり示していきたい」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「日米が深い絆のもとに、これからも希望の同盟として力を合わせ、地域、そして世界の平和と繁栄に貢献していく、オバマ大統領と共にその決意を新たにした」と述べました。


首相 オバマ大統領広島訪問で「力強いメッセージを」

安倍総理大臣は25日夜、アメリカのオバマ大統領との日米首脳会談を行ったあと、共同の記者発表で、27日のオバマ大統領の広島訪問の際に、日米が手を携えて世界の平和と繁栄に今後とも力を尽くしていく力強いメッセージを発信したいという考えを示しました。


オバマ大統領 沖縄の事件「心からの哀悼と深い遺憾の意」

アメリカのオバマ大統領は、安倍総理大臣との首脳会談のあとの共同記者発表で、沖縄のアメリカ軍の軍属の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件について、心からの哀悼と深い遺憾の意を表明するとともに、再発の防止に全力を挙げる考えを表明しました。


首相 沖縄の事件で断固抗議 厳正な対応求める

安倍総理大臣は25日夜、アメリカのオバマ大統領との日米首脳会談を行ったあと、共同の記者発表で、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件について、オバマ大統領に抗議するとともに、実効性のある再発防止策の徹底など、厳正な対応を求めたことを明らかにしました。そして、沖縄県民の安全・安心を確保するための対策の検討を菅官房長官に指示したことを明らかにしました。


日米首脳会談 終了

26日からのG7伊勢志摩サミットを前に、25日夜に行われた安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領との日米首脳会談が、午後10時36分、終了しました。


「世界ウイグル会議」代表 国際社会の支援訴え

中国国外に住むウイグルの人たちの組織の代表が25日、都内で記者会見し、「中国では宗教活動などに対する厳しい統制が敷かれており、外国に逃れたウイグルの人たちは1万人に上っている」として、国際社会の支援を訴えました。


日米首脳会談 始まる

26日からのG7伊勢志摩サミットを前に、安倍総理大臣は25日午後9時半ごろからアメリカのオバマ大統領との日米首脳会談に臨んでおり、サミットの成功に向けて協力を確認するとともに、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件を受けて、実効性のある再発防止策を求めているものとみられます。


国連パン事務総長が訪韓 大統領選巡り言動に注目

国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が韓国を訪れ、来年行われる韓国の大統領選挙にパン氏が与党の候補として立候補するのではないかという観測が流れていることから、韓国滞在中の言動に注目が集まっています。


シリアのロシア軍使用基地をISが攻撃 ロシアは否定

アメリカのシンクタンクは、内戦が続くシリアでロシア軍が使用している基地を過激派組織IS=イスラミックステートが攻撃し、ヘリなどが破壊されていたことが衛星写真などから確認できたと発表しました。ロシア国防省はこれを否定していますが、事実だった場合、ロシア国内でシリアでの軍事作戦に対する批判が出る可能性もあります。


タイで少年にわいせつ行為の疑い 日本人の男逮捕

タイ北部のチェンマイで、滞在していたゲストハウスにタイ人の少年を連れ込みわいせつな行為をしたとして、25日、49歳の日本人の男がタイの警察に逮捕されました。


タリバンが最高指導者の死亡を発表 米軍の空爆で

アフガニスタンの反政府武装勢力・タリバンは、最高指導者のマンスール師がアメリカ軍の空爆で死亡したと明らかにするとともに、組織のナンバー2の指導者を後継者に選んだと発表しました。


トヨタがマレーシアに乗用車専用の新工場建設へ

トヨタ自動車はマレーシアに乗用車専用の新たな工場を建設すると発表し、中間層が厚みを増しているマレーシア国内での販売を強化することにしています。


ASEAN国防相会議 「航行の自由」の重要性強調

ASEAN=東南アジア諸国連合の国防相会議がラオスで開かれ、中国が軍事的な動きを強める南シナ海について、国際法にのっとった「航行の自由」の重要性を強調した共同宣言を採択しました。


オバマ大統領 日本に到着 日米首脳会談へ

アメリカのオバマ大統領は、伊勢志摩サミットへの出席と被爆地、広島訪問のため、25日夜、日本に到着しました。


サミット 世界経済に関する首脳宣言の原案明らかに

G7伊勢志摩サミットで最大のテーマとなる、世界経済に関する首脳宣言の原案が明らかになりました。「経済成長、雇用創出および信認を強化するため機動的に財政戦略を実施し、構造政策を果断に進めることに関し、協力して取り組みを強化することの重要性に合意する」として、財政出動を含め、G7が協調して世界経済の成長に貢献する姿勢を打ち出しています。


伊勢志摩サミット開幕前に 今夜 日米首脳会談へ

G7伊勢志摩サミットが26日に開幕します。これを前に、安倍総理大臣は25日夜、アメリカのオバマ大統領との日米首脳会談に臨み、サミットの成功に向けて、世界経済やテロ対策などで日米間の協力を確認するほか、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件を受けて、実効性のある再発防止策を求めることにしています。


ロシア陸連 ドーピング違反ならリオ五輪出場させず

IOC=国際オリンピック委員会が2008年北京オリンピックのドーピング検査で採取した検体を再検査した結果、ロシアの選手14人に違反の疑いがあった問題で、ロシア陸上競技連盟は、違反が確認された場合、リオデジャネイロオリンピックに出場させない方針を示しました。


タイ 憲法草案発表 軍の影響力強く残す内容

2年前にクーデターが起き、軍主導の暫定政権が政府を運営する東南アジアのタイで、民政復帰に向けて新しい憲法の草案が国民に発表されましたが、軍の影響力を強く残す内容だとして批判の声が上がっています。


オバマ大統領 ベトナムから日本に向けて出発

アメリカのオバマ大統領はベトナム訪問を終え、伊勢志摩サミットへの出席と被爆地・広島訪問のため、日本に向けて出発しました。


中国の通貨基準値 約5年ぶり元安水準

中国の通貨、人民元の為替相場は、市場でアメリカが追加の利上げに踏み切るのではないかという観測が強まっていることなどから、このところドルに対して元安傾向が続いていて、中国当局が発表する1日の取り引きの目安となる値は、25日、およそ5年ぶりの元安水準となりました。


トヨタ 米IT企業ウーバーと提携を検討

トヨタ自動車は、スマートフォンのアプリを通じて配車サービスを手がけるアメリカのウーバーと提携に向けた検討を始めたことを明らかにし、自動車メーカーがIT企業と関係を強化する動きが相次いでいます。


ユーロ圏 ギリシャに新たに1.3兆円支援へ

ユーロ圏各国は財務相会議を開き、厳しい財政状況が続くギリシャに対し、およそ1兆3000億円に上る支援を実行することで合意し、懸案となっていたギリシャの債務負担の軽減についても実施する方針を示しました。


日米首脳会談 サミット前に今夜実施で最終調整

菅官房長官は午前の記者会見で、26日に開幕するG7伊勢志摩サミットを前に、25日午後9時半から安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領による日米首脳会談を行うことで最終調整していることを明らかにしました。


米の核軍縮求める団体 大統領は具体的行動を

アメリカのオバマ大統領が被爆地、広島を訪問することについて、アメリカ国内の核軍縮を求める団体からは、ことばだけでなく、自国の核兵器の削減や核兵器の近代化計画の中止など具体的な行動を求める声が高まっています。


中国 イスラム教専門学校を海外メディアに公開

中国政府は新疆ウイグル自治区で、イスラム教を専門に学ぶ学校を一部の海外メディアに公開し、抑圧的だと指摘されている宗教政策を正当化するとともに、少数民族に配慮しているという姿勢をアピールするねらいがあるものとみられます。


グーグルを脱税などの疑いで捜索 仏検察当局

フランスの検察当局は、アメリカのIT大手グーグルのフランス法人の事務所を、脱税などの疑いで家宅捜索したと発表し、不正に課税を逃れていなかったか調べを進めています。


ISの「首都」周辺 クルド人部隊などが軍事作戦

内戦が続くシリアで、クルド人などの部隊が、過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づける北部の都市の周辺で、大規模な軍事作戦に乗り出しました。


アジアなどのLCC国際会議 成田で開催へ

アジア・オセアニア地域を拠点とするLCC=格安航空会社が集まり、各国の空港関係者などと意見を交わす国際会議が来月、千葉県成田市で開かれることになりました。


台湾の対日窓口トップ 蔡総統の側近が就任へ

民進党の蔡英文政権が発足した台湾で、日本との窓口機関「亜東関係協会」の新しいトップに、蔡総統の側近の邱義仁元総統府秘書長が就任する見通しとなり、中国と距離を置く新政権が対日関係を重視する姿勢を表すものとなりそうです。


NY市場 平均株価 210ドル以上値上がり

24日のニューヨーク株式市場は、アメリカの住宅市場に関する指標がよかったことから買い注文が広がり、ダウ平均株価は210ドル以上値上がりしました。


世界人道サミット閉幕 人道危機対応 G7に協力要請へ

紛争や自然災害に伴う人道危機への支援をテーマに開かれた「世界人道サミット」が閉幕し、国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は、シリアなどの難民への長期的な支援などを盛り込んだ議長総括を発表するとともに、G7伊勢志摩サミットに参加する各国首脳に、この問題への一層の協力を求める考えを示しました。


ギリシャ 北部国境地帯に足止めの難民を施設へ移送

ギリシャ政府は、北部の国境地帯で足止めされた状態が続いている、シリアなどからの難民や移民8000人余りを、国内の施設に移送する措置を開始しましたが、ドイツなどを目指す難民たちの間で、混乱が起きることも懸念されています。


地中海渡る難民の死者数 今月に入り大幅に減少

IOM=国際移住機関は、中東などから地中海を渡ってヨーロッパに向かう際に命を落とす難民や移民の数が、今月に入って大幅に減少したことを明らかにし、EU=ヨーロッパ連合とトルコとの合意でギリシャに渡るケースが減っていることが背景にあると指摘しました。


オバマ大統領 お忍びでハノイ名物に舌鼓

ベトナムを訪れているアメリカのオバマ大統領は、ハノイ市内にある庶民的なレストランをお忍びで訪れ、ハノイ名物の麺料理に舌鼓を打ちました。


日米・日英の首脳会談 サミットを前に今夜開催へ

26日に開幕するG7伊勢志摩サミットを前に、安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領、イギリスのキャメロン首相との個別の首脳会談が、25日夜に行われることが固まりました。


インドネシア 最大の港湾施設を円借款で開発へ

インドネシアのジョコ大統領は、国内最大となる新たな港湾施設を日本の円借款を受けて開発する方針を決め、伊勢志摩サミットの拡大会合にあわせて来日し、その内容を日本政府に正式に伝えることにしています。


ウクライナ東部で戦闘 政府軍兵士7人死亡

ウクライナ東部で政府軍と親ロシア派の戦闘が起き、政府軍の兵士7人が死亡しました。政府軍の1日の犠牲者としてはこの1年間で最悪となり、ウクライナ情勢については26日開幕するG7伊勢志摩サミットでも意見が交わされる見通しです。


日本・カナダ首脳会談 世界経済の成長に協力で一致

安倍総理大臣はG7伊勢志摩サミットに出席するため日本を訪れているカナダのトルドー首相と会談し、サミットの最重要テーマとなる世界経済の持続的な成長に向けてG7が力強いメッセージを打ち出せるように両国が協力していくことで一致しました。


ISがシリア爆弾テロの犯行声明 150人以上が死亡

シリア北西部にある2つの町で23日、爆弾テロが相次いで150人以上が死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートは、アサド政権とロシアへの報復だと犯行を認める声明を出しました。


米大統領 南シナ海の航行自由守る活動 継続を強調

ベトナムを訪れているアメリカのオバマ大統領は、首都ハノイで演説し、南シナ海で航行の自由を守るための活動を継続する考えを強調し、海洋進出を強める中国をけん制しました。


米国防総省 日米地位協定見直しは運用の改善で

沖縄のアメリカ軍関係者の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件を受けて、日米地位協定の見直しを求める声が上がっていることについて、アメリカ国防総省の報道担当者は、改定ではなく運用の改善で対処していくという考えを示しました。


フィリピンの「残留日本人」 外務省が初調査

太平洋戦争の混乱で、日本人の父親と離ればなれになるなどしてフィリピンに取り残されたいわゆる「残留日本人」について、日本の外務省が24日、現地で初めての調査を行い、日本国籍の取得を求める人たちから当時の状況などを聞き取りました。


サミットで来日 カナダ首相が明治神宮に参拝

G7伊勢志摩サミットに合わせて23日に来日したカナダのトルドー首相は、安倍総理大臣との首脳会談を前に、24日午前、東京・明治神宮に参拝しました。


ブラジル暫定政権の閣僚 汚職事件の捜査妨害を計画か

大統領に対する弾劾裁判が開かれるのを受け、暫定政権が発足したばかりのブラジルで、新しい閣僚の1人がみずからが捜査対象になっている汚職事件について捜査妨害を計画していたと報じられ、一時的に職務から離れる事態に追い込まれ、政治のさらなる混迷が懸念されています。


中国の北朝鮮レストラン 従業員がまた亡命の動き

韓国政府は、中国にある北朝鮮のレストランから複数の従業員が韓国への亡命を希望して中国から別の国に移動したことを明らかにし、先月、同じように13人が集団で亡命したのに続く動きとして注目されています。


新しい駐日韓国大使に“知日派”起用へ

韓国政府は、新しい駐日大使として韓国外務省出身で知日派として知られるイ・ジュンギュ(李俊揆)氏を起用することを内定し、今後、慰安婦問題を巡る合意の履行などの懸案について日本政府との調整にあたることになります。


沖縄・米軍関係者事件 米国防長官 “日本の司法当局で捜査を”

中谷防衛大臣は、沖縄のアメリカ軍関係者の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件を受けて、先週、アメリカのカーター国防長官と電話で会談した際に、カーター長官から、日本の司法当局で捜査が行われるべきだという趣旨の発言があったことを明らかにしました。


米文化人が大統領に書簡 “広島で謝罪せずの方針再検討を”

アメリカのオバマ大統領が今週、被爆地・広島を初めて訪問するのを前に、映画監督のオリバー・ストーン氏などアメリカの文化人およそ70人が大統領に対して被爆者との面会を求め、謝罪しないという方針の再検討を促す書簡をホワイトハウスに送付しました。


トランプ氏の支持率 クリントン氏を上回る 米世論調査

ことし11月に行われるアメリカ大統領選挙で、共和党の指名獲得を確実にしたトランプ氏が、最新の世論調査の平均値で、民主党のクリントン前国務長官を初めて上回り、本選挙に向けた争いが激しくなっています。


ケニアで野党支持者らのデモ隊に催涙弾 死傷者も

東アフリカのケニアでは、来年の大統領選挙を前に野党の支持者らが選挙管理委員会への抗議デモを各地で続けていて、23日には、警察がデモ隊に催涙弾を発射し、地元のメディアは衝突で死傷者が出ていると伝えています。


イラク軍 IS支配のファルージャ奪還作戦 難航も

イラク政府軍は、過激派組織IS=イスラミックステートが支配する中部の都市ファルージャの奪還に向けた作戦を進め、街の一部を抑えたとしていますが、市街地には地雷が仕掛けられていることなどから作戦は難航も予想されます。


“米軍機が旅客機と衝突の危険性” ロシアが米側に抗議

ロシア国防省は、日本海上空のロシア側の管制区域内でアメリカ軍の偵察機が、日本からヨーロッパに向かっていた旅客機に異常接近し衝突する危険性があったとして、アメリカ側に抗議したことを明らかにしました。


EU 難民対策で経由地リビアの沿岸警備隊を支援へ

EU=ヨーロッパ連合は23日、外相会議を開き、難民や移民の流入を抑える対策の一環として、経由地の一つとなっているリビアの沿岸警備隊を支援し難民を搬送する密航業者の取締りを強化する方針を決めました。


イランの要衝港の開発でインドが資金協力へ

インド洋に近く戦略的な要衝とされるイランの港の開発に向けて、インドが資金協力を行うことになり、同じくこの海域を重視する中国の進出に、対抗するねらいがあるとみられています。


オーストリア大統領選決選投票 極右候補敗れる

オーストリアの大統領選挙の決選投票で、リベラル政党の候補が、1回目の投票でトップだった極右政党の候補を破って当選し、背景には極右政党が台頭することへの危機感の高まりがあったとみられています。


イエメンで爆発40人死亡 ISが犯行声明

中東のイエメンにある軍の施設で、2件の爆発が相次ぎ、少なくとも40人が死亡しました。このあと過激派組織IS=イスラミックステートが犯行を認める声明を出し、内戦状態が続くイエメンでもISなど過激派組織が活動を活発化させることが懸念されています。


国際人権団体 中国がチベットで監視強化と非難

中国政府のチベット政策について国際人権団体が報告書をまとめ、このところ農村部にまで監視が強化され、政府の政策への批判などを理由に不当な身柄拘束が相次いでいると非難しました。これに対し、中国政府は、状況を客観的に見るべきだと強く反発しました。


英国民投票へ1か月 EU離脱巡り激しい論戦

6月、イギリスで行われるEU=ヨーロッパ連合から離脱の賛否を問う国民投票まで1か月となった23日、キャメロン首相が演説でEUからの離脱は景気後退を招くことになると警告したのに対し、離脱を支持する議員はEUの規制は企業に負担を強いていると訴え、論戦は激しさを増しています。


世界人道サミット始まる 難民支援で協力求める

紛争や自然災害に伴う人道危機への支援の在り方を話し合う「世界人道サミット」が始まり、初日の議論では、各国やNGOがシリア難民への支援などで連携を深める必要性を強調したものの、紛争の責任を巡っては立場の違いが表面化する場面も見られました。


シリアで連続爆弾テロ 140人以上死亡

シリア北西部にある2つの町で23日、爆弾テロが相次ぎ140人以上が死亡しました。これについて過激派組織IS=イスラミックステートとつながりがあるメディアはISが実行したと伝えましたが、アサド政権は、反政府勢力内の別の武装グループの犯行との見方を示し、情報が錯そうしています。


タジキスタン 現職大統領にかぎり「終身」への道開く

中央アジアのタジキスタンで、憲法改正の是非を問う国民投票が行われた結果、現職のラフモン大統領に限っては、大統領の3選を禁じた憲法の規定を適用せず、終身大統領への道が開かれることになりました。


米大統領 最高指導者死亡でタリバンに和平呼びかけ

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの最高指導者マンスール師について、オバマ大統領はアメリカ軍の空爆で死亡したことを確認し、和平に応じるようタリバンに呼びかけました。


首相 G7協調で政策進めるメッセージ打ち出す決意

安倍総理大臣は自民党の役員会で、今週、開幕するG7伊勢志摩サミットで、不透明感が増す世界経済に対応するため、G7が協調して政策を進めていく強いメッセージを打ち出したいという決意を示しました。


スリランカ 大雨の死者90人超に

南アジアのスリランカでは、先週の大雨による死者が90人を超え、地元当局は、依然として100人以上の行方が分かっていないとして、捜索活動を続けています。


イラク軍 IS支配のファルージャ奪還へ攻勢

イラクの政府軍は、過激派組織IS=イスラミックステートが支配する中部の都市ファルージャの奪還に向けた軍事作戦を開始し、周辺の一部地域を制圧するなど地上部隊が空爆と連動して、ISに対する激しい攻撃を続けているもようです。


独バイエル 遺伝子組み換え種子の米企業に買収提案

ドイツの大手医薬品メーカー、バイエルは、遺伝子組み換え種子の製造・販売で世界最大手のアメリカのメーカーに対し、日本円にしておよそ6兆8000億円で買収するという提案を行ったと発表しました。


日本と台湾 海洋問題協議の新たな枠組みを設置へ

新政権が発足したばかりの台湾と日本の双方の窓口機関は、沖ノ鳥島沖の日本の排他的経済水域を巡る対立など緊張関係の解消に向けて、海洋協力に関する新たな協議の枠組みを設置することを発表しました。


シリアで7回の爆発 78人死亡 ISの犯行か

シリア北西部にある2つの町で、爆弾を積んだ車などによる爆発が7回相次いで、これまでに少なくとも78人が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステートにつながりのあるアマーク通信は、ISが実行したものだと伝えました。


中国でスパイ容疑で拘束の日本人 当局が1人起訴

中国でスパイ行為に関わった疑いで日本人4人が逮捕された問題で、このうち、浙江省内で去年5月に身柄を拘束された50代の男性が中国の捜査当局に起訴されたことが分かりました。


世界人道サミット トルコで開幕

紛争や自然災害に伴う人道危機に対応するため、世界各国の指導者やNGOなどが初めて一堂に会し、支援の在り方を話し合う世界人道サミットがトルコで開幕しました。厳しい状況に置かれているシリア難民への支援などに、国際社会が一致して取り組む姿勢を示せるかどうかが問われています。


日韓の国宝の仏像そろって展示 ソウルで開催へ

日本と韓国の仏教を通じた交流の歴史を物語る両国の国宝の仏像をそろって特別に展示する初めての催しが、24日からソウルで開かれます。


サミット前にカナダ首相来日 海外首脳で最も早く

伊勢志摩サミットの開幕が3日後に迫るなか、カナダのトルドー首相が海外の首脳の中では最も早く、23日夕方、来日しました。


ケネディ駐日大使 事件後初の沖縄訪問 米が検討

アメリカ政府は、沖縄のアメリカ軍関係者の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件のあと初めてとなる、ケネディ駐日大使の沖縄への訪問を検討していることを明らかにしました。


経団連会長 協調して財政出動 サミットで合意を

今週開幕する伊勢志摩サミットについて、経団連の榊原会長は23日の記者会見で、G7=主要7か国が世界経済の持続的な成長に向け、協調して財政出動を実行することで合意することに期待感を示しました。


米大統領 ベトナムへの武器禁輸 全面解除を表明

アメリカのオバマ大統領はベトナムでクアン国家主席と会談して、ベトナムへの武器の輸出を禁止する措置を全面的に解除する考えを表明し、南シナ海で海洋進出を強める中国をけん制するねらいがあるとみられます。


インド版スペースシャトル 試験打ち上げに成功

インド政府は23日、将来の実用化を目指すインド版のスペースシャトルを初めて試験的に打ち上げることに成功したと発表し、宇宙分野の研究開発を一層進めていく方針を強調しました。


前広島市長 大統領は被爆者から直接話を聞く機会を

アメリカのオバマ大統領が今週広島を訪問するのを前に、前広島市長の秋葉忠利さんが東京都内で会見し、オバマ大統領は被爆者から直接話を聞く機会を作るべきだという考えを示しました。


台湾新政権 学生運動巡る前政権の告訴を撤回

台湾でおととし起きた、中国との経済協定に反対する大規模な学生運動で、今月20日に発足した民進党の蔡英文政権は、運動に参加した学生などに対して前の国民党政権が行った告訴を撤回すると発表し、中国との融和的な立場を取った前政権との違いを一層明確にしています。


タイ 学校の宿舎で火災 子ども17人が死亡

タイの北部にある学校の寮で22日夜火災があり、逃げ遅れた5歳から12歳の女子児童17人が死亡し、現地の警察が出火の原因を調べています。


イラク IS支配のファルージャ奪還作戦を開始

イラクのアバディ首相は、首都バグダッドの西で、過激派組織IS=イスラミックステートが2年以上にわたって支配を続けるファルージャを奪還するための軍事作戦の開始を宣言し、イラク政府軍は、住民が避難する経路を確保しながら慎重に作戦を進めるものとみられます。


ギリシャ 新財政改革案可決 EU支援決まるか注目

厳しい財政状況が続くギリシャで増税を柱とする新たな法案が議会で可決され、24日のユーロ圏財務相会議で、次の支援の実行が決まるかが注目されます。


脱税や課税逃れを防止 日本とパナマが協定へ

いわゆるパナマ文書の問題を受けて、日本とパナマの両国は、脱税や国際的な課税逃れを防ぐため、金融機関の口座の名義や預金残高などの情報を互いに交換する協定を結ぶことで実質的に合意しました。OECD=経済協力開発機構が進めている国際的な枠組みに沿ったもので、パナマが定期的な情報交換を盛り込んだこうした協定を結ぶのは初めてです。


オバマ大統領 単独インタビューの内容をすべて掲載

アメリカのオバマ大統領は、今月25日から日本を訪れるのを前に、NHKの単独インタビューに応じました。全容は次のとおりです。


オーストリア大統領選 極右政党候補が僅差でリード

極右政党の国家元首が誕生するかどうか注目されているオーストリアで、大統領選挙の決選投票が行われ、極右政党の候補が僅かの差でリードしていますが、大接戦のため、結果の判明は郵便投票の開票後になる見通しです。


トルコ新首相に大統領側近が就任へ

トルコでは、辞任を表明したダウトオール氏の後任の新しい首相にユルドゥルム運輸海事通信相が就任することになり、エルドアン大統領は、みずからにより忠実な側近を首相に据えることで、強権的とされる政治手法をますます強めるものとみられます。


タイ クーデターから2年 バンコクで抗議デモ

タイでクーデターが起きてから2年となる22日、首都バンコクでデモ行進が行われ、参加者たちが軍主導の暫定政権に対し、早期の民政復帰を訴えました。


世界人道サミット きょう トルコで開幕

紛争や自然災害に伴う人道危機に対応するため、世界各国の指導者やNGOなどが初めて一堂に会し、支援の在り方を話し合う「世界人道サミット」が、23日、トルコで開幕し、厳しい状況に置かれたシリア難民への支援などに国際社会が一致して取り組む姿勢を示せるかが問われることになります。


イギリス EU離脱の場合 日本企業への影響は

EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問うイギリスの国民投票まで23日で1か月となりました。イギリスがEUから離脱した場合、日本の企業にとってもさまざまな影響が出ると指摘されています。


イギリス EU離脱の賛否問う国民投票まで1か月

EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問うイギリスの国民投票まで23日で1か月となり、離脱は経済的に大打撃となると主張する「残留派」と、移民問題などの解消を求める「離脱派」の間で、世論を二分する激しい論戦が繰り広げられています。


伊勢志摩サミット 今週26日開幕へ

G7伊勢志摩サミットが今週26日に開幕します。議長を務める安倍総理大臣は、中国が議長国を務めることし9月のG20サミットに向けて、G7の結束や指導力を示す強いメッセージを打ち出したい考えで、世界経済への対応など各国の考え方に違いがある分野でどこまで踏み込んだメッセージを出せるかが焦点です。


米国務長官 ミャンマー経済制裁 今後も継続

アメリカのケリー国務長官がミャンマーを訪れて、外相を務めるアウン・サン・スー・チー氏と会談し、さらなる民主化を後押しするためには、旧軍事政権の関係者を対象にした経済制裁を今後も続ける必要があると述べ、理解を求めました。


タジキスタン 憲法改正の是非を問う国民投票

中央アジアのタジキスタンで、現職のラフモン大統領に限って何期でも大統領を務めることを可能にするなどとした憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、野党勢力は、ラフモン氏が終身大統領をねらっているなどとして投票のボイコットを呼びかけました。


アフガン政府「タリバン最高指導者が米軍空爆で死亡」

アフガニスタン政府は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者マンスール師がアメリカ軍の空爆を受けて死亡したと発表しました。アメリカ政府としてはアフガニスタンで和平を実現させたいねらいがあるとみられますが、タリバンが反発することも予想されます。


バングラデシュにサイクロン上陸 21人死亡

バングラデシュ南部に猛烈な風を伴ったサイクロンが上陸し、地滑りが相次ぐなどして、これまでに少なくとも21人が死亡しました。沿岸部の広い範囲で建物が水につかり、およそ50万人が避難しています。


IS 断食月にテロ促す音声メッセージ ネットで公開

過激派組織IS=イスラミックステートは、欧米の国々で暮らす支持者に対して、来月上旬から始まるイスラム教の断食の月の間に自国でテロを行うよう促す音声メッセージを21日、インターネット上に公開し、欧米の国々を動揺させるねらいがあるとみられます。


官房長官 サミット前に会場のホテルや取材拠点を視察

菅官房長官は、今週開幕する伊勢志摩サミットを前に、首脳会議が開かれる三重県のホテルなどを視察し、G7=主要7か国が世界経済の持続的な成長を主導するという力強いメッセージを発信できるよう、調整を進める考えを示しました。


オバマ大統領単独インタビュー「核兵器巡る最大の課題は北朝鮮」

アメリカのオバマ大統領はNHKの単独インタビューに応じ、みずからが掲げる「核兵器のない世界」を目指すうえで、「最大の課題は北朝鮮の核開発計画の脅威だ」と述べ、国際社会は一段と厳しい対応を取る必要があるという考えを示しました。


太平洋戦争中に捕虜となった元米兵 大統領と広島訪問へ

太平洋戦争中に旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵などで作る団体は、オバマ大統領の広島訪問を前に記者会見し、メンバーたちが「大統領は、われわれの苦しみについても広島で話すべきだ」などと思いを述べるとともに、ホワイトハウスの打診を受けて、メンバーがオバマ大統領と一緒に広島を訪問することを明らかにしました。


インドネシア スマトラ島で噴火 火砕流で6人死亡

インドネシアのスマトラ島にある火山が噴火し、火砕流に巻き込まれるなどして合わせて6人が死亡、3人が大けがをしました。政府は、ほかにも巻き込まれた人がいないか、周辺を捜索しています。


共産党支配のベトナム 国会議員選挙 独立系の議席確保に注目

ベトナムで22日、5年に1度の国会議員選挙が行われ、共産党による一党支配の下で、党などの推薦を受けない独立系の議員がどれだけ議席を確保できるか注目されます。


オバマ大統領単独インタビュー 持続的成長へメッセージを

アメリカのオバマ大統領はNHKの単独インタビューに応じ、伊勢志摩サミットでは世界経済の持続的な成長に向けて、貿易の拡大など適切な措置を取るためのメッセージを発信することに期待を示すとともに、南シナ海や北朝鮮の問題を協議したい考えを明らかにしました。


G7首脳宣言案 “女性の活躍で農業の担い手確保を”

伊勢志摩サミットでG7=主要7か国がまとめる首脳宣言のうち、「食料安全保障」分野の内容が明らかになりました。途上国を飢餓から救うため、先進国の農業は女性が活躍することで担い手を確保していくことなどが盛り込まれる見通しです。


オバマ大統領単独インタビュー 核兵器のない世界 広島から発信

アメリカのオバマ大統領は、今月25日から日本を訪れるのを前に、NHKの単独インタビューに応じました。この中でオバマ大統領は、現職のアメリカの大統領として初めてとなる被爆地、広島への訪問で発するメッセ―ジには、謝罪は含まれないものの、罪のない大勢の人々が犠牲になった戦争の悲惨さと「核兵器のない世界」を訴えることを明らかにしました。また、かつて敵国どうしだった日米両国が今や最も緊密な同盟国になったことが、世界平和に向けた成功例だという認識を示しました。


北朝鮮が南北実務協議提案 韓国は応じない見通し

北朝鮮の国防省に当たる人民武力省は、今月末か来月初めに南北の軍当局による実務協議の開催を韓国軍に提案しましたが、韓国側はこれに応じない見通しで、提案された時期以降に北朝鮮側がどのような出方を見せるのか注目されます。


タイ 軍事クーデターから2年 民政復帰は不透明

東南アジアのタイで軍事クーデターが起きてから、22日で2年となります。軍主導の暫定政権は、新しい憲法を制定したうえで、来年、民主的な政権に移行するとしていますが、新憲法の草案に対しては、軍の影響力を残す内容だとして批判の声が上がっていて、民政復帰の道筋は不透明なままです。


台湾新政権 中国寄りと批判の学習指導要領廃止へ

台湾で20日に発足した、独立志向が強いとされる民進党の蔡英文政権は、前の政権が改訂し、中国寄りだと批判された、社会科など高校の学習指導要領の一部を廃止すると発表し、教育分野で台湾の主体性を重視する独自色を打ち出した形です。


オバマ大統領 サミットや広島訪問などへ出発

アメリカのオバマ大統領は、ベトナムで首脳会談などを行うほか、日本で伊勢志摩サミットに出席するとともに、被爆地、広島を訪問するため、日本時間の22日未明、ワシントンを出発しました。


北関東3県がベトナムにアンテナショップ

北関東の物産の海外輸出を図ろうと、栃木県は茨城県や群馬県と共同で、ベトナムに各県の食品などをPRするアンテナショップを開くことになりました。


タリバン最高指導者 米の空爆で死亡か

アメリカ政府当局者は、アフガニスタンの反政府武装勢力、タリバンの最高指導者、マンスール師が、アメリカ軍の空爆で死亡したとみられると明らかにしました。マンスール師はアフガニスタンとの和平交渉の障害になっていたとされ、今後の和平交渉の行方にも影響を与えそうです。


カンヌ映画祭 深田晃司監督「淵に立つ」などが受賞

フランスで開かれている、世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭で、深田晃司監督の作品「淵に立つ」が、斬新な映画に贈られる「ある視点」部門の審査員賞に選ばれました。スタジオジブリが製作した「レッドタートル ある島の物語」も同じ部門で特別賞を受賞しました。


G7 世界経済成長へ力強いメッセージ発信が焦点

仙台市で開かれたG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議は、世界経済の成長に向け、各国の実情に応じて財政出動や金融政策などを実行していくことで一致しました。その一方で、各国の政策スタンスの違いも浮き彫りになり、伊勢志摩サミットで意見を収れんさせ、力強いメッセージの発信につなげていけるかが焦点となります。


エジプト機 地中海で発見の機体など映像公開

地中海で墜落したとみられるエジプト航空の旅客機について、エジプトの国防省は、海上で発見した「エジプト航空」の文字がある残骸や座席の一部などの映像を公開しました。


日米 為替相場の認識の隔たり 改めて浮き彫り

麻生副総理兼財務大臣は、G7の財務相・中央銀行総裁会議のあとの会見で、ことしに入ってからの急激な円高について「一方的、投機的な動きだ」と強い懸念を示しました。これに対し、アメリカのルー財務長官は会見で、無秩序な動きではないという見解を示し、円相場を巡る日米間の認識の隔たりが改めて浮き彫りになりました。


中国とタイの海軍が合同演習

中国とタイの海軍の合同演習が21日からタイ東部で始まり、中国は参加する兵士を増やし、南シナ海での中国の海洋進出について中立的な立場をとるタイと関係を強めたいという思惑があるとみられます。


IMF専務理事「消費税は段階的に引き上げを」

IMF=国際通貨基金のラガルド専務理事は、G7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議のあとNHKのインタビューに対し、日本が予定している消費税率の引き上げについて、巨額の債務を抱えるなか財政規律を維持するために欠かせないとしたうえで、段階的に引き上げていくべきという考えを示しました。


ロシアとASEAN 自由貿易圏の創設に向け協議

ロシアとASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議が開かれ、ロシアが主導して旧ソビエト諸国で作る「ユーラシア経済同盟」との自由貿易圏の創設に向けて協議することになり、ロシアは欧米との対立を深めるなか、アジア諸国との関係強化を図る姿勢を示しています。


イラク バグダッドでデモ隊と治安部隊が衝突

イラクの首都バグダッドで、政府の汚職体質や治安の悪化に抗議する数千人のデモ隊が政府施設などがある地区になだれ込み、治安部隊と衝突して少なくとも30人がけがをしました。


エジプト機 墜落前に操縦室近くで煙を検知

地中海で墜落したとみられるエジプト航空の旅客機について、フランスの航空事故調査局は機体の位置情報や異常などを知らせるシステムの情報をもとに、旅客機の操縦室の近くで煙が検知されていたことを明らかにしました。


米軍関係者の男の母親「信じられない」

沖縄のアメリカ軍関係者の男が、20歳の女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件で、ニューヨークに住む男の母親がインタビューに答え、「息子がやったとは信じられない」などと話しました。


G7財務相・中央銀行総裁会議が閉幕

伊勢志摩サミットを前に仙台市で開かれているG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議は、2日間の討議を終え午後1時半すぎに閉幕しました。このあと議長を務めた麻生副総理兼財務大臣と日銀の黒田総裁が記者会見し、会議の成果を明らかにすることにしています。


北朝鮮 長年外交を統括 カン・ソクジュ元書記が死去

北朝鮮で朝鮮労働党国際部長などを歴任し、長年、核やミサイル開発を巡るアメリカとの外交交渉を統括してきたカン・ソクジュ元書記が食道がんのため死去しました。


オバマ大統領広島訪問 核兵器使用国の責任認識

アメリカのホワイトハウスは、オバマ大統領が来週、被爆地・広島を訪れた際に、核兵器を使用した唯一の国としての責任を認識し、核兵器のない世界に向けて取り組む決意を改めて訴えるという見通しを示しました。


米GM 燃費誤表示で最大10万円の金券配布へ

アメリカ最大手の自動車メーカー、GM=ゼネラル・モーターズは一部の車種で実際よりもよい燃費を表示していた問題で、車を購入した13万人余りを対象に余計に支払ったガソリン代の補償として、最大およそ10万円の金券を配布すると発表しました。


G7財務相会議2日目 「パナマ文書」で議論

伊勢志摩サミットを前に仙台市で開かれているG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議は2日目の21日、いわゆる「パナマ文書」の問題を受け不正な課税逃れを防ぐための対策などについて、意見を交わします。


英の人気俳優ら EU残留支持呼びかける書簡

イギリスで来月行われる、EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票を巡り、人気俳優や映画監督などの著名人280人余りが、EUへの残留を支持するよう国民に呼びかける書簡を発表しました。


紛争地域での性暴力被害を考える

アフリカなどの紛争地域で問題になっている、女性に対する性暴力の被害について知ってもらおうと、20日、都内でシンポジウムが開かれました。


国連事務総長 G7に合わせ訪日へ

国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は、G7=主要7か国の首脳会議「伊勢志摩サミット」の関連会合に参加するため来週、1年2か月ぶりに日本を訪れます。


原爆投下「正しい」「誤り」米英で対照的に

アメリカによる広島と長崎への原爆投下が正しい決定だったのかどうかを問う世論調査を行ったところ、アメリカでは「正しい決定だった」と答えた人が多かった一方、イギリスでは「誤った決定だった」と答えた人のほうが多く、対照的なものとなりました。


どろだんごに魅せられて 海外でも熱中する人

土を丸めて固めたどろだんごを丁寧に磨き、大理石や宝石のようなつやを持つ、光るどろだんごに仕上げていくことに熱中する人が日本だけでなく、海外でも出てきています。


シリア難民の若者 留学生として受け入れへ

政府は、来週開幕する伊勢志摩サミットに向けて、テロや難民問題を抱える中東地域の安定化のため、内戦が続くシリアから逃れた難民の若者を、初めて留学生として受け入れることなどを盛り込んだ支援策をまとめました。


ホワイトハウス近くの検問所で銃撃 一時閉鎖

アメリカの首都ワシントンで、ホワイトハウス周辺の検問所に銃を持って近づいた男が、警備を担当するシークレットサービスの職員の警告に従わなかったため、銃で撃たれる事件があり、ホワイトハウスは一時閉鎖されました。


「海上で遺体など発見」エジプト機は墜落との見方

地中海で消息を絶ったエジプト航空の旅客機について、エジプトの航空当局は、海上で遺体の一部や機体の残骸が見つかったと発表し、旅客機は墜落したという見方を明らかにしました。今後、飛行状況を記録したフライトレコーダーや、操縦室内の音声を録音したボイスレコーダーを回収できるかどうかが、焦点となっています。


ジカ熱 中南米と同型ウイルスをアフリカで初確認

WHO=世界保健機関は、中南米で流行するジカ熱のウイルスと同じ型のウイルスが、アフリカで初めて確認されたことを明らかにし、流行の拡大に注意を呼びかけるなど、ジカ熱による影響が各地に広がっています。


リオ五輪 チケットのデザイン発表も売り上げ不調

開幕まで3か月を切ったリオデジャネイロオリンピックのチケットのデザインが発表されました。その一方で、チケットの売り上げは67%にとどまっていて、オリンピックへの関心をどう高めるかが課題となっています。


G7首脳宣言の骨子案 “腐敗対策で模範示す”

来週のG7伊勢志摩サミットで発表される首脳宣言で、いわゆる「パナマ文書」の問題も踏まえ、「腐敗はG7共通の価値観に反するもの」と明記し、国際的な腐敗対策の行動計画を前進させるため、G7として模範を示していく方針が打ち出されることが分かりました。


G7 パナマ文書問題で課税逃れ対策など議論へ

伊勢志摩サミットを前に仙台市で開かれているG7=主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議は20日、世界経済の持続的な成長に向けG7が各国の事情に応じて財政出動や金融政策などあらゆる政策を実行していくことで一致しました。2日目の21日はいわゆる「パナマ文書」問題を受けた不正な課税逃れへの対応などをテーマに意見を交わします。


プーチン大統領 北方領土交渉続ける姿勢

ロシアのプーチン大統領は、今月6日に行われた安倍総理大臣との首脳会談を受けて、「領土問題を議論して平和条約を締結することを含め日本と対話する用意がある」と述べ、北方領土を巡る交渉を続けていく姿勢を改めて示しました。


EPA共同声明案「ことしの早い時期に大筋合意を」

伊勢志摩サミットに合わせて日本とEU=ヨーロッパ連合、それにヨーロッパの4か国が採択するEPA=経済連携協定に関する共同声明案の内容が明らかになり、「ことしの早い時期に大筋合意を実現する強い決意」という文言が盛り込まれる見通しとなりました。


ロシアが協力拡大に意欲 ASEANとの首脳会議

ロシアと、ASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議が、ロシア南部のソチで始まり、ロシアが主導する旧ソビエト諸国でつくる経済圏との経済協力などについて協議が行われています。


「極右勢力に乗っ取られた」イスラエル国防相が辞任へ

中東・イスラエルのヤアロン国防相は、ネタニヤフ首相との対立から辞任する考えを表明するとともに、「イスラエルは、極右勢力に乗っ取られてしまった」と述べ、ネタニヤフ政権のさらなる右傾化に警鐘を鳴らしました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る