NHKニュース|文化・エンタメ 2016年9月3日 (土曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

レスリング女子のメダリストらがパレード 愛知 大府

リオデジャネイロオリンピック、レスリング女子の吉田沙保里選手らメダリストたちが練習拠点の大学がある愛知県大府市をパレードし、沿道に駆けつけた大勢の人から祝福を受けました。


乳幼児を乗せた自転車の事故 危険な実態

乳幼児が親に抱かれるなどして自転車に乗っていて事故に遭い、けがをしたケースが、この5年間に全国で少なくとも40件発生し、このうち4分の1近くで赤ちゃんが頭の骨を折るなどの大けがをしていたことが、消費者庁の調査でわかりました。実際にはさらに多くの事故が起きていると見られ、専門家は「もっと多くの人が危険性を認識すべきだ」と話しています。


はしかの患者急増 ワクチン接種など呼びかけ

国内のはしかの患者がこの1週間で30人以上確認され、国立感染症研究所は、ワクチンの接種など注意を呼びかけています。


相性のいい武将は?関ヶ原PRで岐阜県がアプリ配信

天下分け目の「関ヶ原の戦い」が繰り広げられた岐阜県関ケ原町を若い女性にPRしようと、岐阜県が、その人と相性のいい戦国武将を紹介するというアプリを作り、配信を始めました。


News Up はしか 知っておくべき5つのこと

肺炎や脳炎などを起こして、命の危険もある「はしか」(麻疹)の患者の報告が急増しています。ワクチンを接種していないなど免疫がなければ、感染した人と同じ空間にいるだけでうつってしまう「はしか」。今年に入ってからの感染者は、これまでに60人近くと多くの人が移動した夏休みに空港やコンサート会場などを中心に感染が広がっています。関西空港では、これまでに従業員26人が「はしか」と診断されたほか、千葉市の幕張メッセで開かれたコンサートや東京・立川市で行われたアニメ関係のイベントに「はしか」の患者が参加していたことが分かり、感染の広がりが懸念されています。「はしか」とは、どういう病気なのか。感染を防ぐために、私たちはどうしたらいいのでしょうか。


年金受給資格 25年から10年にする法案 自民が了承

自民党は2日の会合で、年金を受け取れない人を減らすため、来年から、年金の受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する法案を了承し、厚生労働省は秋の臨時国会に提出して成立を目指す方針です。


待機児童 全国で2万3500人余 2年連続増加

保育所などの空きを待っている待機児童は、ことし4月の時点で、全国で2万3500人余りだったことがわかりました。去年に続いて2年連続の増加となり、厚生労働省は「受け入れ先の整備を進め、平成30年3月までに待機児童ゼロを目指したい」としています。


広島 四半世紀ぶり優勝へ 地元の熱気

プロ野球、広島の25年ぶりのセ・リーグ優勝に向け、地元では銀行や百貨店など街じゅうに優勝へのマジックナンバーを知らせるパネルが設置されるなど、盛り上がりを見せています。ネットでも「優勝したら仕事休んででも広島に帰ります」などと、熱い応援で知られる広島ファンからの書き込みが相次いでいます。優勝による経済効果も期待される一方で、四半世紀の間、優勝から遠ざかっていたことによる影響も出ています。


世界文化遺産への推薦 長崎の教会群の名称変更

世界文化遺産への推薦が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、関係する自治体でつくる会議は、ユネスコの諮問機関の指摘を受け、キリスト教が禁じられた歴史を強調するため名称を「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に変更することを決めました。


消費者庁 フライパンの誇張宣伝で命令

テレビの通販番組で、「50万回こすっても傷まない」として紹介されたフライパンについて消費者庁などがテストしたところ5000回ほどで傷がついたということで、消費者庁は、誇張した宣伝で景品表示法に違反するとして、名古屋市の通販会社に対し今後、同様の宣伝を行わないよう命令を出しました。


水族館改修で巨大魚やペンギンが“お引っ越し” 東京

東京・池袋の高層ビルにある水族館で、改装工事のためほかの水族館に移されることになった世界最大級の淡水魚が1日、水槽から運び出されました。


小池都知事 五輪競技施設の予定地を視察

東京都の小池知事は1日、就任後初めて東京オリンピック・パラリンピックの競技施設の予定地を視察し、担当者から工事の進み具合などについて説明を受けました。


台風相次ぎ北海道が主産地のタマネギなど値上がり

先月、相次いで上陸、接近した台風の影響で、北海道を主な産地とするタマネギやダイコンなどの野菜は収穫作業ができなくなっていて、卸売価格が値上がりしています。


広島と島根結ぶJR三江線 来年9月めどに全線廃止

広島県と島根県を結ぶJR三江線について、JR西日本は沿線地域の過疎化で利用客の減少に歯止めがかからないことなどから、来年9月をめどに全線で廃止することを明らかにしました。本州で100キロを超える鉄道路線が全線で廃止されるのは初めてです。


台風で一部不通の西武多摩湖線 6日に運転再開へ

先月の台風9号の影響で線路に土砂が流れ込み、一部の区間で運転ができなくなっている西武鉄道の多摩湖線は、今月6日から運転を再開することになりました。


障害者が利用しやすい映画館 東京・北区に開館

視覚や聴覚に障害がある人たちにも映画を楽しんでもらおうと、内容を説明する音声ガイドや字幕をつけた作品を上映する映画館が、東京・北区にオープンしました。


「フラット35」の金利 1%台まで上昇

長期固定型の住宅ローン、「フラット35」の金利は、指標となる長期金利が上がったことを受けて、最長35年のローンの最も低い金利が年1.02%となり、3か月ぶりに1%台まで上昇しました。


都政改革本部初会合 自律改革などで抜本的見直しを

東京都の小池知事が都政改革の実現に向け設置した、都政改革本部の初会合が1日に開かれ、全職員がみずから課題を整理し解決策を見いだす自律改革と、徹底した情報公開、東京オリンピック・パラリンピックの成功の3つのテーマを軸に、都政の抜本的な見直しに取り組むことを確認しました。


大手銀行 9月から住宅ローン金利引き上げ

大手銀行各行は長期金利が上昇していることを踏まえ、9月から適用する10年固定型の住宅ローンの金利を、5か月ぶりに引き上げました。


店舗見直し進む 大津パルコが来年8月末で営業終了

ファッションビルを展開するパルコは、業績の低迷が続く大津市の大津パルコの営業を、来年8月末で終了すると発表し、その後は、大阪の不動産会社が新たな商業施設として運営することになりました。


シブサラで新たな食の流行発信を

東京・渋谷から新たな食の流行を発信しようと、「シブサラ」と呼ばれる渋谷独自のサラダを提供するイベントが、31日から始まりました。


北海道十勝地方 119番つながりにくい状態

台風による大雨などの影響で電話がつながりにくくなっている北海道の十勝地方では、31日昼すぎから119番通報の電話もつながりにくくなっています。消防は、緊急の場合は最寄りの消防署を訪ねるなどしてほしいと呼びかけています。


ガソリン小売価格 10週ぶりに値上がり

今週のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格は、原油価格が今月中旬から上昇傾向となったことを受けて、10週ぶりに値上がりしました。


観光ぶどう園が合同で開園式 群馬・沼田

果物の生産が盛んな群馬県沼田市で、ぶどう狩りができる複数の観光農園が合同の開園式を行い、地元の幼稚園児たちがぶどうの収穫を楽しみました。


「正当な記事への圧力」地元紙の見解を新潟県知事が批判

新潟県の泉田裕彦知事は、地元新聞が報道した内容を理由に、ことし10月に行われる知事選挙に立候補しないことを30日明らかにしましたが、地元新聞は31日の朝刊で、「正当な記事への圧力」とする見解を示しました。これに対して、泉田知事は「記事の訂正を求めたことがどうして圧力となるのか理解できない」などと新聞社を批判しました。


記録的大雨で建物が冠水など 12の郵便局で営業休止

台風10号の影響で建物が冠水するなどしたため、日本郵便は、北海道と岩手県内にある合わせて12の郵便局で営業を休止しています。


ローソン 岩手県内の8店舗が休業

台風10号による浸水や停電などの影響でコンビニ大手のローソンでは、岩手県内の8つの店舗が休業しています。休業となっているのは、宮古市で3店舗、久慈市と岩泉町でそれぞれ2店舗、二戸市で1店舗となっていて、現在、復旧作業を進めているということです。セブンーイレブンやファミリーマートは通常どおり営業しているということです。


北海道 新得町で2600世帯余断水

北海道新得町によりますと、町内にかかる橋が崩れた影響で給水管が破損し、町の中心部の2636世帯で断水しています。午前6時半から自衛隊が町内の新得町公民館、新得小学校、屈足総合会館、越中屋跡臨時駐車場の4か所で給水支援を行っているということです。


BSE検査 原則廃止の見通し 食品安全委が答申

牛の病気の1つであるBSE対策として国内で行われている、生後48か月を超える牛を対象とした検査について、食品安全委員会は、廃止しても安全性に問題はないとする評価結果を厚生労働省に答申し、BSEの検査は原則廃止される見通しとなりました。


エレベーター 安全装置など新たな対策進まず

平成18年に東京・港区で高校生が死亡した、シンドラーエレベータの事故について、消費者安全調査委員会、いわゆる消費者事故調は、30日にまとめた報告書の中で、エレベーターが扉が開いたまま動き出したときに作動する安全装置は必要不可欠だと指摘しましたが、対策は進んでいないのが現状で、今後も設置が進まない場合は、新たな行動を起こしたいとしています。


小池知事 築地市場移転時期は来年1月にも判断

東京都の小池知事は、ことし11月に予定されていた築地市場の移転をめぐり、移転先の豊洲市場の敷地内で行っている水質調査の結果が来年1月上旬に出た段階で移転時期を判断するとともに、豊洲市場の安全性などを検証する組織を立ち上げる方針を固め、31日に表明することにしています。


介護保険料の負担対象 厚労省 拡大を検討へ

急速な高齢化による介護費用の増加によって、この先、介護保険制度を維持するのが難しくなるとして、厚生労働省は、介護保険料を負担する対象を、現在の40歳以上から、収入のあるすべての人に拡大することについて、学識経験者などを交えて具体的に検討を進める方針を固めました。


甲子園球場を小学生が探検

夏の全国高校野球で熱戦が繰り広げられた甲子園球場で、子どもたちに夏休み最後の思い出をつくってもらおうと、ふだんは入ることができないブルペンなどを探検する催しが開かれました。


エレベーター死亡事故で消費者事故調が報告書

平成18年に東京・港区で高校生が死亡した「シンドラーエレベータ」の事故について、原因や再発防止策を独自に検討してきた、消費者安全調査委員会=いわゆる消費者事故調は、保守管理が不十分だったとする報告書をまとめました。再発防止策として、保守管理がしやすい設計などを求めるとともに、建物の所有者などが安全対策に主体的に関わる必要があると指摘しています。


シダックス カラオケボックス44店を一斉閉店へ

カラオケボックスを運営する「シダックス」は、他社との競争などで採算が悪化しているとして、全国の44店舗を31日の営業をもって一斉に閉店することを明らかにしました。


小池知事 市場移転「明確な態度早めに出す」

東京都の小池知事は、日弁連・日本弁護士連合会の元会長の宇都宮健児氏と面会し、築地市場から豊洲市場への移転の取りやめを求められたのに対し「明確な態度を早めに出す」と述べました。


小池都知事 築地市場の移転延期の方針固める

東京都の小池知事は、ことし11月7日に予定されている築地市場の移転について、移転先の豊洲市場の安全性の確認を慎重に行う必要があるなどとして延期する方針を固め、31日、表明することにしています。


7月の家庭の消費支出 前年同月を0.5%下回る

総務省が発表した「家計調査」によりますと、先月の消費支出は自動車や外国旅行への支出が減ったことなどから、物価の変動を除いた実質で、去年の同じ月を0.5%下回りました。


上海のアイドルグループが鹿児島PRビデオに出演

鹿児島県出身の日本人メンバーも加わる中国・上海のアイドルグループが鹿児島の観光地を中国の人たちにPRするビデオに出演することになり、29日、桜島を背景に撮影が行われました。


沖縄県からペルーに移住110周年で記念式典

南米で最初に日本人が移住した国ペルーで、沖縄県からの移住が始まってからことしで110年を迎え、首都リマで記念の式典が開かれました。


働き方改革実現に向け長時間労働対策に注力 厚労省

厚生労働省は、社員の働きすぎを防ぐため一定の休息時間を確保する制度を導入した企業に来年度から助成金を支給するなど、働き方改革の実現に向けて長時間労働への対策に力を注ぐことにしています。


街なかで高校生らがファッションショー 宇都宮

全国の高校生らがデザインした衣装を街なかで披露するファッションショーが、宇都宮市で開かれました。


保育施設事故の遺族が公的保険加入求め署名活動

保育施設などでの事故で子どもを亡くした親たちが、公的な保険による補償の対象となっていない認可外の保育施設についても保険への加入を義務づけ、遺族への補償と事故の検証を十分に行える仕組みをつくるよう求めて、東京で署名活動を行いました。


戦中の特攻機製造工場伝える展示会 群馬 太田

太平洋戦争末期に地下に建設が進められた特攻機の製造工場の実態を伝える展示会が、群馬県太田市で開かれています。


紀伊半島の豪雨災害から5年で不明者の一斉捜索 奈良

平成23年に紀伊半島を襲った豪雨災害からまもなく5年となるのを前に、被災地の奈良県五條市などで、いまも行方が分からない人たちの捜索が一斉に行われました。


ビーチバレー発祥の地で全国大会 神奈川 藤沢

日本の「ビーチバレー発祥の地」と言われる神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で、ビーチバレーの全国大会が開かれました。


働き方改革相「長時間労働是正へ規制強化も」

加藤働き方改革担当大臣は、NHKの「日曜討論」で、改革を進めるうえで課題となっている長時間労働の是正に向けて、労働時間の上限規制の強化や、是正に取り組む企業への支援などを検討していく考えを示しました。


海底だった地層に太古の海の様子のCG映像投影

埼玉県の山あいにある小鹿野町で、かつては海底だった地層に太古の海の様子をCGの映像で映し出す催しが開かれました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る