NHKニュース|文化・エンタメ 2016年9月20日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

15年前のわが子への手紙を返す催し 東京

生まれてまもないわが子にどんな思いを持っていたか、一定の年月がたってから改めて触れてもらおうと、東京都が預かっていた1500通を超える手紙を15年ぶりに返す催しが行われました。


親子が160トンの旅客機と綱引き楽しむ

重さがおよそ160トンある旅客機を親子などが綱で引く催しが19日、成田空港で行われました。


震災で被災した小学校で最後の運動会 仙台

東日本大震災で被災し、来年、別の学校と統合され校舎が解体されることになった仙台市の小学校で、児童や地元の人たちが最後の運動会を開きました。


秋の味覚サンマ 銚子漁港で初水揚げ

千葉県銚子市の漁港で、秋の味覚のサンマがことし初めて水揚げされました。


大鍋で作る芋煮会 山形

山形県の秋の郷土料理として知られる芋煮を直径6メートルの大鍋で作る「日本一の芋煮会」が山形市で開かれました。


目黒のさんま祭 東京

恒例の目黒のさんま祭が東京・目黒区で開かれ、宮城県気仙沼市で水揚げされたばかりの新鮮なさんまがふるまわれました。


コンビニ 外国人旅行者の利用拡大へサービス拡充

大手コンビニチェーンの間では、店舗にある電話でコールセンターとつなぎ、店のサービスを外国語で説明するなど、増加が続く外国人旅行者の利用を拡大しようという動きが広がっています。


パンダの赤ちゃん 15頭目が誕生 和歌山の動物公園

ジャイアントパンダの飼育で知られる和歌山県白浜町の動物公園アドベンチャーワールドで、18日未明、メスのパンダ1頭が誕生し、この動物公園で元気に生まれたパンダは15頭になりました。


大阪の秋の風物詩「岸和田だんじり祭」始まる

重さ4トンのだんじりが町じゅうを豪快に駆け回る、大阪の秋の風物詩、「岸和田だんじり祭」が17日から始まりました。


復興へ被災地めぐる「ツール・ド・東北」始まる 宮城

東日本大震災からの復興を支援するため、津波で大きな被害を受けた宮城県の沿岸部を自転車でめぐる大会が17日から始まりました。


葛飾区が「こち亀」記念館の開設など検討へ

少年漫画雑誌で40年にわたって連載が続いていた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が終了されることを受けて、漫画の舞台となっている東京・葛飾区は、新たな記念館の開設などを検討していくことになりました。


そばとうどんの食べ比べ「全麺対決」前に出陣式 福井

香川県丸亀市の丸亀城で、18日、福井県名物のそばと香川県名物のうどんの食べ比べ、「全麺対決」が行われるのを前に、福井県のそばどころとして知られる坂井市の丸岡城で出陣式が執り行われました。


台風被害のそば畑で収穫本格化 北海道 新得町

台風10号による大雨で大きな被害を受けた北海道新得町で、特産のそばの収穫が例年より2週間ほど遅れて本格化しています。


鶴岡八幡宮で伝統の流鏑馬

神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で伝統の流鏑馬(やぶさめ)が行われ、大勢の見物客でにぎわいました。


阿蘇山「草千里」への道路 5か月ぶり通行再開

一連の熊本地震のあと通行止めが続いていた、阿蘇山の観光スポット「草千里」などに通じる登山道路が、16日、5か月ぶりに通行できるようになりました。


健康年齢で保険料変わる商品販売へ

生命保険大手の第一生命は、医療関連のビッグデータを活用して、契約者の健康年齢を割り出し、実際の年齢よりも健康年齢が若いと判断されれば、保険料が安くなる保険商品を販売する方針を固めました。


世帯間の所得格差 過去最大を更新

公的年金などを除いた世帯間の所得の格差は、所得の少ない高齢者世帯の割合が増えていることなどから、おととし、過去最大を更新したことが、厚生労働省の調査でわかりました。


無料Wi−Fi 一度登録すれば全国的に利用可能へ

外国人旅行者が公共施設や店舗などに設置されている無料Wi−Fiと呼ばれる無線通信に簡単に接続できるようにするため、一度登録すれば全国的に利用できるよう事業者が連携することを決めました。


“中秋の名月”自慢の頭を使って楽しむ 青森 鶴田町

十五夜の15日夜、髪の毛が少なくなった人たちが中秋の名月のように輝く自慢の頭を使ってクイズやゲームを楽しむユニークな催しが、青森県鶴田町で開かれました。


長崎 あご漁が最盛期 だしなど人気で高値に

粉末状にしただしなどの原料として全国的に人気が出ている、あごと呼ばれるトビウオの漁が、長崎県平戸市で最盛期を迎えています。


横浜 中華街で直径1メートルの月餅ふるまう

日本の十五夜にあたる中国の「中秋節」の15日、横浜市の中華街では、直径1メートルもある中国伝統のお菓子、月餅が作られ、観光客などにふるまわれました。


60歳以上の女性 美容医療のトラブルに注意を

顔のしわを取るなどの美容医療をめぐり高額な請求をされたなどといった、60歳以上の女性からの相談が、この5年間におよそ900件寄せられ、中には数本の注射でおよそ1300万円を請求されたケースもあるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。


News Up おせち料理は1人で食べる? 最新おせち事情

正月の食べ物といえば、おせち料理。デパートなどでは早くも今月から予約の受け付けが始まります。かつては、正月に家族で食卓を囲んで食べたおせち料理ですが、最近は1人や2人向けが人気を集めています。あなたは、どんなおせち料理を選びますか?


築地 移転延期で業者・組合から不安や困惑

土壌の汚染対策をめぐる問題で、豊洲市場への移転が延期となっている築地市場では、移転先に事務所を構える業者や組合から、今後の対応などについて不安や困惑の声が出ています。


横浜の首都高 トンネルに滑り台の非常口

来年3月に開通する横浜市の首都高速道路のトンネルに、滑り台を通って安全な通路に避難する、新しいタイプの非常口が設置され、15日、公開されました。


東京ゲームショウ開幕 注目はバーチャルリアリティー

世界有数のゲームの展示会「東京ゲームショウ」が15日、開幕し、ことしは、仮想の世界を現実のように体験できるVR=バーチャルリアリティーの技術を使った機器やソフトが注目されています。


高齢者積極雇用の中小企業 埼玉県が支援

高齢者の雇用に積極的に取り組む中小企業を埼玉県が認定する制度に、定年の廃止や体調に合わせた短時間勤務を導入している新座市の企業が選ばれ、15日、認定式が行われました。


北海道の鉄道網寸断 農作物を貨物船で本州に輸送

台風10号による大雨で鉄道網が寸断された北海道では、収穫期を迎えたジャガイモやタマネギなどを鉄道の代わりに貨物船で本州に運ぶ代行輸送が、15日、釧路港で始まりました。


東京 日野市 ふるさと納税の返礼にパソコンも

東京・日野市は、いわゆる「ふるさと納税」を市内で盛んな製造業のPRにつなげようと、寄付に対する返礼の品にパソコンや時計などの工業製品を加えることになりました。


サンマ漁 台風や荒天で水揚げ量伸び悩み 宮城 女川

全国有数のサンマの水揚げを誇る宮城県の女川港では、先週から水揚げが始まりましたが、台風や荒れた天気の影響で漁船が漁に出られる回数が減っていることなどから水揚げ量が伸び悩み、漁業者からは不安の声が上がっています。


海岸に死んだザトウクジラ 茨城 日立市

茨城県日立市の海岸で体長およそ11メートルのザトウクジラが流れ着いて死んでいるのが見つかり、日立市は近く砂浜に埋めて処分することにしています。


葉や茎がおいしいサツマイモ 摘み取り最盛期

葉や茎がおいしく食べられるように開発された「すいおう」という品種のサツマイモの葉や茎の摘み取りが、埼玉県坂戸市で最盛期を迎えています。


News Up リアル書店で新たな出会いを

ネット通販が本や雑誌の「定額読み放題」や、利用者の購入歴から本をお薦めするサービスなどで利用を広げようとしているのに対し、従来からの町の書店では、これまでにない「本との出会い」を提供する動きが相次いでいます。この秋、あなたはどんな本と出会いたいですか?


台風相次ぎ「秋バテ」か 冷え防止などの対策を

先月下旬から台風の接近や上陸が相次いだことで、気温や気圧の変化が激しくなり、だるさや疲労感などの体調不良を訴える人が増加しているとして、専門家は、体の冷えを防ぐなどの対策を取るよう呼びかけています。


北海道 美瑛町の「青い池」 立ち入り禁止解除

北海道美瑛町の観光名所として知られる「青い池」で、先月の台風のあと続いていた立ち入り禁止の規制が14日に解除され、早速、多くの観光客が訪れています。


北海道 釧路で桜が季節外れの開花 台風の影響か

北海道釧路市では、市内のあちらこちらで季節外れの桜の花が咲いています。専門家は「相次いだ台風の影響で桜の葉が落ち、つぼみが休眠できずに開花したのではないか」と話しています。


尾瀬国立公園 65年ぶりに大規模な基礎調査へ

群馬県や福島県などにまたがり貴重な自然が残る尾瀬国立公園で、環境保全に役立てるための大規模な基礎調査が65年ぶりに行われることになりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る