NHKニュース|国際 2016年10月16日 (日曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

中国 宇宙飛行士2人が打ち上げ前に決意

独自の宇宙ステーションの運用を目指す中国は17日、宇宙飛行士2人を乗せた宇宙船を打ち上げると発表し、記者会見した人民解放軍所属の宇宙飛行士は、「全力で取り組みたい」などと述べ、プロジェクト成功への決意を示しました。


国連事務総長 ハリケーン直撃のハイチ訪問 支援呼びかけ

国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は、ハリケーンの直撃を受けて500人以上が死亡したカリブ海の島国ハイチを訪問し、国際社会に対し、被災者への支援を呼びかけました。


中国 あす有人宇宙船を打ち上げと発表

独自の宇宙ステーションの運用を目指す中国は、17日、2人の宇宙飛行士を乗せた宇宙船を打ち上げると発表し、中国としては、これまでで最も長い30日間にわたり宇宙滞在を行う予定で、国内外に技術の向上をアピールしたい狙いがあると見られます。


北朝鮮 中距離弾道ミサイルの発射失敗 米韓両軍が発表

アメリカ軍と韓国軍は、北朝鮮が日本時間の15日昼すぎに新型の中距離弾道ミサイル、「ムスダン」と見られる、ミサイルの発射を試みたものの失敗したと発表し、15日終了した、米韓両軍の合同軍事演習への対抗措置の可能性があると見て分析を進めています。


インド ヒンズー教儀式に向かう大勢が転倒24人死亡

インド北部でヒンズー教の儀式に向かっていた大勢の人たちが橋の上で折り重なるように転倒し、少なくとも24人が死亡しました。


タイ 新国王の即位は来年10月ごろの見通し

タイのプミポン国王の死去を受けた王位の継承についてプラユット暫定首相は、国王の長男のワチラロンコン皇太子がおよそ1年後の葬儀のあと手続きを進めたい意向を示したと明らかにし、新国王の即位は来年10月ごろになる見通しとなりました。


北朝鮮 米高官発言に反発 米国を威嚇

北朝鮮は、アメリカ政府の高官がキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を中傷する発言をしたとして、反発する声明を出し、オバマ大統領の任期内に対抗措置に出る可能性を示唆してアメリカ政府を威嚇しました。


サイバー攻撃めぐりアメリカとロシア 非難の応酬

アメリカ政府が、大統領選挙に介入するためサイバー攻撃を行ったとするロシアに対し、同じ方法で報復を行う可能性があると伝えられたことを受けて、ロシア政府の高官が強く反発し、米ロの間で非難の応酬が続いています。


ロシア 北朝鮮の密漁船取締りで双方の10人死傷

日本海のロシアの排他的経済水域で、15日、ロシアの国境警備局の職員が密漁の疑いがある北朝鮮の漁船を調べていた際に、北朝鮮の乗組員と小競り合いとなって銃を発砲し、北朝鮮側の1人が死亡したほか、双方の9人がけがをしました。


シリア IS「聖戦の象徴」の町 奪還作戦が本格化

シリアで、過激派組織IS=イスラミックステートが、「聖なる戦い」の象徴的な場所と位置づける町の奪還に向けた軍事作戦が本格的に始まりましたが、IS側は激しく抵抗する構えで、作戦は難航が予想されています。


シリア情勢めぐる多国間協議 打開策示せず

停戦が崩壊して戦闘が激しさを増しているシリア情勢をめぐり、アメリカとロシアをはじめ関係国が15日、スイスで外相級の会議を開きましたが、協議の継続で一致しただけで、戦闘の停止につながる打開策は示されませんでした。


イエメン葬儀会場の空爆 サウジなど連合軍の誤爆

内戦が続く中東イエメンで8日、葬儀の会場が空爆を受け、市民を含む140人が死亡したことについて、空爆作戦を実施していたサウジアラビアなどの連合軍による誤爆だったことが明らかになり、サウジアラビアなどへの批判がさらに強まるものと見られます。


ISの拠点 イラク第2の都市モスル奪還へ緊迫増す

過激派組織IS=イスラミックステートからイラク第2の都市モスルを奪還する作戦に向けて、イラク軍やクルド人部隊はモスル周辺に戦車や装甲車を続々と集めるなど現地は緊迫の度合いを増しています。


BRICS会議 中国とインドが原子力分野で対立

中国やロシア、それにインドなど新興5か国で作るBRICSの首脳会議がインドで始まりましたが、中国とインドの間では原子力分野をめぐる対立が改めて浮き彫りとなりました。


仏南部テロから3か月 大統領が国民の結束訴え

フランス南部でことし7月、花火見物の群衆に大型トラックが突っ込んで86人が死亡したテロ事件から3か月となったのにあわせ、フランス政府は、現地で追悼式典を開き、オランド大統領が改めて国民の結束を訴えました。


クフ王のピラミッドに新たな空間 国際調査チームが発表

エジプトで最新の技術を使ってピラミッド内部の構造を解析している日本などの国際調査チームは、クフ王のピラミッドに新たな空間があることを確認したと発表し、いまだ多くの謎の残るピラミッドの構造の解明につながるか注目されています。


IS拠点奪還作戦前にイラクで自爆テロ 34人死亡

イラク政府が、過激派組織IS=イスラミックステートの最大の拠点となっているモスルを奪還する軍事作戦の準備を進める中、首都バグダッドでは自爆テロが起きて34人が死亡し、ISが犯行を認める声明を出しました。


ヒマラヤ登山の日本人男性 滑落し行方不明

ヒマラヤ山脈のマナスルで今月7日、登山中の23歳の日本人男性が頂上付近で滑落して行方が分からなくなっていて、現地では捜索が続けられています。


中国最大規模の商談会始まる 輸出回復につながるか

中国南部の広東省で、最新の電化製品や工業用の機械などを展示して外国企業への売り込みを図る大規模な商談会が始まり、低迷が続く輸出の回復につながるのか注目されています。


タイ国王死去 追悼ムードの静かな週末

プミポン国王の死去から最初の週末を迎えたタイでは、各地でイベントなどのキャンセルが相次ぎ、追悼ムードに包まれた静かな週末となっています。


米韓合同軍事演習が終了 北朝鮮の挑発に備え警戒継続

北朝鮮への軍事的な圧力の一環として、アメリカ軍と韓国軍が行っていた海上での合同軍事演習が、15日午後、終了しました。米韓両軍は、演習が終わったあと、北朝鮮が軍事的な挑発に出る可能性は排除できないとして、警戒と監視を続けることにしています。


国連 ハリケーン被害のハイチ復興に410億円余必要

国連は、ハリケーンで500人以上が死亡したハイチの復興に今後2年間で410億円余りが必要になるという見通しを示し、国際社会に協力を呼びかけていく方針です。


米財政赤字5年ぶりに拡大 次政権の課題に

アメリカの2016年度の財政赤字は、社会保障費の増加などで5年ぶりに赤字幅が拡大し、来月の大統領選挙をへて誕生する次の政権にとって、財政再建と経済対策のかじ取りが課題になりそうです。


核兵器禁止決議案めぐり核保有国と非保有国が論戦

国連総会の軍縮問題を扱う委員会がニューヨークで開かれ、核兵器そのものを禁止する条約の制定に向けた交渉を始めるべきだとする決議案をめぐり、核保有国と非保有国が意見を闘わせました。


米運輸省 サムスン新型スマホの機内持ち込み禁止

韓国のサムスン電子が火が出るなどの不具合が相次いだ新型のスマートフォンの販売をとりやめる中、アメリカ運輸省は、この製品の航空機への持ち込みを禁止しました。


トランプ氏の女性スキャンダル 次々と報じられる

アメリカのメディアは、大統領選挙の共和党のトランプ候補に過去に体を触られたなどと証言する女性のインタビューを新たに掲載するなど、来月の投票日が近づく中で、大統領候補の女性スキャンダルが次々と報じられる異常な事態となっています。


米財務省 為替操作の監視対象に引き続き日本など

アメリカ財務省は、各国の為替政策に関する最新の報告を公表し、通貨を意図的に安く誘導する為替操作を行っていないかチェックする「監視リスト」の対象に、引き続き日本や中国などを指定し、為替市場の動きを注視していくとしています。


キリンビール NYで人気のクラフトビール会社に出資

ビール市場が縮小する中でも販売の増加が期待できる、味や品質にこだわったクラフトビールの分野を強化しようと、キリンビールは、アメリカ・ニューヨークで人気のあるメーカーに出資することになり、14日、現地で式典が開かれました。


日米韓の制服組トップが北朝鮮への対応を協議

北朝鮮による相次ぐ核実験や弾道ミサイルの発射を受けて、アメリカ軍と自衛隊、韓国軍の制服組のトップが、アメリカ国防総省で今後の対応を協議し、3か国の緊密な連携を示すことで北朝鮮への圧力を強める狙いもあると見られます。


クリントン氏支持者がサイバー攻撃めぐりトランプ氏批判

アメリカ大統領選挙を前に与党・民主党が受けたサイバー攻撃をめぐり、共和党のトランプ候補がロシアの関与に否定的な見方を示していることについて、民主党のクリントン候補を支持する情報機関の元幹部らは、トランプ氏が大統領の資質に欠けると激しく批判しました。


米 キューバへの制裁緩和 新たな措置発表

去年、54年ぶりにキューバとの国交を回復したアメリカ政府は、キューバへの渡航者がアメリカに持ち帰ることができる葉巻などの上限額を撤廃するなど、さらなる制裁の緩和を発表しました。


イラク軍 IS最大拠点のモスル奪還へ 近く軍事作戦

過激派組織IS=イスラミックステートからイラク第2の都市モスルの奪還を目指すイラク軍は、アメリカ軍などの支援を受けて、近く軍事作戦に乗り出す方針で、モスル周辺で部隊を増強するなど準備を進めています。


トルコ リゾート地でロケット弾が着弾し爆発

地中海に面したトルコ有数のリゾート地で、漁業用の倉庫にロケット弾が着弾して爆発し、トルコ各地でテロが相次ぐ中、観光への影響が懸念されています。


日本航空 羽田−NY線を来年復活の方向で調整

日本航空は、6年前に経営破綻してから新しい路線の開設が事実上制限されていましたが、来年4月にも、39年ぶりに羽田空港とニューヨークを結ぶ路線を復活させる方向で調整に入りました。


中国 習主席 バングラデシュのインフラ整備に協力で合意

中国の習近平国家主席は、バングラデシュでハシナ首相と会談して、発電所や港湾などインフラ整備への協力を行うことで合意し、大規模な経済支援を通じて南アジアでの影響力を強める狙いがあるものと見られます。


中国 上海で富山の「高岡漆器」をPR

中国の上海で、富山県の伝統工芸「高岡漆器」を紹介し、販路の拡大にもつなげようという展覧会が始まり、伝統工芸士が作品づくりを実演するなどして、その魅力をアピールしました。


香港 2か月にわたり日本文化紹介する催し始まる

日本を観光で訪れる人が急増している香港で、日本文化の魅力を2か月にわたって紹介する催しが始まり、14日夜は縁日が開かれ、地元の人たちが日本の祭りを体験しました。


VW 1〜9月の世界での新車販売 前年同期比2%増

ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは、ことし1月から9月までの世界での新車販売台数を発表し、最大の自動車市場の中国での販売が好調なことから、グループ全体でおよそ761万台と、前の年の同じ時期より2.4%増加しました。


BRICS首脳会議開催へ 経済協力や安全保障など議論

中国、ロシア、それにインドなど新興5か国でつくるBRICSの首脳会議が15日からインドで始まり、各国の経済が減速する中、インドの成長をほかの国の成長につなげていくためにどのような経済協力ができるかが主な議題になる見通しです。


タイ国王死去 国民の自粛ムードによる観光への影響懸念

プミポン国王が死去したことを受けて、タイ政府は、国民に娯楽や祝い事を自粛するよう呼びかけており、外国人観光客が多く訪れる首都バンコクの歓楽街では、飲食店などが営業を取りやめる動きが出ています。


シリア停戦目指し米ロなど関係国協議へ 難航予想

シリアの停戦を目指して、アメリカとロシアをはじめ関係国が15日、スイスで外相級の会議を開くことにしていますが、ロシア側は「特に期待していない」と進展に懐疑的な見方を示すなど、協議は難航が予想されます。


戦艦「長門」の旗 ハワイ真珠湾の公園に寄贈

太平洋戦争中の旧日本海軍の戦艦「長門」から、終戦後にアメリカ兵が持ち帰ったという旗が、兵士の遺族によってハワイの真珠湾にある公園に寄贈されました。


米 先月の小売業売上高 前月比0.6%増

アメリカの個人消費の重要な指標として注目される、先月の小売業の売上高は、前の月と比べて0.6%の増加となりました。市場では、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会が、消費の拡大傾向が続いていることを踏まえて、年内に追加の利上げを検討すると見られています。


ロシア シリア北西部基地の無期限使用など協定批准

ロシアのプーチン大統領は、ロシア軍が空爆の拠点としているシリア北西部の基地について、無期限に無償で使用できるとしたシリア政府との協定を批准する法律に署名し、欧米が非難を強めるアサド政権への支援を強化する姿勢を改めて示しました。


日豪 友好協力基本条約40年で式典

日本とオーストラリアが友好関係の基礎となる条約を結んでことしで40年となるのを記念した式典がオーストラリアで開かれ、ターンブル首相は両国関係のさらなる発展に期待を示しました。


中国 フィリピン大統領の麻薬対策に一定の理解

フィリピンのドゥテルテ大統領が来週、中国を訪問するのを前に、中国外務省はドゥテルテ大統領の麻薬対策に一定の理解を示し、容疑者の殺害もいとわないその手法に批判的な欧米諸国とは一線を画す姿勢を強調し、フィリピンとの関係改善を進めたい思惑もありそうです。


元慰安婦29人 日韓合意に基づく支援受け入れ

慰安婦問題での日韓両政府の合意をめぐって、元慰安婦への支援事業を実施するため韓国政府が設立した財団は、これまでに元慰安婦29人が合意に基づく支援を受ける考えを示し、来週から現金の支払いを始めることを明らかにしました。


タイの株価指数 4%余り値上がり 混乱起きずで

14日のアジアの主な株式市場は、タイのプミポン国王が死去したあとも混乱は起きていないとして株式を買い戻す動きが広がり、タイでは株価指数が4%余り値上がりし、香港やインドネシアなどでも株価は上昇しました。


タイ国王の遺体王宮に 沿道には追悼の市民数万人

プミポン国王の死去から一夜が明けたタイでは、国王の遺体を乗せた車の列が、入院していた病院から王宮に到着し、黒い服を着た数万人の市民が沿道で手を合わせて見送りました。


安倍首相 モンゴル首相と北朝鮮への圧力強化で一致

安倍総理大臣は、日本を訪問しているモンゴルのエルデネバト首相と会談し、核実験などを繰り返す北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会で新たな制裁措置を含む決議の採択を目指すなど、圧力を強める取り組みを協力して進めていくことで一致しました。


ディランさん 受賞決定後初ライブで文学賞を語らず

ことしのノーベル文学賞の受賞者に選ばれたアメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディランさんが、受賞決定後、初めてとなるライブをアメリカ・ラスベガスで行い、多くのファンが訪れましたが、会場では本人からのコメントは一切ありませんでした。


中国の生産者物価指数 4年8か月ぶり上昇 先行きは不透明

中国で、企業が製品を出荷する際の値動きを示す指数が、政府の景気下支え策を受けて4年8か月ぶりに前の年の同じ月に比べて上昇に転じましたが、自動車などは値下がりしていて、中国経済の先行きは依然、不透明だとの見方が出ています。


タイ進出の日本企業 工場の操業停止の動き広がる

タイのプミポン国王の死去を受けて、タイに工場のある日本企業の間では、喪に服すため、14日の操業を取りやめる動きが広がっています。


両陛下 タイ国王死去に異例の形で弔意

天皇皇后両陛下は、14日午後、東京のタイ大使館に河相侍従長を遣わして、プミポン国王が亡くなったことへの弔意を伝えられました。両陛下が、このような形で弔意を表されるのは異例のことです。


最新鋭のステルス駆逐艦「ズムワルト」 米軍が初公開

アメリカ海軍は、レーダーに映りにくいステルス性能を備えた最新鋭の駆逐艦、「ズムワルト」級の1隻目の艦艇を、NHKなど一部メディアに初めて公開し、アジア重視の戦略のもと、アジア太平洋地域に展開させ、この地域での抑止力を高める狙いです。


国連予算が1230億円不足 各国に分担金支払い呼びかけ

国連で管理部門の責任者を務める高須事務次長は、各国の分担金から編成される国連の年間予算が日本円で1230億円不足していることを明らかにし、各国に速やかな支払いを呼びかけました。


サムスン 発火スマホで3200億円相当の損失見通し

韓国のサムスン電子は、バッテリーから火が出るなどの不具合の報告が相次いだ、新型のスマートフォンの製造と販売を取りやめたことにより、今月からの半年間で、およそ3兆5000億ウォン、日本円にして3200億円相当の損失が出るという見通しを明らかにしました。


国連総会の委員会 核軍縮決議めぐり議論紛糾も

国連総会の軍縮問題を扱う委員会で、日本が23年連続して核兵器の廃絶を訴える決議案を提出したのに対し、一部の国は核兵器そのものを禁止する新たな条約の制定に向けた交渉を来年から始めるべきだとする決議案を提出し、今後、議論が紛糾することも予想されます。


ノーベル文学賞 ボブ・ディラン氏 受賞決定後 初のライブ

ことしのノーベル文学賞の受賞者に選ばれたアメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディランさんの、受賞決定後、初めてとなるライブがアメリカ・ラスベガスで行われ、受賞を喜ぶ多くのファンで熱気に包まれています。


タイ国王死去 追悼続く 経済活動に自粛の動きなし

プミポン国王の死去から一夜が明けたタイでは、国王が入院していた病院の前に弔意を表そうという市民が大勢集まるなど、追悼の動きが続いていますが、経済活動を自粛する目立った動きはこれまでのところ出ていません。


中国メディアが元軍人の抗議デモ報じる 軍改革アピール

中国国防省の前で、今週、元軍人たちが大規模な抗議デモを行い、待遇への不満を訴えたことについて、中国政府は、中国共産党系の新聞を通じて事実関係を認めたうえで、軍の改革などに伴って困難は次第に解決されると強調し理解を求めました。


3年8か月ぶり日ロ戦略対話 毎年開催で一致

日本とロシアの外務次官による戦略対話が、モスクワで、およそ3年8か月ぶりに行われ、双方は、北朝鮮の問題など国際情勢について定期的に意見を交わすため、この戦略対話を毎年行うことで一致しました。


中国 習近平国家主席 カンボジア訪問で連携強化

中国の習近平国家主席は、13日、カンボジアでフン・セン首相と会談してインフラ整備などでの協力を拡大することで一致し、南シナ海への海洋進出をめぐって中国寄りの立場をとるカンボジアとの連携をさらに強化していく狙いがあると見られます。


NYではボブ・ディラン氏ゆかりの場所めぐるツアー

ボブ・ディランさんが、1960年代はじめに移り住み、活動の拠点としてきたアメリカ・ニューヨーク、マンハッタン中心部にあるグリニッジ・ビレッジでは、ノーベル文学賞の受賞が発表された13日も、観光客やファンがディランさんゆかりの場所をめぐるツアーが行われました。


プミポン国王死去 国連で黙とう 各国首脳が哀悼

タイのプミポン国王が亡くなったことを受けて、ニューヨークの国連総会では13日午前、トムソン議長が、プミポン国王に哀悼の意を示したあと、各国の代表が起立して黙とうを捧げました。


ボブ・ディラン氏受賞 米メディア大きく報道 大統領も祝福

ことしのノーベル文学賞にボブ・ディラン氏が選ばれたことについて、地元アメリカのメディアも大きく伝えています。またオバマ大統領もツイッターに祝福のメッセージを載せました。


スコットランド 独立問う住民投票法案公表へ

EU=ヨーロッパ連合からの離脱について住民の反対が根強いスコットランドで、自治政府のスタージョン首相はイギリスからの独立の是非を問う住民投票を行うための法案を来週公表すると述べ、離脱交渉を担うメイ首相への圧力を強める構えを示しました。


トランプ氏 疑惑を否定 メディアと対決姿勢

アメリカ大統領選挙の野党・共和党のトランプ候補は、かつて女性の体を触ったなどと報じられたことについて、全面的に否定したうえで、「メディアは、与党・民主党のクリントン候補と結託している」と主張して、メディアとの対決姿勢を打ち出しました。


ボコ・ハラムに誘拐された女子生徒21人解放 ナイジェリア

西アフリカのナイジェリア政府は、おととし、イスラム過激派組織、ボコ・ハラムに誘拐された200人以上の女子生徒のうち、21人が解放されたと発表しました。交渉による解放が実現したのは今回が初めてで、残りの生徒たちの早期救出にも期待が高まっています。


プミポン国王死去 タイ社会への影響は

タイのプミポン国王が亡くなったことについて、タイの政治に詳しい京都大学大学院の玉田芳史教授は、「タイの国民はプミポン国王に対して大変な親近感と尊敬の念を抱いてきて、国王をあがめる人も多く神様のような存在だったので、深い悲しみに包まれていると思います」と話しました。


タイ新国王にワチラロンコン皇太子 即位は後日

タイのプミポン国王が死去したことを受けて、13日夜、タイのプラユット暫定首相は、ワチラロンコン皇太子と会談し、新たな国王への即位を要請しましたが、皇太子が「国民と悲しみをともにし、決意を固める時間が欲しい」と求めたため、議会での承認は後日に見送られました。


韓国南部 高速道路で観光バス火災 10人死亡

韓国南部の高速道路で13日夜、事故を起こした観光バスから火が出て燃え広がり、乗客と運転手合わせて20人のうち逃げ遅れた10人が死亡し、7人がけがをしました。


国連 次の事務総長にグテーレス氏任命

ことしいっぱいで任期を終える国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長の後任にポルトガル出身のグテーレス前国連難民高等弁務官が任命され、グテーレス氏は、「人間の尊厳を取り戻すことが私の仕事の中心だ」と述べ、国連のトップとして紛争の解決や難民の救済に取り組む決意を示しました。


日本・インドネシア・インド 合同で海上警備訓練 中国を念頭

洋上での不審船への対処を想定し、日本とインドネシア、そしてインドの3か国の海上保安機関の艦艇が参加した合同訓練がインドネシアで行われ、日本政府は海洋進出を加速させる中国を念頭に、訓練などを通じてアジア各国の海上警備能力の向上を支援していく考えです。


ドイツ 爆弾テロ計画容疑で逮捕のシリア難民が自殺

ドイツで爆弾テロを計画していたとして、今月10日に逮捕された22歳のシリア難民の男が、12日、東部ライプチヒの拘置施設で首をつって自殺しているのが見つかりました。


プミポン国王死去 タイ進出企業は事態を注視

タイには、多くの日本企業が進出していますが、国民に強い影響力を持つプミポン国王の死去に伴って、事業活動が停滞する可能性もあり、各社は現地と連絡を取り合うなどして情報収集にあたっています。


タイ プミポン国王死去 暫定首相が国民向け演説

タイのプラユット暫定首相は、現地時間の13日午後7時(日本時間午後9時)すぎから、国民に向けた演説を行い、タイのすべてのテレビ局で一斉に放送されました。


プミポン国王死去 安倍首相が哀悼のメッセージ

安倍総理大臣は、タイのプミポン国王が死去したことを受けて、哀悼の意を表すメッセージをプラユット首相に送りました。


タイ プミポン国王が死去

世界で最も在位の長い国王として知られたタイのプミポン国王が亡くなりました。88歳でした。たびたび政治の混乱が起きてきたタイの安定の要となってきた国王の死去はタイの政治や経済にも影響を与えるものと見られます。


ノーベル文学賞にボブ・ディラン氏

ことしのノーベル文学賞に、アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン氏が選ばれました。


韓国外相 慰安婦問題で日韓合意を着実に履行

慰安婦問題での日韓両政府の合意をめぐって、13日、韓国の国会では反対する立場の野党議員が日本との交渉のやり直しを主張するなど紛糾しましたが、韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は、合意を着実に履行していく考えを示しました。


モンゴル首相 日本からの投資で経済再建を

経済が低迷しているモンゴルのエルデネバト首相は、就任してから初めての外国訪問で日本を訪れていて、都内で開かれた企業関係者向けの会合で、日本からの投資を経済の立て直しに生かしたい考えを示しました。


タイ 国王の入院先 皇太子ら王族も相次ぎ見舞い

タイでは、国の安定の要となってきたプミポン国王の容体への懸念が広がるなか、入院先の病院では、大勢の市民が集まり、国王の回復を祈る動きが続いているほか、長男の皇太子ら王族も相次いで見舞いに訪れ、慌ただしい動きを見せています。


「ガス田開発は中国の管轄海域内」 抗議受け入れず

東シナ海のガス田開発をめぐって、中国が一方的に建設した構造物のうち、新たに2基で炎を確認したとして政府が抗議したことに対し、中国側は「活動はすべて、中国の管轄海域内で行われている」と主張して、受け入れない立場を示しました。


米特使 キム委員長は国民生活を無視

アメリカ政府で北朝鮮の人権問題を担当するキング特使は、北朝鮮で大規模な洪水が発生した直後に核実験が行われたことを踏まえ、キム・ジョンウン(金正恩)委員長は「口では『国民生活の向上』と言いながら実際は無視している」と非難し、キム委員長の責任を追及する姿勢を強調しました。


【動画】サムスン製スマホ 突然白い煙吹き出す瞬間

韓国のサムスン電子の新型スマートフォンは、バッテリーから火が出るなどの不具合の報告が相次いでいますが、アメリカ・ハワイの住宅の監視カメラの映像では、突然白い煙が吹き出す様子が写されています。


米軍 イエメンの武装勢力支配地域を報復攻撃

アメリカ国防総省は、イエメン沖の紅海でアメリカ軍の駆逐艦がミサイルで狙われたことを受けて、イエメンの反体制派武装勢力の支配地域を巡航ミサイルで初めて攻撃し、今後も攻撃があれば、報復措置を取る姿勢を示しました。


サムスン 発火の新型スマホ 返金や交換開始

韓国のサムスン電子は、バッテリーから火が出るなどの不具合の報告が相次いだ、新型のスマートフォンの製造と販売を取りやめたのを受け、13日から、返金や別の製品との交換を始めました。


大規模不正の米大手銀行 トップ辞任で幕引き狙いか

営業ノルマ達成のため、従業員が顧客に無断で大量の口座を開設した不正が明らかになっているアメリカの大手銀行ウェルズ・ファーゴは、12日、CEO=最高経営責任者が辞任すると発表し、経営責任を明確にして問題の幕引きを図る狙いがあるものとみられます。


中国 9月の貿易統計 輸出入とも前年割れ

中国の先月の貿易統計は、輸出が6か月連続で前年割れとなったほか、輸入も2か月ぶりに前年割れとなり、いずれも市場の予想を下回って、中国経済は内需、外需ともに力強さを欠く状況が続いています。


トランプ氏 今度は女性の体に触った疑惑

アメリカの有力紙は、大統領選挙の共和党のトランプ候補に過去に体を触られたなどと証言する女性2人のインタビューを掲載しました。これに対し、トランプ氏の陣営は全面的に否定していますが、各メディアが大きく取り上げ、波紋が広がっています。


クリントン氏 内部告発サイトのメール公開で痛手か

アメリカ大統領選挙をめぐって、内部告発サイト「ウィキリークス」が民主党のクリントン候補の陣営のものだとするメールを相次いで公開していることを受けて、共和党のトランプ候補はクリントン氏への批判を強めており、世論調査でリードするクリントン氏にとって痛手となる可能性も出ています。


日ロ交渉 首相「道筋見える手応え感じた」

安倍総理大臣は、参議院予算委員会の集中審議で、北方領土問題を含む平和条約交渉について、先月のプーチン大統領との首脳会談で「交渉を具体的に進めていく道筋が見えてくるような手応えを感じた」と述べ、問題の解決に向けた決意を重ねて示しました。


ISがドローンに時限爆弾搭載 米国防総省が警戒

アメリカ国防総省は、イラクで過激派組織IS=イスラミックステートが、攻撃手段の1つとして、時限爆弾を搭載した小型の無人機、ドローンを飛行させていると明らかにし、警戒を強めています。


米ロ シリア停戦めぐり周辺国交え協議へ

停戦が崩壊したシリアをめぐり、アメリカとロシアは、改めて停戦の実現を目指して周辺国も交えた外相級の会議を開くと発表しましたが、米ロ関係が悪化するなか、多国間の協議で具体的な成果を出せるかどうかは不透明です。


自然災害犠牲者の90%が低中所得国に集中 国連が分析

国連は、過去20年の間に起きた地震やサイクロンなど自然災害の被害を分析した結果を発表し、合わせて135万人の犠牲者のうちおよそ90%が低所得や中所得の国々に集中していたとして、各国政府に民間の組織とも連携し災害への対策を呼びかけています。


FRBが議事録公表 年内に追加利上げの是非議論か

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会は、先月の金融政策を決める会合の議事録を公表し、複数の参加者が「比較的速やかな利上げが適切だ」と述べていたことがわかりました。市場では、FRBが年内にあと2回ある会合で、物価の動向などを見極めて追加の利上げの是非を議論するものと見ています。


NY外為市場 一時1ドル=104円台半ばに値下がり

12日のニューヨーク外国為替市場は、アメリカの追加の利上げをめぐる観測からアメリカの長期金利が上昇したことを受けて、ドルを買って円を売る動きが出たため、円相場は一時およそ2か月半ぶりに1ドル=104円台半ばまで値下がりしました。


米証券取引委 ドイツ銀行に情報管理不適切で罰金

アメリカの証券取引委員会は、ドイツの金融最大手「ドイツ銀行」が、まだ公表していないアナリストによる企業の業績を分析した情報を一部の顧客に伝えるなど、情報管理が適切でなかったとしておよそ10億円の罰金を支払うことで合意したと発表しました。


トランプ候補 クリントン候補への攻撃強め巻き返し狙う

アメリカ大統領選挙の共和党のトランプ候補は、党内から離反する動きが相次ぐなど厳しい状況に立たされるなか、民主党のクリントン候補に対する攻撃を一層強めることで、白人の労働者層などみずからの支持基盤を固め、巻き返しを図ろうとしています。


イラン シーア派の宗教行事が最高潮

中東のイランでは、殉教した指導者を追悼するイスラム教シーア派の重要な宗教行事が最高潮を迎え、大勢の人々が手や鎖で自分の体をたたきながら街頭を行進しました。


民族対立激化のブルンジ 国際刑事裁判所の捜査に反発

民族間の対立が深まるアフリカ中部のブルンジで、深刻な暴力や人権侵害の捜査に乗り出した国際刑事裁判所に対して、議会が脱退を決めるなど反発が強まっており、事態の打開を目指す働きかけは行き詰まりを見せています。


プーチン大統領 米の姿勢強く批判

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ情勢やシリアの内戦をめぐって対立を深めるアメリカとの関係について、「どの問題でも対話ではなく、押しつけだ」と述べて、アメリカの姿勢を強く批判しました。


タイ国王の容体不安定で懸念広がる

タイでは、国の安定の要となってきたプミポン国王の容体が不安定だと発表されたあと、12日長男の皇太子が急きょ、海外から帰国したという情報が伝えられたことなどから、国王の容体への懸念が広がっています。


旅行業界 ロシア極東視察しツアー旅行開発へ

日本とロシアの経済協力を進める一環として、極東地域への旅行者などを増やそうという観光庁の要請を受けて、国内の旅行業者の団体が、来月極東地域を視察し、ツアー旅行の開発を進めることになりました。


バリ島爆弾テロ事件から14年で追悼式典

インドネシアのバリ島で、日本人を含む200人以上が死亡した爆弾テロ事件から14年となり、現地で追悼の式典が開かれました。


OPECとロシアなど 原油の生産調整 本格協議へ

OPEC=石油輸出国機構の一部の加盟国とロシアなど非加盟の主要産油国は、トルコで会合を開き、原油価格の上昇に向けた生産調整について今月下旬に改めて会合を開いて、本格的に協議することで一致しました。


米高速鉄道建設 JR東海 現地法人が技術支援契約

アメリカで進められている高速鉄道の建設計画について、JR東海は、日本の新幹線システムの導入に向け、JRの現地法人とアメリカの民間企業が技術支援の契約を結んだと発表しました。


体当たりで警備船沈没 韓国の抗議に中国が非難

違法操業の取締まりを行っていた韓国の海洋警備当局の船が、中国漁船に体当たりされて沈没し、韓国政府が抗議したことに対し、中国政府は、取締まりには根拠が無いとして、逆に韓国側を非難し、両国の関係が一層冷え込むのではないかという見方も出ています。


仏 同時テロ容疑者黙秘 弁護士たちが辞任

去年11月のパリの同時テロ事件に関わった疑いで逮捕された男が、黙秘を続けているため、担当の弁護士たちが辞任することになり、事件の全容解明は、さらに難しくなりそうです。


ミャンマー 軍部隊が武装集団に襲われ兵士4人死亡

ミャンマー西部で軍の部隊が武装集団に襲われて兵士4人が死亡し、ミャンマー政府は、イスラム教徒のロヒンギャと仏教徒との対立が背景にあると見て、事態の沈静化を急いでいます。


比大統領 来週訪中 南シナ海問題対立改善につながるか

フィリピンのドゥテルテ大統領が、来週、中国を訪問することになり、首脳どうしの直接対話が、南シナ海の問題をめぐる対立の改善につながるかが焦点となります。


中国 新車販売好調 年間で2700万台超か

中国の先月の新車の販売台数は、政府の販売刺激策を受けて、去年の同じ月と比べて20%以上の高い伸びとなり、業界団体は、ことしの年間の販売台数が当初の予測を上回る2700万台以上になるという見通しを示しました。


香港立法会初日 一部議員の宣誓で波紋

香港の議会に当たる立法会は、先月の選挙を経て、12日新しい議会を招集しましたが、一部の議員が「香港は、中国ではない」と記した旗を示すなどしたため、その後の会議への参加が認められず、初日から波紋を広げています。


韓国メディア「大阪観光への不安高まる」

大阪で韓国人観光客が通りすがりの若者から暴力を受けたとして、韓国総領事館が注意を呼びかけていて、韓国メディアは、先に大阪のすし店が韓国人らに提供するすしに大量のわさびを入れていた問題なども取り上げて、「大阪観光への不安が高まっている」と伝えています。


北朝鮮 米韓合同軍事演習を「軍事的挑発」と非難

北朝鮮の国営メディアは、12日、アメリカ軍と韓国軍が10日から朝鮮半島西側の黄海などで行っている合同軍事演習について、「朝鮮半島情勢を危機に追いやる軍事的挑発だ」と非難したうえで、「アメリカ本土は核の照準に入っている」と威嚇しました。


北朝鮮 キム委員長の来年の誕生日「盛大に祝う」

北朝鮮は、来年1月のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の誕生日を「盛大に祝う」と明らかにし、これまで平日扱いだったキム委員長の誕生日を、来年から公式の記念日として国を挙げて祝い、キム・イルソン(金日成)主席やキム・ジョンイル(金正日)総書記と並ぶ形で偶像化を進めるのではないかという見方が出ています。


アフガニスタン 少数派のシーア派が襲撃され14人死亡

アフガニスタンの首都カブールで、国内で少数派のイスラム教シーア派の宗教施設に男が押し入って銃を乱射して少なくとも14人が死亡し、多数派のスンニ派との間で宗派対立が一層深まることが懸念されています。


クリントン氏 ゴア元副大統領と集会 トランプ氏を批判

アメリカ大統領選挙に向けて、与党・民主党のクリントン候補は、勝敗の鍵を握る南部フロリダ州に入り、9年前にノーベル平和賞を受賞したゴア元副大統領とともに地球温暖化対策をめぐって、野党・共和党のトランプ候補を厳しく批判しました。


ハリケーン被害のハイチにコレラワクチン送る WHO

先週、ハリケーンで大きな被害を受けたカリブ海のハイチで、6年前の大地震のあとから続いているコレラが、さらに流行するおそれがあるとして、WHO=世界保健機関は最大で100万人分のコレラワクチンを現地に送ると発表しました。


北京 国防省前で元軍人が大規模な抗議デモ

中国の北京にある国防省の前で、元軍人たちが大規模な抗議デモを行い、中国の指導部が兵力の削減など軍の改革を進める中、元軍人たちの間に待遇が一層悪くなることへの懸念があるとの見方も出ています。


トランプ氏 共和党有力者を非難 異例の事態に

アメリカ大統領選挙の共和党のトランプ候補は、トランプ氏のための選挙運動を行わない考えを示した党の有力者、ライアン下院議長に対する非難を繰り返しました。投票日まで1か月を切る中、党内の足並みが大きく乱れる異例の事態となっています。


インド首相 パキスタンを批判 「過激派組織の活動黙認」

インドのモディ首相は、パキスタンの過激派組織と見られる武装グループが、インド国内で起こした襲撃事件をめぐり、「テロの支援者も容赦しない」と述べ、過激派組織の活動を黙認しているとしてパキスタンを強く批判しました。


タイ国王の容体不安定 病院に大勢の市民

今月9日、タイの国民から絶大な尊敬を集めるプミポン国王の容体が不安定だと発表され、タイでは入院先の病院に大勢の市民が訪れて、祈りをささげるなど国王の回復を願う動きが広がっています。


ブラジル大統領 11年ぶりに日本を公式訪問へ

ブラジルのテメル大統領が来週18日から、ブラジルの大統領として11年ぶりに日本を公式訪問し、安倍総理大臣と首脳会談を行うことになりました。


シリア 戦闘に巻き込まれ 子どもの犠牲相次ぐ

内戦が続くシリアでは、北部にあるアレッポで反政府勢力の拠点となっている地域が空爆を受け、人権団体は子どもを含む25人が死亡したとする一方、政権側の国営通信は、南部のダラアの学校が反政府勢力の砲撃を受け、生徒など6人が死亡したと伝えるなど、多くの子どもを巻き込みながら戦闘が続いています。


NY株 200ドル値下がり 主要企業決算が予想下回る

11日のニューヨーク株式市場は、この日発表されたアメリカの主要な企業の決算が市場の予想に届かなかったことなどから、景気の先行きに慎重な見方が出て、売り注文が広がり、ダウ平均株価は200ドル値下がりしました。


糖分多い飲料に20%以上課税を 肥満など減らすため

WHO=世界保健機関は11日、糖分が多い清涼飲料水に20%以上の課税をすれば、肥満や糖尿病を減らせるとする報告書を発表しました。


プーチン大統領 仏訪問を延期 シリアめぐる対立影響か

ロシアのプーチン大統領は、来週予定していたフランスへの訪問を延期することになり、停戦が崩壊したシリア情勢をめぐる欧米とロシアの対立が影響を及ぼしたものと見られています。


ベルギー国王夫妻を歓迎 宮中晩さん会

国賓として来日したベルギーの国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会が11日夜、皇居で開かれました。


バンコクでテロ計画発覚 警戒強まる

タイの警察は、首都バンコクや周辺の地域でイスラム系の武装集団が関与していると見られる爆弾テロの計画が発覚したとして、関係先を捜索するとともに、多くの人が集まるショッピングセンターなどでの警戒を強めています。


世界の女性の地位向上を ベルギー王妃らがセミナー

世界の女性のキャリアについて考えるセミナーが都内で開かれ、国賓として日本を訪れているベルギーのマチルド王妃のほかに、東京都の小池知事や安倍総理大臣の昭恵夫人なども参加して活発な議論が交わされました。


開業130年 「ラッフルズホテル」大規模改装へ

シンガポールでおよそ130年の歴史を誇る高級ホテル「ラッフルズホテル」で、来年1月から1年半かけて大規模な改装が行われることになり、ホテル業界の競争が激しさを増す中、歴史的なホテルがどのように生まれ変わるのか、関心を呼んでいます。


サムスン電子 発火スマホの生産・販売を中止

韓国のサムスン電子は、バッテリーから火が出たという不具合で新しい製品との交換を進めていた新型のスマートフォンについて、交換後も不具合が報告されているとして、この製品の生産と販売を中止すると発表しました。


北朝鮮 水害復旧に全力挙げる姿勢を強調

北朝鮮は、10日の朝鮮労働党の創立記念日に合わせた軍事的な挑発には出ていない一方、「人民第一主義」を掲げて、大規模な水害に見舞われた北東部の被災地の復旧に全力を挙げる姿勢を強調しています。


韓国 中国違法漁船の取締り強化へ

韓国の海洋警備当局の船が違法に操業していた中国漁船に体当たりされて沈没したことを受けて、韓国政府は韓国に駐在する中国大使を呼んで抗議するとともに、海洋警備当局による武器使用の要件を緩和し、厳しく取り締まっていく方針を発表しました。


自衛隊PKO活動の南スーダン 襲撃で市民21人死亡

日本の陸上自衛隊もPKO=国連の平和維持活動に派遣されているアフリカの南スーダンで、市民を乗せたトラックが武装グループに襲われて21人が殺害され、国連は、政府軍と反政府勢力の双方に直ちに暴力行為を停止し、市民を保護するよう強く要請しました。


マレーシア資金疑惑 シンガポール当局が3行を処分

マレーシアのナジブ首相が政府系ファンドから資金を不正に受け取っていたという疑惑に関連し、シンガポールの金融当局は、国内最大手の銀行を含む3行に対して、犯罪や脱税で得た資金を隠すマネーロンダリングに関わったとして、業務停止や制裁金の支払いを命じる処分を下したと発表しました。


韓国 パク大統領 北朝鮮からの亡命促し指導部揺さぶる構え鮮明に

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、北朝鮮の動向について、「いつでも軍事挑発をしてくる可能性がある」と述べ、制裁などの圧力を強めるとともに韓国に亡命する北朝鮮住民の受け入れ態勢を充実させるよう指示し、北朝鮮からの亡命を促すことでキム・ジョンウン(金正恩)指導部を揺さぶろうという構えを鮮明にしました。


中国の住宅倒壊は死者22人に 捜索打ち切り

中国・東部の浙江省で10日、住宅4棟が倒壊した事故で、がれきの下敷きとなって死亡した人は22人となり、地元当局は取り残された人がいる可能性はなくなったとして捜索を打ち切り、住宅が倒壊した原因を調べています。


ノーベル平和賞の賞金を内戦被害者支援に

南米コロンビアの内戦終結に向けた取り組みが評価され、ことしのノーベル平和賞に選ばれたサントス大統領は、日本円にしておよそ9600万円の賞金を内戦の被害者を支援するために寄付すると表明しました。


国連 ハリケーン被害のハイチに支援呼びかけ

ハリケーンで500人以上が死亡したカリブ海の島国、ハイチでは、衛生状態の悪化からコレラの感染が広がっており、国連は140万人が緊急の支援が必要な状態に置かれているとして1億2000万ドルの支援を国際社会に呼びかけています。


ブラジル フィリピン ヨルダン首脳相次ぎ来日へ

政府は、11日の閣議で、今月中旬から下旬にかけて、ブラジルのテメル大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領、ヨルダンのアブドラ国王をそれぞれ日本に招くことを了解し、安倍総理大臣は各国首脳との会談で関係強化を図る考えです。


外相 北朝鮮弾道ミサイル発射に引き続き警戒

岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、北朝鮮が、朝鮮労働党の創立記念日をすぎた11日以降も、弾道ミサイルの発射などに踏み切る可能性は排除できないとして、引き続き警戒監視に万全を期す考えを示しました。


ロシア・トルコ首脳会談 関係修復が進む

ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が首脳会談を行い、両国を結ぶガスパイプラインの建設で正式に合意したほか、戦闘が激化しているシリア北部の都市への人道支援を両国が協力して行うことでも一致し、去年11月のトルコ軍によるロシア軍機の撃墜で悪化した関係の修復が急速に進んでいます。


米大統領選 非難合戦続く 最後の討論会が焦点に

アメリカ大統領選挙は、2回目のテレビ討論会から一夜明けましたが、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補の間で非難合戦が続いていて、世論調査でリードするクリントン氏が逃げきるのか、それともトランプ氏が巻き返しを図るのか、注目されています。


NYダウ 原油先物価格の上昇で値上がり

週明け10日のニューヨーク株式市場は、原油の先物価格が上昇したことなどから買い注文が広がり、ダウ平均株価は88ドル値上がりしました。


コンサートで日ロが交流 クレムリンの博物館

ロシアの大統領府があるクレムリンに付属する博物館で、京都市の服飾財団が集めたおよそ100年前に流行したアール・デコの様式の衣装の展示に合わせて、日本とロシアの音楽家によるコンサートが開かれました。


共和党下院議長 トランプ氏の選挙運動しない考え

アメリカ大統領選挙の2回目のテレビ討論会から一夜明け、共和党のライアン下院議長は今後、トランプ候補のための選挙運動を行わない考えを示し、投票日まで1か月を切る中、トランプ氏と党主流派の亀裂が深まる異例の事態となっています。


ドイツでテロ計画の疑い シリア難民の男逮捕

今月8日、ドイツ東部のケムニッツの住宅から爆薬などが発見された事件で、この住宅に出入りしていたシリア難民の男の行方を追っていた警察は10日、およそ70キロ離れたライプチヒで男を逮捕しました。警察は、過激派組織IS=イスラミックステートとの関係について調べています。


プーチン大統領 OPECと協力し生産調整に参加の用意

ロシアのプーチン大統領は、原油価格の上昇を目指して、OPEC=石油輸出国機構と協力して生産調整に参加する用意があると表明し、今後、具体的な生産量をめぐり、各国とどう折り合いをつけるのかが焦点となりそうです。


中国で住宅4棟倒壊 20人死亡

中国・東部の浙江省で10日、住宅4棟が倒壊して10日夜までに20人の死亡が確認され、地元当局はがれきの中にまだ取り残された人がいる可能性もあると見て捜索を続けています。


中国国有の大手鉄鋼メーカーが経営破綻

業績の悪化から債務不履行を繰り返し、いわゆるゾンビ企業の代表例として動向が注目されていた中国国有の大手鉄鋼メーカーが経営破綻し、構造改革を断行する姿勢を内外にアピールしたい中国政府の意向が働いたものと見られます。


米国連大使が韓国外相と会談 緊密連携で一致

韓国を訪れているアメリカのパワー国連大使は、ユン・ビョンセ(尹炳世)外相と会談し、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮に対して国連の安全保障理事会でより強力な制裁決議を早期に採択するため米韓が一層緊密に連携していくことで一致しました。


台湾の蔡総統 中国に対話呼びかけ

台湾の蔡英文総統は、辛亥革命を記念する式典で演説し、「1つの中国」という考え方の受け入れを迫る中国をけん制する一方、安定した中台関係の維持に向けて対話を呼びかけました。


セキュリティーシステムを紹介する見本市

シンガポールでは、テロ対策などに使われるセキュリティーシステムを紹介する見本市が開かれ、アジア各国がテロへの警戒を強める中、日系企業も各国の担当者らに積極的に売り込みをかけていました。


韓国 近くTPP参加を決定へ

韓国政府は近く、TPP=環太平洋パートナーシップ協定に参加することを最終的に決める見通しとなり、各国との協議に臨むにあたって日本政府などに協力を求めるものとみられます。


中国 北朝鮮に祝電も核実験などへの自制促す

中国は、朝鮮労働党の創立記念日を迎えた北朝鮮に祝電を送ったことを明らかにする一方、新たな核実験などへの警戒が広がっている中、名指しは避けながらも北朝鮮に強く自制を促しました。


サムスン電子 新型スマホの生産中断 相次ぐ発火の不具合で

韓国のサムスン電子は、バッテリーから火が出たという不具合で新しい製品との交換を進めている新型のスマートフォンについて、製品の交換後も不具合が報告されていることを受けて「詳しい調査と品質管理の強化のため供給量を調整している」と発表し、このスマートフォンの生産を事実上中断していることを認めました。


人民元 対ドル相場で6年ぶりの安値水準に

中国の通貨・人民元の10日の為替相場は、アメリカが年内に追加の利上げを行うのではないかという観測が広がったことから、世界的にドルを買う動きが強まった流れを受けて、ドルに対しておよそ6年ぶりの元安水準となりました。


米大統領選 両候補が互いに相手を非難 2回目の討論会

アメリカ大統領選挙の民主・共和の両候補による2回目のテレビ討論会が行われ、共和党のトランプ候補が女性を見下すような発言を釈明するとともに、民主党のクリントン候補のメール問題などで反撃したのに対し、クリントン氏は、トランプ氏は大統領としての資質に欠けると厳しく批判し、互いに相手を非難し合う形となりました。


2度目の直接対決 両候補が非難の応酬(討論要旨)

民主党クリントン候補、共和党トランプ候補による非難の応酬となった、第2回大統領候補テレビ討論会。議論のポイントな何だったのでしょうか。討論の要旨をまとめました。


映画監督のワイダ氏死去 社会主義政権下で自由訴え

社会主義政権下のポーランドで、映画の製作を通じて一貫して自由の尊さを訴えてきた映画監督、アンジェイ・ワイダさんが9日、亡くなりました。90歳でした。


円相場 1ドル=103円前後の取引 シンガポール市場

10日のシンガポール外国為替市場は、先週、7日に発表されたアメリカの雇用統計の結果が市場の予想を下回ったことから、円を買ってドルを売る動きが続いて、円相場は1ドル=103円前後の水準で取り引きされています。


米大統領選 “女性蔑視発言”めぐり批判の応酬 テレビ討論

アメリカ大統領選挙の民主・共和の両候補による2回目のテレビ討論会が行われ、共和党のトランプ候補が、女性を見下すようなみずからの発言について謝罪したうえで、クリントン元大統領の女性問題を持ち出して反撃したのに対し、民主党のクリントン候補はトランプ氏には大統領としての資質がないと批判しました。


米韓の合同軍事演習始まる 北朝鮮の動向に警戒強める

アメリカ軍と韓国軍は、朝鮮半島の有事を想定して10日午前、海上での合同軍事演習を開始しました。北朝鮮がこれに強く反発していることに加え、10日が朝鮮労働党の創立記念日にあたることから、北朝鮮の動向に米韓両軍が警戒を強めています。


北朝鮮 党創立記念日で核・ミサイル開発の推進を強調

北朝鮮は10日、朝鮮労働党の創立記念日を迎え、国営メディアは「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、核武力を主軸とする自衛的国防力を強化した」とたたえ、キム委員長のもとで、核・ミサイル開発を推し進めていると強調しました。


米大統領選 2回目のテレビ討論会始まる

アメリカ大統領選挙は、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補による2回目のテレビ討論会が、日本時間の午前10時すぎから始まりました。女性を見下すような発言をしたトランプ氏に対して共和党内で、支持撤回の動きなどが急速に広がるなか、トランプ氏がどう釈明し立て直しを図るのか注目されています。


ミャンマーで武装グループが警察署襲撃 17人死亡

仏教徒とイスラム教徒の間で緊張が続く、ミャンマー西部のラカイン州で、武装グループが3か所の警察署を襲撃して合わせて17人が死亡し、ミャンマー政府はこの地域に夜間外出禁止令を出して警戒を強めています。


エチオピア 反政府デモ激化で非常事態宣言

高い経済成長を続け、日本企業からも注目されている東アフリカのエチオピアで反政府デモが激しくなる中、エチオピア政府は非常事態を宣言し、治安の回復に全力を挙げる姿勢を示しています。


タイ プミポン国王「容体は不安定」 王室が発表

健康状態が悪化して入院中のタイのプミポン国王について、王室は9日、「容体は不安定」だと発表し、国王に公務を控えるよう求めたことを明らかにしました。


民族融和を 宮本恒靖さんらがサッカーアカデミー

サッカー元日本代表の宮本恒靖さんなどが、日本政府の支援を受けて旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナに設立したサッカーアカデミーが開校し、元日本代表監督のオシム氏も参加して記念の式典が行われました。


ベルギー国王夫妻がきょう訪日 友好150周年で

日本とベルギーが修好通商条約を結んでから、ことしで150周年を迎えるのに合わせて、ベルギーのフィリップ国王夫妻が10日から国賓として日本を訪れ、親交の深い皇室との交流行事などに参加する予定です。


米韓両軍が合同軍事演習へ 北朝鮮の動向に警戒

アメリカ軍と韓国軍は、10日から海上での合同軍事演習を開始しますが、北朝鮮がこれに強く反発していることに加え、10日が朝鮮労働党の創立記念日に当たることから、北朝鮮の動向に米韓両軍が警戒を強めています。


経団連会長 韓国大統領と会談へ 経済連携強化で

韓国を訪れている経団連の榊原会長は10日、パク・クネ(朴槿恵)大統領と会談し、日本と韓国の経済連携を強化するため、中国も含めたFTA=自由貿易協定の早期締結などに、直接協力を求めることにしています。


北朝鮮 党創立記念日で核開発推進姿勢強調か

北朝鮮は10日、朝鮮労働党の創立から71年の記念日を迎え、キム・ジョンウン(金正恩)委員長の下、核やミサイルの開発を一層推し進める姿勢を強調するとみられます。これに合わせ、北朝鮮が弾道ミサイルの発射などに踏み切る可能性があるという見方も出ており、各国が警戒を強めています。


日本・サウジ 石油だけでなく幅広い協力で合意

石油依存からの脱却を目指し経済改革を進めるサウジアラビアと、日本の協力について両国の閣僚が話し合う初めての会議が開かれ、エンターテインメントや食品など幅広い分野で、投資の拡大や人材育成を進めることで合意しました。


トランプ氏 討論会でどう釈明し立て直し図るか注目

アメリカ大統領選挙は、女性を見下すような発言をしていた共和党のトランプ候補に対し、党内から支持撤回の動きが相次ぐ異例の事態になっています。日本時間の10日午前10時すぎから始まる2回目のテレビ討論会で、トランプ氏がどう釈明し立て直しを図るのか注目されています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る