NHKニュース|科学・医療 2016年12月10日 (土曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

宇宙輸送船 こうのとり6号機 打ち上げ成功

国際宇宙ステーションに物資を届ける日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機を載せたH2Bロケットが、9日午後10時26分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、午後10時41分ごろ、予定どおりに「こうのとり」を切り離して打ち上げは成功しました。


宇宙輸送船 こうのとり6号機 打ち上げ

国際宇宙ステーションに物資を運ぶ日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機を載せたH2Bロケットは、9日午後10時26分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。H2Bロケットは、補助ロケットや1段目などを切り離しながら上昇を続け、打ち上げからおよそ15分後の午後10時41分ごろ、高度287キロ付近で「こうのとり」6号機を切り離す予定です。


著者名など伏せて販売「文庫X」 タイトル公表する催し

本の表紙にカバーをかけ、タイトルや著者の名前などを伏せた状態で販売して、異例の売れ行きが続く「文庫X」と名付けられた書籍の本来のタイトルなどが盛岡市で公表されました。


こうのとりで挑む 「宇宙ごみ」対策の新技術

使い終わったロケットや人工衛星などは地球の周りを回り続け、「宇宙ごみ」と呼ばれて、宇宙開発を進める上で大きな問題となっています。その解決に向けて、今回、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、物資を運び終えた「こうのとり」6号機を使い、「宇宙ごみ」を取り除く新しい技術の実験を行うことにしています。


俳優の成宮寛貴さん引退発表 薬物使用疑惑は否定

人気俳優の成宮寛貴さんは、写真週刊誌で薬物を使用した疑いがあると報じられたことについて疑惑を否定したうえで、「これ以上プライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと耐えられそうにない」などとして、芸能界からの引退を発表しました。


「真田丸」初の発掘調査 盛り土や堀の跡発見か

戦国時代に天下統一を果たした豊臣秀吉方の武将、真田幸村、こと信繁が「大坂冬の陣」で大坂城の南に築いた出城、「真田丸」の初めての学術的な発掘調査が行われ、盛り土と見られる跡などが見つかりました。一連の調査では巨大な堀と見られる跡なども確認され、真田丸の実態に迫る成果として注目されています。


原発事故賠償費用 新規参入の事業者も負担へ 国の委員会が方針

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉や事故の賠償などの費用の総額が21兆円余りに膨らむ見通しとなりました。こうした費用を賄うための制度の見直しを検討してきた国の委員会は9日、賠償費用の一部は電力自由化で新たに参入した事業者にも負担を求めるなどの方針を示しました。


こうのとり6号機 今夜打ち上げへ 準備は最終段階

国際宇宙ステーションに物資を届ける日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機が、9日夜10時26分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。今回の6号機では、国際宇宙ステーションの新たな主電源に採用された日本製のリチウムイオン電池が送り届けられるほか、深刻化する「宇宙ごみ」を取り除くために日本が開発中の新たな技術の実験が行われます。


鳥インフル 青森と新潟の農場検出のウイルスはほぼ同一

青森市と新潟県関川村の農場で検出されたH5N6型の鳥インフルエンザウイルスは、さらに詳しい遺伝子解析の結果、ほぼ同一のウイルスとわかり、分析に当たった研究機関は、渡り鳥が国内に持ち込んだウイルスである可能性が高いとしています。


中医協 薬価の毎年改定に関係団体から反対相次ぐ

厚生労働大臣の諮問機関、中医協=中央社会保険医療協議会は薬の価格改定を毎年実施するかどうかなどをめぐって関係団体からヒアリングを行い、出席者からは安定供給に支障が出るなどとして反対する意見が相次ぎました。


夏目漱石没後100年 坊っちゃん列車ミュージアム開館 松山

明治の文豪、夏目漱石の没後100年の命日にあたる9日、小説「坊っちゃん」に登場する機関車のレプリカなどを展示した「坊っちゃん列車ミュージアム」が、小説の舞台となった松山市にオープンしました。


原発事故費用 従来の2倍の21兆円余に膨らむ見通し

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉費用などの負担の在り方などを検討する国の有識者会議が開かれ、経済産業省は、賠償や除染も含めた原発事故に関連する費用の総額が従来の倍の21兆円余りに膨らむという見通しを示しました。費用の一部は、電気料金の支払いを通じて国民が負担する形となります。


鳥インフルエンザ 各地の動物園に影響広がる

鳥インフルエンザが相次いで検出されていることを受け、各地の動物園などの施設で鳥の展示を休止したり鳥と触れ合う催しを中止したりするなど、影響が広がっています。これらの施設では感染は起きていませんが、念のために予防などをしているもので、安全が確認されれば再開したいとしています。


川内原発1号機 臨界の状態に

8日夜、運転を再開した鹿児島県にある川内原子力発電所1号機は、9日午前10時に核分裂反応が連続する臨界の状態になりました。作業が順調に進めば、11日、発電と送電を始める計画です。


ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、卵アレルギーになるリスクが、高いことが知られていますが、生後6か月の段階からゆで卵をごく少量ずつ食べさせると1歳になったとき、卵アレルギーの発症を80%抑えられたとする研究成果を国立成育医療研究センターなどのグループが発表しました。


米宇宙飛行士のジョン・グレンさん死去

アメリカ人で初めて地球を周回する軌道の飛行をし、人類史上最高齢の77歳で宇宙飛行をしたことでも知られるジョン・グレンさんが8日、亡くなりました。95歳でした。


ノーベル賞 大隅さん夫妻 コンサートで名曲楽しむ

ノーベル賞の授賞式を前にした公式行事のひとつ、「ノーベル・コンサート」がスウェーデンのストックホルムで行われ、医学・生理学賞に選ばれた東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが夫人の萬里子さんとともにベートーベンやブラームスの名曲を楽しみました。


宇宙輸送船 こうのとり6号機 今夜打ち上げ

国際宇宙ステーションに物資を届ける日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機が、9日午後10時すぎに鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。今回の6号機では、国際宇宙ステーションの新たな主電源に採用された日本製のリチウムイオン電池が送り届けられるほか、「宇宙エレベーター」など将来の夢の技術につなげる実験用の超小型衛星などが搭載されています。


プログレッシブ・ロックの父 ELPのグレッグ・レイク氏死去

1970年代を中心に活躍したイギリスの人気バンド「エマーソン、レイク&パーマー」のボーカルとベースをつとめ、前衛的な「プログレッシブ・ロック」と呼ばれるジャンルを切り開いたグレッグ・レイクさんが7日、死去しました。69歳でした。


ミック・ジャガーさん 73歳で8人目の子ども誕生

半世紀以上活動を続けている世界的なロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカル、ミック・ジャガーさんに8人目となる子どもが誕生し、欧米のメディアは「ロックのレジェンドに73歳で子どもが誕生」などと驚きをもって大きく伝えています。


キリンを絶滅危惧種に指定 各国に保護呼びかけ

世界の野生動物の保護を目指すIUCN=国際自然保護連合は、絶滅の危険のある動植物を分類した「レッドリスト」の中で、新たにキリンを絶滅危惧種に指定し、各国に対して保護に取り組むよう呼びかけました。


ノーベル賞の大隅さん 日本大使館の祝賀会に出席

ことしのノーベル医学・生理学賞に選ばれた東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんは、スウェーデンの日本大使館が主催したレセプションに出席し、「ノーベル賞を頂いたことはとても光栄なことで、これからも文化の一環として基礎科学に対する理解をいただければと思います」と述べました。


福島第二原発 冷却装置一時停止 連絡遅れで通報基準見直しへ

先月22日の地震で、福島第二原子力発電所3号機の使用済み燃料プールの冷却装置が一時、停止した際、国や自治体などへの連絡が遅れたことについて、東京電力は、通報基準に問題があったとして、見直しを進めることになりました。


川内原発1号機が運転再開 きょう午前「臨界」に

定期検査のためことし10月から運転を停止していた鹿児島県にある川内原子力発電所1号機は、8日午後9時半に原子炉を起動し、運転を再開しました。作業が順調に進めば9日午前には、核分裂反応が連続する臨界の状態になる予定です。


ノーベル賞 大隅さん夫妻 現地で初会見「楽しめたら最高」

ノーベル賞の授賞式のためスウェーデンのストックホルムを訪れている大隅良典さんは妻の萬里子さんとともに、現地で夫婦そろっての初めての記者会見を行い「とてもすばらしい授賞式を楽しめれば最高です」と今の心境を語りました。


川内原発1号機 原子炉起動し運転再開

定期検査のためことし10月から運転を停止している鹿児島県にある川内原子力発電所1号機は、8日午後9時半に原子炉を起動して運転を再開しました。9日午前には、核分裂反応が連続する臨界の状態になる予定です。


大隅さん ノーベル博物館のカフェのいすにサイン

ノーベル賞の授賞式のためスウェーデンのストックホルムを訪れている大隅良典さんは、8日、市内にあるノーベル博物館を訪れ、館内のカフェのいすにサインする恒例の行事に参加しました。


コブハクチョウから鳥インフルエンザウイルス 水戸

8日、水戸市にある湖、千波湖で弱った状態で見つかり、その後死んだコブハクチョウ1羽について、茨城県が遺伝子検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。


鳥インフルエンザ陽性 名古屋の動物園で感染防止対策

飼育していた鳥から6日、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た名古屋市の「東山動物園」は、ペンギンの飼育施設に野鳥の侵入を防ぐネットを張るなど感染を防ぐ対策を進めています。


市川染五郎さん 松本幸四郎を襲名へ

人気歌舞伎俳優の市川染五郎さん(43)が、江戸時代から続く歌舞伎の大名跡、松本幸四郎を襲名することになり、「名前が変わっても命のかぎり歌舞伎役者であり続けたい」と意気込みを語りました。


川内原発1号機 8日夜 原子炉起動し運転再開へ

定期検査のため、ことし10月から運転を停止している鹿児島県にある川内原子力発電所1号機は、8日夜、原子炉を起動して運転を再開し、核分裂反応を起こした状態で最終盤の点検作業に入ります。


夏目漱石の生前の姿を再現 アンドロイドが完成

文豪・夏目漱石の生前の姿を再現して動いたり話したりすることができるアンドロイドが完成し、記者会見で「ご無沙汰しています」などと自己紹介しました。


熊野本宮大社で大しめ縄の掛け替え 和歌山

新年を前に、和歌山県田辺市の熊野本宮大社で、境内の大しめ縄を掛け替える作業が行われました。


超小型衛星専用のミニロケット 来月打ち上げ実験へ

手で持ち運べるサイズの超小型衛星の打ち上げに世界の関心が高まる中、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、超小型衛星専用の新しいミニロケットの打ち上げ実験を来月11日に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所で行うことになりました。


青森県知事 鳥インフルの風評被害防止策推進を要請

青森市の2つの農場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、青森県の三村知事が農林水産省を訪れ、風評被害の防止策の推進などを要請しました。


1年のほこりを落とす「お身拭い」 奈良 法隆寺

奈良の法隆寺で、新年を前に仏像に積もったこの1年のほこりを落とす「お身拭い」が行われました。


認知症治療につながるか 光の点滅で脳刺激 米でマウス実験

一定の周期で点滅を繰り返す光を受けるだけでアルツハイマー病の患者の脳内にたまるたんぱく質の量が減ったとするマウスでの実験結果をアメリカの大学のグループが発表し、将来の治療につながる可能性があるとして注目されています。


蜷川幸雄さんが生前に企画 1600人参加の群集劇公演

ことし亡くなった世界的な演出家、蜷川幸雄さんが生前に企画した中高年による群集劇が、7日、さいたま市で公演されました。


ノーベル医学・生理学賞の大隅さんが記念講演

ことしのノーベル医学・生理学賞を受賞する東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが、スウェーデンのストックホルムで「ノーベルレクチャー」と呼ばれる記念講演に臨み、「科学を何かに役立てるためのものではなく、文化としてとらえ、育んでくれる社会になってほしい」と訴えました。


健康ポイント制度で医療費抑制効果 初の実証

東京オリンピックをきっかけにスポーツによる健康増進に取り組む自治体が増える中、健康づくりに取り組んだ人にポイントを与える「健康ポイント制度」に、医療費を抑制する効果があることが初めて実証されました。


ノーベル賞 授賞式へ 大隅さんが現地で初会見

ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に選ばれた、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが、授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムで初めての記者会見に臨み、「ストックホルムは美しく、歴史のある街でこれからの行事を楽しみたい」と今の心境を語りました。


アムール川流域の野生生物保護に協力を ロシア専門家が呼びかけ

ロシア東部のアムール川流域で長年、野生生物の保護に取り組んでいる専門家が来日して講演し、この地域は日本でも知られたコウノトリなど希少な渡り鳥の重要な繁殖地だとして保護への協力を呼びかけました。


「毒の無い」フグの肝 食用の提案認められず

佐賀県の事業者が特殊な方法で養殖し、毒が無いことを検査で確認できた「フグの肝」を食用として提供するという事業の提案について、国の食品安全委員会の専門調査会は、7日の会合で、「安全性を確保する十分な検査方法か判断できない」などとする報告書の案を了承し、提案は認められませんでした。


ことしのネット検索 大賞にDEAN FUJIOKAさん

インターネットの大手検索サイトで、ことし最も検索数が上昇した人物などを表彰する「検索大賞」が7日発表され、大賞には、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」にも出演した俳優のDEAN FUJIOKAさんが選ばれました。


紅白歌合戦にタモリさんとマツコ・デラックスさん

大みそか恒例のことしのNHK紅白歌合戦に、タモリさんとマツコ・デラックスさんがスペシャルゲストとして出演することになりました。


横浜の動物園で鳥インフルエンザ対策 一部展示見合わせも

全国各地で、ニワトリや野鳥から鳥インフルエンザウイルスの検出が相次いでいることを受けて、横浜市は7日から4か所の市立動物園で、一部の鳥の展示を見合わせるなど感染防止の対策を始めました。


ノーベル賞 専門家「大隅さんは単独受賞にふさわしい」

今週行われるノーベル賞の授賞式で、ことしの医学・生理学賞に選ばれた東京工業大学栄誉教授、大隅良典さんの業績の紹介を担当する専門家は、「大隅さんは勇気をもって未知の分野に挑み、単独受賞にふさわしい成果を挙げた」と述べ、その功績をたたえました。


坂本龍一さんがグラミー賞にノミネート

アメリカ音楽界最高の栄誉とされる「グラミー賞」の候補が6日、発表され、世界的に活躍する音楽家、坂本龍一さんが手がけた映画「レヴェナント蘇えりし者」のテーマ音楽がサウンドトラックの部門にノミネートされました。


川内原発1号機 8日夜に原子炉起動し運転再開へ

定期検査のためことし10月から運転を停止している鹿児島県にある川内原子力発電所1号機について、九州電力は、今後の検査で問題がなければ、8日の夜、原子炉を起動し、運転を再開することにしました。


東山動物園のコクチョウ1羽 鳥インフルの陽性反応

名古屋市の東山動物園で6日、飼育しているコクチョウ1羽が弱っているのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。愛知県は周辺の養鶏場のニワトリや野鳥などに異常がないか、調査することにしています。


ES細胞から精子幹細胞 マウス実験で成功 京大グループ

体のさまざまな組織になるES細胞から精子の元となる「精子幹細胞」を作り出すことに京都大学のグループが世界で初めてマウスを使った実験で成功しました。男性不妊などの原因究明に役立つと期待されます。


国産アニメ初公開から100年でシンポジウム

国産のアニメーションが初めて公開されてから来年で100年です。これをきっかけに、日本のアニメをさらに発展させようと、制作会社などで作る団体が、人材育成などを進めるプロジェクトを立ち上げ、第一弾となるシンポジウムを開きました。


ノーベル賞授賞式 ボブ・ディランさんの歌を友人歌手が披露へ

今月10日、スウェーデンの首都、ストックホルムで行われるノーベル賞の授賞式で、文学賞に選ばれながら式を欠席するアメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさんの歌が、友人の歌手により披露されることになりました。


ノーベル賞 大隅良典さんがストックホルムに到着

ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に選ばれた、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが日本時間の6日夕方、授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムに到着し、大勢の報道陣らが集まる中、笑顔で受賞者が宿泊するホテルに入りました。


鳥インフルで55万羽のニワトリ処分が終了 新潟

ニワトリから鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出された新潟県では、2つの養鶏場の合わせて55万羽のニワトリを処分し、ウイルスを封じ込める作業が6日で終了しました。県は今後、周辺の検査を行い、感染の広がりないことが確認されれば、10キロ圏内のニワトリや卵の移動制限を今月28日までに解除する方針です。


ノーベル賞授賞式の準備進む ストックホルム

ノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムでは、6日から1週間をノーベルウイークと呼んで、さまざまな行事が行われます。


TBSの番組「放送倫理に違反」 BPOが意見公表

TBSがことし6月に放送したバラエティー番組の中で、出演者の映像を本人の了解を得ずに、存在しないかのように加工して消去したことについて、BPO=放送倫理・番組向上機構は「出演者に対する敬意や配慮を著しく欠いた編集で、放送倫理に違反する」という意見をまとめ、6日に公表しました。


「君の名は。」興行収入 200億円突破

若い男女の切ない恋を描いた映画「君の名は。」が、公開から3か月余りで興行収入200億円を突破しました。国内で上映された映画が200億円を超えたのは2年ぶり5本目で、日本の映画としては宮崎駿監督が手がけた「千と千尋の神隠し」に次いで2本目です。


国内の温室効果ガス排出量 2年連続で減少

昨年度の国内の温室効果ガスの排出量は13億2100万トンと、2年連続で減少したことがわかりました。環境省は平年に比べて冷夏や暖冬だったことや再生可能エネルギーの導入が進んだことなどを要因としてあげています。


トランプ次期大統領 温暖化めぐりゴア元副大統領と会談

先のアメリカ大統領選挙で、地球温暖化について、「でっち上げだ」などと述べていたトランプ次期大統領は、温暖化に警鐘を鳴らす活動を続けるゴア元副大統領と会談し、今後の対応に変化があるのか注目されています。


ノーベル賞の大隅良典さんに米ブレイクスルー賞

アメリカのグーグルやフェイスブックなど大手IT企業の創業者らが設立した財団は、優れた科学研究をした人に贈る「生命科学ブレイクスルー賞」を東京工業大学栄誉教授で、ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞が決まっている大隅良典さんに授与すると発表しました。


鳥インフル 新潟県関川村のウイルス封じ込め作業終了

鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県関川村の養鶏場では処分されたニワトリを埋めるなど、ウイルスの封じ込め作業が5日夜終わりました。上越市の養鶏場での作業も6日中に終わる見通しです。


鳥インフル 調査の3農場で金網などの破損確認

青森市と新潟県の農場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、国が感染経路などを調べたところ、調査した3つの農場すべてで、野鳥などの侵入を防ぐために設置されている金網などの破損が確認されました。農林水産省は、破損箇所から小動物によってウイルスが持ち込まれた可能性があるとして、都道府県に必要な対策を取るよう求めることにしています。


政府与党 鳥インフル感染拡大防止に全力を確認

青森県や新潟県で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことについて、政府与党は5日に開かれた連絡会議で、「例年より早い時期の被害であり、厳重な警戒が必要だ」として、感染の拡大防止に全力を挙げる方針を確認しました。


国立ハンセン病療養所 敷地内で深さ2mほどの堀の跡

東京の東村山市にある国立ハンセン病療養所の敷地内で行われた発掘調査で、深さ2メートルほどの堀の跡が見つかりました。ハンセン病への差別が激しかった時代に、患者の逃亡を防ぐためなどに掘られたもので、専門家は「ハンセン病への差別の歴史を改めて浮き彫りにする発見だ」と話しています。


耐性菌対策 抗菌薬の適切な使用求めるマニュアル作成へ

抗生物質などの抗菌薬の過剰な使用によって薬の効かない耐性菌への感染が世界的に広がるおそれがあることから、厚生労働省は、抗菌薬の適切な使用を医療機関に求めるマニュアルを新たに作成することを決めました。


福島第一原発3号機 作業中のミスで注水が一時停止

東京電力福島第一原子力発電所で5日、3号機の事故で溶け落ちた核燃料を冷やすための水を送るポンプが作業中のミスで停止し、一時、注水が止まるトラブルがありました。注水は1時間後に別のポンプで再開され、周辺の放射線量などに変化はなかったということですが、東京電力は再発防止策を進めることにしています。


フリーアナウンサーの小川宏さん死去

NHKの人気番組や民放の朝のワイドショーの顔として活躍したフリーアナウンサーの小川宏さんが、東京都内の病院で亡くなりました。90歳でした。


鳥インフル 青森の2例目もH5N6型ウイルス

農林水産省は、青森市の農場で検出された2例目の鳥インフルエンザウイルスは、分析の結果、高病原性のH5N6型のウイルスだったと発表しました。


女子大学生がアプリ開発 コンテスト開催

システムエンジニアやプログラマーといったIT技術者は男性に比べて女性の比率が少ないと言われていますが、そうした中、女子大学生を対象にしたアプリ開発のコンテストが東京で開かれました。


「君の名は。」が米映画賞のアニメ賞受賞

若い男女の切ない恋を描いたアニメーション映画「君の名は。」が、アメリカの有力な映画賞の一つ、ロサンゼルス映画批評家協会のアニメ賞に選ばれました。


国の有識者会議 柏崎刈羽原発 他電力会社との提携促す

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉費用の負担の在り方などを検討する国の有識者会議が開かれ、国側は、会社の経営改革の一環として、再稼働の見通しが立たない新潟県の柏崎刈羽原子力発電所について、ほかの電力会社との提携を強く促す方針を示しました。


温暖化対策 カーボンプライシング本格導入を検討へ

地球温暖化対策を進めるため、環境省は、排出した二酸化炭素に価格をつけて、排出量に応じたコストを企業などに負担してもらう、カーボンプライシングと呼ばれる制度の本格的な導入に向けた検討を、年明けから始めることになりました。


笑って収穫に感謝し苦しみ忘れる笑い講 山口 防府

大きな声で笑いあってこの1年の収穫に感謝し、苦しかったことを忘れようという珍しい神事「笑い講」が、山口県防府市で行われました。


若いがん患者の妊娠妨げない治療法学ぶ研修会

若くしてがんになった患者の、子どもを持ちたいという希望に応えるため、看護師などの相談員が妊娠を妨げない治療方法などを学ぶ研修会が、東京で開かれました。


戦艦「武蔵」 200枚に上る「幻の設計図」NHKに公開

太平洋戦争中フィリピン沖で撃沈された旧日本海軍の戦艦「武蔵」の建造に使われた200枚に上る設計図が今も残されていることがわかり、初めてNHKに公開されました。専門家は「歴史の一部を確定する上で貴重な資料だ」と話しています。


観光名所巡り得点を競う「ロゲイニング」 神奈川 横須賀

決められた時間内にさまざまな観光名所などを回って得点を競いあう「ロゲイニング」と呼ばれるイベントが神奈川県横須賀市で行われました。


感染症対策へ検疫強化 日中韓保健大臣会合が共同声明

日本、中国、韓国の3か国の保健大臣会合が、韓国のプサン(釜山)で開かれ、国際的な脅威である感染症への対策として、3か国が患者や接触者などの渡航情報を迅速に共有する連絡体制を構築するなど、検疫の強化を盛り込んだ共同声明を採択しました。


無病息災を祈願する「大根炊き会」 奈良

大きな釜で炊き込んだ大根を食べて無病息災を祈願する「大根炊き会」が奈良県の信貴山にある寺で行われました。


青森 鳥インフル 農場のアヒルの処分終了

青森市の農場のアヒルから、2日に鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、青森県はこの農場のすべてのアヒルを処分したうえで地中に埋める作業を終えました。ただ、畜舎の外に残るフンなどを埋める用地が確保できず、今後、国と検討を進めることにしています。


新潟 鳥インフル 55万羽のニワトリ処分終了

養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出された新潟県では、関川村に続いて上越市の処分が4日朝に終わり、合わせて55万羽の処分が終了しました。これを受けて新潟県庁では対策会議が開かれ、処分したニワトリを埋める作業などウイルスの封じ込めを6日までに完了する方針を確認しました。


パキスタンで和服のファッションショー

パキスタンで、和服を通じて日本との交流を深めようというファッションショーが開かれ、パキスタンの伝統的な模様を使った浴衣など、色鮮やかなデザインの和服が披露されました。


戦艦「武蔵」 海底の映像から最後の様子など明らかに

去年、フィリピン沖の海底で発見され世界の注目を集めた、旧日本海軍の戦艦「武蔵」の海底での様子を撮影した100時間に及ぶ未公開映像を、NHKは独占入手しました。映像の解析の結果、これまで謎に包まれていた武蔵の詳細と、その最後の様子が明らかになってきました。


紛争地の文化遺産の保護・修復で基金設立へ

中東などで過激派組織による遺跡の破壊が続く中、紛争地で文化遺産をどのように守るのか話し合う国際会議がUAE=アラブ首長国連邦で開かれ、参加国は、危機にひんする遺産の保護や修復を目的にした、およそ110億円の基金の立ち上げを決めました。


鳥インフル 新潟 上越の養鶏場のニワトリの処分終了

ニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県上越市の養鶏場で、今月1日から進められてきたおよそ23万6000羽のニワトリの処分は、4日午前4時すぎにすべて終了しました。


コハクチョウから鳥インフルの陽性反応 長野 安曇野

3日、長野県安曇野市で野生のコハクチョウ1羽が衰弱しているのが見つかり、県が行った簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。環境省はさらに詳しく検査するとともに、発見場所から半径10キロを野鳥に異常がないかを調べる重点区域に指定して、警戒を強めています。


無形文化遺産決定後 初の「秩父夜祭」にぎわう 埼玉

けんらん豪華な山車の練り歩きで知られ、ユネスコの無形文化遺産への登録が決まった、埼玉県秩父市の祭りが3日夜開かれ、30万人を超える見物客でにぎわいました。


日中韓 きょう保健大臣会合 感染症拡大防止など議論へ

日本、中国、韓国の3か国の保健大臣会合が、4日、韓国のプサンで開かれ、感染症の拡大を防ぐための検疫体制の強化などをめぐって意見を交わすことにしています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る