NHKニュース|文化・エンタメ 2016年12月17日 (土曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

国内で2例目の発見 「女子群像」が一般公開 鳥取

鳥取市の遺跡から出土し、古代の「女子群像」としては国内で2例目の発見となった板絵が17日、初めて一般公開され、歴史的な発見を一目見ようと多くの考古学ファンが訪れました。


時代行列が練り歩く「お渡り式」 奈良

古都、奈良の師走を彩る「春日若宮おん祭」で、華やかな時代行列が通りを練り歩く「お渡り式」が行われました。


受験へ上り「調子」 銚子電鉄が合格祈願切符 千葉

受験シーズンを前に千葉県を走る銚子電鉄で、「銚子」行きの上り電車で「上り調子」になるようにとの願いを込めるなど、駅名にちなんだ「合格祈願切符」が販売されています。


ウミガメの甲羅のあか落とし 徳島 美波町

全国有数のアカウミガメの産卵地、徳島県美波町の博物館で16日、飼育しているウミガメの甲羅についたこけなどを丁寧に洗い流す「あか落とし」が行われました。


別名目で勧誘か 東京の会社に一部業務停止を命じる

別の名目で自宅を訪れ磁石の入ったベストなどを買うよう勧誘していたなどとして、消費者庁は東京の会社に対し業務の一部を3か月間、停止するよう命じました。会社側は「異議があり、速やかに提訴する予定だ」としています。


逃げたライチョウ発見できず 態勢縮小し捜索へ 長野

長野県大町市の博物館で、人工飼育されている国の特別天然記念物のニホンライチョウが逃げ出してから1週間となり、16日も行方のわからない1羽の捜索が行われましたが見つかりませんでした。大町市は17日以降は、態勢を縮小して捜索を続けることにしています。


日本最南のスキー場オープン 宮崎 五ヶ瀬町

日本で最も南にある宮崎県五ヶ瀬町のスキー場で、今シーズンの営業が始まり、15日からの雪で銀世界となったゲレンデで大勢の人が初滑りを楽しみました。


東京湾でトラフグが繁殖の可能性

冬の味覚、「トラフグ」が、これまで繁殖が確認されなかった東京湾で繁殖している可能性が高いことが神奈川県水産技術センターの調査や分析でわかりました。


近畿圏の高速道路 距離に応じた料金体系に

国土交通省は、近畿圏の高速道路の料金体系について、走行距離に応じた料金体系に統一する方針を示し、阪神高速道路では、おおむね10キロまでは値下げとなる一方、15キロより長い距離では値上げとなる見通しです。


News Up わずか数ミリの悩み?いまどき駐輪事情

街なかでも見かける機会が多くなってきた電動アシスト自転車。その名のとおり、電気の力を借りて、すいすい坂道を登ることができ、長い距離も疲れずに走ることができます。前にも後にも子どもを乗せることができるタイプのものもあり、若い子育て世代にも人気です。ところが、この電動アシスト自転車で、ある悩みを抱えている利用者もいるんです。わずか数ミリをめぐる悩みです。


2025年の大阪万博目指し政府の検討会

大阪府が誘致を目指す2025年の国際博覧会、いわゆる万博について話し合う政府の検討会議が開かれ、来年3月をめどに立候補に向けた報告書の案を取りまとめることを確認しました。


浜名湖で猛毒のタコ相次いで見つかる

浜松市の浜名湖で猛毒を持つタコ「ヒョウモンダコ」が相次いで見つかり、県の水族館は見つけても触らないよう注意を呼びかけています。


山口 長門市長「温かいお迎えができた」

日ロ首脳会談が開かれた山口県長門市の大西倉雄市長は記者会見で、「温かいお迎えができたと思っている」と述べるとともに、ロシア南部のソチ市との間で姉妹都市の締結に向けた交渉をしていることを明らかにしました。


News Up あのごちそうが献立に “図書給食”って?

絵本などに登場するおいしそうな料理。どんな味がするんだろうと、想像をふくらませたことはありませんか?こうした夢を小学校の給食でかなえることができるんです。そんな“図書給食”が広がっています。


中学の部活動 「決まった休養日設けず」が全体の22%

教員の長時間勤務による負担が問題視されている学校の部活動について、スポーツ庁が行った調査の結果がまとまり、決まった休養日を設けていない中学校が全体の20%余りとなり、東京都や大阪府では60%を超えていることがわかりました。


理容と美容 両方の資格取りやすく 制度見直しへ

理容師と美容師の両方の資格を持つ人を増やし、どちらのサービスも受けられる店舗を増やそうと、厚生労働省はどちらかの資格を持っていれば、もう一方の資格を取る場合の養成課程を短縮するなど制度を見直す方針を決めました。


山口・長門 小中学校の給食にロシアの家庭料理

日ロ首脳会談が行われる山口県長門市で、15日、地元の小中学校の給食にロシアの家庭料理が出されました。


国宝彦根城で天守のすす払い

滋賀県彦根市の国宝・彦根城で、正月を前にこの1年の汚れを落とす年末恒例のすす払いが行われました。


北方領土交渉進展を祈願 北海道 根室

15日に山口県で行われる日ロ首脳会談を前に、北方領土にゆかりのある北海道根室市の金刀比羅神社では、朝早くから地元の人たちが領土交渉の進展を願って参拝する姿が見られました。


高齢者 外来の医療費の自己負担額 引き上げ幅抑制で最終調整

政府・与党は、来年度の予算編成の焦点である、一定の所得に満たない高齢者の外来医療費の自己負担上限額について、来年度と再来年度の2段階で1万8000円まで引き上げるものの、引き上げ幅は当初案より半分程度に抑制する方向で最終的な調整に入りました。


踏み間違いの死亡事故 約84%が65歳以上

高齢者ドライバーによる事故が相次ぐ中、アクセルとブレーキの踏み間違いが原因と見られる死亡事故は、ことしに入って先月までに全国で45件起き、このうちおよそ84%が65歳以上のドライバーによる事故だったことが、警察庁への取材でわかりました。


自賠責保険料 9年ぶり引き下げへ 来年4月から

損害保険各社が加盟する団体は、自動車を持つ人全員に加入が義務づけられている自賠責=自動車損害賠償責任保険の保険料を、来年4月から引き下げる方針をまとめ、正式に決まれば、9年ぶりに保険料が引き下げられることになります。


News Up “死んだあとに離婚” 増えてる理由は?

死後離婚という言葉をご存じでしょうか?。「配偶者の死後、その親族と縁を切りたい」、「夫と同じ墓に入りたくない」。そうした人たちの間で“死後離婚”という言葉が広がり始めています。


赤穂四十七士の討ち入りの日に義士祭 兵庫 赤穂

「忠臣蔵」で知られる赤穂四十七士が討ち入りをした12月14日に合わせて、兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が行われました。


日ロ首脳会談前に 山口の特産品PRするブース設置

15日、山口県で開かれる日ロ首脳会談に合わせて、報道関係者の待機場所となる施設に、ういろうや、かまぼこなど、山口県の特産品をPRするブースが設置されました。


手足が不自由な人たちの絵画や写真 作品展

手や足などが不自由な人たちが作った絵画や写真などを集めた作品展が、14日から東京で始まりました。


首都圏マンション販売 24年ぶりの低水準に

首都圏でことし1年間に発売される新築マンションの戸数はおよそ3万5000戸と、バブル崩壊で落ち込んだ平成4年以来24年ぶりの低い水準となる見通しです。


ガソリン価格 1年ぶりの高値水準に

今週のレギュラーガソリンの1リットルあたりの小売価格は、OPEC=石油輸出国機構が先月末の総会で減産に踏み切ることで最終合意し、原油価格が上昇した影響で、前の週より1.7円高い127.7円まで値上がりし、1年ぶりの高値水準となりました。


モンチッチ誕生の地を新たな観光地に 東京・葛飾区

地元ゆかりの人気漫画や人気映画を生かしたまちづくりが続く、東京・葛飾区は国内外で人気が高いぬいぐるみ、「モンチッチ」の誕生の地を新たな観光地として整備していくことになりました。


さけが上る最南端の川で「献鮭祭」

さけを祭っている福岡県嘉麻市の神社で、川で捕れたさけを奉納して五穀豊じょうなどを願う祭り「献鮭祭」が行われました。


尾瀬で地球温暖化の影響は 65年ぶり学術調査団

群馬県や福島県などにまたがる尾瀬国立公園で地球温暖化の影響などを調べるため、動植物の分布状況などの大規模な調査が65年ぶりに行われることになり、13日、学術調査団が発足しました。


大学キャンパスで自動運転バスの走行公開 福岡

福岡市の九州大学のキャンパスで、来月から、運転手がいない自動運転のバスを走らせる実証実験が始まることになり、報道陣にバスの走行が公開されました。


住まいや働き方など 来年のトレンド予測を発表

来年はどんな年になるのか、住まいや働き方など暮らしに関する8つの分野について情報サービス大手が行った来年のトレンド予測が、13日、発表されました。


新年を前に 大神神社に高さ5メートルの大門松

新年を前に、奈良県桜井市の大神神社に、高さおよそ5メートルの大門松が立てられました。


京都 祇園で年末恒例の「事始め」

京都の祇園で芸妓や舞妓が芸事の師匠などに一足早い新年のあいさつをする年末恒例の「事始め」が行われました。


News Up 来年って休みが少ないの?

ことしも残りわずかです。書店や文房具店などには、さまざまなデザイン、工夫を凝らした来年の手帳やカレンダーが並んでいます。インターネット上では「来年の手帳を探さないといけない」などといった書き込みが見られます。その来年、平成29年について、書店で記者が耳にした買い物客どうしの会話が気になりました。「来年はことしよりも休みが少ないんだよね」どういうことなのでしょうか?


成田山新勝寺ですす払い

毎年、多くの参拝者が初詣に訪れる千葉県の成田山新勝寺で、ことし1年にたまったほこりを払い落とす、すす払いが行われました。


来年のえと「酉(とり)」の名が付く魚の展示会 福井

来年のえとの「酉(とり)」にちなんで、鳥の名前が付いた魚を集めた展示会が福井県坂井市の水族館で開かれています。


“サンタ列車” 運行始まる 信楽高原鉄道

滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道で、サンタクロースが乗り込んだ「サンタ列車」の運行が始まり、地元の子どもたちが一足早いクリスマスを楽しみました。


旧ソビエト軍占領下の北方領土で“共生”の写真見つかる

戦後、旧ソビエト軍に占領された北方領土で、日本人と当時のソビエトの人たちがとも暮らしていた様子を収めた写真がロシアの資料館で見つかりました。北方領土問題の専門家は「人間どうしのつながりが表れた貴重な資料で、今後、領土問題が進展した際に共生の在り方などを考えるための手がかりになる」と指摘しています。


冬の風物詩「気嵐」見られる 石川 七尾市

この冬いちばんの冷え込みになった石川県七尾市で、12日朝、海面から水蒸気が立ちのぼる「気嵐」が見られました。


フランスの環境認証に千葉・船橋の地区 日本初

地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を去年、議長国として取りまとめたフランス政府が、環境に配慮したまちづくりを進めている地域を認証する制度に、日本では初めて千葉県船橋市にある地区が選ばれました。


民生委員が各地で不足 30府県で80歳以上が担い手

独り暮らしの高齢者の見守りなど地域の福祉を担う民生委員が各地で不足する中、少なくとも30の府県で80歳以上の高齢の人が民生委員を務めていることがわかりました。国は75歳未満の人を選ぶことを努力目標としていますが、各地で欠員が出る中で、高齢の委員にも頼らざるをえない実態が浮き彫りになりました。


新千歳空港 雪の影響で約1500人が空港で一夜

北海道の新千歳空港では、10日に続き、11日も雪のため、空の便の欠航が相次ぎ、足止めされた乗客およそ1500人が空港のロビーで一夜を過ごしました。


逃げたニホンライチョウ 1羽見つからず 長野

長野県大町市の博物館で人工飼育されている国の特別天然記念物のニホンライチョウ2羽が逃げ出し、このうち、まだ見つかっていない1羽の捜索が11日も行われましたが、日没までに見つかりませんでした。捜索は12日も続けられます。


「あべのハルカス」で階段垂直マラソン 大阪

高さ300メートルの日本一高いビル、大阪市の「あべのハルカス」で、ランナーたちが階段を駆け上がるタイムを競う大会が開かれました。


パラリンピック競技を子どもたちが体験

4年後の東京パラリンピックに向けて競技に親しんでもらおうと、「車いすラグビー」や「ボッチャ」などを子どもたちが体験するイベントが、都内で開かれました。


震災も闘病も乗り越え 念願のケーキ店オープン

東日本大震災の発生から5年9か月となる11日、岩手県山田町では、高校生のときに被災し、その後、闘病生活も乗り越えた女性が、幼い頃からの夢だったケーキ店をふるさとにオープンさせました。


冬に咲くひまわりで観光PR 神奈川 寒川町

神奈川県寒川町の畑で、冬に咲くひまわりの花を自由に摘み取れる催しが開かれています。


“ロボットを身近に” アート作品の展示会 神奈川

ロボット産業を推進する国の特区に指定されている神奈川県藤沢市で、ロボットをテーマにしたアート作品の展示会が開かれています。


津波の被災地域で復興願うマラソン大会 仙台

東日本大震災の発生から5年9か月となる11日、津波で大きな被害を受けた仙台市若林区ではマラソン大会が開かれ、市民ランナーが復興を願いながら沿岸部を駆け抜けました。


軽自動車にも車種別の保険料を導入検討 損害保険各社

損害保険各社は、すべての車種で一律となっている軽自動車の自動車保険の保険料の水準を、事故や盗難の多さなどに応じて車種によって変える仕組みを、平成32年までに導入することになりました。


地震被害乗り越えことしも新酒 熊本 山都町

熊本地震で被災した熊本県山都町の酒蔵で、被害を乗り越えてことしも新酒ができあがり、酒造りのシンボルとされる「杉玉」の掛け替えが行われました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る