NHKニュース|科学・医療 2016年12月21日 (水曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

「小児慢性特定疾病」 新たに14の病気を追加へ 厚労省

小児がんや心臓病など長期間の療養が必要な子どもの医療費の助成制度をめぐって、厚生労働省は難聴やてんかんなどを発症する「先天性サイトメガロウイルス感染症」など、新たに14の病気を対象に追加する方針を固めました。


イプシロン2号機 打ち上げ成功

地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せた、日本の小型ロケット、「イプシロン」の2号機が、20日夜、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、衛星を予定の軌道に投入し打ち上げは成功しました。


イプシロン2号機 打ち上げ

日本の新しい小型ロケット「イプシロン」の2号機が、地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せて、20日午後8時に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。


NHK経営委員長に石原氏を再選出

NHK経営委員会の委員長にJR九州相談役の石原進氏が改めて選出され、石原氏は記者会見で、「視聴者・国民の受信料で成り立つ公共放送としてNHKが今後も信頼され、支持されるようにしたい」と抱負を述べました。


「ASKA」名のブログ 逮捕当日の状況と見られる書き込み

「ASKA」の名前で開設されているブログは、20日正午すぎに、2度内容が更新され、先月、逮捕された当日の状況と見られる書き込みがされています。


イプシロン2号機 今夜8時に打ち上げ

日本の新しい小型ロケット「イプシロン」の2号機が地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せて、午後8時に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。


SMAPベストアルバム 一足早くファンのもとへ

年内いっぱいで解散することを発表した人気アイドルグループ、SMAPのベストアルバムが21日、発売日を迎えます。20日から販売を始めたCDショップもあり、多くのファンが訪れています。


アスベスト原因で労災認定など 昨年度新たに1053人

アスベストが原因で肺がんなどになったとして、昨年度(平成27年度)、新たに労災と認定されたり遺族が補償を受けたりした人は、1000人余りに上りました。


「HAKUTO」 来年12月に探査車を月へ

日本で初めての月面探査を目指している民間のチーム「HAKUTO」は、来年12月に打ち上げが予定されているインドの月着陸船で探査車を月に送り込むことを目指すことになりました。


北海道 清水町の鳥インフル ウイルスはH5N6型

農林水産省は、北海道清水町の養鶏場で検出された鳥インフルエンザウイルスは、分析の結果、高病原性のH5N6型のウイルスだったと発表しました。


ノロウイルス患者数 13都県で警報レベルに

激しいおう吐や下痢を引き起こすノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者数が、東京や埼玉など13の都県で警報レベルに達していて、国立感染症研究所は、忘年会など食事前の手洗いの徹底を呼びかけています。


News Up 好きなことを貫け!“マイクラ職人”の子どもたち

世界で1億人以上が利用していると言われる人気のゲーム「マインクラフト」。バーチャルの世界でブロックを積み上げて建物を作るなどして遊ぶゲームで、日本では「マイクラ」の愛称で親しまれています。このゲームを通じて、歴史的に価値のある建物を忠実に再現することで、不登校の子どもに才能を発揮してもらおうという取り組みを、東京大学などが始めます。取り組みを通して、子どもたちに伝えたいメッセージとは?


武田信玄の銅像 1年の汚れ落とす 甲府

甲府市で戦国武将、武田信玄の銅像のことし1年の汚れを落とす、年末恒例の大掃除が行われました。


文科相 もんじゅ廃炉 地元の理解得て年内に決めたい

松野文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、高速増殖炉「もんじゅ」を廃炉にする政府の方針案について、地元の福井県の理解を得たうえで、年内に決定したいという考えを示しました。


福島の帰還困難区域 来年度から国費で除染へ

政府は20日の閣議で、原発事故のあと原則として立ち入りが禁止されている福島県内の帰還困難区域の一部で、来年度から始める除染の費用を東京電力には請求せず、国が負担することなどを盛り込んだ基本指針を決定しました。


東電の原子力事業など再編や統合を 有識者会議が提言

21兆円余りに膨らんだ東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償や廃炉の費用をめぐり、負担の在り方を検討してきた国の有識者会議は、中核となっている原子力事業などでほかの電力会社との再編や統合を強く促し、収益改善を図るべきだとする提言をまとめました。


イプシロン2号機今夜打ち上げ 小型衛星を低価格で

日本の新しい小型ロケット、イプシロンの2号機が、地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せて、20日夜、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。


鳥インフルエンザ 養鶏場で処分始まる 宮崎 川南町

宮崎県川南町の養鶏場で、ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、県が行った詳しい検査で「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。宮崎県は20日午前3時から、この養鶏場で飼育されているニワトリおよそ12万2000羽の処分を始めました。


第156回芥川賞・直木賞 候補作決まる

第156回芥川賞と直木賞の候補作が発表されました。それぞれ5つの作品が選ばれ、芥川賞は3人が初めて候補になったほか、直木賞は恩田陸さんが6回目の候補になりました。


科学分野 ことしの10人 重力波観測まとめ役などに

世界的な科学雑誌「ネイチャー」は19日、ことしの科学の分野での重要人物10人を発表し、宇宙空間にできたゆがみが波となって伝わる重力波を、世界で初めて観測した国際研究チームのまとめ役の物理学者などが選ばれました。


「こでらえねえ」秋田市の魅力 動画コンテスト

秋田市の魅力をPRしようと若者たちが制作したユニークな動画の出来栄えを競うコンテストが行われました。


宮崎 川南町の養鶏場で鳥インフルエンザ陽性反応

宮崎県川南町の養鶏場でニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、宮崎県が簡易検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。県は詳しい検査を行うとともに、半径10キロ以内にある養鶏場に対し、ニワトリや卵などの移動を自粛するよう要請しました。


都内で「ダイヤモンド富士」 夕刻に幻想的な光景

富士山の山頂付近に太陽が重なって輝く「ダイヤモンド富士」と呼ばれる現象を見ようと、東京・東久留米市の観測場所には19日の日没に合わせて多くの人が集まり、富士山に太陽が沈む幻想的な光景を楽しみました。


「大河ドラマの放送期間中に新史料が発見される法則」とは?

18日に最終回が放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」では、放送期間中、登場する武将に関する新たな史料がいくつか発見されました。そうした発見がニュースで伝えられるたびに、ソーシャルメディアなどでは「大河ドラマの放送にあわせて新史料が見つかるのはどうして?」といった疑問の声が見受けられます。実際のところ、大河ドラマの放送と新史料の発見に関係があるのかどうか、史料の発見に携わった研究者に取材しました。


NHK紅白歌合戦 出場歌手の曲目発表

ことしで67回目となる年末恒例のNHK紅白歌合戦で、出場する歌手が歌う曲目が、19日に発表されました。


原発事故賠償負担 再生可能エネルギー推進自治体が反発

東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償費用や各地の原発の廃炉費用を、新たに参入した電力事業者にも負担させる国の方針について、再生可能エネルギーの普及に取り組む全国の自治体で作る協議会が、新規事業者の発展を妨げかねないとして、慎重な対応を求める要望書を経済産業省に提出しました。


文化庁京都移転 候補地5か所に絞り 来年8月決定へ

文化庁の京都府への移転を検討する政府の協議会は、19日の会合で、平成31年度以降に全面的に移転する候補地を5か所に絞り込み、来年8月をめどに移転先を正式に決めることを確認しました。


新たな高速炉開発の方針案まとまる

新しい高速炉の在り方を議論している政府の会議は19日、経済性を検証する実証炉の開発に向けては高速増殖炉「もんじゅ」を再開せずに、フランスをはじめ海外との協力などを通じて新しい知見を得ながら開発を進めるとした方針案をまとめました。


もんじゅ 廃炉の方針案示される 地元・福井県は反発

安全管理上の問題が相次いだ福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について、政府は、地元・福井県との意見交換の場で運転を再開せずに廃炉にする方針案を示しました。これに対し福井県側は、国の反省が十分示されておらず、方針案は受け入れられないなどとして、見直して改めて回答するよう求めました。


鳥インフル 寒さや雪で処分に遅れ 北海道

今月16日に鳥インフルエンザウイルスが確認された北海道清水町では感染の拡大を防ぐため、養鶏場のニワトリの処分が続けられていますが、寒さや雪のため作業が予定より遅れています。態勢を強化したうえで、地中に埋める作業が並行して行われています。


イプシロン2号機 あす打ち上げへ

日本の新しい小型ロケット、「イプシロン」の2号機が、地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せて、20日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。


知的障害の子どもへの抗精神病薬 長期使用が半数に

統合失調症などの治療薬、「抗精神病薬」を使っている知的障害のある子どものうち、およそ半数が300日以上の長期にわたって処方されていることが財団法人の調査でわかりました。「抗精神病薬」は長期間の服用で、体重の増加や糖尿病などの副作用が出るおそれがあり、専門家は、適切な処方を促すべきだと指摘しています。


真田幸村の最期 新資料で謎に迫る企画展 福井

大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田幸村こと信繁が大坂夏の陣でどのような最期を迎えたのか、最近、見つかった資料などを基にした企画展が福井市で開かれています。


ノーベル賞の大村智さんの銅像 出身地に完成

去年、ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智さんの銅像が、出身地の山梨県韮崎市に完成し、記念の式典が行われました。


国内で2例目の発見 「女子群像」が一般公開 鳥取

鳥取市の遺跡から出土し、古代の「女子群像」としては国内で2例目の発見となった板絵が17日、初めて一般公開され、歴史的な発見を一目見ようと多くの考古学ファンが訪れました。


時代行列が練り歩く「お渡り式」 奈良

古都、奈良の師走を彩る「春日若宮おん祭」で、華やかな時代行列が通りを練り歩く「お渡り式」が行われました。


鳥インフル検出の養鶏場で21万羽処分へ 北海道 清水町

北海道清水町の養鶏場で死んでいるのが見つかったニワトリからH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出され、北海道は同じ養鶏場のニワトリおよそ21万羽すべてを殺処分することにしています。


中国 関心高まる日本映画を紹介する催し

中国ではことし、日本の映画が相次いで公開されて関心が高まっていて、さらに多くの作品を知ってもらおうと、日本の映画ばかり7本を紹介する催しが16日夜から上海で始まりました。


大阪名物パチパチパンチ 吉本新喜劇の島木譲二さん死去

「大阪名物パチパチパンチ」など体を張ったギャグで人気を集めた吉本新喜劇の俳優、島木譲二さんが、16日午前、脳いっ血のため、大阪市内の病院で亡くなりました。72歳でした。


サッカー協会 東大とスポーツ医学などで連携協定

日本サッカー協会がスポーツ競技団体では初めて東京大学と連携協定を結び、スポーツ医学や科学の研究成果を競技力向上や普及に活用していくことになりました。


英 3人の遺伝子持つ子ども来年にも生まれるか

子どもの重い遺伝病を防ぐため、イギリスで体外受精をさせた受精卵の核を別の女性の卵子に移植する医療技術が世界で初めて公式に認可され、現地メディアは父親と母親、それに別の女性の3人の遺伝子を持つ子どもが来年にも生まれる可能性があると伝えています。


原発廃炉費用などの負担 制度見直し方針決定

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉や事故の賠償などの費用の総額が21兆円余りにふくらむ見通しとなったことで、経済産業省は賠償費用の一部を電力自由化で新たに参入した事業者にも負担させるなど制度の見直しを行う方針を決めました。


月面資源開発でJAXAと民間企業が協力

月面での資源開発の可能性を具体的に探ろうと、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、来年にも日本で初めて月面に探査車を送り込むことを目指している民間のチーム「HAKUTO」の運営企業と共同で開発構想を検討していくことになり、16日、覚書を締結しました。


再稼働した伊方原発 原子力規制委の田中委員長が視察

原子力規制委員会の田中俊一委員長が、ことし8月に3号機が再稼働した愛媛県にある伊方原子力発電所を視察し、四国電力に対し、引き続き安全対策に全力で取り組むよう求めました。


核燃料冷却一時停止 東電幹部が経産省訪れ陳謝

今月、東京電力福島第一原子力発電所で作業中のミスで溶け落ちた核燃料の冷却が一時、停止するなどトラブルが相次いだ問題で、東京電力の幹部が経済産業省を訪れて高木副大臣に陳謝し、再発防止策を示しました。


原発事故で作業の社員が甲状腺がん 初の労災認定

福島第一原子力発電所の事故の緊急対応にあたった東京電力の40代の男性社員が甲状腺がんを発症したことについて、厚生労働省は被ばくによる労災と認定しました。原発での作業に関連して甲状腺がんの発症で労災が認められたのは初めてです。


韓国で鳥インフル感染拡大 過去最大1600万羽余処分

韓国政府は、韓国国内で飼育されているニワトリやアヒルなどの間で先月以降、鳥インフルエンザの感染が広がる中、これまでに1600万羽余りを処分したことを明らかにし、過去最大の被害となっています。


川内原発2号機 原子炉を停止して定期検査入り

去年、再稼働した鹿児島県にある川内原子力発電所2号機は16日未明、発電と送電を止めて定期検査に入り、午前5時すぎには原子炉も停止しました。


民間とJAXA 共同で月面での資源開発を検討へ

来年にも、日本で初めて月面に探査車を送り込むことを目指している民間のチーム「HAKUTO」の運営企業が、月面での資源開発の可能性を具体的に探るため、JAXA=宇宙航空研究開発機構と16日に覚書を締結して、共同で開発構想を検討することになりました。


「もんじゅ」政府方針案 約30年かけて廃炉へ

安全管理上の問題が相次いだ福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が来週決定する方針案が判明し、原子炉として運転を再開せずに、およそ30年かけて施設の解体などを行い廃炉にするとしています。一方で、将来的には、もんじゅの敷地内に新たな試験研究炉を設置することを検討するとしています。


鳥取の遺跡から高松塚古墳に次ぐ女子群像

鳥取市の遺跡から出土した飛鳥時代のものと見られる木の板に、6人の女性が列をなして歩く「女子群像」が描かれていることがわかりました。古代の女子群像としては、国内では奈良県明日香村の高松塚古墳の壁画に次いで2例目で、中国や朝鮮半島から伝わった文化の広がりを示す重要な資料として注目されています。


「全く耳が聞こえないはうそ」 佐村河内氏に賠償命じる

耳が聞こえない障害を乗り越えて作曲活動をしているとしていた佐村河内守氏の楽曲を別の作曲家が作っていたことがわかり、全国公演が中止に追い込まれ損害を受けたとして、大阪のプロモーション会社が訴えていた裁判で、大阪地方裁判所は「全く耳が聞こえなかったというのはうそだった」などとして、佐村河内氏に5600万円余りを支払うよう命じました。


高齢者の医療費 自己負担上限額1万8000円へ 公明が了承

公明党は、党の会合で、来年度の予算編成の焦点になっていた、一定の所得に満たない高齢者の外来医療費の自己負担上限額について、来年度と再来年度の2段階で1万8000円まで引き上げることを了承しました。


DeNA 第三者委員会を設置 来年3月めどに結果公表

大手IT企業のディー・エヌ・エーは、運営する「まとめ記事サイト」で根拠が不明確な記事を載せていた問題を受けて、15日、弁護士でつくる第三者委員会を設置し、問題が起きた原因についての調査結果を来年3月をめどに公表することになりました。


国宝彦根城で天守のすす払い

滋賀県彦根市の国宝・彦根城で、正月を前にこの1年の汚れを落とす年末恒例のすす払いが行われました。


クリミア併合前に借りた宝物 どこに返却するか

ロシアに併合されたウクライナ南部のクリミアで発掘された古代の宝物をめぐり、併合直前に借り受けて展示していたオランダの博物館に対して、ウクライナとクリミアの双方が返却を求めていた裁判で、オランダの裁判所は、ウクライナに宝物を返すよう命じる判決を言い渡し、新たな論争を呼んでいます。


トランプ氏 エネルギー長官にも温暖化懐疑派の人物起用

アメリカのトランプ次期大統領は、新政権の環境保護局長官に続いて、エネルギー長官にも地球温暖化対策に消極的な人物を起用すると発表し、アメリカの温暖化対策が今後後退するという受け止めが広がっています。


「井伊直虎」別の男性が名乗った名前か 新たな見解

来年放送されるNHKの大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、戦国時代に活躍した井伊直虎について、新たに確認された古文書から、実際には井伊家の女性ではなく、別の男性が名乗った名前だとする見解を、京都の井伊美術館の館長が発表しました。直虎をめぐっては、別の古文書などから、従来どおり女性だとする研究者もいて、今後の研究の進展が期待されます。


スター・ウォーズ最新作 まもなく公開

世界的に人気のSF映画、スター・ウォーズの最新作が今月16日から世界同時公開されます。公開を前に開かれたイベントには、およそ2000人が詰めかけ、興奮に包まれたファンからは「楽しみで楽しみでしかたないですね」とか「わくわくしています」といった声が聞かれました。この期待の最新作の見どころについて、お伝えします。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る