NHKニュース|科学・医療 2017年1月14日 (土曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

希少がん 最新の治療法など紹介するセミナー

患者が少なく、診断や治療が難しい「希少がん」について、専門の医師が患者や家族に最新の治療法などを解説するセミナーが都内で始まりました。


劇団四季 新作に込めた思いは

今、上演中の「劇団四季」の舞台、『ミュージカルノートルダムの鐘』。フランスの文豪、ヴィクトル・ユーゴーの原作に沿ったシリアスな人間ドラマで、2年前にアメリカで上演された、ディズニーの舞台を元にしています。舞台が大好きな和久田麻由子アナウンサーが、製作総指揮の吉田智誉樹さんに、新作に込めた思いを聞きました。


「宇宙兄弟」作者と宇宙飛行士が対談 何を語った?

「宇宙兄弟」。累計の発行部数が1700万部を超える人気漫画です。漫画家の小山宙哉さんは綿密な取材をもとに近未来の宇宙開発を描いています。その小山さんが日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんと対談しました。ことしは日本にとって宇宙開発への民間の参入が大きく広がる年です。それぞれの立場から宇宙を“発信”し続ける2人が語り合いました。


玄海原発3・4号機 18日に審査書を正式決定の見通し

佐賀県にある玄海原子力発電所の3号機と4号機について、原子力規制委員会は、九州電力の安全対策が新しい規制基準の審査に合格したことを示す審査書を今月18日に正式に決定する見通しです。


原子力委員会 “高速炉開発 急がず柔軟に”

政府が福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を決め、高速炉開発を今後も進めるとしたことについて、13日に開かれた国の原子力委員会の会合で、委員からは、高速炉の商業化は現状では経済性がなく、原子力を取り巻く環境が大きく変わる中、急がず柔軟に進めるべきだといった慎重な意見が出されました。


インフルエンザ患者 過去10年で2番目の多さ 受験生は注意を

今月8日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者は、1医療機関当たり10.58人と、この時期としては過去10年で2番目に多くなっていて、専門家は「特に、受験を控える学生は人混みを避けるなどして感染防止に努めてほしい」と注意を呼びかけています。


JAXAのミニロケット 15日に打ち上げへ

天候の影響で打ち上げが延期されている、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、15日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられることになりました。


坂本龍馬 暗殺5日前の書状に「新国家」の文字

幕末の志士、坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと見られる新政府の人事に関連する書状が新たに見つかりました。これまでに知られている龍馬の書状には見られない「新国家」という文字が記され、専門家は「暗殺される直前まで『新国家』建設のためにまい進していたことがわかる貴重な発見だ」としています。


皇居で新春恒例の歌会始

新春恒例の「歌会始」が、13日、皇居で行われました。


日本とインドでラブ・ストーリー映画製作へ

日本とインドの友好交流年のことし、インド人と日本人の男女の俳優によるラブ・ストーリーの映画が製作されることになり、インドで製作発表会が開かれました。


ヒトのES細胞から小型の「腸」作製に成功

体のさまざまな組織になるヒトのES細胞から、大きさが1センチほどの「腸」を作り出すことに、国立成育医療研究センターのグループが成功しました。タンパク質や水分を吸収するなどヒトの腸とほぼ同じ機能をもち、便秘薬や下痢止めにも反応するということで、グループでは腸の難病の治療法の開発などに役立つとしています。


加藤九段 最年長棋士として初の対局は敗れる

将棋の加藤一二三九段が今月、77歳を迎えて将棋界で史上最年長の棋士となり、12日、最年長棋士として最初の対局に臨みましたが、勝利で飾ることはできませんでした。


新型インフルエンザ 対応学ぶ研修会

全国の養鶏場などで鳥インフルエンザの感染が広がる中、ウイルスが新型インフルエンザに変異した場合に備える研修会が開かれ、医療機関や自治体の担当者が大規模な流行を防ぐための対応を学びました。


ドローン 10キロ以上先に荷物運ぶ試験

小型の無人機、ドローンを使って荷物を12キロ離れた場所に運ぶ長距離輸送試験が福島県南相馬市で行われました。経済産業省によりますと、回転翼式の完全自律制御のドローンで10キロ以上先に荷物を運ぶのは世界でも初めてだということです。


次世代型保健医療システム 平成32年度から本格稼働を

塩崎厚生労働大臣は、国民の健康管理の推進に向け、医療や介護などのデータの一元化を目指す推進本部の初会合で、次世代型の保健医療システムを平成32年度から本格稼働させたいという考えを示しました。


殺人被害者になりすまし投稿容疑 男子生徒書類送検

殺人事件の被害者のツイッターに不正に接続し、本人になりすまして書き込みをしたとして、千葉県木更津市の定時制高校の男子生徒が、不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検されました。男子生徒は「亡くなった人になりすまして投稿すれば注目が集まると思った」と供述しているということです。


原子力規制庁新長官「備えを怠らないことが大事」

原子力規制庁の新しい長官に就任した安井正也氏が記者会見し、「緊急事態への備えを怠らないことが大事だ」と述べ、原発事故を想定した訓練の実効性の向上や検査の厳格化などに取り組んでいく考えを示しました。


NHK職員着服の疑い 総務省が厳重注意

NHK横浜放送局営業部の職員が数十万円を着服していた疑いがあることがわかったことについて、総務省はNHKに対し、国民・視聴者の信頼を損なうものだとして厳重注意するとともに、再発防止策などを求める行政指導の文書を出しました。


アダルトサイト閲覧者に不正請求 被害10億円か

アダルトサイトを利用した女性のパソコンをコンピューターウイルスに感染させ、料金を請求する画面が常に表示されるようにしたとして、インターネット広告代理店の役員らが警察に逮捕されました。表示を消すためには料金の支払いが必要で、警察は、全国の1万5000人からおよそ10億円を集めていたと見て調べています。


三島由紀夫が語る文学や憲法 未公開テープ見つかる

昭和45年に自殺した作家の三島由紀夫が、その9か月前に受けたインタビューの録音テープが、未公開のまま保管されていたことがわかりました。文学や憲法などについて語った肉声が残されていて、専門家は「存在自体が知られていなかった極めて貴重な資料だ」と話しています。


開かず削除を マイクロソフト装う偽メールに警戒

ワープロソフトのワードや表計算ソフトのエクセルなどを提供しているマイクロソフト社を装い、「製品を利用するのに必要なプロダクトキーが不正コピーされている」として、特定のサイトにアクセスさせる偽のメールが不特定多数の人に大量にばらまかれていて、会社側では、メールを開かず削除するなど警戒を呼びかけています。


将棋 加藤一二三九段 史上最年長棋士として対局

将棋の加藤一二三九段が今月77歳を迎えて、将棋界で史上最年長の棋士となり、12日に最年長棋士として最初の対局に臨んでいます。


斬新デザイン 独ハンブルクにコンサートホール完成

ドイツ第2の都市ハンブルクに斬新なデザインの新しいコンサートホールが完成し、こけら落としの演奏会が開かれました。


囲碁対局中にスマホなど使用禁止 日本棋院が新規定

囲碁の日本棋院は、コンピューターソフトの実力が高まる中、対局中にスマートフォンなどの電子機器の使用を禁止する不正防止のための新たな規定を設けました。


公的年金の積立金運用 環境に配慮した投資積極的に

環境に配慮した企業への投資を重視する動きが広がっていることを受けて、環境省が機関投資家や経済界の代表などを招いたシンポジウムを開き、公的年金の積立金を運用しているGPIF=年金積立金管理運用独立行政法人は、環境に配慮した投資を積極的に進める方針を報告しました。


iPS再生医療に備え「細胞バンク」 大阪大など

目の角膜が傷ついた患者の治療法として、将来iPS細胞を使った再生医療が行われる場合に備え、大阪大学などのグループは、他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞からあらかじめ角膜の元になる細胞を作って保存しておく「細胞バンク」の取り組みを始めることを決めました。


東京五輪・パラの公式グッズに伝統工芸の技術

3年後の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムを使った公式グッズに、東京の伝統工芸品の技術を取り入れたものが加わることになり、11日にエンブレムの制作者らが都庁を訪れ、小池知事にお披露目しました。


換気用ダクトに穴 全国の原発に調査求めることに

中国電力の島根原子力発電所2号機で、中央制御室の換気用のダクトに腐食によると見られる大きな穴が見つかった問題で、原子力規制庁は、ほかの原発でも同じような問題が起きていないか確認する必要があるとして、全国の事業者に調査を求めることになりました。


柏崎刈羽原発 再稼働に向けた作業は東電で 経産省

東京電力の原子力事業の再編や統合をめぐる議論で行方が注目されていた、新潟県の柏崎刈羽原発について、経済産業省は、11日の原子力規制委員会で、「現時点で事業主体を変更する検討は行っていない」と述べ、再稼働に向けた作業は、あくまで東京電力が担うことを明らかにしました。


センバツの入場行進曲 星野源さんの「恋」

ことし3月に開幕するセンバツ高校野球の開会式の入場行進曲が11日発表され、星野源さんが歌う「恋」に決まりました。


皇居で講書始 3人の研究者が講義

天皇皇后両陛下が年の初めにさまざまな分野の研究者から講義を受けられる「講書始」が、11日に皇居で行われました。


ミニロケット きょうの打ち上げ取りやめ 強風のため

超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、11日午前8時48分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、風が強まるおそれがあったため、直前になって打ち上げが延期されました。


直前解説! 世界最小ロケットの狙い(動画)

まもなく鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる世界最小クラスのミニロケット。JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した、このロケットの狙いなどについて解説します。(動画2分59秒)


世界最小クラスのミニロケット まもなく打ち上げ

手で持ち運べるほどの超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、新たに開発された世界最小クラスのミニロケットが11日午前8時48分に、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。現地ではロケットを発射台に据え付けるなど準備が進められています。


大英博物館で葛飾北斎の特別展 5月から

ロンドンの大英博物館で、江戸時代を代表する浮世絵師、葛飾北斎の晩年の作品を集めた特別展が、ことし5月から開かれることになりました。


目の重い病気 iPS細胞で再び光感知 マウスで成功

iPS細胞から作った目の網膜の組織を「網膜色素変性症」という重い目の病気のマウスに移植し、目で光を感じ取れるようにすることに世界で初めて成功したと、神戸市の理化学研究所のグループが発表しました。


ベルリン映画祭 日本のSABU監督の作品がノミネート

来月開かれる世界3大映画祭の1つ、ベルリン国際映画祭で最優秀作品に当たる「金熊賞」を競うコンペティション部門の出品作が発表され、日本のSABU監督が手がけた「Mr.Long/ミスター・ロン」がノミネートされました。


国内最大のサンゴ礁 白化現象で70%死ぬ

沖縄県石垣島の沖にある国内最大のサンゴ礁で、去年の夏以降、「白化現象」によりサンゴが死ぬ被害が広がり、先月までの時点で全体のおよそ70%に及んだことが環境省の調査でわかりました。


キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」

去年を代表する映画を選ぶキネマ旬報ベスト・テンが10日、発表され、日本映画の1位には片渕須直監督のアニメーション映画「この世界の片隅に」が選ばれました。アニメーション作品が1位になるのは、昭和63年の「となりのトトロ」以来、28年ぶりです。


三味線の人間国宝 清元榮三さん死去

清元節三味線の演奏家で、人間国宝の清元榮三さんが、先月31日、すい臓がんのため東京都内の病院で亡くなりました。80歳でした。


大飯原発 審査書案の取りまとめ作業へ 原子力規制委

福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機について、原子力規制委員会は、関西電力がまとめた重大事故対策を大筋で了承し、事実上の審査合格を意味する審査書の案の取りまとめ作業に入ることになりました。


AI普及で13年後の雇用 240万人減少と試算

AI=人工知能などの普及によって、13年後の2030年には、国内で雇用される人の数が240万人減るという試算を民間の調査研究機関がまとめました。


アトピー性皮膚炎 かゆみを起こす物質特定と発表 九州大学

アトピー性皮膚炎の強いかゆみを起こすと見られる特定のたんぱく質を突き止めたと、九州大学の研究グループが発表しました。症状を根本から治す治療薬の開発につながるのではないかと注目されています。


米ニューヨーク州の原発2基 廃炉へ

アメリカ、ニューヨーク市の近郊にあり、安全性の問題が指摘されていた原子力発電所が、2021年までに運転を停止して、廃炉になることが決まり、世界で最も多くの原発があるアメリカでは、採算性の悪化などを理由に原発から撤退する動きが相次いでいます。


オバマ大統領 温暖化対策の必要性訴える論文を発表

今月20日に任期を終えるアメリカのオバマ大統領は、地球温暖化対策について、経済成長と両立しているうえ、国際的な枠組み「パリ協定」が発効するなど、世界の動きは変えられないとして、その必要性を強く訴える論文を、科学雑誌「サイエンス」に発表し、温暖化対策に否定的なトランプ次期大統領をけん制しました。


奈良 薬師寺東塔の解体修理 塔の心柱立てる立柱式

奈良市の薬師寺で、およそ110年ぶりの解体修理が行われている国宝の東塔を再び組み立てる作業が、9日から本格的に始まり、塔の中央に巨大な「心柱」を立てる立柱式が行われました。


ゴールデングローブ賞 「ラ・ラ・ランド」が7部門受賞

アメリカのアカデミー賞の前哨戦とされるゴールデングローブ賞の授賞式が8日に行われ、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が作品賞など史上最多の7部門を受賞しました。


電柱サイズのミニロケット公開 超小型衛星専用

手で持ち運べるサイズの超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が開発した電柱サイズのミニロケットが11日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられることになり、9日、現地で機体が公開されました。


伝統の柔道の寒稽古始まる 埼玉 行田

新年恒例の柔道の寒稽古が埼玉県行田市で始まりました。


「ひこにゃん」に1万通超える年賀状 滋賀 彦根

滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」にことしも1万通を超える年賀状が届き、ひこにゃんが鈴を鳴らして喜びました。


南極で巨大氷山が分離のおそれ 海面上昇の可能性も

南極大陸の西側にある棚氷の亀裂が急速に広がっていることがわかり、イギリスのプロジェクトチームは「氷山として分離すれば、海面が上昇する可能性がある」と指摘しています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る