NHKニュース|社会 2017年2月14日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

ジャンパー問題受け職員対象に人権研修 神奈川 小田原

神奈川県小田原市の職員らが、生活保護の不正受給は許さないという趣旨の文言が書かれたジャンパーを着て受給者の家庭を訪問していた問題を受け、市は14日、憲法の専門家を招いて、職員を対象とする人権に関する研修を行いました。


三菱ふそう バス3車種をリコール 操作不能のおそれ

三菱ふそうトラック・バスは、製造したバス3車種で部品の腐食が進み、ハンドル操作ができなくなるおそれがあるとして、およそ9500台のリコールを国に届け出ました。この不具合で、これまでに13人がけがをしていて、国土交通省は所有するバス会社などに対応を求めています。


高知道で6台関係する事故 1人死亡2人けが

14日午前、愛媛県の高知自動車道のトンネル内でトラックなど6台が関係する事故があり、30代の女性が死亡、2人がけがをしました。


まつり会場でかまくら壊される 岐阜 高山

岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷で開かれている、かまくらまつりの会場で、かまくらが壊されているのが見つかり、まつりの主催団体が修復作業に追われています。


結婚隠し披露宴開こうとした警察官を処分 北九州

北九州市の小倉北警察署に勤務する40代の巡査部長が、結婚していることを隠して交際相手の女性と披露宴を開こうとしたとして、減給の懲戒処分を受けたことがわかりました。披露宴の開宴直前にうそが発覚し、警察も出動するトラブルになったということです。


熊本地震に対応の阿蘇市職員 自殺は公務災害と認定

去年、起きた一連の熊本地震の対応に当たり、その後、自殺した熊本県阿蘇市役所の50代の男性職員について、長時間勤務で肉体的、精神的に負担がかかっていたとして、公務災害が認められたことがわかりました。熊本地震に関連して亡くなった自治体職員に公務災害が認定されたのは県内で初めてです。


東京・多摩の男性殺害事件 雑木林から供述のナイフ

東京・多摩市のマンションで、25歳の会社員の男性が殺害された事件で、逮捕された大手宅配会社の元従業員が「警察の事情聴取の前に、凶器のナイフを埋めた」などと供述し、供述どおり川崎市内の雑木林からナイフが見つかっていたことが警視庁への取材でわかりました。


石原元都知事 来週にも会見し見解明らかに

豊洲市場の問題を審議する東京都議会の特別委員会が参考人として呼んで質疑を行うことを決めた石原元知事は、14日昼前、報道陣の取材に対し、「来週、しかるべきところで記者会見する。一方的に言われるのは、心身ともにもたない」と述べ、来週にも会見を開いてみずからの見解を明らかにする考えを示しました。


JR東海道線の送電設備から出火 一時運転見合わせ

14日朝、横浜市で、JR東海道線の線路沿いの送電設備から火が出るトラブルがあり、東海道線は、2時間にわたって東京と熱海の間の上下線で運転を見合わせました。JR東日本はトラブルの原因を詳しく調べています。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は、送電設備から火が出るトラブルがあった影響で、東京と熱海の間の上下線で運転を見合わせていましたが、トラブルがあった横浜駅と戸塚駅の間で、並行して走る横須賀線の線路を使って運転を再開しました。


山陽道で高速バスが炎上 乗客ら逃げて無事 広島

14日朝、広島県東広島市の山陽自動車道で、走行中の高速バスから煙が出て、その後、炎上しました。乗客と運転手合わせて16人は避難して、けがはなく、警察と消防が火が出た原因を調べています。


収監逃れに暴力団側が依頼か 京都府立医大病院を捜索

京都府立医科大学附属病院の医師らが、実刑判決が確定した暴力団幹部の健康状態について、「病気で刑務所への収監に耐えられる状態ではない」と事実と異なる内容の報告書を検察に提出したとして、警察は、虚偽公文書作成などの疑いで病院を捜索しています。警察は、収監を逃れようとした暴力団側から依頼があったとみて実態の解明を進めています。


JR横須賀線は運転再開 東海道線は引き続き見合わせ

JR東海道線の横浜駅と戸塚駅の間で起きた架線トラブルの影響で、東海道線の東京と熱海の間の上下線と、横須賀線の全線は運転を見合わせていましたが、このうち、横須賀線は、午前10時28分に運転を再開しました。東海道線は引き続き運転を見合わせています。


中国海警局の4隻 尖閣諸島沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、14日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


JR東海道線と横須賀線 運転見合わせ

JR東日本によりますと、東海道線の横浜駅と戸塚駅の間で起きた架線トラブルの影響で、東海道線と横須賀線は午前9時24分から全線で運転を見合わせています。


暴力団幹部の収監逃れか 医師ら検察に虚偽報告の疑い

京都府立医科大学附属病院の医師らが、実刑判決が確定した暴力団幹部の健康状態について、「病気で刑務所への収監に耐えられる状態ではない」と事実と異なる内容の報告書を検察に提出した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、収監を逃れようとした暴力団側から依頼があったと見て虚偽公文書作成などの疑いで病院などを捜索する方針です。


東京 多摩 男性殺害事件 宅配会社を装って侵入か

東京・多摩市のマンションで25歳の会社員の男性が殺害された事件で、逮捕された男は、以前、働いていた大手宅配会社の従業員用の帽子をかぶるなどしてマンションに侵入していたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は不審に思われないよう宅配会社を装っていたと見て、調べを進めています。


中学生自殺 “教師の不適切指導の調査を” 文科省担当者

愛知県一宮市の男子中学生が自殺したことを受けて、聞き取りに訪れた文部科学省の担当者が13日夜、取材に応じ、この生徒に対して教師によるいじめがあったならば重大だとして、教師の不適切な指導の具体的な内容について教育委員会に調べるよう求めたことを明らかにしました。


南スーダンPKO日報 「抗争」が「戦闘」に変化

防衛省が破棄したとしていた南スーダンでのPKO活動に関する文書が保管されていた問題で、防衛省は去年7月の武力衝突の発生時の文書を新たに公開しました。この衝突について、「抗争」という表現が途中から「戦闘」に変わっていて、急速な治安情勢の悪化に現地の部隊が危機感を強めていたことがうかがえます。


眼鏡店万引き容疑で逮捕の男 公開画像との関連も捜査へ

店内で万引きしたと見られる人物の防犯カメラの画像を、東京・台東区の眼鏡販売店が公開し議論を呼んでいますが、警視庁は別の店で眼鏡のフレームを万引きしたとして逮捕した20代の男が、公開された画像と特徴がよく似ていることなどから、台東区の事件についても関連を調べる方針です。


子宮頸がんワクチン訴訟 東京地裁で審理開始

子宮頸がんワクチンを接種したあと、体の痛みなどを訴えている患者たちが全国で起こした裁判のうち、東京地方裁判所での審理が13日から始まりました。患者が「責任を重く受け止めてほしい」として賠償を求めたのに対して、国と製薬会社は訴えを退けるよう求めました。


東京 多摩 男性殺害事件 宅配会社の元従業員を逮捕

去年2月、東京・多摩市のマンションの部屋で、1人暮らしの25歳の会社員の男性が殺害された事件で、警視庁は、大手宅配会社の元従業員で29歳の男が事件に関わったとして殺人などの疑いで逮捕しました。元従業員は、事件以前に配送でマンションを訪れていたと見られるということで、警視庁は詳しいいきさつを調べることにしています。


西濃運輸 長時間労働など認め謝罪 元社員と和解

トラック運送大手の西濃運輸の元社員の男性が、長時間勤務をさせられた上、身に覚えのない当て逃げ事故を認めるよう強要されうつ病になったとして会社などに賠償を求めた裁判は、会社や上司が謝罪し2600万円を支払うことで和解しました。


金銭払わされた行為「いじめと認識」横浜市教委が謝罪

原発事故で横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、生徒が、同級生におよそ150万円を払わされた行為もいじめと認めるよう求める手紙を市長に提出しました。教育委員会は、これまでの見解を変え、この行為を「いじめの一部と認識する」と謝罪しました。


自民懇談会「退位」は一代限りの特別法で

天皇陛下の退位をめぐる法整備について、自民党は13日に会合を開き、「現時点で将来にわたる退位の要件を定めるのは極めて困難だ」などとして、一代限りの退位を可能とする特別法を制定することが望ましいとする意見を取りまとめました。


小学生3人はねられ1人重体 61歳の女逮捕

13日夕方、大阪・能勢町で下校中に横断歩道を渡っていた小学生3人が軽乗用車にはねられ、1人が意識不明の重体になっています。警察は、軽乗用車を運転していた61歳の女を過失運転傷害の疑いで逮捕して詳しい状況を調べています。


中学生が自殺 学校はいじめとの関係調査 福島

福島県南相馬市の中学校に通う女子生徒が、自宅で自殺しているのが見つかり、学校は、この女子生徒が「いじめを受けている」と訴えていたことから、自殺との関係を調べています。


慶応大学に天下りか 文科省が仲介OBとメール

文部科学省の組織的な天下り問題で、元幹部が慶応大学にも違法な疑いのある天下りをしていたことが、関係者への取材でわかりました。再就職にあたっては、文部科学省の人事課が仲介役のOBとメールでやり取りしていたということで、文部科学省の調査チームで調べを進めています。


赤ちゃん傷害致死事件 元少女に無罪 東京地裁

4年前、当時18歳の元少女が、同居していた知人の女性の赤ちゃんを死なせたとして傷害致死の罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は「司法解剖に基づいて元少女が首を絞めたと断定するのは不合理な推論だ」として検察の主張を退け、無罪を言い渡しました。


岐阜 スキーで行方不明の男性 見つからず

岐阜県白川村のスキー場で、11日、コースの外を滑るバックカントリースキーをしていたと見られる男性の行方がわからなくなり、警察などが13日も捜索をしましたが、男性は見つからず、14日に引き続き捜索することにしています。


スキー場で雪崩 パトロール中の男性死亡 長野

13日、長野県飯山市のスキー場で、パトロール中の従業員の男性が雪崩に巻き込まれ、死亡しました。


生徒自殺 中学校「担任教師の不適切な指導あった」

今月6日、愛知県一宮市の中学3年の男子生徒が大阪の商業施設から飛び降りて自殺し、中学校は、記者会見で、「担任の教師による不適切な指導があった」と説明しました。市の教育委員会は、今後、第三者委員会を設置し、生徒の自殺との関係などを調べることにしています。


出版社社員がパワハラで提訴

東京の出版社の社員が労働組合を作ったところ解雇され、和解して復職してからパワハラを受けたとして、会社に対して2000万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしました。


貸し切りバス 国交省抜き打ち監査で7%が法令違反

大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から先月で1年となりましたが、国土交通省が全国の貸し切りバスを対象に抜き打ちで監査を行ったところ、7%のバスで法令違反が確認されました。


「退位」の法整備など 与野党各会派から聴取へ

天皇陛下の退位をめぐって、衆参両院の正副議長が会談し、法整備などの在り方について国会としての考え方を取りまとめるため、来週20日に与野党各会派から個別に意見を聞いて、調整を本格化させることを確認しました。


千葉市 コンビニの成人向け雑誌にカバー

千葉市は、青少年の健全育成や都市のイメージアップを目指すとして、市内のコンビニエンスストアの一部で、会社側の協力を得て、販売されている成人向け雑誌の表紙の写真などが見えないようカバーを掛ける取り組みを、ことしの夏から始めると発表しました。


東京 江東5区 150万人の広域避難に半日程度

東京の荒川流域の「江東5区」で洪水や高潮が起きた際に、住んでいる区の外への広域避難が必要になると想定されるおよそ150万人の住民について、国の検討会は、ほぼ全員が区の外に避難するのにかかる時間が半日程度に上るという計算結果を公表しました。


大雪の鳥取市で空き家倒壊 けが人なし

大雪に見舞われた鳥取市で、13日朝、住宅地にあった空き家が倒壊しているのが見つかりました。鳥取市は雪の重みで倒壊したと見て、付近の道路を通行止めにする措置をとっています。


警察と神経科医が連携 ストーカー加害者対策を協議

警察と精神科医が連携してストーカー行為の加害者の治療やカウンセリングにつなげる対策について話し合う初めての会議が警察庁で開かれ、全体の6割を占める治療などの拒否者に対してどう受診を促していくかといった課題について意見が交わされました。


全国で相次ぐ高齢ドライバーの事故(まとめニュース)

お年寄りが運転する車が店舗に突っ込んだり対向車線にはみ出したりする事故が後を絶ちません。とくに先週は、アクセルとブレーキの踏み間違えが原因の事故が立て続けに起きました。今月11日までの1週間に起きた事故のニュースや、再発防止に向けた取り組みをまとめました。(※日付は放送日)


野党 天下りで慶応大学にも速やかな調査を

衆議院予算委員会の理事懇談会が開かれ、文部科学省の天下り問題で、慶応大学にも去年、退職した元幹部が再就職していたことがわかったことについて、野党側は、事実関係を速やかに調査して国会に報告するよう求めました。


佐賀 江北町の鳥インフル 感染原因特定できず

今月、鳥インフルエンザウイルスが検出された、佐賀県江北町の養鶏場について、農林水産省が感染経路などを調べましたが、ウイルスを持ち込む可能性のある野生動物が侵入できる隙間などは見つからず、原因の特定には至りませんでした。


糸魚川火災で被害の蔵元 富山で酒造り再開

大規模火災で被災した新潟県糸魚川市の老舗の酒造会社が、富山県にある酒造会社の設備を借りて、13日から酒造りを再開しました。


母妹放火殺害 長男に無期懲役の判決 大分地裁

3年前、大分県豊後高田市の住宅に火をつけ、母親と妹を殺害したとして、放火と殺人の罪に問われた32歳の長男に、大分地方裁判所は「残酷な殺害方法で、一定の計画性も認められ、刑事責任は極めて重い」として、検察の求刑どおり、無期懲役の判決を言い渡しました。


東京メトロ日比谷線 運転再開

東京メトロ日比谷線は、築地駅の近くの線路から煙が出た影響で、霞ケ関と仲御徒町の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後0時21分、運転を再開しました。


覚醒剤密輸 被告の弁護士「タイ警察が違法捜査」

タイから覚醒剤を密輸した罪に問われている暴力団幹部の初公判が東京地方裁判所で開かれ、被告の弁護士は「タイ警察による違法な『おとり捜査』がなければ犯罪は成立しなかった」として裁判を打ち切るよう求めました。海外での捜査の違法性が争点になるのは極めて異例で、裁判所の判断が注目されます。


鳥取 記録的な大雪で週明けのきょうも各地で渋滞

記録的な大雪で、大規模な車の立往生など交通機関が大きく乱れた鳥取県では、週明けの13日も、雪のため各地で渋滞が起きるなど影響が続いています。


少女強盗殺人事件 22歳の男 強盗殺人などは無罪主張

おととし、千葉県船橋市の18歳の少女が畑で遺体で見つかった事件で、主導的な立場で少女から現金を奪ったうえ殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われている22歳の男の初公判が千葉地方裁判所で開かれ、被告は、起訴された内容の一部を認め、強盗殺人などの罪は無罪を主張しました。


文部科学省の元幹部 慶応大学にも天下りか

文部科学省が組織的に天下りを行っていた問題で、慶応大学にも去年、退職した元幹部が再就職していたことが関係者への取材でわかりました。再就職にあたっては、人事課のOBを仲介させていたということで、文部科学省の調査チームは違法な天下りを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあると見て、調べています。


東京メトロ日比谷線 運転見合わせ

13日朝、東京メトロ日比谷線の築地駅の近くで線路から煙が出ているのを乗務員が見つけました。この影響で、日比谷線は霞ケ関と仲御徒町の間の上下線で運転を見合わせています。


JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線 運転再開

JR京浜東北線は人身事故の影響で大宮と大船の間の全線で運転を見合わせていましたが、午前10時17分、運転を再開しました。また、これに合わせて一部区間で運転を見合わせていた宇都宮線と高崎線も運転を再開しました。


JR京浜東北 宇都宮線 高崎線 運転見合せ

JR東日本によりますと、埼玉県蕨市の蕨駅で起きた人身事故の影響で、京浜東北線は大宮と大船の間の全線で運転を見合わせています。また、宇都宮線は上野と宇都宮の間の上下線、高崎線は上野と高崎の間の上下線でそれぞれ運転を見合わせています。


JR宇都宮線と高崎線 運転再開

JR宇都宮線と高崎線はさいたま新都心駅で起きた人身事故の影響で、全線で運転を見合わせていましたが、午前8時26分に運転を再開しました。


JR宇都宮線と高崎線 運転見合わせ

JR東日本によりますと、さいたま新都心駅で起きた人身事故の影響で、宇都宮線の東京と宇都宮の間と、高崎線の東京と高崎の間のいずれも上下線で運転を見合わせています。


大雪で夜を徹して除雪作業 鳥取できょうも影響続く

記録的な大雪で車の立往生や列車が動けなくなるトラブルが相次いだ鳥取県では、通勤時の交通に影響が出るおそれがあるとして、夜を徹して幹線道路などで除雪作業が行われました。一方、歩道の除雪が進まず通学路の安全が確保できないことから、小中学校など129校が休校を決めていて、大雪の影響は13日も続いています。


ドローンの飛行許可 国交省が専用の電話相談の窓口

ドローンなどの無人機について、飛行許可などに関する国への相談が相次いでいることから、国土交通省は13日から専用の電話窓口を設置して対応することになりました。


国立公園を訪問の外国人観光客 推計で約546万人に

去年、全国の国立公園を訪れた外国人観光客の数は、およそ546万人と推計され、過去5年で最も多くなったことが、環境省のまとめでわかりました。


日本海側は13日も断続的に雪 雪崩などに注意を

記録的な大雪となった鳥取市など西日本の日本海側では、13日も断続的に雪が降る見込みです。また、今週半ばには気温がかなり高くなると予想されていることから、気象庁はしばらくの間、除雪作業中の事故や落雪、雪崩などに注意するよう呼びかけています。


屋根から落下した氷が当たったか 男性が死亡

12日夕方、北海道置戸町の住宅の敷地で、78歳の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。現場には厚さ20センチ以上ある氷の塊が散らばっていたということで、警察は屋根に積もった雪が固まって氷になり、男性に当たったと見て調べています。


雪で排気口ふさがったか 車内で男性が死亡

11日、京都府宮津市で、60代の男性が軽乗用車の中で死亡しているのが見つかり、警察は大雪で車の排気口がふさがれたことによる一酸化炭素中毒と見て調べています。


タンカー座礁 エンジン止まり漂流中に座礁か 鹿児島

11日、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸で座礁したタンカーは浅瀬に乗り上げる直前、横方向に流されていたことがわかりました。第10管区海上保安本部は、何らかの原因でエンジンが止まり漂流中に座礁したとみて調べることにしています。


大雪で温泉客の足止め やっと解消 兵庫 城崎温泉

兵庫県豊岡市の城崎温泉では、大雪の影響で、10日からJR山陰線のほとんどの列車が動けなくなり、多くの観光客が自宅に戻れない状況になっていましたが、12日夕方、京都・大阪方面の列車がようやく運転を再開し、観光客らが帰途につきました。


幹線道路の除雪追いつかず 夜を徹して作業継続 鳥取

大雪となった鳥取県では幹線道路の除雪が追いついていないため、週明けの13日、通勤時の交通に影響が出るおそれがあるとして、県などは12日も夜を徹して除雪作業を続けることになりました。


コース外のスキーで遭難か 男性不明 岐阜 白川村

11日、岐阜県白川村のスキー場に出かけた名古屋市の30代の男性の行方がわからなくなり、12日の捜索では見つかりませんでした。男性はコース外の斜面を滑るバックカントリースキーをしていて遭難したと見られ、警察などは13日朝から捜索を再開することにしています。


てんかん患者の団体が訴え「差別や偏見を持たないで」

突然、発作を起こして意識を失うこともある「てんかん」について、病気が正しく理解されずに患者が不利益を受けることが少なくないとして、患者などで作る団体が都内で催しを開き、「差別や偏見を持たないでほしい」と訴えました。


87歳女性死亡 雪かき中に用水路に転落か 鳥取

大雪に見舞われた鳥取市で12日昼前、87歳の女性が用水路に転落しているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。近くには雪かき用のシャベルが落ちていて、警察は女性が雪かきの最中に誤って転落したと見て調べています。


拉致被害者の救出訴える署名活動 北朝鮮への非難相次ぐ

北朝鮮による拉致被害者の救出を訴える署名活動が行われた新潟市では、署名した人たちから北朝鮮が行った弾道ミサイルの発射について非難する声が相次ぎました。


障害者施設殺傷事件 施設再建に向け住民説明会

去年、殺傷事件が起きた相模原市の知的障害者施設について神奈川県は、再建に向けた県の方針を説明するため、12日、施設周辺の住民を対象にした説明会を開きました。


クラブ活動の運動中の事故 防止策を考える講演会

学校のクラブ活動などで起きる運動中の事故の防止策を考える講演会が東京・世田谷区で行われ、スポーツの安全対策の専門家が、同じ状況で繰り返される事故を防ぐには指導者が考え方を変えるしかないと訴えました。


信金職員殺害から12年 遺族など情報提供呼びかけ

東京・府中市の信用金庫で職員の男性が殺害された事件から12年になるのを前に、現場近くで遺族や警視庁の捜査員が犯人の逮捕につながる情報の提供を呼びかけました。


鳥取 倉吉2月の積雪最多に 市民は雪かきに追われる

2月としては最も多い積雪を観測した鳥取県倉吉市では、朝早くから市民が住宅の前などの雪かきに追われています。


75歳女性運転の乗用車 コンビニに突っ込み4人けが

12日午前、兵庫県川西市のコンビニエンスストアに75歳の女性が運転する乗用車が突っ込み、店の客1人と車に乗っていた3人の、合わせて4人がけがをしました。この乗用車は、直前に、近くの駐車場でほかの車と接触事故を起こしたあと店に突っ込んだということで、警察が詳しい状況を調べています。


雪の重みで漁船など20隻が沈没や転覆 鳥取

大雪の影響で、鳥取県内では係留されていた漁船など合わせて20隻が雪の重みで沈没したり転覆したりしました。一部の船からは燃料が漏れ出していて、県と漁協は油を吸着させるマットなどを使って流出を防ぐ対策を取っています。


JR京浜東北線 運転再開

JR京浜東北線は、横浜駅の構内で人身事故が起きた影響で全線で運転を見合わせていましたが、午後3時19分に運転を再開しました。


バイク転倒3人乗りか 中学生死亡 小中学生2人けが 沖縄

12日未明、沖縄県恩納村の国道でミニバイクが転倒し、乗っていたとみられる中学3年の男子生徒が頭を強く打つなどして死亡したほか、小中学生2人が重軽傷を負いました。警察は、3人が1台のバイクに一緒に乗っていたとみて当時の状況を調べています。


JR京浜東北線 全線で運転見合わせ

JR京浜東北線は、横浜駅の構内で人身事故が起きた影響で、午後2時22分から北行き、南行きともに、大宮と大船の間の全線で運転を見合わせています。


大雪の影響による車の立往生や渋滞 すべて解消 鳥取

大雪の影響で鳥取県を東西に結ぶ山陰道と国道9号線で発生していた車の立往生は、12日昼すぎに国道9号線で続いていた通行止めも解除され、すべて解消されました。


西日本日本海側中心に雪 ピーク過ぎるも交通影響や雪崩など注意

強い冬型の気圧配置の影響で、西日本の日本海側を中心に雪が降り続き、鳥取市などで記録的な大雪となりました。雪のピークは過ぎましたが、日本海側を中心に断続的に雪が降り続く見込みで、気象庁は除雪作業中の事故や交通への影響、それに、なだれなどに十分注意するよう呼びかけています。


雪影響の立往生 ほぼ解消も渋滞続く 鳥取

大雪の影響で鳥取県を東西に結ぶ山陰道と国道9号線で発生していた車の立往生は、12日朝までにほぼ解消されました。一方で、国道9号線のおよそ15キロの区間は除雪作業のため今も通行止めになっていて、周辺の道路では通行止めの解除を待つ車両の交通渋滞が続いています。


日本海側中心に雪降り続く見込み 除雪中の事故など厳重警戒

強い冬型の気圧配置の影響で西日本の日本海側を中心に雪が降り続き、鳥取市などで記録的な大雪となっています。雪は日本海側を中心に12日も降り続く見込みで気象庁は交通への影響や除雪作業中の事故、倒木や建物の倒壊などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


山陰道と国道9号線の立往生ほぼ解消

大雪のため、一時、合わせておよそ250台が立往生した鳥取県の山陰道と国道9号線は、除雪作業の結果、12日朝までに立往生はほぼ解消しました。しかし周辺では引き続き、車の渋滞が起きています。


介護施設の9割近くが24時間を2交代の勤務に

全国の介護施設の9割近くが、1日24時間を2交代制の勤務にしていて、働く人が長時間労働を余儀なくされていることが労働組合の調査でわかりました。


西日本の日本海側で大雪 除雪中事故・建物倒壊など厳重警戒

強い冬型の気圧配置の影響で鳥取市で33年ぶりに90センチ以上の積雪を記録するなど西日本の日本海側を中心に大雪となっています。積雪はさらに増える見込みで、気象庁は交通への影響や除雪作業中の事故、倒木や建物の倒壊などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


雪で足止めの普通列車 米子駅に到着

大雪となった鳥取市のJR山陰線の青谷駅では10日夜から下り線の普通列車が動けなくなり、乗客20人余りが22時間にわたって足止めされました。列車は午後6時半ごろ運転を再開し、出発から丸一日以上たった午後9時半ごろ、終着駅の米子駅に到着しました。


新東名高速 雪や凍結で一時1000台が立往生

11日午前、静岡県内の新東名高速道路で積雪や路面の凍結のため車が次々に動けなくなり、およそ1000台と見られる車が立往生しました。その後、除雪作業が行われた結果、およそ11時間後に立往生は解消されました。


JR山陰線 普通列車22時間ぶりに運転再開

大雪の鳥取市では10日夜から列車が動けなくなるトラブルが相次ぎ、JR山陰線の駅では乗客26人が乗った普通列車がおよそ22時間にわたって動けなくなりましたが、JRが除雪作業を進めた結果、午後6時半ごろ運転が再開されました。


小屋の下敷きで男性死亡 秋田 八峰町

11日午後、秋田県八峰町で81歳の男性が倒壊した小屋の下敷きになっているのが見つかり、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。警察は当初積もった雪の重みで小屋が倒壊した可能性があるとみて調べていましたが、男性は小屋の解体作業をしていたということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。


山陰道・う回路の国道で車250台が立往生 鳥取

大雪のため鳥取県を東西に結ぶ山陰道と国道9号線では車が次々と動けなくなり、国土交通省によりますと、合わせておよそ250台が立往生しています。国土交通省や鳥取県は山陰道に加えて国道も通行止めにして除雪作業などを急いでいます。


タンカー座礁 外国人の乗組員18人全員救助 鹿児島

11日午前、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸でタンカーが浅瀬に乗り上げ座礁しました。外国人の乗組員18人は海上保安本部のヘリコプターで全員救助され、いずれもけがはなく、広範囲にわたる油の流出はありませんでした。


八ヶ岳連峰で滑落の早大生発見も 1人死亡

長野県の八ヶ岳連峰にある阿弥陀岳で、10日に滑落するなどした早稲田大学の登山サークルに所属する学生4人は、11日ヘリコプターで病院などに運ばれましたが、このうち滑落した1人が死亡しました。残る3人は命に別状はないということです。


殺人事件で押収の血液付着の証拠品 誤って廃棄 北海道警

去年12月、札幌市のアパートで、自営業の男性が殺害されているのが見つかった事件で、警察が現場で押収した証拠品のうち、血液の付着した衣類を誤って廃棄していたことが捜査関係者への取材でわかりました。廃棄された衣類は有力な手がかりになる可能性があるとしてDNA鑑定が行われる予定だったということです。


フィリピン南部でM6.5地震 6人死亡108人けが

フィリピン南部で10日夜、マグニチュード6.5の地震があり、住宅が倒壊するなどしてこれまでに子どもを含む6人が死亡し、現地の災害対策当局が被害の確認を急ぐとともに被災者の支援を進めています。


建国記念の日 各地で祝う式典や反対する集会

建国記念の日の11日、これを祝う式典や反対する集会が各地で開かれました。


被災時の状況や復興伝える観光ツアー 宮城 石巻

東日本大震災の発生から5年11か月となる11日、宮城県石巻市では、被災した当時の状況や復興が進む様子を伝える観光ツアーが行われました。


伊豆大島の大島空港 小型機の事故で5時間閉鎖

11日午前、伊豆大島の大島空港で小型機が着陸する際に前輪が折れて立往生しました。操縦していた男性にけがはありませんでしたが、事故の影響で、滑走路がおよそ5時間にわたって閉鎖されました。


京浜急行 運転再開

京浜急行は、横浜市中区の日ノ出町駅で起きた人身事故の影響で、横浜駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後4時40分に運転を再開しました。


京浜急行 横浜〜上大岡 運転見合わせ

京浜急行は横浜市中区の日ノ出町駅で起きた人身事故の影響で、午後3時50分から横浜駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせています。


岩手の被災地 「民泊」で観光客呼び込む

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県の被災地では、宿泊施設の減少を補おうと、一般家庭に宿泊してもらう「民泊」を通じて観光客を呼び込もうという取り組みが始まっています。


山陰道 車が立往生し通行止め う回路も立往生 鳥取

大雪の影響で山陰道では雪のため複数の車両が立往生し、けさから下り線で通行止めが続いています。また、この影響でう回路の国道9号線に車やトラックが流れ込んで断続的に立往生が発生していて、国土交通省や県では除雪作業や車の誘導などの対応に追われています。


JR山陰線 大雪で列車が18時間以上動けず 鳥取

大雪の鳥取市では10日夜から列車が動けなくなるトラブルが相次ぎ、JR山陰線の駅では乗客26人が乗った普通列車が18時間余りたった今も動けなくなっています。JRが代行バスを手配しましたが、雪による道路渋滞に巻き込まれてまだ駅にたどりつけていないということです。


タンカーが浅瀬に乗り上げ座礁 鹿児島 トカラ列島

11日午前、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸で、タンカーが浅瀬に乗り上げて座礁しました。タンカーには乗組員18人が乗っているということで海上保安本部が救助にあたるとともに、船体からの油漏れの状況を詳しく調べています。


チェーン着ける際にタイヤに巻き込まれたか 男性死亡 鳥取

11日朝早く、鳥取市の交差点で、44歳の男性が雪道に止まっていた大型トラックのタイヤに巻き込まれて死亡しました。男性はトラックの運転手で、警察はチェーンを着ける際にタイヤに巻き込まれたと見て詳しい状況を調べています。


東名と新東名の通行止め解除

東名高速道路は、雪と事故の影響で、静岡県の沼津インターチェンジから神奈川県の大井松田インターチェンジまでの上り線と、大井松田インターチェンジから静岡県の裾野インターチェンジまでの下り線が、それぞれ午前3時すぎから通行止めになっていましたが、午後2時10分に解除されました。また、新東名高速道路は、雪の影響で静岡県の長泉沼津インターチェンジと御殿場ジャンクションの上り線が午前2時ごろから通行止めになっていましたが、同じく午後2時10分に解除されました。


雪の重みで車庫倒壊か 複数の車破損 鳥取 若桜町

11日朝、鳥取県若桜町で車庫として使われている木造の建物が倒壊しているのが見つかりました。けが人はいませんでしたが、警察は雪の重みで倒壊したと見て調べています。


津波被害の気仙沼 一時移設の慰霊碑で初の月命日

震災の津波で93人が犠牲になった宮城県気仙沼市の杉ノ下地区の慰霊碑が、復興工事のため近くの広場に移設され、初めての月命日を迎えました。11日は、朝から遺族たちが慰霊碑のもとを訪れ、祈りをささげていました。


東日本大震災5年11か月 海岸で不明者の捜索 宮城

11日は東日本大震災の発生から5年11か月となる月命日です。津波で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市の海岸では、全国からボランティアが集まり、行方不明者の捜索が行われました。


東京メトロ半蔵門線 運転再開

東京メトロの半蔵門線は人身事故のため、全線で運転を見合わせていましたが、午後0時53分に運転を再開しました。また、東急田園都市線への直通運転も再開しています。


風呂で女性死亡 20歳長男を殺人容疑で逮捕 新潟

9日、新潟県五泉市の住宅で、この家に住む52歳の女性が風呂の中で死亡しているのが見つかった事件で、警察は、事件のあと行方がわからなくなっていた20歳の長男を東京都内で見つけ、事情を聴いたところ、「母親を殺害した」などと話したことから殺人の疑いで逮捕しました。


西日本の日本海側で大雪 鳥取で平年の10倍近く 警戒を

上空の寒気と強い冬型の気圧配置の影響で西日本の日本海側を中心に大雪となっていて、鳥取市では89センチの積雪を観測し、平年の10倍近くに達しています。雪は12日にかけて断続的に降り、積雪がさらに増える見込みで、気象庁は大雪に警戒するよう呼びかけています。


東名高速 静岡で雪の影響か事故相次ぎ6人搬送

11日午前、静岡県内の東名高速道路で、雪の影響による事故が相次ぎ、消防によりますとこれまでに6人が病院に搬送されたということです。事故と雪の影響で東名高速道路は一部の区間で通行止めになっています。


新東名 雪による車の立往生解消に向かう 静岡

11日午前、静岡県の新東名高速道路の上り線、およそ9キロの範囲で、積雪や路面の凍結のため車が動けなくなりました。中日本高速道路が除雪作業を行った結果、およそ8時間後に車が動けるようになり、立往生は解消に向かっています。


東京メトロ半蔵門線 運転見合わせ

東京メトロの半蔵門線は午前11時40分ごろに表参道駅で起きた人身事故のため、全線で運転を見合わせています。これに伴って半蔵門線は、東急田園都市線への直通運転もとりやめています。


西日本日本海側などで大雪 さらに積雪増のおそれ

上空の寒気と強い冬型の気圧配置の影響で西日本の日本海側や北陸を中心に大雪となっていて、鳥取市では積雪が平年の9倍近い80センチに達しています。雪は12日にかけて断続的に降り、積雪がさらに増えるおそれがあり、気象庁は大雪や暴風雪などに警戒するよう呼びかけています。


静岡の新東名高速 雪で9キロの区間で車が立往生

11日午前、静岡県の新東名高速道路で、積雪や凍結の影響でおよそ9キロの区間で車が動けなくなっています。車の立往生は、少なくとも数十台に上ると見られ、新東名高速道路は上り線の一部の区間が通行止めになっています。


大雪影響で列車の立往生相次ぐ 鳥取

大雪となっている鳥取市では、10日夜から、列車が動けなくなるトラブルが相次いでいます。このうちJR山陰線の駅では、乗客26人が乗った普通列車が10時間以上にわたって動けなくなっていて、JRが除雪作業を行って復旧を急いでいます。


女性が溝で倒れ死亡 雪かき中に転落か 兵庫 養父

10日夜、兵庫県養父市の道路脇の溝で、近くに住む74歳の女性が倒れて死亡しているのが見つかりました。近くに雪かき用の道具が落ちており、警察は、女性が雪かき中に誤って溝に転落したと見て調べています。


雪の影響で普通列車が立往生 鳥取 湖山駅

JR西日本米子支社によりますと、積雪により鳥取駅のポイントが切り替わらなくなったため、JR山陰線の米子から鳥取に向かっていた上りの普通列車が、10日午後10時半ごろから、鳥取駅の1つ手前の湖山駅で動けなくなっているということです。列車には乗客2人が乗っているということですが、今のところ、具合が悪いなどの情報はないということです。


「複数グループと画像交換」男児へのわいせつ事件で

NPOのスタッフや小学校の臨時教員ら6人が、幼い男の子にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件で、NPOのスタッフの男は「ほかにも複数のグループと男の子のわいせつな画像を交換していた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、押収した動画など10万点以上を分析しています。


イカ釣り漁船転覆 船長と甲板員死亡 別の2人の捜索続く

10日午後、青森県の沖合でイカ釣り漁船が転覆しているのが見つかった事故で、船内から遺体で見つかった2人は、この船の船長と甲板員と確認されました。海上保安部は、行方がわからなくなっている乗組員2人の捜索を続けています。


西日本〜東北の日本海側など 大雪や暴風雪に警戒を

上空の寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、西日本の日本海側や北陸で大雪となっています。これから東北の日本海側でも雪が強まり、ところによってふぶく見込みで、気象庁は大雪や暴風雪に警戒するよう呼びかけています。


雪の影響 7時間半以上普通列車動けず JR山陰線

大雪が続いている鳥取市のJR山陰線の駅で、10日午後8時すぎから乗客26人が乗った普通列車が7時間半以上にわたって動けなくなっています。


特急列車 雪による信号トラブルで3時間余立往生

大雪となっている鳥取市のJR因美線で、雪による信号トラブルで10日午後11時すぎから、乗客100人余りが乗った特急列車が動けなくなり、3時間余りたった11日午前3時前に運転を再開しました。


新東名高速 路面凍結 静岡県内で車立ち往生

警察によりますと、新東名高速道路は、午前1時ごろからいずれも静岡県の長泉沼津インターチェンジから御殿場ジャンクションの間の上り線で、雪による路面の凍結のため、およそ9キロに渡って車が立往生していて、通行止めとなっています。立往生している詳しい車の台数はわかっていませんが、このあと中日本高速道路などが道路に薬をまくなどして、凍結をとかす作業を行うということです。


東名高速 雪で一部区間が通行止め

東名高速道路は雪のため、神奈川県の大井松田インターチェンジから静岡県の裾野インターチェンジの間の下り線と、静岡県の沼津インターチェンジから大井松田インターチェンジの間の上り線が、午前3時10分から通行止めになっています。


信号トラブルで立往生の特急列車 運転再開 鳥取

JR西日本米支社によりますと、京都発鳥取行きの特急スーパーはくと13号が、鳥取駅で起きた信号トラブルのため、鳥取市の津ノ井駅で、10日午後11時20分ごろから動けなくなりました。乗客100人余りが車内にいて、3時間余りにわたって停車していましたが、午前2時50分ごろ運転を再開しました。JRによりますと、これまでのところ気分が悪くなった乗客などはいないということです。


特急列車が立往生 信号トラブルで 鳥取

JR西日本米子支社によりますと、京都発鳥取行きの特急列車スーパーはくとが、鳥取駅で起きた信号トラブルのため、鳥取市の津ノ井駅で、午後9時40分ごろから停車したままになっていて、乗客100人余りが車内にいるということです。JRでは、信号トラブルが解消し次第、運転を再開したいとしています。


雪の重みで電柱倒れたか 鳥取 岩美町

大雪が続いている鳥取県岩美町で10日夜、県道脇のNTTの電柱が倒れ、道路をふさいでいるのが見つかりました。鳥取県などは電線や電柱に付着した雪の重みで倒れたのではないかと見て、詳しい状況を調べるとともに撤去作業を急いでいます。


転覆のイカ釣り漁船 死亡の2人は船長と甲板員と確認

10日午後、青森県の沖合でイカ釣り漁船が転覆しているのが見つかった事故で、船内から遺体で見つかった2人は、この船の船長と甲板員と確認されました。海上保安部は、行方がわからなくなっている乗組員2人の捜索を続けています。


トヨタ労組 春闘で月額3000円のベア要求を決定

トヨタ自動車の労働組合は、ことしの春闘で、ベースアップの要求を去年と同額の月額3000円とすることを正式に発表しました。


多様なサービス行う「混合介護」 都が導入を提案

東京都は、地域を限って大胆な規制緩和を行う国家戦略特区の制度を活用し、介護事業者が介護サービスだけでなく、家族向けの食事の用意など、介護保険の対象外のサービスを行う、いわゆる「混合介護」を導入することなどを盛り込んだ事業計画を提案しました。


消防団に酒贈る 京都府議会議長を辞任の意向

京都府議会の植田喜裕議長は10日に臨時に記者会見し、5〜6年ほど前から地元の消防団に年末に酒を贈っていたことを明らかにしました。公職選挙法では、選挙区内で現金や品物を贈ることが禁じられていて、植田議長は陳謝し議長の職を辞任する意向を示しました。


B型肝炎訴訟弁護団 国に和解手続きの迅速化求める

予防接種での注射器の使い回しが原因でB型肝炎に感染したとして患者や遺族が国に賠償を求めている裁判で、10日弁護団が記者会見を開き、和解の手続きが長期化して、給付金を受け取れずに死亡する患者もいるとして、国に手続きを迅速化するよう訴えました。


インドネシア バリ島 大雨による地滑り 12人死亡

インドネシアの観光地バリ島で、9日夜から10日朝にかけて大雨による地滑りが相次いで発生し、1歳の男の子を含む12人が死亡しました。


えひめ丸事故16年 追悼式に在校生が参列 ハワイ

平成13年、ハワイ沖で愛媛県の宇和島水産高校の実習船えひめ丸が、アメリカ軍の潜水艦に衝突されて沈没し、9人が犠牲になった事故から16年となる10日、事故が起きたハワイで行われた慰霊式に、高校の在校生が初めて参列しました。


放火殺人で無罪取り消し確定 裁判員裁判やり直しへ

9年前、埼玉県志木市で、自宅に放火して妻と長女を殺害したとして、当時の夫が放火や殺人の罪に問われた裁判で、最高裁判所は被告側の上告を退けました。これによって1審の無罪判決を取り消した2審の判断が確定することになり、裁判員裁判がやり直されます。


警察官がうその公文書作成容疑で書類送検

警視庁池袋警察署の56歳の巡査部長が、人身事故の捜査で虚偽の公文書を作成したとして、書類送検されました。巡査部長は「作業を簡略化したかった」と容疑を認めているということで、警視庁は懲戒処分にしました。


STAP細胞 NHK番組にBPOが再発防止を勧告

NHKが3年前に放送したSTAP細胞の問題を検証した報道番組で、理化学研究所元研究員の小保方晴子氏が人権を侵害されたと申し立てたことについて、BPO=放送倫理・番組向上機構の委員会は「名誉毀損の人権侵害が認められる」として、NHKに対し、再発防止に努めるよう勧告しました。


トラックにはねられ母子死傷 母親の通夜営まれる

埼玉県草加市で、歩道に突っ込んだトラックに親子がはねられ、母親が死亡した事故で、亡くなった母親の通夜が10日夜、営まれています。


人工呼吸器停止で死亡 病院が調査へ 水戸

水戸市の病院で入院していたお年寄りが人工呼吸器の電源が切れた状態で死亡しているのが見つかったことを受けて、病院が会見を開き、警察の捜査に協力するとともに、病院としても詳しいいきさつを調査することを明らかにしました。


鳥取と島根 雪かき中の転倒や交通事故で4人けが

鳥取県と島根県では、10日午後4時までに、雪かき中の転倒や雪道での交通事故で、合わせて4人がけがをしました。


八ヶ岳連峰で早大生2人滑落 1人意識不明か

長野県の八ヶ岳連峰の阿弥陀岳の岩場で、早稲田大学の登山サークルに所属する大学生2人が滑落しました。警察によりますと、1人は意識がないとみられ、もう1人は自力で動けるということで、警察などが救助に向かっています。


島根 雪のためトラックなど国道で一時立往生

10日昼前、島根県飯南町の国道54号線の2か所で雪の影響で大型トラックなどが一時、立往生しました。


西日本の日本海側中心に大雪 12日にかけ警戒を

上空の寒気と強い冬型の気圧配置の影響で西日本の日本海側を中心に大雪となっています。これから12日の日曜日にかけては、西日本に加えて東北の日本海側や北陸でも雪が強まり、ところによって吹雪になる見込みで、気象庁は大雪や暴風雪に警戒するよう呼びかけています。


富士山混雑の実態周知し緩和目指す 山梨・静岡

世界文化遺産、富士山の保全を考える会合が東京・千代田区で開かれ、山梨と静岡の両県は、登山者が多すぎると指摘されている課題について、時間帯によって生じる混雑の実態を周知するなどして混雑の緩和を目指したいという考えを示しました。


都教委 わいせつ行為で小学校教諭を懲戒免職

東京都教育委員会は、インターネットで知り合った中学校の女子生徒とわいせつな行為をしたとして、都内の小学校の30歳の教諭を10日付けで懲戒免職の処分にしました。


日本での難民申請 去年初めて1万人超える

去年1年間に難民認定を申請した外国人は、1万901人と初めて1万人を超えて過去最多となる一方、難民と認定された人は28人でした。


使用済み家電からマラソン大会の金メダル作成へ

リサイクルへの関心を高めてもらおうと、京都市などは、回収した使用済みの携帯電話などに使われているわずかな金を取り出して、地元のマラソン大会で贈る金メダルを作ることになりました。


連続不審死事件 弁護側が最高裁で無罪主張

東京・千葉・埼玉で、男性3人を殺害したなどとして1審と2審で死刑を言い渡された土井佳苗、旧姓・木嶋佳苗被告の裁判が最高裁判所で開かれ、弁護側が改めて無罪を主張したのに対し、検察は有罪の判断に誤りはないと主張しました。判決は、来月にも言い渡される見通しです。


ふるさと納税の商品券 見直しを検討 千葉県勝浦市

千葉県勝浦市は、ふるさと納税で寄付をした人への返礼品として贈っている商品券について、インターネットで転売されるケースが相次いでいることなどから、今後、発行を続けるかどうかも含め、見直しを検討していくことになりました。


全国初「自画撮り」規制へ 条例改正も検討 東京都

中学生や高校生が、インターネットで知り合った相手から自分で撮影した裸の画像を送るよう求められるいわゆる「自画撮り」の被害が多発していることを受けて、東京都の小池知事は、全国で初めて、画像を送るよう求めた段階で取り締まることができるよう、条例の改正も視野に検討を始める考えを示しました。


男児にわいせつ 「NPOイベントで撮影」と勧誘か

NPOのスタッフや小学校の臨時教員ら6人が、幼い男の子にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件で、スタッフの男は「NPOのイベントに参加すれば男の子のわいせつな行為を撮影できる」とほかのメンバーを勧誘し、事件を繰り返していた疑いがあることが警察への取材でわかりました。


カシオ計算機 元社員を4億円超着服で懲戒解雇

電機メーカーのカシオ計算機は、部長職にあった社員が7年余りにわたって架空の発注を繰り返して、会社の金およそ4億4000万円を着服していたことがわかり、懲戒解雇したと発表しました。


小池知事 石原元知事の参考人質疑を注視

東京都の小池知事は、都議会の特別委員会が築地市場から豊洲市場への移転を決断した石原元知事を参考人として呼んで質疑を行うことを決めたことについて、「質問する議員の力量も試される」と述べたうえで、質疑を通じて移転の経緯などの詳細が明らかになるかどうか注視する考えを示しました。


築地市場の移転延期 業者への補償は当面50億円

東京都の小池知事は、築地市場の移転の延期に伴う市場業者の損害に対する補償について、「現時点で確実な数字を積み上げた」として、当面の経費として50億円とする考えを明らかにしました。


熊本地震の死者199人に 新たに2人関連死の認定

熊本地震で被災し、その後、死亡した熊本県八代市の60代と80代の男女2人が新たに「災害関連死」と認定され、一連の地震で亡くなった人は199人となりました。


西日本の日本海側で大雪 先月上回るおそれ 警戒を

上空の寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、鳥取市でこの5時間に20センチ近い雪が積もるなど、西日本の日本海側を中心に大雪になっています。西日本の日本海側では、鳥取県などで多くの車が立往生した先月下旬と同じかそれを上回る大雪となるおそれがあり、気象庁が警戒を呼びかけています。


富山市議 切手代金として政務調査費不正請求か

富山市議会の笹木豊一議員は、平成23年から25年にかけて切手の購入代金として当時の政務調査費12万円余りを受け取っていましたが、購入したとされる店は10年ほど前から切手を販売しておらず、不正に受け取った疑いがあることがわかりました。所属する自民党会派の幹部によりますと、笹木議員は「返還する必要があれば、速やかに返還したい」と話しているということです。


不明のイカ釣り漁船 青森県沖で転覆 4人を捜索

10日午後、青森県の沖合で9日から連絡がとれなくなっていた青森県の漁協に所属するイカ釣り漁船が転覆しているのが見つかりました。海上保安部は、行方がわからなくなっている乗組員4人を捜索しています。


過労自殺の電通元社員遺族 労基法改正案に反対

高度な専門知識がある一部の労働者を、労働時間の規制から外すことなどを盛り込んだ労働基準法の改正案に反対する集会が開かれ、過労自殺した電通元社員の高橋まつりさんの母親がビデオメッセージを寄せ、「娘のように命を落とす人をなくすため、労働時間規制の例外を拡大しないで」と訴えました。


不明のイカ釣り漁船か 青森県沖で転覆船を発見

青森県の漁協に所属する4人が乗ったイカ釣り漁船と9日から連絡が取れなくなり、海上保安部が捜索したところ、10日午後、青森県の沖合で船が転覆しているのが見つかりました。海上保安部は、連絡がとれなくなっている漁船かどうか調べることにしています。


核兵器禁止条約交渉 被団協「日本も積極的参加を」

核兵器を法的に禁止する条約の制定に向けた交渉が来月から国連で始まるのを前に、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会などが都内で記者会見を開き、日本政府も条約交渉に積極的に参加するよう訴えました。


雪で立往生の山陰線が運転再開 乗客にけがなし

JR山陰線は、兵庫県養父市の八鹿駅と豊岡市にある江原駅の間を走っていた普通電車のパンタグラフに雪の重みでトラブルが起き、午後1時半すぎから立往生していましたが、午後3時前に運転を再開したということです。


山陰線の普通列車が雪の影響で立往生 兵庫

JR西日本によりますと、山陰線は雪の影響で、兵庫県養父市の八鹿駅と豊岡市にある江原駅の間で、午後1時半すぎから普通電車が立往生しています。車内には乗客41人がいますが、今のところけが人や具合の悪い人がいるといった情報は入っていないということです。


豊洲市場の盛り土めぐる訴訟 都は争う姿勢

東京都の豊洲市場の地下に盛り土がされていなかった問題をめぐり、元都議会議員が石原元知事と当時の市場長に60億円余りを支払わせることや、安全性を確認したと説明した舛添前知事にも補償させることを都に求めている裁判が東京地方裁判所で始まりました。都はいずれの訴えも退けるよう求めました。


外国語で災害情報の電子掲示板 都内の消防署に設置

日本を訪れた外国人旅行者が過去最高になる中、東京消防庁は、災害が起きた際、避難場所などの情報を外国語で伝える電子掲示板を初めて消防署に設置し、10日から運用を始めました。


JR山手線の新駅 2020年春開業へ起工

JR東日本は10日、山手線の品川駅と田町駅の間に整備する新たな駅の起工式を行い、2020年春の開業に向けた工事が本格化することになりました。


松本伊代さんと早見優さん書類送検 無許可で線路に

タレントの松本伊代さんと早見優さんが、先月、テレビ番組のロケで京都を訪れた際、JRの線路内に無許可で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されました。


豊洲市場モニタリング調査受け 都議会各会派が意見

東京都内の中央卸売市場の在り方を検討する都の審議会で、都議会の各会派の議員が、豊洲市場の地下水のモニタリング調査で、高濃度の有害物質が検出されたことを受けて、意見を表明しました。


石原元都知事 都議会の招致に応じると明言

豊洲市場の問題を審議する東京都議会の特別委員会が、築地市場から豊洲市場への移転を決断した石原元知事を参考人として呼んで質疑を行うことを決めたことについて、石原元知事は10日正午すぎ、報道陣の取材に対し「喜んでいく」と述べ、招致に応じる考えを明らかにしました。


環境相 除染費用の国民負担に理解求める

福島県の帰還困難区域で行う除染の費用を国が負担することなどを盛り込んだ福島復興再生特別措置法の改正案が閣議決定されたことについて、山本環境大臣は「さまざまなご意見はあるが、ぜひご理解をいただきたい」と述べ、除染の費用を東京電力に請求せず、国民の負担で行うことへの理解を求めました。


大雪で広島県内の交通に影響

雪のため広島県内の各地で交通に影響が出ています。


1歳児を虐待の疑い19歳母親ら逮捕 ツイッター投稿も

1歳の長男の顔に落書きをしたり聴診器のチューブを口や鼻に何度も押し込んだりする虐待を繰り返したとして、母親で19歳の少女と交際相手の少年が暴行の疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、少女はチューブを押し込まれた長男の様子を撮影し、ツイッターに投稿していたということです。調べに対し、少女は容疑を否認しているということです。


母子死傷事故 トラックは制限速度超え交差点進入か

埼玉県草加市で、歩道に突っ込んだトラックに親子がはねられ、母親が死亡した事故で、トラックは制限速度を超えるスピードで交差点に進入し、事故を起こした疑いのあることが警察への取材でわかりました。警察は10日、トラックの運転手を検察庁に送り、詳しい状況を調べています。


障害者の「逸失利益」 認めるよう遺族が提訴へ

重い知的障害のある少年が入所先の施設を出て死亡した事故の賠償をめぐり、少年の両親が「将来働いて得たと予想される『逸失(いっしつ)利益』を施設側がゼロとしたのは障害者差別だ」として、国内の平均賃金を基準に逸失利益を認めるよう求める訴えを、近く東京地方裁判所に起こす方針を決めました。弁護団は障害の有無で逸失利益が決まることが妥当かどうか、問いたいとしています。


中国横断自動車道 雪で一時100台が立往生

10日午前、広島県庄原市の中国横断自動車道尾道松江線で、チェーンをつけていない大型トラックが道路に積もった雪で動けなくなり、後続の車両およそ100台が一時、1キロにわたって立往生しました。


ケーブルカー止まる 乗客40人一時閉込められる

和歌山県の高野山に向かうケーブルカーが、雪の影響とみられる故障で運転ができなくなり、上りと下りの車両に乗客乗員およそ40人が一時、閉じ込められた状態になりました。


雪の影響 峠で多数の車が一時動けず 和歌山

雪の影響で、和歌山県岩出市と大阪府泉南市を結ぶ県道では、多くの車がスリップするなどして一時、動けなくなりました。


小池知事 多摩・島しょ部市町村長と会談

東京都の小池知事は多摩・島しょ地域の振興策を検討するため、これらの地域にある39の市町村のトップと10日から個別の会談を始めました。会談の結果などを踏まえ、それぞれの自治体に交付される補助金の額が決定されます。


競売物件販売の不動産会社 脱税の疑いで告発

競売で落札した物件の販売などで業績を伸ばしていた東京の不動産会社が、売上の一部を除外するなどの方法で1億円余りの所得を隠していたとして、東京国税局は脱税の疑いで告発しました。


秋田沖 4人乗ったイカ釣り漁船と連絡取れず

秋田県の沖合の日本海を航行していた4人が乗ったイカ釣り漁船と9日から連絡が取れなくなっていて、海上保安部が巡視船などを現場付近に出して捜索しています。


臨時教員と元教諭 別荘を拠点に男児誘い込みか

NPOのスタッフや小学校の臨時教員ら6人が、幼い男の子にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件で、このうち小学校の臨時教員と元教諭は、静岡県内の別荘を拠点にわいせつな行為を繰り返していた疑いがあることが警察への取材でわかりました。被害者は160人余りに上り、警察が詳しく調べています。


えひめ丸事故から16年 高校で追悼式

平成13年、ハワイ沖で愛媛県の宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」がアメリカ軍の潜水艦に衝突されて沈没し、9人が犠牲になった事故から10日で16年になります。高校では、遺族や生徒たちが出席して追悼式が行われました。


高齢者施設に避難計画義務づけ 水防法改正案を閣議決定

去年8月の台風10号による大雨の被害を受けて、洪水や土砂災害の危険性のある全国の高齢者施設に避難計画の作成などを義務づける水防法などの改正案が閣議決定されました。


最高裁判事に東京高裁の戸倉三郎長官

政府は10日の閣議で、新しい最高裁判所判事に、東京高等裁判所の戸倉三郎長官を起用する人事を決めました。


天皇皇后両陛下 ベトナム訪問の日程固まる

天皇皇后両陛下が、今月28日から、ベトナムを親善訪問されるのを前に、現地での詳しい日程が固まりました。


福島復興再生特措法の改正案を閣議決定 除染に国費

政府は10日の閣議で、原発事故のあと原則として立ち入りが禁止されている福島県内の帰還困難区域で、住民が居住できる「特定復興再生拠点区域」を整備するため、除染費用に初めて国費を投入することなどを盛り込んだ「福島復興再生特別措置法」の改正案を決定しました。


西日本の日本海側で雪強まる 大雪の影響に警戒

上空に強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置となっている影響で、西日本の日本海側などで雪が強まっています。強い冬型の気圧配置が続く影響で、西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は交通への影響に警戒するよう呼びかけています。


踏切で電車にはねられ91歳女性死亡 認知症の疑い 横浜

9日、横浜市南区にある京浜急行の踏切で、近くに住む91歳の女性が電車にはねられ死亡しました。女性は認知症の疑いがあったということで、警察が当時の状況を調べています。


中高生の「自画撮り」被害多発 都が全国初の規制検討へ

中学生や高校生が、インターネットで知り合った相手から自分で撮影した裸の画像を送るよう求められる、いわゆる「自画撮り」の被害が多発していることを受けて、東京都は全国で初めて、画像を求めた段階で取締りができるよう、条例の改正も視野に検討を始めることになりました。


防衛省が新たに文書公開 南スーダン武力衝突拡大の様子記す

防衛省が南スーダンでのPKO活動に関する文書を破棄したとしていた問題で、防衛省は保管していた文書の一部を新たに公開しました。この中では、「政府軍の攻撃ヘリや戦車の動きを確認」など、武力衝突の規模が拡大していく様子が記されていました。


西日本の日本海側で吹雪 大雪や暴風雪に警戒を

上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置となっている影響で、広い範囲で雪や風が強まり、西日本の日本海側ではところによって吹雪になっています。強い冬型の気圧配置が続くため西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は大雪や暴風雪に警戒するよう呼びかけています。


52歳女性 自宅で殺害か 頭に殴られた痕 新潟

9日、新潟県五泉市の住宅で、この家に住む52歳の女性が風呂の中で倒れて死亡しているのが見つかり、警察は、女性の頭に殴られた痕があったことなどから殺人事件として捜査しています。


格納容器の事前調査 ロボット映像暗くなり中止 放射線影響か

東京電力福島第一原子力発電所2号機で、ロボットを使った格納容器内部の本格的な調査ができるかどうか判断するため、9日に別のロボットによる事前調査が行われましたが、途中で映像が暗くなり、作業は中止されました。東京電力は強い放射線の影響とみて、今後の本格調査をどのように進めるか検討することにしています。


12日頃にかけ 西日本の日本海側中心に大雪警戒を

上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる影響で、これから今月12日ごろにかけて西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みです。また、広い範囲で風も非常に強まる見込みで、気象庁は大雪や暴風雪に警戒するよう呼びかけています。


“岐阜市は三重県に” 大手出版社の歴史の本に多くの誤り

東京の大手出版社、KADOKAWAが先月出版した、戦国武将の織田信長とゆかりのある岐阜市について紹介する歴史の本に、岐阜市が三重県内にあるなどの誤った記述や誤字が、少なくとも30か所見つかりました。KADOKAWAは、この本1万部を回収するとともに、新たに刷り直して販売することになりました。


「赤ちゃんポスト」を関西に 団体が神戸に設置目指す方針表明

親が育てられない子どもを匿名で受け入れる、いわゆる「赤ちゃんポスト」を関西に設置しようと活動している団体が、神戸市の助産院に設置を目指す方針を発表しました。一方で、現状の計画には多くの課題があると懸念する声も上がっています。


大雪に備え除雪車の試運転 立往生相次いだ鳥取で

先月の大雪で車の立往生が相次いだ鳥取県では、道路を管理する国や県などが大雪に備えて除雪車の試運転を行っています。


モデルガンのつもりが 警察官が訓練で本物の拳銃発射 岡山

9日に岡山市の警察署の宿直室で、モデルガンを使って射撃訓練をしようとした警察官が、誤って本物の拳銃で実弾を発射しました。弾は壁を貫通して隣の会議室にまで飛びましたが、けがをした人はいませんでした。


女性に乱暴した疑いなどで逮捕のNHK記者 懲戒免職に

女性に乱暴してけがをさせたとして逮捕されたNHK山形放送局の記者について、NHKは9日、懲戒免職にすることを決めました。


大雪による車の立往生防止を 鳥取で対策会議

9日夜から大雪が予想されている鳥取県では、先月の大雪の際に相次いだ車の立往生を防ごうと、対策会議が開かれ、通行止めや除雪作業などの連絡を関係機関で密にすることを確認しました。


大雪に備えシャベルや灯油など買い求める 鳥取

大雪に備えて、鳥取市内のホームセンターには、雪かき用のシャベルや暖房に使う灯油などを買い求める客が次々に訪れています。


大雪に備え孤立地域からけが人搬送の訓練 岩手 岩泉町

去年8月の台風10号で大きな被害を受けた岩手県岩泉町で、復旧工事中の道路が大雪で通れなくなった場合に備え、スノーモービルを使って、孤立地域からけが人を搬送する訓練が行われました。


人工呼吸器の電源切れた状態で男性死亡 水戸

水戸市にある病院に入院していた82歳の男性が、人工呼吸器の電源が切れた状態で死亡しているのが見つかり、警察は、詳しい状況を調べています。


ファミマ店舗から発券用紙無くなる 一部が偽造チケットに

コンビニ大手のファミリーマートは、チケットを発券するための用紙が東京都内の店舗から最大で3200枚、無くなり、一部が偽造されて音楽イベントのチケットとして使われていたと発表しました。


皇太子ご夫妻 デンマークの画家の作品展を鑑賞

皇太子ご夫妻は、デンマークの近代美術を代表する画家の作品を集めた展覧会の開会式に出席し、展示作品を鑑賞されました。


大雪と暴風雪 警戒すべき時間帯は

気象庁によりますと、大雪や暴風雪に警戒が必要な時間帯の目安は、次のとおりです。


京浜急行 運転再開

京浜急行は人身事故の影響で上大岡駅と横浜駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後5時50分すぎに運転を再開しました。


スマホに気を取られ事故起こしたか 埼玉の母子死傷事故

8日、埼玉県草加市で歩道に突っ込んだトラックに親子がはねられ、母親が死亡した事故で、トラックの運転手は「ふだん通っている道路が混んでいたので、スマートフォンで確認しながら初めての道を走っていた」と供述していることが警察への取材でわかりました。警察は、慣れない道でスマートフォンに気を取られ事故を起こしたと見て調べています。


男児にわいせつで6人逮捕・起訴 被害は160人超か

自然体験教室を運営するNPOのスタッフや小学校の講師など6人が幼い男の子にわいせつな行為をするなどしたとして、9日までに逮捕・起訴され、被害にあったとみられる男の子は全国で168人に上ることが警察への取材でわかりました。


「しびれや脱毛を確認し興奮」タリウム混入の元女子大学生

名古屋市で知り合いの女性を殺害したほか、仙台市でも同級生2人に劇物のタリウムを飲ませて殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われている元女子大学生の裁判で、9日、被告人質問が行われ、元女子大学生は「タリウムを飲ませたあと手足のしびれや脱毛を確認すると興奮した」と証言しました。


南スーダン 統合幕僚長“「戦闘」は一般的な意味”

防衛省が破棄したとしていた南スーダンでのPKO活動に関する文書に「戦闘」という言葉が記されていたことについて、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は「一般的な意味で『戦闘』という言葉を使った」と述べ、法的な意味を意識したものではないと説明しました。


ジャンパー以外にワイシャツやマグカップも 不適切と小田原市

神奈川県小田原市の職員らが、生活保護の不正受給は許さないという趣旨の文言が書かれたジャンパーを着て、受給者の家庭を訪問していた問題で、職員らは、ほかにも同じような文言が入ったワイシャツやマグカップなどを作っていたことがわかり、市は不適切だとして、再発防止策を検討しています。


手押し車が線路に挟まったか 女性が電車にはねられ死亡

9日午前、東京・豊島区の踏切で手押し車を押しながら渡ろうとしていた78歳の女性が電車にはねられて死亡しました。警視庁は、手押し車の車輪が線路に挟まって女性が動けなくなり、倒れた際に電車が走ってきたとみて調べています。


豊洲市場の土地取得めぐる訴訟 都が争う姿勢見直す可能性

東京都が取得した豊洲市場の土地をめぐり、住民が石原元知事に購入代金570億円余りを支払わせるよう都に求めている裁判で、都は「元知事に賠償責任ない」としていたこれまでの主張を見直す可能性があることを裁判所に伝えました。


住宅全焼で死亡の5人は家族と判明 栃木 小山

今月4日、栃木県小山市の住宅が全焼した火事で、死亡した5人は、この家に住む家族だと確認されました。警察は、短時間で火が燃え広がり、逃げ遅れたと見て出火原因を調べています。


ネットで資金集め「湯〜園地」実現へ 大分 別府

「遊べる温泉都市構想」を掲げている大分県別府市は、ことしの夏に、期間限定で温泉と遊園地を融合させた施設をオープンさせることになりました。運営費の一部はインターネットを通じて資金を集める「クラウドファンディング」で調達する予定で、10日から受け付けることにしています。


京浜急行 運転見合わせ

京浜急行は人身事故の影響で、上大岡駅と横浜駅の間の上下線で午後4時50分ごろから運転を見合わせています。


大雪のおそれ 注意すべき点は

9日夜から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は、大雪や吹雪による交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。大雪の際には、どんな点に注意すればよいのかまとめました。


京王線 運転再開

京王線は、人身事故のため桜上水駅とつつじヶ丘駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後4時50分すぎに運転を再開しました。


大雪に備え3倍の量の融雪剤を路上に散布 滋賀 彦根

先月の大雪で多くの車が路上で動けなくなった滋賀県彦根市では、9日夜以降の大雪で交通の混乱が生じないよう、いつもの3倍の量の融雪剤を路上にまいて備えることにしています。


少年法対象年齢引き下げの是非 法相が検討を諮問

金田法務大臣は法制審議会に対し、現在は20歳未満となっている少年法の保護の対象年齢を、18歳未満に引き下げるべきか、是非を検討するよう諮問しました。


同性カップルも区営住宅入居可に 世田谷区が条例改正へ

LGBTの人たちへの支援に力を入れている東京・世田谷区は同性カップルも区営住宅に入居できるようにする方針を決め、条例に明記する方向で調整を進めています。


東京女子医大 男児死亡の医療事故裁判 医師は争う姿勢

3年前、東京女子医科大学病院で、人工呼吸器をつけた子どもへの使用が、原則禁止されている鎮静薬を投与された男の子が死亡し、両親が医師2人に賠償を求めている裁判が、9日から東京地方裁判所で始まりました。


熊本地震の死者197人に 災害関連死新たに認定で

熊本地震で被災し、その後死亡した熊本市の60代と70代の男女2人が、新たに災害関連死と認定され、一連の地震で亡くなった人は197人となりました。


京王線 一部で運転見合わせ 人身事故で

京王線は人身事故のため、桜上水駅とつつじヶ丘駅の間の上下線で、午後3時半すぎから運転を見合わせています。


信組の元支店長 顧客の現金着服の疑いで逮捕

横浜市に本店がある横浜中央信用組合の元新潟支店長が、顧客から預かった現金500万円を着服したとして業務上横領の疑いで警察に逮捕されました。信用組合の調査によりますと着服額はおよそ1億8000万円に上るということで、警察がさらに詳しく調べています。


関東地方 北部中心に雪 茨城で転倒や事故 17人けが

上空の寒気と低気圧の影響で、関東地方は北部で雪が降り、水戸市など平地でも大雪となっているところがあります。茨城県内では雪の影響でけがをした人が17人に上っています。雪は夕方にかけて断続的に降る見込みで、気象庁は、積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意するよう呼びかけています。


女性にストーカーや盗撮の疑い 山梨県警巡査長を書類送検

山梨県警察本部の巡査長が20代の女性のスカートの中を盗撮したりつきまといを繰り返したりしたなどとして、ストーカー規制法違反などの疑いで書類送検されました。巡査長は停職の懲戒処分を受け、9日付けでみずから退職しました。


日本型介護サービスをアジアへ 協議会初会合

高齢化が進むアジア地域に日本型の介護サービスを普及させようと、政府は医療介護分野の専門家らによる協議会の初会合を開き、現地で活躍が見込める介護人材の育成や、自立支援を重視したサービスの普及に取り組む方針を確認しました。


東京メトロ千代田線 全線で運転再開

東京メトロの千代田線は、町屋駅での人身事故の影響で北千住駅と湯島駅の間で運転を見合わせていましたが、午後1時すぎに全線で運転を再開しました。


大雪に備え 雪かき道具など買い求める 島根

今後の大雪に備え、島根県内のホームセンターには、雪かき用の道具を買い求める客が大勢訪れています。


雪で転倒か 山梨県内で2人軽傷

山梨県内では一部の地域で、9日朝から断続的に雪が降り、消防によりますと、雪の影響で転倒したとみられる2人が病院に搬送されました。


パナソニック工場の下請会社社員 過労死と認定 福井

福井市にある大手電機メーカー、パナソニックの工場で働いていた2次下請け会社の46歳の男性社員が、おととし死亡したのは、長時間労働が原因だったとして、労働基準監督署が過労死と認定していたことがわかりました。


“雇用期間5年を前に雇い止め” 連合が電話相談

同じ会社で5年を超えて働いた非正規労働者を、契約期限のない無期雇用に切り替えることを企業に義務づけた改正労働契約法をめぐって、雇用期間が5年になる前に雇い止めされるケースが増えているとして、労働組合の連合が電話相談を行っています。


関東でも雪 今夜〜西日本の日本海側中心に大雪の見込み

発達中の低気圧の影響で、西日本の山沿いや関東北部などで雪が降っています。9日夜からは上空に強い寒気が流れ込むため西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は、大雪や吹雪による交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。


「振込め詐欺対策コールセンター」名乗り詐欺未遂か

「警察と協力し防犯活動をしている『振り込め詐欺対策コールセンター』です」などと、うその電話を掛け現金をだましとろうとしたとして男3人が逮捕され、警視庁は、同様の手口で少なくとも3000万円をだまし取っていたと見て調べています。主犯格と見られる男は、容疑を否認しているということです。


措置入院患者支援の指針見直し 障害者殺傷事件受け

相模原市の知的障害者施設で入所者が刃物で刺され死傷した事件を受けて、相模原市は、措置入院した患者の支援のガイドラインを見直し、すべての患者を対象に、入院中から医療機関などと連携しながら退院後の支援策を検討するなど、新たな取り組みを始めることを決めました。


東京メトロ千代田線 運転見合わせ

東京メトロによりますと、千代田線は町屋駅での人身事故の影響で、北千住駅と湯島駅の間で午前11時50分すぎから運転を見合わせています。東京メトロによりますと、この影響で千代田線は湯島駅と代々木原駅、また、北千住駅と綾瀬駅の間で折り返し運転を行っています。


「携帯のナビ見ていた」と運転手 埼玉の母子死傷事故で

8日に埼玉県草加市でトラックが歩道に突っ込み、親子がはねられ母親が死亡した事故で、トラックの運転手は「携帯電話のナビゲーションシステムを見ていた」という内容の供述をしていることが、警察への取材でわかりました。警察は、携帯電話に気を取られて赤信号を無視し、事故を起こしたと見て詳しい状況を調べています。


西武池袋線 豊島線 運転再開

西武池袋線は人身事故の影響で練馬駅と池袋駅の間で運転を見合わせていましたが、午前11時25分すぎ、運転を再開しました。この事故の影響で運転を見合わせていた西武豊島線も運転を再開しました。


西武池袋線 池袋〜練馬 豊島線 運転見合わせ

西武池袋線は、人身事故の影響で池袋駅と練馬駅の上下線で午前10時50分すぎから運転を見合わせています。この影響で、豊島線も練馬駅と豊島園駅の間の上下線で運転を見合わせています。


JR武蔵野線 運転再開

JR武蔵野線は人身事故の影響で府中本町と西船橋の間の全線で運転を見合わせていましたが、午前8時16分に上下線とも運転を再開しました。


住宅2棟焼け2人死亡 愛知 知多

きょう未明、愛知県知多市で住宅1棟が全焼し1人が遺体で見つかったほか、燃え移った隣の住宅から病院に搬送された78歳の女性もまもなく死亡しました。警察が火事の原因を調べています。


JR武蔵野線 全線で運転見合わせ

JR武蔵野線は埼玉県の吉川駅で起きた人身事故の影響で、午前7時15分から府中本町と西船橋の間の全線で上下線とも運転を見合わせています。


西日本日本海側 大雪の見込み 交通影響や暴風に警戒を

発達中の低気圧の影響で、西日本では山沿いを中心に雪が降っていて、9日夜以降は強い寒気が流れ込み、西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は、交通への影響や暴風に警戒するよう呼びかけています。


“地域で発電 経済活性化に” ドイツの先進事例学ぶ

自治体や住民が出資した会社が太陽光や風力などで発電した電力の導入が進んでいるドイツの関係者が8日都内で講演し、地域の資源を使って発電することで地球温暖化対策だけでなく地域経済の活性化にもつながっていることを強調しました。


東京都議会 議会改革めぐる議論が活発化

東京都議会では、先に、議員報酬を2割削減するなどの案をまとめた公明党に続き、共産党が25%削減の案を発表するなど、7月の都議会議員選挙を見据え、各会派で議員報酬の削減をはじめとする議会改革をめぐる議論が活発化しています。


歩道にトラック 母子はねる 交差点までブレーキ痕なし

8日埼玉県草加市の交差点で事故を起こしたトラックがそのまま歩道に突っ込み母親と幼い子どもをはねて母親が死亡した事故で、交差点までの路面にブレーキをかけた痕がなかったことが警察への取材でわかりました。警察は、トラックがスピードを緩めずに赤信号の交差点に進入したとみて捜査しています。


突風の強さの判定指標 増加を検討へ

竜巻などの突風の強さを木造住宅や電柱などの被害を指標として判定する基準について、気象庁は、最近の突風で船の転覆など指標に入っていない物の被害が相次いだことから、指標を増やせないか検討することになりました。


ホームドア設置費用 埼玉県と駅のある自治体が一部補助へ

視覚障害者の駅のホームでの事故が相次いでいることを受け、埼玉県はホームドアの設置を加速させようと、設置費用の一部を県と駅のある自治体が補助する制度を新たに設ける方針を固めました。


オリックス 5日以上有給取得で最大5万円の奨励金

金融サービス大手のオリックスは、社員に休暇の取得を促すため、5日以上続けて有給休暇を取ると、最大で5万円の奨励金を支給する制度をことし4月に導入することを決めました。


“飲食店など原則禁煙” 例外案検討も調整難航か

厚生労働省は、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、一定の面積以下の店舗を例外とする案の検討を始めましたが、政府・与党内には一律の規制を維持するよう求める意見の一方、例外の拡大を求める意見もあり、調整が難航することも予想されます。


トラック歩道に突っ込む 親子はねられ母親死亡

8日埼玉県草加市の交差点で車3台が絡む事故があり、このうちトラック1台が事故のはずみで歩道に突っ込み、38歳の母親と1歳の男の子がはねられました。この事故で、母親が死亡、男の子が軽いけがをし、警察は、トラックが赤信号の交差点に進入したと見て詳しい状況を調べています。


お気持ち表明から半年 元侍従長「退位の意向は問題提起」

去年8月、天皇陛下がビデオメッセージで退位の意向がにじむお気持ちを表明されてから、8日で半年になります。これに合わせて、長年、天皇皇后両陛下に仕えた元侍従長の渡辺允さんがNHKのインタビューに応じ、天皇陛下のお言葉を振り返って「皇室が国民一人一人と心を通わす関係が常に続いていくよう問題提起をされた」と述べました。


気象庁 1月以降の全国の活火山の概況発表

気象庁は、8日全国の活火山の1月以降の活動状況や警戒すべき点について発表しました。


モデルやアイドルに勧誘 女性の性的被害を調査 内閣府

モデルやアイドルに勧誘された若い女性が性的被害を受ける問題が相次いでいることを踏まえ、内閣府がインターネットを通じて行ったアンケート調査に対し、勧誘を受けるなどした2500人余りのうち73人が「性的な行為などの撮影」をされたと回答しました。


高齢者向け配食サービスにガイドライン

高齢化が進む中、栄養を十分にとれていないお年寄りが少なくないとして、厚生労働省は家庭向けの配食業者に対し、利用者から健康状態を聞き取るなどして、それぞれに合った食事を提供することなどを求めるガイドラインを大筋でまとめました。


京王線 運転再開

京王線は人身事故の影響で府中駅と高幡不動駅の間で運転を見合わせていましたが、午後8時18分に上下線とも運転を再開しました。


不妊治療助成拡大 対象年齢引き下げは全国初 埼玉

埼玉県は、少子化対策の一環として、不妊治療にかかる費用への助成を拡大し、現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、35歳未満の女性には初回の治療に限りさらに最大で10万円を上乗せする方針を固めました。県によりますと、対象年齢を引き下げて上乗せを行うのは、全国で初めてだということです。


女性経営者を殺害か 夫と前妻の間の44歳娘を逮捕

3年前に滋賀県近江八幡市で、飲食店経営の女性を殺害したとして、44歳の女が殺人の疑いで逮捕されました。女は、被害者の女性の夫と前の妻との間の娘で、警察が詳しいいきさつを調べています。


京王線 府中〜高幡不動で運転見合わせ

京王線は人身事故の影響で、午後7時8分から府中駅と高幡不動駅の間の上下線で運転を見合わせています。


檀家から集めた現金を着服の疑い 長野の元住職を逮捕

長野市にある寺の住職だった男が、寺の建物の建て替え費用などの名目で檀家から集めた現金780万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕され、警察はほかにも被害があると見て調べています。調べに対し、「着服するつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。


退位めぐり自公が会談 民進交えた協議必要で一致

天皇陛下の退位の在り方などをめぐって、党の意見の取りまとめにあたっている自民党と公明党の責任者が会談し、与野党の政策論争とは一線を画すべきだとして、今後、野党第1党の民進党も交えた協議が必要になるという認識で一致しました。


赤ちゃんに覚醒剤飲ませ殺害した罪 男に懲役16年

おととし、熊本市内のホテルで、生後3か月の赤ちゃんに覚醒剤を飲ませて殺害したとして、殺人などの罪に問われた母親の元交際相手の男に、熊本地方裁判所は「特に抵抗もなく赤ちゃんに覚醒剤を投与し、生命をあまりにも軽視している」として、懲役16年の判決を言い渡しました。


国交省「大雪に対する緊急発表」立往生対策など呼びかけ

西日本の日本海側を中心に大雪になるおそれがあることから、国土交通省は8日、「大雪に対する緊急発表」を行い、大雪が予想される地域では冬用のタイヤやチェーンを装着し、車の立往生を避ける対策を取るよう呼びかけています。


JR中央線快速電車 運転再開

JR中央線の快速電車は国分寺駅で起きた人身事故の影響で、全線で運転を見合わせていましたが、午後6時7分に運転を再開しました。


高浜原発クレーン転倒 強風予想も対策取らず

福井県にある高浜原子力発電所で先月、大型のクレーンが倒れ、核燃料を保管する建物の屋根の一部などが損傷した事故で、関西電力は当時、強風が予想されていたにもかかわらず、事前にクレーンを折りたたむなどの対策をとっていなかったことが事故の原因だったと明らかにし、陳謝しました。


あす西日本の山沿い中心に雪 平地で積雪も

2つの低気圧が発達しながら通過する影響で、9日は西日本の山沿いを中心に雪が降り、平地でも積もるところがある見込みです。その後、今月12日の日曜日ごろにかけて、強い寒気などの影響で西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、気象庁は交通への影響や雪崩などに十分注意し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。


迎賓館 去年春からの一般公開で来館者50万人超

国賓の宿泊先などとして使われ、国宝にも指定されている東京・港区の迎賓館は、去年春から始めた年間を通じた一般公開で50万人を超える人が訪れるなど新たな観光名所になっています。


JR中央線快速電車 運転見合わせ

JR中央線の快速電車は、国分寺駅で起きた人身事故の影響で、午後5時21分から全線で運転を見合わせています。


吉野家や牛角を装った偽キャンペーンに注意を

牛丼チェーンの「吉野家」や焼き肉チェーンの「牛角」を装って、食べ放題などの偽のキャンペーンを紹介する広告がインターネット上で相次いで見つかり、各社は注意を呼びかけています。


三鷹ストーカー殺人 懲役22年の判決確定

東京・三鷹市で女子高校生が殺害され、元交際相手の男が殺人やリベンジポルノと呼ばれる行為をした罪などに問われた裁判は、検察側と被告側の双方が上告しなかったため、懲役22年の判決が確定しました。


障害者施設殺傷 事件の風化を防ぐ取り組み発表

神奈川県は、相模原市の知的障害者施設で殺傷事件が起きた7月26日を含む1週間を、障害者とともに生きる「共生社会」の実現を目指す推進週間と定めるなど、新年度から始める事件の風化を防ぐ取り組みを発表しました。


石原元知事 都議会の参考人招致に応じる意向

豊洲市場の問題を審議する都議会の特別委員会が、築地市場から豊洲市場への移転を決断した石原元知事を参考人として呼んで質疑を行うことを決めたことについて、石原元知事が委員会の招致に応じる意向を示していることが、関係者への取材でわかりました。特別委員会では、来月にも石原元知事を呼ぶことで調整を進めることにしています。


10階建てビル7階で火事 住民7人軽傷 広島

8日午後、広島市南区の住宅や商業施設からなる10階建てのビルの7階の部屋から火が出て、およそ2時間後に消し止められましたが、消防によりますと、住民7人が避難する際に煙を吸うなどして軽いけがをしたということです。


オレオレ詐欺容疑で男逮捕 指示役として数億円詐取か

息子を装ったオレオレ詐欺の手口で高齢の女性から現金100万円をだまし取ったとして、32歳の男が逮捕され、警視庁は、詐欺グループの指示役として、同様の手口で1年近くの間に数億円をだまし取っていたとみて調べています。男は容疑を否認しているということです。


C型肝炎の偽治療薬問題 規制など見直し検討へ

塩崎厚生労働大臣は衆議院予算委員会で、C型肝炎の治療薬の偽造品が見つかった問題について、医薬品に対する国民の信頼を覆すもので、厳正に対処する必要があるとして、規制や罰則の在り方を見直すことも含め、対応を検討する考えを示しました。


淡路島5人殺害 被告の男が無罪主張 責任能力が争点に

おととし、兵庫県淡路島の洲本市で、住民5人をナイフで刺して殺害したとして、殺人などの罪に問われている被告の裁判員裁判が神戸地方裁判所で始まり、被告は「起訴内容について争います」などと述べ、無罪を主張しました。裁判では、被告の責任能力の有無が最大の争点になります。


五輪招致疑惑 JOC会長を任意聴取 仏からの要請で

東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐり贈収賄が疑われている問題で、東京地検特捜部がフランスからの要請に基づいて、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長ら招致委員会の関係者から任意で事情を聴いたことが、関係者への取材でわかりました。竹田会長らは違法性の認識を改めて否定したものと見られます。


JR宇都宮線 運転再開

JR宇都宮線は信号機の故障の影響で栃木県内の矢板駅と那須塩原駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前7時45分に運転を再開しました。


区内の保育園で働けば返済不要の奨学金 東京 荒川区

保育士不足で自治体間の獲得競争が激しさを増す中、東京・荒川区は、保育士を目指す学生を対象に、卒業後に5年以上区内の保育園で働けば返済を全額免除する奨学金制度を設ける方針を決めました。


死亡ひき逃げ事件 60歳の運転手逮捕 東京 調布

7日、東京・調布市の交差点で41歳の女性がひき逃げされて死亡した事件で、警視庁はミキサー車の60歳の運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。


JR宇都宮線 一部区間で運転見合わせ

JR宇都宮線は信号機の故障の影響で栃木県内の矢板駅と那須塩原駅の間の上下線で午前7時すぎから運転を見合わせています。


女性の正会員問題 結論までに時間も

東京オリンピックのゴルフの競技会場になっている埼玉県川越市の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」が、女性を正会員として認めていないことに対して、IOC=国際オリンピック委員会が改善を求めていることについて、倶楽部の理事会の中には会員それぞれの意見を聞くべきだという意見もあり、結論が出るまでにはなお時間がかかる見通しです。


退位有識者会議 一時休止 議論収れん待つ判断か

天皇陛下が退位の意向がにじむお気持ちを表されてから半年となる中、政府の有識者会議が一時的に休止されることになりました。退位を天皇陛下一代に限るか、恒久的な制度を設けるかで意見が割れていることを踏まえ、政府側には、今の国会の会期中に法整備を行うには与野党の議論が収れんするのを待つのが得策だという判断があるものと見られます。


政府 発電方法開示を入札参加条件に

政府は全国の官公庁などの施設で電力の契約先を選ぶ際、小売り事業者が発電方法などを開示することを入札の参加条件とする新たな基本方針を決めました。政府が率先して再生可能エネルギーなどを使うことで地球温暖化対策につなげる考えです。


新設のサイバー研修機関にNSA元長官招致へ

巧妙化しているサイバー攻撃に対応するため、独立行政法人の情報処理推進機構は、新設する企業向けの研修機関のアドバイザーとして、アメリカのNSA=国家安全保障局の元トップを招く方針で、第一線のノウハウを人材育成に生かしたい考えです。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る