NHKニュース|科学・医療 2017年4月25日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

マラリアのワクチン推奨を判断 WHOが大規模接種へ

世界で毎年、数十万人が命を落としている感染症、マラリアへの対策として、WHO=世界保健機関はイギリスの製薬会社が開発したワクチンを各国に推奨するかどうか判断するため、来年からアフリカで大規模な接種を実施してデータを集めることになりました。


2025年の万博を大阪で 立候補を届け出

政府は2025年の万博への大阪の立候補をBIE=博覧会国際事務局に届け出ました。今後、フランスなどとの間で誘致をめぐる駆け引きが活発になりそうです。


大飯原発訴訟 規制委元委員「想定の揺れ 過小評価」

福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機の再稼働を認めないよう住民が求めている裁判の2審で、原子力規制委員会の元委員が証人として呼ばれ、「想定される最大規模の地震の揺れが過小評価されている」と指摘しました。


太平洋クロマグロ NGO「日本の規制は不十分」

資源の枯渇が懸念される太平洋クロマグロについて、国際的な環境NGOが都内で記者会見し、日本の漁獲規制には長期的な目標がなく、違反も相次いでいるとして、より厳しい内容に改めるべきだと訴えました。


高畑充希さんなどの画像 盗み見か 男を書類送検

女優の高畑充希さんや、人気アイドルグループのAKB48のメンバーなどが個人で利用していた、画像などのデータを保存するインターネットのサーバーに不正にアクセスしたとして、福岡市の26歳の男が書類送検されました。警察は、男が保存されていた画像などを盗み見ていたと見ています。


藤井四段と対局の加藤九段「若いながらも作戦巧者」

史上最年少で将棋のプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段が、23日夜、インターネットで配信された非公式戦の対局で、羽生善治三冠を破ったことについて、藤井四段のデビュー戦で対局して敗れた加藤一二三九段が、NHKのインタビューで、「若いながらも相手の得意・不得意が見えていて、『作戦巧者』だ」と驚きを語りました。


俳句を世界無形文化遺産に ゆかりの地が協議会設立

世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産として、新たに「俳句」の登録を目指そうと、松尾芭蕉のふるさととして知られる三重県伊賀市をはじめ、俳句にゆかりのある自治体などが協議会を設け、今後、署名活動などに取り組んでいくことになりました。


玄海原発3・4号機 佐賀県知事が再稼働同意を表明

佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機について、佐賀県の山口知事は24日午後、再稼働に同意すると表明しました。新しい規制基準の下で、再稼働に立地自治体と県が同意するのは、全国で4か所目です。


玄海原発3・4号機 佐賀県知事が再稼働同意表明へ

佐賀県にある玄海原子力発電所の3号機と4号機について、佐賀県の山口知事は、24日午後、記者会見を開き、再稼働に同意することを明らかにする方針です。新しい規制基準のもとで、原発の再稼働に立地自治体と県が同意するのは全国で4か所目になります。


元落語協会会長の三遊亭圓歌さん 死去

古典から新作落語まで歯切れのよい語り口で知られ、落語協会の会長も務めた三遊亭圓歌さんが、23日、東京都内の自宅で体調を崩し、搬送先の病院で腸閉塞のため亡くなりました。85歳でした。


将棋 中学生の藤井四段が羽生三冠を破る

去年、史上最年少で将棋のプロ棋士となり、デビュー戦からの連勝記録を更新している愛知県の中学3年生、藤井聡太四段が、23日夜、インターネットテレビで配信された対局で、非公式戦ながら、トップ棋士の羽生善治三冠を破りました。


ポール・マッカートニーさん来日

世界的なミュージシャンのポール・マッカートニーさんが、ザ・ビートルズの来日公演の舞台となった日本武道館などでコンサートを行うため、23日夜、2年ぶりに来日し、空港で大勢のファンの出迎えを受けました。


地球環境を考える アースデイ東京2017

地球環境について考える国内最大級の環境イベント、「アースデイ東京2017」が東京の代々木公園で開かれました。


日光東照宮で栗石返し 境内の石からゴミ取り除く

世界遺産に登録されている栃木県日光市の日光東照宮や輪王寺で、境内に敷き詰められた石をひっくり返しながらゴミを取り除く、栗石返しが行われました。


絵本作家 エリック・カールさんの作品展

「はらぺこあおむし」をはじめ、色彩豊かな絵本作家として知られるエリック・カールさんの原画などを紹介する展示会が、東京・世田谷区で開かれています。


将棋の駒にふんして対局「人間将棋」 山形 天童

将棋の駒の生産量が日本一の山形県天童市で、武者姿の人たちが将棋の駒にふんして対局する「人間将棋」が始まりました。


月面と深海 どちらの探査が困難? レースの代表が答える

ことしから来年にかけて相次いで計画されている、月面探査と深海探査の2つの国際レースに挑戦する、それぞれの日本のチームのメンバーが、千葉市の科学館で開かれたイベントにそろって参加し、月面と深海の探査がどのくらい難しいか、多くの人たちの疑問に答えました。


夏目漱石生誕150年 直筆の手紙を展示 神奈川 鎌倉

夏目漱石の直筆の手紙などを集めた展示会が、神奈川県鎌倉市で開かれています。


玄海原発 佐賀県知事が来週にも再稼働同意表明へ

佐賀県の玄海原子力発電所で再稼働に向けた地元の手続きが進む中、世耕経済産業大臣は22日、佐賀県の山口知事と会談し、安全対策などに国が責任を持つことを伝えました。山口知事は、国の責任を明確にすることなどを条件に、再稼働を容認する考えを示しており、早ければ来週にも地元として最終的な同意を表明する見通しです。


10歳未満の男児が脳死判定で臓器提供へ 埼玉の病院

埼玉県内の病院で治療を受けていた10歳未満の男の子が、21日夜、脳死と判定され、臓器の提供に向けた準備が進められています。


デンマークと国交150年でアンデルセン展 川崎

日本とデンマークが国交を樹立してからことしで150年となるのに合わせて、デンマークの童話作家、アンデルセンの企画展が川崎市で始まりました。


福島第一原発3号機 素粒子で内部透視する調査へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故でメルトダウンが起きた3基のうち、これまでほとんど内部調査が行われていない3号機で、来月、宇宙から降り注ぐ素粒子を使って原子炉の内部を透視する調査が行われることになりました。


弥生時代の土器片に別の楼閣と見られる絵 奈良

弥生時代の集落跡で、楼閣などの絵の土器が見つかったことで知られる、奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡で、新たに別の楼閣と見られる絵がかかれた土器の破片が見つかりました。


月面探査レース HAKUTOの探査車がデモ走行

世界で初めての民間による月面探査レースに挑戦している日本のチーム「HAKUTO」は、打ち上げまであと8か月に迫る中、同じロケットで月に向かうインドのチームとともに、21日、東京で報道関係者を前に探査車のデモ走行を行いました。


MR技術で歯科手術 ソフトバンクなどが開発

現実の風景にコンピューターが作り出した仮想世界を重ねるMR=複合現実と呼ばれる技術を使って歯科手術を支援するシステムを大手通信会社などが開発しました。


「世界で影響力のある100人」に小池都知事

アメリカの週刊誌タイムは、ことしの「世界で最も影響力のある100人」を発表し日本からは東京都の小池知事を選びました。


日本人設計の大規模音楽施設 パリ郊外に完成

世界的に活躍する日本人建築家、坂茂さんが設計した大規模な音楽複合施設が、22日にフランスのパリ郊外にオープンするのを前にメディアに公開され、新たな文化の拠点になることが期待されています。


連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表 松坂桃李さんら

ことし10月から放送が始まるNHKの連続テレビ小説、「わろてんか」でヒロインの家族などを演じる主な出演者が20日発表され、夫役の松坂桃李さんや母親役の鈴木保奈美さんらが抱負を語りました。


アリアンスペース 再利用型の次世代ロケットの開発検討

人工衛星の打ち上げビジネスで国際的な競争が激しくなる中、世界最大手の「アリアンスペース」が20日、都内で記者会見し、コストを抑えるために2回以上打ち上げられる再利用型の次世代ロケットの開発を検討していることを明らかにしました。


フェイスブック 考えるだけで文字入力 新技術開発へ

アメリカのIT企業のフェイスブックは、人間の脳の活動を読み取って、頭の中で考えている文章を文字として入力する技術の開発を進めていることを明らかにし、実現すれば、指を使うより5倍速く入力できるようになるとしています。


富士スバルライン 全線開通

冬から春にかけて一部が通行止めになる山梨県の「富士スバルライン」が20日から全線で通行できるようになり、富士山の5合目ではバスなどで訪れた多くの観光客でにぎわっています。


人工衛星の安定運用へ 政府が連絡会議設け対応策検討

政府は、気象観測などに活用している人工衛星の安定的な運用を確保するため、関係府省庁による連絡会議を発足させ、宇宙ごみとの衝突など、衛星を取り巻く脅威や危険への対応策を検討していくことを確認しました。


前衛芸術家 赤瀬川さんの最後の未完作品など展示

3年前に亡くなった前衛芸術家の赤瀬川原平さんが最後に取り組んでいた未完の油絵など現代作家の作品を集めた展示会が東京・銀座で開かれています。


環境白書の概要「持続可能な開発目標」を政策の核に

環境省がことしの「環境白書」の概要をまとめ、環境政策と経済成長を同時に進める「持続可能な開発目標」の考え方を核に位置づけて、食品ロスの削減などに重点的に取り組むとしています。


茨城の原子力関連施設 異常の報告なし

茨城県防災・危機管理課によりますと、20日午前5時現在、震度1の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所を含め、茨城県内の原子力関連施設から異常があったという報告はないということです。また、茨城県内の各地に設置された放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


原爆で倒壊した広島城の木の板か 広島市の住宅で保管

原爆で倒壊し、木材のほぼすべてが失われた、広島城のものと見られる装飾用の木の板が、広島市内の住宅に残されていたことがわかり、城の本来の姿を伝える貴重な資料として注目されています。


東海第二原発など茨城の原子力関連施設 異常の報告なし

茨城県防災・危機管理課によりますと、地震で震度2の揺れを観測した、茨城県東海村にある東海第二原子力発電所を含め、茨城県内の原子力関連施設から異常があったという報告はないということです。また、茨城県内の各地に設置された放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


「eスポーツ」2022年アジア大会で正式競技に

OCA=アジアオリンピック評議会は、コンピューターゲームなどの「eスポーツ」を、2022年のアジア大会の正式競技に採用することを決めました。


原子力規制委 4原発5基の廃炉計画を了承

原子力発電所の運転期間を原則40年に制限する制度の下、廃炉にすることが決まった全国4つの原発の合わせて5基について、原子力規制委員会は、最大30年近くかけて原子炉や建屋を解体するなどとした電力各社の計画を了承し、今後、廃炉作業が進められることになりました。


天皇皇后両陛下出席 「日本国際賞」の授賞式

科学技術の分野で優れた業績を挙げた研究者に贈られる「日本国際賞」の授賞式が、天皇皇后両陛下も出席されて東京で開かれました。


ウラン濃縮工場 新規制基準の審査に事実上合格

青森県にある核燃料の製造に必要なウラン濃縮工場について、原子力規制委員会は、事業者が示した地震や火災による事故への対策などが妥当だとして、新しい規制基準の審査に事実上合格したことを意味する審査書の案を取りまとめました。


柏崎刈羽原発で誤った説明 東京電力社長が知事に謝罪

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の緊急時の対応拠点をめぐり、東京電力が原子力規制委員会の審査で誤った説明をしていた問題で、東京電力の廣瀬直己社長らが新潟県庁を訪れ、米山知事に対して経緯を説明したうえで説明が不足していた点を謝罪しました。


エジプト 王以外の墓から大量の副葬品

エジプト南部のルクソールで、およそ3500年前の裁判官のものと見られる墓が発掘され、中から8体のミイラとともに、王以外の墓としては珍しい大量の副葬品が見つかり、考古学者たちの関心を集めています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る