NHKニュース|科学・医療 2017年5月21日 (日曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

将棋 タイトル戦に「叡王戦」 八大タイトルに

将棋のトップ棋士が参加して、竜王や名人などの座を争うタイトル戦に、「叡王戦」が加わることになりました。新たなタイトル戦の発足は34年ぶりで、将棋界は今の七大タイトルから、八大タイトルの時代を迎えます。


ニホンライチョウの産卵確認 富山市の動物園

国の特別天然記念物で絶滅のおそれがある、二ホンライチョウの人工繁殖に取り組んでいる富山市の動物園で、20日に産卵が確認されました。環境省が今年度から始めた人工繁殖の事業で、産卵が確認されたのは初めてです。


建築界のノーベル賞 プリツカー賞授賞式 両陛下も出席

建築界で最も権威があるとされ、建築界のノーベル賞とも呼ばれるプリツカー賞の授賞式が、天皇皇后両陛下も出席されて、東京の迎賓館で行われ、スペインの建築家グループに賞が手渡されました。


電王戦 佐藤名人が人工知能に敗れ人間大きく負け越し

現役のタイトル保持者と人工知能が初めて対戦した将棋の電王戦二番勝負は、20日に行われた第2局で、佐藤天彦名人が、人工知能のPONANZAに再び敗れました。電王戦は、この対局で終了し、人間の棋士は通算で5勝14敗1引き分けと、大きく負け越しました。


「もんじゅ」の廃炉体制 文科相が福井県に説明

松野文部科学大臣は、福井県の西川知事らと会談し、高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を進める体制などを説明し、政府が一体となって進めるとして、改めて理解を求めました。西川知事は、体制についてはおおむね理解を示した一方、地域振興などを協議する場を設けるよう求めました。


避難先で伝統楽器「ウード」作り続けるシリア人

中東で広く演奏されている伝統楽器「ウード」は、世界最古の弦楽器とも言われています。この「ウード」を古くから作り続けているのがシリアです。内戦が続く中、隣国レバノンに避難しながらウードを作り続ける職人がいます。


国の特別天然記念物・コウノトリ 誤射で死ぬ 島根 雲南

19日、島根県雲南市で、野外に巣を作ってヒナを育てていた国の特別天然記念物のコウノトリ1羽が、野鳥の駆除をしていた猟友会のメンバーに誤って撃たれ死にました。


がん治療前に卵子の凍結保存 初の実態調査

がんの治療前に卵子の凍結保存をしておけば、将来、子どもを作れる可能性のある未婚のがん患者の女性は、年間推計5000人余りに上るのに対し、実際に凍結保存しているケースは年に250件ほどにとどまっているとする初の報告書を国の研究班がまとめました。専門家は「地元に対応できる医療機関がないといった地域格差などによって、がん患者の女性が子どもを持てる機会を失っている可能性があり、早急な対策が必要だ」と指摘しています。


重要文化財に和歌山県の旧県会議事堂など10件

国の重要文化財に、明治時代に建てられた旧和歌山県会議事堂など、合わせて10件が新たに指定されることになりました。


大宅壮一文庫 運営安定化のためクラウドファンディング

日本で最初の雑誌の図書館として知られる、東京・世田谷区の大宅壮一文庫が運営を安定化させるため、インターネットを通じて寄付を呼びかけるクラウドファンディングを始めました。


宮崎駿監督が引退撤回 長編アニメ映画の製作始める

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」などの作品で知られ、4年前に長編映画の製作からの引退を表明していた宮崎駿監督が、引退を撤回して長編アニメーション映画を作り始めたことを、スタジオジブリが明らかにしました。


バスキアの絵画を120億円余で落札 日本人実業家

1980年代に活躍したアメリカの現代画家、バスキアの作品が競売にかけられ、日本人の実業家がアメリカの芸術家の作品としては史上最高額の120億円余りで落札しました。


沖ノ島の世界遺産登録めぐり 地元の要望踏まえ連携

菅官房長官は、福岡県の小川知事と会談し、世界遺産登録を目指す「宗像・沖ノ島と関連遺産群」をめぐり、ユネスコの諮問機関が一部の構成資産の除外を勧告したことを受け、多くの資産の登録を求める地元と連携して取り組んでいく考えを示しました。


熊本城 天守閣の復旧工事を公開

一連の熊本地震で大きな被害を受け、本格的な復旧工事が始まっている熊本城で、天守閣の最上階など一部を解体する工事の様子が19日報道陣に公開されました。


北朝鮮制裁決議に関わる部門にハッキング 国連が調査

国連の安全保障理事会で、北朝鮮への制裁決議に関わる部門のコンピューターが何者かにハッキングされ、国連が調査に乗り出したことが関係者の話でわかりました。


グーグル AR=拡張現実の最新技術を公開

アメリカのIT企業グーグルは、開発者向けのイベントで、スマートフォンのAR=拡張現実の機能を使って、ネット通販の商品を店頭で買い物するように品定めできる、最新の技術を公開しました。


パリ協定作業部会 交渉加速を確認し閉幕

地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の実施に向けたルール作りを話し合う作業部会は来年12月までにルールが採択できるよう、交渉を加速していくことを確認し、18日閉幕しました。


「笑い」は本当にがん治療に効果あるのか? 検証研究スタート

「笑い」には免疫力を高めるなどの効果があるとされますが、がんで治療中の患者に漫才や落語などを見せて、よい影響があるかを科学的に検証する研究が大阪で始まり、落語家の桂文枝さんらが患者らを前に演目を披露しました。


上野動物園 パンダ 妊娠の兆候示す

東京の上野動物園は、メスのジャイアントパンダ、シンシンが、食欲が落ちるなど妊娠の兆候を示していると発表しました。一方で、妊娠と同じような現象が現れる偽妊娠の可能性もあることから、動物園は注意深く観察を続けることにしています。


大学発の食品紹介するイベントにぎわう

全国各地の大学で「食」に関する研究などから生まれた食品を紹介する催しが18日から東京・渋谷区で始まり、初日から大勢の人でにぎわいました。


歌舞伎俳優 中村獅童さん 初期の肺腺がんを公表

テレビドラマや映画などでも活躍する歌舞伎俳優の中村獅童さんが、初期の肺腺がんであることを公表し、治療に専念するため、来月から出演する予定だった博多座と歌舞伎座での公演を休むことになりました。


中3棋士・藤井四段 公式戦連勝記録「18」に 歴代7位タイ

史上最年少で将棋のプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段が18日に大阪で行われた対局に勝ち、デビュー戦からの公式戦での連勝記録を「18」に更新しました。


博物館の7割近く 収蔵品の修復「把握せず・予定立たず」

18日は、博物館の国際的な組織が定めた「国際博物館の日」です。博物館が抱えている保存や収集をめぐる課題についてNHKが全国の200を超える施設を対象にアンケート調査を行ったところ、回答を寄せた施設の3分の2が、収蔵品の修復や劣化防止について「必要な数が把握できていない」や「作業の予定が立っていないものがある」と答え、予算や人手が足りず役割を十分に果たせていない実態が浮き彫りになりました。


高浜原発4号機 「臨界」の状態に

17日に再稼働した福井県にある高浜原子力発電所4号機は、18日午前6時に核分裂反応が連続する「臨界」の状態になりました。


カンヌ映画祭開幕 河瀬監督「光」ノミネート

世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭がフランスで開幕しました。ことしは、河瀬直美監督の作品が最優秀賞を競う部門にノミネートされていて、日本の映画として20年ぶりの受賞となるか注目されます。


鳥インフルエンザほぼ終息 警戒レベルを通常に

死んだ野鳥などから鳥インフルエンザウイルスが検出されたケースが今シーズンは200件余りと過去最多となりましたが、環境省は流行がほぼ終息したとして警戒レベルを通常に引き下げました。ただ、詳しい感染経路はわかっておらず、今後、分析を進めることにしています。


MX番組「ニュース女子」 BPOが審理入り

東京の放送局、東京メトロポリタンテレビジョン=TOKYOMXが、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の建設に反対する人たちを取り上げた番組について、BPO=放送倫理・番組向上機構の放送人権委員会は、人権侵害などがなかったか審理を行うことを決めました。


福井 高浜原発4号機が再稼働

福井県にある高浜原子力発電所4号機は、17日午後5時に原子炉を起動する操作が行われ、再稼働しました。これで国内の稼働中の原発は、鹿児島県の川内原発と愛媛県の伊方原発と合わせて4基になりました。


福島県内の除染土 再生利用の課題探る実証実験

福島県内の除染で出た土を公共工事の建設資材として再生利用する際の課題を探るため、環境省が福島県南相馬市で行っている実証実験の現場が、17日、報道陣に公開されました。


渋谷に「AKIRA」の壁画 第1弾お目見え

今から2年後の2019年の東京を舞台にした、漫画家の大友克洋さんの代表作「AKIRA」のキャラクターを描いた、長さ60メートルにわたる壁画が、東京・渋谷に作られることになり、17日、その第1弾となるイラストがお目見えしました。


帰還困難区域での山火事 林野庁が放射性物質の調査

原発事故の影響で帰還困難区域に指定されている福島県内の山林で起きた大規模な山火事を受けて、林野庁は、放射性物質が周辺に広がるおそれがないかなどを確認する現地調査を始めました。


高浜原発4号機 きょう午後再稼働へ

福井県にある高浜原子力発電所4号機について、関西電力は、17日午前から行われている検査で問題がなければ、午後5時ごろに原子炉を起動し、再稼働させることにしています。


音楽教室に著作権使用料の支払い義務なしと提訴へ

JASRAC=日本音楽著作権協会が来年以降、音楽教室から著作権の使用料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手のヤマハ音楽振興会は、支払い義務がないことの確認を求める訴えを起こす方針を決めました。今後、教室を運営する、ほかの事業者にも原告に加わるよう呼びかけることにしています。


複数ワクチン混ぜる誤った方法で乳幼児に予防接種

東京・品川区のクリニックが、水ぼうそうや風しんなど、複数のワクチンを混ぜる誤った方法で、少なくとも350人の乳幼児に予防接種を行っていた可能性があることがわかりました。今のところ健康被害の報告はないということで、保健所は希望者には再接種を行うとしています。


俳優の日下武史さん死去 劇団四季の創立からのメンバー

劇団四季の創立からのメンバーで、半世紀余りにわたって中心的な役割を果たしてきた俳優の日下武史さんが15日、滞在先のスペインで誤えん性肺炎のため、亡くなりました。86歳でした。


関西電力 高浜原発4号機 17日午後5時再稼働へ

再稼働に向けた準備が最終段階に入っている福井県にある高浜原子力発電所4号機について、関西電力は、17日午後5時に原子炉を起動し再稼働させると発表しました。


大規模サイバー攻撃 北朝鮮ハッカー集団使用のソフトと類似

アメリカやロシアの情報セキュリティー会社によりますと、今回のサイバー攻撃に使われた、「ランサムウエア」と呼ばれる「身代金要求型」の有害なソフトウエアを構成するソースコードと、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が、かつて使用したと見られている有害なソフトウエアのソースコードに類似点があるということです。ただ、現時点で確実なことは言えず、関連があるのかさらなる調査が必要だとしています。


林野庁 福島 浪江町の大規模山火事の影響を調査へ

原発事故の影響で、帰還困難区域となっている福島県浪江町で起きた大規模な山火事で、林野庁は17日から現地に専門家らを派遣して、放射性物質が広がるおそれがないかなど、状況を調べることにしています。


てんとう虫のはね 折り畳みの様子を解明

てんとう虫が飛ぶときに使う「後ろばね」と呼ばれる薄いはねが固いはねの下で折り畳まれる様子を解明することに、東京大学の研究者らが初めて成功し、研究グループは、開閉や伸縮が必要な工業製品などへの応用につながる成果だとしています。


政府が知的財産推進計画案 国会図書館HPから一括検索

政府は、国内の美術館や博物館、それに、研究機関などが保存する書籍や文化財、研究論文などの情報を電子化し、国立国会図書館のホームページから一括して検索できるようにすることなどを盛り込んだ知的財産推進計画の案を取りまとめました。


サイバー被害の日立 受注・発注システムにも障害

サイバー攻撃によって電子メールの管理などを行う社内のシステムに被害を受けた大手電機メーカーの日立製作所は、家電製品の受注や発注をするためのシステムにも障害が見つかり、被害が拡大していることがわかりました。


東大の産学連携の研究拠点 千葉 柏に移転

新しい交通システムなど産学連携の研究拠点となる東京大学の実験施設が千葉県柏市に移転し、新しい施設が関係者に公開されました。


幻の大型軍用機「富嶽」の「掃射機」設計図見つかる

戦時中に計画されたものの、製造されなかった大型軍用機「富嶽」について、機銃などを搭載する「掃射機」の設計図が群馬県太田市で見つかりました。専門家は、当時悪化し始めていた戦局を打開するため、大型機の開発計画が具体的に進められていたことを示す貴重な資料だとしています。


小惑星の地球衝突 対策や課題話し合う国際会議始まる

小惑星などの地球への衝突にどう備えるか、世界各国の宇宙機関や研究者らが集まり、対策や課題を話し合う国際会議が、15日から東京で始まりました。


京都で「葵祭」 新緑の都大路に平安装束の行列

京都三大祭のひとつ、「葵祭」が15日行われ、平安装束に身を包んだ行列が新緑の都大路を練り歩きました。


蜷川幸雄さん一周忌 記念プレート除幕式 さいたま

演出家の蜷川幸雄さんが亡くなって1年がすぎ、蜷川さんが芸術監督を務めたさいたま市の劇場に記念のプレートなどが設置され、15日、除幕式が行われました。


日立製作所 サイバー攻撃で社内システム一部に障害

世界各地で大規模なサイバー攻撃の被害が広がるなか、大手電機メーカーの日立製作所は、社内のシステムがサイバー攻撃を受けて、電子メールが一部、送受信できなくなるなどの障害が出ていることを明らかにしました。


サイバー攻撃 150か国で20万件以上の被害か

世界規模で広がったサイバー攻撃について、ヨーロッパ刑事警察機構のウェインライト長官は14日、被害は少なくとも150か国で20万件に上ると明らかにしたうえで、多くの企業が仕事に戻る週明けに被害が拡大するおそれがあるとして警戒を呼びかけました。


宇宙産業の市場規模を倍増へ 有識者委が報告書

宇宙産業の振興策を検討してきた政府の有識者委員会は、人工衛星から得られたデータの無償提供などを通じ、宇宙産業への民間企業の新規参入を促し、2030年代の早い時期に市場規模を倍増させる目標などを盛り込んだ報告書を取りまとめました。


イエメンでコレラ流行 115人が死亡

ICRC=赤十字国際委員会は、内戦が続く中東のイエメンでコレラが流行し、これまでに115人が死亡したとして、今後対策を強化する方針を示しました。


マイクロソフト サイバー攻撃受けサポート終了のソフトも対応

アメリカのIT企業マイクロソフトは、世界各地で相次いでいる大規模なサイバー攻撃で、マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」が標的とされていることから、サポート期間が終わっていても欠陥を修正するソフトを提供する異例の措置を取っています。


漫画などの拠点整備 自民特命委が法案提出目指す

自民党の特命委員会は、漫画やアニメなどの情報を発信する拠点施設の整備を実現するため、政府に構想を推進するための措置を講ずるよう義務づける法案を国会に提出することを目指すことになりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る