NHKニュース|経済 2017年6月10日 (土曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

東芝 原発保証で米電力会社1社と合意

経営再建中の東芝は、アメリカの原子力子会社だった「ウェスチングハウス」が経営破綻し、アメリカの原発の建設を契約どおりに進められなくなった保証として、工事を発注している電力会社2社のうち1社に対し、見込みどおりの額である日本円にして4100億円を支払うことで合意したと発表しました。


NYダウ 最高値を更新 投資家の警戒感和らぐ

9日のニューヨーク株式市場は、FBI=連邦捜査局のコミー前長官の議会証言とイギリスの総選挙が大きな混乱もなく終わり、投資家の警戒感がいくぶん和らいだことから買い注文が出て、ダウ平均株価は最高値を更新しました。


カザフスタンでアスタナ万博開会式 中ロ首脳も参加

中央アジアのカザフスタンの首都アスタナで「未来のエネルギー」をテーマにした万博・国際博覧会の開会式が、中国やロシアの首脳も参加して行われました。


東芝 半導体事業の売却交渉 大詰めに

東芝が経営再建に向けて進める半導体事業の売却交渉は、東芝と対立してきたアメリカのウエスタンデジタルが歩み寄りの姿勢を示しました。一方、東芝はアメリカの半導体メーカー「ブロードコム」とも本格的な交渉に入り、売却先の選定に向けて大詰めを迎えています。


大手企業の面接解禁時点で大学生の内定61%

大手企業の採用面接が解禁された今月1日の時点で、すでに内定を得た大学生の割合は61%に上り、去年より10ポイント近く上昇して、企業の採用活動が一段と前倒しされているという調査結果がまとまりました。


全日空と日航 「燃油サーチャージ」値下げへ

「全日空」と「日本航空」は、このところ燃料の価格が下がっていることから国際線の運賃に上乗せする特別運賃「燃油サーチャージ」をことし8月と9月に発券する分を値下げすることになりました。


フェイスブック コックス氏「VRは未来の一つの形」

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブック社の最高製品責任者をつとめるクリス・コックス氏が来日してNHKのインタビューに応じ、VR(仮想現実)の技術について、「私たちが体験をどのように共有し、互いにつながるかの未来の一つの形だと思う」と述べ、今後も力を入れていく考えを示しました。


大手企業の夏のボーナス 5年ぶりに前年下回る

大手企業のことしの夏のボーナスは、製造業などで業績が落ち込んだ企業が多かったことから平均で91万円余りと去年より4.5%減って、5年ぶりに前の年を下回りました。


ニトリ 台所用家具1万台余を無償で修理へ

家具や日用品を販売するニトリは、去年2月から5月までに販売した台所用家具の一部で、扉のガラスが外れるおそれがあるとして、1万台余りを無償で修理すると発表しました。


「骨太の方針」決定 人材への投資で生産性向上を改革の中心に

政府は9日の臨時閣議で、ことしの「骨太の方針」を決定しました。「人材への投資による生産性向上」を改革の中心に据え、幼児教育の無償化や待機児童の解消などを目指して、財政面での効率化や増税、新たな社会保険方式の活用を含め、安定財源の確保に向けた検討を進め、年内に結論を得ると明記しています。


除染費用水増し請求 安藤ハザマが書類改ざん指示認める

建設会社の安藤ハザマは、福島県内で行われた除染事業の費用を自治体に水増しして請求した疑いが指摘されている問題で、下請け会社に対し、書類の改ざんを指示していたことを認め、陳謝しました。ただ、書類の改ざんを指示したのは、最終的な工事の代金が決まったあとだったということで、実際に不正な受給があったかどうか、調査するとしています。


円相場値下がり 英総選挙の影響は限定的の見方

9日の東京外国為替市場は、イギリスの総選挙による世界経済への影響は限定的だという見方から、比較的、安全な通貨として買われていた円を売って、ドルを買い戻す動きが出て円相場は値下がりしました。


商工中金 不正融資問題で業務改善計画を国に提出

政府系金融機関の商工中金は、中小企業を支援する国の制度で不正な融資を繰り返していた問題で、ことし9月末までにこの制度に基づくすべての融資について調査する方針や再発防止策などをまとめた業務改善計画を国に提出しました。


英総選挙 与党・保守党過半数割れで通貨ポンドが下落

9日のロンドン外国為替市場は、イギリスの総選挙で、与党・保守党が過半数の議席を確保できなかったことを受け、通貨ポンドが主要通貨に対して売られ、大きく値下がりしています。


セブンーイレブン 沖縄に出店へ 物流拠点生かしアジアに出店も

コンビニ大手3社で唯一、沖縄県に進出していなかった「セブンーイレブン・ジャパン」は、2年後をめどに、出店を始めると発表し、将来的には、沖縄に整備した物流拠点などを生かしてアジアへの出店も検討することになりました。


東京株式市場 英与党過半割れも株価上昇 終値で2万円台回復

9日の東京株式市場は、イギリスの総選挙で与党・保守党が過半数を維持できないことが決まったが世界経済への影響は限定的という見方から業績が期待できる銘柄を中心に買い注文が広がり、日経平均株価は、終値として4営業日ぶりに2万円台を回復しました。


円相場 英総選挙で与党過半数割れも値下がり

9日の東京外国為替市場は、イギリスの総選挙で与党・保守党が過半数を維持できないことが決まったものの、世界経済への影響は限定的との見方から、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが続き円相場は値下がりしています。


ドライバー不足などに対応 最新トラックの展示会

物流業界で、ドライバーの人手不足や長時間労働が問題となる中、最新のトラックの展示会が千葉市で開かれ、荷物をより効率的に運ぶために開発された車両が紹介されています。


中国の消費者物価指数上昇 個人消費やや改善の見方

中国の先月の消費者物価指数は前の年の同じ月と比べて1.5%のプラスと、上昇率が3か月連続で拡大し、物価の面からは、これまで弱さが続いていた個人消費がやや改善しているという見方が出ています。


株価値上がり 英総選挙で警戒感和らぐ

9日の東京株式市場は、イギリスの総選挙の最新の議席予測で与党・保守党が当初の予測と比べいくぶん議席を増やすという見通しが示されたことで、警戒感が和らいで買い注文が広がり、株価は値上がりしています。


東京外国為替市場 英 保守党上積み予測で円値下がり

9日の東京外国為替市場は、イギリスの総選挙で与党・保守党が出口調査に基づく当初の予測よりも議席をいくぶん増やすのではないかという見方から、比較的、安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが出て、円相場は値下がりしています。


ソフトバンク グーグル親会社からロボット開発2社買収へ

ヒト型ロボット「ペッパー」の製造販売を手がける通信大手のソフトバンクグループは、アメリカのIT企業、グーグルの親会社から、ロボット開発のベンチャー企業2社を買収することで合意しました。


生乳流通 販売先の多様化を後押し 改正法が成立

牛乳や乳製品の原料となる生乳の取り引きを一部の団体がほぼ独占している現状を見直して販売先の多様化を後押ししようという「畜産経営安定法」などの改正法が、9日の参議院本会議で可決、成立しました。


民泊のトラブル防止へ届け出義務化 新法成立

住宅の空き部屋を有料で貸し出す民泊について、都道府県への届け出を義務づけ年間の営業日数の上限を180日とすることなどを定めた新たな法律が、9日の参議院本会議で可決・成立しました。


セブンイレブン アレルギー表示なくサラダに小麦 回収と発表

コンビニ最大手の「セブンーイレブン・ジャパン」は、茨城県内の店舗で販売した一部のサラダに小麦が含まれていながら、アレルギー物質としての表示をしていなかったことが明らかになったとして、およそ2万5000個を回収すると発表しました。


日本とEUのEPA交渉 自民党が方針取りまとめへ

日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の交渉が、早期の大枠合意に向けて大詰めを迎える中、自民党の対策本部は、9日、初めての会合を開き、今月中にも、党としての方針をまとめることを確認しました。


米商務長官 大統領権限で関税引き上げなど検討

アメリカのロス商務長官は議会上院の委員会で、安い鉄鋼製品の輸入がアメリカの防衛産業など安全保障に及ぼす影響を考慮すべきだとして、大統領の権限で関税の引き上げなど輸入を是正する措置を検討する構えを示しました。


英通貨ポンドが大きく値下がり 総選挙の出口調査受け

イギリスの総選挙の出口調査で、与党、保守党が過半数の議席を維持できない見通しが伝わったことを受けて、外国為替市場では、イギリスの通貨ポンドが円やドルに対して大きく値下がりしています。


NY株式市場 一時 取り引き時間中の最高値更新

8日のニューヨーク株式市場は、FBI=連邦捜査局のコミー前長官の議会での証言でトランプ政権を揺るがす新たな事実は示されなかったという受け止めから警戒感が和らぎ、ダウ平均株価は一時、取引時間中の最高値を更新しました。


欧州中銀が金融政策維持 緩和縮小の一歩との受け止め広がる

ヨーロッパ中央銀行は単一通貨ユーロの金融政策を決める理事会を開き、政策の維持を決めた一方、物価の上昇傾向が続く中、政策金利のさらなる引き下げは必要ないとの認識を示し、市場では、ヨーロッパ中央銀行が金融緩和の縮小に向けた一歩を踏み出したという受け止めが広がっています。


東京電力と中部電力 火力発電事業統合で最終合意

東京電力と中部電力は、8日、両社の火力発電事業を完全に統合することで最終合意し、すでに実施しているLNG=液化天然ガスの共同調達に加えて、再来年度からは国内の火力発電所の運営なども統合していくことになりました。


ニュータウンで高齢化 自動運転車を活用する実証実験へ

国土交通省は、郊外の大規模団地「ニュータウン」で高齢化が急速に進み車を運転できない人が増えていることから、自動運転車を生活の足として活用する実証実験を行うことになりました。


円相場 値下がり FBI前長官証言への警戒感和らぐ

8日の東京外国為替市場は、アメリカのFBI=連邦捜査局のコミー前長官が議会証言を前に提出した書面の内容がトランプ政権に大きな打撃を与えるほどではなかったとして警戒感がいくぶん和らぎドルを買い戻す動きが出て、円相場は値下がりしました。


忘れ物の傘 自動販売機に備え付け無料で貸し出し 東京

梅雨の時期を迎え、忘れ物の傘を自動販売機の横に備え付けて無料で貸し出すサービスが、8日から東京都内などで始まりました。


ハーゲンダッツ 274万個自主回収 ゴム混入のおそれ

アイスクリームメーカーの「ハーゲンダッツ ジャパン」は先月下旬に全国で販売を始めたカップアイスに、生産設備に使用されているゴムが混入したおそれがあるとしておよそ274万個を自主回収すると発表しました。


自動運転 日産がレベル2のSUV ホンダは最新技術公開

世界的に自動運転の開発競争が激しくなる中、日産自動車は高速道路上でアクセルやハンドルを自動で制御する「レベル2」と呼ばれる機能を新たにSUV=多目的スポーツ車にも搭載しました。またホンダは、高速道路で車が自動で車線を変更したり前方の車を追い越したりする最新の自動運転の技術を初めて公開しました。今後、技術をさらに向上させ、2025年をめどに「レベル4」と呼ばれるほぼ完全な自動運転を実用化させたいとしています。


株価 終値は値下がり 英総選挙控え利益確保の動き

8日の東京株式市場は、イギリスの総選挙などを控え、午後に入っていったん利益を確保しようと売り注文が優勢となり、株価は値下がりしました。


景気実感の指数改善 基調判断も6か月ぶり上方修正

働く人たちに景気の実感を聞く、先月(5月)の景気ウォッチャー調査は、企業の受注が堅調だという声が相次いだことなどで、景気の現状を示す指数が2か月連続で改善し、内閣府は景気の基調判断を6か月ぶりに上方修正しました。


中国の対米貿易黒字がことし最大に 貿易不均衡是正が焦点

中国の5月の貿易統計は、アメリカに対する貿易黒字がことし最も大きくなったことなどから輸出が3か月連続で前の年の同じ月を上回りました。中国とアメリカは来月までに貿易不均衡の是正に向けた道筋を示すことで合意しており、アメリカのトランプ政権が反発を強める中、どのような具体策が示されるかが今後の焦点です。


多国籍企業の行き過ぎた節税に歯止め 条約の署名式

多国籍企業の行き過ぎた節税に歯止めをかけるため、OECD=経済協力開発機構が作った国際的な課税ルールを速やかに適用できるようにする条約の署名式が、日本時間の8日未明、フランスのパリで開かれ、日本を含む67の国と地域が署名しました。


株価 小幅な値動き 英総選挙の行方見極め

8日の東京株式市場は、イギリスの総選挙の行方を見極めたいとして、積極的な取り引きが控えられ、株価は小幅な値動きとなっています。


円相場値下がり FBI前長官の書面への警戒感和らぐ

8日の東京外国為替市場は、アメリカのFBI=連邦捜査局のコミー前長官が議会証言を前に提出した書面の内容が、トランプ政権に大きな打撃を与えるほどの内容ではなかったとして、警戒感がいくぶん和らいでドルを買い戻す動きにつながり、円相場は値下がりしています。


4月の経常収支 34か月連続黒字

日本が海外との貿易などでどれだけ稼いだかを示す、ことし4月の「経常収支」は、外国人旅行者が1か月の人数としては過去最高を記録したことなどから、1兆9519億円の黒字となり、34か月連続の黒字となりました。


1月〜3月GDP改定値 プラス1.0%

ことし1月から3月までのGDP=国内総生産の改定値は、年率に換算した伸び率が実質でプラス1.0%となり、先月の速報値の段階のプラス2.2%から下方修正されました。


OECD 世界の経済成長率を上方修正 トランプリスクも指摘

OECD=経済協力開発機構は、ことしの世界の経済成長率の予測について、アジアでの投資拡大を背景に、前回から0.2ポイント引き上げて、3.5%としました。しかし、成長は過去の平均ペースを下回っているうえ、アメリカのトランプ政権の経済政策の行方がリスクになっていると指摘しました。


北西太平洋での調査捕鯨 捕獲頭数40%増の新計画 水産庁

水産庁は、日本の沿岸海域を含めた北西太平洋で行っている調査捕鯨で、鯨の年齢や繁殖の実態などを把握する必要があるとして、捕獲頭数を昨年度までの調査に比べて40%増やして300頭余りとする新たな計画を決めました。


東京外為市場 円相場は小幅な値動き

7日の東京外国為替市場は、アメリカのトランプ政権のロシアとの関係をめぐる疑惑など欧米の政治の先行きを見極めたいという投資家が多く、円相場は、小幅な値動きとなりました。


ジャパンディスプレイ 有機ELの子会社化計画を再延期

官民ファンドの産業革新機構が支援する液晶パネルメーカーのジャパンディスプレイは、次世代のパネルとして需要の拡大が見込まれる「有機EL」の研究開発会社を子会社化する計画を再延期することを決め、業績不振が続く中、経営方針の変更が相次ぐ状況となっています。


JICAと邦銀大手 初の協調融資 比水道事業に240億円

政府がインフラ輸出の拡大を進める中、JICA=国際協力機構は日本の大手銀行と協調して、フィリピンの水道事業会社に総額240億円余りの融資を行うことを決めました。JICAが日本の大手銀行との協調融資に踏み切るのは、これが初めてとなります。


株価終値 小幅な値上がり

7日の東京株式市場は、8日に行われるイギリスの総選挙の結果を慎重に見極めたいとして積極的な取り引きを控える投資家が多く、株価は、小幅な値上がりとなりました。


景気動向指数 9年2か月ぶりの高水準 生産の増加で

景気の現状を示す、ことし4月の景気動向指数は、自動車の生産が伸びたことなどから2か月ぶりに改善し、9年2か月ぶりの高い水準になりました。


TPP違憲訴訟 原告の訴え退ける 東京地裁

TPP=環太平洋パートナーシップ協定に反対する人たちが、協定の締結は憲法に違反するなどと訴えた裁判で、東京地方裁判所は、「協定は発効しておらず、原告らの権利が侵害されたとはいえない」として訴えを退けました。


株価 午前中は小幅な値動き

7日の東京株式市場は、8日に行われるイギリスの総選挙の結果を慎重に見極めたいとして積極的な取り引きを控える投資家が多く、株価は、小幅な値動きとなっています。


経団連会長 ベトナム首相にTPP早期発効への協力求める

経団連の榊原会長は、日本を訪れているベトナムのフック首相と会談し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、アメリカを除く11か国で早期に発効することに協力を求めました。


メタンハイドレートからガス取り出す試験再開

資源エネルギー庁は天然ガスと水が結びついたシャーベット状の物質「メタンハイドレート」からガスを取り出す試験を先月、作業中のトラブルで中断しましたが、改善策を取ることで試験を再開し、今月下旬までガスの採取を続けると発表しました。


公取委 大手IT企業のデータ寡占化に独禁法で対応へ

個人情報などのデータがアメリカの大手IT企業に集中していることから、公正取引委員会は、正当な理由がないにもかかわらず消費者にデータを開示しない場合は独占禁止法に違反する可能性があり、企業に是正を求めていくとする報告書をまとめました。


円相場 値上がり 世界経済への不透明感で

6日の東京外国為替市場は、サウジアラビアなどがカタールとの国交を断絶したことで、世界経済に対する不透明感が広がり、比較的、安全な通貨とされる円を買う動きが強まって円相場は値上がりしました。


東京に豪州産牛肉のPR店舗がオープン

おととしから関税が引き下げられたオーストラリア産牛肉の販売に力を入れようと、現地の生産者団体が6日東京都内にオーストラリア産牛肉の特設店舗をオープンしました。


株価終値 円高ドル安進み2万円割れ

6日の東京株式市場は、外国為替市場で1ドル=109円台まで円高ドル安が進んだことで、輸出関連を中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は200円近く値下がりし、終値で2万円を割りました。


喫茶店の経営者向け展示会 健康志向の商品紹介

喫茶店が使う食材などの大規模な展示会が、6日から東京で始まり、いれたてのコーヒーの販売を強化するコンビニチェーンに対抗するため、健康志向を前面に打ち出した商品などが紹介されています。


株価2万円割れ 円高ドル安進み

6日の東京株式市場は、外国為替市場で1ドル=109円台まで円高ドル安が進んでいることで、輸出関連の銘柄を中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は2万円を割りました。


ネットで資金募りグッズ販売 「そらゆめ」破産

インターネットを通じて購入希望者から資金を募り、ゲームやアニメの関連製品を販売していた「そらゆめ」は、経営に行き詰まり、今月2日、裁判所に破産を申請して、破産手続きの開始決定を受けました。負債はおよそ2億5000万円、債権者は3000人余りに上り、一部は返金できないおそれがあるということです。


佐川急便 運転手確保へ一部地域で週休3日制導入

物流業界でトラックドライバーの不足が大きな課題となる中、宅配便大手の佐川急便はドライバーを確保するため一部の地域で週休3日制を導入しました。


株価値下がり 円高ドル安で売り注文

6日の東京株式市場は、外国為替市場でいくぶん円高ドル安が進んでいることから、輸出関連など多くの銘柄に売り注文が広がって、株価は値下がりしています。市場関係者は、「いくぶん円高ドル安が進み、輸出関連の銘柄を中心に売り注文が広がった。日経平均株価が2万円の大台を回復したので当面の利益を確保しようという売り注文も出やすい」と話しています。


アップルもAIスピーカー発表 話しかけるだけで音楽再生

アメリカのIT企業アップルは、人工知能を搭載し話しかけるだけで音楽の再生や検索などさまざまな操作ができる小型のスピーカーを発表し、この分野で先行するアマゾン・ドット・コムなどとの販売競争が激しくなりそうです。


出光創業家 株主総会で合併進める現経営陣の再任に反対へ

石油元売り大手「昭和シェル石油」との合併に反対している「出光興産」の創業家の代理人の弁護士が5日、記者会見を開き、今月末の株主総会では合併を進める経営陣の再任に反対する方針を明らかにしました。


経団連会長 幼児教育や保育の無償化 支援対象は限定を

経団連の榊原会長は5日の記者会見で、政府が目指す幼児教育や保育の無償化について、実施する場合は支援対象を限定すべきだという考え示しました。


円相場大きく値上がり 米利上げペース緩和の見方から

週明けの5日の東京外国為替市場は、アメリカの利上げのペースが緩やかになるのではないかという見方が広がったことで、ドルを売って円を買う動きが出て、円相場は大きく値上がりしました。


大手コンビニ 人手不足でシニア層対象に説明会

人手不足が深刻化する中、大手コンビニチェーンのセブンーイレブン・ジャパンは、定年退職した人などにもアルバイトとして店舗で働いてもらおうと、5日にレジの操作などを体験する説明会を開きました。


株価 小幅な値下がり 値上がり銘柄に売り注文も

週明けの5日の東京株式市場は、業績が期待できる銘柄が買われた一方、当面の利益を確保しようとこのところ値上がりした銘柄に売り注文も出て、株価は小幅な値下がりとなりました。


日経平均株価 小幅な値動き

週明けの5日の東京株式市場は、当面の利益を確保しようと、このところ値上がりした銘柄に売り注文が出る一方で、業績拡大が期待できる銘柄が買われ、株価は小幅な値動きとなっています。


円相場 大きく値上がり

週明けの5日の東京外国為替市場は、アメリカの追加の利上げペースが緩やかになるのではないかという見方が広がったことなどから、円相場は大きく値上がりしています。


デビットカード決済 5年間で件数3倍超に 日銀調査

銀行のキャッシュカードの機能に加えて買い物の支払いもできるデビットカードは、長年利用が低迷していましたが、各銀行がクレジットカード会社と提携して使える店を増やしたことで、ここ数年利用が増加していることが、日銀の調査でわかりました。


車の新しい燃費表示 来年の義務化前に各社が対応

自動車の燃費の表示をより実態に近づけようと、来年10月以降から新しい燃費表示が義務づけられることを受けて、自動車メーカー各社は新しい表示を前倒しで導入するなど対応を急いでいます。


ネット通販各社 当日配達の見直し広がる

宅配最大手のヤマト運輸が深刻な人手不足を背景に、サービスの見直しを進めていることに伴って、ネット通販各社では、注文を受けた当日の配達を見直すなどの影響が広がっています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る