NHKニュース|文化・エンタメ 2017年7月25日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

1本の木から800個のマンゴー 沖縄

沖縄県今帰仁村で、1本のマンゴーの木に通常の8倍に当たる800個もの実がなり、24日から収穫が行われています。


九州北部豪雨で被害 小学校の仮設校舎建設始まる

福岡県朝倉市で、校舎に土砂が流れ込むなどの被害を受けた市内の2つの小学校の仮設校舎の建設が24日から始まりました。


夏の無病息災願う 伝統の甘酒祭り 埼玉

甘酒を神社に奉納し、夏の無病息災を願う伝統の甘酒祭りが、23日、埼玉県小鹿野町で行われました。


薬害肝炎救済法 給付金の請求期限の延長を要請へ

血液製剤の投与によってC型肝炎ウイルスに感染した患者などに国が給付金を支払う薬害肝炎救済法が来年1月に給付金の請求期限を迎えることについて、患者や支援者で作る団体は、「まだ救済されていない人が大勢いる」として、24日、厚生労働大臣に期限の延長を要請します。


ヒアリ発見相次ぎ 殺虫剤の販売急増 メーカーは増産

強い毒を持つ南米原産のヒアリが各地の港などで相次いで見つかったことを受けて、アリを対象とした殺虫剤の販売が急増し、メーカーも生産態勢を強化しています。


パンダの赤ちゃん 両目が開き始め順調に成長

先月、東京・上野動物園で5年ぶりに生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんは、両目がうっすらと開き始めている様子が確認されるなど引き続き順調に成長しています。


「田んぼアート」楽しむイベント 水戸

白や赤などさまざまな色の葉の稲で、水田に図柄を表現する「田んぼアート」を楽しむ催しが、水戸市で開かれました。


世界の珍しいクワガタムシやカブトムシの標本展 群馬

子どもたちの夏休みにあわせて、世界各地の珍しいクワガタムシやカブトムシの標本およそ300種類を集めた展示会が群馬県みなかみ町で開かれています。


日田祇園 山ぼこ巡行の「晩山」 大分

九州北部豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市で、およそ300年の歴史がある伝統の夏祭り「日田祇園」が始まり、夜には、ちょうちんに明かりをともした山ぼこが巡行する「晩山」が行われました。


パンダの赤ちゃん誕生祝うパレード 東京 上野

先月、東京・上野動物園で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれたことを祝うパレードが、地元・上野で行われました。


豪雨からの復興願い 日田祇園始まる 大分

今回の九州北部豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市ではおよそ300年の歴史がある伝統の夏祭り「日田祇園」が22日から始まりました。


被災地の復興支援 大規模な芸術祭が開幕 宮城・石巻

東日本大震災からの復興を進める被災地を盛り上げようという大規模な芸術祭「リボーンアート・フェスティバル」が宮城県石巻市で22日に開幕し、アート作品の展示場所には次々と人が訪れました。


猛暑でエアコン増産 販売も強化

厳しい猛暑が続く中、エアコンの販売が好調で、メーカー各社や家電量販店は、生産や販売の態勢を相次いで強化しています。


福島県産水産物 試食で安全性PR 東京 築地

福島県産の水産物を試食してもらい安全性をPRしようという催しが、東京・築地で開かれました。


アンテナショップで豪雨被災地を支援 東京

福岡県南部の自治体で作るアンテナショップが東京・港区にオープンし、九州北部豪雨の被災地を支援しようと、多くの人が特産品を買い求めたり募金をしたりしています。


臨時FMで生活情報など24時間発信 福岡 朝倉

福岡県朝倉市は、記録的な豪雨で大きな被害を受けた市内の杷木地区に向けて、防災情報や生活情報を24時間発信する臨時のFM放送を始めました。


豪雨で避難の住民 一時帰宅し片づけ 福岡 朝倉

今回の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市の黒川地区では、仮設の道路が整備されたことから、21日、避難生活を続ける住民たちが一時帰宅し、住宅の後片づけをしたり畑の被害状況を確認したりしました。


資生堂 ボディーソープの香りに異常 約136万個回収

大手化粧品メーカーの資生堂は、製造・販売したボディーソープの香りに異常が見つかったとして、合わせて16商品、およそ136万個を自主回収すると発表しました。


海水浴で20歳の男女溺れ 男性死亡 女性重体 長崎

21日午後、長崎市の海岸で泳いでいた20歳の男女2人が溺れ、男性が死亡したほか、女性も意識不明の重体になっています。


熱中症 冷房使わぬ部屋で70代男性死亡 奈良

21日昼すぎ、奈良県葛城市の住宅で70代の男性が倒れているのが見つかり、熱中症の疑いで病院に運ばれましたが死亡が確認されました。


福岡 博多港でもヒアリ数十匹見つかる

福岡市の博多港で、中国の広州から運ばれたコンテナの付近から強い毒を持つ南米原産のヒアリが数十匹見つかりました。福岡市はすべてを駆除し、拡散した可能性は低いとしていますが、ヒアリを見つけても触らないよう注意を呼びかけています。


わたらせ渓谷鉄道 脱線受け枕木を木製からコンクリートへ

ことし5月、点検車両の脱線事故があった「わたらせ渓谷鉄道」は、木製の枕木が劣化しレールと枕木を固定する金具に緩みがあったことが事故につながった可能性があるとして、事故が起きた区間に耐久性の高いコンクリート製の枕木を重点的に導入し安全対策を進めることになりました。


6年前の豪雨の不明女性 貯水池で遺体見つかる 奈良

奈良県十津川村の貯水池で先月見つかった遺体について警察が確認したところ、6年前の紀伊半島豪雨で行方がわからなくなっていた当時37歳の女性とわかりました。


「日本へ観光を」台湾で駅弁販売しPR

台湾の人に駅弁のよさをアピールして日本への観光客誘致につなげようと、日本の鉄道会社が、21日から台北で開かれているイベントで駅弁や鉄道グッズなどを販売し、大勢の人でにぎわっています。


豪雨被災の酒蔵 被害免れた日本酒で出荷再開 福岡

今回の九州北部豪雨で被災し、生産がストップしている福岡県朝倉市の老舗の酒蔵では、被害を免れたタンクなどに残っていた一部の日本酒の出荷を続けています。


豊洲と築地の観光施設 小池知事「2つの施設で相乗効果を」

豊洲市場に整備される観光施設の運営会社が、小池知事の方針によって築地市場にも同じような施設が出来れば採算が取れなくなるなどとして、撤退せざるをえないとする意向を示している問題で、小池知事は「2つの施設で相乗効果が出るよう全体で引き上げていく」と述べ、運営会社の懸念は当たらないという認識を示しました。


サメ確認されず遊泳禁止を解除 茨城 日立

19日に海岸近くでサメが確認され、遊泳禁止となっていた茨城県日立市の海水浴場では、その後、サメは確認されず、市は21日に遊泳禁止を解除しました。


大雨のあと二枚貝大量死で現地調査 広島

広島県北広島町で、今月5日の大雨のあと、二枚貝のカワシンジュガイが大量に川岸に打ち上げられ死んでいるのが見つかったことから、21日に専門家が現地調査を行いました。


中国で加工 落花生の菓子から発がん性のカビ毒検出

中国で加工されて岐阜市の菓子メーカーが販売した落花生の菓子から、基準値を超える発がん性のカビ毒が検出され、岐阜市保健所は、全国27の都府県に出荷された5万袋余りを回収するよう命じました。


国内最大のサンゴ礁 ことしも一部で白化現象 沖縄

サンゴが死にかけて白くなる「白化現象」が、去年、過去最悪の規模で起きた沖縄県石垣島の沖の国内最大のサンゴ礁の一部で、ことしも白化現象が起きていることがわかり、環境省は「気象の状況や海水温の変化を注視したい」としています。


九州北部豪雨 被災地で大量の砂ぼこり 肺炎に注意を

今回の九州北部豪雨の被災地では、流れ出した土砂が乾燥し、大量の砂ぼこりとなって舞っています。肺炎などを引き起こすおそれもあることから、専門家はマスクを着用するなどの対策を呼びかけています。


夏休みの自由研究に企業の商品や技術の活用を 東京で催し

夏休みの子どもたちの自由研究に、企業の商品や技術を活用してもらおうという催しが東京都内で始まり、多くの親子連れでにぎわいました。


国内最大級の観光列車が運行開始 横浜〜伊豆半島

横浜と伊豆半島を結ぶ国内最大級の観光列車の運行が21日から始まり、初めての列車が横浜駅を出発しました。


「はだしのゲン」扉絵などの展示始まる 広島

原爆投下後の広島を生き抜く少年を描いた漫画「はだしのゲン」が、昭和40年代に漫画雑誌に連載されていた時の扉絵などの展示が、広島市の原爆資料館で始まりました。


喫煙の規制強化で47億人守られる WHO報告書

WHO=世界保健機関は公共の場での受動喫煙の防止など喫煙に関する規制の強化によって、たばこの害から守られるようになった人が10年前に比べて4倍余りに増えたとする報告書を公表し、各国政府に対し、一層の規制強化を呼びかけています。


黄金色のウミネコ (スクープBOX投稿映像)

カモメの仲間、ウミネコの珍しい映像が、NHKの映像投稿サイト、スクープBOXに投稿されました。


乗客に涼しさを「風鈴電車」が登場 群馬

群馬県の前橋市と桐生市を結ぶ鉄道では、本格的な夏の暑さの中でも乗客に涼しさを感じてもらおうと、車内に風鈴をつり下げた電車が運行されています。


新宿ビル街に巨大“ピースサイン”

東京・新宿区のビル街に高さ4メートル近いピースサインをかたどった新たなモニュメントが完成し、区ではアートを通じた街の活性化のシンボルとして多くの人に待ち合わせ場所などとして活用してほしいとしています。


蛇口ひねれば“みかんジュース” 松山空港

愛媛県が誇る、かんきつ類の生産量日本一をピーアールしようと、松山空港にみかんのジュースが出る蛇口がお目見えしました。


期間限定「或る列車」 初めて阿蘇駅に到着

熊本地震で被害を受けた阿蘇地域を盛り上げようと期間限定で運行することになったJR九州の観光列車「或る列車」が19日、初めて阿蘇駅に到着し大勢の人の出迎えを受けました。


土用のうしの日前にうなぎ輸入ピーク 成田空港

今月25日の土用のうしの日を前に、成田空港では、中国や台湾からのうなぎの輸入がピークを迎えています。


外国人旅行者数 ことし上半期は過去最多

ことし1月から先月までの半年間に日本を訪れた外国人旅行者は、推計で1375万人余りとなり、これまでで最も多くなりました。


外国人の消費が過去最高に 1人当たり消費額は減少

先月までの3か月間に日本を訪れた外国人旅行者が買い物や宿泊などに使ったお金は、推計で1兆776億円と過去最高になりました。一方で1人当たりの消費額は14万9000円余りで去年の同じ時期より6.7%減少しました。


熱中症を防ぐ機能 腕時計型の端末開発

真夏の炎天下でも屋外での作業が必要な職場で、熱中症の対策に役立ててもらおうと、危険性が高まっていると判断すると振動などで知らせる、腕時計型の端末が開発されました。


石巻で被災地芸術祭へ 食堂の試験営業にぎわう

今月22日から宮城県石巻市を舞台に始まる大規模な芸術祭「リボーンアート・フェスティバル」の開幕を前に、地元の女性たちが手料理を提供する食堂が試験的に営業を始めました。


世界文化遺産に登録 沖ノ島の写真展 東京

今月、世界文化遺産に登録され、一般の人の上陸が厳しく制限されている福岡県の沖ノ島をテーマにした写真展が、東京・中央区で始まりました。


土用うしの日前に台湾ウナギの出荷ピーク

今月25日の土用のうしの日の前に、養殖するウナギのほとんどを日本に輸出している台湾では、ウナギの出荷作業がピークを迎えています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る