NHKニュース|科学・医療 2017年8月4日 (金曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

NHKの元気象キャスター 倉嶋厚さん死去

NHKの気象キャスターとして親しまれたエッセイストの倉嶋厚さんが3日、がんのため埼玉県の病院で亡くなりました。93歳でした。


芸能人やスポーツ選手の移籍制限 公取委が検討開始

芸能人やスポーツ選手などの移籍を制限する契約について公正取引委員会は4日、有識者による初めての会議を開き、独占禁止法に抵触する不公正な実態がないかどうか検討を始めました。


トヨタ ハイブリッド車開発者「電気自動車に生かせる」

世界初の量産ハイブリッド車であるトヨタ自動車のプリウスの発売から20年を記念する催しが4日、千葉市で開かれ、プリウスの生みの親と言われる内山田竹志会長は、ハイブリッド車の技術は次世代のエコカーの主流とされる電気自動車の開発にも生かせるという認識を強調しました。


LAリトルトーキョーに「武道館」建設へ 日系人集う施設に

北米最大規模の日系人の街、アメリカ・ロサンゼルスのリトルトーキョーに「武道館」と名付けられた多目的施設が建設されることになり、3日、予定地でくわ入れ式が行われました。


福島第一原発 地下水の水位が一時低下 汚染水漏れ確認されず

東京電力福島第一原子力発電所の事故があった建屋の周辺で2日、地下水の水位が一時、急激に下がっていたことがわかりました。地下水の水位が下がると、建屋内から汚染水が漏れ出すおそれがありますが、東京電力は水位が下がったのは一部で、汚染水の漏えいは確認されていないとしています。


ドイツ人捕虜が作曲の歌曲 完成100年で演奏会 千葉

第1次世界大戦の時、日本の捕虜だったドイツ人の音楽家が千葉県習志野市の収容所で作曲した歌曲が完成から今月で100年を迎えたのにあわせて、地元で演奏会が開かれました。


コンクリートひび割れを短時間で検出するAI開発

トンネルや橋などのコンクリートのひび割れを人工知能を使い短時間に高い精度で検出して記録するシステムをNEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構などのグループが開発しました。


ヨコハマトリエンナーレ あす開幕

横浜市で3年に1度開催される現代アートの祭典、「ヨコハマトリエンナーレ」が4日開幕するのを前に、3日、報道関係者に作品が公開されました。


原発テロ対策 電力事業者の個人情報確認方法妥当 規制委

原子力施設のテロ対策として電力事業者には作業員などの犯罪歴や病歴の確認を義務づける制度が、新たに導入されることになっていますが、原子力規制委員会は、全国の電力事業者から示された作業員などの個人情報を確認する方法をおおむね妥当と評価しました。制度の導入は作業員の個人情報に関わるため、どのように運用を図るのかが課題になりそうです。


歌舞伎の松本幸四郎さんら三代同時襲名を前に展示会

歌舞伎俳優の松本幸四郎さんや長男の市川染五郎さんらが来年、三代そろって襲名するのを前に、ゆかりの品々などを紹介する展示会が、3日から東京都内で始まりました。


KISSメンバーにそっくり 子牛誕生で話題に

アメリカ・テキサス州の牧場で、奇抜なメークや衣装などで知られるロックバンド「KISS」のメンバーの1人にそっくりな一風変わった模様の子牛が生まれ、話題となっています。


ヒトの受精卵をゲノム編集 米などの研究グループ

生物の遺伝情報を自在に書き換えられる「ゲノム編集」の技術でヒトの受精卵の遺伝子を操作し、病気の原因となる遺伝子の修復に成功したと、アメリカなどの研究グループが発表しました。ゲノム編集をヒトの受精卵に応用する報告は中国以外では初めてで、倫理的な問題が指摘される中、ヒトの受精卵の改変がどういう条件なら認められるのか、改めて議論を呼びそうです。


「子宮移植」 病院がプロジェクトチーム設置

生まれつき子宮がない女性に親族などから提供された子宮を移植して出産できるようにする「子宮移植」の実施に向け、名古屋市にある病院がプロジェクトチームを設置し、倫理的な課題などについて検討していくことを明らかにしました。


青森ねぶた祭 勇壮に始まる

東北を代表する夏祭り「青森ねぶた祭」が2日夜始まり、勇壮な大型ねぶたが青森市の中心部を練り歩いています。


燃料デブリ取り出し 規制委員長「放射線対策は絶対条件」

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた最大の難関である「燃料デブリ」の取り出しで、国の専門機関が水で満たさない方法を重点的に検討すべきと提言したのについて、原子力規制委員会の田中委員長は「とても簡単にできることではない」と述べ、極めて強い放射線への対策が絶対条件だと強調しました。


懐かしいラジカセ展 若い世代も関心

ラジオとカセットプレーヤーが一体となったいわゆる「ラジカセ」の展示会が東京のデパートで始まり、ラジカセをかつて使っていた中高年だけでなく、アナログの音やデザインに魅力を感じるという若い世代の人たちも会場を訪れていました。


大洗被ばく事故は「レベル2」 規制委が暫定評価

ことし6月、茨城県にある日本原子力研究開発機構の研究施設で起きた被ばく事故について原子力規制委員会は、国際的な基準に基づいて事故の深刻さを評価した結果、「異常事象」にあたる「レベル2」とすることを暫定的に決めました。今後、詳しい原因などを確認したうえで、評価を確定することにしています。


福島第一原発3号機 核燃料撤去へ巨大カバー設置開始

6年前の事故で壊れた東京電力福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プールに残されている、560体余りの核燃料を取り出すため、放射性物質の飛散などを防ぐ巨大なカバーの設置作業が、2日朝から始まりました。


関東で震度4 茨城県内の原子力施設異常なし

茨城県原子力安全対策課によりますと、午前7時20分現在、震度2の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所を含め、茨城県内の原子力関連施設から異常があったという報告はないということです。また茨城県内各地に設置された、放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


茨城 福島の原発 地震による異常なし

原子力規制庁によりますと茨城県にある東海第二原発は現在停止中で、地震による異常はないということです。また福島県にある福島第一原発と福島第二原発で新たな異常は確認されていないということです。また茨城県にある日本原子力研究開発機構の使用済み核燃料の再処理工場や高速実験炉などの原子力施設、それに燃料加工会社の施設でも地震による異常はないということです。いずれの施設も周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値に変化はないということです。


宮城 女川原発 地震による異常なし

東北電力によりますと、宮城県石巻市と女川町にまたがる女川原子力発電所は運転を停止していて、地震による異常はないということです。また原発周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


茨城 東海第二原発 地震による異常なし

日本原子力発電によりますと震度4の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所は運転を停止していて、地震による異常はないということです。また、原発周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


福島第一原発と第二原発 地震による新たな異常なし

東京電力によりますと福島第一原子力発電所と第二原子力発電所は地震による新たな異常は発生していないということです。原発の周辺の放射線量を計測するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


岩手の夏「盛岡さんさ踊り」が開幕

岩手の夏の風物詩「盛岡さんさ踊り」が1日開幕し、浴衣姿の踊り手が太鼓や笛の音に合わせて盛岡市中心部を練り歩きました。


防衛大の寮の学生 髄膜炎菌の感染症で死亡 横須賀

神奈川県横須賀市にある防衛大学校の学生寮に住んでいた10代の学生が先月、髄膜炎菌による感染症で死亡していたことがわかりました。接触していた学生など10人から同じ種類の菌が検出されましたが、新たに発症した人はいないということです。


東大教授の論文 大学がねつ造と改ざんの不正認定

国内有数の分子生物学の研究者である東京大学の教授らが、国際的な科学雑誌、ネイチャーなどに発表した5本の論文について、大学は実験データのねつ造などの研究不正があったとする調査結果を公表しました。教授は「各実験から得られる結論を覆えそうとする意図で行ったものではないが、深く反省します」とコメントしています。


無痛分べんの研究班発足へ 安全対策を検討

塩崎厚生労働大臣は閣議のあとの記者会見で、麻酔を使って陣痛を和らげる「無痛分べん」で妊婦が死亡するなど重大な事故が起きていることから、専門家らによる研究班を新たに発足させ、どのように安全性を確保していくか具体策を検討する考えを示しました。


「おたの申します」芸舞妓が夏のごあいさつ”八朔”

京都の花街では舞妓や芸妓たちが芸事の師匠など、ふだんお世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝える「八朔(はっさく)」と呼ばれるあいさつ回りが行われました。


人工的にヒトの受精卵作る研究 国が初審議

ヒトの卵子を人工的に受精させて解析する国内では初めての研究計画を大阪市の不妊治療のクリニックが国の専門委員会に申請しました。ヒトの受精卵を、研究のために作り出すことについては、倫理的な課題があるため、国が研究計画を審議することになっていて、7月31日、その審議が始まりました。


iPS細胞応用し難病治療薬 国内初の治験へ 京大

京都大学のグループは、iPS細胞を使って見つけた物質の治療薬としての治験を国内で初めて始めることになりました。


ジャンヌ・モローさん死去 フランス代表する女優

フランスを代表する女優で、1960年代に数々のフランス映画の名作に出演したジャンヌ・モローさんが31日に亡くなりました。89歳でした。


世界各地のユニークなナマズ展 岐阜 各務原

世界各地に生息するユニークなナマズを集めた展示会が岐阜県各務原市の水族館で開かれています。


ベネチア国際映画祭 是枝監督が意気込み語る

世界3大映画祭の1つ、ベネチア国際映画祭で最優秀賞を競う部門にノミネートされた是枝裕和監督の「三度目の殺人」の完成試写会が東京都内で開かれ、是枝監督は「映画祭では自分の成長した姿を見てもらえるのではないか」と今の思いを語りました。


秋篠宮さまと佳子さま 全国高校総合文化祭の開会式に

高校生が日頃の文化活動の成果を発表する「全国高校総合文化祭」が31日から宮城県で始まり、秋篠宮さまと次女の佳子さまも出席されて開会式が開かれました。


子どもたちが真夏の雪合戦 東京・お台場のビーチ

関東各地で30度を超える真夏日となる中、東京・お台場のビーチでは、子どもたちが、かき氷器で作った雪で雪合戦を楽しむ催しが開かれました。


ダウン症の書家が「祈」 障害者殺傷事件1年で

相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件から1年となり、ダウン症の書家の金澤翔子さんが、入所者が一時的に暮らす施設を訪れ、追悼の思いを込めて「祈」のひと文字を書き上げました。


樺太残留邦人の帰国支援 小川氏が死去

戦前、日本が統治していた樺太、今のロシアのサハリンなどから帰国する人たちを支援する活動を続けてきた小川※ヨウ一さんが31日に亡くなりました。85歳でした。


還暦の大竹しのぶさん 14歳少年役を再演へ

今月に還暦を迎えた女優の大竹しのぶさんが、14歳の少年を演じるミュージカルを38年ぶりに再演することになり、31日に舞台のリハーサルが公開されました。


世界文化遺産に「百舌鳥・古市古墳群」を推薦

文化庁の審議会は再来年の世界文化遺産への登録を目指して、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」を日本から推薦することを決めました。一方で、世界遺産の登録に向けては改善すべき課題も多く指摘されました。


「女性」をテーマにした秘蔵名画の展覧会 東京

個人や企業などが所有し、ふだんは一般公開されていない女性の姿をテーマにした日本画や洋画の名画の展覧会が、東京・港区で31日から始まりました。


いじめ相談にネットのSNS活用へ

文部科学省の有識者会議は子どものいじめに関する相談にインターネットのSNSを使って応じる新たな相談体制について中間報告をまとめました。


福島第一原発「燃料デブリの取り出し」水満たさない方法検討へ

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた最大の難関である「燃料デブリ」の取り出しは、当初、強い放射線を遮るため、周囲を水で満たす方法を軸に検討されてきましたが、国の専門機関は技術的な課題が大きいとして、水で満たさない方法を重点的に検討すべきだと提言しました。世界でも例がないだけに、安全をどう確保するかが最大の課題となります。


子どもたちが将棋の公式戦の対局を見学 東京

中学生の藤井聡太四段の活躍が注目を集める中、夏休み中の子どもたちに将棋をより深く知ってもらおうという催しが、東京の将棋会館で開かれました。


群馬大学附属病院 執刀医が患者の家族と初めて面会

群馬大学附属病院で腹くう鏡などの手術を受けた患者18人が相次いで死亡した問題で、執刀した医師が30日、亡くなった一部の患者の家族と初めて面会したことが、家族の弁護団への取材でわかりました。弁護団によりますと、医師は患者が死亡したことにおわびの気持ちを伝えたということです。


民間宇宙ロケット エンジンを緊急停止 宇宙空間に到達せず

北海道のベンチャー企業が単独で開発・製造した国内初の民間宇宙ロケットは、30日午後4時半すぎ、北海道大樹町の発射場から打ち上げられましたが、ロケットの位置などを示すデータが得られなくなったためエンジンが緊急停止されました。ロケットは、海上に落下したということで目標の宇宙空間には到達しませんでした。


1年に1度だけ「氷のトンネル」公開

北海道西興部村で、冬に降り積もって固まった雪が沢の水で下側だけとけてできる「氷のトンネル」が公開され、多くの人たちでにぎわいました。


日本の大手自動車メーカー 電気自動車へシフト本格化

イギリス政府が2040年以降、ガソリン車やディーゼル車の販売を禁止すると発表するなど世界的に自動車の排ガス規制が強化されることを受けて、日本の自動車メーカー各社は走行中に排ガスを出さないEV=電気自動車の開発や販売の動きを本格化させることにしています。


民間宇宙ロケット 打ち上げ

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルのロケットが、30日午後4時半すぎ宇宙空間を目指し、北海道の大樹町から打ち上げられました。このあとおよそ7分で沖合50キロの海上に着水する予定です。高度100キロメートルに達して打ち上げが成功すれば、民間単独による国内初の宇宙空間到達となり今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


民間宇宙ロケット きょう夕方の打ち上げ目指す

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルの宇宙ロケットは、30日午後0時半までの打ち上げを目標に作業が進められていましたが、海上の警戒区域に船舶が入ってきたため安全が確保できないとして、30日夕方の打ち上げを目指すことになりました。


原発の重大事故想定 初の広域避難訓練 茨城

茨城県東海村にある東海第二原子力発電所で、重大な事故の発生を想定した広域避難の訓練が初めて行われ、住民はほかの自治体に避難する手順などを確認しました。


民間宇宙ロケット 午後0時20分の打ち上げ目指し最終作業

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルの宇宙ロケットは、このあと午後0時20分の打ち上げを目指して最終的な作業が進められています。成功すれば、民間単独による国内初の宇宙空間到達となり今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


初の民間宇宙ロケット 打ち上げは午前10時20分以降に

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルのロケットは、午前6時半ごろに打ち上げられる予定でしたが、機体に不具合が見つかり、午前10時20分以降の打ち上げを目指すことになりました。成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達となり、今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


初の民間宇宙ロケット 打ち上げに向け最終調整

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルの宇宙ロケットは、午前6時半ごろ打ち上げられる予定でしたが、不具合が見つかり、現在、打ち上げに向けた最終的な調整が進められています。成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達となり、今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


初の民間宇宙ロケット きょう打ち上げへ

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルのロケットが30日午前6時半前、宇宙空間を目指して北海道の大樹町から打ち上げられる予定です。成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達となり、今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


市川海老蔵さん親子が植樹 長野 志賀高原

美しい自然を後世に残そうと、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの親子が長野県の志賀高原でミズナラなど1万本の苗木を植えました。


日野原重明さん告別式 4000人が追悼

生涯現役の医師を貫きながら命の尊さなどを訴える幅広い活動を続け、今月18日に105歳で亡くなった日野原重明さんの告別式が29日東京都内で営まれ、およそ4000人が日野原さんをしのびました。


藤井聡太四段 “29連勝Tシャツ” 販売

将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新した中学生棋士の藤井聡太四段の公式グッズとして、29日から新たにTシャツの販売が始まり、朝から将棋ファンらが列を作って買い求めていました。


初の民間宇宙ロケット 打ち上げあすに延期

北海道のベンチャー企業が単独で開発・製造した国内初の民間宇宙ロケットは29日午後、北海道大樹町から打ち上げられる予定でしたが、天候が悪く打ち上げは30日に延期されました。


国内初の民間宇宙ロケット きょう午後打ち上げ

北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルのロケットが、29日午後、宇宙空間を目指して北海道の大樹町から打ち上げられる予定です。成功すれば、民間企業による国内初の宇宙空間到達となり今後、超小型衛星などを使ったいわゆる宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る