NHKニュース|政治 2017年8月9日 (水曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

防衛省 米にオスプレイ飛行自粛と事故原因の報告求める

防衛省は、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイの事故を受けて、沖縄や北海道など各地で安全性を不安視する声が上がっていることなどを踏まえ、引き続きアメリカ側に対し、国内での飛行自粛と合わせて事故原因の速やかな報告を求めていくことにしています。


若狭氏 新党結成目指し細野氏とも協議へ

東京都の小池知事に近く、政治団体「日本ファーストの会」を設立した若狭勝衆議院議員は、自民党に代わる受け皿となる新党の結成を目指し、8日に民進党に離党届を提出した細野元環境大臣とも協議を行うなどして動きを具体化させたい考えです。


日中与党交流協議会 提言の原案が明らかに

自民・公明両党と中国共産党との政党間交流「日中与党交流協議会」で発表される提言の原案が明らかになり、45年前の国交正常化の初心を忘れずにさまざまなレベルの交流を促進し、国民感情を改善することで、両国関係の基盤を強固にすべきだなどとしています。


防衛相 オスプレイ飛行自粛要請はすべての飛行が対象

小野寺防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、オーストラリアでのオスプレイの事故を受け、アメリカ側に対して行った日本国内での飛行の自粛要請について、条件はつけておらず、すべての飛行を対象にしたものだと強調しました。


沖縄北方相 翁長知事と会談 沖縄振興に取り組む考え伝える

江崎沖縄・北方担当大臣は、就任後初めて沖縄県の翁長知事と会談し、交通の利便性の向上やインフラ整備など、沖縄の振興に、政府として、引き続き全力で取り組んでいきたいという考えを伝えました。


民進・枝野氏 代表選立候補を正式表明

民進党の枝野・元官房長官は、8日国会内で記者会見し、「これまでの経験を、勇気を持って先頭に立ち、生かしていかなければならない」と述べ、蓮舫代表の後任を決める代表選挙に立候補することを正式に表明しました。


防衛相 参与に元統合幕僚長ら起用

小野寺防衛大臣は、政策的な助言を行う防衛大臣政策参与に、自衛隊トップの統合幕僚長を務めた折木良一氏ら3人を起用し、PKO部隊の日報問題で傷ついた国民の信頼を回復したいとして、協力や助言を求めました。


沖縄北方相 日米地位協定めぐる発言は安倍政権の方針どおり

江崎沖縄・北方担当大臣は、先に、オーストラリアでのオスプレイの事故に関して「日米地位協定をもう少し見直さないといけない」と述べたことについて、日米地位協定のあるべき姿を追求していくという安倍政権の方針に沿ったものだと説明しました。


民進 細野氏 離党届提出 新党結成目指す考え示す

民進党の細野元環境大臣は、8日午後、国会内で離党届を提出したあと記者会見し、「新しい政権政党を作るため、まずは裸一貫で立ち上がる決意をした」と述べ、新党の結成を目指す考えを示しました。


野田総務相 「日本ファーストの会」はよい政治作る手段

野田総務大臣は、NHKなどのインタビューで、東京都の小池知事に近い若狭勝衆議院議員が、政治団体「日本ファーストの会」を設立したことについて、緊張感や刺激が生まれ、よい政治を作る1つの手段になりうるとして、歓迎する意向を示しました。


都議選後初の臨時議会 議長は都民ファーストの会から

先月の東京都議会議員選挙で議会勢力が大きく変わった都議会で初めての臨時議会が開かれ、最大会派の都民ファーストの会から議長が選出されたほか、議会改革のための検討委員会の設置などが決まりました。一方、第3会派となった自民党や共産党などが提案した市場の移転問題を審議する特別委員会は、都民ファーストの会や公明党などの反対によって、設置が見送られました。


日本・インドネシア外相 北朝鮮には実効的圧力を

フィリピンを訪れている河野外務大臣は、インドネシアのルトノ外相と会談し、挑発行動を続ける北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動をとるよう、実効的な圧力を強化する必要があるという認識で一致しました。


江崎沖縄・北方相 「大いに反省」も発言撤回せず

江崎沖縄・北方担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、国会答弁では役所の答弁書を朗読するなどと述べたことについて「言葉足らずで大いに反省している」としながらも、発言は撤回しない考えを示しました。


予算委員長に河村建夫氏 衆院委員長人事を内定

自民党は、先の内閣改造などにともなって、衆議院の予算委員長に河村建夫氏を推すなどとした、常任委員長や特別委員長の人事を内定しました。


官房長官「日朝外相の接触は圧力強化に逆行せず」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、河野外務大臣が訪問先のフィリピンで、北朝鮮の外相と短時間言葉を交わしたことについて、国際会議の場での外相間の接触は北朝鮮への圧力強化の方針に逆行するものではないという考えを示しました。


自民 小泉進次郎氏が筆頭副幹事長に

自民党は、8日の総務会で、小泉進次郎氏を筆頭副幹事長に起用することなどを正式に決定しました。


国家公務員給与 4年連続のプラス勧告

人事院は今年度の国家公務員の給与について、月給は平均で0.15%、ボーナスは0.1か月分、それぞれ引き上げるよう国会と内閣に勧告しました。人事院が国家公務員の月給とボーナスをともに引き上げるよう勧告するのは4年連続です。


二階幹事長 日本ファーストの会に左右されず懸命に努力

自民党の二階幹事長は記者会見で、東京都の小池知事に近い若狭勝・衆議院議員が政治団体「日本ファーストの会」を設立したことについて、党に影響がないとは言えないものの、左右されることなく政策課題などに着実に取り組む考えを示しました。


米軍オスプレイ墜落 3人死亡と発表 「最も重大な事故」

沖縄に配備されているアメリカ軍の輸送機オスプレイがオーストラリアの沖合で墜落した事故で、アメリカ軍は行方がわからなくなっていた3人は死亡したと発表するとともに、航空機事故の4段階の評価のうち最も重大な「クラスA」にあたるという見解を示しました。


防衛白書「北朝鮮の挑発行為増加や重大化」懸念

ことしの防衛白書が閣議で報告され、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮が核兵器の小型化などを実現した場合には、挑発行為の増加や重大化につながる可能性もあり、日本をはじめ国際社会にとって強く懸念すべき状況になり得ると指摘しています。


河野外相 韓国側に慰安婦合意の着実履行求める

河野外務大臣は、7日夜、訪問先のフィリピンで、韓国のカン・ギョンファ外相と初めて会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めました。


「稲田氏 閉会中審査出席すべき」53% NHK世論調査

NHKの世論調査で、PKO部隊の日報問題をめぐる閉会中審査に、稲田元防衛大臣が出席すべきだと思うか聞いたところ、「出席すべきだ」が53%でした。


日・カンボジア首脳会談 北朝鮮に圧力で一致

安倍総理大臣は7日夜、日本を訪れているカンボジアのフン・セン首相と会談し、弾道ミサイルの発射などを続ける北朝鮮に対し、国際社会が団結して圧力をかけていくことが重要だという認識で一致しました。


河野外相 北朝鮮に実効的圧力強化を

河野外務大臣は、訪問先のフィリピンで開かれた北朝鮮も出席した会合で、北朝鮮への実効的な圧力を強化する必要があるとして、各国に対し国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議の全面的な履行を呼びかけました。


河野外相 北朝鮮外相に包括的解決求める

河野外務大臣は7日夜、訪問先のフィリピンで記者団に対し、6日夜に北朝鮮のリ・ヨンホ外相と短時間言葉を交わし、日朝ピョンヤン宣言に基づいて、拉致・核・ミサイル問題の包括的な解決を求めたことを明らかにしました。


民進党 松野グループ・大畠グループが前原氏支持確認

民進党の代表選挙をめぐり、松野・元官房副長官と大畠・元国土交通大臣を中心とする議員グループが、それぞれ会合を開き、前原・元外務大臣を支持することを確認しました。


日中の与党交流 対北朝鮮制裁決議などめぐり意見交換

自民・公明両党と中国共産党との政党間交流、「日中与党交流協議会」が7日から始まり、国連の安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議が採択されたことなどをめぐって意見が交わされました。


河野外相 中国 王毅外相と初会談

フィリピンを訪れている河野外務大臣は、7日午後、中国の王毅外相と初めて会談しました。冒頭、王外相は河野大臣の会議での発言について「率直に言って失望した」と非難したのに対し、河野大臣は「経済的に発展していく中で中国には大国としてのふるまい方を身につけてもらう必要がある」と述べました。


NHK世論調査 各党の支持率

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、自民党が34.8%、民進党が5.7%、公明党が3.7%、共産党が2.8%、日本維新の会が0.5%、自由党が0.3%、社民党が0.9%、日本のこころが0.2%、「特に支持している政党はない」が45.7%でした。


前原氏 民進党代表選立候補を正式表明

民進党の前原元外務大臣は記者会見で、蓮舫代表の後任を決める代表選挙に立候補することを正式に表明し、「今までの政治生活のすべてをなげうって、党再生のために努力していきたい」と述べました。


安倍内閣 「支持する」39% 「支持しない」43%

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月行った調査より4ポイント上がって39%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、5ポイント下がって43%でした。


日韓首脳電話会談 北朝鮮制裁決議 中ロに履行求める

安倍総理大臣は、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と電話で会談し、北朝鮮に対して圧力を強化していく必要があるという認識で一致し、アメリカを含めた3か国で緊密に連携し、中国やロシアに国連安全保障理事会の新たな制裁決議の着実な履行を求めていくことを確認しました。


小野寺防衛相 「オスプレイの安全に最大限の配慮を」

小野寺防衛大臣は在日アメリカ軍のシュローティ副司令官と会談し、新型輸送機オスプレイが、オーストラリアでの事故のあとも沖縄のアメリカ軍普天間基地から飛行したことに懸念を伝えたうえで、安全面に最大限配慮するよう求めました。


若狭衆議院議員「日本ファーストの会」を設立

東京都議会議員選挙で小池知事が率いる都民ファーストの会を支援し、自民党を離党した若狭勝衆議院議員は、7日国会内で記者会見し、みずからを代表とする政治団体「日本ファーストの会」を設立し、政治塾を発足させることを明らかにしました。


公明 山口代表 来年の通常国会で改憲発議は困難

公明党の山口代表は日本記者クラブで記者会見し、憲法改正について、国会での議論が十分に進んでいないとして、来年の通常国会で改正の発議をするのは難しいという認識を示しました。


政務官27人を決定 自民から24人 公明は3人

政府は7日の臨時閣議で、第3次安倍第3次改造内閣の発足に伴い、政務官の人事を決定しました。


オスプレイ事故 沖縄県が防衛局長に抗議 飛行中止を要請

アメリカ軍普天間基地に配備されているオスプレイがオーストラリアの沖合で事故を起こしたことを受けて、沖縄県の富川副知事は沖縄防衛局長などに対し、「県民に大きな衝撃を与え大変遺憾だ」と抗議したうえで、原因が究明されるまでオスプレイの飛行中止を働きかけるよう要請しました。


副大臣25人を決定

政府は7日の臨時閣議で、第3次安倍第3次改造内閣の発足に伴い、副大臣の人事を決定しました。


河野外相 北朝鮮制裁決議の全面的履行を呼びかけ

河野外務大臣は、フィリピンで開かれたASEAN=東南アジア諸国連合と日中韓の3か国による外相会議で、今は北朝鮮に最大限の圧力をかけるべき局面だとして、各国に対し国連安保理の新たな制裁決議を全面的に履行するよう呼びかけました。


加計学園関係者ヒアリング参加は「説明補助」 官房長官

菅官房長官は記者会見で、国家戦略特区での獣医学部新設をめぐり、公表済みの議事要旨に記載のない「加計学園」の関係者が事前のヒアリングに参加していたことについて、今治市の説明補助で同席していたものだとしたうえで、必要な情報は公開されているという認識を強調しました。


日米外相会談 “北朝鮮への制裁決議 厳格な履行を働きかけ”

河野外務大臣は、7日午前、訪問先のフィリピンでアメリカのティラーソン国務長官と初めて会談し、国連安保理で採択された北朝鮮への新たな制裁決議の厳格な履行に向けて日米が緊密に連携していくことで一致しました。


江崎沖縄北方相 「不用意な発言で軽率だった」と陳謝

江崎沖縄・北方担当大臣は臨時閣議のあと記者団に対し、国会答弁では役所の答弁書を朗読するなどと述べたことについて、「不用意な発言で軽率だった」と陳謝し、大臣としての職責を果たしていく考えを強調しました。


飛行自粛の申し入れ後も沖縄でオスプレイが飛行

沖縄のアメリカ軍普天間基地に配備されている輸送機オスプレイがオーストラリアの沖合で事故を起こしたことを受けて、小野寺防衛大臣がアメリカ軍に対し日本国内でのオスプレイの飛行の自粛を申し入れる中、7日午前、普天間基地からオスプレイ1機が飛び立ちました。地元の反発がさらに強まることが予想されます。


民進 細野氏 あすにも離党届提出

新党の結成を目指して民進党を離党する意向を表明している細野元環境大臣は、7日、地元の民進党静岡県連の会合に出席し、早ければ8日にも離党届を提出する考えを明らかにしました。


オスプレイ事故「起こるべくして起きた」沖縄 翁長知事

沖縄のアメリカ軍普天間基地に配備されている輸送機オスプレイが、オーストラリアの沖合で訓練中に事故を起こしたことについて、沖縄県の翁長知事は7日朝、「起こるべくして起きたということだ。アメリカ軍の事故原因の究明も全く当てにならない」と述べ、強い憤りを示しました。


自民 高村氏 中国共産党部長と会談 北制裁の厳格履行求める

自民党の高村副総裁は、日本を訪れている中国共産党で対外交流を担う中央対外連絡部の宋涛部長と会談し、国連の安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議が採択されたことについて、中国側の対応を評価したうえで、制裁を厳格に履行するよう求めました。


河野外相 北朝鮮制裁決議踏まえ米韓中ロ外相と会談へ

フィリピンを訪れている河野外務大臣は、国連安全保障理事会で北朝鮮への新たな制裁決議が採択されたことを踏まえ、7日、日米韓3か国の外相会談を行うとともに、北朝鮮に強い影響力をもつ中国やロシアの外相とも相次いで会談し、挑発行動の阻止に向けて協力を求めることにしています。


中国の南シナ海軍事拠点化に懸念 ASEANで河野外相

フィリピンを訪れている河野外務大臣は、ASEAN=東南アジア諸国連合に加盟する各国の外相との会議で、中国が、南シナ海で軍事拠点化の動きを強めていることに深い懸念を示すとともに、力を背景とした一方的な現状変更に反対する考えを表明しました。


北朝鮮への制裁決議 着実履行を働きかけ 河野外相

フィリピンを訪れている河野外務大臣は、日本時間の6日夜、記者団に対し、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮への新たな制裁決議について、ASEAN=東南アジア諸国連合の各国に、着実に履行するよう働きかけていく考えを示しました。


河野外相が外交デビュー ASEAN10か国外相と会議

就任後初めての外国訪問としてフィリピンを訪れている河野外務大臣は、ASEAN=東南アジア諸国連合に加盟する10か国の外相との会議に臨み、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮や、海洋進出を強める中国への対応をめぐって意見を交わしたものと見られます。


小野寺防衛相 オスプレイ事故受け 米軍に飛行自粛要請

小野寺防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、オーストラリアで、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが訓練中に事故を起こしたことを受けて、アメリカ軍に対し、日本国内でのオスプレイの飛行を自粛するよう申し入れたことを明らかにしました。


元北海道・沖縄開発庁長官 上原康助氏が死去

細川内閣で北海道・沖縄開発庁と国土庁の長官を務めた、元衆議院議員の上原康助氏が、6日、呼吸不全のため沖縄県内の病院で亡くなりました。84歳でした。


公明 漆原氏「首相自身の政治姿勢が問われている」

公明党の漆原中央幹事会会長は、ラジオ日本の番組で、内閣支持率が下落したことについて、安倍総理大臣自身の政治姿勢が問われているとして、国民への丁寧な説明などを通して信頼回復に努めるべきだと注文をつけました。


公明 山口代表「憲法改正 まずは国会で十分に議論を」

公明党の山口代表は広島市で記者会見し、憲法改正について、国民の幅広い合意が得られるよう、まずは国会で十分に議論する必要があるとしたうえで、与党で、改正案の取りまとめに向けた協議を行うことには否定的な考えを示しました。


小野寺防衛相 「米にオスプレイ事故の情報開示要求へ」

小野寺防衛大臣は、NHKの日曜討論で、オーストラリアで新型輸送機オスプレイが訓練中に事故を起こしたことを受けて、アメリカ政府に対し、事故の原因などの情報を開示するとともに、オスプレイの安全性を確保するよう求めていく考えを示しました。


安倍首相 防衛大綱見直しの考え 敵基地攻撃は検討せず

安倍総理大臣は広島市で記者会見し、北朝鮮による弾道ミサイルの発射などに対応するため「防衛計画の大綱」を見直す考えを示す一方、自衛隊が敵の基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有に向けた検討を行う予定はないという認識を示しました。


官房長官 「謙虚で丁寧な政権運営に努める」

NHKの「日曜討論」で、菅官房長官は、国家戦略特区での獣医学部新設などに関連し、答弁が二転三転したことによって国民の不信を招いたとして、謙虚で丁寧な政権運営に努め、結果を出すことで国民の理解を得ていきたいという考えを示しました。


若狭氏 民進離党の細野氏と連携に向け協議したい考え

都民ファーストの会の主張を反映した国政政党の設立を目指している若狭勝衆議院議員は、民進党を離党する意向を明らかにした細野元環境大臣と、連携に向けた協議を行いたいという考えを示しました。


広島原爆の日 首相 「核兵器のない世界実現に努力」

安倍総理大臣は広島市で開かれた平和記念式典であいさつし、核兵器のない世界を実現するためには、核兵器国と非核兵器国双方の参画が必要だとして、非核三原則を堅持しながら、双方に働きかけを行っていく考えを強調しました。


北朝鮮制裁決議 首相「国際社会の意思明確」

安倍総理大臣と河野外務大臣は、国連の安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議が採択されたことを受けて、それぞれコメントを出しました。


河野外相 ASEAN外相会議へ 北朝鮮情勢など意見交換

河野外務大臣は、就任後初めての外国訪問として6日からフィリピンを訪れ、ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の外相会議などに出席し、北朝鮮による核・ミサイル開発や、中国が南シナ海で軍事拠点化を進めている問題をめぐり意見を交わすことにしています。


小野寺防衛相 14日に沖縄訪問で調整

小野寺防衛大臣は今月14日に就任後初めて沖縄県を訪問し、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画などをめぐって翁長知事と会談する方向で調整を進めています。


モスル奪還 イラクに祝意と支援の考え伝える 首相補佐官

日本の薗浦総理大臣補佐官がイラクでアバディ首相らと会談し、過激派組織IS=イスラミックステートから先月、北部の主要都市モスルを奪還したことに祝意を伝えるとともに、日本として治安の安定や復興に向けて支援していく考えを示しました。


民進 枝野氏 幅広い意見を見極め憲法議論を

民進党の憲法調査会長を務める枝野元官房長官は、党員などを対象にさいたま市で開いた憲法の対話集会で「民進党が憲法議論に及び腰というのは誤解だ」としたうえで、幅広い国民の意見を慎重に見極めながら党内での議論を進める考えを示しました。


法務省 戸籍事務にマイナンバー導入へ

法務省は、結婚の届け出といった戸籍証明書の添付が必要な手続きを簡素化しようと、マイナンバーカードを提示すれば戸籍証明書に代えられるようにする方針で、法制審議会に戸籍法の改正を諮問することにしています。


民進 細野氏の動向次第では党運営に影響も

民進党の細野元環境大臣が離党する意向を示したのに対し、今のところ、細野氏を中心とするグループなどに同調する動きは見られません。ただ、細野氏が新党結成を目指すなどとしていることから、その動向次第では、来月発足する新執行部の党運営に影響が出かねないという指摘も出ています。


河野外相 初の電話会談はサウジアラビア皇太子

河野外務大臣は4日夜、就任後初めてとなる電話会談を、サウジアラビアのムハンマド皇太子と行い、両国の戦略的パートナーシップを強化していくことを確認しました。


野田総務相が初登庁「上司に意見言える組織に」

野田総務大臣は4日午前11時前、総務省に初めて登庁しました。


上川法相が金田・前法相から事務引き継ぎ

上川法務大臣は4日午前、法務省の大臣室で金田・前法務大臣から事務の引き継ぎを受けました。


安倍首相「謙虚に 丁寧に 一つ一つ結果出す」

安倍総理大臣は4日朝、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し第3次安倍第3次改造内閣が発足したことについて「きょうから新たなスタートだ」と述べ、丁寧な政権運営で実績を残していきたいという考えを示しました。


小野寺防衛相 PAC3視察し隊員激励

小野寺防衛大臣は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えて、防衛省内に配備された地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の部隊を視察し、運用にあたる隊員を激励しました。


自民新執行部が野党にあいさつ回り 民進は早速注文も

自民党の二階幹事長や岸田政務調査会長ら新執行部は4日、野党各党にあいさつ回りを行い、民進党からは国会運営をめぐって早速注文が出されました。


野田総務相「総裁選出る」に首相「党活性化につながる」

安倍総理大臣は日本テレビの番組に出演し、野田総務大臣が次の自民党総裁選挙に「必ず出る」と述べたことについて、志を示したもので党の活性化につながるとして評価する考えを示しました。


民進代表選 旧民社党グループ高木氏 前原氏支持伝える

民進党の代表選挙をめぐって、旧民社党出身者らのグループを率いる高木元文部科学大臣は立候補の意向を表明している前原元外務大臣と会談し、憲法改正などで考え方が近いとしてグループ全体で支持する方針を伝えました。


首相夫人昭恵氏 支援の常駐職員を廃止

菅官房長官は午後の記者会見で、安倍総理大臣夫人の昭恵氏を支援する政府の常駐職員2人について、国会で野党側から批判を受けたことも踏まえ、先月、出身の経済産業省に戻し後任を配置していないことを明らかにしました。


民進 玉木氏 代表選立候補を見送り

民進党の代表選挙をめぐって、前回立候補した玉木幹事長代理は民放のBS番組の収録で「執行部にいたので私が出るのは筋ではない」と述べ、蓮舫代表の後任を決める代表選挙への立候補を見送る考えを示しました。


小池知事 若狭氏の国政政党設立に一定の協力

東京都の小池知事は、自民党を離党した若狭勝衆議院議員が都民ファーストの会の主張を反映した国政政党を年内には設立したいという考えを示していることについて「支援できることはしていきたい」と述べ、若狭氏に対し一定の協力をしていく考えを示しました。


民進 細野氏「新たな政権政党作るため離党したい」

民進党の細野・元環境大臣は東京都内で記者団に対し、新たな政権政党を作る決意で、離党して新党の結成を目指したいとしたうえで、地元の支持者らに説明し最終的に結論を出す考えを示しました。


労働時間規制外しと時間外労働上限 一本化し法案提出 厚労相

加藤厚生労働大臣はNHKなどのインタビューに対し、働いた時間ではなく成果で評価するとした労働基準法の改正案と、長時間労働の是正に向けて時間外労働に上限を設ける労働基準法の改正案を、今後一本化したうえで国会に提出したいという考えを示しました。


年金積立金5兆円余の黒字 世界的株高など影響

公的年金の積立金を運用しているGPIF=年金積立金管理運用独立行政法人は、ことし4月から6月の運用実績について、良好な企業業績を背景に世界的に株高が続いたことに加え、円安などの影響で5兆1000億円余りの黒字になったと発表しました。


内閣改造受け民進が衆院予算委開催を要求

自民党と民進党の国会対策委員長が会談し、民進党が、内閣改造を受けて新しい大臣に所信をただす必要があるとして衆議院予算委員会の開催などを求めたのに対し、自民党は「今のところ予定していないが、持ち帰って検討したい」と述べました。


菅官房長官 杉田氏の人事局長起用「政治主導は不変」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、新しい内閣人事局長に事務の杉田官房副長官が起用されたことについて、これまでも幹部人事を補佐してきた実績があり適任だとしたうえで、安倍内閣の政治主導は何ら変わっていないと強調しました。


菅官房長官 九州北部豪雨を激甚災害に来週指定へ

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、九州北部豪雨から5日で1か月になることについて、早期の復旧復興に全力で取り組んでいるとしたうえで、来週の閣議で災害復旧に必要な自治体の費用を政府が支援する「激甚災害」に指定する方針を示しました。


河野外相 日米豪外相会談や中・韓外相との個別会談を調整

河野外務大臣は就任後初めての外国訪問として6日からフィリピンを訪問し、ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の外相会議に出席するほか、日米豪3か国の外相会談や、中国・韓国の外相と個別に会談を行う方向で調整していることを明らかにしました。


日報問題 10日に閉会中審査 稲田氏出席は折り合わず

PKO部隊の日報問題をめぐって、衆議院安全保障委員会は理事懇談会を開き、来週10日に閉会中審査を行うことで与野党が合意しました。ただ野党側が安倍総理大臣と稲田・元防衛大臣の出席を求めたのに対し、与党側は応じられないとして折り合わず、引き続き協議することになりました。


都民ファーストの会 都議会議長候補に尾崎大介氏

先月の東京都議会議員選挙で最大会派となった都民ファーストの会は、新しい議長の候補に4期目の尾崎大介氏、公明党は副議長の候補を5期目の長橋桂一氏とすることをそれぞれ決め、今月8日の臨時議会で選出される見通しです。


民進 細野氏 代表選を前に今後の対応協議へ

民進党の細野元環境大臣は、蓮舫代表の後任に新たな代表が選ばれても、現状では党勢の回復は難しく、自民党に対する批判の受け皿を作る必要があるなどとして、4日、みずからが率いていたグループの議員と会合を開き、今後の対応を協議することにしています。


「防衛計画の大綱」見直し 本格的議論へ

防衛省は、安倍総理大臣から防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」を見直すよう指示されたことを受けて、核実験やミサイルの発射を繰り返す北朝鮮の動向などを踏まえ、大綱を新たに策定することも含め、本格的な議論を始めることにしています。


改造内閣発足 国民の疑念払拭が課題に

第3次安倍第3次改造内閣の発足を受けて、安倍総理大臣は経済再生に最優先で取り組み、着実に実績を積み上げ、信頼の回復を目指す方針です。ただ、政府内からも支持率の回復は容易ではないという指摘も出ていて、国家戦略特区での獣医学部新設などをめぐる国民の疑念をいかに払拭(ふっしょく)するのかが課題となっています。


首相 憲法改正めぐる日程 党や国会での議論に委ねる

憲法改正をめぐり、安倍総理大臣は3日夜、NHKの「ニュースウオッチ9」で、秋の臨時国会に自民党の改正案を提出したいなどとした日程については、党や国会での議論に委ねる考えを示しました。与党内では内閣支持率が下落する中で、憲法改正論議を拙速に進めるべきではないという意見も出ていて、議論の先行きは不透明さを増しています。


第3次安倍第3次改造内閣 海外の反応

3日夕方、正式に発足した第3次安倍第3次改造内閣についての海外の反応です。


谷内局長 米韓の政府高官と電話会談 北朝鮮への圧力強化へ

谷内国家安全保障局長は、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルを発射したことを受けて、3日夜、アメリカと韓国の政府高官と電話で会談し、北朝鮮に対する圧力を強化するため、中国やロシアへの働きかけを強めていくことで一致しました。


成人年齢18歳に引き下げ 改正案を秋の臨時国会に提出へ

上川法務大臣は初閣議のあとの記者会見で、民法の成人年齢を今の20歳から18歳に引き下げる改正案について、秋の臨時国会に提出したいという考えを示しました。


内閣人事局長に杉田官房副長官を起用

安倍総理大臣は、これまで政務の官房副長官が務めてきた、中央省庁の幹部職員の人事を一元的に管理する内閣人事局の局長に、新たに事務の杉田官房副長官を起用する人事を決めました。


官房長官「側面からしっかり支える」

菅官房長官は初閣議のあとの記者会見で、みずからの役割について、「安倍総理大臣が発信した『仕事人内閣』で結果を出せるように、側面からしっかり支えていくのが私の役割だ。また、地震やテロ、北朝鮮によるミサイル発射などの危機管理の際は、万全の体制で取り組まなければならず、常日ごろから内閣全体が緊張感をもてるようにすることも、私にとって極めて大事なことだ」と述べました。


日報問題 衆院安保委の閉会中審査 10日開催で合意

PKO部隊の日報問題をめぐって、衆議院安全保障委員会の与野党の筆頭理事が協議し、10日に閉会中審査を行うことで合意しましたが、稲田元防衛大臣を出席させるかどうかについては折り合わず、引き続き協議することになりました。


内閣改造後の初閣議 人づくり革命など推進 基本方針決定

第3次安倍第3次改造内閣は3日夜、発足後初めての閣議を開き、5年前に政権を奪還した原点に立ち返り、政治に対する国民の信頼回復に向けた努力を積み重ねるとしたうえで、「人づくり革命」や働き方改革の実現を進めるなどとした基本方針を決定しました。


首相 国民の不信に陳謝 原点に返る

安倍総理大臣は第3次安倍第3次改造内閣の発足を受けて記者会見し、国家戦略特区での獣医学部新設などをめぐって、国民から不信を招いたことは深く反省するとして陳謝しました。そのうえで、安倍総理大臣は「原点にもう一度立ち返らなければならない」と述べ、経済再生をはじめ、政策課題で結果を出すことで信頼回復に努める考えを強調しました。


民進 地方組織に代表選への協力求める

民進党は党の地方組織の代表を集めた会合を開き、蓮舫代表の後任を決める代表選挙について、党員・サポーターも参加して、来月1日に投開票を行うことに協力を求めました。


第3次安倍第3次改造内閣 正式に発足

安倍総理大臣は内閣改造を行い、総務大臣に野田聖子氏、外務大臣に河野太郎氏を起用するなど、第3次安倍第3次改造内閣の19人の閣僚の陣容を決め、3日夕方、第3次安倍第3次改造内閣が正式に発足しました。


安倍改造内閣全容固まる きょう夕方にも発足

安倍総理大臣は内閣改造を行い、総務大臣に野田聖子氏、外務大臣に河野太郎氏を起用するなど、第3次安倍第3次改造内閣の19人の閣僚の陣容を決め、菅官房長官が閣僚名簿を発表しました。新閣僚は皇居での認証式に臨み、第3次安倍第3次改造内閣が正式に発足します。


小池知事「この政権で安定してもらわないと」

東京都の小池知事は都内での講演で、今回の内閣改造について「ほかの国が混乱する中で日本の政治の安定は現時点では重要だ。この政権でまず安定してもらわないと東京で進める特区の問題もつかえてしまい都民が困ってしまう」と述べました。


「人づくり革命担当」にネットでは戸惑いの声も

ツイッターなどSNSでは、今回の内閣改造で新設された「人づくり革命担当」について書き込みが相次いでいます。


首相「未来チャレンジ内閣 数々の成果上げた」

安倍総理大臣は午前11時半すぎから開いた臨時閣議で、閣僚の辞表を取りまとめました。安倍総理大臣は「『未来チャレンジ内閣』として数々の成果を上げることができた。新しい気持ちで改革を進めていくために、きょう内閣を改造する。引き続き、安倍内閣のさらなる挑戦に、ご支援を頂きたい」と述べました。


自民党役員人事 正式に決定

自民党の役員人事を受けて新執行部が記者会見し、二階幹事長は「執行部が任務を果たし、反転攻勢の実を上げるべく全力を尽くして戦っていきたい」と述べました。また、岸田政務調査会長は政策面で成果をあげ党の信頼回復に努める考えを示したうえで、「安倍内閣をしっかり支えていくことが私の役割だ」と述べました。


きょう内閣改造 総務相に野田氏 外相に河野氏など内定

安倍総理大臣は3日、内閣改造と自民党の役員人事を行います。総務大臣に自民党の野田聖子元総務会長、外務大臣に河野太郎前国家公安委員長の起用を内定し、農林水産大臣には当選3回の齋藤健農林水産副大臣を抜てきするなど、新しい内閣の全容を固めました。


内閣改造に先立ち 3日午前 自民党役員人事

安倍総理大臣は、内閣改造に先立って、午前中、自民党の役員人事を行いました。まもなく臨時の総務会で、幹事長に二階俊博氏、副総裁に高村正彦氏を再任、総務会長に竹下亘氏、政務調査会長に岸田文雄氏、選挙対策委員長に塩谷立氏を起用することが正式に決まります。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る