NHKニュース|科学・医療 2017年10月17日 (火曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

小児心臓病 岡山大が再生医療の臨床研究 8歳女児に手術

脳死からの臓器提供を認める臓器移植法が施行されてから、16日で20年となりましたが、この間、脳死になった子どもからの臓器提供は15例にとどまっています。こうした中、岡山大学では、移植に代わる治療法を目指して、再生医療の臨床研究が進められ、重い心臓病の子どもから取り出して培養した特殊な細胞を体に戻す初めての手術が行われました。


「中性子星」日本も合体観測”重金属の起源に迫る成果”

極めて密度が高い星「中性子星」が、合体することで生じた重力波がアメリカなどのチームによって初めて観測されましたが、日本でもこのチームから緊急の連絡を受けた国立天文台などが中性子星の合体の様子を観測し、これまでどのようにできたのかが謎だった金やプラチナなどの重金属が合体の過程でできた可能性を示すデータを得たと会見で明らかにしました。


「中性子星」合体の現象 重力波で初観測

宇宙のはるか遠くで極めて密度の高い星、「中性子星」が合体する現象を、重力波の観測によって初めてとらえたと欧米の国際研究チームが発表しました。今回の現象は、重力波以外に、光やガンマ線などでも同時に観測され、今後、さまざまな観測方法を組み合わせることで宇宙で起きる現象の解明が進むことが期待されています。


札幌市の時計台にクラーク博士の新たな像

北海道大学の前身、札幌農学校の初代教頭で「少年よ、大志を抱け」の言葉で知られるクラーク博士の新たな像が、ゆかりの深い札幌市時計台に設置され、16日から公開されました。


臓器移植法施行20年 理解深める大会

脳死した人からの臓器提供を可能にする法律が施行されて16日で20年になるのを前に、臓器移植について理解を深めてもらおうという大会が都内で開かれました。


先天性の心臓病患者 就労や出産などの課題語る

生まれつき心臓に病気を抱え、治療を続けながら成人になった患者が就労や出産などの課題について語る全国大会が都内で開かれました。


ひざの上に何人連なって座れるか 2387人でギネス世界記録

ひざの上に連なるように何人が座れるかに挑戦するイベントが新潟市で行われ、これまでの記録を上回る2387人が座ったとして、ギネス世界記録に認定されました。


“図書館で文庫本貸さないで” 出版社社長が呼びかけ

13日、都内で開かれた、全国の公共図書館などの関係者が集まる大会で、文庫本を出している出版社の社長が「図書館で文庫本の貸し出しをやめてほしい」と呼びかけました。本の売り上げ減少という課題がある一方で、さまざまな本を提供する図書館の役割もあり、議論を呼びそうです。


江戸から明治の世相描いた錦絵展

江戸時代から明治時代にかけての人々の暮らしや世相を描いた錦絵の展示会が東京・中央区で14日から始まるのを前に、13日、報道陣向けに作品が公開されました。


泊原発 新たな防潮堤建設の方針 再稼働の審査に遅れも

北海道にある泊原子力発電所について、防潮堤が地震による液状化で沈下するおそれが指摘されていることから、北海道電力は、新たな防潮堤を建設する方針を固めました。そのため、審査に追加のデータをそろえる必要があることから審査が遅れる可能性があり、北海道電力が目指す再稼働の時期は見通せていません。


金井宇宙飛行士の訓練公開 NASA

日本人12人目の宇宙飛行士となる金井宣茂さんが、ことし12月から国際宇宙ステーションでの任務に就くのを前に、NASA=アメリカ航空宇宙局が金井さんの訓練の様子を公開しました。


対馬でユーラシアカワウソの生息確認 韓国から漂着か

長崎県の対馬で野生のカワウソが確認されたことを受けて、環境省が島全体を調査したところ、ユーラシアカワウソが生息していることがわかりました。専門家は絶滅したとされるニホンカワウソの可能性は非常に低いとしたうえで、韓国に生息していたユーラシアカワウソが海流に流されるなどして住み着いた可能性が高いとしています。


世界都市ランキング 東京は3位を維持

世界の都市の総合力を民間のシンクタンクが採点したランキングが公表され、東京は海外からの訪問者数の増加などによって、去年に引き続いて3位を維持し、2位のニューヨークとの差を縮めました。


日本美術のコレクション 米の美術館が再び開館へ

アメリカ有数の規模の日本美術のコレクションを保有する首都ワシントンの美術館が、改修作業を終えて、今月14日に再び開館することになり、日本をはじめアジアの文化への理解を深める場として期待が集まっています。


金井宇宙飛行士 国際宇宙ステーションの任務前にNASAで会見

ことし12月に、国際宇宙ステーションで初めての任務を始める日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんがNASA=アメリカ航空宇宙局の施設で記者会見し、「宇宙空間での体の変化を調べ、老化の研究に役立てたい」などと抱負を述べました。


バチカンの聖歌隊 復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱

日本とバチカンが国交を結んでことしで75周年になることを記念するミサが、イタリアの首都、ローマの教会で行われ、バチカンの聖歌隊が東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」の合唱を日本語で披露しました。


羽生元七冠 王座戦第4局で敗れ「一冠」に

将棋の八大タイトルの1つ、王座戦の第4局が、11日横浜市で行われ、羽生善治二冠が、挑戦者の中村太地六段に敗れ、タイトルを失いました。一時、七冠を独占した羽生さんのタイトルは、これで「棋聖」だけとなり、平成16年以来の「一冠」となりました。


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断

青森県にある核燃料サイクルの中核施設の使用済み核燃料の再処理工場で、建屋に雨水が流入していた問題について、原子力規制委員会は、長年、必要な点検を行っていなかったとして保安規定に違反していると判断しました。今回の問題を受け、本格運転の前提となる審査も当面、中断されることになり、日本原燃が目指す来年度上期の再処理工場の完成は、難しい状況となりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る