NHKニュース|社会 2018年2月1日 (木曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

パチンコ出玉3分の2程度に 改正風営法施行

警察庁は、パチンコの出玉の上限をこれまでの3分の2程度に抑えるよう風俗営業法の規則を改正し、1日から規制を強化します。


シャンシャン きょうから先着順に 公開時間も延長

東京・上野動物園で誕生したジャイアントパンダの「シャンシャン」の観覧の受け付け方法が、1日から先着順に変わります。公開時間も延長され、1日当たりの観覧者は9500人に増える見通しです。


高齢生活保護受給者らの施設で火事11人死亡 札幌

31日夜、札幌市東区にある高齢の生活保護受給者らが暮らす自立支援施設で火事があり、焼け跡から11人の遺体が見つかりました。警察は身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。


東京23区などでも積雪のおそれ 2日にかけて

日本の南の海上を東へ進む低気圧の影響で、2日にかけて、西日本と東日本の太平洋側を中心に雪が降り、東京23区などの平地でも雪が積もるおそれがあります。気象庁は、路面の凍結などに注意するとともに交通機関に影響が出るおそれがあるため、時間に余裕を持った行動を呼びかけています。


障害者の1人暮らしサポート 東京・江東区

東京・江東区は、精神障害者の自立や社会復帰を促すため、区内の2つの施設に専任の担当者を配置してもらい、賃貸住宅の契約から生活全般までを幅広く支援する事業を始めることになりました。


工場兼住宅で火事1人死亡 埼玉 伊奈町

先月31日夜遅く、埼玉県伊奈町の工場を兼ねた2階建ての住宅が焼け、焼け跡から1人が遺体で見つかり、警察は、火事のあと連絡が取れなくなっているこの家に住む33歳の男性と見て確認を進めています。


象牙加工会社役員逮捕 600本余りを中国人に販売か

小さくカットされた象牙600本余りを、違法に国外に持ち出されると知りながら中国人の男に販売したとして、象牙の加工などを行っている東京都内の会社の役員が、関税法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。役員は容疑を否認しているということです。


災害公営住宅の家賃さらに5年間据え置き 仙台と石巻

東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市と石巻市は、本来ならことし4月から引き上げられる災害公営住宅の家賃について、それぞれ独自にさらに5年間据え置く方針を固めました。両市は、被災者の経済的な負担の軽減を優先したとしています。


「1年前より深刻」が半数以上 企業の人手不足

企業の人手不足の実態を財務省が全国の企業を対象に調査した結果、半数以上が1年前よりも深刻になったと答え、景気の回復が続く中、人手の確保に危機感を強めていることがわかりました。


アルツハイマー病 簡単な検査で判定可能な技術開発

認知症の原因であるアルツハイマー病を、症状が出る前でも簡単な検査で発見できることにつながる技術を、国立長寿医療研究センターと大手精密機器メーカーが共同で開発しました。


血液製剤輸血でE型肝炎に感染 がんの80代女性死亡

去年がんの治療中に血液製剤の輸血を受けた80代の女性が、E型肝炎ウイルスに感染し、その後死亡していたことがわかり、日本赤十字社は、医療機関などに注意を呼びかけることにしています。


朝鮮総連 支部元幹部逮捕 英会話教材を無許可売買か

中古の英会話教材を無許可でインターネットのオークションなどを通じて売買したとして、朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の都内の支部の元幹部が逮捕され、警視庁などは1億円以上を不正に売り上げていたと見て、調べています。元幹部は「売買はしたが、許可が必要だとは知らなかった」と供述しているということです。


札幌 高齢者施設で火事 9人死亡2人不明

31日夜、札幌市東区にある生活保護受給者の自立を支援する施設で火事があり、警察によりますと、焼け跡から9人が遺体で見つかりました。この施設には16人が入居し、これまでに5人が救助されましたが依然2人と連絡がとれなくなっていて、警察と消防が確認を急いでいます。


猛毒のシアン化ナトリウム 1キロ分紛失か

31日、北九州市にある毒劇物などの販売業者の倉庫から、猛毒のシアン化ナトリウム1キロ分がなくなっているのが見つかりました。シアン化ナトリウムは飲む込んでしまうと、わずかな量でも死に至るおそれがあるとして、市は、不審な容器を見つけた場合は、すぐに保健所に連絡するよう呼びかけています。


京大も出題ミス 追加合格へ

京都大学が去年行った2次試験の物理で、出題ミスが明らかになり、大学は当時、不合格と判定した複数の受験生を追加合格にすることが文部科学省などへの取材でわかりました。京都大学は、1日、記者会見を開いて詳細を明らかにする方針です。


障害者暴行事件 市にうその報告か 理事長ら書類送検へ

宇都宮市の障害者支援施設で入所者が暴行された事件で、警察は、施設を運営する法人が事件のあとの市の調査に対し、うその報告をしていたとして、1日にも法人とその理事長ら3人を障害者総合支援法違反の疑いで書類送検する方針です。


自画撮り被害防止条例 全国初きょうから施行 東京都

中高生によるいわゆる「自画撮り」の被害を防ぐための全国で初めての条例が、1日から東京都内で施行され、18歳未満の子どもに裸の画像を送るよう求める行為が禁止され、違反した場合は30万円以下の罰金を科せられます。


不当要求15%余 大規模小売業者 納入業者との取り引きで

ドラッグストアなどの大規模小売業者と商品の納入業者の取り引きの15%余りで、小売業者が売れ残りの返品を迫るなど独占禁止法上問題となるおそれがある要求をしていたことが、公正取引委員会の調査でわかりました。


高齢ドライバー運転の事故 重体の女子高生死亡 前橋

今月前橋市で、高齢のドライバーが運転する乗用車にはねられて意識不明の重体になっていた16歳の女子高校生が、31日亡くなりました。


福島の風評被害対策で東電が専門の部署設置

福島第一原子力発電所の事故に伴う農作物などの風評被害への対策を強化しようと、東京電力は、福島復興本社に専門の部署を設置し、福島県で生産される農作物の購入を拡大するなどの取り組みの計画を発表しました。


22年前に夫殺害した疑い 自首した78歳妻逮捕

22年前、愛知県豊川市の住宅で、当時59歳の夫を刃物で刺して殺害したとして78歳の妻が逮捕されました。妻が自首したことで住宅から遺体が見つかり、事件が発覚したということで、警察は詳しいいきさつを調べています。


ヘリ緊急着陸相次ぎ 米軍が陸自専門家に整備状況説明へ

沖縄でアメリカ軍のヘリコプターの緊急着陸が相次いでいることを受け、アメリカ軍は1日に普天間基地に陸上自衛隊の専門家を招き、機体の整備状況などについて説明することになりました。


佐渡 約800世帯で断水続く 空き家の漏水点検強化

最大で1万世帯以上が断水した新潟県佐渡市では、断水が続く世帯がおよそ800世帯に減り、市は水道管が破裂して水が漏れ続けている空き家などの点検を強化し、復旧作業を急ぐことにしています。


国後島に連行の漁船 解放され根室港へ

北方領土の国後島にロシア当局によって連行されていた、北海道根室市の漁協に所属する漁船と乗組員は、ロシアの漁獲規則に違反したことを理由とする罰金を支払ったことを受け、31日午後、解放されました。


出荷前のトマト凍る 大雪でハウスの温度管理できず

野菜の卸売り価格の値上がりが続く中、大雪の影響で石川県小松市で、出荷前のトマトが凍る被害が出ていることがわかりました。


バリ島不動産投資で不正な資金集めか 千葉地検が捜索

インドネシアのバリ島での不動産投資などの名目で、国内の投資家から無許可で不正に資金を集めたとして、千葉地方検察庁などが、バリを拠点とする会社の関係先などを出資法違反の疑いで一斉に捜索しました。


出資金賠償訴訟 2審は原告の訴え退ける

高い配当が得られるとうたって東北などで出資金を集めていた団体に対して出資者が賠償を求めた裁判で、2審の東京高等裁判所は、賠償を命じた1審判決を取り消し、訴えを退けました。


厚生年金保険料32年滞納 1億円強制徴収

厚生年金の保険料を32年間にわたり滞納した大阪・泉佐野市にあったタクシー会社について、厚生労働省の委任を受けた大阪国税局が、財産を差し押さえるなどの強制徴収を行って、およそ1億円を回収していたことが関係者への取材でわかりました。


農家がっかり… 高騰の白菜500個盗まれる

厳しい冷え込みの影響で野菜の高騰が続く中、佐賀県みやき町では、畑が荒らされて収穫前の白菜およそ500個、15万円相当が盗まれているのが見つかりました。


断水続く石川 輪島 防火水槽を消防が巡回点検

厳しい冷え込みの影響で断水が続いている石川県能登地方の輪島市では、一部の消火栓が使えない状態になっていることから、消防署員らが防火水槽を巡回して水がくみ上げられるか点検を行っています。


JR中央・総武線と総武線快速 運転再開

JR中央・総武線の各駅停車と総武線の快速電車は人身事故の影響で運転を見合わせていましたが、午後7時15分に全線で運転を再開しました。


公立高校も生徒を全国募集 来年度200校に 少子化が影響

少子化に伴って生徒の確保に悩む高校が増える中、公立高校でも全国から生徒を募集するケースが増え、来年度は少なくても28の県などで200校に上ることが全国の教育委員会への取材でわかりました。


大相撲 北勝富士関「確定申告はネットで」PR

個人事業主などが対象となる確定申告が来月から始まるのを前に、大相撲の北勝富士関が出身地の埼玉県所沢市で一日税務署長として早めの申告を呼びかけました。


JR中央・総武線と総武線快速 運転見合わせ

JR中央・総武線の各駅停車は新小岩駅で起きた人身事故の影響で、午後6時10分すぎから三鷹と千葉の間の上下線で運転を見合わせています。総武線の快速電車も東京と千葉の間の上下線で運転を見合わせています。


1票の格差 名古屋高裁金沢支部も「合憲」 去年の衆院選

去年10月の衆議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、名古屋高等裁判所金沢支部は「投票価値の平等の要求に反する状態とはいえない」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。


草津白根山 火山活動続く 噴火警戒レベル3継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では31日も火山性地震が観測されたほか、ごく弱い噴気が確認されるなど火山活動が高まった状態が続いています。気象庁は「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、警戒を呼びかけています。


ふるさと納税を暴力団追放に活用へ 兵庫県

指定暴力団・山口組の総本部などがある兵庫県は、ふるさと納税の制度を利用して、住民側が暴力団事務所の撤去を求める訴訟を起こす場合に、その支援に充てるための寄付を募ることになりました。


女児死亡事故 逮捕の70歳女の夫「スピード出しすぎ注意した」

30日、岡山県赤磐市で、乗用車に追突された軽トラックが小学生の列に突っ込み、4年生の女子児童が死亡した事故で、乗用車を運転し逮捕された70歳の女の夫が警察に対し「事故の直前、妻にスピードの出しすぎを注意した」という趣旨の話をしていることが捜査関係者への取材でわかりました。


東京23区で再び積雪も 西〜東日本の太平洋側中心に雪

日本の南の海上を東へ進む低気圧の影響で、これから来月2日にかけて西日本と東日本の太平洋側を中心に雪が降り、低気圧の進路によっては東京23区などの平地でも雪が積もるおそれがあります。気象庁は、最新の気象情報や交通情報をこまめに確認し、交通機関への影響に注意するよう呼びかけています。


ウィンドウズ違法改造し販売の疑い 社長ら逮捕

パソコンの基本ソフト、ウィンドウズを違法に改造し、美容院が使う顧客の管理システムに入れて販売したとして、愛知県の会社社長らが商標法違反の疑いで逮捕されました。違法な改造でセキュリティーに欠陥が生じ、外部からの不正アクセスで犯罪に悪用されていたということで、警視庁が調べています。社長は容疑を否認しているということです。


自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる

現職の自衛官が、安全保障関連法は憲法9条に違反するとして出動命令に従う義務はないと訴えた裁判で、2審の東京高等裁判所は訴えを退けた1審判決を取り消し、審理のやり直しを命じました。


雪で高速道通行止めのおそれ あすからあさって

高速道路各社は、来月1日夕方から2日にかけて雪の影響で通行止めが発生するおそれがあるとして、高速道路の利用をできるだけ控え、車で外出する際には冬用タイヤやチェーンを装着するよう呼びかけています。


路線バス2台とバイクが事故 19人重軽傷 広島

31日朝、広島市中心部の交差点で、路線バスどうしが衝突したところに後続のバイクが追突し、バスの乗客など19人が重軽傷を負いました。


「はれのひ」 警察が元従業員らに説明求める

経営破綻した横浜市の「はれのひ」と契約した新成人に振り袖が届かなかった問題で、警察がこの会社の複数の元従業員らから会社の営業の実態や財務状況などについて、31日までに説明を求めたことが捜査関係者への取材でわかりました。


1票の格差 大阪高裁も「合憲」 去年の衆院選

去年10月の衆議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、大阪高等裁判所は「法律の改正で定められた今回の区割りには合理性がある」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。


ライバルに禁止薬物混入のカヌー選手 書類送検へ

去年、石川県で開かれたカヌー・スプリントの日本選手権に出場した32歳の選手が、ライバルの選手の飲み物に禁止薬物を混入した問題で、石川県警察本部は東京オリンピックへの出場を妨害するためだったとして、来月にも偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。


東日本大震災で東京湾大混乱 新海上交通センターで一元管理

7年前の東日本大震災の際、東京湾に数多くの船舶が集まって混乱したことを受けて、湾内の船舶の行き来を一元的に管理する新しい海上交通センターが横浜に設置され、31日から運用が始まりました。


1票の格差 高松高裁も「合憲」 去年の衆院選

去年10月の衆議院選挙で、いわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、高松高等裁判所は「投票価値の平等に反する状態だったとは言えない」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。


国後島に連行 根室の漁船に罰金 船長ら近く解放へ

北海道根室市の漁協に所属する漁船が、ロシアの警備当局の臨検を受けて北方領土の国後島に連行された問題で、ロシアの裁判所は、31日、漁船の船長に対して、日本円にして160万円余りの罰金の支払いを命じました。船長や乗組員は近く解放される見通しです。


熊本地震からの復興描く 県が制作のドラマ上映会

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の仮設の商店街をモデルにしたドラマを熊本県が制作し、31日、仮設住宅で上映会が開かれました。


男性教諭 9歳児童の胸ぐらつかみ壁に押しつけ骨折

先月、福岡市内の小学校で、男性教諭が3年生の男子児童の胸ぐらをつかんで壁に押しつけ、骨を折る大けがをさせていたことがわかり、市の教育委員会は「事実関係をしっかり確認し厳正に対処したい」としています。


座間9人遺体事件 白石容疑者を再逮捕 高校生殺害などの疑い

神奈川県座間市のアパートで9人が遺体で見つかった事件で、このうちの4人を殺害した疑いなどで逮捕された白石隆浩容疑者について、警視庁は群馬県の15歳の女子高校生を殺害して遺棄したなどとして再逮捕しました。


9歳女児死亡の事故 車線はみ出しの70歳女を逮捕 岡山

30日、岡山県赤磐市の県道で対向車線にはみ出した乗用車が3台の車に次々と衝突するなど合わせて4台が巻き込まれる事故があり、このうち乗用車に追突された軽トラックが歩道を歩いていた小学生の列に突っ込んで4年生の女子児童が死亡しました。警察は乗用車を運転していた70歳の女を逮捕し、過失運転致死傷の疑いで調べています。


佐渡の断水世帯 約1500世帯に減少 復旧急ぐ

最大で1万世帯以上が断水した新潟県佐渡市では、断水が続く世帯がおよそ1500世帯に減り、市は水道管が破裂して水が漏れ続けている住宅の点検を強化し、復旧作業を急ぐことにしています。


流出仮想通貨 少額を複数口座に分散の動き 追跡かく乱か

大量の仮想通貨が大手取引所から流出した問題で、30日夜、流出した仮想通貨のうち少ない額をインターネット上の複数の口座に分散する動きが確認され、専門家は、仮想通貨を複雑に動かすことで追跡を難しくしようとしているのではないかと指摘しています。


草津白根山 火山活動高まり続く 警戒レベル3継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、31日も火山性地震が観測されるなど火山活動が高まった状態が続いています。気象庁は「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、警戒を呼びかけています。


座間市の事件で逮捕の容疑者 女子高校生殺害の疑いで再逮捕へ

神奈川県座間市のアパートで9人が遺体で見つかった事件で、このうちの4人を殺害した疑いなどで逮捕された白石隆浩容疑者について、警視庁は31日にも、群馬県の15歳の女子高校生に対する殺人などの疑いで再逮捕する方針です。


福島県以外の除染で出た土の処分 茨城と栃木で実証事業へ

東京電力福島第一原発の事故のあと、福島県以外の関東と東北の7つの県で行われた除染で出た土の処分について、環境省は、埋め立ての安全性を確認するため、実際に土を地中に埋めて周辺の放射線量を測定する実証事業を、茨城県東海村と栃木県那須町で行う方針を固めました。


断水続く佐渡 インフルエンザ感染対策の徹底を呼びかけ

最大で1万世帯以上が断水した新潟県佐渡市では、断水が続く世帯がおよそ3000世帯に減り、断水の解消に向けて復旧作業を急ぐことにしています。一方、市内ではインフルエンザが流行していて、県は断水で手が洗えない場合、ウエットティッシュを使うなど感染対策の徹底を呼びかけています。


職場パソコンから懸賞に約1450回応募 懲戒処分 福島県職員

福島県の出先機関に勤務する管理職の男性職員が、先月、職場のパソコンから1400回以上懸賞に応募していたとして減給の懲戒処分を受けました。


小学生の列に車 9歳女子児童死亡 岡山

30日夕方、岡山県赤磐市の県道で車5台が関係する事故が起き、下校中の小学生5人が巻き込まれて、このうち4年生の女子児童が死亡しました。警察は、事故のきっかけになった乗用車を運転していたとして70歳の女を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。


佐渡 3000世帯で断水続く 節水呼びかけ 復旧作業急ぐ

新潟県佐渡市の広い範囲が断水している問題で、断水世帯は30日午後4時の時点でおよそ3000世帯に減りました。市は、今後水の使用量が予想を上回れば再び断水するおそれがあるとして、節水への協力を呼びかけるとともに復旧作業を急ぐことにしています。


小学校で教室など焼ける 放火か 埼玉 志木

30日午後、埼玉県志木市で、小学校から火が出て2階と3階の教室や廊下の一部が焼けました。現場では複数の場所から火が出たということで、警察は何者かが火をつけた可能性があると見て調べています。


長崎 原爆死没者の名簿登載 「被爆体験者」も対象に

8月9日の長崎原爆の日に納められる「原爆死没者名簿」について、長崎市は適切な申請があれば名簿への登載を原則として認め、「被爆体験者」も対象にすると条件を見直すことになりました。


警察が誤ってDV加害者に情報 被害者に転居費用など補償へ

大阪府内の警察署に勤務する警察官が、DV=ドメスティック・バイオレンスで避難している女性に関する情報を誤って加害者の元夫に伝えていたことがわかり、警察は女性に謝罪したうえで、別の避難先への転居費用などを補償することを決めました。


蔵王山で火山性微動と地殻変動 噴火警戒レベル2に

宮城県と山形県にまたがる蔵王山で、28日から30日にかけて火山性微動が相次いで観測されたほか、山頂の南側が隆起する地殻変動も観測されました。気象庁は今後、小規模な噴火が起きるおそれがあるとして、30日午後、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、馬の背カルデラの想定火口域からおおむね1.2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


メキシコ人被告に一部無罪 覚醒剤事件で東京地裁

虎の置物の中に覚醒剤およそ25キロを隠して密輸した罪などに問われたメキシコ人の被告の裁判員裁判で、東京地方裁判所は、密輸については無罪としたうえで、覚醒剤の所持の罪で懲役11年の判決を言い渡しました。


仮想通貨流出 不特定多数の端末狙う不審な通信 攻撃準備か

仮想通貨の取引所から大量の仮想通貨が流出した問題で、1年余り前からインターネット上で、この仮想通貨を扱う不特定多数の端末を狙った海外からの不審な通信が繰り返し行われていたことが、筑波大学の研究グループの分析でわかりました。研究者は、何者かが攻撃対象を探して準備していた可能性があり、さらに分析する必要があるとしています。


仮想通貨を不正に入手か 高校生を逮捕

仮想通貨の1つ、「モナコイン」を不正に入手しようとコンピューターウイルスを使って他人のパスワードを盗み出したなどとして、大阪の高校3年の男子生徒が愛知県警に逮捕されました。警察は、男子生徒がおよそ1万4800円分の仮想通貨を自分の口座に移して不正に入手した疑いがあると見て調べています。


内密出産「導入には国の法整備必要」熊本市

いわゆる「赤ちゃんポスト」を運営する熊本市の民間病院が匿名での妊婦の出産を受け入れ、子どもがあとから親を知ることができる「内密出産制度」の導入をめぐり、熊本市の担当者と法律の解釈などを話し合い、市側は「導入には、国の法整備が必要」との見解を示しました。


認可外保育施設 県の改善勧告に従わず施設名公表 千葉 市川

千葉県は市川市にある認可外の保育施設について、子どもの健康管理などに問題があるとして、改善勧告を行ったものの従わなかったとして、施設名を公表する行政処分を行いました。


東京 多摩の男性殺害で懲役17年6か月 東京地裁立川支部

おととし、東京 多摩市のマンションで、25歳の会社員の男性を、刃物でおよそ30か所刺して殺害した罪などに問われた大手宅配会社の元従業員の裁判で、東京地方裁判所立川支部は「計画性が高く、執ような犯行だ」として懲役17年6か月の判決を言い渡しました。


都知事 受動禁煙対策の条例案提出先送り表明

東京都の小池知事は、受動喫煙対策を強化する都独自の条例案について、厚生労働省が30日公表した新たな対策案の内容と整合性を取りたいとして、当初予定していた、来月開かれる都議会への提出を先送りし、検討を続ける考えを示しました。


大砂嵐から警察が事情聴取 無免許運転の疑い 書類送検へ

大相撲の十両大砂嵐が今月、長野県で無免許で車を運転し事故を起こした疑いが持たれている問題で、警察が東京都内で大砂嵐本人から任意で事情を聴いたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は今後、無免許運転の疑いで書類送検する方針です。


断水は4000世帯に減少も節水呼びかけ 新潟 佐渡

新潟県佐渡市の広い範囲で断水している問題で、1万世帯余りあった断水世帯は30日朝の時点でおよそ4000世帯に減りました。市は引き続き復旧作業を急いでいます。


東京都 受動喫煙対策の条例案先送り 厚労省の新対策案見極め

厚生労働省が30日公表した新たな対策案では、規制の区分が大きく変更されていることや、例外として喫煙可能となる飲食店の基準などが明確に示されておらず、東京都は独自の条例案の提出を先送りすることになりました。都としては、今後の厚生労働省と自民党との議論を見極めながら、条例案の内容を固めていくことにしています。


水道トラブル訴え相次ぐ 富山県内

富山県内の自治体には、水道のトラブルを訴える、住民や企業からの相談が相次いでいます。


「菓子にも毒」水銀入りたばこの男 殺人未遂罪で起訴

水銀を入れた加熱式たばこを知り合いの男性に吸わせたとして逮捕された大津市の男が「毒物を入れた菓子も渡したが、うまくいかなかった」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかりました。男は30日、殺人未遂の罪で起訴されました。


能登地方で断水 石川県が自衛隊に災害派遣要請

石川県は、能登地方の広い範囲で断水が起きていることを受け、水不足が懸念されるとして30日午前、自衛隊に給水に関する災害派遣を要請しました。


草津白根山噴火 草津町が防災マップ見直しへ

草津白根山の噴火を受けて、群馬県草津町は、噴石や火山灰が飛散するおそれがある範囲などの被害想定をまとめた「火山防災マップ」を見直し、新たな避難場所の確保などを検討したいとしています。


草津白根山 複数の新たな火口を確認 東大地震研

群馬県の草津白根山の噴火から30日で1週間です。草津白根山では、これまで確認されていた火口とは別の場所でも噴火が起きていたことが新たにわかりました。草津白根山では火山活動が高まった状態が続いていて、気象庁は、噴火警戒レベル「3」を継続し、警戒を続けるよう呼びかけています。


1票の格差は“合憲” 去年の衆院選 東京高裁

去年10月に行われた衆議院選挙で、いわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、東京高等裁判所は「著しい不平等状態にあったとは言えない」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。


幼児殺害 ベビーシッターに2審も懲役26年 東京高裁

4年前、埼玉県富士見市でベビーシッターとして預かった当時2歳の男の子を殺害した罪などに問われた被告の裁判で、2審の東京高等裁判所は「1審判決はやや軽いと思われるが、不当とまではいえない」として、1審に続いて懲役26年の判決を言い渡しました。


東日本大震災の二重ローン対策延長法案 衆院通過

東日本大震災で被災した中小企業などのいわゆる「二重ローン」対策をめぐり、支援先を決める期限を来月22日から2020年度末まで延長する法案が、30日の衆議院本会議で全会一致で可決され、参議院に送られました。


米海軍 兵士の日本駐留期間4年に延長へ 訓練の充実図る

イージス艦などの重大事故が相次いでいるアメリカ海軍は、北朝鮮への警戒活動などに追われて日本に駐留する兵士の訓練が不足している事態を受けて、兵士の駐留期間を現状の3年から4年に延長し、訓練の充実を図る方針であることが明らかになりました。


6人殺害事件 遺族が証言「なぜ殺されたか知りたい」

3年前、埼玉県熊谷市の3軒の住宅に次々に侵入し、6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人の男の裁判で、義理の母親を殺害された女性が法廷で証言し、「100歳ぐらいまで長生きして人生を楽しみたいと話していたのに、もうこの世にいません。なぜ殺されたのか知りたい」と訴えました。


中国軍の艦艇と軍用機 対馬海峡を相次いで通過

中国軍の艦艇と軍用機が29日、九州の対馬海峡を相次いで通過したのが確認され、防衛省は、中国軍が引き続き活動を活発化させているとして分析を進めています。


自民 受動喫煙対策法案 今国会成立に向け政府と調整へ

自民党の厚生労働部会は幹部会合を開き、2年後の東京オリンピック・パラリンピックを控え、受動喫煙対策を強化する法案を今の国会で成立させる必要があるとして、法案の取りまとめに向けて、政府との調整を進めていくことで一致しました。


これから2週間程度 低温続く見込み 気象庁が情報発表

非常に強い寒気の影響で、この1週間程度、ほぼ全国的にかなり気温が低く、平年を3度前後下回る状態が続いています。これから2週間程度も気温の低い状態が続く見込みで、気象庁は「長期間の低温に関する全般気象情報」を出して、路面の凍結や体調の管理などに十分注意するよう呼びかけています。


寒い地域でなぜ断水? 空き家も影響か

能登地方など例年の冬も寒い地域でなぜ、大規模な断水が起きているのか。水道管の専門家は、強い寒気の影響で古い「給水管」が持ちこたえられずに破裂したほか、空き家から水が漏れ続けて配水池自体の水が減ってしまったことが原因ではないかと指摘しています。


「衆議院手帖」は政治団体が購入 茂木経済再生相が説明

茂木経済再生担当大臣は、みずからの事務所が「衆議院手帖」を選挙区内で配布しているという一部週刊誌の報道をめぐり、みずからの政治資金団体が「衆議院手帖」を購入し、政党支部に寄付したあと、政党支部が配布したと説明しました。


草津白根山 スキー客大幅減でレンタル業者など打撃

群馬県の草津白根山の噴火のあと、地元のホテルや旅館では噴火直後に比べて宿泊予約のキャンセルが減る傾向にあるものの、スキー客の数が大幅に減っているためスキー用品のレンタル業者などに大きな影響が出ています。


化学工場タンク破裂で2人死亡の事故 作業員ら3人を書類送検

おととし、埼玉県本庄市の化学工場で硝酸で洗浄していたタンクの一部が破裂し、作業員2人が死亡した事故で、別の作業員が通常より多い硝酸を使うなど、ずさんな作業工程によって事故が起きたとして、警察は30日、作業員ら3人を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。


米軍ヘリ窓落下 宜野湾市の小学校に避難設備整備へ

先月、アメリカ軍のヘリコプターからグラウンドに窓が落下した事故が起きた沖縄県宜野湾市の小学校に、子どもたちが落下物から身を守るための屋根つきの避難設備が整備されることになりました。


日野市職員がうその欠勤100日余 懲戒免職に

東京 日野市の職員が、偽造した医師の診断書を提出して100日余りの病気休暇などを不正に取得したとして市は、この職員を懲戒免職にするとともに、有印私文書偽造などの疑いで警察に告発することにしています。


捜査資料400件分を誤廃棄 滋賀 甲賀警察署

滋賀県の甲賀警察署が去年11月、新庁舎に移転する際に窃盗事件の被害届など、およそ400件の捜査書類を誤って廃棄していたことがわかりました。警察は被害者に改めて話を聴くなどして、書類を作り直すとしています。


1票の格差 仙台高裁秋田支部も「合憲」判決 去年の衆院選

去年10月の衆議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、仙台高等裁判所秋田支部は「格差が2倍以上の選挙区はなくなり、法律の改正で定められた区割り基準は合理的なものといえる」などとして、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。


一部で断水も 大雪影響で給水制限の福井 勝山

大雪などの影響で給水制限が続いている福井県勝山市では一部の世帯が断水するなど影響が広がっています。


「旧優生保護法で不妊手術強要」損害賠償求め初の提訴

旧優生保護法のもとで不妊手術を強制され基本的人権を踏みにじられたとして、知的障害のある60代の女性が国に損害賠償を求める初めての裁判を起こしました。


大規模飲食店は原則禁煙に 受動喫煙の新対策案公表 厚労省

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐため、厚生労働省は30日、規模の大きな飲食店などで原則、屋内を禁煙とする新たな対策案を公表しました。一方で、小規模な飲食店では表示すれば店内でも喫煙できるとしていて、厚生労働省は今後、自民党などと協議して法案をまとめることにしています。


園児死亡の送迎バスの女性職員 震災7年ようやく身元判明

東日本大震災が起きた後、宮城県石巻市で見つかった遺体について、警察が調べた結果、園児5人が亡くなった日和幼稚園の送迎バスに乗っていたパート職員の女性だとわかりました。


外国人観光客にスマホ無料貸し出し実験 神奈川

2年後の東京オリンピック・パラリンピックに向け、神奈川県は、外国人観光客により充実した情報を提供し旅行を楽しんでもらおうと、スマートフォンを無料で貸し出す実証実験を行うことになりました。


カジノ誘致の大阪府 高校生にギャンブル依存予防

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致を進めている大阪府などは、ギャンブル依存症対策の一環として高校生を対象に依存症予防の取り組みを始める方針を固めました。


熊本地震で「災害公営住宅」初着工 自力再建できない住民向け

熊本地震から1年9か月余りがたつ中、自力で住宅を再建できない人に向けた災害公営住宅の初めての工事が熊本県宇城市で始まりました。


白骨遺体は福岡 添田町の29歳女性 死体遺棄容疑で捜査

去年9月、北九州市の川で白骨化した遺体が見つかり、DNA鑑定などの結果、福岡県添田町の29歳の女性と確認されました。警察は死体遺棄事件として女性が死亡したいきさつなどを捜査しています。


杉並のリフォームめぐる殺害事件で懲役14年 東京地裁

去年、東京・杉並区で、工務店の元社員が、住宅のリフォームをめぐってトラブルになった62歳の女性を殺害した罪などに問われた裁判で、東京地方裁判所は、「動機は身勝手というほかなく、酌むべき点は乏しい」として懲役14年の判決を言い渡しました。


草津白根山 噴火1週間 草津温泉は通常どおり営業

草津白根山の噴火から1週間となった30日、火口からおよそ5キロ離れた草津温泉ではふだんと変わらず観光を楽しむ人たちの姿が見られました。


山頂近くのゲレンデ閉鎖へ「安全担保ほぼ不可能」草津町長

噴火が発生した群馬県の草津白根山のスキー場の運営について、草津町はスキーヤーの安全を確保するため噴火のあと営業を休止している山頂付近のゲレンデを閉鎖し、規模を縮小してスキー場の存続を図る方向で関係者と調整を進めていく方針を固めました。


草津白根山 噴火1週間 死亡した自衛隊員に黙とう

1人が死亡し、11人が重軽傷を負った群馬県の草津白根山の噴火から30日で1週間です。地元のスキー場には献花台が設けられ、スキー場の関係者などが花を手向けて亡くなった自衛隊員に黙とうをささげました。


草津白根山 噴火1週間 警戒レベル「3」継続

群馬県の草津白根山の噴火から30日で1週間です。草津白根山では火山性地震が観測されるなど火山活動が高まった状態が続いていて、気象庁は「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口付近からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


自衛官を沖縄に派遣 米軍ヘリ点検状況を確認へ

小野寺防衛大臣は閣議のあと記者団に対し、沖縄でアメリカ軍のヘリコプターによる緊急着陸が相次いでいることを受けて、今週後半にも専門的な知識を持った自衛官を現地に派遣し、アメリカ軍の点検や整備が適切に行われているか確認する考えを示しました。


阪大生 兄を包丁で刺した疑いで逮捕 兄は死亡

30日朝早く、兵庫県三田市の住宅で28歳の男性が頭などを包丁で刺されて死亡し、警察は男性の6歳年下の弟で大阪大学の学生が包丁で兄を刺したとして逮捕し、殺人の疑いで詳しいいきさつを調べることにしています。


東武伊勢崎線 運転再開

東武伊勢崎線は、人身事故の影響で、午前7時半すぎから浅草駅と北千住駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、先ほど午前9時20分すぎに、運転を再開しました。


先月の有効求人1.59倍 高水準続く

仕事を求めている人ひとりに対し、企業から何人の求人があるかを示す先月の有効求人倍率は、前の月より0.03ポイント上昇して1.59倍と、昭和49年1月の1.64倍に次ぐ、高い水準が続いています。


12月の完全失業率 2.8% 前月比0.1ポイント悪化

先月の全国の完全失業率は2.8%で、前の月と比べ、0.1ポイント悪化しました。


東武伊勢崎線 運転見合わせ 浅草〜北千住の上下線

東武伊勢崎線は、午前7時半すぎに曳舟駅で起きた人身事故の影響で、浅草駅と北千住駅の間の上下線で運転を見合わせています。


蔵王山で火山性微動 今後の活動の推移に注意 宮城 山形

宮城県と山形県にまたがる蔵王山で、28日夜と30日未明の2回、火山性微動が観測されました。山頂付近ではわずかな地殻変動が継続していて、気象庁は今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。


東急東横線 運転再開

東急東横線は乗用車が踏切内で立往生した影響で菊名駅と横浜駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、さきほど午前6時ごろに運転を再開しました。


草津白根山噴火から1週間 観光業に深刻な影響も

1人が死亡し、11人が重軽傷を負った群馬県の草津白根山の噴火から30日で1週間になります。地元では、スキー客向けの宿泊施設を中心に予約のキャンセルが相次ぐなど一部で深刻な影響が出ていて、観光業への支援をどのように進めていくかが課題となっています。


東急東横線 運転見合わせ 菊名〜横浜の上下線

東急東横線は乗用車が踏切内で立往生した影響で午前4時すぎから菊名駅と横浜駅の間の上下線で運転を見合わせています。


東名高速で夫婦死亡の事故の被告 事故後の暴行容疑で追送検

東名高速道路で割り込み運転などを繰り返し夫婦が死亡する事故を起こしたとして、危険運転致死傷などの罪で起訴された26歳の男が、事故の3か月後にも福岡県内で交通トラブルの末に暴行した疑いで追送検されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。


緊急着陸の全日空機 エンジンの部品損傷が判明

今月26日、飛行中の全日空機でエンジントラブルが発生し、羽田空港に緊急着陸しました。全日空の調査でエンジン内部の部品の一部が損傷していたことがわかり、詳しい原因を調べています。


仮想通貨バーに集う利用客 被害などの情報交換 東京

インターネット上の仮想通貨を取り扱う取引所、「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題が明らかになり、東京・渋谷区にある仮想通貨の所有者が集まるバーには多くの客が訪れ、被害の状況などについて情報交換していました。


鏡池にも火山灰の痕跡か 上空からの写真解析で 草津白根山

草津白根山の噴火からきょうで1週間になりますが測量会社が上空から詳しく分析したところ、すでに確認されている火口とは別に鏡池にも火山灰と見られる痕跡があることがわかりました。専門家は「鏡池でも噴火が起きた可能性もあり、詳しく調べる必要がある」と指摘しています。


草津白根山 噴火から1週間 活動高まった状態続く

群馬県の草津白根山の噴火から30日で1週間になります。草津白根山では、29日も火山性地震が観測されるなど、火山活動が高まった状態が続いていて、気象庁は、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口付近からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


行方不明者捜索の態勢強化 座間事件を受けて 警視庁

神奈川県座間市のアパートで9人が遺体で見つかった事件を受けて、警視庁は行方不明者が事件に巻き込まれている疑いがある場合には、現場に捜査員だけでなく捜査幹部も派遣するとともに、人数を増員して捜索態勢を強化しています。


4割超の世帯に影響か 新潟 佐渡の断水

新潟県佐渡市で、水道管が破損して広い範囲で断水している問題で、市内ではスーパーマーケットで水が品切れになるなど、市民生活への影響が広がっています。


すべての取引所を緊急調査 仮想通貨流出問題 金融庁

仮想通貨の大手取引所、「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で金融庁は、ほかのすべての取引所についてもセキュリティー対策の現状などを確認する緊急調査に乗り出しました。


「セキュリティ改善を」飲食店での仮想通貨利用者 東京

東京・港区にあるベルギービールの専門店では、「NEM」をはじめとしてビットコインなど複数の仮想通貨を代金の支払いに利用でき、29日、仮想通貨を持つ人たちのグループが訪れていました。


原発避難の中学生いじめ 第三者委「学校の具体策なし」 新潟

原発事故で福島県から新潟県に避難してきた女子中学生がいじめを受けていた問題で、有識者で作る第三者委員会は、中学校が具体的な対策を取っていなかったのが原因だとする調査結果をまとめました。


性的マイノリティーの俳優 高校で特別授業 東京

アメリカのアカデミー賞にノミネートされた映画「ナチュラルウーマン」で主演を務めている、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの俳優が、29日に東京都内の高校で特別授業を行い、「人間として大事なのは違いがあることです」などと訴えました。


万引き再犯の被告に猶予判決 認知機能低下を考慮

高齢になってから万引きを繰り返すようになった被告の裁判で、東京地方裁判所は、認知機能の低下が影響している可能性を認め、専門家が支援計画を作っていることなどから、執行猶予のついた判決を言い渡しました。弁護士は「本来なら実刑になる事案で、意義深い判決だ」と評価しています。


南海トラフ 地震発生の可能性「変化なし」 評価検討会

南海トラフ全域を対象に大地震発生の可能性を評価する、専門家の「評価検討会」の定例の会合が29日に開かれ、「現在のところ、南海トラフ沿いの大地震発生の可能性が平常時と比べて高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」という見解をまとめました。


仮想通貨流出 業界団体が対策話し合う

インターネット上の仮想通貨を取り扱う取引所 コインチェックから580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、取引所などで作る業界団体が対策会議を開き、今回の問題の経緯や今後の安全対策について話し合いました。


「チャイルドロック」使用せず ドラム式洗濯機で男児死亡

27日、大阪・堺市の住宅で5歳の男の子がドラム式の洗濯乾燥機の中で見つかり死亡した事故で、当時、子どもが誤って入るのを防ぐ「チャイルドロック」という機能が使われていなかったことが警察への取材でわかりました。消費者庁は、こうした機能を利用するよう呼びかけています。


コインチェック仮想通貨流出 警視庁が本格捜査へ

インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所 コインチェックから580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、警視庁が29日午後、コインチェックの社員から話を聴いたことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は今後、会社からサーバーの提供を受け、不正アクセスの発信元の特定に向け、通信記録を解析するなど本格的な捜査に乗り出す方針です。


「ワタシタチニ オマカセ」関空でロボットの実証実験

関西の空の玄関口、関西空港で、飛行機のチェックインをしてくれるロボットや掃除ロボットの実証実験が29日から始まり、報道陣に公開されました。


オフィスでもBGMのニーズ広がる

BGMを配信する大手企業で、オフィス向けの音楽チャンネルの契約件数がこの5年間で4倍に増え、企業では「職場の環境改善の一環として音楽に注目する企業が増えている」と分析しています。


復旧の見通し立たず 新潟 佐渡の断水

新潟県佐渡市で、住宅の水道管の破損が相次ぎ広い範囲で断水している問題で、佐渡市内では、すべての消火栓が使えない状態になるなど影響が広がっています。佐渡市は自衛隊の協力で給水所を設置して対応にあたっていますが、現時点で復旧の見通しは立っていないということです。


東京 杉並区でアパート火災 女性1人と連絡取れず

29日夕方、東京 杉並区のアパートで火事があり、東京消防庁によりますと、2階に住む高齢の女性1人と連絡が取れないという情報があるということです。警視庁と東京消防庁が確認を進めています。


送電線 実際には利用率低い 京大研究者が発表

太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及に向けて、現状や課題を考えるシンポジウムが都内で開かれ、京都大学大学院の研究者が、大手電力会社が容量に空きがないとしている送電線について、実際には利用率が低いとする調査結果を発表しました。


草津白根山 火山活動の高まった状態続く

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では29日も火山性地震が観測されるなど、火山活動が高まった状態が続いています。気象庁は、今後も同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、入山規制を示す噴火警戒レベル3を継続し、火口付近からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


男に無期懲役を求刑 2年前の埼玉強盗殺人

おととし、借金の返済を免れるため埼玉県春日部市の男性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われている男の裁判で、検察は「残忍な犯行だ」として無期懲役を求刑しました。一方、被告の弁護士は「殺害はしていない」として、強盗殺人の罪については改めて無罪を主張しました。


“草津は安全だよ!” マスコットキャラクターがPR

群馬県の草津白根山から5キロほど離れた草津温泉の湯畑では、地元のマスコットキャラクターが噴火後初めて登場し、安全をPRしました。


「いちばん重い処罰を」 埼玉6人殺害事件 遺族が法廷で訴え

3年前、埼玉県熊谷市の3軒の住宅に次々に侵入し、6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人の男の裁判で、両親を殺害された男性が法廷で証言し、「被告にはいちばん重い処罰を望みます」と述べました。


東京圏への一極集中続く 22年連続「転入超過」

総務省が、住民基本台帳をもとに去年1年間の人口の動きを調べたところ、東京都を中心とする「東京圏」への転入者が転出者を12万人近く上回って、22年連続で「転入超過」となり、「東京圏」への一極集中が続いていることがわかりました。


草津温泉の宿泊予約キャンセルで損失3億円

群馬県の草津白根山の噴火後、草津温泉では旅館やホテルの宿泊予約がおよそ5500件キャンセルされ、損失は3億円近くに上ることが旅館協同組合の調査でわかりました。組合では、温泉街は噴火口から離れた場所にあるとして、引き続き安全性のPRに努めることにしています。


「はれのひ」150件余りの電話相談

横浜市の「はれのひ」が経営破綻したことを受けて、29日から破産管財人による電話相談が始まり、契約をした人などから振り袖や代金は返却されるのかといった相談がおよそ150件寄せられました。


高齢化で火葬件数が増加 自治体が対策急ぐ

4人に1人が高齢者となり死亡する人が増加する中、東京23区と首都圏の政令市の公営の火葬場では、この10年間で火葬件数が2万件近く増えていることがわかりました。各自治体は、炉の数を増やしたり葬儀を避ける友引の日にも火葬したりするなどの対策を進めています。


一部で給水制限 融雪に伴う水道の使用増加 福井

今月、大雪が続いた影響で、福井県勝山市は各家庭で雪をとかすための水道の使用などが増えて貯水池の水位が大幅に低下していることから、一部の地区を対象に29日から水道の給水制限を始めました。


厳しい冷え込みで水道管破裂 断水相次ぐ 石川

石川県の輪島市などでは、厳しい冷え込みが続いて水道管が破裂したことで住宅が断水したり水が出にくくなったりする影響が相次いでいて、自治体が飲料水を配布するなどの対応にあたっています。


経営破綻「はれのひ」社長の説明に食い違い

成人の日を前に突然休業した晴れ着の販売などを行う横浜市の「はれのひ」が経営破綻した問題で、社長は着付け会場のホテルへの支払いができず、前日に取りやめを決めたと説明していますが、ホテル側は当日まで中止の連絡はなく、準備を進めていたということで、説明に食い違いがあることがわかりました。


東京 杉並区和田の住宅で火事 逃げ遅れた人がいるという消防情報

このニュースは見出しだけの速報です。


「はれのひ」 契約者に振り袖の発送を開始

経営破綻した横浜市の「はれのひ」の店舗で、29日から契約者を対象に、購入した振り袖や小物などを発送する作業が始まりました。


コンサート会場でテロ想定訓練 東京

再来年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、東京消防庁はコンサート会場でテロが起きたという想定で訓練を行いました。


地下鉄でクラシック 車内BGMの試み

東京メトロは、29日から日比谷線の車内でクラシック音楽などのBGMを流す試みを始め、利用客の反応を見ながら本格的に導入するかを検討することにしています。


無許可でクラブ営業 風営法改正後初の摘発

東京 渋谷で、客がダンスを踊る「クラブ」を未明の時間帯に無許可で営業したとして、店の経営者ら3人が警視庁に逮捕されました。


コンビニ強盗容疑で自衛官逮捕 埼玉

陸上自衛隊朝霞駐屯地の幹部自衛官が去年、埼玉県内のコンビニエンスストアに押し入り、現金およそ60万円を奪ったとして、強盗などの疑いで逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。


熊本地震 南阿蘇村の郵便局が営業全面再開

おととしの熊本地震で多くの住民が「長期避難世帯」に認定された熊本県南阿蘇村の立野地区の郵便局では、復旧工事が終わったため、29日営業を全面的に再開しました。


飯塚事件 元死刑囚の再審2月に判断へ 福岡高裁

平成4年、福岡県飯塚市で小学生の女の子2人が連れ去られ殺害された事件で、すでに死刑が執行された元死刑囚の再審=裁判のやり直しを認めるかどうか、福岡高等裁判所が来月に決定を出すことになりました。死刑が執行された元死刑囚の再審が認められた例はなく、裁判所の判断が注目されます。


飲酒運転知りながら同乗か 元消防士ら逮捕

先月、神奈川県大井町で、20歳の男が飲酒運転で別の車に衝突して女性を死亡させたとして危険運転致死などの罪で起訴された事故で、警察は、飲酒運転と知りながらこの車に同乗していたとして、元消防士の知人ら4人を道路交通法違反の疑いで逮捕しました。


草津白根山 草津町が観光支援のふるさと納税開始へ

群馬県草津町は、草津白根山の噴火で地元の観光に影響が出ていることから、「ふるさと納税」の制度を活用して、観光業の支援に使いみちを限定した寄付金を募ることを決めました。


東電の福島復興本社 双葉町に移転へ

原発事故の対応のため現在、福島県富岡町で業務を行っている東京電力の福島復興本社が、復興への貢献や社員の利便性の向上などを目的に、福島第一原発が立地する双葉町に移転することになりました。原発事故のあと、双葉町に企業が進出するのは初めてです。


「はれのひ」破産 電話相談始まる

成人の日を前に突然、営業を取りやめた横浜市の「はれのひ」が経営破綻したことを受けて、29日から破産管財人による電話相談が始まり、契約をした人などから、振り袖や代金は返却されるのかといった相談が相次いでいます。


富岡八幡宮の宮司殺害で弟ら書類送検

東京・江東区の富岡八幡宮の女性の宮司が切りつけられて殺害されるなど合わせて3人が死亡した事件で、警視庁は、現場で自殺するなどした宮司の弟とその妻を殺人などの疑いで書類送検しました。


新潟 佐渡で断水拡大 自衛隊に災害派遣要請

新潟県佐渡市で厳しい冷え込みの影響で住宅の水道管の破損が相次ぎ、広い範囲で断水している問題で、佐渡市は給水車を出すなどして対応に当たっています。新潟県は断水の範囲が広がっているとして、給水に関して陸上自衛隊に災害派遣を要請しました。


眞子さま 7月にブラジル訪問へ

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、ことし7月、日本人が移住を始めて110年になるブラジルを訪問される見通しになりました。11月に結婚される眞子さまにとって、皇族として最後の外国訪問になるものと見られます。


千葉県 津波予測 新システム整備へ

千葉県の房総半島沖で大地震が発生した場合などを想定して、浸水範囲など、津波による被害を詳しく予測する新たなシステムが整備されることになり、県は、来年4月以降の運用を目指す方針です。


住宅火災で2人の遺体見つかる 大阪 寝屋川

29日未明、大阪・寝屋川市の住宅から火が出て、3階の焼け跡から2人の遺体が見つかりました。この家の住人と連絡が取れていないということで、警察が身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。


厳しい冷え込みで水道管の破損相次ぐ 広い範囲で断水 新潟 佐渡

新潟県佐渡市では、厳しい冷え込みの影響で住宅の水道管の破損が相次ぎ、市内の広い範囲で断水や水が出にくい状態となっていて、29日は市内の多くの小中学校が休校となるなど市民生活に影響が広がっています。


秋篠宮ご夫妻 6月にハワイを公式訪問へ

秋篠宮ご夫妻は、ことし6月、日本人が移住を始めて150年になるアメリカのハワイを公式訪問される見通しになりました。


「はれのひ」経営破綻を受け きょうから電話相談

成人の日を前に突然、営業を取りやめた横浜市の「はれのひ」が経営破綻したことを受けて、破産管財人の弁護士などが29日から、晴れ着の契約をした人や取引先からの相談に電話で応じます。


草津白根山 火山活動の高まった状態続く 警戒呼びかけ

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、28日も火山性地震が観測されるなど、火山活動の高まった状態が続いています。気象庁は、今後も同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、入山規制を示す噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


除雪作業中の落雪などが原因か 2人死亡1人大けが 山形

28日、山形県内で除雪作業中の落雪などが原因と見られる事故が相次ぎ、80代の男女2人が死亡したほか、男性1人が大けがをしました。


除雪中の75歳女性死亡 屋根からの雪に巻き込まれたか 秋田

28日午前、秋田県仙北市で、1人で除雪作業をしていた75歳の女性が雪の下敷きになっているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は、屋根から落ちてきた雪に巻き込まれたと見て調べています。


うその骨とう品投資話で300万円だまし取った疑い 社長ら逮捕

海外の骨とう品をめぐるうその投資話で長崎県の女性から300万円をだまし取ったとして、警察は東京の海洋調査会社の社長らを詐欺の疑いで逮捕し、この会社が沈没船から引き揚げた財宝を売買する事業への投資で7億円以上を集めていたと見て調べることにしています。警察によりますと、社長らは容疑を否認しているということです。


産業復興の拠点整備へ造成工事開始 福島 双葉町

東京電力福島第一原子力発電所が立地し、事故で住民が町の外への避難を余儀なくされている福島県双葉町の一部の地区で、産業復興の拠点整備に向けた造成工事が始まりました。


イノシシに襲われ男女2人けが 茨城 つくば

28日午前、茨城県つくば市の田んぼが広がる地域で、70代の男性と女性がイノシシに襲われ、男性が右手の親指をかまれる大けがをしました。


草津白根山 活動の高まり続く 警戒レベル3継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、28日も火山性地震が観測されるなど、火山活動の高まった状態が続いています。気象庁は、今後も同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、入山規制を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


大川小 津波に襲われ一命取りとめた男性が当時の様子を語る

東日本大震災の津波で児童など84人が亡くなった宮城県石巻市の大川小学校で、津波に襲われながら一命を取りとめた、当時小学生だった男性が、震災の記憶を語り継ごうと、学校を訪れた人たちに当時の様子を説明しました。


ドラム式洗濯乾燥機の中で5歳男児死亡 大阪 堺

大阪・堺市の住宅で、27日、5歳の男の子がドラム式の洗濯乾燥機の中でぐったりしているのが見つかり、死亡しました。警察は、中に入ったあとドアが閉まって出られなくなった可能性があると見て調べています。


草津白根山噴火 ドローンで火口周辺を調査

群馬県の草津白根山の噴火を受け、国土交通省は、火口の位置や噴石が飛んだ範囲などを詳しく調べるため、小型無人機のドローンで調査を行いました。


一定規模以上の飲食店では「喫煙専用室」を 厚労省素案

厚生労働省は、受動喫煙対策を強化する法案の素案をまとめ、既存の小規模な飲食店では、喫煙や分煙の標識を掲げた場合、喫煙を可能としたうえで、20歳未満の客や従業員の立ち入りは禁止するとしています。一方、一定の規模以上の飲食店やすべての事務所などは原則として禁煙とし、「喫煙専用室」でのみ喫煙を可能にするとしています。


草津温泉でキャンドルともす催し 通常営業をPR

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山の地元の草津温泉では27日夜、中心部にある、寺の階段などにキャンドルをともす恒例のイベントが予定どおり開催されました。


上越新幹線の高架橋 つらら落下で2人軽傷 新潟

27日、新潟県見附市で上越新幹線の高架橋からつららが相次いで落下して高架橋の下の車に当たり、乗っていた女性2人が軽いけがをしました。


私学助成金 経営悪化や教育の質が低評価で減額へ 文科省

文部科学省は、私立大学などを運営する学校法人への私学助成金について、5年程度連続して赤字経営になった場合などには減額する仕組みを新年度(平成30年度)から導入する方針を固めました。


“ヒルドイド” 処方規制見送りも適切か確認強化へ

厚生労働省は、皮膚が乾燥する症状の治療に使われる保湿用の塗り薬が化粧品代わりに使われるケースが後を絶たないことを受けて対策を検討した結果、薬の処方に規制は設けないものの、治療以外の目的で処方されないよう確認作業を強化する方針を決めました。


草津白根山 火山性地震観測など活動高まった状態続く

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、27日も火山性地震が観測されるなど、火山活動の高まった状態が続いています。気象庁は、今後も同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


コインチェック 被害受けた26万人に補償と発表

インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所、「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、「コインチェック」は、28日未明、被害を受けたおよそ26万人の顧客を対象に仮想通貨の保有数に応じて日本円で返金する方針を明らかにしました。


沖縄戦激戦地の平和祈念公園 大量の放置ごみ回収

太平洋戦争末期の沖縄戦で最後の激戦地となった沖縄県糸満市にある平和祈念公園で、長年放置されたままになっていた大量のごみを回収する大がかりな作業が27日から始まりました。


運転中「ポケモンGO」で死亡事故 被告の実刑確定へ

おととし、愛知県春日井市で、車を運転していた会社員が「ポケモンGO」をするためにスマートフォンに気を取られ女性をはねて死亡させた罪に問われた裁判で、最高裁判所は被告側の上告を退ける決定を出し、禁錮2年6か月の実刑判決が確定することになりました。


原発避難の集団訴訟 原告などが判決前に集会

福島第一原発の事故で避難した人などが賠償を求めている集団訴訟で、3月に相次いで判決が言い渡されるのを前に、原告や弁護団などが東京で集会を開き、「国や東京電力の責任を認めてもらいたい」と訴えました。


「はれのひ」社長 去年春には経営に強い危機感

成人の日を前に突然、営業を取りやめた横浜市の「はれのひ」は26日、破産手続きの開始が決定されました。篠崎洋一郎社長は会見で、去年の春には取引先への支払いが滞るようになり、経営の先行きに強い危機感を持っていたことを明らかにしました。


あす朝も厳しい冷え込み 体調や農作物管理に注意を

上空の強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、27日の朝は、東京 青梅市で統計を取り始めてから最も低い氷点下9度3分まで気温が下がるなど、各地で冷え込みが強まりました。28日の朝も氷点下の厳しい冷え込みが続く見込みで、体調や農作物の管理などに注意が必要です。


コインチェック 被害の訴え ネットに書き込み相次ぐ

仮想通貨を取り扱う取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出したことを受け、インターネット上では利用者と見られる人が被害を訴える書き込みが相次いでいます。


コインチェック “複数の鍵”かけず 安全対策を怠ったか

仮想通貨「NEM」が盗まれた問題をめぐっては、コインチェックが仮想通貨を保管する際のセキュリティー対策上の問題が指摘されています。


コインチェック ネット接続状態で保管 対策の不十分さ指摘の声

インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、流出した仮想通貨は外部のネットワークにつながった状態で保管されていて、専門家からはセキュリティー対策の不十分さを指摘する声が出ています。


草津白根山 活動高まった状態続く 警戒レベル3を継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、27日も火山性地震が観測されるなど、火山活動の高まった状態が続いています。気象庁は、今後も同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


世論調査 災害が起きたら「自助」や「共助」増加

内閣府が行った世論調査で、災害の際に取る対応として考えに近いものを聞いたところ、自分で身を守る「自助」や地域などで助け合う「共助」が大幅に増える一方、国や自治体による支援の「公助」や「自助、共助、公助のバランスをとるべき」が減りました。


自動運転で事故 自賠責保険の大枠方針まとまる

実用化が迫る自動運転の車が事故を起こした場合の保険金の扱いについて、国土交通省の研究会が大枠の方針をまとめました。自賠責=自動車損害賠償責任保険は、これまでと同じように保険金を支払いますが、事故の原因がシステムの欠陥にあった場合は、自動車メーカーなどに損害賠償を求める内容となっています。


千葉県内の主要駅周辺に防犯カメラ設置へ 住民に説明会

地域の防犯に役立てようと、千葉県警は、県内の主要な駅の周辺に独自に防犯カメラを設置することになり、松戸市で住民を集めた説明会が開かれました。


噴火後初の週末 名物の「湯もみ」体験 草津温泉

群馬県の草津白根山の噴火後、初めての週末を迎えた地元の草津温泉では、いつもどおり週末のイベントが開かれ、訪れた観光客が名物の「湯もみ」を体験しました。


中高生の自画撮り被害防止へ 全国初の都条例施行前に講習会

中高生によるいわゆる「自画撮り」の被害を防ぐための全国で初めての条例が東京都内で来月施行されるのを前に、中学生と保護者を集めた講習会が開かれました。


JR高崎線 ・八高線 運転を再開

JR高崎線は、午前7時半前に発生した信号機のトラブルに加え、午前11時20分ごろ埼玉県の行田駅で発生した人身事故の影響のため、東京駅と高崎駅の間の上下線で一時、運転を見合わせていましたが、午後1時前までに順次、運転を再開しました。


「真相究明を」金正恩氏の捜査申し立てた特定失踪者家族ら訴え

北朝鮮による拉致は人道に対する罪に当たるとして、今週、オランダの国際刑事裁判所にキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の捜査を求める申し立て書を提出した、拉致の可能性が排除できない行方不明者の家族らが帰国し、改めて真相の究明を訴えました。


制度に反する雇い止め防ごうと無料の電話相談会

非正規労働者が同じ企業で5年を超えて働いた場合、希望すれば期限のない雇用契約に切り替えられる制度がことし4月から始まるのを控えて、企業が制度に反して労働者を雇い止めにする問題を防ごうと、労働組合などが無料の電話相談会を行っています。


部活の外部指導員配置など 教師の負担軽減へモデル事業 千葉

千葉県教育委員会は、教員の長時間勤務の改善に向け、一部の小中学校に、授業の準備を手伝う事務スタッフや部活動の外部指導員を配置するモデル事業を行う方針を固めました。


住宅に3人組強盗 4000万円被害か 東京 渋谷

27日未明、東京 渋谷区の住宅で、3人組の男が住人の会社経営の男性を襲い現金を奪って逃げました。男性の話から、奪われた現金はおよそ4000万円に上ると見られるということで、警視庁は強盗事件として捜査しています。


草津白根山 スキー場が頂上付近除き営業再開

群馬県の草津白根山の噴火の後、営業範囲を縮小していた草津国際スキー場は、27日から火口に近い頂上付近のゲレンデを除いて、営業を再開しました。


働き方改革 残業代減る分の対応は? 主要100社に聞きました。

「働き方改革」について、NHKが主要な企業100社を対象に調査したところ、多くの企業で長時間労働を是正する取り組みが進む一方、残業代が減ることに配慮してボーナスの増額などの対応を検討している企業は7社にとどまりました。


成田空港の利用者 初の4000万人超

去年、成田空港を利用した人は、外国人旅行客の増加などから初めて4000万人を超え、成田空港会社は受け入れ態勢などを強化することにしています。


東海道新幹線 積雪の影響で遅れ

JJR東海によりますと、東海道新幹線は降り積もった雪の影響で名古屋と新大阪の間の上下線で速度を落として運転しているため、午前8時半現在、最大で30分程度の遅れが出ているということです。この影響で東海道新幹線から山陽新幹線に直通する午前7時以降の下り列車も最大で35分程度の遅れが出ています。


住宅全焼2人の遺体 95歳女性と70歳息子か 三重

27日朝早く、三重県伊賀市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。火事のあと、この家に住む90代の母親と70代の息子と連絡が取れなくなっていて、警察は遺体はこの2人と見て確認を進めています。


JR高崎線 八高線 運転見合わせ

JR高崎線は信号機のトラブルのため午前7時半前から籠原と高崎の間の上下線で運転を見合わせています。この影響でJR八高線も寄居と高崎の間の上下線で運転を見合わせています。


振り袖返す意向もレンタル代金含め返還実現するか注目

横浜市にある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」は、新成人らが購入した分の振り袖については返還する意向を示していますが、すべて戻るかどうかは不透明で、レンタル代金も含めて返還が実現するかどうか注目されます。


晴れ着トラブル 負債は10億円超にも 返還は不透明

成人の日を前に突然休業した横浜市にある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」は26日、破産手続きの開始が決定されました。会社側の調査で最終的な負債額は10億円を超える可能性があり、振り袖の契約金や、270社を超える取引先への負債などが返還されるかは不透明で、今後、社長の責任を問う声がさらに高まるものと見られます。


除雪中に転落か 72歳男性が用水路で死亡 富山

26日、富山県南砺市で住宅の除雪作業をしていた72歳の男性が脇にある用水路の中で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は男性が除雪作業中に誤って用水路に転落したと見て調べています。


新たな火口できた本白根山 地震計増設など観測強化へ

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山について火山噴火予知連絡会は、次の噴火の予兆や火山活動の状況を捉えるため、新たな火口ができた本白根山の観測態勢を強化する必要があるという見解を示しました。これを受けて気象庁は今後、地震計の増設などを進めることにしています。


東日本大震災の災害公営住宅の家賃据え置きへ 山元町

【今週の震災ニュースピックアップ】東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県山元町は、本来なら入居6年目から引き上げられる災害公営住宅の家賃を据え置く方針を固めました。宮城県内で災害公営住宅の入居6年目の家賃の据え置きを決めた自治体は初めてです。


日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に

日本で働く外国人労働者は去年127万人余りと、統計を取り始めた平成20年以降最も多くなったことが厚生労働省のまとめでわかりました。


噴火後の宿泊キャンセル 草津温泉の損失2億円近くに

群馬県の草津白根山の噴火後、地元の草津温泉では旅館やホテルの宿泊予約が、個人と団体合わせて3900件以上キャンセルされ、損失は2億円近くになることが旅館協同組合のまとめでわかりました。組合では「温泉街は山から離れているので、安心して訪れてほしい」と話しています。


JR高崎線 運転再開

JR高崎線は上野と籠原の間の上下線で運転を見合わせていましたが、踏切内に入った車の撤去に時間がかかり、およそ3時間後の午前0時35分に運転を再開しました。


西武 池袋線 有楽町線 運転見合わせ 練馬〜池袋

西武池袋線と西武有楽町線は午後10時半前、東京の練馬駅で発生した信号機のトラブルの影響で、練馬と池袋の間の上下線で運転を見合わせています。


JR高崎線 上野〜籠原 運転見合わせ 再開は未明に

JR高崎線は上野と籠原の間の上下線で運転を見合わせていて、JR東日本は踏切内に入った車の撤去のため運転の再開は午前2時半の見込みとしていましたが、これを早め、現時点では27日午前1時の見込みだとしています。


酒飲んで部下に暴行容疑 福島県警の巡査部長を書類送検

福島県警察本部の災害対策課の巡査部長が去年、酒を飲んだ際に複数の部下に殴る蹴るなどの暴行を加えたとして、26日に書類送検されました。同じ部署では去年、部下の頭に料理をかけるパワハラの問題も明らかになっていますが、巡査部長の暴行は問題のあとも続けられていたということです。


草津白根山噴火 陸上幕僚長「大切な隊員の命失い痛恨の極み」

群馬県の草津白根山の噴火で、陸上自衛隊の伊澤隆行さん(49)が訓練中に噴石に当たり死亡したことについて、陸上自衛隊トップの山崎幸二陸上幕僚長は26日夜、記者会見を開き、「数々の災害派遣に従事し、同僚からの信頼が厚かった。かけがえのない大切な隊員の命を失ったのは痛恨の極みだ」と述べました。


コンビニにハイヤー突っ込む 4人軽傷 東京 日本橋

26日夜、東京・日本橋のコンビニエンスストアにハイヤーが突っ込み、店の中にいた客など男女4人が軽いけがをしました。警視庁が当時の詳しい状況を調べています。


2審判断見直しか 大阪幼児衰弱死裁判 最高裁が来月弁論

大阪・茨木市で、先天性の難病があった当時3歳の長女を衰弱死させたとして、母親が保護責任者遺棄致死の罪に問われている裁判で、来月、最高裁判所で弁論が開かれることになり、1審の無罪判決を取り消した2審の判断が見直される可能性が出てきました。


国際窃盗団ピンクパンダか 貴金属窃盗容疑で中国人7人逮捕

都内で開かれている国内最大級の貴金属の展示販売会で、真珠のネックレスなどを盗んだとして中国人の男女7人が逮捕されました。警視庁は国際的な窃盗団のメンバーと見て調べています。7人のうち6人は容疑を否認しているということです。


C型肝炎治療薬の偽造品販売か 40代男女に逮捕状

C型肝炎の治療薬の偽造品が奈良市内の薬局などで見つかった問題で、警視庁は別の事件で起訴されている40代の男女が、卸売業者に偽造品を売ったとして、医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕状を取りました。容疑が固まりしだい逮捕する方針で、警視庁は今後、偽造品の入手ルートなどを調べることにしています。


アイドル会いたさに… 交通費捻出で万引きの疑い 少年7人逮捕

アイドルのコンサートに行くための交通費などに充てるため、広島市や新潟市で万引きを繰り返したなどとして、高校生や大学生を含む16歳から19歳の少年7人が窃盗などの疑いで逮捕され、警察は被害総額は1400万円余りに上ると見て調べています。


晴れ着トラブル 社長が会見し陳謝

成人の日に横浜市にある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」と契約した振り袖が届かなかった問題で、この会社の破産手続きの開始が決定し、連絡が取れなくなっていた社長は26日夜の会見で、「成人式を台なしにしてしまい、深くおわび申し上げます」と述べ、陳謝しました。


星野仙一さんお別れの会 3月に東京と大阪で

プロ野球の楽天と阪神は、今月亡くなった元監督の星野仙一さんをしのぶお別れの会を3月19日に東京で、3月28日に大阪で開催すると発表しました。


沖縄県知事が反発 米軍ヘリ緊急着陸 海兵隊司令官発言に

沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターが緊急着陸するトラブルが相次いでいることをめぐり、アメリカ海兵隊のネラー総司令官が「予防的な着陸でよかった」などと発言したことについて、沖縄県の翁長知事は「県の要望や県民の不安を一顧だにしていないことが明らかだ」と述べ、強く反発しました。


部下をかばい噴石に 草津白根山噴火 死亡の陸自隊員の葬儀

群馬県の草津白根山の噴火で、噴石が当たって亡くなった陸上自衛隊の49歳の隊員の葬儀が、群馬県榛東村の駐屯地で営まれ、多くの人が突然の死を悼みました。


震災をきっかけに 神戸大と東北大 歴史資料保全で連携

阪神・淡路大震災や東日本大震災をきっかけに、歴史資料の保存を積極的に進めてきた神戸大学や東北大学などが、資料保全に向けた情報共有やデジタル化などを進める新たな連携事業を始めることになり、26日、東京都内で調印式を行いました。


「F35」の配備開始 青森の三沢基地に到着

航空自衛隊の次期主力戦闘機となる「F35」の部隊への配備が始まり、最初の機体が青森県の三沢基地に到着しました。


オウム裁判が終結へ 最高裁が高橋被告の異議申し立て退ける決定

地下鉄サリン事件などで、殺人の罪などに問われたオウム真理教の元信者、高橋克也被告の裁判で、最高裁判所は、被告側の異議の申し立てを退ける決定を出しました。これによって無期懲役が確定し、教団による一連の事件の裁判はすべて終結することになります。


韓国の病院で火災 死者37人 約130人けが 消火設備なし

韓国南部の病院で26日朝に起きた火災で、消防などは当初、39人が死亡したと発表していましたが、重複があったとして、37人が死亡と修正しました。病院側は建物にスプリンクラーが設置されていなかったことについて、来週、設置する予定だったと明らかにし、消防や警察が火災の原因などについて、さらに詳しく調べています。


「当面は同程度の噴火の可能性」火山噴火予知連が見解

今月23日に群馬県の草津白根山で発生した噴火を受けて、火山噴火予知連絡会は26日、臨時の会合を開き、今回の噴火は新たにできた複数の火口で起きたことなどを確認しました。そのうえで、火山性地震が続いていることなどから、「当面は今回と同じ程度の噴火が発生する可能性がある」という見解をまとめました。


米軍ヘリ緊急着陸 地元村長ら防衛局に抗議 飛行中止求める

今月23日、アメリカ軍のヘリコプターが緊急着陸した沖縄県渡名喜村の村長などが26日、沖縄防衛局に抗議し、原因が明らかになるまでアメリカ軍機の飛行を中止することなどを求めました。


新燃岳噴火から7年 地元小中学校で避難訓練

宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山の新燃岳で、本格的なマグマ噴火が起きてから26日で7年となり、ふもとの宮崎県高原町の小中学校では、子どもたちを安全に下校させる手順を確認する避難訓練が行われました。


午後6〜7時がピーク 暖房用の電力需要増加 節電呼びかけ

厳しい寒さが続いている首都圏などでは、26日も暖房用の電力需要が増えていて、東京電力は、午後6時から7時の時間帯に需要のピークが見込まれ、需給状況が厳しくなるとして、家庭や企業に無理のない範囲での節電への協力を呼びかけています。


特殊詐欺の捜査態勢強化 警視庁が新組織

深刻化している特殊詐欺の被害に歯止めをかけようと、警視庁は捜査態勢を強化するため、担当の各部から集めた捜査員、およそ290人からなる新しい組織を発足しました。


男性教諭が児童の顔を蹴り重傷 北九州

今月、北九州市内の小学校で20代の男性教諭が、6年生の男子児童の顔を蹴って骨を折るけがを負わせ、入院させていたことがわかりました。市の教育委員会は「事実確認をしたうえで厳正な対処をしたい」としています。


東電社員が裁判で証言 会議で巨大津波の試算も「予測できず」

東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故をめぐり業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された裁判が、およそ半年ぶりに再開され、東京電力の社員が事故の3年前に幹部が参加した会議で、巨大な津波の可能性を示す試算が報告されていたと証言しました。一方で、「試算には違和感をおぼえた」と述べ、津波は予測できなかったと説明しました。


東芝子会社の元社員ら在宅起訴 インサイダー取引の罪

東芝の子会社「東芝テック」が650億円余りの特別損失を計上するという公表前の内部情報を基にインサイダー取引をしたとして、東京地検特捜部は当時の社員と知り合いの医師を金融商品取引法違反の罪で在宅起訴しました。


インフルエンザ患者数 統計開始以降最多に 前週比112万人増

全国のインフルエンザの患者数は今月21日までの1週間で、推計で283万人と、前の週より100万人以上増加したことがわかりました。1医療機関当たりの人数は、統計を取り始めた平成11年以降で最も多くなっています。


2審も無罪 高校生エレベーター死亡事故 メーカー元社員に

12年前、東京・港区で、高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、メーカーの「シンドラーエレベータ」の元点検責任者が業務上過失致死の罪に問われた裁判で、2審の東京高等裁判所は「メーカーによる点検の時は異常は発生していなかった」として、1審に続いて無罪を言い渡しました。


シャンシャン 雪で遊ぶ

東京・上野動物園で誕生したジャイアントパンダの「シャンシャン」は、初めて積もった雪にも怖がることなく、屋外の運動場で遊ぶ姿が見られています。


草津白根山 警戒レベル「3」を継続 気象庁

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、26日も火山性地震が観測されるなど、火山活動の高まった状態が続いています。気象庁は、今後も23日と同じ程度の噴火が発生する可能性があるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


草津白根山の捜索きょうで終了 取り残された人なし

群馬県の草津白根山の噴火で、警察は、これまでの捜索の結果、スキー場に取り残された人はいなかったとして、26日で捜索を終えました。


介護報酬改定 自立支援など実施事業者に重点的に加算

ことし4月に行われる介護報酬の改定について、サービスごとの具体的な報酬額がまとまり、高齢者の自立支援や重度化を防ぐための訓練を実施した事業者に、重点的に報酬が加算されることになりました。


大田区VS江東区 埋め立て地帰属裁判 両者争う姿勢

東京オリンピック・パラリンピックで、競技会場が設けられる東京湾の埋め立て地について、大田区がすべての帰属を求めて、江東区を相手に訴えている裁判が26日から始まり、江東区は全面的に争う姿勢を示しました。


草津の湯は“いつもどおり” 噴火後初めて町が源泉調査

群馬県草津町が、草津白根山の噴火後初めて、町が管理している温泉の源泉で成分や量を調べたところ変化は確認されず、町は「噴火前と変わらず観光客に訪れてほしい」としています。


「はれのひ」社長らが会見へ 破産手続き開始決定で

成人の日に横浜市にある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」と契約した振り袖が届かなかった問題で、この会社の破産手続きの開始が決定したことから、26日夜、横浜市内で会見を開くことが決まりました。負債総額は、およそ6億3500万円と見られ、連絡が取れなくなっていた社長も出席する予定で、これまでの経緯についてどのように説明するのか注目されます。


商店街で火災 店舗など7棟延焼 三重 伊勢

26日午前、三重県伊勢市の商店街で火事があり、これまでに店舗や住宅など7棟が焼けました。火は4時間余りたって消し止められ、警察と消防が詳しい状況を調べています。


那覇空港で足場崩れ 作業員が転落 1人死亡

26日正午前、那覇空港のターミナルビル近くの建設現場で足場が崩れ、作業員2人が転落して、このうち1人が死亡し、1人がけがをしました。


首都高 全線で通行再開 4日ぶりに

大雪の影響で首都高速道路は、一部の路線で今月22日から通行止めが続いていましたが、26日午後までにすべて解除され、4日ぶりに全線で通行が再開されました。


自民 憲法改正推進本部 3月に考え示す方針

自民党の憲法改正推進本部は憲法改正案の取りまとめに向けた議論を来週、再開させ、3月に行われる党大会で党の考え方を示すことを目指して意見集約を急ぐ方針を確認しました。


避難計画作成されず 草津白根山のふもと自治体

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山について、草津町などふもとの5つの町と村では、法律で義務づけられている登山者や観光客を対象にした「避難計画」が、いずれも作成されていないことがわかりました。5つの自治体は今回噴火した火口を含めた「避難計画」の作成を急ぐことにしています。


トランプ政権 壁建設に2兆7000億円 移民政策発表

アメリカのトランプ政権は移民政策の枠組みをまとめ、子どもの時に不法入国した若者らを救済する一方、メキシコとの国境沿いに壁を建設するため、およそ2兆7000億円の予算を認めるよう議会に求めました。


店舗と住宅焼ける 1人死亡 茨城 取手

26日午前、茨城県取手市で店舗が入った2階建ての建物と隣接する住宅1棟がほぼ全焼して、焼け跡から1人が遺体で見つかり、警察はこの家に住む91歳の女性と見て確認を進めています。


2年ぶりに7兆円台 東京都新年度予算案 一般会計総額

東京都の新年度(平成30年度)の予算案が26日に公表され、法人税収の増加や東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた準備の本格化などにより、一般会計の総額は7兆460億円となり、2年ぶりの増額となりました。小池知事はみずからが掲げてきた政策をさらに推し進めるとして、待機児童や高齢化対策などに予算を重点的に配分しています。


備えあれば… 新燃岳噴火から7年 地元小学校で防災教室

宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山の新燃岳で、本格的なマグマ噴火が起きてから26日で7年になりました。ふもとの宮崎県高原町の小学校では、子どもたちが噴火が起きた時の身の守り方などを学ぶ防災授業が行われました。


設置1時間で“のぞき見” ウェブカメラ対策で警鐘

自宅の様子などをインターネット経由で離れた場所から確認できる「ウェブカメラ」について、パスワードを設定しないなどの無防備な状態で設置すると、早いもので設置のわずか1時間後には、何者かに映像をのぞき見られるとする実験結果がまとまり、研究グループはIoT機器のセキュリティ対策を入念に行うよう警鐘を鳴らしています。


「緊密な連携を」 噴火レベル引き上げで事前連絡なしの問題

草津白根山で噴火が発生し、噴火警戒レベルを3に引き上げる際、気象庁が地元の草津町への事前連絡をしていなかったことについて、石井国土交通大臣は26日の記者会見で気象庁に対し、自治体などとの緊密な連携の徹底を指示したことを明らかにしました。


火事で8人搬送 店舗兼住宅焼ける 横浜

26日朝、横浜市のクリーニング店を兼ねた住宅で火事があり、家族など合わせて8人が病院に搬送され、このうち2人がやけどなどをしました。警察によりますと、いずれも命に別状はないということです。


水道管凍結の問い合わせ相次ぐ 都内で厳しい冷え込み

26日も厳しい冷え込みとなった東京都内では、水道管の凍結に関する問い合わせが相次いでいます。


6人殺害初公判 弁護側がペルー人男の認否を留保 さいたま地裁

3年前、埼玉県熊谷市の3軒の住宅に次々に侵入し、6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人の男の裁判員裁判が、26日からさいたま地方裁判所で始まり、被告は裁判長に対し意味のわからない話を繰り返し、被告の弁護士は認否を留保しました。


通常裁判へ 乳児死亡で略式起訴の元保育園長 裁判所が判断

盛岡市の保育園で1歳の女の子に食塩を入れた液体を飲ませて死亡させたとして、業務上過失致死の罪で略式起訴された元園長について、盛岡簡易裁判所は「略式は相当ではない」と判断し、今後、通常の裁判が開かれることになりました。


「事件忘れない」 障害者46人殺傷から1年半 家族らが献花

相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件から26日で1年半となり、施設の前に置かれた献花台には、被害者の家族などが花を手向け、19人の犠牲者を悼みました。


原発事故 東電旧経営陣の公判再開 証人は20人超

東京電力の旧経営陣3人が、福島第一原発の事故をめぐり業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された裁判が、およそ半年ぶりに東京地方裁判所で再開されました。裁判長は、法廷に呼ぶ証人の数が20人を超えることを明らかにし、6月にかけて集中審理を行う方針を示しました。


草津白根山 噴火予知連が見解まとめ公表へ

群馬県の草津白根山が噴火したことを受けて、専門家などで作る火山噴火予知連絡会は、26日、気象庁で臨時の会合を開いています。今後の活動の見通しなどについて検討が進められていて、午後に見解をまとめ、公表する予定です。


首都高通行止め きょう午後にも解除へ

大雪の影響で、首都高速道路は一部の路線で今月22日から通行止めが続いていますが、26日午後にも解除され、4日ぶりに全線で通行が再開される見通しです。


日本海側中心にあすにかけ降雪 雪崩や除雪中事故に十分注意

上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、北日本の日本海側の山沿いでは、2メートルから3メートルの積雪となっています。冬型の気圧配置は次第に緩む見込みですが、日本海側を中心に27日にかけて断続的に雪が降る見込みで、気象庁は、雪崩や除雪作業中の事故などに十分注意するよう呼びかけています。


4月からの年金支給額 今年度と同額に据え置き

厚生労働省は、ことし4月からの年金支給額について、去年1年間の物価水準は上昇したものの賃金の水準が下がったことから、今年度と同額に据え置き、1か月当たりの国民年金の支給額は満額で6万4941円になると発表しました。


埼玉6人殺害事件 ペルー人男の初公判始まる

3年前、埼玉県熊谷市の3軒の住宅に次々に侵入し6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人の男の裁判員裁判が、26日午前10時すぎ、さいたま地方裁判所で始まりました。これまでの調べに対し被告は説明のつかない供述をしていたことなどから、責任能力の有無などが争点になる見通しです。


電力の需給厳しく節電を 寒さで暖房用の需要増続く

首都圏など各地で26日も厳しい寒さが続き、東京電力は暖房用の電力需要が増えて需給状況が厳しくなるとして、他の電力会社から電力の融通を受けて供給力を確保するとともに、引き続き、家庭や企業に無理のない範囲での節電への協力を呼びかけています。


JR南武線 運転再開

JR南武線は架線の断線のため、午前5時半ごろから武蔵中原と川崎の上下線で、運転を見合わせていましたが、さきほど午前9時14分ごろ、運転を再開しました。


GMOの子会社 顧客情報が流出 8万9000件余り

IT企業の「GMOインターネット」の子会社、「GMOペパボ」はネット販売のサイト作りを支援するサービスを利用した顧客の情報などが、最大で8万9000件余り流出した可能性があると発表しました。会社では外部からの不正なアクセスで情報が流出したと見ています。


雪の影響 東海道新幹線 最大1時間ほどの遅れ

JR東海によりますと東海道新幹線は雪の影響で、豊橋駅と新大阪駅の間の上下線で、始発から速度を落として運転していて、午前8時半現在、上り線で最大1時間ほどの遅れが出ています。また東海道新幹線と山陽新幹線の下り線も最大で30分ほどの遅れが出ています。


JR南武線運転見合わせ 武蔵中原駅〜川崎駅の上下線

JR南武線は午前5時半ごろから武蔵中原駅と川崎駅の間の上下線で運転できなくなっていますが、JRによりますと川崎市幸区で発生した架線の断線が原因だということです。JRは復旧作業を急いでいますが運転再開は午前11時ごろになる見通しです。


老人ホームで女性切りつけ事件 自分も被害と訴えた上司の男逮捕

25日、大津市の老人ホームで出勤して来た女性が男に切りつけられけがをした事件で、自分も殴られたと訴えていた上司の男が、女性を切りつけていた疑いが強まり警察は傷害などの疑いで逮捕しました。


北日本の日本海側中心に雪や風の強い状態続く見込み

上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、北日本の日本海側を中心に、26日の昼ごろにかけて、雪や風の強い状態が続く見込みで、気象庁は、吹雪による交通への影響などに引き続き警戒するよう呼びかけています。


大雪の影響 首都高速道路の通行止め

首都高速道路は今月22日の大雪の影響で現在も五号池袋線の上り線の高島平の間と美女木ジャンクションの間、下り線の戸田南と美女木ジャンクションの間、それに埼玉大宮線と埼玉新都心線で通行止めが続いています。復旧はいずれも26日午前中の見通しです。


草津白根山 活発な火山活動続く 警戒レベル「3」継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、25日も火山性微動が観測されるなど、活発な火山活動が続いています。気象庁は、今後も噴火が発生する可能性があるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、鏡池付近の火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


沖縄のヘリコプター緊急着陸は予防措置 米海兵隊トップ

沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターが基地以外の場所に緊急着陸するトラブルが相次いでいることをめぐり、アメリカ海兵隊のネラー総司令官は、事故を未然に防ぐための措置だったとしたうえで、航空機事故への対策として訓練環境の改善などに取り組む考えを示しました。


4分の1がストーカー行為の自覚なし

警察と精神科医が連携してストーカー行為の加害者の対策について話し合う会議が25日、警察庁で開かれ、法律に基づく警告などを受けた加害者の動機などを調べたところ、全体の4分の1がストーカー行為の自覚がないと答えたことが報告されました。警察庁は精神科医による治療を促すなどの対策を進めていくことにしています。


28人の医師処分へ 精神保健指定医の資格を不正取得

重い精神障害がある患者に強制的な入院が必要かなどを判断する「精神保健指定医」の資格を不正に取得したなどとして、厚生労働省は28人の医師を業務停止などの処分とすることを決めました。


「無理のない範囲で節電を」 暖房用の電力需要増 東京電力

26日も厳しい寒さが続く見込みになっているため、東京電力は暖房用の電力需要が増えて需給状況が厳しくなるとして、他の電力会社から電力の融通を受けて供給力を確保するとともに、引き続き、家庭や企業に無理のない範囲での節電への協力を呼びかけています。


熊谷6人殺害事件 ペルー人の男 きょう初公判

3年前、埼玉県熊谷市の3軒の住宅に次々に侵入し、6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人の男の裁判員裁判が、26日からさいたま地方裁判所で始まります。これまでの調べに対し被告は説明のつかない供述をしていたことなどから、責任能力の有無などが争点になる見通しです。


北日本 荒れた天気に 吹雪での交通影響などに警戒を

上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、北日本の日本海側や北陸で雪を伴って強い風が吹く荒れた天気になっています。北日本の日本海側を中心に26日昼ごろにかけて荒れた天気が続く見込みで、気象庁は、吹雪による交通への影響などに引き続き警戒するよう呼びかけています。


障害者殺傷事件から1年半 7割の学校“事件に直接触れず”

相模原市の障害者殺傷事件から1年半になるのに合わせて、NHKが市内のすべての公立の小中学校と特別支援学校にアンケート調査を行ったところ、半数以上の学校が事件のあと人権教育などの取り組みを強化したと回答しました。その一方で、7割の学校が犯行の残虐性などから事件に直接、触れないようにしていることがわかりました。


火口と見られる複数の穴 衛星画像を解析 草津白根山

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、新しくできた火口と見られる穴が複数あることが、人工衛星の画像の解析からわかりました。火山の専門家は、「火口ができたと見られる範囲が広いため、今後の活動を注意深く監視する必要がある」と指摘しています。


噴火時刻変わる可能性 噴火映像分析で 草津白根山

群馬県の草津白根山が噴火した時刻について、気象庁は、これまで、今月23日の午前9時59分ごろとしていましたが、噴火の様子を捉えた映像などを分析した結果、午前10時すぎの可能性が高いことがわかりました。気象庁は、26日開かれる火山噴火予知連絡会の臨時会合で詳しく検討することにしています。


原発事故 東電旧経営陣3人起訴の裁判 4月から集中審理へ

東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故をめぐり業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された裁判は、26日からおよそ半年ぶりに審理が再開されます。当事者が話し合った結果、4月から6月にかけて月に5回ほどの速いペースで集中審理が行われることが関係者への取材でわかりました。


草津白根山 活発な火山活動続く 警戒レベル「3」継続

今月23日に噴火した群馬県の草津白根山では、25日も火山性微動が観測されるなど、活発な火山活動が続いています。気象庁は、今後も噴火が発生する可能性があるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、鏡池付近の火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石に警戒を続けるよう呼びかけています。


病院で医師を刺す 男を殺人未遂の疑いで逮捕 名古屋

25日午後、名古屋市中川区にある大学病院の診療室に男が押し入り、医師の首をナイフで刺して逃げ、まもなく殺人未遂の疑いで逮捕されました。医師は大けがをしていて警察で詳しいいきさつを調べています。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る