NHKニュース|国際 2018年5月3日 (木曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

北朝鮮キム委員長と中国外相が会談 中国外務省

中国外務省は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、ピョンヤンを訪れている王毅外相と会談したと発表しました。


アジア開発銀行総会始まる 米中貿易摩擦に懸念

ADB=アジア開発銀行の年次総会が3日開幕し、中尾武彦総裁は記者会見で、アメリカと中国の貿易摩擦はアジアの経済にも打撃になりかねないと懸念を示し、自由貿易の枠組みを守るよう各国に呼びかけました。


廃虚のビル火災で49人不明 捜索続く ブラジル

ブラジル最大の都市サンパウロの、廃虚となっていたビルで起きた火災で、地元の消防当局は、無断でビルに住み着いていた人たちのうち、49人の行方がわからなくなっているとして、捜索活動を続けています。


北朝鮮拘束の米国人3人解放に期待感 トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮で拘束されている3人のアメリカ人について、「前の政権は解放できなかったが、注目していてほしい」などとツイッターに書き込み、史上初の米朝首脳会談に向けた調整が進む中、近く解放が実現することに期待を示しました。


北朝鮮国連代表部 不正アクセス指摘で米非難の声明

北朝鮮の国連代表部は、アメリカが、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会のデータベースが北朝鮮によって不正にアクセスされたと指摘したとして、「ナンセンスであり、制裁と圧力を維持する雰囲気をつくるための常とう手段だ」と非難する声明を発表しました。


拉致被害者家族 北朝鮮に拘束の米国人家族と初面会

アメリカを訪れている拉致被害者の家族が、今も北朝鮮に拘束され、トランプ大統領が米朝首脳会談に向け解放を目指す考えを示しているアメリカ人男性の家族と初めて面会したことがわかりました。


米 軍輸送機が道路に墜落 9人死亡 防犯カメラに瞬間の映像

アメリカ南部のジョージア州で、退役前の最後のフライトで飛び立った軍の輸送機が、基地の近くの道路に墜落し、乗っていた9人全員が死亡しました。墜落の瞬間の映像には、輸送機が回転しながら地上に落ちていく様子が捉えられています。


フェイスブックの個人データ流用問題 英データ分析会社 破産申請

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックから流出した大量の個人データを不正に得て、おととしのアメリカ大統領選挙の選挙対策などに流用したとされるイギリスのデータ分析会社が、すべての事業を取りやめて破産を申請すると発表しました。


国連 南スーダンの治安悪化に危機感 国民和解へ努力を

去年まで自衛隊がPKOに参加したアフリカの南スーダンでは、停戦が守られず治安の悪化に歯止めがかからないとして、国連の責任者は国民の和解に向けた南スーダン政府や関係国の努力を強く求めました。


ノーベル平和賞をトランプ大統領に 共和党議員が選考委に推薦

史上初の米朝首脳会談を前に、アメリカ議会の与党・共和党の議員がノーベル平和賞の選考委員会にトランプ大統領を推薦する書簡を送り、中間選挙に向けて成果をアピールしたい思惑があると見られます。


米テスラ 大幅増収も過去最大の赤字 開発や生産コスト膨らむ

アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、ことし3月までの3か月間の決算を発表し、売り上げは大きく増えたものの、開発や生産にかかるコストが膨らんだことから、最終的な損益は過去最大の赤字となりました。


拉致問題 米朝首脳会談で解決に期待 杉山駐米大使

史上初の米朝首脳会談について杉山駐米大使は、北朝鮮による日本人の拉致問題の解決につながることに期待を示しました。


ブラジル 鉄鋼輸入制限で米に反発「除外交渉打ち切った」

アメリカのトランプ政権が発動した鉄鋼製品などに高い関税を課す輸入制限措置についてブラジル政府は2日、声明を発表し、この措置の対象から除外されるための交渉をアメリカ側が一方的に打ち切ったことを明らかにし、反発を強めています。


EU 中期予算の原案発表 英離脱に伴う財源不足で調整難航か

EUは2021年から7年間の中期予算の原案を発表しましたが、イギリスの離脱により不足する財源の穴埋めなどをめぐって調整の難航は避けられない見通しです。


リビア 選挙管理委員会を襲撃 12人死亡 ISが犯行声明

独裁政権が崩壊したあと混乱が続く北アフリカのリビアで、選挙管理委員会の本部が武装グループに襲撃され、職員ら12人が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステートが犯行を主張する声明を出しました。


岸田氏 印外相と会談 議員交流促進し両国関係強化で一致

インドを訪問している自民党の岸田政務調査会長は2日夜、スワラジ外相と会談し、与党間で議員交流などを進め、両国関係を一層強化していくことで一致しました。


また旅客機の窓割れる 緊急着陸 先月と同じ米航空会社

アメリカで2日、飛行中の旅客機の窓が突然割れ、旅客機は近くの空港に緊急着陸しました。運航していた会社は先月には旅客機のエンジンが大破して客席の窓が割れ乗客1人が死亡する事故を起こしていて、安全性に対する懸念が高まりそうです。


トランプ大統領 国務省を初訪問 ポンペイオ新長官への信頼強調

アメリカのトランプ大統領は、新たに就任したポンペイオ国務長官の就任式典に出席するため就任後初めて国務省を訪問し、解任した前長官とは対照的に良好な関係を強調するとともに、北朝鮮との首脳会談を前にポンペイオ氏の手腕に期待を示しました。


米FRB 政策金利据え置き決定 来月に追加利上げの見方

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は金融政策を決める会合を開き、今後の経済の動向を見極める必要があるとして、政策金利を据え置くことを決めました。市場では、アメリカ経済の拡大が続いていることからFRBが来月の会合で追加の利上げに踏み切るという見方が広がっています。


「朝鮮半島非核化への北朝鮮の努力 全力で支持」中国外相

北朝鮮を訪問している中国の王毅外相はリ・ヨンホ外相と会談し「北朝鮮が朝鮮半島の非核化の目標に向けて努力することを全力で支持する」と述べ、朝鮮半島の平和体制の構築に向けて両国が緊密に連携する方針を確認しました。


米財務長官ら訪中し貿易協議 制裁背景に譲歩引き出し目指す

貿易摩擦の解消に向けて、アメリカのムニューシン財務長官らが3日から中国を訪れ、知的財産の侵害など2国間の貿易問題を協議する予定で、制裁措置の発動もちらつかせながら、中国側の譲歩を引き出したい考えです。


拉致被害者家族 米で北朝鮮人権問題NGOに協力要請

史上初の米朝首脳会談を前にアメリカを訪れている拉致被害者の家族が、北朝鮮の人権問題を追及しているNGOの代表と面会し、核やミサイルの問題とともに人権問題の分野でも一刻も早い解決が図られるよう協力を求めました。


アルメニア 首相選びめぐり野党呼びかけでデモやスト 首都大混乱

旧ソビエトのアルメニアで2日、野党党首の呼びかけで大規模なストライキやデモが行われ、主要道路が封鎖され、鉄道や地下鉄も運行を停止するなど、首都機能は大混乱に陥っています。


日本イスラエル首脳会談 中東和平へ当事者間の対話重要で一致

中東を訪問している安倍総理大臣はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、中東和平の実現には当事者間の対話が重要だという認識で一致したほか、外務・防衛当局間の協議を始めるなど安全保障やサイバー分野での協力関係を強化していくことを確認しました。


ユーロ圏GDP伸び率0.4% 成長ペースやや鈍化

ドイツやフランスなど単一通貨を使うユーロ圏のGDP=域内総生産のことし1月から3月の伸び率は0.4%となり、成長が続いているもののそのペースはやや鈍化しました。


中国外相が訪朝 北朝鮮外相と会談 米朝会談に向け意見交換か

中国の王毅外相は2日、北朝鮮を訪問してリ・ヨンホ外相と会談し、南北首脳会談について説明を受けたうえで、今後の米朝首脳会談に向けて意見を交わしたものと見られます。


外務省 韓国政府に改めて抗議 デザートに竹島の地図で

先週行われた南北首脳会談の晩さん会で、島根県の竹島が描かれた地図を添えたデザートが提供されたなどとして、外務省は韓国政府に対し改めて抗議しました。


世界の軍事費3年連続増 冷戦終結後 最高水準に

去年の世界の軍事費は、中国と周辺国との緊張が高まっていることなどが影響して3年連続で増加していて、冷戦終結後、最も高い水準に達していることがスウェーデンの研究所の分析でわかりました。


米フェイスブック お見合いサービスに参入へ

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックは、2億人にものぼる独身の利用者どうしが出会うことのできる、いわゆるお見合いサービスに参入すると発表し、すでにこうした事業を展開している会社の株価が下落するなど、影響が出ています。


大気や空気の汚染で年間700万人が死亡 半数が室内の汚染

WHO=世界保健機関は、大気や空気の汚染が原因で肺の病気などにかかって死亡する人は、年間700万人に上り、その半数は石炭やまきなどの燃料を家庭で料理や暖房に使った室内の空気の汚染が原因だとする分析を発表しました。


徴用工像 労働団体は設置の構え 打開策見えず 韓国

韓国南部プサン(釜山)にある日本総領事館の前に徴用工を象徴する像の設置を労働団体が強行しようとしている問題で、外交的な摩擦を避けたいという韓国政府の姿勢もあって阻止されましたが、労働団体はあくまで設置する構えで、打開策は見えていません。


中国外相 北朝鮮へ出発 米朝会談に向け意見交換か

中国の王毅外相は北朝鮮のリ・ヨンホ外相と会談するため、2日、ピョンヤンへ出発し、先の南北首脳会談について説明を受けたうえで、今後の米朝首脳会談に向けて意見を交わす見通しです。


トランプ政権の移民政策を批判 米でメーデーに合わせデモ

移民が多く暮らし、IT企業で活躍する人も少なくないアメリカ西部カリフォルニア州で、移民の権利を守ることを求めるデモがあり、「規制や壁は要らない」と訴えるとともに、強硬な移民政策を続けるトランプ政権を批判しました。


米 中国との通商政策協議 知的財産分野が主要テーマに

アメリカのライトハイザー通商代表は中国との貿易摩擦をめぐって、知的財産の侵害が最も重要な問題だとして、ハイテク分野の技術の流出などに強い懸念を示し、3日から中国で開く通商政策に関する協議でも主要なテーマになる見通しです。


米アップル 1〜3月決算は増収増益

アメリカのIT企業のアップルは、ことし3月までの3か月間の決算を発表し、スマートフォンの売り上げの増加に支えられて、増収増益となりました。


モロッコがイランと断交表明 分離独立組織支援で

北アフリカのモロッコは、イランがモロッコからの分離独立を求める組織を支援したとして、外交関係を断つと表明しました。イランに対してはアメリカのトランプ政権が核合意の離脱も辞さない厳しい姿勢を示していて、地域情勢がさらに不安定化することが懸念されています。


フェイスブックが新機能発表 閲覧履歴など消去可能に

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックのザッカーバーグCEOは、大量の個人データが流出した問題を踏まえて、データの保護に取り組む考えを強調したうえで、フェイスブックが集めたインターネットの閲覧履歴などを利用者自身が消去できる機能を新たに導入すると発表しました。


ギブソン・ブランズが経営破綻 米老舗ギターメーカー

エルビス・プレスリーやB・B・キングなど、多くのミュージシャンが愛用したことで知られるアメリカの老舗ギターメーカー、ギブソン・ブランズが経営破綻しました。今後は楽器の生産を続けながら経営再建を目指すということです。


ロヒンギャへの迫害 ミャンマー政府がみずから調査の考え

ミャンマーの少数派のロヒンギャの人たちが隣国への避難を余儀なくされている問題で、治安部隊による避難民への迫害があったかどうかについて、アウン・サン・スー・チー国家顧問は国際機関ではなく、ミャンマー政府自身が事実関係の調査を行う考えを示しました。


NPT再検討に向けた準備会合 核の平和利用めぐり議論

NPT=核拡散防止条約の再検討に向けた準備会合で核の平和利用をめぐる議論が行われ、ロシアや中国が新たな原発の建設を積極的に進める姿勢を示したのに対し、ドイツなどは東京電力福島第一原子力発電所の事故の教訓を忘れてはならず、建設は慎重に進めるべきだと、くぎを刺しました。


首相 パレスチナのアッバス議長と会談

アメリカがイスラエル寄りの立場を強める中、安倍総理大臣はパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長と現地で会談しました。中東和平問題は当事者間の交渉で解決されるべきだとしたうえで、日本の大使館をエルサレムに移すつもりはないと伝えました。


トランプ大統領 米朝首脳会談「開催地と時期は数日中に発表」

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談について、「開催地と時期はおそらく数日中に発表される」と述べ、世界が注目する首脳会談が、いつ、どこで開催されるのか関心が集まっています。


インドとエネルギー分野で協力強化 太陽光発電の技術支援など

日本は現在、世界3位のエネルギー消費国であるインドに対し、太陽光発電の技術支援を行うなど、エネルギー分野での協力を強化することで合意し、1日、両政府が共同声明を発表しました。


NY株価 一時350ドル以上値下がり

1日のニューヨーク株式市場は、アメリカの経済指標が市場の予想を下回ったことなどから売り注文が広がり、ダウ平均株価は一時、350ドル以上値下がりしました。


ドミニカ共和国と中国の外交関係樹立 台湾「借款約束」と非難

中国政府は、これまで台湾と外交関係があったカリブ海のドミニカ共和国と外交関係を樹立したと発表し、ドミニカ共和国は台湾との外交関係を断ちました。台湾メディアは、中国政府がドミニカ共和国に日本円で3300億円に上る借款を約束したと伝えていて、台湾は中国政府を激しく非難しています。


メーデーのデモで過激グループ暴徒化 パリ

メーデーの1日、フランスのパリでは労働者などによる恒例のデモが予定されていましたが、覆面をした1000人を超える過激なグループが暴徒化し、治安部隊が出動して鎮圧にあたる事態となり、市内中心部は一時騒然となりました。


中国外相が2日から北朝鮮訪問 対話の動きに積極関与か

中国の王毅外相は2日から北朝鮮を訪問し、リ・ヨンホ外相と会談することにしていて、中国としては北朝鮮と韓国、アメリカとの間で進む対話の動きに積極的に関与する姿勢を示すものと見られます。


NY株価 一時300ドル以上値下がり

1日のニューヨーク株式市場は、アメリカの経済指標が市場の予想を下回ったことなどから売り注文が広がり、ダウ平均株価は、一時300ドル以上値下がりしました。


大勢が無断で住み着く 高層ビルが火災で崩壊 ブラジル

ブラジル最大の都市サンパウロで1日、高層ビルから火が出て激しく焼けたあと建物が突然崩れ、消防は逃げ遅れた人がいないか捜索しています。


日本総領事館前で徴用工像の設置めぐり一時にらみ合い 韓国

韓国南部プサン(釜山)で、日本総領事館の前に徴用工を象徴する像の設置を強行しようとした労働団体と警察がもみあいになったうえ、像の設置を求めるデモの参加者と警察が一時、にらみ合う緊迫した状況となりました。


パキスタン首都の国際空港が完成 中国企業が支援

パキスタンの首都イスラマバードの新たな空の玄関口となる国際空港が中国企業の支援を受けて完成し、1日、記念の式典が開かれました。


韓国 宣伝放送のスピーカー撤去開始 北朝鮮も同様の動き

韓国軍は、北朝鮮に向けた宣伝放送のため軍事境界線近くに設置していたスピーカーの撤去を1日午後から開始し、北朝鮮軍にも同様の設備を撤去する動きがあるということで、南北首脳会談で合意した共同宣言の履行が始まったことになります。


米 鉄鋼輸入制限 EUなどの完全除外の判断を先送り

アメリカのトランプ政権は、鉄鋼製品などに高い関税を課す輸入制限措置をめぐり、一時的に対象から除外しているEU=ヨーロッパ連合など3つの国と地域について、完全に除外するかどうかの判断を1か月先送りし、厳しい協議が続くことになります。


「ロヒンギャの安全な帰還保証を」 安保理視察団が要請

ミャンマーの少数派のロヒンギャの人たちが隣国への避難を余儀なくされている問題で、国連の安全保障理事会の視察団が初めてミャンマーを訪れ、避難している人たちの安全な帰還を保証するようアウン・サン・スー・チー国家顧問に要請しました。


「#MeToo」きっかけの米女優 大物プロデューサーを提訴

セクハラや性暴力を告発する「#MeToo」の動きのきっかけを作ったアメリカのハリウッド女優が、セクハラ被害を受けたとする大物プロデューサーを相手取って損害賠償を求める訴えを起こしました。この女優は、プロデューサーからの性的な求めを断った結果、報復を受け、仕事の機会を奪われたなどと主張しています。


ドミニカ共和国 中国と外交関係を樹立 台湾と断交

中国政府は、これまで台湾と外交関係があったカリブ海のドミニカ共和国と外交関係を樹立したと発表し、ドミニカ共和国は台湾との外交関係を断ちました。台湾と正式な外交関係がある国は過去最少の19か国となり、台湾は中国政府を激しく非難しています。


“出席者に飲み物かけ批判” 大韓航空前専務を事情聴取

韓国の大韓航空の前の専務が会議中に怒って出席者の顔に飲み物をかけたとして批判が高まる中、韓国の警察は1日、前の専務をソウルの警察署に出頭させ、暴行などの疑いで事情を聴いています。


日本総領事館前に徴用工像設置めぐり混乱続く 韓国プサン

韓国の労働団体は、南部プサン(釜山)にある日本総領事館の前に徴用工を象徴する像の設置を30日夜から強行しようとして警察に阻止され、現場では1日も双方が激しくもみ合うなど混乱が続いています。


米朝首脳会談開催地 米韓首脳がパンムンジョム案で意見交換

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮との首脳会談の開催地として先に南北首脳会談が行われたパンムンジョム(板門店)も候補に挙げたことに関連して、韓国大統領府の高官は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とトランプ大統領との電話会談で、この案について意見が交わされていたことを明らかにしました。


別所国連大使「北朝鮮の行動あるまで制裁緩和ない」

日本の別所国連大使は、国連安全保障理事会による北朝鮮への制裁決議について、「具体的な行動があるまでは変わらない」と述べ、核やミサイルの放棄に確実につながる行動があるまで緩和すべきでないという考えを強調しました。


国連安保理 対北朝鮮は制裁と援助“両立”で議論活発化も

北朝鮮に対し、国際社会は結束して制裁を強化してきましたが、国連の会合で、北朝鮮での人道援助活動の課題が取り上げられ、今後、制裁と援助の両立をめぐって議論が活発化することも予想されます。


米 財務長官ら中国に派遣 貿易摩擦解消へ進展なるか

アメリカのホワイトハウスは、ムニューシン財務長官やライトハイザー通商代表を中国に派遣し、3日から通商政策について協議すると発表し、米中の貿易摩擦の解消に向けた進展が見られるか注目されます。


イスラエル首相 イランの“核兵器計画資料”を公表

イスラエルのネタニヤフ首相は、敵対するイランが隠していた核兵器の開発計画に関する大量の資料を入手したとしてみずから公表しました。入手した資料で、核兵器の開発を計画したことはないとしてきたイランの主張はうそだと証明されたとして、アメリカのトランプ大統領に対し、イランの核合意からの離脱を含む厳しい対応をとるよう呼びかけました。


NY株式市場 140ドル以上値下がり 利益確定の売りで

週明け30日のニューヨーク株式市場は、大きな取り引きの材料がない中、利益を確定するための売り注文が出て、ダウ平均株価は140ドル以上値下がりしました。


NY原油市場 イラン情勢への懸念で値上がり

週明け30日のニューヨーク原油市場は、イスラエルのネタニヤフ首相がイランの核兵器開発に関する内部資料を公開したことを受けて、今後、中東情勢が緊迫するという見方から、原油の先物価格は、一時、1バレル=69ドル台前半に値上がりしました。


中南米で人身売買の一斉捜索 女性や子ども350人保護

人身売買対策に力を入れているICPO=国際刑事警察機構は、中南米の13の国と地域で一斉に捜索を行い、女性や子どもなどおよそ350人を保護しました。


“パレスチナ難民の学校が授業不能に” 米に拠出再開呼びかけ

パレスチナ難民を支援する国連機関は、アメリカのトランプ政権が資金の拠出を凍結し続ければ、難民の子どもたちが通うおよそ700の学校の授業が秋から行えなくなるとして、拠出を再開するようアメリカに呼びかけました。


訪米中の拉致被害者家族 米政府高官に早期帰国訴え

史上初の米朝首脳会談を前に、アメリカを訪問している拉致被害者の家族が国務省の高官と面会し、被害者の早期帰国に向けた現地での訴えを始めました。


韓国労働団体 “徴用工”像 設置試み警察とにらみ合い

韓国の労働団体は30日夜から、南部のプサン(釜山)にある日本総領事館の前に徴用工の問題を象徴する像を設置しようとして警察に阻止され、現場では双方のにらみ合いが続いています。


NPT準備会合 南北首脳会談に評価と慎重論

世界の核軍縮について話し合うNPT=核拡散防止条約の再検討に向けた準備会合では、先の南北首脳会談で朝鮮半島の非核化の目標が掲げられたことを各国が評価する一方で、日本やイギリスなどは北朝鮮が具体的な行動をとらない限り制裁と圧力を維持すべきだと、改めて慎重な姿勢を示しました。


美術館絵画の半数以上“がん作”で謝罪 フランス

フランス南部の美術館で、所蔵されていた地元出身の画家の作品とされていた絵画の半数以上が、本人が描いたものではないがん作だったことがわかり、自治体の代表がこれまでの来館者に謝罪する事態となっています。


トランプ大統領 米朝首脳会談の開催地にパンムンジョムも検討

アメリカのトランプ大統領は、史上初となる北朝鮮との首脳会談の開催地をめぐり、東南アジアのシンガポールや、先に南北首脳会談が行われた南北の軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)などが候補だと明らかにしました。


途上国の水銀汚染の実態 国連が初の調査へ

水俣病の原因となった水銀が、発展途上国で適切に処理されず、環境汚染や健康被害が懸念されていることから、UNEP=国連環境計画は、途上国の廃棄物置き場で、環境や周辺住民への影響を初めて調査することになりました。


安倍首相がヨルダン到着 シリア問題での支援継続を表明へ

中東を歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の1日未明、2番目の訪問国ヨルダンに到着しました。アブドラ国王との首脳会談では、長引くシリア問題での支援の継続など、中東の安定化に積極的な役割を果たす考えを伝えることにしています。


ブラジル人サーファーが24m超の波に乗り世界記録更新

8階建てのビルの高さに相当する24メートル余りの波に乗ることにブラジル人のサーファーが成功し、世界記録を更新しました。


韓国大統領 共同宣言の内容履行 政府レベルの取り組み指示

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は30日、南北首脳会談で合意した共同宣言について、「新しい朝鮮半島の時代への歴史的な出発だ」として、内容の履行に向け政府レベルで取り組んでいくよう指示しました。


日米外相会談 核放棄に向け 北朝鮮への圧力維持を確認

ヨルダンを訪れている河野外務大臣は、先に就任したばかりのアメリカのポンペイオ国務長官と会談し、米朝首脳会談を通じて、北朝鮮から核やミサイルの放棄に向けた具体的な行動を引き出すため、最大限の圧力を維持していく方針を確認しました。


安倍首相 UAE皇太子と会談 先端技術分野などで協力拡大

UAE=アラブ首長国連邦を訪れている安倍総理大臣は、ムハンマド・アブダビ皇太子と会談し、日本企業が持つ油田の権益更新に謝意を伝えたうえで、先端科学技術や防衛など幅広い分野で協力を拡大し、両国の戦略的関係を強化する共同声明を発表しました。


シリア「ミサイル攻撃」の情報 26人死亡 イスラエル関与か

シリアの国営メディアは、軍の情報として、中部のハマ県などにある軍の複数の施設に対し「敵のミサイル攻撃があった」と伝え、内戦の情報を集めている人権団体は、アサド政権を支援するイランの民兵の施設が攻撃されて、少なくとも26人が死亡し、イスラエルが関与した可能性があると指摘しました。


北朝鮮国営テレビ 南北首脳会談の記録映画放送

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、今月27日に行われた南北首脳会談の映像をまとめた、およそ40分にわたる記録映画を30日午後、放送しました。


2度の自爆テロで25人死亡 アフガニスタン カブール

アフガニスタンの首都カブールで30日、政府の情報機関の近くで2度にわたって自爆テロが起き、これまでに市民や報道関係者など25人が死亡しました。


カンボジア総選挙 立候補者の届け出開始 最大野党不在のまま

カンボジアで、ことし7月に行われる総選挙の立候補者の届け出が30日から始まりました。最大野党が解散に追い込まれるなど、フン・セン政権が強権的な姿勢を強める中、公正な選挙となるのかどうか懸念が高まっています。


シリア クルド人勢力 東部の村奪還 政権側との緊張高まり懸念

内戦が続くシリアで29日、クルド人勢力が、アサド政権側にいったん奪われた東部の4つの村を奪還しました。この地域をめぐっては、これまでにも衝突が起きていて、今後さらに緊張が高まることが懸念されています。


北朝鮮向け宣伝放送 韓国がスピーカー撤去へ あすから

韓国国防省は、北朝鮮に向けた宣伝放送のために、軍事境界線近くに設置していた大音量のスピーカーの撤去を、1日から始めると発表しました。


中国 王毅外相 来月2日から訪朝へ

中国外務省は、王毅外相が2日から2日間の日程で北朝鮮を訪問すると発表しました。先の南北首脳会談について説明を受けるほか、今後開かれる見通しの米朝首脳会談に向けても、意見を交わすものと見られます。


世耕大臣 ロシア北極圏LNGを視察 日本企業の参加後押しへ

来月、開催が予定されている日ロ首脳会談を前に、ロシアを訪問している世耕ロシア経済分野協力担当大臣は、北極圏にあるLNG=液化天然ガスの生産プラントなどを視察し、北極圏のエネルギー開発事業に日本企業の参加を後押ししたいという考えを示しました。


米のソフトバンク子会社とTモバイルUS 経営統合で合意

アメリカ第4位の携帯電話会社でソフトバンクグループの子会社のスプリントと第3位のTモバイルUSは、経営統合することで合意したと発表しました。


北朝鮮 「南北の時差」来月5日からなし 融和を強調

北朝鮮の国営メディアは、韓国より30分遅い標準時「ピョンヤン時間」がキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の指示で、来月5日から韓国と同じになると伝え、「民族の和解、団結の初めての実行措置」として南北の融和を強調しています。


米国務長官 イスラエルの対イラン越境攻撃を支持

アメリカのポンペイオ国務長官がイスラエルを訪問し、「イランの脅威が中東で拡大している」と述べ、隣国シリアの内戦を通じて勢力を拡大しているイランを標的にイスラエルが行っている越境攻撃を支持する姿勢を示しました。


北朝鮮はリビア方式で非核化実現を ボルトン大統領補佐官

アメリカのボルトン大統領補佐官は、アメリカが求める北朝鮮の非核化について、かつて大量破壊兵器計画を放棄したリビアを前例に、国際社会の制裁を維持しながら北朝鮮が、まずは非核化を着実に実行することが欠かせないと強調しました。


イラン大統領 核合意めぐる仏提案の新たな協議拒否

イラン核合意からアメリカが離脱しないよう、フランスが行った新たな協議の提案について、イランのロウハニ大統領は、イランに対する締めつけを強めることを目的とした協議には応じられないという考えを示しました。


「非核化の行動まで圧力緩めず」とキム委員長に説明 米国務長官

アメリカのポンペイオ国務長官は、先に北朝鮮を極秘訪問した際、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長に、北朝鮮が非核化を実現する具体的な行動を取らない限り、圧力を緩めない考えを説明したことを明らかにしました。


日朝対話は米朝会談や北朝鮮の行動注視し検討 河野外相

南北首脳会談で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が日本との対話に前向きな姿勢を示したことについて、河野外務大臣は、米朝首脳会談での議論やその後の北朝鮮の行動を注視し、日本政府としての対応を検討する考えを示しました。


パレスチナ自立へ物流網整備で一致 ヨルダン訪問の河野外相

ヨルダンを訪れている河野外務大臣は、イスラエルとパレスチナ、ヨルダンによる閣僚会合を開き、地域和平に必要なパレスチナの経済的自立を促すため、専用の道路を新たに建設し、物流網の整備を進めることで一致しました。


米朝首脳会談前に拉致家族が訪米へ 協力や連携訴え

史上初の米朝首脳会談を前に、拉致被害者の家族は、30日からアメリカを訪問し、政府要人らに被害者の早期帰国への協力を直接求めるとともに、国連本部で開かれるシンポジウムに出席し、北朝鮮の人権問題での連携を訴えることにしています。


プーチン大統領 北朝鮮問題でロシア排除されないようくぎ刺す

ロシアのプーチン大統領は、南北首脳会談の結果をめぐって電話会談を行った韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領に対し、南北とアメリカ、それに中国による話し合いが一方的に進むことで、ロシアが排除されることがないようくぎを刺しました。


拉致問題含め前進図れるよう米韓と緊密連携 日本政府

南北首脳会談を受け安倍総理大臣は、アメリカのトランプ大統領、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と相次いで電話会談を行い、北朝鮮から非核化などに向けた具体的な行動を引き出すため全力を挙げることを確認しました。日本政府は、史上初の米朝首脳会談に合わせて拉致問題を含め前進が図れるよう米韓両国と緊密に連携していくことにしています。


中東歴訪の安倍首相 UAEに到着 戦略的な協力関係確認へ

中東を歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の30日未明、最初の訪問国、UAE=アラブ首長国連邦に到着しました。首都・アブダビでのムハンマド皇太子との会談では、エネルギーをはじめ幅広い分野で戦略的な協力関係を深めることを確認したい考えです。


ロヒンギャ問題 国連安保理視察団 バングラデシュのキャンプ視察

ミャンマーの少数派のロヒンギャの人たちが避難を余儀なくされている問題で、国連の安全保障理事会の視察団が、隣国バングラデシュのキャンプを視察し、早期の帰還に向けて力を尽くす考えを強調しました。


米国務長官 “対イランでサウジアラビアを全面支援”

アメリカのポンペイオ国務長官が、就任後初めて中東のサウジアラビアを訪れ、イランについてテロ組織を支援していると強く批判するとともに、イランと対じするサウジアラビアを全面的に支援する考えを示しました。


北朝鮮 30分遅い「ピョンヤン時間」を元に戻し 日韓と同じに

韓国大統領府は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談が行われた27日に、2015年から導入している、日本や韓国より30分遅い標準時「ピョンヤン時間」を元に戻し、韓国と同じにすることを表明したと明らかにしました。これにより、北朝鮮と日本、韓国との時差がなくなることになります。


「日本と対話する用意ある」 南北会談でキム委員長が発言

安倍総理大臣と韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、29日午前、電話で会談しました。韓国大統領府によりますと、この中でムン大統領は、27日の南北首脳会談の結果について「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が『北もいつでも日本と対話する用意がある』と明らかにした」と日本側に説明しました。


南北首脳がノーベル平和賞の一番人気 英ブックメーカー予想

ことしのノーベル平和賞について、イギリスの大手ブックメーカーの予想では、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の2人が一番人気となっていて、アメリカのトランプ大統領がそれに続いています。


米国務長官「キム委員長は非核化協議の準備できている」

アメリカのポンペイオ国務長官は、先に会談した北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)委員長がアメリカの求める非核化に向け協議する準備ができているとの認識を示し、北朝鮮の今後の出方を注視する考えを強調しました。


米韓首脳電話会談 非核化実現に向け緊密に協議すること確認

アメリカのトランプ大統領は、日本時間の28日夜、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と電話で会談しました。この中で、トランプ大統領は27日の南北首脳会談について「核のない朝鮮半島の実現という目標を確認したことは、南北だけではなく、全世界にとって非常にうれしい知らせだ」と述べ、評価したということです。


北朝鮮 キム委員長 核実験場5月中に閉鎖の意向 韓国大統領府

韓国大統領府は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、来月中に核実験場を閉鎖し、その際にはアメリカや韓国の専門家、それにメディアに対して公開することなどを27日の南北首脳会談で表明したと発表しました。


トランプ大統領「米朝首脳会談は3、4週間以内に」

アメリカのトランプ大統領は中西部 ミシガン州で演説し、史上初となる北朝鮮との首脳会談について、今後3週間から4週間以内に行われるという考えを示すとともに、会談を通じて非核化を実現することに自信を示しました。


ロシア首相 米の個人制裁を非難し対抗措置も

ロシアのメドベージェフ首相は、アメリカによるプーチン政権に近い実業家などに対する制裁について、「ロシアの破壊を狙ったものだ」と非難するとともに、アメリカの個人に対する制裁など、さまざまな対抗措置を検討していることを明らかにしました。


北朝鮮国営メディア 圧力維持の日本政府を非難

北朝鮮の国営メディアは、28日夜、日本についての論評を伝え、「朝鮮半島と地域に流れる平和の流れをまともに感知できない」と主張して、非核化に向けて具体的な行動を取るまで圧力を維持する姿勢を強調する日本政府を非難しました。


世耕大臣がロシア訪問 首脳会談に向け詰めの協議へ

世耕ロシア経済分野協力担当大臣はロシアを訪れ、日本との経済協力を統括するシュワロフ第1副首相らと会談し、来月行われる予定の日ロ首脳会談に向けて、両国間でエネルギー開発や都市開発など、協力案件を具体化するための詰めの協議を進めることを確認しました。


中国とインド 首脳会談 両国の関係改善で一致

中国の習近平国家主席は、中国を訪れたインドのモディ首相と28日までの2日間会談し、国境地帯をめぐる対立などでぎくしゃくしてきた両国の関係の改善や多国間の貿易体制を守ることで一致し融和ムードを強調しました。


安倍首相 トランプ大統領と電話会談 拉致問題解決へ協力確認

安倍総理大臣は28日夜、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領から南北首脳会談の説明を受けたアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、北朝鮮が非核化など諸懸案の解決に向けて具体的な行動を取ることが重要だとして動向を注視していくことで一致しました。また、両首脳は、拉致問題の解決のため引き続き協力していくことを確認しました。


韓国 M5.4の地震 地熱発電が誘発か 研究発表

去年11月に韓国南部で発生したマグニチュード5.4の地震は、地下に大量の水を高圧で注水する地熱発電によって誘発された可能性が高いとする研究結果がアメリカの科学雑誌に掲載されました。


原因不明の病の赤ちゃん 延命措置中止で死亡 イギリス

イギリスで、原因不明の病にかかり延命措置が取られていた1歳11か月の赤ちゃんが、病院が治る見込みがないとして延命措置を中止したため死亡しました。赤ちゃんをめぐっては、延命措置の是非について病院側と両親が裁判で争う事態にもなっていて、赤ちゃんの死をメディアは大きく伝えています。


安倍首相 きょうから中東歴訪

中東情勢が一層複雑さを増す中、安倍総理大臣は29日から中東のUAE=アラブ首長国連邦やイスラエルなどを訪れ、エネルギー分野も含めて協力関係を強化するとともに、中東の安定に積極的な役割を果たしていく姿勢をアピールしたい考えです。


トランプ大統領 米韓電話会談後に“とてもうまくいっている”

アメリカのトランプ大統領は日本時間28日夜、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と電話で会談し、27日の南北首脳会談の内容について説明を受けたとみられます。トランプ大統領は、このあと、みずからのツイッターに「物事はとてもうまくいっている」と投稿し、米朝首脳会談に向けた準備が進んでいるという認識を示しました。


安倍首相 トランプ大統領と電話会談「北朝鮮の動向注視」

27日の南北首脳会談を受けて、安倍総理大臣は、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領から説明を受けたアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。この後、安倍総理大臣は記者団に対し、北朝鮮が非核化など諸懸案の解決に向けて具体的な行動を取ることが重要だとして、動向を注視していくことで一致したことを明らかにしました。


フィリピン政府 慰安婦問題表す女性像を撤去 日本に配慮か

フィリピンの首都マニラに設置されていた慰安婦問題を表す女性の像が、フィリピン政府によって撤去されていたことがわかり、日本との関係に配慮したものとみられます。


ASEAN議長声明 北朝鮮めぐる対話の動きを“歓迎”

シンガポールでASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議が開かれ、27日の南北首脳会談や今後の米朝首脳会談など北朝鮮をめぐる対話の動きについて「歓迎する」と明記した議長声明が発表されました。


北朝鮮 南北会談を大々的に報道

北朝鮮の国営テレビは28日、南北首脳会談について大々的に伝えました。非核化に関する共同宣言での合意内容もそのまま伝え、アメリカとの首脳会談を見据えて対話への本気度をアピールする狙いがあるとみられます。


マレーシア総選挙 首相経験者らの与野党が激突

マレーシアで議会下院の選挙戦が28日から始まり、与党連合を率いる現職のナジブ首相と野党に転じて政権交代を狙う92歳のマハティール元首相による与野党が激突する選挙戦の行方に注目が高まっています。


高校生が学校の軍事利用防ぐための署名活動

紛争のさなかに学校が攻撃されたり軍事利用されたりするのを防ごうと、策定された国際的な政治宣言に日本も調印すべきだとして、高校生たちが28日、都内で署名を集める活動を行いました。


中国国歌の侮辱禁じる条例案についての公聴会 香港

香港の議会で、中国の国歌、国の歌を侮辱することを禁じる「国歌法」の罰則を盛り込んだ条例案について市民を対象にした公聴会が初めて開かれ、賛成の意見が出た一方で、「思想の自由を侵害している」などといった反対意見も相次ぎました。


韓国の新聞各紙 南北首脳の融和ムードを強調

27日、10年半ぶりに行われた南北首脳会談について韓国の新聞各紙は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が抱き合う写真を1面に大きく掲載するなど、融和ムードを強調しています。


北朝鮮国営メディア 南北首脳共同宣言を発表

北朝鮮の国営メディアは、南北首脳会談の結果について28日、初めて伝えました。「朝鮮半島の非核化をはじめとした相互の関心事となる問題について意見が交わされ、見解の一致を見た」としていて、アメリカとの首脳会談を見据え、対話への本気度をアピールする狙いがあるとみられます。


ガザ地区の発砲 パレスチナ国連大使が国連に調査要請

パレスチナ暫定自治区のガザ地区で続く抗議デモにイスラエル軍が発砲して死傷者が出ている問題で、パレスチナの国連大使は27日、イスラエルの行為は国際法違反だとして独立した調査の実現に協力を求める書簡を国連の事務総長などに送りました。


ボスニア紛争時の将軍拘束 民族間で意見分かれる

旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナで、1990年代の民族紛争の際に将軍だった男が、27日、対立する民族を虐殺した疑いで拘束されました。しかし、拘束をめぐって民族間で意見が分かれ、現在も対立が根強く残っていることがうかがえます。


米独首脳会談 鉄鋼輸入制限の除外措置で米は厳しい姿勢変えず

ドイツのメルケル首相はアメリカのトランプ大統領と首脳会談を行い、鉄鋼製品などに高い関税を課す輸入制限措置の対象からEU=ヨーロッパ連合を恒久的に除外するよう求めましたが、トランプ大統領は厳しい姿勢を変えず、新たにEUにも関税が課される可能性が出ています。


非核化の議論は米朝首脳会談へ

27日の南北首脳会談で署名された共同宣言では、「完全な非核化は南北共通の目標」とされたものの、北朝鮮がすでに開発した核兵器をどう放棄するのかには触れられず、実際に非核化が進むのかどうかは、今後開かれる見通しの米朝首脳会談での議論に委ねられた形となりました。


米朝首脳会談の開催地 シンガポールが有力か 米テレビ

米朝首脳会談の開催地について、CNNテレビは27日、「決定には至っていないが、アメリカ政府の当局者はシンガポールを支持している」と報じました。一方で、「モンゴルも選択肢に残っている。しかし、より遠いため理想的ではないとみられている」としています。


米元特使 南北首脳会談評価も「非核化の具体化が課題」

アメリカのブッシュ政権で6か国協議を担当していたデトラニ元朝鮮半島担当特使は、NHKのインタビューに対して、今回の南北首脳会談について「朝鮮半島の非核化を目標として共同宣言に盛り込み、米朝首脳会談へとつなげることができた」と述べ、10段階で8から8.5の採点をつけられると評価しました。その一方で、「非核化に関しては、詳しい内容を明確にしなければならない」と述べ、米朝首脳会談に向けて非核化の具体化が最大の課題だと強調しました。


南北首脳会談の結果 韓国大使が国連側や関係国に説明

ニューヨークの国連本部では、韓国の国連大使が、27日に行われた南北首脳会談の結果について、国連側や関係国に説明を行いました。


瀬取り監視でオーストラリア・カナダ軍機が日本に派遣へ

北朝鮮の船舶による、いわゆる「瀬取り」を監視するため、オーストラリア軍とカナダ軍の哨戒機が沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に派遣されることが、防衛省関係者への取材でわかりました。アメリカ軍が中心となって北朝鮮の非核化に向けて圧力をかけ続ける狙いがありますが、日本を拠点に各国の部隊が活動するのは極めて異例です。


地方自治体や旅行会社が日本への観光をアピール ロシア

ロシアから日本を訪れる観光客を増やそうと、日本の地方自治体や旅行会社の代表がモスクワを訪れて日本への観光をアピールするイベントを開きました。


米大統領“南北首脳会談を評価も非核化実現まで圧力維持”

アメリカのトランプ大統領は、南北首脳会談を評価する一方、非核化の実現まで北朝鮮への圧力は維持する考えを強調し、史上初の米朝首脳会談で具体的な進展が得られることに期待を示しました。


米ポンペイオ国務長官 NATO外相会議に初参加

NATO=北大西洋条約機構の外相会議が開かれ、前日に就任したばかりのアメリカのポンペイオ国務長官は加盟各国に対して防衛費を引き上げるよう厳しく求める姿勢を示し、各国にくぎを刺しました。


ASEAN首脳会議 きょう開催

ASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議が28日にシンガポールで開かれます。NHKが入手した議長声明案では、中国が拠点構築を進める南シナ海の領有権をめぐる問題で「懸念」という言葉が盛り込まれ、国際法の順守を重視するシンガポールの意向が反映されたものになる見込みです。


米政権「優先的に監視する国」に中国の指定継続

アメリカのトランプ政権は、中国で企業秘密を盗む行為や偽ブランド品の製造などの知的財産の侵害への懸念が高まっているとして、「優先的に監視する国」への指定を継続し、是正を強く求めていくことになりました。


インド スズキ新車販売台数が過去最高に

世界第4位の自動車市場のインドで、シェアが首位のスズキは、昨年度の新車の販売台数がおよそ178万台と過去最高となったと発表しました。


NPT準備会合 いったん休会 南北首脳会談を受け

NPT=核拡散防止条約の再検討に向けた準備会合は、南北首脳会談を受けて複数の国から情勢を分析したいという申し出があったことから、いったん休会となり、議長を務めるポーランドの大使は、北朝鮮が今後、NPTへの復帰の意思を示せば速やかに対応を検討する考えを明らかにしました。


安倍首相 日米・日韓首脳電話会談を調整

南北首脳会談を受け、安倍総理大臣は、29日からの中東歴訪を前にアメリカのトランプ大統領、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と電話で会談し、史上初の米朝首脳会談で北朝鮮から具体的な行動を引き出すための対応を協議することにしています。


ガザ地区 抗議デモに軍が発砲も 国連がイスラエルを非難

パレスチナ暫定自治区のガザ地区では、パレスチナ難民が故郷を追われてから70年になるのに合わせた抗議デモが続けられているのに対して、イスラエル軍が実弾を発砲するなどして対応しています。これまでに38人が死亡し、国連は「過剰な武力行使が繰り返されている」としてイスラエルを非難しました。


米ポンペイオ国務長官「彼が真剣だと感じた」

北朝鮮との首脳会談の調整を主導するポンペイオ国務長官は27日、訪問先のベルギーで、南北首脳会談について「共同宣言で完全な非核化という目標が示されたことに励まされており、キム委員長が新たな誓約をしたかどうか宣言を精査している」と述べ、評価しました。


自民 二階幹事長がロシア首相と会談 拉致問題解決へ協力要請

ロシアを訪れている自民党の二階幹事長はメドベージェフ首相と会談し、北朝鮮による拉致問題の解決に協力を要請しました。これに対し、メドベージェフ首相は、南北首脳会談が北朝鮮問題の平和的な解決につながることに期待感を示しました。


米ペンス副大統領「一歩に過ぎず」 北朝鮮への圧力維持へ

南北首脳会談を受けて、アメリカのペンス副大統領は27日、声明を発表し、「アメリカが何の譲歩もせずに北朝鮮がテーブルについたのは、トランプ大統領の指導力の強さを証明しており、圧力が効いている表れだ」と強調しました。


トランプ大統領 米朝首脳会談の候補地は2か3

アメリカのトランプ大統領は、史上初の米朝首脳会談について、開催地は2つか3つの場所に絞って検討を進めていることを明らかにしました。


米大統領 南北首脳会談を前向きに評価 非核化実現に意欲

27日に行われた南北首脳会談について、アメリカのトランプ大統領は、前向きに評価したうえで、「北朝鮮、そして朝鮮半島全体の非核化を目指している」と述べ、史上初の米朝首脳会談に向けて非核化を実現する意欲を示しました。


ロシア外務省「重要な一歩」 積極的な関与の姿勢強調か

南北首脳会談について、ロシア外務省は27日、声明を発表し、「双方の国民を和解させ、強固な結びつきを作り出すための重要な一歩だった」と評価しました。


南北首脳による共同宣言「パンムンジョム宣言」 全文日本語訳

27日、南北首脳会談を行った韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が署名した共同宣言、「パンムンジョム(板門店)宣言」の全文日本語訳を掲載しました。


国連事務総長「歴史的な会談を称賛 検証可能な非核化実現を」

南北首脳会談について国連のグテーレス事務総長は、「真に歴史的な会談を称賛する」と述べて、歓迎する声明を発表しました。


中国 下校途中の中学生切りつけられ 7人死亡

27日夜、中国内陸部、陝西省で、下校途中の中学生19人が突然、刃物を持った男から切りつけられ、このうち7人が死亡する事件があり、警察は男を拘束して詳しいいきさつを調べています。


ICAN 朝鮮半島非核化 世界の核軍縮も促されることに期待

去年、ノーベル平和賞を受賞したICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンのティム・ライト氏は、27日、NPT=核拡散防止条約の準備委員会の会合が開かれているジュネーブでNHKの取材に応じ、南北首脳会談について「非常に重要な一歩だ。朝鮮半島の非核化にとどまらず、世界の核軍縮にもつながってほしい」と述べ、朝鮮半島の非核化につながり世界の核軍縮も促されることに期待を示しました。


英外相 歓迎も圧力継続は必要

イギリスのジョンソン外相は27日、声明で、南北の首脳が共同宣言に署名したことを歓迎する意向を示したうえで、「まだ解決すべき問題は残されており、この歴史的な会談だけで終わらせてはならない。北朝鮮が求める安全と繁栄は、これまでのやり方を変えることでしかもたらされないというメッセージにキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が耳を傾けることを期待する」としています。


河野外相「北朝鮮が具体的行動取るまで圧力 方針変わらず」

河野外務大臣は27日夜、成田空港で記者団に対し、「これまで対外的に非核化に言及していなかった北朝鮮がこうした一歩を踏み込んだことは、大きな前進と言っていいのではないか。非核化の具体的な進め方は米朝首脳会談の中で議論されると思う」と述べました。


旧日本軍の軍服着て撮影しネット掲載 中国 取締りへ法律制定

中国で、一部の若者が旧日本軍の軍服を着て写真を撮り、ネット上に掲載したことが、中国のメディアで大きく取り上げられ問題となっていることを受けて、中国政府は、こうした行為を犯罪として取り締まることができる法律を制定しました。


トランプ大統領「南北の歴史的会談 よいこと起きている」

南北首脳会談について、アメリカのトランプ大統領は27日朝(日本時間27日夜)、ツイッターに「ミサイル発射や核実験の激しい1年のあと、南北の間で歴史的な会談が行われている。よいことが起きている」と投稿し、評価しました。


中印首脳が会談 関係改善と協力推進を確認

中国の習近平国家主席は、中国を訪れたインドのモディ首相と会談し、国境地帯をめぐる対立などでぎくしゃくした関係を改善させ、協力を進めることを確認しました。


英GDPの伸び率 大幅減速 約5年ぶりの低い水準に

イギリスのことし1月から3か月のGDP=国内総生産の伸び率は、建設が落ち込んだことなどから大幅に減速して0.1%のプラスにとどまり、およそ5年ぶりの低い水準となりました。


NATO事務総長 歓迎も制裁継続で北朝鮮の動向注視

南北の首脳が共同宣言に署名したことについて、NATO=北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長は27日、記者会見で、「双方が違いを平和的に解決する意思を示した」と述べて歓迎しました。


米GDP +2.3%にやや減速

アメリカのことし1月から3月までのGDP=国内総生産の成長率の速報値が発表され、年率に換算した実質でプラス2.3%と、やや減速しました。ただ、トランプ政権による大規模な減税などによって、アメリカ経済は当面、拡大が続くという見方が出ています。


キム委員長 北朝鮮側に戻る すべての日程終えて

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、南北首脳会談とその後の晩さん会などすべての日程を終え、27日午後9時半ごろ、パンムンジョム(板門店)の韓国側の施設、「平和の家」を出て、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領に見送られて車に乗り込み、軍事境界線を越えて北朝鮮側に戻りました。


ロシア大統領府報道官「とても前向きなニュース」

南北首脳会談を受けて、ロシア大統領府のペスコフ報道官は27日、ロシアメディアに対して「とても前向きなニュースだ。朝鮮半島の安定に向けたプロセスは、まずは韓国と北朝鮮の双方による直接対話によって進められるべきで、その点で双方の間で対話が持たれたことをうれしく思う」と述べました。


晩さん会 南北両首脳の夫人ら60人が参加

南北首脳会談の終了後、会場となったパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設、「平和の家」で27日午後6時半すぎから晩さん会が開かれ、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長、それに両首脳の夫人など南北合わせて60人が出席しました。


中国外務省報道官「お祝いと歓迎を表明」

中国外務省の陸慷報道官は南北首脳会談が行われ、両首脳が共同宣言に署名したことを受けて27日夜、談話を発表しました。


フランス外務省「非核化に向けた具体的行動に期待」

フランス外務省は南北首脳会談のあと両首脳が共同宣言に署名したことを受けて27日、声明を発表し、「共同宣言は朝鮮半島の恒久的な平和の構築に貢献することが期待される」と歓迎しました。


“平和条約締結に向けた動き加速を” 訪ロ中の自民 二階氏

ロシアを訪問している自民党の二階幹事長は、政府関係者や企業のトップらを前に講演し、両国の政党間や民間の交流を拡大させるなどして、平和条約の締結に向けた動きを加速させたいという考えを示しました。


ウィリアム王子夫妻の第3子は「ルイ・アーサー・チャールズ」

イギリス王室のウィリアム王子夫妻の第3子となる王子は「ルイ・アーサー・チャールズ」と名付けられました。


河野外相「北朝鮮めぐる諸懸案の解決に向け前向きな動き」

河野外務大臣は27日夜、談話を発表し、「今回の会談の実現にいたるまでの韓国政府の努力を賞賛する。北朝鮮の非核化を含めた議題について初めて直接議論し、キム・ジョンウン(金正恩)委員長による北朝鮮の非核化に向けた意思を文書上で確認したことは、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きであり、歓迎する」としています。


希望 玉木代表「拉致問題への言及なく遺憾」

希望の党の玉木代表は、東京都内で、記者団に対し、「拉致問題への記述や言及が一切無かったことは遺憾で、他国のトップにお願いして解決してもらわざるを得ない現状は、甚だ問題だ。拉致問題の解決に向けた安倍総理大臣の本気度を疑わざるを得ない。日朝交渉に向けた道筋を、わが国が独自の外交として、しっかり築き上げていかないといけない」と述べました。


「朝鮮半島の非核化は被爆地の願い」被災協

南北の両首脳による共同宣言について、長崎市の被爆者で、被災協=長崎原爆被災者協議会の田中重光会長は「朝鮮半島の非核化は原爆を再び使ってはならないという被爆地の願いであり、今回の宣言は非常に喜ばしいものだ。核兵器をなくそうという気持ちがあれば核廃絶は実現すると思うので、米朝首脳会談も含めて対話を継続させ、核の抑止力に依存しない安全保障政策を世界で進めてほしい」と話しています。


「大きな喜びと希望に満ちあふれている」朝鮮総連

朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会中央本部は「大きな喜びと希望に満ちあふれている。朝鮮半島における敵対関係に終止符を打ち平和と繁栄、統一の新しい時代への出発点になるものと確信している」というコメントを発表しました。


「平和に向け『新しい歴史』に期待」民団団長

在日韓国人でつくる民団=在日本大韓民国民団中央本部のヨ・ゴニ(呂健二)団長は「北朝鮮が非核化し、民主化する大きな好機であり転換点である。首脳会談を契機に朝鮮半島の平和体制が恒久的に構築され、北朝鮮が早期に核保有と開発を完全に放棄し、平和へ向けて『新しい歴史』を開いていくことを期待してやまない」というコメントを発表しました。


首相 “米朝会談”通じ北朝鮮が具体的な行動とること強く期待

南北首脳会談を受け、安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、「北朝鮮をめぐる拉致・核・ミサイル問題の包括的な解決に向けた前向きな動きと歓迎する」と述べたうえで、米朝首脳会談を通じて北朝鮮が具体的な行動をとることを強く期待する考えを示しました。


拉致被害者の家族 今後の展開を注視

北朝鮮による拉致被害者の家族は、予定されている米朝首脳会談などを通じて被害者帰国への道筋がつくのか、今後の展開を注視することにしています。


キム委員長「合意 必ず成し遂げられるよう努力していく」

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、署名式のあとの記者発表で、会談前の心境について、「1日も早くすべての同胞が安心して、平和に暮らしていく道を開き、わが民族の新しい未来を開いていく決心を抱いて、パンムンジョム(板門店)の軍事境界線を越えた」と述べました。


「必ず祖国に平和戻ると確信」きょう96歳の在日コリアン

南北首脳会談の共同宣言について、朝鮮半島で生まれ、その後、日本に渡った在日コリアン1世の男性は「必ず祖国に平和が戻ると確信した」と話しています。


安倍首相“蚊帳の外ではない”

安倍総理大臣は、記者団が「日本が蚊帳の外に置かれるという懸念があるが」と質問したのに対し、「全く無い。先般、トランプ大統領とゆっくりと話をして、基本的方針では一致している。それを受けてムン大統領とも話した」と述べました。


安倍首相 “北朝鮮が具体的な行動取ること 強く期待”

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、「今回の会談を受けて、そして米朝首脳会談を通じて、北朝鮮が具体的な行動を取ることを強く期待する。北朝鮮の今後の状況を注視する」と述べました。


「新たな平和の時代を宣言」ムン大統領

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とともに、署名式のあと記者発表に臨み、この中でムン大統領は「平和を願う8000万の同胞の願いによって歴史的な会談が行われ、貴重な合意を結んだ」と述べました。そのうえで、「朝鮮半島ではもはや戦争はなく、新たな平和の時代が開かれたことをともに宣言した。長い間、分断の痛みの中でも、これを克服できると信じていたので、われわれはここに立つことができた。きょう、私とキム委員長は、完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現することがわれわれの共通目標であることを確認した」と述べ、会談の成果を強調しました。さらにムン大統領は「合意に同意したキム委員長の勇気と決断に敬意を表する」と述べ、キム委員長をたたえました。


安倍首相 “北朝鮮めぐる懸案の解決に向けた前向きな動き”

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、「本日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とキム・ジョンウン(金正恩)委員長が北朝鮮の非核化等について真剣に議論したことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きと歓迎する。今回の会談の実現に至るまでの韓国政府の努力を称賛したい」と述べました。


「核兵器ない世界への一歩で非常に歓迎」被団協

南北の両首脳による共同宣言について、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の木戸季市事務局長は「今回の共同宣言は、核兵器のない世界への一歩であり、非常に歓迎している。両国の歩み寄りは、世界や社会を大きく変えられることを示したもので、今後、実現に向けて協議を続けてほしい。世界から核兵器を完全になくすには時間がかかると思うが、去年の核兵器禁止条約の採択に続いて、今回の共同宣言をきっかけに世界が核兵器廃絶に向かって一歩ずつ前進していってほしい」と話しています。


「両国の平和がいちばん」東京 新大久保 コリアンタウンで

南北首脳会談を受けて、東京の新大久保にあるコリアンタウンでは、在日韓国人の人たちから、北朝鮮の非核化に期待する声などが聞かれました。


キム委員長のソルジュ夫人も到着

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妻、リ・ソルジュ(李雪主)夫人は、27日午後6時20分ごろ、黒塗りの車で軍事境界線を越えて、南北首脳会談が行われた韓国側の施設「平和の家」に到着しました。


「歴史的な一歩に拍手 政治的な決断と勇気を称賛」中国

中国外務省の華春瑩報道官は南北の両首脳による共同宣言への署名を前にした、27日の記者会見で「北朝鮮と韓国の指導者が歴史的な一歩を踏み出したことに拍手を送り、政治的な決断と勇気を称賛する」と述べて歓迎しました。そのうえで、華報道官は中国の文豪・魯迅の詩から「荒波を乗り越えれば兄弟がいて、会って笑えば恩讐は消える」という意味の一節を紹介し、「今回のパンムンジョム(板門店)の歴史的な会談をきっかけに朝鮮半島の長期的な安定に向けた新たな道のりを切り開くことを期待している」と述べました。


「完全な非核化通じ核のない朝鮮半島を」 南北首脳が共同宣言

南北首脳会談を行った韓国のムン・ジェイン大統領(文在寅)と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、27日午後6時ごろ、共同宣言に署名し、北朝鮮の核問題について、「南北は完全な非核化を通じて、核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した」としています。また、朝鮮戦争の終戦を宣言して平和協定を結ぶため、南北とアメリカの3者、さらには中国も加えた4者による協議を積極的に推進することで合意しました。


「南北赤十字会談開催し離散家族など協議」南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、共同宣言を発表し、朝鮮戦争などで南北に離ればなれになった離散家族などの再会事業について「人道的問題を至急、解決するために努力し、南北赤十字会談を開催して、離散家族などをはじめとする諸般の問題を協議、解決していくことにした。当面、8月15日を契機に離散家族の対面を進めることにした」としています。


南北共同連絡事務所を設置へ 南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は共同宣言を発表し、この中で「双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所をケソン地域に設置することにした」としています。


「終戦宣言して平和体制の構築を」南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、共同宣言を発表し、「南北は休戦65年のことし、終戦を宣言して休戦協定を平和協定に転換し、恒久的な平和体制を構築するために、南北とアメリカの3者、または、南北と米中の4者会談の開催を積極的に推進することになった」としています。


「軍事的問題を速やかに協議」南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、共同宣言を発表し、「南北は双方の間に提起される軍事的問題を速やかに協議、解決するため、国防相会談をはじめとする軍事当局者会談を開催し、来月(5月)中にまず、将官級の軍事会談を開くことにした」としています。


非武装地帯を平和地帯へ 南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、共同宣言を発表し、この中で、「来月1日から軍事境界線一帯で宣伝放送とビラの散布をはじめとするすべての敵対行為を中止してその手段を撤廃し、今後、非武装地帯を実質的な平和地帯とすることにした」としています。


ムン大統領が秋にピョンヤン訪問へ 南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、共同宣言を発表し、この中でムン大統領がことしの秋、ピョンヤンを訪問することになったとしています。


「核のない朝鮮半島実現が南北の共同目標」南北首脳共同宣言

南北首脳会談を終えた韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は共同宣言を発表し、この中で「南北は完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現するという共同の目標を確認した」としています。


石垣島で2年半前に紛失したカメラ 見つかった台湾で受け取る

2年半前に沖縄県の石垣島で、日本の女子大学生がダイビング中になくしたデジタルカメラが、230キロ以上離れた台湾東部の浜辺で見つかり、カメラを受け取りに台湾を訪れた女子大学生は「今回の奇跡で台湾との縁を感じた」と感謝の気持ちを伝えました。


南北首脳会談「極めて重要な一歩」公明 山口代表

公明党の山口代表は記者団に対し、「極めて重要な一歩だった。非核化に向けて、米朝の首脳会談につながることを期待している。日本政府も、情報収集を行い、韓国とアメリカと綿密に連携を図り、非核化に向けて尽力してもらいたい。また、日朝関係の正常化を視野において、日朝首脳会談の可能性も、しっかり模索すべきだ。ただ、非核化が国際社会の共通の目標で、しっかり見届けることが大事で、焦る必要はない」と述べました。


授業料無償化「朝鮮学校対象外は合理的」名古屋地裁

高校授業料の実質無償化で朝鮮学校が対象外とされたのは違法だとして、愛知県の朝鮮学校の元生徒10人が国に賠償を求めた裁判で、名古屋地方裁判所は「学校運営が適正ではない疑いがあり、国の処分は合理的だ」として、訴えを退ける判決を言い渡しました。


南北首脳 午後5時40分ごろから共同宣言署名式

韓国大統領府によりますと、午後5時40分ごろから韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、南北首脳会談の合意内容をまとめた共同宣言の署名式を行うということです。史上初の米朝首脳会談を見据えて、キム委員長の非核化の意思が、どれだけ明文化されるのか注目されます。


軍事境界線近くで首脳会談に賛否の集会

軍事境界線の近くにある韓国のイムジンガク(臨津閣)では、首脳会談に賛成と反対の双方の人たちが、それぞれ集会を行いました。


南北首脳 共同宣言に署名へ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、散策の途中でおよそ30分間にわたって話し込みました。このあと、合意内容をまとめた共同宣言に署名する見通しです。史上初の米朝首脳会談を見据えて、キム委員長の非核化の意思が、どれだけ明文化されるのか注目されます。


南北首脳 2人だけで散歩

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、個別に昼食と休憩を取ったあと、午後4時半ごろ、軍事境界線の近くで、記念の植樹を行ったのに続いて、2人だけで散歩をしながら言葉を交わしています。このあと、両首脳は韓国側の施設「平和の家」に戻って、午後の会談に臨む予定です。


南北首脳 「平和と繁栄」象徴する松を植樹

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、個別に昼食と休憩を取ったあと、午後4時半ごろ、パンムンジョム(板門店)の軍事境界線の近くで、「平和と繁栄」を象徴する松を記念に植樹しました。


南北首脳 共同宣言まとまれば発表へ 午前の会談で非核化も協議

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は27日午前の南北首脳会談で、朝鮮半島の非核化と平和定着、それに南北関係の発展について話し合い、共同宣言がまとまれば、両首脳が署名し、そろって発表することになり、午後4時半から午後の日程が始まる予定です。


南北首脳会談 ピョンヤン市民から期待の声

北朝鮮の国営メディアは27日、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談に出席するために出発したと報じており、ピョンヤンの市民からは期待の声が聞かれました。


立民 枝野代表「南北会談を評価 拉致問題は引き続き働きかけを」

立憲民主党の枝野代表は、記者会見で、「さまざまな背景を抱えた中、友好ムードで会談が始まったことは、評価、歓迎すべきことだ。決してここからの道のりは、容易なものではないが、スタートした雰囲気のまま、非核化や平和に向けて、時間がかかっても進んでいくことを期待したい。日本にとっては、核やミサイル、拉致の問題は、いずれも落とすことの出来ない大事なテーマなので、現時点で、日本政府は、北朝鮮と交渉できる立場にないが、韓国政府やアメリカ政府に、引き続き、強く働きかけ、議論のそ上に載せ、前に進むことを期待したい」と述べました。


南北首脳 会談後の晩さん会には夫人を同伴

韓国大統領府は27日午後の記者会見で、南北首脳会談のあとに開かれる晩さん会に、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領はキム・ジョンスク(金正淑)夫人を、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長はリ・ソルジュ(李雪主)夫人を、それぞれ同伴して臨むことを明らかにしました。


黒いスーツ12人がキム委員長を護衛

キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、午前の会談を終えたあと、北朝鮮側に戻って、昼食と休憩をとるため、会談会場から黒塗りの車に乗り込みました。車は、徐行しながら軍事境界線を越えて、北朝鮮側に入っていきましたが、車が走っている2分以上の間、黒いスーツ姿の男性12人が、車を取り囲むように並走して、キム委員長を厳重に護衛していました。また、会談の前にキム委員長が大勢の護衛に囲まれて軍事境界線に近づき、南側に足を踏み入れた様子について、フランスのAFP通信は、「アリ1匹通さない警備だ」と伝えていて、初めて韓国との首脳会談に臨むキム委員長の一挙手一投足に高い関心が集まっています。


ミステリー小説の権威「エドガー賞」 湊かなえさん受賞逃す

ミステリー小説の分野で世界的な権威がある「エドガー賞」の授賞式がアメリカ・ニューヨークで開かれ、ペーパーバック・オリジナル部門の最優秀賞にノミネートされていた人気作家、湊かなえさんの「贖罪(しょくざい)」は受賞を逃しました。


「生きていてほしかった」 米軍元軍属事件からあすで2年

沖縄県で20歳の女性が遺体で見つかり、アメリカ軍の元軍属の男が性的暴行をしようとして殺害した罪などに問われた事件は、発生から28日で2年になります。女性の父親がコメントを出し、「生きていてほしかった」と悲痛な思いをつづっています。


東京 新大久保のコリアンタウンでも会談に関心

南北首脳会談で、東京の新大久保にあるコリアンタウンでは、在日韓国人の人たちが会談のゆくえに関心を寄せています。


南北首脳 初対面した時にどんなやり取りを?

南北を隔てる軍事境界線上でムン・ジェイン(文在寅)大統領と初めて対面したキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、「お目にかかれてうれしいです。はやる気持ちを抑えられませんでした。こうして歴史的な場所でお目にかかることができ、また、ムン大統領に軍事境界線までお迎えに来ていただき、本当に感動しています」と笑顔で述べました。


南北首脳 午前の会談後に“手応え”も

午前中の首脳会談の最後に、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は「きょうは、よい話がたくさんできたので、南北や世界の人たちへの贈り物になるだろう」と述べ、会談への手応えを感じているようでした。


南北首脳 午前の会談終わる 非核化など議論か

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談は27日午前、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設で始まりました。午前中の会談は正午前に終了し、非核化と平和定着を巡って集中的な議論が交わされたと見られます。


南北首脳会談 SNS上では…

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が軍事境界線付近で握手したことや、10年半ぶりに開かれた南北首脳会談は、SNS上でも大きな話題となっています。


欧米メディア 「歴史的な会談」と一斉に報道

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談について、欧米メディアは歴史的な会談が始まったと一斉に報じています。


南北首脳会談 和やかな雰囲気の中 始まる

会談の会場に入ると、ムン・ジェイン(文在寅)大統領と、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、壁に掲げられた、北朝鮮の景勝地・クムガン山(金剛山)の絵の前で足を止め、握手をしたり、談笑したりしました。続いて、ことし、会談が行われることにちなんで中央の幅が2018ミリ、2メートル余りのテーブルを挟んで向き合いました。その後、北朝鮮の名物の冷麺などについてことばを交わし、時折笑顔を見せるなど、会談は和やかな雰囲気の中で始まりました。首脳会談には、韓国側から、ムン大統領の側近である大統領府のイム・ジョンソク(任鍾●、●は析の下に日)秘書室長と先月、特使としてキム委員長と会談したソ・フン(徐薫)国家情報院長が同席しました。一方、北朝鮮側の出席者は、キム委員長に加え、妹のキム・ヨジョン(金与正)氏とピョンチャン(平昌)オリンピックの閉会式に合わせて韓国に派遣され、党で韓国との関係を統括する統一戦線部長のキム・ヨンチョル副委員長でした。


南北首脳会談続く

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談は27日午前、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設で始まりました。会談はいまも続いており、非核化と平和定着を巡って集中的な議論が交わされているとみられます。


安倍首相 UAEなど中東歴訪へ 29日から

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、安倍総理大臣が29日からUAE=アラブ首長国連邦、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ暫定自治区を歴訪すると発表し、厳しい局面にある中東和平の実現に向け、積極的な役割を果たす考えを示しました。


「平和望む世界の人たちに贈り物ができれば」ムン大統領

南北首脳会談が27日午前10時15分から、軍事境界線にあるパンムンジョムの韓国側の施設、「平和の家」で始まり、冒頭、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は「全世界の注目がパンムンジョムに集まっている。キム・ジョンウン(金正恩)委員長が史上初めて軍事境界線を越えた瞬間、パンムンジョム(板門店)は分断の象徴ではなく平和の象徴になった。対話を通じて合意を成し遂げ、平和を望む世界のすべての人たちに大きな贈り物ができればと思う」と述べました。


南北首脳会談 菅官房長官「拉致 核 前向きな議論を期待」

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で「会談では、南北双方から政治、外交、国防分野の要人が同席する中で、首脳間の真剣な議論が行われる。拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな議論を期待しているが、これから行われる会談の内容・結果について現時点で予断を持って評価するのは差し控えたい」と述べました。


「軍事境界線を越えてここに来るまで11年」キム委員長

南北首脳会談が27日午前10時15分から、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設、「平和の家」で始まり、冒頭、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は「軍事境界線を越えてここに来るまで11年。どうしてこんなに時間がかかったのか」と述べました。


米国務長官にポンペイオ氏就任 米朝首脳会談に向け主導的役割

アメリカのトランプ政権の新たな国務長官に、CIA=中央情報局長官を務めてきたポンペイオ氏が就任しました。ポンペイオ氏は、ことし6月上旬までに行われる見通しの北朝鮮との首脳会談に向け主導的な役割を担うことになり、その手腕が注目されます。


南北首脳会談 河野外相「敬意表したい 予断を持たずに」

河野外務大臣は、閣議のあと記者団に対し、「南北首脳会談を実現することができたことは、韓国政府の貢献や努力が非常に大きかったので、敬意を表したい。内容については、今の段階で予断を持って申し上げるべきではない。韓国側とは常に連携しているので、会談の内容については首脳会談の終了後、韓国側からすぐに情報提供があると思う」と述べました。


南北首脳会談始まる

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談が、27日午前10時15分から、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設、「平和の家」で始まりました。会談では、非核化と平和定着を巡って集中的な議論が交わされる見通しで、史上初の米朝首脳会談を見据えて、キム委員長の非核化の意思を、共同宣言などの形でどれだけ明文化できるのかが焦点となります。


米ホワイトハウス「歴史的会談 進展に期待」

南北首脳会談についてアメリカ、ホワイトハウスのサンダース報道官は26日、声明を発表し、「歴史的な会談だ」としたうえで、「われわれは対話が朝鮮半島全体の平和と繁栄の未来に向けた進展につながることを望んでいる」として会談に期待を示しました。


南北首脳会談 小野寺防衛相「核・ミサイル 見極めたい」

小野寺防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「会談の具体的な結果について予断することは差し控えるが、重要なことは南北首脳会談、そして、その後の米朝首脳会談を通じて北朝鮮から拉致、核、ミサイルといった諸懸案について具体的な行動を引き出すことだ。今回の会談の動向をしっかりと注視し、北朝鮮による具体的な行動につながるかよく見極めていきたい」と述べました。


南北首脳会談 拉致問題相「被害者家族も高い関心」

加藤拉致問題担当大臣は、閣議の後、記者団に対し、「拉致問題を含めて、どういった話し合いが行われるのか、われわれも、拉致被害者のご家族の方々も大変、高い関心を持っている。また、今回の会談が米朝首脳会談にもつながっていくと思っているので、強い関心を持って見ていきたい」と述べました。


南北首脳 まもなく会談へ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設、「平和の家」に入り、芳名録に署名しました。午前10時半から、10年半ぶりとなる南北首脳会談が始まる予定です。


南北首脳 歓迎式に

北朝鮮の最高指導者として初めてパンムンジョム(板門店)の軍事境界線を越えて韓国側を訪れたキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、出迎えたムン・ジェイン(文在寅)大統領とともに、午前9時半すぎから歓迎式に臨み、韓国軍の儀じょう隊による栄誉礼で迎えられました。


キム委員長 軍事境界線を越え、ムン大統領と握手

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、午前9時半ごろ、パンムンジョム(板門店)の軍事境界線をはさんで、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と握手を交わしたあと、軍事境界線を徒歩で越えて韓国側を訪れました。そして、両首脳が並んで、韓国側の施設「自由の家」と北朝鮮側の施設「板門閣」を背にして、記念撮影を行いました。


キム委員長 パンムンジョムで姿現す

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は午前9時半前、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の北朝鮮側の施設「板門閣」から姿を現しました。キム委員長は、午前9時半ごろ、北朝鮮の最高指導者として初めて軍事境界線を徒歩で越えて韓国側を訪れ、ムン・ジェイン(文在寅)大統領との首脳会談に臨みます。


北朝鮮に拘束され死亡した米国人男性の両親が提訴

北朝鮮に1年以上拘束されたあと死亡したアメリカ人大学生の両親が、「息子は拷問を受けて死亡した」として、北朝鮮を相手取り損害賠償を求める訴えを起こしました。


ムン大統領 パンムンジョムに到着 南北首脳会談へ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、午前9時ごろ、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)に到着しました。ムン大統領は午前9時半に、北朝鮮の最高指導者として初めて軍事境界線を越えて韓国側を訪れるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を出迎え、10年半ぶりとなる南北首脳会談に臨みます。


テロ資金源対策の国際会議 罰則強化など共同宣言採択

テロ事件が相次いだフランスで、国際的なテロ組織の資金源への対策を議論する初めての国際会議が開かれ、テロ組織を支援する行為への罰則を強化することなどを盛り込んだ共同宣言が採択されました。


ムン大統領の車列 まもなくパンムンジョムに

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領を乗せた車列は、午前9時前、会談が開かれる軍事境界線のパンムンジョム(板門店)からおよそ9キロ離れた「統一大橋」を通過し、韓国軍が管轄する地域に入りました。このあと、ムン大統領は、午前9時半に、北朝鮮の最高指導者として初めて軍事境界線を越えて韓国側を訪れるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を出迎え、10年半ぶりとなる南北首脳会談に臨みます。


ロシア シリアでの化学兵器使用は「でっちあげ」と批判

シリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃があり、アメリカなど3か国がシリアへの軍事攻撃に踏み切ったことについて、ロシア政府の関係者は「化学兵器が使用されたという情報はでっちあげだ」として、軍事攻撃に根拠はないと批判しました。


韓国 ムン大統領 ソウルの大統領府を出発 南北首脳会談へ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、10年半ぶりとなる南北首脳会談に出席するため、ソウル中心部の大統領府を車で出発し、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)へ向かいました。


国連安保理 パレスチナ問題の会合で対立続く

国連の安全保障理事会でパレスチナ問題を話し合う会合が開かれ、ガザ地区で起きた衝突でパレスチナ側に多数の死傷者が出ていることを各国が非難したのに対し、イスラエルを擁護するアメリカはパレスチナ側の責任だと主張し、対立が続いています。


米 鉄鋼輸入制限 新たにEUが対象の可能性も

アメリカのトランプ政権は、鉄鋼製品などに高い関税を課す異例の輸入制限措置で一時的に対象から外していたEU=ヨーロッパ連合と除外措置の継続をめぐる協議が難航していると伝えられており、新たにEUにも関税が課される可能性が出ています。


キム委員長 ピョンヤンを出発 「歴史的結果を発表する」と報道

北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談に出席するため、27日未明、首都ピョンヤンを出発したと伝えました。会談では、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一を成し遂げる上での諸般の問題について、虚心たん懐に話し合う」としたうえで、「歴史的な会談結果を発表する」と、会談の成功に向けた意欲を強調しています。


米トランプ大統領 就任後初 7月に訪英へ

アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領がことし7月に就任後初めてイギリスを訪問すると明らかにしました。ただ、イギリスではトランプ大統領の差別的な言動などに対して批判が強く、世論の反発も予想されます。


ビル・コスビー被告 性的暴行で有罪評決 米裁判所

知り合いの女性に対する性的暴行の罪に問われていたアメリカの人気コメディアン、ビル・コスビー被告に対し、裁判所の陪審は有罪の評決を言い渡し、セクハラの被害を告発する女性の動きが広がる中、著名人に出された最初の有罪の評決として、注目を集めています。


NY株式市場 フェイスブック決算受け値上がり

26日のニューヨーク株式市場はアメリカのフェイスブックの決算が市場の予想を上回り、IT企業の業績の底堅さが確認できたとして買い注文が集まり、ダウ平均株価は230ドル以上値上がりしました。


NPT再検討の準備会合 イラン核合意めぐり応酬

世界の核軍縮について話し合うNPT=核拡散防止条約の再検討に向けた準備会合では、南北首脳会談を控えた26日、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる発言が相次いだほか、アメリカが離脱する構えを見せているイランの核合意について、アメリカとイランの間で激しい応酬が交わされました。


拉致被害者家族 南北首脳会談での北朝鮮の反応を注視

北朝鮮による拉致被害者の家族は、27日の南北首脳会談で韓国の大統領が日本人の拉致問題に言及する姿勢を示していることから、北朝鮮側の反応を注視するとともに、米朝を含む一連の首脳会談を通じて被害者帰国への道筋がつくのか推移を見守ることにしています。


政府 南北首脳会談で北朝鮮の反応注視

南北首脳会談をめぐって、日本政府は、非核化に向けた北朝鮮の真意がどこにあるのか見極めるとともに、拉致問題に関してどのようなやり取りが行われるのか注視する考えです。会談後、28日にも安倍総理大臣が韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領から電話で説明を受けるほか、河野外務大臣が、来週半ばから韓国とアメリカを訪問し、今後の対応を協議する方向で調整しています。


米 退役軍人長官に指名のジャクソン氏が辞退

アメリカのトランプ大統領が退役軍人長官に指名したばかりのジャクソン氏に公務中に飲酒していた疑惑などが浮上し、ジャクソン氏は指名を辞退しました。トランプ政権は閣僚や政権幹部の交代が相次ぎ、人事が不安定な状態が続いています。


きょう南北首脳会談 北非核化の明文化は? 会談の行方に注目

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は27日、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設で10年半ぶりとなる南北首脳会談に臨みます。北朝鮮がみずからは核保有国だとする立場を崩していない中、キム委員長の非核化の意思を共同宣言などの形で明文化し、史上初の米朝首脳会談につなげられるのかどうか、会談の行方が注目されます。


ロシア極東地域への日本企業進出を支援する会社設立

ロシア極東地域への日本企業の進出を後押ししようと、日本とロシアの政府系金融機関などが出資して投資を促進する新たな会社を設立し、ロシアの複雑な許認可手続きなどを支援していくことになりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る