NHKニュース|経済 2018年7月8日 (日曜日)

 在宅ワーク > 最新ニュース一覧

携帯各社 西日本の広範囲で影響

携帯電話各社によりますと、大雨の影響で、通信ケーブルなどの設備に被害が出ていることから、7日午後4時現在、西日本の広い範囲で携帯電話がつながらない、または、つながりにくい状態になっているということです。


大雨影響 西日本のコンビニなど 営業休止相次ぐ

大雨の影響で、西日本にあるコンビニエンスストアなどでは臨時休業が相次いでいます。


記録的大雨で被害拡大 農水省が対策会議

西日本を中心とした記録的な大雨で被害が拡大していることを受け、農林水産省は、7日緊急の対策本部を設置し、齋藤農林水産大臣が農作物などの被害状況の把握や被害の拡大防止に全力を挙げるよう関係部局に指示しました。


「1年後に物価上がる」答えた人の割合 2年半ぶり高い水準

日銀が全国の個人を対象に行った調査では、1年後に物価が上がると答えた人の割合が2年半ぶりの高い水準になりました。


米雇用統計 就業者数21万3000人増加 市場の予想上回る

アメリカの景気の現状を示す重要な指標、雇用統計が発表され、先月の農業分野以外の就業者数は21万3000人の増加と、市場の予想を上回って、雇用の堅調な伸びを示す結果となりました。


証券取引監視委 ソーシャルレンディング最大手の処分勧告

「ソーシャルレンディング」と呼ばれる金融サービスの国内最大手の会社が、投資家から集めた多額の資金が、事前の説明とは違う不適切な形で使われていたとして、証券取引等監視委員会は6日、この会社に行政処分を行うよう金融庁に勧告しました。


大雨の影響 自動車メーカーの工場 一部操業取りやめ

大雨の影響で、西日本にある自動車メーカーの工場の操業に影響が出ています。


東京外国為替市場 円相場は小幅な値動き

6日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きでした。


米の関税上乗せに中国が報復措置 日本への影響懸念も

アメリカのトランプ政権が中国のハイテク製品などに関税を上乗せする制裁措置を発動しました。中国政府もアメリカ産の大豆や自動車などに関税をかける報復措置で応酬し、米中がぶつかり合う貿易摩擦は一層激しくなり、日本への影響も懸念されます。


年金積立金運用のGPIF 昨年度は10兆円余の黒字

公的年金の積立金を運用しているGPIF=年金積立金管理運用独立行政法人は、昨年度の運用実績について、前の年度より2兆1400億円余り増えて10兆810億円の黒字になったと発表しました。


株価 一時300円超上昇 米の関税発動は想定の範囲内

6日の東京株式市場、日経平均株価は、一時300円を超える値上がりとなりました。アメリカのトランプ政権が中国製品に関税を上乗せする措置を発動したものの想定の範囲内だったとして、ひとまず買い戻す動きが強まりました。


景気動向指数 4か月ぶり悪化 自動車の生産・出荷が減少

景気の現状を示す、ことし5月の「景気動向指数」は、自動車の生産や出荷が減ったことなどから、4か月ぶりに悪化しました。


米中貿易摩擦 金融市場でも懸念広がる

アメリカと中国の貿易摩擦に対する懸念は金融市場でも広がっています。


アメリカ 対中国の関税発動 中国も報復へ

アメリカのトランプ政権は、中国がアメリカの知的財産権を侵害しているとして中国製品に関税を上乗せして輸入を制限する制裁措置を発動しました。中国も直ちにアメリカからの輸入品に報復の関税をかける方針で、米中間でエスカレートする貿易摩擦が日本経済に及ぼす影響が懸念されます。


米対中国関税発動へ 閣僚から懸念の声

アメリカが中国からの輸入品に高い関税を上乗せする措置を6日発動し、中国も報復の関税をかける方針であることについて、日本政府の閣僚からも懸念する声が高まっています。


株価 値上がり

6日の東京株式市場、株価は値上がりしています。このところの値下がりを受けて、割安な銘柄を買い戻す動きが出ています。


円相場 小幅な値動き

6日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きとなっています。


5月の給与総額 10か月連続で前年上回る

ことし5月の給与総額は平均で27万5000円余りと、10か月連続で前の年の同じ月を上回りました。


夏の海外旅行者 最多の見込み LCCの便数増で出かけやすく

この夏に海外旅行に出かける人は、日本とアジア各国を結ぶLCC=格安航空会社の便数が増えている影響などから、これまでで最も多くなる見込みです。


5月消費支出 ー3.9% 4か月連続減少

ことし5月に家庭が消費に使ったお金は、去年より3.9%減少し、4か月連続のマイナスとなりました。


日本が提出のサンマ漁獲量規制案 合意できず

深刻な不漁が続くサンマの資源を守るための国際会議が閉幕し、日本が出していた漁獲量の規制を導入する提案は、中国などの支持を得られず、合意できませんでした。


日立化成検査データ不正 経団連会長「極めて残念」

「日立化成」で行われていた検査データの不正について、親会社にあたる日立製作所の会長を務める経団連の中西会長は、「極めて残念な話だ。品質問題は現場の問題ではあるが、まさに経営問題だ」と述べました。


円相場 小幅な値動き 米の動向など見極めで

5日の東京外国為替市場は、アメリカと中国の貿易摩擦の行方を見極めたいとして、積極的な取り引きが控えられ、円相場は小幅な値動きとなりました。


飲料自販機でランチ弁当配達の新サービス

飲料大手の「サントリー」と飲食店情報サイトの「ぐるなび」が提携し、飲み物の自動販売機のボタンを押すだけで、ランチ時に弁当を配達する新たなサービスを始めました。


「ジムニー」20年ぶりフルモデルチェンジ

スズキは四駆の軽自動車「ジムニー」を20年ぶりにフルモデルチェンジしました。


株価値下がり 米中貿易摩擦への警戒感から

5日の東京株式市場、株価は値下がりしました。米中の貿易摩擦への警戒感から、上海市場で株価が値下がりしたことで、東京市場でも売り注文が広がりました。


ことし上半期の新車販売台数 軽自動車が上位占める

5日発表された、ことし上半期の国内の新車販売ランキングでは、上位10車種のうち6車種を、安全装備の充実と価格の手ごろ感を売りにする軽自動車が占めました。


ベンツ17万台リコール エアバッグが突然開くおそれ

ドイツの高級車ブランド、メルセデス・ベンツの110車種で、エアバッグが突然開いてしまうおそれがあるとして、メーカーの日本法人は、合わせて17万台余りのリコールを国に届け出ました。


株価値下がり 米中貿易摩擦への警戒感から

5日の東京株式市場で株価は値下がりしています。米中の貿易摩擦への警戒感から、上海市場で株価が値下がりしたことで東京市場でも売り注文が広がっています。


円相場 小幅な値動き 米中貿易摩擦の行方見極め

5日の東京外国為替市場は、アメリカと中国の貿易摩擦の行方を見極めたいとして積極的な取り引きが控えられ、円相場は小幅な値動きとなっています。


株価 小幅な値動き

5日の東京株式市場、株価は小幅な値動きとなっています。


円相場 小幅な値動き

5日の東京外国為替市場は、取り引きの材料に乏しい中で積極的な取り引きが控えられ、円相場は小幅な値動きとなっています。


株価 小幅な値動き

5日の東京株式市場で、株価は小幅な値動きとなっています。


消費増税でも実質1.5%程度成長 政府の来年度見通し

政府は、来年度の経済成長率の見通しについて、消費税率の10%への引き上げ後も景気回復は続くとして、物価の変動を除いた実質でプラス1.5%程度、名目でプラス2.8%程度とする方針を固めました。


日本企業の海外M&A 上半期は11兆円余で過去最高に

日本企業による海外の企業の買収や出資が、ことし上半期で340件、金額にして11兆円余りといずれも過去最高になったことがわかりました。


NTT 山間部は固定電話を無線方式に切り替え 国に要請へ

先月就任したNTTの澤田純社長が、NHKのインタビューに応じ、法律で義務づけられている固定電話網について、利用者が減少していることから山間部などでは、無線方式に切り替えるなど国に制度改正を求める考えを示しました。


昨年度の国の税収 バブル期以来の高い水準に

昨年度(平成29年度)の国の税収は、景気の回復を反映して58兆7875億円と、バブル期の平成3年度以来の高い水準でした。


円相場 値上がり 米中貿易摩擦の激化懸念で円買う動き

4日の東京外国為替市場で、円相場は値上がりしました。アメリカと中国の貿易摩擦が激しさを増すことへの懸念から、ドルを売って円を買う動きが出ました。


”中国のグーグル” バイドゥが日本で自動運転の実証実験へ

“中国のグーグル”とも呼ばれるIT企業の「バイドゥ」が、日本で自動運転の実証実験を始めることになりました。


株価 小幅な値動き

4日の東京株式市場で、株価は小幅な値動きとなりました。アメリカと中国の貿易摩擦に対する懸念から売り注文が先行しましたが、午後に入ってからは買い戻しの動きも出ました。


ガソリン価格 6週連続150円超える

今週のレギュラーガソリンの小売価格は、全国平均で1リットル当たり151.8円と、6週連続で150円を超えています。


株価 値下がり

4日の東京株式市場、株価は値下がりしています。アメリカと中国の貿易摩擦が激しくなることへの懸念から、半導体関連の銘柄などに売り注文が目立っています。


円相場 値上がり

4日の東京外国為替市場、円相場は値上がりしています。中国との貿易摩擦を懸念する見方が出てアメリカの長期金利が低下傾向にあることから、ドルが売られ、円が買われています。


日本通運 水にぬれた備蓄米 新しい袋に詰め替え一部出荷

物流大手の日本通運は、保管していた国の備蓄米が水にぬれるなどしていたのに、新しい袋に詰め替えて隠蔽し、一部を出荷していたことがわかりました。検査したことを証明する印章を偽造して米袋に押していたということで、農林水産省は、農産物検査法違反の疑いがあるとして調べています。


NY原油 1バレル75ドル台に 約3年7か月ぶり高値水準

3日のニューヨーク原油市場は、原油の先物価格が一時、1バレル=75ドル台に値上がりし、およそ3年7か月ぶりの高値水準になりました。


人材育成は日本の高専方式で ベトナムでシンポジウム

経済成長が続き、日本企業の進出が相次ぐベトナムで、日本の高等専門学校=高専の教育手法を取り入れて企業の即戦力となる人材を育成しようというシンポジウムが開かれました。


衣料品通販「ZOZO」海外展開本格化へ 72の国と地域で

国内最大級の衣料品の通販サイトを運営するスタートトゥデイが、自社ブランド「ZOZO」の海外展開を本格化させます。ボディースーツで顧客の体のサイズを測り一人一人の体型に合わせたジーンズやスーツなどを販売する独自のビジネスを、72の国と地域で展開するとしています。


円相場 小幅な値動き

3日の東京外国為替市場で、円相場は小幅な値動きとなりました。


メキシコ洪水 ホンダが現地工場の操業停止

メキシコ中部で発生した洪水の影響で、大手自動車メーカーのホンダは、年間およそ20万台の車を生産する現地の工場の操業を停止しています。


米商務省 中国通信大手の事業免許の申請却下を勧告

アメリカ商務省は、中国国有の通信大手「中国移動」によるアメリカ国内での事業免許の申請を却下するよう勧告しました。安全保障上の懸念が解消されなかったと判断したもので、ハイテク分野の中国との貿易をめぐる対立が深まっています。


サンマの漁獲量落ち込みに不安の声 千葉 銚子漁港

形のよいサンマが水揚げされることで知られていた千葉県の銚子漁港では、漁獲量が急激に落ち込み、地元では不安の声が出ています。


株価 一時200円超下落も小幅な値下がり

きょうの東京株式市場、株価は午後の取り引きに入って一時、200円以上下落しましたが、その後は買い戻しの動きも出て、結局、小幅な値下がりになりました。日経平均株価、きょうの終値はきのうより26円39銭安い2万1785円54銭。東証株価指数=トピックスは2.49下がって1692.80。1日の出来高は14億8426万株でした。市場関係者は「アメリカと中国の間の貿易摩擦の行方に投資家の関心が高まっており、上海市場の株価の値動きなどをにらみながら売り買いが交錯する1日になった。アメリカ商務省が中国の通信大手によるアメリカ国内での事業免許の申請を却下するよう、監督官庁に勧告したことで、米中のさらなる関係悪化を懸念する投資家も多い」と話しています。


“ご当地タクシー”で地域の魅力をPR

香川県の「うどん」や長崎県の「カステラ」など、各地の名物をタクシーの車体やあんどんにあしらった「ご当地タクシー」の全国規模の団体が発足し、団体は、特色あるタクシーをPRして各地に観光客を呼び込みたいとしています。


サンマ不漁「漁獲規制で資源の回復を」気仙沼の水産加工会社

サンマの水揚げ量が多い宮城県気仙沼市では、記録的な不漁によって水産加工業に深刻な影響が出ていて、漁獲規制を導入し、資源の回復を図るべきだという声が出ています。


産業革新機構の新組織トップに「コマツ」の坂根氏

政府は、この秋をめどに官民ファンドの「産業革新機構」を引き継ぐ新たな組織の経営陣を公表し、取締役会議長には、建設機械大手「コマツ」の坂根正弘相談役が就任することになりました。


株価 小幅な値動き

3日の東京株式市場で、株価は小幅な値動きとなっています。


株価 値下がり 中国経済の減速懸念

3日の東京株式市場、株価は午後の取り引きに入って値下がりしています。中国 上海市場での株安を受けてリスクを回避するための売り注文が増えています。


円相場 小幅な値動き

3日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きになっています。


メキシコ 左派政権誕生も「日系企業への影響極めて少ない」

1日に行われたメキシコの大統領選挙で新興政党のロペスオブラドール氏が勝利し、政権が交代することについて、JETRO=日本貿易振興機構は「左派政権でありながら経済政策は現実的な路線を進めるとみられ、現地に進出している日系企業への影響は極めて少ない」と分析しています。


企業の物価見通し 依然小幅上昇の見方 日銀短観

日銀が全国の企業に1年後の物価の見通しを聞いたところ、平均でプラス0.9%と、物価の伸びは小幅にとどまるという見方が依然として多くなっています。


サンマの資源を守れ 国際会議開幕 交渉は難航か

深刻な不漁が続くサンマの資源を守るための国際会議が、3日に開幕しました。日本は一部の国による漁獲の増加が不漁の一因になっているとして、漁獲量の規制を導入するよう提案していますが、中国などが反発するとみられ、交渉は難航が予想されます。


“再生可能エネルギーを主力電源に” 閣議決定

政府は中長期的なエネルギー政策の方針「エネルギー基本計画」を改定し、3日に閣議決定しました。新たな計画では、温暖化対策の枠組みを踏まえ、期間を2050年までとし、太陽光などの再生可能エネルギーを主力電源にすることを目指すとしています。


輸入車 関税は20% トランプ大統領が言及

アメリカのトランプ大統領は、安全保障への脅威を理由に輸入車などに課すかどうか調査している追加の関税について「20%だ」と述べて、具体的な税率に言及しました。この措置をめぐっては日本をはじめ国内外で強い反対が広がっていて、保護主義的な政策が一層強まることに懸念が高まっています。


EU「報復関税 対象は32兆円」米をけん制

アメリカのトランプ政権が輸入車などに高い関税を課すかどうか検討していることについて、EU=ヨーロッパ連合は、実行に移せばEUなどが報復関税を課し、その対象は合わせて32兆円に上るとする試算を公表して、アメリカをけん制しました。


大企業 設備投資増も米の貿易摩擦に懸念 日銀短観

日銀が2日発表した短観=企業短期経済観測調査では、大企業が、今年度の設備投資について、この時期として過去最大の伸びを見込んでいることがわかりました。ただ世界的な貿易摩擦に対する企業の懸念も強く、計画どおりに投資が実現するのか不透明さも残されています。


円相場 小幅な値動き

週明けの2日の東京外国為替市場で、円相場は小幅な値動きとなりました。


上半期の国内新車販売 2年ぶり減少 検査不正の影響で

ことし上半期に国内で販売された新車の台数は、相次いで発覚した車の検査不正の問題の影響で、去年の同じ時期より1.8%減り、2年ぶりの減少となりました。


路線価高騰 不動産投資が活況

低金利が長引く中、不動産投資への需要も高まっていて、先週、都内で開かれた不動産投資信託のセミナーにも多くの個人投資家が集まりました。


株価 一時500円超下落 米中の貿易摩擦を懸念

きょうの東京株式市場、日経平均株価は一時、500円を超える値下がりとなり、終値としておよそ1か月半ぶりに2万2000円台を割り込みました。アメリカと中国の貿易摩擦が激しくなることへの懸念から、ほぼ全面安の展開となりました。


株価 一時400円超下落

2日の東京株式市場、日経平均株価は一時、400円を超える値下がりとなり、取り引き時間中として、およそ1か月ぶりに2万2000円台を割り込みました。


株価 一時2万2000円割り込む 約1か月ぶりに

2日の東京株式市場は、日経平均株価は一時300円以上値下がりし、取り引き時間中として、およそ1か月ぶりに2万2000円台を割り込みました。アメリカと中国の貿易摩擦が激しくなることへの懸念が根強いなか、中国・上海市場で株価が値下がりしたことから、幅広い銘柄に売り注文が出ています。


日産 電気自動車向け電池生産事業の売却延期

日産自動車は電気自動車向けの電池生産の事業を売却する予定だった中国の投資ファンドが資金不足になったとして、売却を延期すると発表しました。


路線価 東京銀座4432万円 過去最高を更新 全国平均も上昇続く

相続税などの計算の基準となる「路線価」が2日公表され、東京の銀座は4432万円と、過去最高額を更新したほか、18の都道府県で去年を上回り、全国の平均も3年連続で上昇しました。雇用状況の改善のほか、不動産への投資資金が都心部だけではなく、地方都市にも流入していることが背景にあるとみられています。


日銀短観 2期連続悪化 大企業の製造業

日銀が2日発表した短観=企業短期経済観測調査で、代表的な指標とされる大企業の製造業の景気判断は、プラス21ポイントと前回の調査を3ポイント下回り2期連続で悪化しました。原材料価格の高騰などに加えて、世界的な貿易摩擦への懸念も企業の心理を冷やしています。


QRコード決済 官民で標準化検討へ

現金を使わずにスマートフォンなどで支払いができる「QRコード決済」で様式にばらつきがあり、普及の妨げになっているとして、国と民間企業が共同で標準化を検討することになりました。


最新ニュース一覧
戻る ページトップに戻る